あさきゆめみし

なりたて中期高齢者の独り言です。好きな音楽や映画のことなどを思いつくまま書いております。最近は悪口が増えています

久しぶり

2017年04月04日 | 徒然日記

私の血液型であるB型の性格は気まぐれと言いますが、私の場合は逆に猪突猛進と言うか物事をやり始めると没入してしまいのめり込む方です。しかし、悲しいかな本来の気まぐれさがやはりどこかに潜んでいるのか突然に昨日まであれだけのめり込んでいたことから離れてしまうことがよくあります。妙な書き出しですが、要するに先月の11日から半月ほど書き込みをサボった言い訳です。根が小心者ですから別に書かなくても誰にも気兼ねすることなど不要なのですが、書かないでいると夏休みの8月下旬になっても宿題に手を付けていない小学生のような心境でおりました。しかし、そのことが逆に書こうとするのを抑えこもうとする別の自分がいたりで我ながら自分がマゾなのかサドなのかさっぱり分かりません。ともあれ本日の陽気に誘われてルンルンでウォーキングしているとこんな綺麗な桜を見かけました。 ほんの2~3日まえまでは こんなだったのですが、、、、、。


 久しぶりに衝動買いをしました。 右の白いウォークマンがこれまで使っていた機種です。たぶん5台目くらいだと思います。カセットからMDやCDそしてHDと新しいのが出るたびにほしくなり買い替えてきましたが、左の最新のウォークマンは遂にハイレゾ対応です。ややマニアックな機能ですのであまり馴染みのない単語ですのでネットから引用します。

ハイレゾとはハイレゾリューション(高解像度)のことです。 「ハイレゾ音源」とは、スタジオで録音したマスターが持っている情報量により近い高解像度の音源(データ)のことを指します。 CDよりも情報量の多いハイレゾ音源はきめ細やかな音になり、CDでは再生できない空気感と臨場感を表現する事ができます。  要するに例えるならテレビがアナログからデジタルになったそうなもので凄くよい音で音楽などが楽しめます。気にはなっていたのですがハイレゾ対応のオーディオ機器は登場した頃はかなり効果でしたので我慢していましたが、だいぶ普及し安くなりましたし携帯と同じでウォークマンもバッテリーで作動しますので本体が大丈夫でもバッテリーの寿命が来れば買い替えしなければなりません。今まで使っていたのもそろそろ時期が来つつあるようですので思い切ってハイレゾウォークマンを買いました。これまでのと違うのは、各種操作をスイッチだけでなくタッチパネルでも出来ることと、音質に配慮し筐体がチタン風の重厚な金属製であることです。さっそくウォーキングの時に使っていましたがやはりしっとりとした良い音色です。  <ネットより引用> 

とまあそんな訳で音は素晴らしいですし操作性もちょっとしたスマートフォンみたいな感じでなかなかのものです。価格的にもこれまでの機種と左程の差はありません。もっともウォークマンには6万円もするのや11万円以上する機種もあります。まあ隠居の身としては今回購入したので充分です。久しぶりにネット通販で買い物をしたら衝動買いでブルーグラスの新しいアルバムも欲しくなり同時に買いました。 待ちに待ったNitty Gritty Dirt Band の最新アルバムです。ジャケットにプリントされているように彼らの結成50周年記念アルバムです。

じつはこれ  1972年リリースのアルバム「永遠の絆」  1989年の「永遠の絆Ⅱ」  2002年の「永遠の絆Ⅲ」に次ぐ「永遠の絆Ⅳ」とも言うべきアルバムです。各アルバムは10年少しの間隔でリリースされていましたのでそろそろかなと思っていました。嬉しいことに今回のアルバムにはCDとDVDが同梱されており歌声だけでなく映像でも彼らのだいぶおじさんになったしまいましたが元気そうな様子が観ることが出来て嬉しかったです。さっそくDVDを再生してみると私とほぼ同年齢の彼らのヴォーカルも演奏テクニックも衰えが見えず嬉しく、過去のアルバムに収録されている曲を崩すことなく元のまま演奏してくれるのを観て勇気づけられ、中盤にアリソン・クラウスが登場し私が大好きでメールアドレスにまで使っているCatfish John を歌うあたりでは10数年前の頃の記憶が蘇りウルウルしてしまいました。

そんな訳で本日はNitty Gritty Dirt band 結成50周年記念アルバムの紹介ビデオと、この中でアリソンがCatfish John を歌っている歌声と15年ほど前のアルバムに収録された際の動画をご覧いただきます。 

        Celebrating 50 Years!  


         Catfish John (Live) 


        Nitty Gritty Dirt Band

 

Mama said, Don't go near that river,
Don't be hanging around old Catfish John
Come in the morning I'd always be there,
Walking in his footsteps in the sweet Delta dawn.

 

Take me back to another morning, to a time so long ago,
When the sweet magnolia blossomed, cotton fields as white as snow.

 

Catfish John was a river hobo who lived and died by the river's bed,
Looking back I still remember I was proud to be his friend.

 

Mama said, Don't go near that river,
Don't be hanging around old Catfish John
Come in the morning I'd always be there,
Walking in his footsteps in the sweet Delta dawn.

 

Born a slave in the town of Vicksburg, traded for a chestnut mare,
Lord her never spoke in anger though his load was hard to bear.

Mama said, "Don't go near that river,
Come in the morning I'd always be there,
Walking in his footsteps in the sweet Delta dawn.
Walking in his footsteps in the sweet Delta dawn.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017.03.11 | トップ | 既存マスメディアの衰退 »

コメントを投稿