サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

“木じゅく柿 一年ごとに 煌めけり” 今年も、木に登ってといっても 脚立じゃが

2016年10月19日 | Euphorbia fusca 蛮蛇頭

 しぶ柿の木になったまま、熟した柿を食べれたぁー

三ツ星レストランのまかない食を一般人が食べさせてもらえる的な、チャンスじゃー

一年に一度それも、1回か、2回ぐらしかチャンスがないんじゃー

なぜか、それは、西条柿を渋抜きするために、取ってしまうし

渋柿って、木で熟れたら、木についたまま、そんなに長く保存できない

鳥や、蜂が食べに来るし、すぐに熟して落ちたりするから、

それを食べるチャンスは本当に少ない。だから、食べたという人は少ないと思う

 ユーフォルビアの写真を撮ろうとしたら・、思わぬ珍客が

ユーフォルビア・フスカ(あくまで、購入時の名前)の上に・・悪い事はしないんじゃけどねー

むしろ、益虫じゃから・・

よっ、妖精が・・また、きとる

おおおっ、今度は違うとこみとるぅー

あれー、またまたどこかにいったよぉ“めっちゃん”

今日は、紅キリンさんのとこで・・、 

 “無添加パンっておいしいね”

 “本当の味を知るって、ええな”

 “パン屋さん、朝4時から仕込みだって”

 “すっ凄い、無理じゃー”

 “無理って、何時ならええの”

 “全部・・むり”(食べるだけ)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “ドングリに 笑顔に笑顔 プ... | トップ | “くるくると 狭き田んぼに ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ (長男です。)
2016-10-19 21:54:14
今日も実家で柿取りご苦労様、寿司は美味しかったか?
大阪にまた柿が到着しそうです。
猿が来るので柿は全部取るしかないのですな~~!
なんと、ねぎらいのお言葉 (Gなんです)
2016-10-19 22:50:07
 例のごとく、柿、とりょうたら、ほれ、お墓のある、上のほうで、ぎゃー、ぎぃーと、お猿さんが、吠えとった。
 Maさんが、花火で威嚇したら、逃げて行った。
寿司は、スダチをたっぷり振りかけて、食べたら
めっちゃ、美味しかった^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL