サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

“あお青き 空に立てりし 曼珠沙華” 土手の上 草刈り後に彼岸花が一本 すーっと 立っている

2016年10月08日 | ユーフォルビア・苗たち+受難

 土手の下から見上げる、光景は ちょうど、碧いカンバスに一本の花が置かれたように 見える 

、わさわさと咲く花もいいが、 少ない花がより 引き立って観賞しやすくてすきじゃー 

これは、続いた雨の プレゼントかなー、オべサのタネ。 はじけたものか

わしが、落としてしまったものかは知れん

ミニ、アクシデント

それと、もう一本 ユーフォルビア・レウコネウラの苗も発見

 ついでに、こっちは大苗じゃー

丸いことはいい事じゃ 平和じゃー

 “好きなこと やってて、

  平和じゃなかったら なんなん”

 “おおおっ、とんがっとるー”

 “エッジが効いとる云うんよ”

 “。。。。”

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “過ぎ去るは 世の人が常 遮... | トップ | “高き空 歓喜のバトン 走り... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユーフォルビア・苗たち+受難」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL