サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

“しぶ抜きや ピーマンなすび 持ち帰り” この辺りは 西条柿を植えてる家が多い 家はもっぱら・・

2016年10月12日 | ユーフォルビア・苗たち

 渋抜き派というか、吊るし柿は皮むきがめんどくさいし、干す場所も大変じゃ

そのてん、渋抜きは ビニール袋と焼酎があれば簡単にできるんじゃー

それは、おかん(84)がしてくれるんじゃー、老婆じゃが、意外にしっかりしてる^^

ひそかに尊敬しとる・

急に気温が下がったけど、このくらいが多肉にはいいらしい

それが証拠に 苗たちが生き生きとしてきたぁー

ねー、枝がいいバランスで生えて、主柱の頭も大型に育って

上に大きくなるタイプじゃーわしは、基本的に柱状タイプが好きみたいじゃ

 “田舎から電話なに

 “西条柿取り手伝えって”

 “木から落ちんようにねー”

 “おおおっ、心配してくれるん

 “お金のかからん事は、おしまん”

 “喜んでええの

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “舞う枯れ葉 漕ぐたびブラン... | トップ | “木犀も 焼き鳥に負る 散歩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL