サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

“抽選が 懸りしうちわ みなあおぐ” 町内会で夏祭りしょぉるんじゃけど、みんなに参加さしょう思うて 抽選番号のちいた団扇配るんじゃ^^

2017年07月30日 | ユーフォルビアの接ぎ、梵天+バリダ

 それに、カレー券なんぞも、売りありいて 祭りをはじめるめぇに、カレーを食べるんじゃー

カレー券じてえは、どうでもええんじゃけど、ほれ、わしらぐれーの年のもんは、

例の事件が生々しすぎゅうて、なんか、地域でつくりょおるカレーには トラウマがあるし

最近じゃぁ、まー、知らん人が、見えんとこで作るもんは、ちょっと警戒するがー

 ストレスを感じょうる人が、行動起す時代になったんかのぉー、こえぇー

 “めっちゃーん、きのう深刻そうな、話って なんなん ”

 

 

“めっちゃーん、ありがとう、オベサかじってた、虫 やっつけてくれたんじゃー”

 

“花火、夏祭り、子供は天国じゃー、あちぃけど”

“大人は支度で大変じゃけどねー”

 “多肉の世話するぐらい、こどものめんどう見たらぁ、助かる”

 “なんかする事あるかなー?”

“子供が、もう一人増えたぁー”

“天国じゃねえし” 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “せつなくも 空だま花火 悩... | トップ | “虫かごの バッタ哀れな 幸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL