サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

“シオマネキ 噛まれて泣かぬ 威張る孫” 日も和らいだ夕方、遊びに連れて行けとおっしゃる孫

2017年07月13日 | Euphorbia howdii ・ユーフォルビア・ホルウディ

 今から、公園なぞに行ってたら、“もうじいじと、遊ばなくて、いい”と言われそうじゃ

まー、それならそうでいいんじゃが、わしのプライドが・・・

てー訳で、スーパーに買い物ついでに、内緒で、近くの海岸に連れてった^^

そこには、沢山のシオマネキが、おいで、おいでしてた。 少しだけ

大きめの、カニをつかまえて、渡したら、案の定ゆびを “はさまれた”慌てて離す

そこで、言い放つんじゃー “噛まれても、泣かなかったよぉー( ゚Д゚)”

 “めっちゃーん、いつもの観察 お願い~”

“めっちゃーん、、暑い中ありがとう、それ、カナヘビっていうトカゲ”

 “この暑さじゃねー、こおり並みにに多肉って、溶けやしぃー”

“あついと、買い物にも行く気せんわー”

  “アイス、牛乳、黒ゴマ 無くなってる”

“言ってる、そばからこれだわぁ、それも、自分が食べるだけぇ”

“えーっ、買い物係じゃないの”

“じゃー、運転係りお願い・・” “でも、一緒に行くと、余分なもの買うしねー”

“まったく、信用されとらん・・”

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “赤カンナ めくるペイジの ... | トップ | “蝉叫ぶ ホオジロ歌い マイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL