サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

“夕暮れに 鳴く虫わびし この身かな” 秋の夕暮れ 虫の鳴き声も少なく かすれて・・

2016年10月17日 | ユーフォルビア・バリダ

 寂しそうに 思うのは わしの傲慢さがなせることじゃ。 年取ると、普通に秋の夕暮れは

なんとは、なしに寂しく感じてしもうんじゃー

わが身が、寂しい終末を迎えんとしてつい、虫たちに、投影するんじゃなふふふっ

 秋といえば、紅葉、ユーフォルビアも紅葉しかかってるぅ しっかりと、陽を浴びたものほど

よく紅葉する気がする やらいに雨が降っていたので・・綺麗に洗われてる 

クローンのふた鉢じゃー

 

 仔吹きしている

こっちは、まだ紅葉してない、遮光が効いてたのかなー

 こちらは、わしのお気に入り 縞々バリダじゃー

 こちらは、名実ともに古株

 こちらも 紅葉するときれいじゃ

 “不燃物の日、お願いぃ”

 “えっ、この缶捨てないでぇ”

 “錆びてるし、穴あいてるぅ

 “この錆・・、ええ味でとるぅー”

 “似た者同士やねぇー”

 “やっぱりぃ-”

 “錆びた缶と・・”

 “・・”

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “のぼり坂 しとしと赤く 山... | トップ | “ドングリに 笑顔に笑顔 プ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL