サルが考え、妖精が観察する、ユーフォルビアの飼育~

自分では、賢いと思いながら、たいがい失敗してる現実を直視できない。ボケおやじが多肉ユーフォルビアの飼育に手を染める~

“船笛の 6時着港 夕暮れか” 眩しくて、直接見れない 日没が・・

2016年10月10日 | ユーフォルビア・苗たち+受難

 遠くのフェリーが、港に着いたとブィフォーと汽笛を鳴らした、

再び、日没する 海の方をみると、もう 眩しさはなく ただ

オレンジ色の残光が美しく 柔らかくも、冷たく見えた

 ユーフォルビアの苗を見ていると、ウサギがぴょんぴょん跳ねてる

ような・・

ねー、ウサギでしょ~、本来は左右につくはずの幼葉が、なぜかくっついてるようじゃ

 でー、またまた、足元に・・七宝樹錦の苗発見じゃー

 

植え替え完了

あーあー、もう少し水やっとけば、よかったあー

今日、こんなに 晴れて風が吹くとはねー

 “この多肉って、きれいな葉よねー”

 “そっ、そうじゃろ”“七宝樹錦って名じゃー”

 “ふーん”

 “どういう意味か聞かんのじゃー”

 “どういう意味なん

 “斑入りって事じゃ”

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “高き空 歓喜のバトン 走り... | トップ | “舞う枯れ葉 漕ぐたびブラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ユーフォルビア・苗たち+受難」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL