KOMIのブログ

金井一薫の周辺に起こった出来事や、学会、FN看護研究所関連の記事を紹介します。そして私のつぶやきをお聞きください。

ナイチンゲールKOMIケア学会・第5回学術集会開催

2014-06-09 17:41:02 | インポート

Komi_3Komi_4Komi_5

 

6月7日(土)~8日(日)

ナイチンゲールKOMIケア学会・第5回学術集会が、名古屋市の今池ガスビルホールで、約300名の参加者を得て開催されました。当日参加の方が多かったことも特徴の1つでした。

今年のテーマは、「人々に第一級の看護を届けよう」です。

ナイチンゲールは、1876年の論文「貧しい病人のための看護」の中で、「在宅の貧しい病人に、これまで経験したことのない第一級の看護を贈る」と記述しています。これは心に響く言葉です。私たちKOMIケア学会のメンバーも、この言葉を継承し、第一級の看護を形にして、現代の看護介護を必要としている人々に届けたいと思っています。

そのビジョンの元で開かれた学術集会の一般演題においては、第一級の実践の姿が浮き彫りになりました。

ナイチンゲールKOMIケア理論は、歴史研究において新たな知見を獲得しましたし、基礎教育や卒後教育分野での実践者たちは、KOMIケア理論の実践の姿を披露してくださいました。さらに近未来に期待されるコミュニティケアのあるべき方向性を明らかにした集会となりました。

質の高い、そして面白い学術集会でした。1つひとつの発表をワクワクしながら聞きました。

来年は6月に千葉での開催です。

また来年、さらに進化した内容をご披露したいと思います。

ご参加くださった皆さま、有難うございました!


この記事をはてなブックマークに追加