KOMIのブログ

金井一薫の周辺に起こった出来事や、学会、FN看護研究所関連の記事を紹介します。そして私のつぶやきをお聞きください。

学会に続いて、重心児・者1Dayセミナー

2017-06-22 14:03:05 | 日記
6月18日(日)

第8回ナイチンゲールKOMIケア学会の翌日、同じく大阪において「重症心身児・者ケア」をテーマに、1Dayセミナーが開かれました。
講演は2題。一題目は、金井一薫による「重症児・者ケアとナイチンゲールKOMIケア」です。二題目は、島田療育センター・療育長の伊東妙子さんの「重症児・者ケアをKOMIケアで展開して」でした。
続いて「パネルディスカッション」、パネラーは以下です。
①重症児・者ケアとKOMIケアと私ー島田療育センター・顧問の有松真木さん。
②重症児・者とその家族に向き合ってー元・大阪発達総合医療センター・理事長補佐の市村由美子さん
③KOMIケアシステム定着に向けての取組みー沖縄中部療育医療センター・外来主任の生田ひさのさん
④KOMIチャート独自版を活用しての日々ー島田療育センターの伊東妙子さん

日本で最初にできた島田療育センターにおけるケアはすごい!!お二人の講演に感動して、涙が出ました。
重心児・者のケアにも時代の波が押し寄せています。在宅ケアや訪問看護も当たり前になり、自宅で暮らすことが当然といえる日が間もなく来ることでしょう。しかし、誰が、どのようにして、いつまで・・・、という大きな課題を突破しなければなりません。
ご家族も含めて、大きな、根本的な課題解決策はなかなか見つかりません。
そんな中で、KOMIケアの視点が職員のやる気やケアの方向性を支えているようです。

30分間延長してのディスカッションも盛り上がりました!!
また、続きを開催したいと思います。

学会会場(天王寺)のすぐ近くに「あべのハルカス」があり、その60階の展望台に上りました。東京タワーやスカイツリーを除けば、日本一高いビルだそうです。





夕暮れ時でしたが、視界は良好で、大阪湾に広がる海も望めました!
皆さま、またお会いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第8回ナイチンゲールKOMIケ... | トップ | 四国ドライブの旅 »