KOMIのブログ

金井一薫の周辺に起こった出来事や、学会、FN看護研究所関連の記事を紹介します。そして私のつぶやきをお聞きください。

看護の日記念講演:徳島県立総合看護学校

2017-05-10 14:09:59 | 日記
5月8日(月)

今週は、5月12日のナイチンゲール生誕を記念して、全国各地で「看護週間」のイベントが開催されています。
この日は、徳島県立総合看護学校において、記念講演会が開催されました。
ここには「准看護師課程」「2年課程の第二看護学科」「3年課程の第一看護学科」の3課程が併設されています。
合わせて450名の学生さんと、教員の方々、それに外部からのお客様が、体育館に参集されました。
主宰は学生さん! 司会も、挨拶も、しっかりと立派に役割を果たされました。

学生さんたちには、各自に現代社版の『看護覚え書』を持参していただきました。
講演のテーマは、「『看護覚え書』を読む-そこから見える看護の真髄-」です。
もっともっと、話したいことはありましたが、続きはまたいつの日かに……! 終了後にはとても良い質問を2つ、いただきました。




新学期が始まって、2~3年生はそろそろ実習に出る時期です。
「看護のものさし」を頭において、観察を看護の眼と頭で行い、患者に寄り添う、心のこもったケアを患者さんに届けてください。

さて、新緑の美しい季節となりました。
どこを見ても満開の花が目を楽しませてくれています。
この連休には、近くの丘に登ったり、ドライブで山に入ったり、峠越えをしたりと楽しみました。
山に咲く「つつじ」の鮮やかな色彩に、思わず声がでます。



また、山の斜面一面に咲き乱れる「シャガ」の白い花をうっとりと眺めました。



光が入って、それはきれいな景色でした。今年はとりわけ美しく咲いた斜面を堪能しました!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都立府中看護専門学校、戴帽... | トップ | みんなのMITORI研究会・勉強会 »