FMピッカラ ブログ

新潟県柏崎市のコミュニティ放送のスタッフブログ

てくてく柏崎 島町②

2017-04-18 | 日記
てくてく柏崎、今春発行された「柏崎まちなか歩きマップ」より、

コース2「柏崎のはじまり 島町界隈と近世のまちをめぐる」を7回にわたってお送りする2回目です。

八坂橋から鵜川橋へと歩きます。



川沿いに小路があります。

ここから対岸を見ると、レンガ坂が見えます。

レンガが敷き詰められている道路だから「レンガ坂」と呼ばれたそうですが、今は残念ながらアスファルトです。

レンガの坂なんておしゃれですよね。

鵜川橋に出る前に、新北国街道に出ます。

大正4年の頃の写真と見比べてみました。

かなり当時は賑わっていたようですよ。

道路の幅員が結構広い道ですよね。

鵜川橋を渡って、中浜側へ。

右折して、レンガ坂を登ってみました。

結構急勾配・・・

空き地を見ると砂地で、柏崎が砂山だったことがわかります。

ここから左折して、とっても狭い小路へ。

ガイドの戸田さんがおっしゃるには「猫がたくさんいるから猫屋横丁って勝手に呼んでるんです」

「今日は会えるかな~?」なんて言ってたんですが、すぐ黒猫ちゃんが現れる。

続いて白猫ちゃんに、土と同化した茶色の猫ちゃん。

みんなおとなしくて逃げない。

なんだか猫に会ってほんわかしました。

実はレンガ坂ではすれ違った青年が私たちに挨拶してくれました。

気持ちがいいものですね。

街歩きをしている中での出会いっていいなぁって思いました。

素敵な時間だったのに、夢中になりすぎて写真がなくてごめんなさい。

<たかはしひろみ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『グアム』との親善交流 | トップ | 作品展…『藍布をたのしむ』 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。