いっちゃんの日記帳

昔ながらの原風景のふる里、京都美山で「いっちゃん」が、四季折々の風景とともに日常や出来事などを綴ります。

紙の作品展

2017年05月19日 | 日記

今回、美山かやぶき美術館で開催されている展示。
奥野 誠・奥野 佳世「紙の作品展」を開催中!

和歌山県田辺市龍神村は、日高川の上流にあり、楮(こうぞ)の産地でもあります。
古くから紙漉きが行われ「山路紙」(さんじがみ)と呼ばれていました。
地域の産品として、暮らしの中に使われていましたが、戦争後長い間途絶えていました。
その和紙を復活し、芸術品として高めたのが奥野さんご夫妻です。
和紙の漉き方を変えたり、草木で染めたりする事で、楮の繊維は新たな表情を魅せてくれるそうです。
緑の色濃い美山へ、ゆっくりのんびりと「美山かやぶき美術館」で楽しんでみませんか!!(^O^)

開催期間: 平成29年(2017年) 5月 2日(火)~6月11日(日) 午前10時~午後4時30分 (月曜日休館)

開催場所: 美山かやぶき美術館  京都府南丹市美山町島朴の木21  ℡0771(75)1777

入館料   大人 500円(中学生以上)   小人 200円(両館セット券)

ホームページは  こちら

 

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏の装い | トップ | 明日は、かやぶきの里一斉放... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。