えふみっくす+

「自分の日常=他人の非日常」
日常で感じた色んなことを発信していきます!

最後の旅立ち

2017年04月26日 22時23分34秒 | MEMO)日常



先日、祖父が亡くなりました。



4月上旬。旅から帰ってきて2日目の早朝4時。
母の「じっちゃんが危篤だって」という言葉で目を覚まし、急いで隣町の病院へ向かいました。
祖父は隣町の老人ホームに入居していて、先月母が会いにいった時には元気だったと聞いていました。
しかし4月に入って突然の入院。そして、突然の容体悪化。
いつかは来ると思っていましたが、あまりにも急で、何も心の準備が出来ていないまま病室へ…

そこには、呼吸器を付け、意識を失ったままただただ必死に呼吸を繰り返す祖父がいました。
涙があふれて止まりませんでした。
私が最後に祖父に会いに行ったのは1年半前で、その時には大好きな大福をぺろりと食べていました。
認知症で、私の事を忘れてしまっていたけど、会いにいったら嬉しそうにしてくれました。
でも、今、そんな意思疎通も出来ない。
生きるために、息を吸って、はく…命の姿でした。
そんな必死に生きようとする姿と、もっと会いに行けたらよかったという後悔が、涙となって止まらなかったのです。

でも、祖父はとっても優しい人でした。
数日後、意識を取り戻したのです。
呼吸器は取れないままですが、酸素濃度も安定して、とても落ち着いていました。
私が「じっちゃん!」と声をかけると、こちらを見て可愛い笑顔を見せてくれました。
入れ歯がないので何を話しているかはわからないけれど、必死に何かを伝えようとしてくれました。
時には腕をぐるぐる回して、驚かせてくれました。
別れ際には、温かい手を差し出して、力強く握ってくれました。
毎日祖父に会いに行っては、その姿に元気をもらっていたのは私の方でした。
"もっと会いに行けたらよかった"という私の後悔を、祖父は消してくれたのでした。

そう、きっと祖父は、私達を悲しませないように…
最後まで私達の幸せを願って、生き抜いてくれたのだと思います。

気がつけば最初に病院へかけつけた日から、2週間が経とうとしていました。
その日会いにいくと、また血圧や酸素濃度が低下していて、意識もありませんでした。
だけど顔も血色がよくて、あの日ほど辛そうになかったので、
また明日には元気な姿を見せてくれるんじゃないかと、そう思っていました。

昼食を終えた時、病室に呼ばれました。
危篤でした。
先ほどまで血色のよかった顔は、真っ白になっていました。
そして呼吸の数は、時が過ぎるごとに減っていきました。
祖父が1つ呼吸をするごとに、皆一緒に呼吸をしました。
しかしついに、祖父の口が動かなくなりました。
「じっちゃーん、息するの忘れてるよー」
叔母さんの声と共に、心電図が0になりました。


祖父が、亡くなりました。


いつ旅立ったのかわからないくらいに、静かに、安らかに。


ついさっきまで、触れたら呼吸を感じていた肩は、もう、ピクリとも動かない。
そんな肩を抱いて、真っ白になってしまった頬をなでて…
じっちゃん、ありがとう。ありがとう………ありがとう…。
感謝の気持ちが、止まりませんでした。



葬儀の前に、湯灌師さんに体を綺麗にしてもらった祖父は、
まるで別人のように、俳優さんのように美しい姿で、棺に眠っていました。
苦しまず、安らかに旅立った祖父は、幸せそうな顔をしている気がしました。
祖父の棺に、折鶴を添えました。
祖父を天国へと、導いてくれるようにと、願いをこめて。
告別式では、私を含め、親族みんな、なかなか祖父から離れられませんでした。
これが、祖父の体に触れられる、最後の瞬間。
でも、もう、旅立たせてあげないとね。
・・・
火葬し、まっさらな骨だけになった祖父を、骨壷に納めました。
正直、その頃には、祖父が亡くなったという実感が湧くだろうと思っていましたが、
未だに、湧いてこないのです。
祖父の遺影を見るたびに。
また大福を食べているかもしれない。また、私が会いに来たのを喜んで、笑いかけてくれるかも…しれない。
数日前まで、あんなに素敵な笑顔で迎えてくれていたから…未だに信じられません。

ですが、悲しくはないのです。
とっても寂しいけれど、悲しくはない。
それは、祖父の優しさのおかげです。
小さい時、一緒に買い物に行ったこと。
祖父の作るステーキが大好物だったこと。
老人ホームに会いにいった別れ際、見えなくなるまでずっと、名残惜しそうに手を振ってくれたこと。
そして、亡くなる前に、一緒に笑いあえる時間をたくさん作ってくれたこと。
私のこと、忘れてると思っていたけど、きっと……覚えていてくれたこと。
私にも、家族にも、老人ホームの方や看護婦さんにも…みんなに笑顔と幸せをくれたこと。
そんな祖父の温かさが心の中で今も生き続けていて。
じっちゃんはこの世界での役目を終えたんだ…立派に…だから、悲しくないのです。
ただただ、感謝の気持ちで、いっぱいなのです。
祖父のおかげで生まれてきた命、出会えた命が、たくさんある。
一生懸命頑張って人を幸せにしてきた87年だったから、もう、休ませてあげなくちゃね。
じっちゃん、お疲れ様。
ありがとう。


私も、じっちゃんみたいに、この命が果たすべき役目を全うできるように頑張るよ。
めいっぱい幸せになるよ。そして、多くの幸せを与えられる人間になるよ。
だからこれからも、見守っていてね。
でもまずは、ゆっくり、ゆっくり…休んでね。



ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年春の旅~①広島

2017年04月18日 21時07分38秒 | MEMO)旅

【本日の福野郎 №126(遅刻)】

少し時間が経ってしまいましたが、
3月29日~4月5日の1週間で両親と旅に行ってきました。
今回は訪れた県別に、旅をした感想をつづっていきたいと思います。
少しでも「行きたいなあ!」と思っていただけたら嬉しいです^^
今回は①広島県から!






…の前に。
京都が出発点なので、京都→岡山までは青春18きっぷで移動し、
岡山でレンタカーを借りて、最初の目的地、広島県尾道市を目指します。
岡山といえば桃太郎!というわけで、
駅前にも、猿・犬・雉・鳩を連れた桃太郎が!!(…鳩?)

車で進むこと約2時間半…



尾道市に着きました!!というわけで早速尾道ラーメン!!!
豚の背脂を浮かせた醤油ベースのスープに、ストレート面が特徴。
北海道のラーメンとは違いますね。どこか懐かしさを感じさせる味です。
なんというか…時々ふと無性に食べたくなる味というか…!誰かわかる人いません??




そんな尾道市の風景!
千光寺公園からの眺めです。
尾道は猫の町、千光寺公園は桜の名所なのですが…
あと1週間遅く来ていたら見ごろだったろうなあ~という状態でした^^;
猫ちゃんには2匹遭遇。これから1週間、お留守番のニャン太と会えない"ニャン太ロス"が続くので、
ここで必死に猫エネルギーを補給いたしました…!
でも前回(2016年5月)訪れた時の方が猫ちゃんいっぱいいたなあ><
いつか是非、満開の桜と春の陽気にぬくぬくする猫ちゃんに会いにまた訪れたいです!
ちなみに奥に見える橋が、これから渡る"しまなみ海道"の橋です。




で、早速渡ります。
父の休み4日間で四国を巡ってまた京都へ戻らねばならないので、今回はサクサク渡ります。
目指すは、大好きなポルノグラフィティの故郷・因島!
前回は三原市から船で因島へ渡りました。美しい海も島もすぐそこで、とても気持ちよかったです!
その時船から眺めていた橋を、今回は車で渡ります!
船旅と違うのは、例えば美しい浜が見えたりなど、島々を上から見られることでしょうか!
ちなみにしまなみ海道はサイクリングロードも整備されていて、自転車で広島から愛媛へ渡ることが出来ます!
いつか是非、サイクリングでしまなみ海道を渡ってみたいなあ!




1時間ほどしか滞在できない中、是非両親に見せたかった因島の景色は!
白滝山からの景色です!
たくさんの石仏が鎮座した、静かで不思議な空間。
そこに穏やかに流れる時間と、この風景。
この日は少しもやがかっていましたが、両親にも喜んでもらえたと思います。

この後、前回美味しくいただいたプチフールさんの「はっさくソフト」をリピート。
そしてポルノグラフィティ・ボーカル岡野昭仁さんの叔父さんのお店「プラザオカノ」(写真館)に寄り道。
…父母が隣のコンビニで買い物しているほんの10分20分の間だけ^^;
こちらにはポルノの歴史とファンの愛がつまったポルノ部屋(卑猥ではない)があるのです・・・!
突然来てすぐ去ってしまったのに、おじさんや昭仁さんのいとこのお姉さんには温かくしていただきました!
実は前回因島に訪れた際も、最後のお楽しみに取っておいた結果、
プラザオカノでの滞在時間があまり残っていなく、バタバタとしてしまったので…
いつか是非、じっくりプラザオカノを(お邪魔にならぬ程度に)堪能したいです!(いつか是非が多い福野郎)

その後、私の因島大好きスポット「折古の浜」にも寄りたかったのですが、
道が狭く、運転が大変そうだったので今回は断念しました。
うーーん、いつか是非、因島にお泊まりして思う存分島を堪能したい!!(もうはや広島に行きたい福野郎)
眺めも人も穏やかな因島でした。


夕日に染まる因島と海を眺めながら、またしまなみ海道を渡って…
次回は②愛媛県!初愛媛!お楽しみに^^


ちなみに
2016年5月の広島旅を描いた「本日の福野郎」(№44~№50)
こちらも併せてご覧ください^^尾道と因島、巡ってます(笑)

でゃ!


*アピールスペース*

←minneにてオリジナル商品販売中!

←LINEスタンプ「ニャン太だにゃん!」販売中!


記事へのコメントをいただけると大変励みになります^^♪お気軽にお寄せください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春よ、来い!

2017年04月13日 20時05分38秒 | MEMO)スポーツ

【本日の福野郎 №128】

4月13日です。
桜が咲いた、暖かくなったetc春の便りが聞こえている日本列島ですが、
北海道は本日、一日中雪が降っておりました。しかもなかなかの横殴り。

3月23日の記事にて、「道民よ、春はまだ来ぬ」と書きましたが、
忘れた頃に冬が悪あがきしてきましたね^^;
父も予定していたタイヤ交換を明日に延期しておりました。今日は氷点下で寒かった~。
道民がちょっぴり鬱々としてしまっていた1日でした。



しかし昨日、道民(の大半)にとって嬉しいニュースがありましたね!
6連敗&リーグ最下位の日本ハムファイターズが、ついに連敗ストップ!
打率が1割にも満たない状態だったレアード選手が今季初ホームランを打つなどして勝利!
ファンのモヤモヤを吹き払う立派なホームラン&ファンには待望の"スシポーズ"!
ヒーローインタビューでは「長い間閉店していたけど、今日から開店しました!」とお茶目なコメントも^^
まるで冬眠から冷めた熊のような、力強い目が覚める一発でしたね!

個人的にファイターズは、出だしはあまり調子のいいイメージはなく、
どちらかというと後半から追い上げていく印象があるので、そこまで不安には思っていませんでした。
しかし昨日の1勝は、なんだかとってもほっとしましたね~

主力の中田選手や大谷選手、ムードメーカーの杉谷選手など怪我人が多い厳しい状態は続きますが…
常に若い選手をどんどん育成し、不調な選手も我慢強く使う栗山監督。
そんな監督の思いに応えようとがむしゃらなF戦士一人ひとり。
苦しんでいたはずのレアード選手がお立ち台に立った姿を、穏やかな目で見ていた栗山監督。
本当に素晴らしい監督だなぁと思いました。
1人1人が強い気持ちで成長して、1人1人が自分の役割を果たして、
そんな1つ1つの力がつながって勝利をつかんでいくファイターズ…!
今年もそんなファイターズらしい野球を期待していますッ
目指せリーグ優勝!目指せ日本シリーズ連覇!!
他球団のファンの方は…お互いいい勝負をしましょうね!


日本列島できっと一番春の訪れが遅い北海道ですが、
これから道民も、ファイターズも、春の陽気を感じてエネルギーがみなぎってくることでしょう!
春よーーーもう来てもいいぞーーー!!!(笑)

でゃ!




本日もTVでファイターズ戦観戦中!果たして今日の結果は…!?
連勝で勢いつけようファイターズ!!


*アピールスペース*

←minneにてオリジナル商品販売中!

←LINEスタンプ「ニャン太だにゃん!」販売中!


記事へのコメントをいただけると大変励みになります^^♪お気軽にお寄せください。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ポケモンアニメ20周年!

2017年04月05日 21時32分42秒 | MEMO)ポケモン
1997年4月1日。
サトシとピカチュウの旅がスタートした「ポケットモンスター」感動の第1話。
サトシとピカチュウの旅は続き…



2017年4月1日。
祝!ポケモンアニメ20周年!!!

私、ポケモン好きへの扉は、アニメのポケットモンスターから開かれました。
20年前、ふとつけたTVに映ったポケモン。
気が付けば夢中になって、毎週欠かさず観ておりました。
大切な事をたくさん教えてくれた。笑わせてくれた。時には心動かされ涙した。
ポケモンを通して、大事な友達もたくさん出来た。
サトシやピカチュウと共に、心を旅させた20年。
その感謝を込めて、この絵を描きました。

個人的に第1話は、当初サトシを認めずツーンとしていたピカチュウが、
オニスズメの大群から体を張って自分を助けようとしたサトシに心を開いた瞬間が本当に大好きで。
ボロボロの体で、サトシの頬の傷をなめるピカチュウ。ボロボロなんだけど、2人とも幸せそうで。
そんなサトシとピカチュウの、"心を通わせあった瞬間・本当の旅の始まりの瞬間"を描きました。
後姿から、2人の溢れんばかりの感情を感じ取っていただけたら、この絵は成功かな。
着色は水彩色鉛筆で。
水彩色鉛筆、実は12色のものしか所持していないので、地道に色を混ぜておりました…!
一番苦戦したのは空。筆でサーっと塗っていくとどうしても色ムラが出来てしまうのです…。
ムラをなくそうと塗り重ねるうちににごってきたので、1度空だけ脱色してやり直しました^^;
他の部分はムラが逆に味になったりするのですが、空だけは均一に!!!と思っていたので時間をかけて…。
4月1日、twitterで公開しましたが、多くの方に見ていただき、お気に入りにしていただけたので、
この絵が、懐かしい2人の旅立ちを思い出すきっかけの1つになれたのかな、と思うと…とても嬉しいです!

キミにきめた。 | 福 [pixiv]
(↑ちなみにpixivでは文字無しverも併せて公開しております)





そして、もう1つ。



あいがるさん企画「アニポケ歴代OPアレンジメドレー」に参加させていただきました!

私がコラボさせていただいたのは、15曲目「夏めく坂道」。
ボサノバ風のアレンジをされていて、その雰囲気に私の歌声が合うのでは…という事で、
ボーカルとしてお誘いいただきました。

まず感じたのは、全OPのアレンジに挑戦しているなんてスゴイ!
そしてそんな"スゴイ!"作品に参加させていただけるのは、イチポケモンファンとして、嬉しい!
でも。
私は歌が特技なわけでもなく。
きっと素晴らしいコラボレーターの方々とコラボされるだろう作品の中で、唯一のボーカル。
そして「夏めく坂道」は大好きな曲である反面、音程を取るのが難しく、カラオケで大体失敗する歌…!(笑)
そんな不安は、確かにありました。
でも、前述のとおり"愛がこもった素敵な作品を一緒に作り上げること"に対するワクワクと、
私の歌を必要としてくださった事への素直な喜びが勝り、今回チャレンジさせていただきました。

あいがるさんのアレンジは“過ぎ去った夏”をテーマにされていたので、
歌う時には“オープンカフェで爽やかな風を感じながらの回想”を脳内イメージしながら歌いました。
私があいがるさんのアレンジを聴いて、すっと浮かんだ光景がそれだったのです。
大切にしたのは、ポケモンへの感謝と、この歌に描かれたイメージをのせて歌うこと。
歌のスキルはありません。が、そんな“愛”はしっかり込めたと、自信をもって言えます!
その“愛”が少しでも伝われば…皆様の中の夏の思い出に少しでも重ねていただけたら…嬉しいです!
(ロゴも曲の雰囲気を感じさせる素晴らしいロゴで感動しました…!)


…と、自分のコラボ曲を紹介させていただきましたが。
「アニポケ歴代OPアレンジメドレー」、最初から最後まで、聴いてみてください。

・1曲1曲違うテイスト。そうきたか!と思わせられる。
・主催のあいがるさんの音に、コラボレーターの方々の音が合わさってさらに味わい深い音になっている。
・曲順にも工夫があり、ノリノリになったと思えば少し落ち着いた曲になったりと、飽きることなく聴き入ってしまう。
・ロゴや挿入イラストも素晴らしく、動画としても楽しめる。
・音楽・動画とも細かいところにも工夫があり、視聴するたびに新たな味わいと出会える!

…あの、リミッターをはずして感想を申し上げると、凄まじく長くなってしまう予感しかないので、
簡潔にまとめさせていただきましたが…本当に素敵な作品です!
参加者としても、アニポケファンとしても、とても感動いたしました…!!
コラボレーターの皆様1人1人の得意とする事は違うのだけれど、
その1つ1つが合わさる事で、こんなに素晴らしい作品が出来るのですね…!!
この素晴らしい企画を成し遂げたあいがるさん・コラボレーターの皆様に、
心から感謝いたします!
私も、自分の表現ツールを増やしたり、表現技術を磨き続けて、
もっともっと人に伝わるものづくりができるようになりたい!と、今回の企画を通して思いました!


これからも、サトシとピカチュウの旅をずっと見ていたいと、改めて感じた1日でした。

でゃ!




今までカラオケ採点で84点しか取れなかった夏めく坂道、このコラボのおかげで90点を取れるようになりました!(笑)


*アピールスペース*

←minneにてオリジナル商品販売中!

←LINEスタンプ「ニャン太だにゃん!」販売中!


記事へのコメントをいただけると大変励みになります^^♪お気軽にお寄せください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

似合う色を知る=HAPPY!

2017年03月28日 18時18分33秒 | MEMO)色彩

【本日の福野郎 №125(遅刻)】

前の仕事で働いていてストレスが貯まっていた時、
それまではオレンジが好きだったのに急に黄緑や緑にばかり目がいくようになりました。
黄緑や緑は安心感と安らぎを与えてくれる色(昔から人間は緑に囲まれていた)なので、
その頃の私は、心が緑系の色を求めていたのでしょう。
それがきっかけで色彩の力に興味を持つようになりました。
独学で色彩検定3級・2級を取得しましたが、その知識を生かしきれていない気が…。
色彩のスペシャリストに直に学びたいと考え、今年から色彩の講座を受講しはじめました。

その講座の中で「パーソナルカラー診断」というものをしました。
パーソナルカラーとは、簡単にいえば"似合う色"
肌の色(オークル系?ピンク系?)、髪の色(ブラウン系?ブラック系?)、目の色などを参考に、
・春タイプ(イエローベース/鮮やかな色)
・夏タイプ(ブルーベース/穏やかな色)
・秋タイプ(イエローベース/落ち着いた色)
・冬タイプ(ブルーベース/鮮やかなアクセント・モノトーン)
の4シーズンに分けられます。
通常の診断では実際に4シーズンの色の布(約120枚)を顔の下に当てながら時間をかけて診断していくそうなのですが、
今回は簡易的に、1人10分ほどで診断していただきました。

実は短大時代にも色彩の授業があって、少しパーソナルカラーにも触れたのですが、
その時のセルフ診断で秋タイプだと確信し、普段の服選びでも深みのある色を選ぶようにしていました。

…しかし!!

私は、春タイプなんだそうです!!!あれ?

帰宅後タンスの中を見てみたら、圧倒的にくすんだ色が多い…(沈)
かろうじてあった明るい色の服は、前述の緑系が気になっていた頃に買った黄緑の服などだけ…
他の受講生からも「春タイプの明るい色の方が絶対似合う!」と言われたので、
先日早速明るいピンクのカーディガンを買ってきました。
(でも思ったほど、鮮やかな色の服が売ってなかったんです。)

で、実際に着てみて。
気分が、明るくなりました!
それは、明るい色の効果でもあると思うし、第三者に「似合う!」と認められた色だからだと思います。
この日は中に濃い茶系の色を着ました。
全身を春タイプの明るい色にしたら、自分にはまぶしくて落ち着かなさそうですが、
顔に近い一部に春タイプの色を持ってくるだけで、かなり効果があると感じました。
この日の講座の最後に撮った集合写真を見ると、自分の表情がいつもより断然明るく見えました!
色って、面白い!
これからは春タイプの明るくて綺麗な色をチョイスして、もっと自分を磨こうと思います!


パーソナルカラーにご興味ある方は是非詳しく調べてみてくださいね。
その際、セルフ診断で満足しないことをオススメします。
自分に似合う色を知りたい!という方は、パーソナルカラー診断を受けた方がいい!絶対!
セルフ診断で秋タイプと信じ込み、タンスの中を秋タイプの服の畑にしてしまった私からの助言です(笑)
もちろん、これまで購入した服も、春タイプの色を引き立てるサポート役として、上手く付き合っていきたいです!
※パーソナルカラーはその日の体調や、歳を重ねることで変化する場合もあるそうです。


色と上手く付き合うだけで、自分が変わっていくのを実感できる!
色に癒されてきた経験を生かして、いつか色に関わるお仕事をできたらいいなあ。
…と思いながら、これからも色彩の勉強を、楽しくがんばりまっくす!


でゃ!




明日から1週間ほど、京都や四国へ旅に出ます!
今回は地域ごとの色彩の使われ方など、色彩を意識しながらの旅にしたいです。
帰ってきたらまたお仕事探しにハッスルしますが、余裕があれば旅のレポートも書きたいと思います。
お楽しみに☆


*アピールスペース*

←minneにてオリジナル商品販売中!

←LINEスタンプ「ニャン太だにゃん!」販売中!


記事へのコメントをいただけると大変励みになります^^♪お気軽にお寄せください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加