FS通信(えふえすつうしん)

カミングアウトしているゲイの劇団
フライングステージのメールマガジン

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.119 2017/10/15

2017年10月15日 | Weblog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信(えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

さやかな月影が空に見え隠れするころとなりました。
お変わりありませんか。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
月に一度のメールマガジン「FS通信」、今月は、来月8日初日の
第43回公演「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」の情報を中心に、お届けします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.119 2017/10/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 劇団フライングステージ第43回公演「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
 ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」
#02 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
#03 gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
────────────────────────────────────

☆劇団フライングステージ第43回公演
「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」

2015年、渋谷区世田谷区での同性パートナーシップが認められるのに合わせて
上演した「Friend,Friends 友達、友達」、
2016年に上演したその後の物語「Family,Familiar 家族、かぞく」。
2作品に名前だけ登場した「ゲイの行政書士」を主人公にしたスピンオフ。
家族や友人、パートナーをめぐる生きていくためのいろいろの物語。
劇団創立25年を迎えた今年は、過去の上演作品、「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」と
「二人でお茶を TEA FOR TWO」をリーディング上演します。

*「陽気な幽霊」と「二人でお茶を」の上演台本を劇団HPで公開中です。
 http://www.flyingstage.com/gikyoku.html


■「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」

【作・演出】
関根信一

【出演】
石坂 純(劇団ひまわり)
石関 準(フライングステージ)
小浜 洋
岸本啓孝(フライングステージ)
阪上善樹
関根信一(フライングステージ)
高木充子(劇団桃唄309)
中嶌 聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)
モイラ

■ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」

2005年4月初演。
舞台は札幌のホテルの一室。
1980年から2005年までの25年間、年に一度のデートを続ける二人のゲイの物語。
(上演台本 http://www.flyingstage.com/teafortwo_01.html )

【作・演出】
関根信一

【配役と出演者】
西野亮平:阪上善樹(11月9日のみ出演)
西野亮平:石坂 純(11月12日のみ出演)
宮内健人:関根信一
ト書き :石関 準

■ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」

1996年4月初演。
レズビアン&ゲイパレードの帰り道、カミングアウトしたばかりの僕のところに、
やたら元気なゲイの幽霊がやってきた。
第9回池袋演劇祭大賞受賞作。
(上演台本 http://www.flyingstage.com/gayspirit0.html )

【作・演出】
関根信一t

【配役と出演者】
藤原 柾 :石関 準
大橋健二 :小浜 洋
田代 亘 :中嶌 聡
吉田美智代:高木充子
ゲイバーのママ:岸本啓孝
柾の母/ドラァグクィーン:モイラ
幽霊:関根信一

【日程】
2017年11月8日(水)- 11月12日(日)

11月 8日(水)19:30「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月 9日(木)19:30 ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」
11月10日(金)14:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月10日(金)19:30「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月11日(土)13:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月11日(土)16:00 ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」
11月11日(土)19:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月12日(日)13:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月12日(日)16:00 ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」
11月12日(日)19:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
*開場は開演の30分前です。

【会場】
下北沢 OFFOFFシアター
京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F
TEL 03-3424-3755

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:水月アキラ
イラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也、三枝 黎
協力:株式会社アスタリスク、M・M・P、劇団クレイジーパワーロマンチスト、
   劇団桃唄309、CoRich舞台芸術!
企画製作:劇団フライングステージ

【チケット】
・「LIFE, LIVE」
 全指定席 3,500円
 ペアチケット 6,500円 トリプルチケット9,000円
 学生 2,500円
 当日券 3,800円 当日学生券 3,000円

・リーディング「二人でお茶を」/「陽気な幽霊」
 全指定席 2,000円 当日 2,500円

*ペアチケット(2名)・トリプルチケット(3名)は
 予約・前売りのみの販売です。
*学生チケットは、当日、学生証の提示をお願いいたします。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が
 難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を
 解除させていただきます。
*当日券は開場と同時に発売いたします。

<一般発売> 2017年9月30日(土)10:00 から 各公演日前日 まで
・WEB予約
 >>PC用 https://ticket.corich.jp/apply/85985/
 >>携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/85985/
・MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com
・TEL/FAX予約 03-6803-1250(フライングステージ)
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。
*お席のご希望はうかがえません。ご了承ください。

【お問い合せ】
劇団フライングステージ
Mail:stage@flyingstage.com
TEL/FAX:03-6803-1250
WEB:http://www.flyingstage.com/
   http://flyingstage.cocolog-nifty.com/blog/

【劇団フライングステージ】
「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしている、日本では数少ない劇団の
一つ。
1992年の旗揚げ以来、代表の関根信一を中心に、「ゲイ」であることにこだわっ
た芝居を作り続けている。
近作に、同性パートナーシップの問題をリアルタイムで取り上げた「Friend,Fri
ends 友達、ともだち」「Family,Familiar 家族、かぞく」、夏目漱石を明治の男た
ちの恋と友情の物語として読み直した「新・こころ」など。
「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」等の上演台本を、
劇団ウェブサイトで公開中。

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

フライングステージの最新情報をお知らせしていきます。
チケットのご予約情報、空席情報等をお知らせしますので、どうぞフォローして
いただけたらと思います。

*劇団フライングステージ公式Twitter @flyingstage

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 gaku-GAY-kai2017のおしらせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆gaku-GAY-kai 2017「贋作・夏の夜の夢」

【日程】
2017年12月29日(金)- 30日(土)

【会場】
SPACE 雑遊

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 本公演の稽古が始まっています。新作と同時上演のリーディングの2作品。
 「二人でお茶を」は10年、「陽気な幽霊」は15年ぶりの上演です。
 台本を書いたのはもっと前なわけで、描かれている世界と時代が懐かしく新
 鮮です。どちらもフライングステージの原点と言っていい代表作だと思いま
 す。初演再演をご覧いただいた方も、今回のリーディングぜひご覧いただけ
 たらと思います。
 新作「LIFE, LIVE」、ずっと昔に少しだけ目指していた行政書士が主人公の
 物語。当時の記憶をいろいろ蘇らせています。
 フライングステージは来月11月3日で旗揚げからちょうど25年。
 「二人でお茶を」の中で流れる時間も25年。
 なつかしい作品をまた新しく作りながら、変わったものと変わらないものに
 ついて考えています。
 みなさまのご来場をお待ちしています。           (関根信一)
┠──────────────────────────────────┨
 先日,福井の恐竜博物館に行きました。家族連れで賑わう中で見つめる恐竜
 の実物大骨格は格好いいけど,怖。かねてから感じていましたが,僕は人間
 以外の動物のスケールを8掛けくらいで想像しているらしいのです。実物に
 出会うと,ほぼ例外なくデカイと感じます。それにしても博物館のある勝山
 まで,福井から電車で1時間,専用送迎バスで10分弱。フクイラプトル,フ
 クイサウルス,フクイティタンなど福井を冠した命名も多いラインナップで,
 ちょっと遠いですけどお勧めです。              (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 スマートフォンのタッチパネルの反応が鈍くなり、入力できない文字があっ
 たり、受電の操作ができないなどの症状で、ストレスを感じることが多くなっ
 たので、機種変更しました。
 機種変更に延べ1日費やしたものの、やはりサクサクと反応するタッチパネ
 ルにストレスはなく、快適な日々が戻りました。
 前機種の使用期間は33か月。今回の機種は48か月の分割払い。
 途中で機種変更すると、残額の支払いが免除になる特約というものに入りま
 したが、さて、今回の機器は、いつまでのお付き合いになることやら。
                             (水月アキラ)
┠──────────────────────────────────┨
 今回は劇団創立25年ですが、だから特にどうということはなく、いつものよ
 うに稽古がすすんでいます。とはいえ、昔の作品のリーディングの稽古をし
 て、今回の新作の稽古をしていると、それぞれの作品に自然とあらわれてく
 る「今」のちがいに、感慨深くもなります。新作「LIFE,LIVE ライフ、ライ
 ブ」とあわせ、ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」と「陽気
 な幽霊 GAY SPIRIT」とも、ぜひおたのしみいただけたら、と思います。創
 立25年なので、そのうち僕がどれくらいいるのかと思って数えてみたら、来
 年の春でこの劇団に入って丸10年になるということに気がつきました。つづ
 けるということは、特にどうということはない、いつもの毎日を積み重ねる
 ことなのかもしれません。                 (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ http://www.flyingstage.com/
お問い合わせは、stage@flyingstage.com までどうぞ。
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事をはてなブックマークに追加

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.118 2017/9/15

2017年09月15日 | Weblog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信(えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

一雨ごとに深まる秋、いかがおすごしですか。
劇団フライングステージの岸本啓孝です。
メールマガジン「FS通信」を、今月もお送りします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.118 2017/9/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 劇団フライングステージ第43回公演「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」
#02 関根信一 出演 リーディング&トークショウ「悪女大学」
#03 関根信一 出演 劇団桃唄309「風が吹いた、帰ろう」高松公演
#04 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
#05 gaku-GAY-kai2017のおしらせ
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 劇団フライングステージ第43回公演「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆劇団フライングステージ第43回公演
「LIFE, LIVE ライフ、ライブ」
ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」

2015年、渋谷区世田谷区での同性パートナーシップが認められるのに合わせて
上演した「Friend,Friends 友達、友達」、
2016年に上演したその後の物語「Family,Familiar 家族、かぞく」。
2作品に名前だけ登場した「ゲイの行政書士」を主人公にしたスピンオフ。
家族や友人、パートナーをめぐる生きていくためのいろいろの物語。
劇団創立25年を迎えた今年は、過去の上演作品、「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」と
「二人でお茶を TEA FOR TWO」をリーディング上演します。

*「陽気な幽霊」と「二人でお茶を」の上演台本を劇団HPで公開中です。
 http://www.flyingstage.com/gikyoku.html


■「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」

【作・演出】
関根信一

【出演】
石坂 純(劇団ひまわり)
石関 準(フライングステージ)
小浜 洋
岸本啓孝(フライングステージ)
阪上善樹
関根信一(フライングステージ)
高木充子(劇団桃唄309)
中嶌 聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)
モイラ

■ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」

2005年4月初演。
舞台は札幌のホテルの一室。
1980年から2005年までの25年間、年に一度のデートを続ける二人のゲイの物語。
(上演台本 http://www.flyingstage.com/teafortwo_01.html )

【作・演出】
関根信一

【配役と出演者】
西野亮平:阪上善樹(11月9日のみ出演)
西野亮平:石坂 純(11月12日のみ出演)
宮内健人:関根信一
ト書き :石関 準

■ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」

1996年4月初演。
レズビアン&ゲイパレードの帰り道、カミングアウトしたばかりの僕のところに、
やたら元気なゲイの幽霊がやってきた。
第9回池袋演劇祭大賞受賞作。
(上演台本 http://www.flyingstage.com/gayspirit0.html )

【作・演出】
関根信一

【配役と出演者】
藤原 柾 :石関 準
大橋健二 :小浜 洋
田代 亘 :中嶌 聡
吉田美智代:高木充子
ゲイバーのママ:岸本啓孝
柾の母/ドラァグクィーン:モイラ
幽霊:関根信一

【日程】
2017年11月8日(水)- 11月12日(日)

11月 8日(水)19:30「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月 9日(木)19:30 ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」
11月10日(金)14:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月10日(金)19:30「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月11日(土)13:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月11日(土)16:00 ドラマリーディング「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」
11月11日(土)19:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月12日(日)13:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
11月12日(日)16:00 ドラマリーディング「二人でお茶を TEA FOR TWO」
11月12日(日)19:00「LIFE,LIVE ライフ、ライブ」
*開場は開演の30分前です。

【会場】
下北沢 OFFOFFシアター
京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F 
TEL 03-3424-3755

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:水月アキラ
イラスト:ぢるぢる
フライヤーデザイン:石原 燃
制作:渡辺智也、三枝 黎
協力:株式会社アスタリスク、M・M・P、劇団クレイジーパワーロマンチスト、
   劇団桃唄309、CoRich舞台芸術!
企画製作:劇団フライングステージ

【チケット】
・「LIFE, LIVE」
 全指定席 3,500円
 ペアチケット 6,500円 トリプルチケット9,000円
 学生 2,500円
 当日券 3,800円 当日学生券 3,000円

・リーディング「二人でお茶を」/「陽気な幽霊」
 全指定席 2,000円 当日 2,500円

*ペアチケット(2名)・トリプルチケット(3名)は
 予約・前売りのみの販売です。
*学生チケットは、当日、学生証の提示をお願いいたします。
*客席の都合上、開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が
 難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、座席の指定を
 解除させていただきます。
*当日券は開場と同時に発売いたします。

<先行予約>2017年9月23日(土)10:00 - 9月29日(金)22:00
・WEB予約
 >>PC用 https://ticket.corich.jp/apply/85985/
 >>携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/85985/
・MAIL予約:yoyaku@flyingstage.com 
・TEL/FAX予約:03-6803-1250
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*先行予約のチケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします
 (振込手数料はご負担ください)。
*お席のご希望をうかがえます。

<一般発売> 2017年9月30日(土)10:00 から 各公演日前日 まで
・WEB予約
 >>PC用 https://ticket.corich.jp/apply/85985/
 >>携帯用 http://ticket.corich.jp/apply/85985/
・MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com
・TEL/FAX予約 03-6803-1250(フライングステージ)
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。
*お席のご希望はうかがえません。ご了承ください。

【お問い合せ】
劇団フライングステージ
Mail:stage@flyingstage.com
TEL/FAX:03-6803-1250
WEB:http://www.flyingstage.com/
   http://flyingstage.cocolog-nifty.com/blog/

【劇団フライングステージ】
「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしている、日本では数少ない劇団の
一つ。
1992年の旗揚げ以来、代表の関根信一を中心に、「ゲイ」であることにこだわっ
た芝居を作り続けている。
近作に、同性パートナーシップの問題をリアルタイムで取り上げた「Friend,Fri
ends 友達、ともだち」「Family,Familiar 家族、かぞく」、夏目漱石を明治の男た
ちの恋と友情の物語として読み直した「新・こころ」など。
「陽気な幽霊 GAY SPIRIT」「二人でお茶を TEA FOR TWO」等の上演台本を、
劇団ウェブサイトで公開中。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 公演のご案内DMを今度の日曜に発送するのですが、前回公演以降、住所不明
 で不達になっている方が大勢いらっしゃいます。郵便局による配達ではなく、
 配送業者に委託しているためかと思われます。今回は届かないなあという方
 でフライヤーがご入り用の方は、フライングステージまでご連絡ください。
 郵便であらためてお送りさせていただきます。
 フライヤー画像はフライングステージのホームページにアップをしています
 のでご覧ください。          
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 関根信一 出演 リーディング&トークショウ「悪女大学」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆Dramatic.Reading.Act.Gurlz リーディング&トークショウ「悪女大学」

【日時】
2017年9月16日(土)15:00 / 18:00
*開場は各回 1時間前です。

【会場】
COFFEE&TEA 記憶の岸辺
http://r.goope.jp/kiokunokishibe
東京都三鷹市下連雀4-14-20
JR三鷹駅南口徒歩14分

【出演】
エスムラルダ
モイラ
関根信一(劇団フライングステージ)

【入場料】
予約 2,500円 当日 3,000円
*いずれも1ドリンク付

【ご予約】
bisoubisou0429@gmail.com
twitter ID:@MoiraBordeli

または stage@flyingstage.com(フライングステージ)までどうぞ。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 Dramatic.Reading.Act.Gurlzによる新企画に、モイラさんから声をかけてい
 ただきました。「悪女」がテーマということで、僕は坂口安吾の「桜の森の
 満開の下」をリーディングさせてもらいます。とても長い作品なので、登場
 する「女」を中心に再構成をしました。
 ご予約はフライングステージ宛にご連絡いただいても大丈夫です。
 三鷹のとても素敵な雰囲気のカフェ、僕もうかがうのが楽しみです。
 ご来場をお待ちしています!                (関根信一)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 関根信一 出演 劇団桃唄309「風が吹いた、帰ろう」高松公演
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆ART SETOUCHI イベント
 劇団桃唄309「風が吹いた、帰ろう」

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

2016年5月に座・高円寺1で上演した『風が吹いた、帰ろう』。
物語の背景となる高松にて再演。

港から、船で二十分のところに、美しい小島がある。
無知や誤解の元に「業病」「天刑病」などと呼ばれていた病。
ハンセン病。その療養所の島。
かつては、わたしやあなたと変わらない人たちでひしめきあっていた。
今は、ただ静かな島。まばゆい白砂。青々とした松。
手を伸ばせば届きそうな空。
想像してみよう。家族と引き離され、社会からほぼ隔絶され、
わたしやあなたは、何を感じながらここにいたのだろうか。
世の中は、つまりわたしたちは、なにを間違えたのだろうか。
繰り返す波が、浜に砂を運び寄せ、時に砂を削る。
織りなす思い、その海に漕ぎ出そう。
たとえ小舟しかなくても。

【戯曲・演出】
長谷基弘

【出演】
楠木朝子/佐藤達/山西真帆
富山聡子/高木充子

五十嵐ミナ(office HATTA)/竹田まどか/石坂純(劇団ひまわり)
成本千枝/元尾裕介(カムカムミニキーナ)/山口智恵(大判社)
河野直樹(双数姉妹)

中嶌聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)/小林あや
近藤ミキヲ/綾田將一/さいとうまこと
関根信一(劇団フライングステージ)

西山水木(プリエール)

【日時】
2017年9月23日(水)- 24日(日)
23日(土)18:30
24日(日)14:00

※開場は開演の30分前
※上演時間は2時間弱予定

【会場】
サンポートホール高松 第1小ホール
〒760-0019 高松市サンポート2-1
TEL: 087-825-5000 FAX: 087-825-5040
JR「高松」駅から徒歩5分/ことでん高松築港駅から徒歩5分/
高松港から徒歩2分
劇場サイト>>>http://www.sunport-hall.jp/access/

【チケット】
(前売)一般:2,000円 小中高生:1,000円 
(当日)一般:2,500円 小中高生:1,500円

【チケット取り扱い】
WEB予約
チケットボックス
イープラス
TEL予約
・サンポートホール高松プレイガイド
 TEL: 087-825-5008(09:00-18:30)
メール予約
・劇団フライングステージまでご連絡ください。
>>>stage@flyingstage.com
または、http://ticket.corich.jp/apply/73093/112/ (関根扱いWEB予約)

【アクセシビリティ】
・車いすでご観劇頂く場合
 客席内に専用スペースがあります。 
 客席内には8席ぶんの車いすスペースがあります。
 車いすのまま場内にお入りいただき、そのままご観劇いただけます。
・耳のご不自由なお客様へ
 事前に台本をお貸しいたします
 耳の不自由なお客様向けに、事前に台本をお貸し致します。
 あらかじめセリフ等をお読み頂いた上でご観劇頂けます。
 (1)劇団桃唄309までお問い合わせください。
    → office☆momouta.org(☆を@に替えてメールをお送りください)
 (2)ご用意でき次第、上演台本と出演者早見表をお送りいたします。
 (3)上演台本は、観劇後に受付にてご返却ください。

【主催】
瀬戸内国際芸術祭実行委員会

【企画・製作】
劇団桃唄309 / ウィンドミルオフィス
『風が吹いた、帰ろう』公演実行委員会 / アートマネジメントセンター福岡

*劇団桃唄309・公演情報ページ
>>http://www.momouta.org/m/products/p201709kfkt

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

フライングステージの最新情報をお知らせしていきます。
チケットのご予約情報、空席情報等をお知らせしますので、どうぞフォローして
いただけたらと思います。

*劇団フライングステージ公式Twitter @flyingstage

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#04 gaku-GAY-kai2017のおしらせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆gaku-GAY-kai 2017「贋作・夏の夜の夢」

【日程】
2017年12月29日(金)- 30日(土)

【会場】
SPACE 雑遊

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ずっと体調を崩してしまい、桃唄309「風がふいた、帰ろう」の稽古になかな
 か参加できなかったのですが、枯れていた声も戻り、稽古に合流。高松での
 公演まであと一週間になりました。連休を瀬戸内国際芸術祭と合わせて香川
 へ行ってみようという方、また、お近くのみなさま、ご来場をお待ちしてい
 ます。
 8月末、高校演劇の審査員をしました。8月に地区大会というのは、とても
 早いです。9月に文化祭で初演して、それから地区大会という流れが普通だ
 と思うのですが、夏休みも終わらないうちの地区大会。時間が足りなかった
 のだろうなあという学校がいくつもありました。続きが見たい、もっと稽古
 が重ねられたらどんなによかったろうと。今年もまた、たくさん笑って泣い
 て、多くのものをもらって帰ってきました。講評でのコメントが、高校生の
 みなさんの心にとどくものであることを願っています。都大会推薦校の11月
 の東京芸術劇場での上演だけでなく、地区大会で「がんばれ!」と思った高
 校の文化祭での上演もなんとか見に行けたらと思っています。都大会は一般
 の方も観覧できます。(ウェブでの申し込みがあるかと思いますが)。ヒザ
 イミズキさんと一緒に選んだ推薦校、都立田柄、富士見女子が、どんな成長
 をしているか、今からとても楽しみです。おすすめです。
 翻訳家で演出家の青井陽治さんが、9月1日に亡くなりました。連絡をもら
 ってから、青井さんのことをずっと考えています。
 初めてお会いしたのは、1989年1月の新神戸オリエンタル劇場、僕が出演し
 ていた「シェルブールの雨傘」の楽屋でした。その前からも、劇団四季のプ
 ログラムでのブロードウェイ通信や、「ベント」「トーチソングトリロジー」
 「真夜中のパーティ」といったゲイプレイの翻訳作品からどれだけ勉強させ
 てもらったかしれません。
 札幌での劇作家大会で初めてしっかりお話をさせてもらい、杉並区立富士見
 丘小学校の演劇授業では、一緒にどうやって子どもたちと演劇をつくってい
 くかを考えました。演出家協会主催のシェイクスピアのワークショップでは
 青井さんの友人である俳優のロジャー・リーズさんを迎えて、中身の濃い二
 週間を一緒に過ごしました。俳優を続けている今の僕の大きな財産です。
 ご葬儀には仕事の都合で伺えなかったのですが、出棺の際、青井さんが「演
 劇人の国歌」だと言っていた「コーラスライン」の「WHAT I DID FOR LOVE」
 が流れ、拍手とブラボーの声が上がったそうです。僕も仕事先で黙祷を捧げ
 ました。まだまだもっともっと勉強することがある。いつもそう思わせてく
 れる人でした。
 僕の劇作の文法、セリフの言葉づかいは、青井さんが訳された「トーチソン
 グトリロジー」「ベント」といった作品から多くの影響を受けていることは
 間違いありません。台本を書き始めた頃、僕の机にはいつも青井さんが訳さ
 れた海外のゲイプレイの戯曲があり、途方にくれると読み返したものです。
 師というべき人を持たない僕にとって、かけがえのない大先輩であることは
 もちろん、僕が演劇に出会うきっかけと、輸入作品ばかりのゲイプレイでな
 い日本のオリジナルの作品を作り続ける勇気をくれた大切な人です。
 僕と同じような気持ちでいる人は演劇界に大勢いることだろうと思います。
 ほんとうにありがとうございました。
 心よりご冥福をお祈りします。               (関根信一)
┠──────────────────────────────────┨
 この夏のミッションとして実行したことの一つに、「浴衣を左前で着てる人
 に声を掛ける」があります。最近はネットの普及ででしょうか、急激に少な
 くなりました。以前なら「恋人(友達)と一緒だから恥かかせないように」
 と変に気を遣いスルーしましたが、今は図太く「写真撮ってネットで公開し
 て恥かくよりいいでしょ!」と自分の中のオバチャンスイッチをオンにして
 ます。しかし結果は男子一人でした。勇気だしました。     (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 平日は宇都宮、週末は東京という生活が続いていますが、日曜日に宇都宮に
 帰るため、昨年のように、御神輿を担ぐことができていません。東京の地元
 町内会のお祭りに参加しましたが、裏方としての仕事を任されたので、地元
 でも御神輿を担ぐことができませんでした。
 ただ、地元のお祭りの中で、子供向けの時間があり、そこで綿菓子作りを任
 され、まさかの綿菓子作り初体験。
 歳を重ねても、まだまだ未体験の事柄があることに気付かされました。
                             (水月アキラ)
┠──────────────────────────────────┨
 松竹の関係者から「女優カレンダー2017」をいただいたので、今年は自分の
 部屋にかけています。夏のあいだは、六月の夏川結衣さん、七月の海老瀬は
 なちゃん、八月の土屋太鳳ちゃんとつづき、この九月になって一気に浅田美
 代子さんに。来たる十月は寺島しのぶさん、十一月は森口瑤子さん(大好き
 です!)と深まり、十二月は名取裕子さんで一年のしめくくりです。四季の
 移ろいを華やかな女優たちとともに感じています。一年にたとえると、自分
 はいま、何月ぐらいにいることになるのでしょうか・・・。  (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ http://www.flyingstage.com/
お問い合わせは、stage@flyingstage.com までどうぞ。
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事をはてなブックマークに追加

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.117 2017/8/15

2017年08月15日 | Weblog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信(えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

残暑がひときわ身に染む雨つづきの夏、お変わりありませんか。
劇団フライングステージの岸本啓孝です。
月に一度のメールマガジン「FS通信」をお届けします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.117 2017/8/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 劇団フライングステージ第43回公演「LIFE, LIVE」
#02 関根信一 出演 劇団桃唄309「風が吹いた、帰ろう」高松公演
#03 石関 準 出演「雪乃音流舞踊会」
#04 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
#05 gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 劇団フライングステージ第43回公演「LIFE, LIVE」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆劇団フライングステージ第43回公演
「LIFE, LIVE」

一昨年上演した「Friend,Friends 友達、友達」、
昨年上演した「Family,Familiar 家族、かぞく」。
このニ作品に名前だけ登場した「ゲイの行政書士」を主人公にしたスピンオフ。
家族や友人、パートナーをめぐる生きていくためのいろいろの物語。
劇団創立25年を迎えた今年は、過去の上演作品、
「陽気な幽霊」と「二人でお茶を」をリーディング上演します。

【作・演出】
関根信一

【出演】
「LIFE, LIVE」
石坂 純
石関 準
小浜 洋
岸本啓孝
阪上善樹
関根信一
高木充子
中嶌 聡
モイラ

*リーディング公演の出演者はあらためてご案内いたします。

【スタッフ】
照明:伊藤 馨
音響:樋口亜弓
衣裳:石関 準
舞台監督:水月アキラ 
制作:渡辺智也 三枝 黎
協力:株式会社アスタリスク、M・M・P、劇団ひまわり、劇団桃唄309
   CoRich舞台芸術!
企画製作:劇団フライングステージ

【日程】
2016年11月8日(水)−11月12日(日)
11月 8日(水)19:30 「LIFE, LIVE」
11月 9日(木)19:30 リーディング「二人でお茶を」
11月10日(金)14:00 「LIFE, LIVE」
11月10日(金)19:30 「LIFE, LIVE」
11月11日(土)13:00 「LIFE, LIVE」
11月11日(土)16:00 リーディング「陽気な幽霊」
11月11日(土)19:00 「LIFE, LIVE」
11月12日(日)13:00 「LIFE, LIVE」
11月12日(日)16:00 リーディング「二人でお茶を」
11月12日(日)19:00 「LIFE, LIVE」

【会場】
下北沢 OFFOFFシアター
京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅南口正面 徒歩0分
世田谷区北沢2-11-8 TAROビル3F 
TEL:03-3424-3755

【チケット】
・「LIFE, LIVE」
 全指定席 3,500円
 ペアチケット 6,500円  トリプルチケット9,000円
 学生 2,500円(入場時受付で要学生証提示)
 当日券 3,800円 当日学生券 3,000円(入場時受付で要学生証提示)
・リーディング「二人でお茶を」/「陽気な幽霊」
 全指定席 2,000円 当日 2,500円
◎ペアチケット(2名)・トリプルチケット(3名)は予約・前売りのみの販売です。
 性別、セクシュアリティ等、不問です。
◎開演後のご入場はご予約いただいた席へのご案内が難しくなります。
 開演の3分前までにご来場いただけない場合は、
 座席の指定を解除させていただきますので、ご了承ください。

■チケット取り扱い
・WEB予約(調整中)
・MAIL予約 yoyaku@flyingstage.com
・TEL/FAX予約 03-6803-1250
*日時、チケット種類、枚数、連絡先電話番号をお知らせ下さい。
*不在の場合は留守電に「お名前、連絡先電話番号」をお残し下さい。
 折り返しご連絡を差し上げます。
*チケット代は当日精算で承ります。

<先行予約> 2017年 9月23日(土)10:00 - 9月29日(金)22:00
*チケット代は、事前のお振り込みをお願いいたします。
 (振込手数料はご負担ください)
*お席のご希望をうかがえます。

<一般発売> 2017年 9月30日(土)10:00から 各公演日前日まで
*チケット代は当日精算で承ります。
*お席のご希望をうかがえません。

■当日券
開場と同時に発売いたします。

【お問い合せ】
劇団フライングステージ
Mail:stage@flyingstage.com
tel/fax:03-6803-1250
WEB:http://www.flyingstage.com/

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 関根信一 出演 劇団桃唄309「風が吹いた、帰ろう」高松公演
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆ART SETOUCHI イベント
 劇団桃唄309「風が吹いた、帰ろう」

とある病気のいまとむかし
そしてふへんのあいについて

2016年5月に座・高円寺1で上演した『風が吹いた、帰ろう』。
物語の背景となる高松にて再演。

港から、船で二十分のところに、美しい小島がある。
無知や誤解の元に「業病」「天刑病」などと呼ばれていた病。
ハンセン病。その療養所の島。
かつては、わたしやあなたと変わらない人たちでひしめきあっていた。
今は、ただ静かな島。まばゆい白砂。青々とした松。
手を伸ばせば届きそうな空。
想像してみよう。家族と引き離され、社会からほぼ隔絶され、
わたしやあなたは、何を感じながらここにいたのだろうか。
世の中は、つまりわたしたちは、なにを間違えたのだろうか。
繰り返す波が、浜に砂を運び寄せ、時に砂を削る。
織りなす思い、その海に漕ぎ出そう。
たとえ小舟しかなくても。

【戯曲・演出】
長谷基弘

【出演】
楠木朝子/佐藤達/山西真帆
富山聡子/高木充子

五十嵐ミナ(office HATTA)/竹田まどか/石坂純(劇団ひまわり)
成本千枝/元尾裕介(カムカムミニキーナ)/山口智恵(大判社)
河野直樹(双数姉妹)

中嶌聡(劇団クレイジーパワーロマンチスト)/小林あや
近藤ミキヲ/綾田將一/さいとうまこと
関根信一(劇団フライングステージ)

西山水木(プリエール)

【日時】
2017年9月23日(水) - 24日(日)
28日(土)18:30
29日(日)14:00

※開場は開演の30分前
※上演時間は2時間弱予定

【会場】
サンポートホール高松 第1小ホール
〒760-0019 高松市サンポート2-1
TEL: 087-825-5000 FAX: 087-825-5040
JR「高松」駅から徒歩5分/ことでん高松築港駅から徒歩5分/
高松港から徒歩2分
劇場サイト>>>http://www.sunport-hall.jp/access/

【チケット】
(前売)一般:2,000円 小中高生:1,000円 
(当日)一般:2,500円 小中高生:1,500円

【チケット取り扱い】
WEB予約
・チケットボックス
>>http://www.momouta.org/m/tickets/box
・イープラス
>>http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002232688P0030001P0006
TEL予約
・サンポートホール高松プレイガイド
 TEL: 087-825-5008(09:00-18:30)
メール予約
・劇団フライングステージまでご連絡ください。
>>>stage@flyingstage.com
または、http://ticket.corich.jp/apply/73093/112/ (関根扱いWEB予約)

【アクセシビリティ】
・車いすでご観劇頂く場合
 客席内に専用スペースがあります。
 客席内には8席ぶんの車いすスペースがあります。
 車いすのまま場内にお入りいただき、そのままご観劇いただけます。
・耳のご不自由なお客様へ
 事前に台本をお貸しいたします
 耳の不自由なお客様向けに、事前に台本をお貸し致します。
 あらかじめセリフ等をお読み頂いた上でご観劇頂けます。
 (1)劇団桃唄309までお問い合わせください。
    → office☆momouta.org(☆を@に替えてメールをお送りください)
 (2)ご用意でき次第、上演台本と出演者早見表をお送りいたします。
 (3)上演台本は、観劇後に受付にてご返却ください。

【主催】
瀬戸内国際芸術祭実行委員会

【企画・製作】
劇団桃唄309 / ウィンドミルオフィス
『風が吹いた、帰ろう』公演実行委員会 / アートマネジメントセンター福岡

*劇団桃唄309・公演情報ページ
>>http://www.momouta.org/m/products/p201709kfkt

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 石関 準 出演「雪乃音流舞踊会」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

石関 準が「雪乃音左京(ゆきのねさきょう)」名義で
「雪乃音流舞踊会」に出演します。

☆「雪乃音流舞踊会」

【日程】
2017年9月2日(土) 12:00開演 15:30終演予定 入場無料

【会場】
曳舟文化センター
京成押上線・京成曳舟駅1分、東武伊勢崎線・曳舟駅3分
墨田区京島一丁目38番11号
TEL:03-3616-5253

【ご予約・お問い合せ】
>>>stage@flyingstage.com(劇団フライングステージ)

■石関 準こと「雪乃音 左京」からメッセージが届いております。
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 東京スカイツリーにほど近い曳舟で恒例の雪乃音流舞踊会です。今年は開催
 10周年ということもありまして、門弟一同も夏の熱気に負けないよう白熱の
 稽古を重ねています。私、石関は雪乃音左京のお名前で、2曲踊らせてもら
 います。白塗りにツライ季節ですが頑張ります。皆様ぜひ遊びにいらして下
 さい。                           (石関準)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

*春謡流Facebookページ
>>https://www.facebook.com/shunyouryu/

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#04 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

フライングステージの最新情報をお知らせしていきます。
ぜひ、アカウント「@flyingstage」をフォローしてくださいますと幸いです。

*劇団フライングステージ公式Twitter
>>https://twitter.com/flyingstage

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#05 gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆gaku-GAY-kai 2017「贋作・夏の夜の夢」

【日程】
2017年12月29日(金)−30日(土)

【会場】
SPACE 雑遊

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 劇団うりんこ「わたしとわたし、ぼくとぼく」の公演が終わりました。この
 半年ほどずっと頭のどこかに作品のことがあり、敬愛する劇作家篠原久美子
 さんの言葉を借りれば「書いていないときも書いている時間」な月を過ごし
 ていました。たくさんの不義理をしてしまい、いろいろほんとに申し訳あり
 ませんでした。それでも、おかげさまでというか、苦労の甲斐があって元気
 な子どもが生まれたと思っています。日本の児童演劇としてはおそらく初め
 てLGBTを題材にした作品。僕の作品としてもLGBTを題材にした作品
 を初めて他団体で上演することになりました。その両方の意味で大きな手応
 えをかんじています。フライングステージではできない10歳の小学生を主
 人公にした物語を生み出すことができたのは、劇団うりんこの俳優、スタッ
 フのみなさんのちからがあってのことです。ほんとうにありがとうございま
 した。初日が開いてからの公演の様子を僕のfacebookページにアップしてい
 ます。どうぞご覧ください。
 8月11日から13日の3日間、世田谷パブリックシアター主催「台本をめ
 ぐるワークショップ」で、昨年上演した「Family,Familiar 家族、かぞく」
 を題材に最終日にリーディング発表をしました。二十数名のみなさんと読む
 「Family,Familiar」とても新鮮でした。一人で何役も演じた初演と違って、
 何人かで一つの役を演じ、配役もクロスジェンダーがあちこちに生まれて、
 おもしろい効果が生まれて楽しかったです。フライングステージをいつも見
 てくれているみなさんが参加してくれたのもうれしかったです。アフタート
 ークには世田谷区議の上川あやさんに来ていただいて、世田谷区での同性パ
 ートナーシップへの取り組みについての興味深いお話をいろいろ伺うことが
 できました。ご来場いただいたみなさん、ワークショップに参加いただいた
 みなさん、世田谷パブリックシアターのみなさん、ありがとうございました。
 僕のアシスタントとして参加してくれた石関準くん、おつかれさまでした。
 名古屋から戻って、来年秋に演出をさせてもらう劇団さんのワークショップ、
 台本をめぐるワークショップ、そして今日はドラマリーディング「空の村号」
 の稽古と慌ただしくしているうちに風邪を引いてしまい、喉を腫らし、さっ
 きの稽古場ではかろうじて出ていた声が、今、全く出なくなってしまいまし
 た。去年の「風が吹いた、帰ろう」の初演のときと全く同じ症状です。学習
 していませんね。来月の再演は作品の舞台になっている大島にほど近い高松
 市です。とても遠いのですが、ご来場をお待ちしています。
 秋のフライングステージの公演の情報を公開しました。今年もまた、新作と
 過去の作品のリーディングという、欲張りな企画です。リーディングのキャ
 ストなどの詳細は、決まり次第お知らせしていきたいと思います。
 これから12月のgaku-GAY-kaiまでフライングステージのオンシーズンが始
 まります。劇場でお会いできるのを楽しみにしています!   (関根信一)
┠──────────────────────────────────┨
 怖い映画は昔から好きで、映画館へも足を運びますが、やはり最近はレンタ
 ルDVDで鑑賞がもっぱらです。ジャンルも細分化されてますが、なかでも
 恐ろしい殺人鬼が人々を襲うスラッシャー作品、動物パニック作品は、恐ろ
 しい中でも見るべきお約束ポイントが多数ありまして、クリシェというそう
 です。中盤くらいで繰り出される、「避難を訴えても、町の祭り開催を強行
 され被害増大」という展開は鉄板です。利益に目がくらんだ惨劇。人間が一
 番怖いと毎回実感します。                  (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 宇都宮のフレッシュネスバーガー限定販売の宇都宮野菜餃子バーガー、食べ
 ました。
 揚げた野菜餃子、レタス、白髭ネギ、紫蘇の葉及びチリソースが、バーガー
 用の少し甘味のあるバンズに挟まれていて、シンプルな味わいで、餃子ドッ
 グより美味しかったです。
 宇都宮にお立ち寄りの際は、是非、ご賞味ください。    (水月アキラ)
┠──────────────────────────────────┨
 僕のiphoneが、最近うそをついて困っています。突如電源が落ちるので、故
 障かと思って慌てて電源を入れなおしたら、普通に再起動します。しかし、
 さっきまで70%以上はあったはずのバッテリーが「もう10%しかない」と表
 示されます。それで慌てて充電器につなぐと、バッテリーの残量が「83%」
 等と出るのです。何なのでしょうか。もうそろそろ4年になろうかというく
 らい一緒にいたので、そろそろ変え時なのかもしれません。iphoneの機嫌が
 わるいので、最近は移動中などにも本を読む機会が増えました。ついこの間
 単行本が完結した田亀源五郎先生の『弟の夫』(双葉社アクションコミック
 ス・刊)を読んで涙した一方で、愛読書として人に訊かれたらまず答えるよ
 うな、昔読んだ本の読み直しにハマっています。中でも、田辺聖子『愛の幻
 滅』(講談社文庫・刊)と三島由紀夫『サド侯爵夫人・わが友ヒットラー』
 (新潮文庫・刊)とは、また、何度も何度も読んでしまいました。恋を知っ
 た後に読む田辺聖子のほろ苦さにしびれ、『サド侯爵夫人』を読んでは「や
 はりサン・フォン役を死ぬまでの間に一度演じたい!」との思いをあらたに
 したことでした。本当は海や山でパーッと遊びたいところですが、雨の多い
 夏のすごし方としてはこれもありか、などと負け惜しみを云っています。何
 に負けたのかは、よくわかりませんが(笑)。        (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ http://www.flyingstage.com/
お問い合わせは、stage@flyingstage.com までどうぞ。
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事をはてなブックマークに追加

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.116 2017/7/15

2017年07月15日 | Weblog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信(えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

暑中お見舞い申し上げます。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
メールマガジン「FS通信」を、今月もお届けします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.116 2017/7/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.20「引き返せない夏」
#02 関根信一 作演出 劇団うりんこアトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」
#03 台本をめぐるワークショップ「Family,Familiar 家族、かぞく」を読む
#04 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
#05 フライングステージ第43回公演・gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.20「引き返せない夏」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

関根信一が実行委員をしている非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング
「引き返せない夏」のご案内です。
関根は当日の手伝いで会場にいる予定です。

☆非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.20「引き返せない夏」

【日程】
7月19日(水)19:00
7月20日(木)14:00

◎開場は開演の30分前です。
◎当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売します。

【会場】
全労済ホール/スペース・ゼロ
渋谷区代々木2-12-10 全労済会館1階
TEL:03-3375-8741(代)
◎JR新宿駅南口より徒歩5分 
◎京王新線・都営大江戸線・都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩1分

◎第1部 朗読劇

「9人いる! -憲法9条と沖縄2017-」作・演出:宮城康博

「憲法9条と沖縄」リーディングの当日。待てど暮らせどやってこない9人目
の出演者を待ちながら、出演者のユンタクで明らかになる、沖縄と憲法の歴史
や現在。辺野古新基地建設をめぐる政府のデタラメぶり。憲法9条は理想であ
り現実は違うとする通説に対して、まさに違う現実である沖縄から痛切なまで
の9条への意志が発せられる。2016年に書き下ろされた短編の2017年改訂版。

「『反戦』落書きのススメ」作・演出:坂手洋二

イラク戦争開戦時、公衆トイレの外壁にスプレーで「反戦」と落書きした青年
が、「建造物損壊」の罪に問われた事件がありました。……あれから十四年。
私たちは「反戦」と落書きするための「非戦スプレー」を、広く皆さんに販売
しようと思います。戦争に反対することが「テロ」ですか? これは私たちの
表現です。ここには「合意」と「準備」が存在します。ご自由に「監視」して
下さい。ウエルカム「共謀罪」。私たちは落書きを続けます。

「戦場イラクからのメール」作・演出:坂手洋二

2004年「在イラク自衛隊監視センター」のスタッフとしてイラク入りしていた
渡辺修孝さんは、ジャーナリストとしてイラクを取材していた安田純平さんと
合流。先に拘束された高遠菜穗子さんら日本人3名の消息と、ファルージャで
の米軍による虐殺の真相を掴むため、共に現地へ向かう途中、地元住民の自警
団に身柄を拘束された。そして2017年現在、安田純平さんが再びシリアで拘束
されてから、まもなく二年。安田さんの無事を祈りながら、2004年当時、毎週
のように渡辺さんから送られてきたメールを元に書き起こされたドキュメンタ
リードラマを通して、安田さんが戦場に赴いた初心を、確かめてみたい。

【出演予定】
内田龍麿・円城寺あや・大沢 健*・大月ひろ美・大西孝洋・加藤 忍・加藤義宗
木内みどり・小山萌子・さとうこうじ・関谷春子・高橋長英・竹口範顕・田根楽子
永野愛理・中野亮輔・中山マリ・野口俊丞・野々村のん・深沢 敦・古川 健・本郷 弦
巻上公一・宮城康博・山森信太郎・流山児祥・ほか
*印=19日のみ出演
※五十音順。出演予定者は変更になる場合があります。
※出演予定だった市毛良枝さん、山本亘さんは都合により出演できなくなりました。

◎第2部 トーク

【7月19日(水)】
スペシャルトーク

高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)×
小西 誠(軍事ジャーナリスト)×
志葉 玲(ジャーナリスト)

【7月20日(木)】
豪華ゲストが一堂に会してトークをつなぐ、リレートーク!

石原岳(ミュージシャン・高江在住)
織田朝日(くるどっこ劇団「ウィンクス」主宰)
志葉 玲(ジャーナリスト)
高林敏之(アフリカ国際関係史研究者)
寺脇研(映画評論家)
早野 透(政治コラムニスト)
菱山南帆子(解釈で憲法9条を壊すな実行委員会)
福島みずほ(参院議員)
保坂展人(世田谷区長)
馬奈木厳太郎(弁護士)
をはじめとする多彩なゲストが参加予定。
※都合によりゲストが変更となる可能性があります。

▼料金(全席指定・税込)
大人1,500円/中高生1,000円/小学生以下500円

▼チケット取り扱い
◎チケットぴあ(Pコード:459-587)
◎スペース・ゼロ チケットデスク(一般のみ) http://www.spacezero.co.jp
※上記でご予約後、セブンイレブンやファミリーマートなどでチケットを
 お引き取りいただけます。(手数料等がかかります)

※当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売します。
※車いすをご利用の方、7月14日(金)までに青年劇場
(平日10:00-17:00 TEL:03-3352-6922)にご連絡下さい。
▼チケットに関するお問い合わせ(平日 10:00-17:00)
非戦を選ぶ演劇人の会(青年劇場内) TEL:03-3352-6922

▼スタッフ
照明:齋藤茂男
音響:藤田赤目・丸田裕也
音響協力:島 猛
舞台監督:三津 久
演出助手:村野玲子
制作:岡本 舞・桑原 睦
当日運営:横内里穂
宣伝デザイン:柳沢崇史
記録映像撮影:姫田蘭

▼お問い合わせ
非戦を選ぶ演劇人の会
TEL:070-5457-2003
E-mail:info「@」hisen-engeki.com
※迷惑メール対策のため「@」の前後の「 」外してお送り下さい。
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/HisenEngeki
公式ツイッター:https://twitter.com/hisenn_enngeki

特別協賛:全労済ホール/スペース・ゼロ
協力:ポスターハリス・カンパニー、ネビュラエクストラサポート(Next)

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 関根信一 作演出 劇団うりんこアトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

関根信一が名古屋の劇団うりんこのアトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」
の作演出をします。

☆劇団うりんこアトリエ公演「わたしとわたし、ぼくとぼく」

「おじさん元気だしなよ」10才の“ぼく”がぼくに言った

ぱっとしない人生を送っている30才のぼく。
ある日 鏡を見ていると…
中から幼なじみの少女が!?
その子は ぼくの手を引いて 鏡の中へ
たどりついたのは 20年前の世界。
そこでぼくは 10才の“ぼく”と出会った!
ぼくは“ぼく”と この世界を冒険することにした…。

【日程】
7月29日(土)18:30
7月30日(日)11:00 / 14:00
7月31日(月)10:30 / 14:00
8月 1日(火)10:30 / 14:00
8月 2日(水)10:30

【出演】
下出祐子・村井美奈・にいみひでお・宮腰裕貴・鷲見裕美・山内まどか・栗本彩

【作・演出】
関根信一(劇団フライングステージ)

【美術】
岡田 保(演劇組織KIMYO/かすがい創造庫) 

【照明】
四方あさお 

【衣装】
さくま晶子 

【音楽・音響】
内田アダチ 

【宣伝美術】
イラスト/伊藤ちづる
デザイン/オフィスニーフェ 濱田邦彦・千寿

【入場料】
前売 2,400円 当日 2,900円 
※大人・こども同一料金。4才以上以上有料。
早割 2,200円
(劇団うりんこ取り扱いのみ・〆切7月7日[金])

【会場】
うりんこ劇場
名古屋市名東区八前1丁目112

【お問合せ】
劇団うりんこ 052-772-1882 

【お申込み】
劇団うりんこ 052-772-1882 
ローソンチケット [Lコード:45483](自動音声24時間受付)0570-084-004
愛知芸術文化センタープレイガイド 052-972-0430
(公財)名古屋市文化振興事業団チケットガイド 052-249-9387

【主催】
劇団うりんこ

【共催】
猪子石創造文化会館(うりんこ劇場)

【後援】
愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会

【助成】
芸術文化振興基金

━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
名古屋の劇団うりんこのアトリエ公演の作演出です。うりんこさんとの出会いは、
2014年の児演協東海支部主催の「空の村号」のワークショップです。
今回、子どもも対象にしたLGBTを題材にした作品をということで、声をかけてい
ただきました。
公演会場の劇団アトリエに装置が組み上がり、一昨日からは本番と同じ装置の上
で稽古をしています。
くわしくは劇団うりんこのウェブサイトをご覧ください。http://www.urinko.jp/
稽古場レポもどうぞご覧ください。https://ameblo.jp/urinko1973/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲━

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 台本をめぐるワークショップ「Family,Familiar 家族、かぞく」を読む
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

関根信一が「台本をめぐるワークショップ「Family,Familiar 家族、かぞく」を
読む」の進行役をつとめます。

☆台本をめぐるワークショップ「Family,Familiar 家族、かぞく」を読む

【日程】
2017年
8月 11日(金・祝)10:00-17:00
  12日(土)10:00-17:00
  13日(日)10:00-17:00 ※「発表会+トーク」15:00-17:00

【場所】
世田谷パブリックシアター稽古場

【内容】
「Family,Familiar 家族、かぞく」(作:関根信一)の台本を、さまざまな年代
のみなさんたちと声に出して読んでみます。またテキストを感じ、そこに描かれ
ている内容に関して、みんなで話し合ったりしながら理解を深めていきます。3
日目の最後には、一般の方々をお招きして、3日間の成果をリーディング劇とし
て発表します。

【進行】
関根信一 劇団フライングステージ代表/俳優・劇作家・演出家

【対象】
中学生からお年寄りまでどなたでも。

【参加費】
ワークショップ参加費:1,500円(全3回)
発表会+トーク参加費:無料

【定員】
ワークショップ:20名程度
発表会+トーク:30名程度

【締切り】
・ワークショップ
7月20日(木)必着。
※応募者多数の場合は抽選。参加の可否は締切後に郵送でご連絡します。
※定員未満の場合は締切後も受け付けます。
・「発表会+トーク」
先着順。定員に達し次第受付終了します。

【ワークショップ:申込み方法】
(1)氏名(ふりがな)
(2)住所 
(3)電話番号
(4)年齢
(5)職業
(6)参加の動機と自己紹介
を書いて郵送、FAX(03-5432-1559)、
または申込みフォームよりご応募いただけます。
《郵送先》
〒154-0004 
世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー5階
世田谷パブリックシアター「台本をめぐるワークショップ」係
《申込みフォーム》
>>https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/201708family_read.html
※「お申込み」の項目にある赤い「お申込み受付中」のボタンをクリックすると
申込みフォームのページが開きます

【発表会+トーク:申込み方法】
(1)氏名(ふりがな)
(2)住所
(3)電話番号
(4)ひとこと
を書いて申込みフォームよりお申込みいただくか、
劇場受付(03-5432-1526)までお電話ください。
《申込みフォーム》
https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/201708family_talk.html
※「お申込み」の項目にある赤い「お申込み受付中」のボタンをクリックすると
 申込みフォームのページが開きます

【お問合せ】
世田谷パブリックシアター学芸
電話:03-5432-1526/

【申込時のお願い事項】
お申込みいただいた時点で、以下の項目に同意くださったものといたします。
ご確認ください。
◆お申込み時にお預かりした個人情報は(公財)せたがや文化財団個人情報保護
 方針により管理いたします。
◆WS・レクチャー中に取材・撮影が入る場合や、非営利目的の広報物・出版物
 等の使用を目的に写真・動画の撮影をする場合があります。
◆WS・レクチャー中の写真・動画の撮影および録音はご遠慮ください。
◆お申込み時の必要事項は正確にご記入ください。
◆WS・レクチャー中にけがをされた際、主催者側に過失のある場合は加入して
 いる保険の範囲内で補償します。
◆WS・レクチャー中に他の参加者への迷惑行為などがあった場合はご退出いた
 だく場合があります。

【主催】
公益財団法人せたがや文化財団

【企画制作】
世田谷パブリックシアター

【後援】
世田谷区

【協賛】
東レ株式会社

*世田谷パブリックシアター公式HP内案内ページ
・ワークショップ
>>https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/201708family_read.html
・発表会+トーク
>>https://setagaya-pt.jp/workshop_lecture/201708family_talk.html

【世田谷パブリックシアターwebサイトより】
━▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2015年11月、世田谷区では「同性パートナーシップ宣誓」の受付が始まりました。
これは、個人の尊厳を尊重する地域社会を築くために、同性カップルのパートナ
ーシップの宣誓を、世田谷区が公的に受領するというものです。こうした取り組
みは、渋谷区でも2015年に施行された「男女平等及び多様性を尊重する社会を推
進する条例」のもと行われています。
劇団フライングステージは、「ゲイの劇団」であることをカミングアウトしてい
る日本で数少ない劇団のひとつですが、この2つの自治体の同性婚をめぐる事例
を題材に、2015年10月にパートナーシップ証明を手に入れるまでの「Friend,
Friends 友達、友達」を、2016年11月にその後を描いた「family, Familiar 家
族、かぞく」を上演しました。
これらの作品では、パートナーを亡くしたゲイ男性、その友人のゲイカップルと
家族、友人たち、それぞれが子どもを持つレズビアンカップル、その子どもたち、
一人で生きることを選んだゲイなど、幅広い年齢層の多彩な人物が、現代日本の
家族のあり方をさぐっていきます。
今回、「Family,Familiar 家族、かぞく」の台本を、作・演出の関根信一さんの
進行で、集まった方々を共に考え、読みときながら「こえ」にしていくワークショ
ップを行います。台本を読むことに興味のある人、家族のあり方を考えてみたい
人、多様な性のあり方に興味のある人、親子で参加したい人、どんな方でも大歓
迎です。最後には、リーディング劇スタイルで、一般の人々も交えた場で発表し
ます。是非ご参加ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▲━
━▽━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
昨年秋に上演した「Family,Familiar 家族、かぞく」を世田谷パブリックシアタ
ーのワークショップでとりあげていただくことになりました。
区民のみなさんとパートナーシップについて、家族について考えながら、台本を
読むワークショップです。
どんな方々と出会えるか、とても楽しみです。
最終日には、簡単な発表会があります。アフタートークも予定しています。
こちらへの参加もお待ちしています!              (関根信一)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━▽━

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#04 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

フライングステージの最新情報をお知らせしていきます。
ぜひ、アカウント「@flyingstage」をフォローしてくださいますと幸いです。

*劇団フライングステージ公式Twitter
>>https://twitter.com/flyingstage

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#05 フライングステージ第43回公演・gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆劇団フライングステージ第43回公演「(演目未定)」

【日程】
2017年11月8日(水)−11月12日(日)

【会場】
OFFOFFシアター

☆gaku-GAY-kai 2017「贋作・夏の夜の夢」

【日程】
2017年12月29日(金)−30日(土)

【会場】
SPACE 雑遊

─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 7月1日、館山市かにた婦人の村での「夢を見る」上演を無事に終えました。
 ご来場いただいたみなさん、ご協力いただいたみなさん、本当にありがとう
 ございました。かにた婦人の村の教会をそのまま使った上演に、教会備え付
 けのパイプオルガンの生演奏を提案していただき、ここでなければ実現しな
 い、忘れられない上演になりました。フェイスブックの「燈座」または「夢
 を見る」のページに会場の写真などがあります。どうぞ検索してみて下さい。
 劇団うりんこの作演出のため、名古屋に移り住んでいます。ホテルではなく、
 マンスリーマンションから、うりんこさんの稽古場へ自転車通勤です。
 部屋から稽古場までは10分ほど、ちょうど丘を一つ越えるかんじです。
 毎日、筋トレのように汗をかきながら坂をのぼり、涼しい風に吹かれて坂を
 下りています。名古屋近郊の方、ぜひぜひご来場ください!
 来週半ばには、非戦を選ぶ演劇人の会によるピースリーディングがあります。
 僕は、本番の2日間東京に戻り、スタッフとして参加する予定です。
 今回は、短編3作品のリーディングと多彩なゲストを迎えてのトークを企画
 しています。予約なしで当日おいでいただいても大丈夫かとは思うのですが、
 お早めにご予約いただけたらと思います。ご来場をお待ちしています!
 世田谷パブリックシアターの「Family,Familiar 家族、かぞく」の台本ワー
 クショップ、昨年の上演台本を若干短くしてのリーディングになります。
 フライングステージでは、一人何役も演じるスタイルでしたが、今回は一人
 一役になりそうです。様々な人物が登場するこの作品の世界が、また違った
 広がりを見せてくれそうでとても楽しみです。
 みなさんのご参加、ご来場をお待ちしています!       (関根信一)
┠──────────────────────────────────┨
 友人の御実家を引き払うので、芝居に使えるものあったら、と声を掛けても
 らい伺ってきました。素敵な日傘や電話機など小道具や衣裳を頂きました。
 これからの舞台で是非使わせてもらおうと思います。僕は小さい頃から借家
 暮らしで、想い出の旧宅はほぼ全て建て替えられているのですが、そのつど
 の引っ越しの切なさをちょっと思い出した午後でした。     (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 宇都宮のフレッシュネスバーガーでは、餃子バーガーなるものが販売されて
 います。
 その餃子バーガー目当てに、フレッシュネスバーガーに赴いたのですが、宇
 都宮限定の餃子ドッグなるものが販売されていたので、そちらを注文してし
 まいました。
 餃子ドッグは、ホットドッグのソーセージの替わりに、揚げ餃子4つと12品
 目の野菜がコッペパンに挟まっています。
 パンと揚げ餃子を一緒に頬張ったことを想像してみてください。それ以上で
 も、以下でもありませんでした(個人的感想です。)。
 結果は想像できますが、次回は、餃子バーガーに挑戦します。(水月アキラ)
┠──────────────────────────────────┨
 雑司が谷は鬼子母神の近くにあるフランス料理店で、弟と弟の嫁と母と、誕
 生日の近い僕たち兄弟の誕生日祝いということで、食事をしてきました。生
 牡蠣、茄子の上に鮭の燻製と雲丹が乗せられたもの、鱧、ハンガリー産の仔
 羊、マンゴーのデザート。暑い中でも食がどんどんすすんで、贅沢なひと時
 でした。何よりたった一人で料理から皿洗いまでこなすシェフが、チョイ不
 良(ワル)な感じのオヤジで、たまらなかったです。イカついビジュアルな
 のに繊細な味で、実に最高! しかも、弟夫婦にごちそうになってしまいま
 した。本当に、家族っていいものですね。などといいながら、家族を持つ予
 定も、持つ気もなく、芝居などやっている兄。来年は不惑、こうなったらと
 ことん、惑いまくって生きていこうと決めました。      (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ http://www.flyingstage.com/
お問い合わせは、stage@flyingstage.com までどうぞ。
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事をはてなブックマークに追加

劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.115 2017/6/15

2017年06月15日 | Weblog
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
FS通信(えふえすつうしん)
劇団フライングステージのメールマガジン
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

衣替えを終え、夏の装いが目につくようになりました。
いかがおすごしですか。劇団フライングステージの岸本啓孝です。
今月もメールマガジン「FS通信」をお届けします。

このメールマガジンは、次の方にお送りしています
・フライングステージへメールマガジン購読に連絡をいただいた方
・公演の際のアンケートにメールアドレスを記入いただいた方
・公演チケットのご予約の際、メールアドレスをお知らせいただいた方

┌─ 配信停止をご希望の方 ─────────────────────┐
 お手数ですが、このメールを「そのまま」返信してください。
└──────────────────────────────────┘
*このメルマガはPC用のレイアウトをしています。
*携帯、PHSで受信の方には、「FS通信ブログ」の更新のお知らせをお送り
 しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
劇団フライングステージ メールマガジン「FS通信」 vol.115 2017/6/15
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

─▼ CONTENTS ────────────────────────────
#01 関根信一・演出 「夢を見る -ふたり語り版-」
#02 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.20「引き返せない夏」
#03 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
#04 フライングステージ第43回公演・gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
────────────────────────────────────

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#01 関根信一・演出 「夢を見る —ふたり語り版— 」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

関根信一が「夢を見る —ふたり語り版— 」の演出をします。

2015年に好評を得た、占部房子さんのひとり芝居「夢を見る」を、
新たに立石涼子さんをお迎えして、ふたり語り版として上演いたします。
会場は千葉・館山の「かにた教会」。海が望める丘の上に建つ教会です。
今回は、この場所でたった一日だけの贅沢な公演です。
東京からは、高速バスで約2時間。ぜひお越しください!

☆「夢を見る -ふたり語り版-」
 Vol.2 in館山「かにた教会」

「夢を見る〜ふたり語り版〜」
「ここからの景色はパラオに似てるだろ」
真っ青な海を望む小高い丘の上に、その場所はあります。
2015年夏、まだオープン前のSPACE 梟門にて上演され、好評を得た、
占部房子のひとり芝居「夢を見る」の作中に登場する
千葉・館山の長期婦人保護施設「かにた婦人の村」。
その敷地内に立てられた小さな教会で、
ふたりの俳優が「夢を見る」を読み語ります。
「歴史」の暴虐に踏みにじられ、それでも生き、
自分と、自分の「場所」を取り戻し、守ろうとする女。
「夢を見る」は、そんな、生きることしかできない女と、
彼女を取り巻くどうしようもない世界、
そして、そこに居る「私たち」の物語です。

【作】
石原 燃

【演出】
関根信一(劇団フライングステージ)

【出演】
占部房子、立石涼子

【スタッフ】
美術:奥村泰彦
照明:吉本有輝子(真昼)
音響:藤田赤目
音響操作:大園康司
衣装:今野佐和子
舞台監督:荻野航
宣伝美術:柳沢崇史
宣伝・記録写真:宮本雅通

協力:かにた婦人の村 社会福祉法人ベテスダ奉仕女母の家 花の谷クリニック
企画・製作:石原 燃、占部房子

【タイムテーブル】
2017年7月1日(土)14:00/18:00(全2回)
※受付開始、開場共に45分前

【会場】
かにた教会(かにた婦人の村内)
〒294-0031 千葉県館山市大賀598番地
・JR館山駅から車で約15分

※東京からの長距離バス
《房総なのはな号(JRバス関東・日東交通)》 
 東京駅八重洲口・房総なのはな号・・・館山駅(アクアライン経由 約1時間50分)
 新宿バスタ・新宿なのはな号・・・館山駅(アクアライン経由 約2時間)
・時刻表>>http://time.jrbuskanto.co.jp/
《アクアラインバス(京浜急行バス)》
 横浜駅東口・・・館山駅(約2時間5分)
・時刻表>>http://www.nitto-kotsu.co.jp/kosoku.htm

※敷地内は施設入所者が生活する場ですので、教会以外の施設への立ち入りは
 お控えください。
※駐車場台数(約40台)に限りがありますので、できるだけタクシーなどを
 ご利用下さい。
※駐車場から会場まで距離があります(徒歩約10分。送迎あり)。
 余裕を持ってご来場ください。

【チケット料金】
一般2,500円
学生1,500円 ※要学生証
(前売・当日 共通、全席自由)
※予約開始 5月15日(月)10:00より

【チケット取扱】
・CoRich舞台芸術! 
PC用>>https://ticket.corich.jp/apply/82628/
携帯用>>http://ticket.corich.jp/apply/82628/
・MAIL>>>info@akari-za.com
 ※件名を「チケット予約」とし、
  「㈰お名前(フリガナ)㈪ご希望の観劇日時㈫チケット種類
   ㈬枚数㈭お電話番号」をご記入の上お送りください。
  こちらからの返信をもってご予約完了となります。
・TEL:070-5260-0152

・本公演には喫煙シーン(ネオシーダー使用)がございます。
 予めご了承ください。
・ご予約後、3日以上たっても返信のない場合は、恐れ入りますが
 再度お問い合わせください。
・未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
・車いすをご利用の場合は、ご予約の際にその旨お伝えください。
・チケットに関するお問合せ先
 燈座>>>info@akari-za.com

【問合せ】
Mail:info@akari-za.com
TEL:070-5260-0152(平日10‐18時)
公式facebook
>>https://www.facebook.com/katteni.sudukuri
燈座HP
>>http://akari-za.com/

★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#02 非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.20「引き返せない夏」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

関根信一が実行委員をしている非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング
「引き返せない夏」のご案内です。
関根は当日の手伝いで会場にいる予定です。

☆非戦を選ぶ演劇人の会 ピースリーディング vol.20「引き返せない夏」

【日程】
7月19日(水)19:00
7月20日(木)14:00

◎開場は開演の30分前です。
◎当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売します。

【会場】
全労済ホール/スペース・ゼロ
渋谷区代々木2-12-10 全労済会館1階
TEL:03-3375-8741(代)
◎JR新宿駅南口より徒歩5分 
◎京王新線・都営大江戸線・都営新宿線新宿駅6番出口より徒歩1分

◎第1部 朗読劇

「9人いる! -憲法9条と沖縄2017-」作・演出:宮城康博

「憲法9条と沖縄」リーディングの当日。待てど暮らせどやってこない9人目
の出演者を待ちながら、出演者のユンタクで明らかになる、沖縄と憲法の歴史
や現在。辺野古新基地建設をめぐる政府のデタラメぶり。憲法9条は理想であ
り現実は違うとする通説に対して、まさに違う現実である沖縄から痛切なまで
の9条への意志が発せられる。2016年に書き下ろされた短編の2017年改訂版。

「「反戦」落書きのススメ」作・演出:坂手洋二

イラク戦争開戦時、公衆トイレの外壁にスプレーで「反戦」と落書きした青年
が、「建造物損壊」の罪に問われた事件がありました。……あれから十四年。
私たちは「反戦」と落書きするための「非戦スプレー」を、広く皆さんに販売
しようと思います。戦争に反対することが「テロ」ですか? これは私たちの
表現です。ここには「合意」と「準備」が存在します。ご自由に「監視」して
下さい。ウエルカム「共謀罪」。私たちは落書きを続けます。

「戦場イラクからのメール」作・演出:坂手洋二

2004年「在イラク自衛隊監視センター」のスタッフとしてイラク入りしていた
渡辺修孝さんは、ジャーナリストとしてイラクを取材していた安田純平さんと
合流。先に拘束された高遠菜穗子さんら日本人3名の消息と、ファルージャで
の米軍による虐殺の真相を掴むため、共に現地へ向かう途中、地元住民の自警
団に身柄を拘束された。そして2017年現在、安田純平さんが再びシリアで拘束
されてから、まもなく二年。安田さんの無事を祈りながら、2004年当時、毎週
のように渡辺さんから送られてきたメールを元に書き起こされたドキュメンタ
リードラマを通して、安田さんが戦場に赴いた初心を、確かめてみたい。

【出演予定】
内田龍麿・円城寺あや・大沢 健*・大月ひろ美・大西孝洋・加藤 忍・加藤義宗
木内みどり・小山萌子・さとうこうじ・関谷春子・高橋長英・竹口範顕
田根楽子・中野亮輔・中山マリ・野口俊丞・野々村のん・深沢 敦・古川 健
本郷 弦・巻上公一・宮城康博・山本 亘・山森信太郎・流山児祥・ほか

※五十音順。出演予定者は変更になる場合があります。
*印:19日のみ出演
※出演予定だった市毛良枝さんは都合により出演できなくなりました。

◎第2部 トーク

【7月19日(水)】
スペシャルトーク

高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)×
小西 誠(軍事ジャーナリスト)×
志葉 玲(ジャーナリスト)

【7月20日(木)】
豪華ゲストが一堂に会してトークをつなぐ、リレートーク!

石原岳(ミュージシャン・高江在住)
織田朝日(くるどっこ劇団「ウィンクス」主宰)
志葉 玲(ジャーナリスト)
高林敏之(アフリカ国際関係史研究者)
寺脇研(映画評論家)
早野 透(政治コラムニスト)
菱山南帆子(解釈で憲法9条を壊すな実行委員会)
福島みずほ(参院議員)
保坂展人(世田谷区長)
馬奈木厳太郎(弁護士)
をはじめとする多彩なゲストが参加予定。
※都合によりゲストが変更となる可能性があります。

▼料金(全席指定・税込)
大人1,500円/中高生1,000円/小学生以下500円

▼チケット取り扱い
◎チケットぴあ(Pコード:459-587)
◎スペース・ゼロ チケットデスク(一般のみ) http://www.spacezero.co.jp
※上記でご予約後、セブンイレブンやファミリーマートなどでチケットを
 お引き取りいただけます。(手数料等がかかります)

※当日券は開演の1時間前から劇場受付で販売します。
※車いすをご利用の方、7月14日(金)までに青年劇場
(平日10:00-17:00 TEL:03-3352-6922)にご連絡下さい。
▼チケットに関するお問い合わせ(平日 10:00-17:00)
非戦を選ぶ演劇人の会(青年劇場内) TEL:03-3352-6922

▼スタッフ
照明:齋藤茂男
音響:藤田赤目・丸田裕也
音響協力:島 猛
舞台監督:三津 久
演出助手:村野玲子
制作:岡本 舞・桑原 睦
当日運営:横内里穂
宣伝デザイン:柳沢崇史
記録映像撮影:姫田蘭

▼お問い合わせ
非戦を選ぶ演劇人の会
TEL:070-5457-2003
E-mail:info「@」hisen-engeki.com
※迷惑メール対策のため「@」の前後の「 」外してお送り下さい。
公式フェイスブック:https://www.facebook.com/HisenEngeki
公式ツイッター:https://twitter.com/hisenn_enngeki

特別協賛:全労済ホール/スペース・ゼロ
協力:ポスターハリス・カンパニー、ネビュラエクストラサポート(Next)


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#03 劇団フライングステージ公式Twitter「@flyingstage」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

フライングステージの最新情報をお知らせしていきます。
ぜひ、アカウント「@flyingstage」をフォローしてくださいますと幸いです。

*劇団フライングステージ公式Twitter
>>https://twitter.com/flyingstage


★・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
#04 フライングステージ第43回公演・gaku-GAY-kai 2017のおしらせ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・★

☆劇団フライングステージ第43回公演「(演目未定)」

【日程】
2017年11月8日(水)−11月12日(日)

【会場】
OFFOFFシアター

☆gaku-GAY-kai 2017「贋作・夏の夜の夢」

【日程】
2017年12月29日(金)−30日(土)

【会場】
SPACE 雑遊


─☆★☆ 劇団員の近況などなど ☆★☆─────────────────
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 6月10日と11日「世田谷パブリックシアター演劇部 中学生の部」の進行役
 をしてきました。「ラブレター、読む、書く、演じる!!」というテーマで、
 柏木陽さんと一緒に中学生と芝居づくりをするものです。実は「中学生」と
 いうのが僕はとても苦手です。個人的な体験としていい思い出がないだけで
 なく、ほぼ記憶がないくらいの期間。小学生、高校生とのワークショップは、
 何度も経験しているのですが、中学生は初めて。初めの挨拶で「緊張してい
 ます。」と正直に話したくらいです。ワークショップでは、物から物へのラ
 ブレターを書いて演じてみるということをやりました。最後は、ラブレター
 のシチュエーションを活かして、人間としての気持ちのやりとりを場面にし
 て発表し合いました。いやあ、おもしろかったです。わくわくする瞬間がた
 くさん生まれました。中学生は苦手だと思っていたことなどすっかり忘れて
 楽しませてもらいました。ありがとうございました。     (関根信一)
┠──────────────────────────────────┨
 半年ほど前、窓から見える街灯がLEDにリニューアルされました。街灯全
 体が緑や紫、黄色に発光して、なにやら怪しげなムードを醸し出します。今
 一番の感心は色の変化の規則性。時間でもないし、曜日・月単位かな。深夜
 には消灯してますし、区役所に聞けば教えてくれるのでしょうか。窓を開け
 ることの増えた、初夏の謎です。               (石関 準)
┠──────────────────────────────────┨
 宇都宮生活開始から2か月が過ぎ、歓迎会等が一段落したところですが、そ
 れら席上での自己紹介で、嫌いなものを聞かれた場合には、マヨネーズを挙
 げています。
 皆さん、驚かれますが、多分、幼いころ食べすぎて苦手になったようです。
 さて、宇都宮の餃子巡りですが、先日、JR宇都宮駅そば、行列が絶えない
 「餃天堂」に、タイミング良く、それほど並ばずに入ることができました。
 餃天堂は、焼餃子、水餃子、ライス、ドリンク、そしてちょっとしたおつま
 みしかありません。
 焼餃子の皮は厚くもっちりとしていて、焼小籠包に近い感じで、水餃子は皮
 にホウレン草が練り込まれ鮮やかな緑色。餡より皮の主張が強い気もします
 が、また、食べたくなる美味しさでした。
 ただ、卓上には、マヨネーズが置いてあり、お店の方から、焼餃子にかけて
 お召し上がりくださいと勧められましたが、さすがに遠慮させていただきま
 した。
 マヨネーズをかけると、マヨネーズの味の方が勝ってしまうような気がしま
 すが、何度通っても絶対に体験しないので、味は未知数です。(水月アキラ)
┠──────────────────────────────────┨
 先日、出かけようとした際に突然、自分の部屋の本棚の仕切り板がどんがら
 がっしゃんと音を立てて崩れました。何の身代わりか、経年劣化か。茶色く
 色あせた文庫本や書類の数々、いちいち懐かしがってしまうので、片付けが
 進みませんでした。若かったころにしたためた稽古場メモなども出てきて、
 「そんなに書いたってムダムダ」と、当時の自分に云ってやりたくなりまし
 た。まあ、その時の僕には必要なことだったのでしょう。かなり時間は取ら
 れましたが、崩れた仕切り板はつっぱり棒で補強して、捨てるものは捨て、
 本棚だけでなく、気分もなんだかスッキリ。崩れたその瞬間は「ちぇっ!」
 と思ったのですが、季節の変わり目に洋服箪笥の中身を多少入れ替えてはい
 ても、本棚の奥までひっくり返すなんてそうそうない機会、今となっては、
 かえってよかった、と思っています。            (岸本啓孝)
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
発行 劇団フライングステージ http://www.flyingstage.com/
お問い合わせは、stage@flyingstage.com までどうぞ。
記事の無断転載はご遠慮下さい。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

この記事をはてなブックマークに追加