ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

汚染状況重点調査地域の福島県柳津町から雪を運ぶ「お台場雪まつり」日本の現実に凍りつく

2014-02-19 | 放射能汚染

福島県柳津町は平成24年2月28日に汚染状況重点調査地域に指定されています。

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14879

 


 【自然界で雪ができる仕組み】

空の雲は、雲粒という小さな水滴が集まったもの。核になる塵を捕捉し、氷点下25~30℃位に冷えると氷の丸い粒に変わる。氷の粒に周りの水蒸気がついて六角形の氷晶が出来上がる。

成長した氷晶は、直径2.3ミリ位の雪の結晶になる。核になりうる塵がなければ雪も雨もできない。

 

福島県では今でも放射性物質の塵は降っています。 12月は 一ヶ月で 約1600 MBq/km2

環境放射能水準調査結果(月間降下物)2014.1.31 [Jan 31, 2014]
[Readings of environmental radioactivity level by prefecture (Fallout)]
(H25年12月分 [December, 2013])
MBq/km2・月 [MBq/km2・month]

 

 環境放射能水準調査結果 上水(蛇口)(H25年10-12月分)

水道水の汚染もあります。

 森林の雨水の汚染のデータがありました。

http://www.rinya.maff.go.jp/j/press/kenho/pdf/120427-03.pdf  より

福島県における土壌の放射線モニタリング調査結果 平成24年4月6日

 http://wwwcms.pref.fukushima.jp/download/1/dojou120406.pdf  より

 

 

 

悲しいけれど、福島県も関東も、放射性物質の塵が舞い落ち、空気も水も土も雨も汚染されています。

以上の結果から、放射性物質を含む福島県の雪を移動させることは中止すべきです。雪で子供の遊び場を作るなどしてはいけないことです。誰も何も注意しないのでしょうか?議員は何をしているのでしょうか?

わざわざ、汚染状況重点調査地域から、化石燃料を使ってまで運ぶ意味はなんでしょうか?復興予算が使われているのかもしれません。科学的な妥当性を問われることなく、事業費が使われているのでしょうか。

放射性物質をわざわざ多いところから少ないところに移動させるということに、危機管理など日本にはないのだと絶望します。

汚染された雪が溶けたあとは放射性物質が残り、乾燥するとまた塵となって空気中に浮遊し、その微粒子を呼吸で取り込めば内部被曝することが考えられます。残念ですがそれは現実です。お台場雪祭りは中止して、除染しなければいけない。

お台場はたくさん人が集まるところ。そこをあえて雪で汚染する意味は・・・狂気の国、日本のリアルに凍りつきます。


 (追記) 福島よりは低いかもしれませんが、お台場も十分放射能汚染されていますので追記しておきます。

以下は2012年の日刊ゲンダイの引用です。文字色紫。

http://www.asyura2.com/12/genpatu22/msg/170.html  より

お台場から土1キロ当たり1万ベクレル超の衝撃
http://gendai.net/articles/view/syakai/135706
2012年3月16日 掲載 日刊ゲンダイ  石原知事は国政より都民の健康を考えろ

 東京・お台場でショッキングな数値が出た。海浜公園駅前に立つ街路樹の植え込みの土壌から、1キロ当たり1万ベクレルを超える高濃度の放射性セシウムが検出されたのだ。
 足立区や江戸川区など首都圏東部は「ホットスポット」地域として知られているが、植え込みとはいえ、観光地のお台場で検出されたことは衝撃的だ。
 日本共産党都議団が3月2日から4日にかけて、住民の要望が高かった足立区や江戸川区など5区15カ所を調査し、15日明らかにした。調査は地表約1センチの土壌を3日間採取し、ドイツ製の測定器で放射性セシウムの濃度を測定、平均値を出した。
 その結果が記事末尾の一覧なのだが、お台場以外にも1万ベクレルを超えたところが4カ所あった。最高は江戸川土手の民家側で2万700ベクレル。国が放射性廃棄物を直轄処理する基準として設けた「8000ベクレル」を3倍近く上回っている。
 土手のすべてが高濃度汚染されているわけではないだろうが、土手沿いには民家や幼稚園、病院などが立ち並ぶ。当然、誰でも自由に出入りができるし、子供たちの散歩コースにもなっている。
 共産党都議で元看護師の、かち佳代子氏はこう言う。
「これまでは都内東部地域が高濃度の汚染といわれていたが、お台場で衝撃数値が出たことで、都内の一定に広がっていると見ていいでしょう。区や市は独自の調査をし、対策を練っているが、都は何もしていません。都立の学校や公園で詳細な調査をし、一日も早く取り除くべきです」
 石原知事はやれ新党だ、国政だとわめいていないで、都民の健康と安心のために汗をかくべきだ。

【放射性物質濃度の調査結果】(ベクレル/キロ)
◆足立区/東綾瀬公園/雨水マス口周辺の土壌/12400
◆江戸川区/江戸川土手下部/民家側/20700
◆江戸川区/江戸川土手下部/河川敷側/13700
◆江戸川区/江戸川土手下部/河川敷側駐車場/12500
港区/お台場/街路樹の植え込み内の土壌/10600

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-16/2012031614_01_1.html

 

 

ジャンル:
ご近所
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪氷防災研究センター長「実... | トップ | 山口県知事選 反被曝・放射... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2014-02-20 10:15:11
貴著な資料を含めての記事、ありがとうございます。しかし、最後の最後に「石原知事」になっていることに疑問。前の前の知事です。
2014-02-20 10:15:11  様 (管理人)
2014-02-20 12:28:26
石原都知事の任期は
1999年4月23日 - 2012年10月31日

この日刊ゲンダイの記事は2012年3月のもの。
よって当時は石原都知事でした。

引用箇所は紫色の文字にしておきます。

放射性セシウム137の半減期は30年。2012年当時の汚染は移動していなければ、今もそのままです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事