ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

日向精錬所がヒ素やフッ素を垂れ流していたことが2000年に発覚、2008年の報道から。「循環型社会」の公害。

2014-11-02 | フェロニッケルスラグ

 

土壌汚染:基準値超えるヒ素とフッ素検出−−日向精錬所細島工場跡 /宮崎(毎日新聞)2008年4月18日15時1分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080418-00000150-mailo-l45

ステンレス鋼の原料を生産する日向精錬所(日向市船場町、平島悟社長)は16日、同市日知屋古田町にある旧細島工場跡地(6・6ヘクタール)の地下水から、土壌汚染対策法で定める基準値を超えるヒ素とフッ素が検出されたと発表した。

ヒ素(基準値1リットル中0・01ミリグラム)が最大で6・3倍、フッ素(同0・8ミリグラム)が2・25倍。00年の土壌検査で基準値を超えるヒ素などが検出されたため、03年から同社が定点検査(計5カ所)を実施してきた。

これを受け県、日向保健所は同跡地から約800メートルの範囲にある井戸10カ所の分析を進め、18日に調査結果を発表する。同跡地は00年から大型ショッピングセンター「ロックタウン日向」が営業しているが、地下水は利用していない。
 

ロックタウン日向の地下水に基準超えるヒ素

http://www.47news.jp/CI/200804/CI-20080416-00790.html

2008/04/16 19:56   【宮崎日日新聞】

日向製錬所(日向市船場町、平島悟社長)は16日、ショッピングセンターなどが入る同市日知屋のロックタウン日向の敷地内の地下水から環境基準を超えるヒ素とフッ素が検出された、と発表した。

同社は2000年に汚染を把握。その後も独自に水質調査した際も検出していたが、行政機関や賃貸借関係を結んでいるロック開発株式会社(東京都、羽間和彦社長)には今月まで報告や相談はしていなかった。

 敷地はアスファルトで覆われ、地下水も店舗などで使用しておらず直接的な影響はないとみられるが、県環境管理課は「法的義務はないが報告してもらえば もっと早く周辺調査ができた」。ロック開発は「契約前に情報開示がなかったこと、その後も経過報告がなかったことについて強く遺憾の意を表明している」と している。

 

ヒ素、基準の6倍検出 日向市の旧工場跡地 県、周辺井戸水を調査

http://www.47news.jp/CI/200804/CI-20080417-00225.html

2008/04/17 04:08   【西日本新聞】

(管理人より) 驚きました。日向精錬所という会社は1956~69年の13年間にわたり、工場でフェロニッケルを作って敷地を汚染し、2000年には汚染を知りながら、2008年にその工場跡地をなんとショッピングセンターに貸して、コンクリートで覆うということで県に汚染を報告してなかったんですね。

毎日新聞、西日本新聞、宮崎日日新聞の3社が、2008年当時報道していました。(古い記事なので、ネット上のキャッシュのみ)しかも当時も続報がない。
 
ここで日本鉱業協会が出した、フェロニッケルスラグについてのパンフレット資料を見ていきます。https://www.pacific-metals.co.jp/file/news/20100409110217-1.pdf
 
「循環型社会に寄与する魅力ある資源」 とは! 毒物なのに?ゴミなのに?

いきなり表紙タイトルからしてこれですので中身は推して知るべし。いいことしか書いてありません。フェロニッケルの「安全性」 と書いてあるくらいですから。
製造工程図だけあげときます。

 
このパンフをいつ作ったかは書いてありませんが、上の一連の報道の後だとすると実に厚かましいことです。2000年には汚染がわかってたのですから。
ヒ素やフッ素といった毒物を撒き散らしておきながら「魅力ある資源」と言うなんて、さすが原子力ムラですね。
 
さて日向精錬所工場跡地の汚染は、報道によると2008年の段階で、ヒ素(基準値1リットル中0・01ミリグラム)が最大で6・3倍、フッ素(同0・8ミリグラム)が2・25倍、検出されてます。 

 

 
黒木さんの自宅近くのスラグの汚染はどうでしょうか。基準値のヒ素50倍、フッ素20倍です。

【スラップ裁判】私も生きちょる人間です。こんな事されていい気せんです 宮崎フェロニッケルスラグ公害  より

2008年に問題になった工場跡地よりもはるかに汚染しているということです。

なのに今回は新聞が報道しないのはなぜでしょうか?
毎日新聞、西日本新聞、宮崎日日新聞はなぜ報道しないのかわかりません。
メディアも信用できませんが、「循環型社会」という看板も、毒物を循環させることになってないか、細かい市民のチェックが必要です。

本当は土に還せない毒物を、「循環型社会」という美名で環境に拡散させている国と企業。
完全に「循環型社会」公害です。 
建前上「安全な商品」ということにして環境に垂れ流す、このパターンをやめなければまた水俣病のような公害が起きてしまいます。
 
 
 
 
ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉市稲毛区中学校内の伐採... | トップ | (株)日向製錬所は昭和48年... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む