ラジオ少年の楽しい電子工作、その他

AVRを使った簡単な回路の実験、そして日々のちょっとした出来事を書きます。

MSP430 LaunchPad(6)

2017年05月14日 | 日記

タイマー割り込みと、__delay_cycles()の動作状態をロジアナで見ました。

プログラムは下記です。

#include "msp430g2553.h"

volatile int n = 0;
int main(void) {
    WDTCTL = WDTPW | WDTHOLD;   // Stop watchdog timer
    BCSCTL1 = CALBC1_1MHZ; // Set DCO to 1MHz
    DCOCTL = CALDCO_1MHZ; // Set DCO to 1MHz

    P1DIR |= BIT6 + BIT0;
    //P1SEL |= BIT6;
    //P1SEL2  &= ~BIT6;
       TA1CCTL0 = OUTMOD_7 + CCIE;
       TA1CTL = TASSEL_2 + ID_3 + MC_1;    // SMCLK/8, Up, clr, interrupt enable
       TA1CCR0 = 62500;

        __bis_SR_register(/*LPM0_bits +*/ GIE);
       // __no_operation();
        while(1){

         P1OUT |= BIT6;
         //__no_operation();
         //__no_operation();
         __delay_cycles(500000);
         __delay_cycles(500000);
         P1OUT &= ~BIT6;
         //__no_operation();
         __delay_cycles(500000);
         __delay_cycles(500000);
       }

    }

    #pragma vector=TIMER1_A0_VECTOR
    __interrupt void BP1(void) {
        n++;
        if(n==1)
        {
        P1OUT ^= BIT0;
        n = 0;
        }
    }

ロジアナのPulseView.exeは色々便利な機能がありそうですが、取り合えず、タイミングを見るだけの操作で、より詳しい使い方はこれからです。と云っても、そんなに複雑な波形を見るハードもプログラムもありません。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MSP430 LaunchPad(5) | トップ | MSP430 LaunchPad(7) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。