ラジオ少年の楽しい電子工作、その他

AVRを使った簡単な回路の実験、そして日々のちょっとした出来事を書きます。

MSP430 LaunchPad

2017年04月21日 | 日記

MSP430 Value Line LaunchPad Development Toolを入手しました。これはTEXAS INSTRTUMENTSから出されている製品です。

ちょっと、MSP430FR5739をつかった基板のプログラムをみる必要があり、全くMSP430XX CPUの知識は無い為、取り合えずこのToolが役立ちそうだと思ったのが理由です。

コンパイラは「Code Composer Studio 7.1.0」の無償版をインストールしました。これは16KBまでの容量制限つきです。

AVRやPICに比べるとマイナーなのか、情報はそれなりにあるようですが、あまりファミリアーのCPUではありません。そんな印象をうけました。

例えば、MSP430FR5739のハードマニュアルもレジスタの設定定義詳細は記述されていなくて、ユーザマニュアルを見る必要が有るようです。

まだ、齧り始めたばかりで、見方が足りないのかもしれません。

Cでレジスタの設定をする場合の記述方法もこのマニュアルには無さそうです。

取り合えず、LaunchPadに付属のMSP430G2452でLチカをやって見ました。

   

コンパイルはパスしましたが、肝心のCPUに実行ファイルを書く方法が分りません。

色々調べてみると下記の3通りがあるようです。

1、BSLを使い書き込む
2、JTAG を使う方法
3、Spy Bi Wire I/Fを使う
 
 
Spy Bi Wire I/Fを使うのが一番簡単そうですので、これを使いました。但し、CPU側にこれを使うためのI/Fが必要です。
 
 
詳細はここを参考にしました。
 
 http://espilab.ddo.jp/wp/wp-content/uploads/2013/06/b78102a627e122a9a16a248cbfc624c3.pdf
 
 
実際にプログラムを書き込むには、Code Composer Studio 7.1.0 のDEbugを実行する過程で書き込まれるようです。
 
 
 
上記画像のクリックで書き込まれたプログラムが実行されます。
 


 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« saleae Logic Analyzer | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。