ラジオ少年の楽しい電子工作、その他

AVRを使った簡単な回路の実験、そして日々のちょっとした出来事を書きます。

ムービング マグネット スピーカ製作

2016年10月15日 | 日記

今時のスピーカはボイスコイルタイプが当たり前ですが、ボイスコイルの変わりにネオジム磁石を使いコイルをその外側に配置するスピーカを作って見ました。

    

ケント紙でコーンを作ります。ダンパーは既成のスピーカのものを流用しました。直径は12cmくらい、適当です。

 

    

構造は画像の様なものです。

コーンのエッジが困りました。適当な材料がありません。薄いゴムを切って貼り付けました。

出来上がって見ると、コーンの動きが硬くて柔軟性に欠けます。

アンプをつないで音を出して見ましたが、硬い、丁度昔のマグネッチック スピーカの音に似ています。と云っても、その音が分る人は相当のお歳の人でしょう。

効率が悪いのかアンプのボリウムを上げないと大きな音が出ません。そうすると、コイルが発熱してきます。

ダンパとエッジを工夫してもっと、緩やかにコーンが動くようにすれば音質も変わってくると思いますが、、、。

コイルの巻き数、ネオジム磁石の磁力、コイルの位置等、検討するべき項目が色々あり、、、、時間が掛かりそうです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダミーロード製作(完成) | トップ | ムービング マグネット ス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。