フロー・イントゥ・マージンNo.5

JTマーヴェラス・位田愛選手を応援するブログ。

2016秋季リーグ(vs国士舘大)

2016-10-18 | miyu kubota/kaetsu university



小室祐里、虎の咆哮!
二部優勝戦はフルセットゲームの末、嘉悦が粘る国士舘を振り切り、入れ替え戦への1位通過を決めた。
嘉悦は立ち上がり0-6と走られるも、じわじわ差を詰め、逆転で第1セットを先取する。
負けじと国士舘も第2セットは6点差をつけて奪い返す。
第3セット、嘉悦24-23のセットポイントでみゆがサーブレシーブを大きく弾いてヒヤッとしたが、みゆは返ってきたボールを冷静なコントロールショットで決めて2-1。
第4セットは終盤まで嘉悦にリードを許していた国士舘だが、ワンタッチをめぐる誤審に救われ息を吹き返す。
20点以降のラリーを国士舘がことごとく制して2-2、試合はフルセットへ。
最終セット、嘉悦は復調した松岡恵里主将を前衛レフトに据える定石通りのローテ。
みゆゆりの攻撃も冴え、スタートダッシュに成功した嘉悦が15-8で熱戦を制した。

開幕当初こそ二部の下位チームに苦戦することもあったが、そこは嘉悦、最後はそれなりに仕上げてきた。
入れ替え戦の相手も、二部の1位と2位では微妙な違いが出てくる。
嘉悦は重要な試合をものにして、目下0勝8敗、1部最下位の早稲田への挑戦権を得た。



・・・葛藤の連続。
私にとって、今回の秋リーグはまさにそれだった。
嘉悦を応援に行けば、早稲田のことが気になる。
そして、早稲田を応援に行けば、今度は嘉悦のことが気になってくる。
母校とみゆたちが1部と2部に分かれ、それどころか、日増しに入れ替え戦でぶつかる可能性が高くなっていく。
「いや、勝負の世界ですから。もう割り切ってますよ」
「勝っても負けても、お互いに成長できれば・・それでいいんじゃないですか」
口では悟ったような台詞を言いながらも、本心はそれとは違っていた。
葛藤という名の種は、嘉悦が勝つたびに芽を出し、早稲田が負けるたびに枝を増やし、無慈悲に育った。
しかし、国士舘との試合、感情をむき出しにして必死で戦う嘉悦を見て、それは私の身勝手な葛藤に過ぎないということもよくわかった。
彼女たちは、相手がどこであろうが全力で戦い、1部に復帰する、それしか頭にないのである。
それは早稲田の選手たちも同じで、怪我しようが連敗しようが、石に齧りついてでも残留することしか考えていないのだ。
バレーボール選手とは、すべて勝つことを考え、練習し、生きている存在だ。
よって、私がいつまでも逡巡(しゅんじゅん)するのは彼女たちに対して失礼なのである。
嘉悦は勝ち続けてもまだ、やるしかない。
早稲田は負け続けてもなお、やるしかない。
そして、私自身も、もう腹を括ってやるしかないのだ。





ゆりとみゆは、まるで牙をむいてはボールを追い、乱暴に貪り、ときに戯れる二頭の若い虎のようだった。
もしかすると、今が人生のうちで最も活力に満ち、それでいて穢れのない時期かもしれない。
みるみるうちに彼女たちは美しく、強くなっていく。
一年生の、嘉悦に入学した頃から、私は不思議な縁のもと、無条件に声援を送り続けてきた。
それは、これからも決して変わりはしない。
但し、長い時間の中では、ときとしてこんな風に奇妙な向き合い方をしなければならないこともある。
「自分はみゆやゆりの背中を押しながら、同時に彼女たちの前に立ちふさがる」
みゆ、ゆり、そんな俺の心ごとなぎ倒して1部に上がれ!



日大3-2都留文科大


嘉悦3-2国士舘

『バレーボール』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016秋季リーグ(vs順... | トップ | 2016秋季リーグ(vs宇... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
輝くゆり選手へ (@ドリーム)
2016-10-18 09:03:52
余白様。
いつもコメント失礼します。
先生の後追いの非力な老体者で申し訳ありませが。
秋のリーグ戦こんな俺でも悩んでいました。
一人の選手も満足に応援できない俺ですが。

如何した物かと、そんな不安な心を打ち消してくれた、ゆり選手の迷いなき努力の眩しさが光った桜美林戦での感動を形にしたかった俺です。

今秋季リーグ戦は余白さん知る当り、ゆり選手獅子奮迅の活躍に感動しましたので。
窪田選手応援の会より~会長特別賞は。
根性の小室祐里選手に。
最優秀選手感動ベストスマイル賞に、私が決めましたので記念品を贈りたいと思います。
入れ替え戦 (余白)
2016-10-18 19:49:14
@ドリーム様

今回の秋リーグもお世話になりました。
ありがとうございます。

最終戦、嘉悦はとても気持ちの入ったバレーをしておりました。
また、早稲田もここにきて日体から2セットを取るなど、状態は良くなっています。
早稲田vs嘉悦。
名勝負を期待します。


早稲田の最終戦に期待。 (@ドリーム)
2016-10-18 21:04:39
余白様。
可能であれば、最終戦を観戦したいですが。
(今)戦っても、早稲田さん強い気がしますね。
大舞台で強い団結力がありますよね~。
センター戦は早稲田に分がありそうです~。
拾って打つ中川選手が恐いです。
早稲田さんの手柔らかに~と思っています。
俺の人生は先が無いので、今回は勝たせてもらいますね~。
宇都宮戦 (余白)
2016-10-19 00:38:24
@ドリーム様

早稲田はいま、ようやく何かをつかみかけています。
最終日の宇都宮戦で、その感触をより確かなものにできるかどうか?
それができれば、入れ替え戦はいい試合になるでしょう。

両校共、現状のできるかぎりの良い形でぶつかってもらいたい。
一生、私の心に残るような試合になるかもしれません。





Unknown (shota)
2016-10-27 18:44:30
余白さん、お久しぶりです。
最近、暑くなったりや寒くなったりしますが体調の方は崩されてないですか?
V・プレミアリーグ女子大会の開幕が近づいてきましたね。
JTは3シーズンぶりのプレミアリーグですがチャレンジリーグよりも厳しい試合展開になると思いますが、全員バレーで戦い抜いてほしいです!!
初戦は荒木選手やポリーナ選手が在籍するトヨタ車体とですが、相手チームよりもハードワークをして勝って、勢いにのってほしいです!!
JT開幕戦 (余白)
2016-10-28 13:49:17
shota様

いつもリーグ前にありがとうございます!

正直申しまして、今この時点ではJTのことは全く頭の中にありませんが、入れ替え戦が終わりましたら、それなりに余裕も生まれてくるのかな?と思います。

翌日には東京体育館でVプレミアの開幕戦がありますので、2年ぶりにプレミア復帰するJTの試合を観たいと思っております。

トヨタ車体の「補強」を、JTは「覚悟」で倒していただきたい。
開幕戦とはいえ、非常に重要な1試合だと捉えています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。