Flower's Room ~香りのある生活~

小田原 IFAアロマセラピスト認定校 アロマサロンFlower‘sRoom校長のブログ

ISAメディカルアロマセラピストコース5月30日開校!!

2015-04-09 | お知らせ

全員が同じ香りで癒されるわけではありません

ペパーミントでよく眠れるという方がいらっしゃいます。

ミントってすっきりする香りのイメージがありますよね?メントールの香りです。

実はこの成分はアルコールの摂取量が多かったり、疲れている方が使うと眠気を誘う成分へと変化するのです。

身体の中での化学反応はその人の体調で変化します。

こんなこともISAコースで勉強していきたいと思っています。

10:00~17:00(お昼休憩1時間15分)
※授業時間は前後する場合がございます
定員8名(残席5名)

第一回 5月30日(土)
第二回 6月28日(日)
第三回 7月25日(土)
第四回 8月9日(日)
第五回 10月3日(土)
 平日クラスは希望者あった時点で募集をする予定です。

ISAのHPはこちらです☆

その他にも

メディカルアロマセラピー総論 「医療と非医療のはざまで」

医療と非医療の間でどんなケアが可能か?

西洋医学への社会的期待と自然療法の哲学の違い。治療と養生のコンセプトとは?

植物薬理学総論 「精油はいかにして身体に作用するのか?」

中医学を起源とする東洋生薬学の歴史とマルグリットモーリーによるアロマテラピーの発明

漢方を学ぶ

植物生薬は何故、薬効があるのか?進化の歴史から見た生理活性物質(用語解説)

アロマの身体への吸収経路、代謝経路、薬理作用の一般的メカニズム(代謝地図)

有効成分の色々(配糖体、アルカロイド、フラボノイドなどの生化学物質について)

植物薬理学各論 「様々な精油の成分と作用、成分グループの電気的な特性」

精油の分子構造と電気的特性(極性)、溶解度等の物性について

精油成分グループごとの作用の特徴や危険性、精油のアレルゲン化、病別禁忌について

アーユルヴェーダについて

病理学 「病気の起こりと成り立ち。アロマテラピーの臨床ケーススタディ」

疾病を自然療法とアロマテラピーの視点から考察する

不安定な心身の状態にあるクライアントに対する施術の実施(座位でのフェイシャル)

スピリチュアルケア

 Flower'sRoomとしてハーブティとの関係性なども一緒に考察していく予定です。

ISAメディカルアロマセラピストコース 5月30日開校します!

(IFA CPDポイント対応)

 全5回12万(税抜 テキスト代、試験料込) 

 対象者 IFA、IFPA、AEAJアロマセラピスト、ナードなどのアロマセラピスト資格をお持ちの方

 (更新期限が切れていても問題ございません。またその他の民間資格をお持ちの方は、ご相談ください)

 1期生に限りFlower'sRoomIFA履修中の方は2万円引き(2期以降は卒業生は1万円引き)

昔AEAJを取得したけれど、知識に不安がある、、などという方にもお勧めです。IFAの試験対策にもなると思います。一緒に研究していきませんか?定員8名(残席5名)

◆毎日更新していますが、下の画像をクリックしてくださると励みになります☆どうぞよろしくお願いいたします。

 

 


 

 クリスタル&インナーチャイルドセラピストコースのお相手を募集しております。消費税分無料は今回限りです。背中のマッサージからのアプローチ、インナーチャイルド(心理学含む)クリスタルヒーリングすべて学ぶことができます。 すでにクリスタルコースを受講している方で、続いて香りとインナーチャイルドのコースに進みたいという方は、\100,000で残り6回のコースに進むことができます。 すべてのコースは、Flower's Roomのベースにある香りからのアプローチを取り入れる新しいメニューでもあります。 ヒーラーを目指す方でなくても、ご自身の内面を深く見つめてみたいと思われる方、なにか問題を抱えていると感じられる方。 今まで生きてきた人生を見つめ直してみませんか?お問い合わせお待ちしております!

 


 

5月開校のIFA認定アロマセラピストコースの募集を開始いたしました。
詳細はこちらから

 

 
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« IFAの補講 | トップ | Schoolのこと »
最近の画像もっと見る

お知らせ」カテゴリの最新記事