気の向くまま、思いの向くままに

撮り貯めたPHOTOで旅のことや、日々の事などを
備忘録として綴って行きたいと思います。

ルーブル美術館その1(彫刻編)~2011・7・9&本日の夕日

2017-06-13 22:44:45 | 旅行

 Hさんに頂いたおたふく紫陽花に色がついて、可愛く咲いてくれてます。

      優しい色です。

  

  本日の夕日

  

  しばらくして

  

  

                      

ここからルーブル美術館でみた、沢山の絵画、彫刻などなどを備忘録に。

昼食の後、パリへ移動してルーブル美術館へ。

ここでも2組に分かれました。ガラスのピラミッド広場に集まって中は

大変混んでいて、

スリが沢山いるそうなので、気を付けるように言われた。

スリはグループで行動してるので、必ずバックは前に持ってくるように

説明されました。

どの人も怪しく見えたりで、説明を聞きながら、写真を写しながら、

バックもスリのことも気にかけながら進みました。

 

 逆さピラミッド~ここが集合場所でした。

  

ガラスと金属でできたルーブルピラミッドの中から見た博物館

  

 

 

一番見たかったミロのヴィーナス。サマトラケのニケ。モナリザ。

 

まず、やっぱりミロのヴィーナス~横から

   

 正面から。お腹に腹筋がありました。

   

 ミロはミロス島のロマンス語でギリシャ神話における女神アブロディーテー

 

次はサマトラケのニケ~ギリシャ神話に登場する勝利の女神

  

             後方から

        

             前方から

        

サマトラケのニケ~ナイキ社の社名はこの女神に由来して、トレードマークは

この女神だそうです。~ウイキペディアより

 

     眠るヘルマフロディトス

  

 

           ミケランジェロ~抵抗する奴隷

       

 

  

 教科書でしか見たことが無かった有名な作品の数数。

 ミロのヴィーナス・サマトラケのニケ、ミケランジェロの彫刻など、ほんとうに

 素晴らしかったです。

 日本と違ってヨーロッパはカメラOKというのが嬉しいです。

 次回は絵画編に。本物の沢山の絵画に出会えました。

 トップはやはりあの方に飾って頂きたいと思います。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日も諸々なり | トップ | ルーブル美術館その2(絵画... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。