一宮クリスチャン・チャーチ

  絵手紙とみ言葉で綴る信仰雑感

コムラサキ2016

2016-10-31 05:35:02 | 花さんの絵手紙
紫の小粒がかわいい♪


好きずきだけど、私は小紫が好き!
ムラサキシキブはわびさびの感があるので、投げ入れなどの使われたら趣があるね。




英名は「ジャパニーズ・ビューティー・ベリー」で日本産・・・なんだ。

花言葉には「気品」とあった。
紫色って、そんなイメージだね。




聖書の言葉
「それでイエスは、いばらの冠と紫色の着物を着けて、出て来られた。」
 ヨハネの福音書19章5節


ローマ兵たちになじられたイエス様。
紫色の衣は王のしるし。
だが、冠はいばらだ。(-_-;)

イエス様はユダヤだけではなく世界の王。
創造主なる神。

知らずにしたとはいえ、哀れなローマ兵たち。
その姿を見て多くのユダヤ人も笑ったのだ。m(_ _)m

しかし、イエス様は手をださなかった。
ただ、「父よ。彼らをお赦しください。彼らは何をしているのか自分で分からないのです。」
そう祈った。

何と言うか、この神々しさ。これこそ気品だ。
気品を身につけよう。愛と信仰によって!

主が望むのは、この変革に違いない!(^―^) ニコリ

今日もお元気で!
ではまた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊(風車) | トップ | ツルウメモドキの実 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花さんの絵手紙」カテゴリの最新記事