一宮クリスチャン・チャーチ

  絵手紙とみ言葉で綴る信仰雑感

南天の実

2016-11-12 05:27:15 | 花さんの絵手紙
赤い実が可愛い♪


緑葉と赤い実とのコントラストがすてき!




花言葉には「私の愛は増すばかり・良い家庭」とあった。
縁起木としてのイメージかな。




聖書の言葉
「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」
     使徒の働き16章31節


家族にクリスチャンがいるということは、その人は縁起木、いや、縁起人だ。
大切にしてもらわねば、と思うのだが、家族といえども厳しい!

クリスチャンと言うと神様みたいに思われているのかな?
クリスチャンとは、言ってみれば刻みかけの彫刻みたいなもので、
粗削りもいいとこだ。(´・△・`)はぁ~

それを完璧なイエス様みたいに見るものだから…
誤解が生じるのだ。(-_-;)

クリスチャンを通して神の恵みと祝福がもたらされる。
だから、家族にとっては打ち出の小槌と同じようなものではないか。(^_^;)エヘ

主イエスを信じよう!
やがて、驚くようなことが、たわわに実るのだ。(^―^) ニコリ
 
今日もお元気で!
ではまた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サザンカ2016 | トップ | シャコバサボテン2016 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花さんの絵手紙」カテゴリの最新記事