オレンジと黄色と三日月と

存分に働く主婦の雑記帳

そうだ 京都、行こう。いや 行ってきた。

2017-07-06 10:00:44 | 日記
前回行ったのは20年以上前。

久しぶりにもほどがありすぎて
頭の中の「京都」の記憶が
「自分のもの」なのか
「何かしらの映像を見て
覚えていたもの」なのか
定かでないものばかり。

さぁ、どんな旅になるのかなぁ。
と迎えた出発当日が「台風」という
なかなかの運を持っている私(笑)

でも
「雨でぬれた~」

ってくらい以外は
とくに影響もなく
新幹線でひとっとび。

「なんだ
京都近いじゃん。」

のぞみさんのおかげで
あっという間に到着。

でもそこは
ネイティブ関西弁が
飛び交う
わくわくする空間

「普段とは違う」
ってなんかいいね。
刺激になります。


それにしても
インバウンド!

ありとあらゆる国からの
観光客でいっぱい。

日本人のほうが少なくない?
(言いすぎ)

さすが「日本の京都」!

京都市のPRポスターで
「日本に、京都があってよかった。」
なんていうのもあったりして。
このコピーが使えるのも
京都だからでしょうなぁ。

我が街で使っても
「は?」
ってなってしまうでしょう(笑)


そんなこんなで荷物を抱え
宿に到着。




ウェルカム抹茶アイス(*^_^*)

うましっ!!

こちらをいただきながら
今後の動きを確認する
ミーティング

一日目は観光っす♪

来たからには
どこか見なくては!

九州からおっかけてきた
「台風」の影響で
京都も豪雨

私はもってるぜ(笑)

なんのなんの
びしょぬれで
京都の市バスに乗るのも
良い思い出さっ♪

限られた時間しかない
という事で
上司のリクエストで
ここに行ってきました。



初めて行った
「三十三間堂」

なんと表現してよいか。

一生分の千手観音像を
拝見してまいりました。

1001体。

圧倒、圧巻、・・・

うまく表現できませんが
この年で見るから
感じるものってあるもんだなぁ

お庭もゆっくり見たかったのだけど
そこはほら

「豪雨」

だったから・・(汗)

後はいろんな坂を
登ったり下ったり。


そして京都の夜。
まずは懇親会という名の宴会



「おばんざい」をいただきました。

次の予定のために
お酒をちょっと控えめに
食べることに集中♪

次の予定がコチラ。

スコッチ好きな上司が
この日のために探した
いろんなウィスキーがあるという
お店へご同行(*^_^*)



お店の佇まいも
お店の方も優しくて
とても素敵でした♪

心地良いイントネーションでお話されると
お酒も美味しゅうございます。

私はま~ったくスコッチの知識は
ございませんが
楽しいお話が聞けて
これ、この旅で一番の思い出かも♪

京都の楽しい夜でございました。



大人って素敵ね(*^_^*)
と思える唯一の時間。
(お酒タイム)



帰りは徒歩で夜の京都を・・・

途中、どこを歩いてるのか
わからなくなるという
面白いエピソードもはさみつつ
宿に戻り1日目は終了


そして翌日。
朝食をとりながら
その日の動きをミーティング。

まぁ、視察なのだから
これは仕事っすね。



奈良も安定の「雨」(笑)

写真を撮ったのだけど
仕事がらみの
あまり面白くない写真ばかりなので
ここは割愛で・・

そして京都に戻り
あっという間に帰路につきました。



「また来るもん」

「今度は大阪だもん」
(お席の準備をお願いします!!)

そう思って帰りの新幹線に乗り込みました。



帰りつき
博多駅について思う事。


やっぱり落ち着くね(笑)
でもお出かけってやっぱり楽しい。

来年はもっと自由になる予定なので
いろいろとプライベートで
飛びまわろうかと♪ふふふ

さて
明日から通常業務ですね。




・・・いや違うっ!!
明日の午前中に校了とか発注とか!!

ぎゃ~~~~~~
エライコッチャ!!(笑)


P.S 友常氏、大分にいらっしゃるのでは?
福岡も大変ですが、そちらも大変なのではと心配しております。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 帰ったよ!福岡! | トップ | きょうは、たなばたぁ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。