JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨の松島

2011-04-26 12:53:49 | 皆様へ
先週末に仙台市内に住んでいる友達に会いながら
一緒に松島へ一泊旅行に行ってきました。

全国の共通の友人から、あったかい言葉いっぱいのメッセージカードを集めたファイルをどうしても渡したかったのと
松島は私の両親が初めて遠出のデートに行った場所と聞いていて
震災後の松島や瑞巌寺を心配していたので、実際行ってみて確認したくて。



まだ新幹線が復旧していなかったので高速バスで片道6時間かけて仙台へ。


わくわくしてなかなか眠れなくて、やっとうとうとしたらパーキング休憩を繰り返していました。


パーキングでは被災地に向かう自衛隊や医療チームのバスもたくさん止まっていて
ついつい「お疲れ様でーす!!」と言ってしまいました。



東京は桜の時期が終わってしまいましたが、仙台に向かう途中の福島は高速から見える桜も満開ですごくきれいでした。

今は大変な時間を過ごしているけどやっぱり福島は自然もたくさん残っていて
春になったら桜満開になり
大自然からも「大丈夫!!」って言われてるような気持ちになりました。




仙台駅に着いたら寒い中待っていてくれた友達を見つけて嬉しくて駆け寄ってしまいました。

やっぱり実際会って笑顔を見ると本当に本当に安心しました。


地震にあった日のことや
ライフラインが復旧するまでの話を聞いて
改めて怖くなったし、こうして1ヶ月以上が経過して笑顔で会えることに友達に感謝の気持ちでいっぱいになりました。



車で松島に向かい、途中の道のりも海が近くなるにつれて地震の傷痕が所々見られました。



松島は景色は震災前の美しいままでした。
お土産街道は泥だらけで一階部分は商品も撤去されて土嚢が積まれていたけど
1日も早く観光客を迎えたい一心でみんなが掃除をしていました。
瑞巌寺はお寺の手前で津波が止まったらしく、何ていうか「こういうミラクルもあるんだなぁ」って神秘的なものを感じてしまいました。
どんな困難にも負けない力みたいなものをもらった気がしました!



五大堂も無事でした。
みんなの幸せと健康祈願をしてきました。
写真は五大堂からの眺めです。




高台のホテルに泊まって
雨の松島の絶景を見ながら友達といろんな話をして
やっとのんびり足を伸ばしてゆっくりした時間を持てた気がする。



ホテルの従業員のかたや
仙台駅のお土産売り場の店員さんたちも
みんな笑顔で接してくれて復興に向けて一人一人が頑張っている姿が印象的でした。
ぜひぜひゴールデンウィークに仙台や松島に観光に行ってほしいです!!
牛タンのお店も営業してるし駅構内も新幹線復旧前でしたが活気が溢れていました。



帰ってから母の携帯に松島の景色などを送信して
「大丈夫だったよ!!
またお父さんとのんびり旅行してきなよ!」と電話をすると
「お父さんより娘と行きたいわ」との返事にちょっと困ってしまいました(^^ゞ


あいにく雨の二日間でしたが、それはそれで風情があって良かったです。


遊覧船が復活したらまた必ず遊びに行こうと思います!!
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 2ヶ月 »

あわせて読む