JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

14、From TOKYO

2011-03-23 16:47:03 | 皆様へ

23日


今日で一旦私の医療チームは東京に戻ります。


かっこいいことを言いながら強気で踏み入れたのに
来たばかりのときは想像をはるかにこえた現状に打ちのめされました。
自分に何が出来るかなんて考える時間もなく目の前で起きていることを把握して無我夢中でやるしかなかった。

毎日モノを数えるように
増えていく死亡者数をニュースを読み上げてるアナウンサーにさえ嫌気がさしました。



1日2000人以上の受診希望者
床に寝せられ点滴を受ける患者さん
泥だらけの入院ベッドに横たわる患者さん
1人任され不安だらけの救護所
避難所での夜間の急病人
水も電気もない分娩室でのお産
受け入れ先病院が見つからない救急医療体制
備蓄のない医薬品
足りない医療機器
浸水して使えなくなったAED


全部が全部思い出せないくらい、毎日が壮絶でした。


朝からずっと走り回っていて気が付くと夜中の3時、4時ってのを毎日繰り返し。
でもそれは私たちだけじゃなく、自衛隊のかたや消防のかた、警察のかた、運転手さん、自治会の会長さん、条件はみーんな一緒だったから頑張れたんだと思います。
私たちは交代でちょっと休めたけど、休めてない職種の方ばかりです。


そんなしんどさなんて被災された方々に比べたらなんてことはないと思うとへっちゃらでした。


それと何回も書いてきたけど、避難所のみなさんの笑顔と優しさと強さに何度こちらが励まされたことか。

気丈にふるまっている人こそ心の傷は深く
話を聞いてみると家族といまだに連絡が取れていないという人ばかりでした。


避難所もみんながいるから頑張れると言っている人がいっぱいいたけど
あんなかたい床で毎晩寒い思いをして不安な夜を過ごすつらさは壮絶です。



本当に大変なのはこれからです。
だんだんテレビやマスコミも震災のニュースが減っていき、みんなの脳裏から薄れていくに従って
被災地の今後の課題や病人や悲しみは増えていくと思います。
被災していない人たちが自分たちは明るく頑張ろうって元の生活にどんどんしていくのは良いことだけど
3月11日のことは決して忘れてはいけないのです。


自分に何が出来るか分からないままの人は
今あるお小遣いやお金を募金にまわすのもよし、とっておくのもよし。
とっておくなら、いずれ、交通機関が復旧して
東北地方が元気になってきたら旅行に行ってそこでお金を使うのも支援かと。


直接の被災地でない私たちの支援の形は経済効果として支障のない程度に今まで通り、飲んで、食べて、仕事して、お金が出来たら気持ちばかりの募金して
それも大事なことだと思います。



お金を動かす人、
人々を活気づける人、
目の前の仕事を精一杯する人、
支援の形はそれぞれです。そして今だけでなく、このトンネルを抜けるのは長期戦であるということを念頭に。
自分の生活や仕事に支障のない程度に節電に心がけて、きちんとした団体へやはり支障のない程度にお金を募金するのも大きな一歩です。



失恋しようが、上司に怒られようが、衝動買いしようが、ちょっと風邪をひこうが、
日常でつらいことや嫌なこといっぱいあります。
普通にいきてりゃ嫌なこと9割、いいこと1割です。


でも、被災地のみんなのつらさや悲しみに比べたら全然なんてことはないです!

そんな中、踏張って耐えてる被災地の人が少しずつ笑顔になれるように私たちは物を大事にして資源を大切にして
被災地のことを忘れないことだと思います。



医療も長期戦になることを想定しています。
また行く機会を設けてもらい、もっと成長して1人でも多くの人の力になれるように災害医療をもう一度勉強します。


また、放射能についての新たな二次災害も出てきて
今後の問題は山積みです。
放射能に関しては
適切な情報と的確な判断で。


避難所で別れの挨拶をしたときに、みんなも泣いていたけど笑顔で『今度会うときにはもっと良くなってるように頑張るね!』『復興したら旅行においで』『お嫁においで』と言ってくれて涙涙で避難所を後にしました。
助かった人たちも、自分だけ助かったことや
誰かを助けられなかったことに自責の念を話してくれたけど、誰も悪くない。

それに助かったことには絶対意味があります。
胸はって前を見て、つらいときは泣いて、1人ではないことを忘れないでほしい。

サプライズもあって
瑠奈チャンも叔母さんと手紙を持って駆け付けてくれました。お手紙には「大きくなったらおねえちゃんみたいなおしごとをします」と書いてあり、この仕事をしていて良かったと思いながら涙が止まらなかった。
陸前高田は第二の故郷になり、故郷の復興を願ってやみません。


ここで見たこと、経験したこと、感じたことは同僚や友達や家族に伝えていこうと思います。
当たり前の日常がどんなに幸せなことか。
そばにいてくれる家族や友人がどんなに大切な存在か。
水や電気の資源の供給がどれだけ恵まれていることか。



いろいろ人それぞれ感じ方も違うしきっと全く他人事に思う人もいると思うけど、
いつ自分が被災者になってもおかしくないのです。




帰りは陸路で帰ってきましたがだんだん東京が近づいてくると
どっちが現実社会なのか分からない錯覚に陥りました。当たり前についている信号、電気がついている高層ビル、きれいな身なりの道行く人。
震災にあった地域は対岸の火事のように過ぎてる都心の時間。
でもきっと本当の現実は被災地で都心は非現実社会なんだと思います。



現実社会と非現実社会はいつだって隣り合わせ。



被災地の復興を心より願っています。
また必ず行きます。


その時までどうぞお元気で。
そしてみんなが会いたい人に会えますように。



いつかみんなの努力と流した涙が報われるときが必ず来ますように。

ジャンル:
モブログ
コメント (2000)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 13、Family »

2000 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございました (せり)
2011-03-24 12:01:42
TVでは分からない事…
本当に頭が下がります。ありがとうございました。
貴重な記録ですね (みか)
2011-03-24 23:08:19
初めまして。

被災地に行かれてからの日記を読ませていただきました。途中でPCの前から離れる事が出来ずに、ぶっ通しで読みました。

テレビやラジオでは伝えられない貴重な記録だと思います。
あなたと出会った女の子のような状況も、被災地では珍しいことではないのかもしれないと思うと、涙が流れました。
でも瑠奈チャンはあなたと出合って、幼いながらもあなたという目標が持てたようでうれしく思います。きっとこの先瑠奈チャンが生きていく上で大きな力になってくれると感じました。

感動したので、コメントさせていただきました。
お体を大切にして、看護師さんのお仕事、頑張って下さいね!
本当に、ありがとうございました。 (あつき)
2011-03-25 09:48:14
初めまして。
ご縁があり、こちらのブログにたどり着きまして、被災地へ行かれてからの日記を拝見させていただきました。

言葉がありませんでした。

貴方が見たこと、体験したことを書いて下さったおかげで、報道からでは伝わって来ないとても多くのことを知りました。

本当に、どうもありがとうございました。

知る事が出来てよかった。
こちらのブログに出会えて、本当によかったです。

私の友人も看護の仕事をしています。

彼女も今、どこかの現場で自分に出来ることを頑張っていると思います。

どうぞお身体には充分お気をつけて、これからも頑張って下さい。

私も私に出来ることで、頑張ろうと思います。


本当に、本当にどうもありがとうございました。
Unknown (あき)
2011-03-26 01:04:37
初めまして。
ツイッターを経由してこちらに辿り着きました。

沢山の人に読んでもらいたいと思うようなブログでした。
見てきた方の言葉は、想像するのと受ける衝撃が全く違いますし、映像や写真ではなく文章で伝えることにも意味があると思いました。


緊迫度は全く違うけれど、都会で奪い合う人たちも今まで体験したことのないほどの不安に取り付かれているんだと思います。
買い占めは共感できないけど、不安はわかるから何も言えない・・・。


私は提供できる蓄えは何にもないし役に立つ技術もないので、いつもの仕事をいつものように全うして、義援金を送りたいと思います。

ステキなブログに出会えてよかったです。
多くの人に読んでもらいたいです (あっこ)
2011-03-27 08:39:32
twitterでたまたまたどりつき、私もぶっ通しで読みました。
何度も涙が止まりませんでした。今も泣きながらコメントしています。

マスコミで報道されているのはやはり限られたことなのだと思いました。
もちろん規制があるので仕方のないことです。
現実をこちらのブログで知ることができたのは幸運でした。

次々と遺体が見つかったり、避難所で亡くなる方がいらっしゃるその現場に立ち会われるつらさは想像を超えます。
気丈にご自分の任務を全うされたこと、心から尊敬します。

ブログ全編を通して感じたのは、この看護師さんと被災された皆さんの優しさと温かさです。何度も涙があふれました。

そして看護師さんの視点がとても優しいから、壮絶な現地の様子も目をそらさず読むことができたのだと思います。

私達が人と関わるときに絶対に持っていなければならない大事なものを、このブログからたくさん教えていただきました。

決して無理をすることはないけれど、できる限りいつも、
優しく。温かく。元気に。明るく。思い合って。

これだけでいいのだと思います。

そして被災された皆様の生活が1日でも早く安定し、安堵感のある幸せな毎日が送れる日が来ることを願ってやみません。
ありがとう (gakiko )
2011-03-27 10:58:02
貴重な体験を綴ってくださり、ありがとうございます。
心を揺さぶられました。
瑠奈チャン、幸せになってほしいです。
Unknown (きき)
2011-03-27 11:27:39
Twitterより
当たり前のことがとても大事な事なんだと
考えさせられました。
たくさんの人に読んでほしいと思いました。自分も小さな事でもできる事をやって行きたいと思います。
ありがとう (ありゆき)
2011-03-27 11:38:55
非常に厳しい状況下で本当にありがとう
また現場の状況 テレビではでは伝わらない状況がよくわかりました
記録に残していただきありがとう
私たちが絶対しなければならないことは この災害を忘れないことです
阪神淡路 サリンなども同様ですが 全国の人はきっと忘れず長い支援に協力することを信じています
東北の復興を祈りながら 普段の生活をこことがけます
ありがとうございます。 (keiji)
2011-03-27 11:43:41
現地での医療支援、お疲れ様です。

本当に過酷な現場であることが伝わってきます。
そんな中でも笑顔であろうとした姿勢に感動致しました。

多くの人が救われたと思います。
本当にありがとうございます。


仰られる通り3月11日のことを忘れてはならないと思います。
震災のニュースがどちらかというと原発や停電にフォーカスされており、
もちろんそのニュースも大事なのですが、
現地の方達 "Family" が力強く復興されようとしていることに対して何か出来ないか継続して考えて行くことが、必要だと思います。

募金してこれでOKと考えていましたがハッとさせられました。
今だけじゃなく現地の方達が元の安心できる生活を取り戻せるまで、
自分に出来ることを考え、あなたを見習って行動に移していきたいと思います。

多くの人に読んで頂きたいと思いました。
ありがとうございました。
ありがとうございます。 (スイ)
2011-03-27 11:50:54
それしか言えないです。。。
ありがとうございます。

ほんと・・・。

ああ、わたしも、がんばります!
ありがとうございます (りょう)
2011-03-27 11:56:33
赤い旗のところから、涙が止まりませんでした。教えていただき、ありがとうございます。私も自分の仕事をします。
Unknown ()
2011-03-27 12:02:09
ありがとうございます。
涙がとまらなくて、わたしなんかそこにいたらリーダーの方に怒られっぱなしだろうなと思いながら(でも、実際の状態を見、家族を捜し続ける方々を目にした貴女が涙してしまうのはひととして当然だし・・一緒に涙することでリリースにもなるから。「泣くな」と怒るのはちょっとおかしいと思います)
わたしは海外在住で、できることって募金や、いろんな情報を広めることくらいですが・・・自分にできることを精一杯したいと思います。
どうもありがとうございました!!
ありがとうございます。 (ひろ)
2011-03-27 12:07:00
このようにご自身の体験として被災地の現状を知らせていただきありがとうございます。
胸に迫る思いです。

東京に住むものとして、これからの未来に責任を持っていきたいと強く感じました。
Unknown (あやか)
2011-03-27 12:07:30
twitterから訪問させていただきました。
一気に読ませていただきました。
現地での状況、知れてよかったです。アップしてくださり、本当に有難うございました。

私も、「今だ!」というタイミングを逃さないよう、被災地の事は意識していたいなと思います。

今回の復旧は、長期戦かもしれませんが、がんばりましょう!やりましょう!
ありがとうございます。 (すなめり)
2011-03-27 12:07:47
ただただ、頭の下がる思いです。
ありがとうございます。

現実をどんな形で知る事が出来ても、やはりそこの空間で、温度てわ体感しないと、真実はわからないと痛感します。

人は、それぞれに苦悩や、痛みを背負いながら過ごしている。
多くの矛盾や、やるせなさに傷付きながらそれでも生きていく。

今回の震災で、あまりにも無力な自分を感じながらも、やはりできる事を精一杯やりつづけ、そして果てることのない葛藤と向き合うことが、今、私達に課せられた事なのかも知れないとおもっています。

過酷な中での現状を記して頂き感謝します。
本当に本当にご苦労様でした。
ありがとうございました。
ありがとうございました! (kc)
2011-03-27 12:20:47
twitterからお邪魔しました。
涙がとまりません。。。。
本当に貴重な体験をこうやって書いてくださってありがとうございます!!!
TVや新聞では決して報道されない内情。
たくさんの方に読んでいただきたいと思います。
ブログで紹介させていただいてもよろしいでしょうか?
この震災を風化させていかないように、
いつも”ともにある”という思いを抱いて、今自分にできることをただただやっていきたいと思います。
そしてまた被災地へ行った際には、みんな想っていることをお伝えください。
ありがとうございました。
Unknown (masaki)
2011-03-27 12:26:08
ありがとうございます。
何の罪もないもっと生きたかった人達が大勢いたこと、当たり前の生活が当たり前ではないことを絶対忘れません。
Unknown (くみこ)
2011-03-27 12:29:50
このブログをアップしてくださり、ありがとうございました!私に出来ること、ずっと忘れず、続けていきます。ほんとにありがとうございました。
ありがとうございます! (ヒロコ)
2011-03-27 12:40:29
被災地仙台ですが、ほかの地区と比べたら被災地と言えないです。

今回の事で「当たり前」について何度も何度も考えています。

相当の覚悟で東北に来て下さいましてありがとうございます。
たくさんの命がたすかりました。
たくさんの気持ちが暖かくなりました。

ありがとうございます。
これからのお仕事も乗り越えて下さい。

友人知人にもこちらのブログを紹介させて下さいね。
私にできること (kumizolovinson)
2011-03-27 12:48:41
ツイッター経由でこちらのブログを拝見しました。管理栄養士です。現地で被災者の皆さんを支援できたあなたをとても羨ましく思いました。私は東電の計画停電に関係なく自主停電をしたり、暖房を使わないことを続けたり、不要な買い物を控えたり、様々な機関に募金をしたり、放射能の汚染を気にしている小さな子どもがいる友人の代わりに正確な情報を調べたり、そんなことぐらいしかできません。現地での経験を今後もずっと忘れずに看護師として医療の道を究めて欲しいです。気持ちのこもった温かい日記をありがとうございました。(Twitter A/C:@kumizolovinson)
復興 (あまくさ)
2011-03-27 12:55:55
ありがとうございます。
ほんとに、ほんとにおつかれさまでした。
でもこれは長期戦です。
みんなで、ひとつになって、支えあって頑張って行きましょう。

あなたの日記を一人でも多くの方に読んで頂ける事も復興支援の一つと思いますので、色々な場で紹介させて下さい。

今はゆっくり休んで、そしてまた頑張って行きましょう!!
Unknown (Unknown)
2011-03-27 13:02:30
現地での医療活動、まずはお疲れ様でした。またこのようなブログを書いていただき、ありがとうございます。

被災地ではない場所から何ができるか、長期的に物事を考えていこうと改めて強く思いました。

非現実に見える東京。
でも、そこで暮らす一人一人を見ると、彼らもまた地震の後、一生懸命生きているのだと思います。今までにない揺れを感じ、帰宅出来ず、小さくても余震に怯え、でも医療や警察や自衛隊やライフラインに直接携わるわけではない自分達に何ができるのか懸命に考えて、そしてできることは、目の前にある仕事を、普通の毎日を送ることなんだと言い聞かせているのだと思います。
Unknown (みなでしこ)
2011-03-27 13:07:03
全部読ませて頂きました。

ありがとう!ありがとう!ありがとう!
何回言っても表現できません。

ありがとう!
言葉がありません。 (もも輔)
2011-03-27 13:10:29
お疲れ様でした。
そして、現場のことを教えてくださりありがとうございました。
お疲れ様でした (ゆりし)
2011-03-27 13:11:21
ツイッターを経由して、読まさせて頂き、涙が止まりませんでした。お忙しい中、本当にありがとうございました。…先日、ある訪問先で利用者さんが「被災地でも歯磨きして欲しい方、いるわよね」と言われ、「そうですね、今すぐにでも行って差し上げたいんですけど…」と答えると、うつむいてしまいました。「あっ、○○さん達置いて、行きませんよ。」と言うと、笑顔になり安心された様で…。心が温かくなったのと同時に、自分自身の今の立場を、再確認できました。これからも日々を大切に、頑張って行こうと思います。ありがとうございました。(現在、中部圏で歯科衛生士として、訪問口腔ケアに携わっています)
こころを揺さぶられました (かっつん)
2011-03-27 13:12:00
どっぷり、文章にのめりこんでしまい、
気づけば涙が出ていました。

自分に、できることは今の段階では募金くらいですが、
これからの復興に役に立てるような自分になりたいと、
決心させてくださいました。

ありがとう。
Unknown (みおや)
2011-03-27 13:17:06
読んでいて涙が止まりませんでした。

被災地の方には、頑張れではないですね。

大丈夫だよ、被災していない私たちが一生懸命頑張るからとお伝えしたいです。

お疲れさまでした。
そしてありがとうございます。
ありがとうございました。 (H)
2011-03-27 13:20:12
mixiニュースから来ました。
報道されない現場の様子をありがとうございました。何とはなしに読みはじめて一気に読み上げてしまいました。
こちらの記事を日記などで紹介させて頂きたく思います。
被災者の皆さん、医療チームや建設業、自衛隊などの沢山の支援をしている皆さんの、何か出来ないかと言う思い、喜びを分かち合う心に、自分も何かもっと出来ることはないか、と考えました。生憎、特化した技術を持たない事務職なので日々の節電と息の長い募金、復興したら何度も訪れていた東北の地にまた旅行をして沢山買い物をすることしか出来ませんが・・・。長い応援が必要な事を忘れずに過ごしたいと思います。
全国で節電したから電気がついた、と言う部分を読んで、節電の効果は被災地ではいかほどなのだろうと実感出来ていなかった部分があったのですが力になれたのかなぁと嬉しく思いました。報道もただ節電を!と呼び掛けるのではなく、そういう部分が広く知られればもっと節電を!と協力する気持ちが沸き立つのではないかなあ、と思います。

長々と失礼致しました。
昨日より良いことが沢山積み重なって、沢山の笑顔に会えますように。
乗り越えよう (希望)
2011-03-27 13:20:33
あなたたちを心の底から尊敬します。
わたしも泣きません。

本当にありがとう。
希望 (よりこ)
2011-03-27 13:20:59
こんにちは。ツイッターからここへたどり着き数日の日記を読ませて頂きました。私は今海外に住んでいて日本の本当の状況が分かりません。日本へ帰るたびに実は少しずつ嫌いになっていました。ですが、この天災が起きてから本当に誇りに思うようになり、さらにこの日記を読ませて頂いて希望がたくさん湧いてきました。被災地でゴンさん達に触れ合えた人たちもきっと希望を見ていると思います。私にできることなんて本当にちっぽけですが遠くにいても応援してます。こっちにも沢山の人が応援してくれています。これを訳して私の友達みんなに読ませてあげたい。真の言葉と希望をありがとうございました。きちんと休んでまたいっぱい力を色んな人にわけてあげてください。おつかれさまです。
貴重な記録、ありがとうございます。 (kziau)
2011-03-27 13:21:27
ツイッターでこちらのブログを知り、拝見させていただきました。

被災地の状況がとても鮮明に伝わってきて涙が止まりませんでした。

しかし、この現実をしっかりと受け止めて被害のない地域は復興に全力を注がなくてはいけないと強く思いました。

私も自分の出来る事を、出来る限りしたいと思います。

そして必ず復興した被災地へ観光に足を運びたいと思います!
おつかれさまでした (Kimiyo)
2011-03-27 13:26:55
私もみなさんと同じ経由でこちらを知りました。
涙が止まらず、けど一気に読んでしまいました。
本当におつかれさまでした。
医療従事者の方の体力、精神力は並々ならぬものだと聞いています。
過酷な状況の中で仕事に集中されている姿に頭が下がるばかりです。
壮絶な体験を綴っていただいてありがとうございます。
そして、こうして真実を伝えていただいて、たくさんの人の一人一人の心に響くといいなと思います。
どうぞ、ゆっくりお体を休めてくださいね。
私からもリンクを貼って発信させていただきますので、ご了承ください。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-27 13:29:17
被災地での医療活動、本当にお疲れ様でした。

テレビでの悲惨な光景や被災者のニュースを見るたびに泣けてしまいます。このブログを読んでも泣きっぱなしでした。同じ医療者として、自分ももっと強くならないといけない、ボランティア精神だけでは絶対に被災地に行けないなと強く感じました。
壮絶な状況の中での心温まるお話も聞けて本当にありがとうございます。
被災地が一日でも早く復興するを願っています。
ありがとうございます。 (KH)
2011-03-27 13:33:06
mixiの友人の紹介でこちらのブログを読ませていただきました。
テレビで映っていることは一部であると思っていましたが、
本当にそれが実感できる、
丁寧で心のこもった、真実の描写に、頭が下がります。
涙がとまりません。
伝えてくださって、心から感謝します。
私も自分にできることを考えて、
東北の復興、日本の復興を微力ながら応援したいと思います。

どうぞいっときの東京かもしれませんが、
ゆっくり体を休めてくださいね。
本当にお疲れさまでした。
ありがとうございました。 (けい)
2011-03-27 13:37:44
Twitterで、知り読ませて頂きました。
読む度に光景が頭のなかで創作され、涙が止まりません。
私は医療従事者でなく、一般企業の会社員。頭が上がらない気持ちでいっぱいです。

知人が同じく陸前高田市に行ってました。
親友も来週から被災地へ応援看護へ出向きます。
あなたの手記でようやく私は事態の惨さを実感しました。
愛する人からの連絡が途絶え、心が荒んでしまってましたがどこかで頑張ってくれてると信じて今日も祈りと会社あげての救援募金をよびかけます。
これからも、どうぞ医療活動どうか頑張ってください。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-27 13:39:01
「天漢日乗」様のblogのリンクから来ました。
貴重な記録、ありがとうございました。
これからも継続的にご経験をアップしてください。よろしくお願いします。
感謝 (ochorios1994)
2011-03-27 13:45:25
伝えてくれてありがとう!!
ありがとう。
ありがとう。

Twitterで紹介されていました。
ありがとうございます (ぐうたら主婦)
2011-03-27 13:58:46
ひょんなことから貴ブログを知り、記事拝見させていただきました。
寒い東北の地で、殆ど休息も食事もとらない中での活動、本当にお疲れ様でした。
そして、テレビのニュースでは流れていない被災地での避難生活。想像以上のことを知り、泣きながら拝読しました。どう言葉にしていいのか?今も言葉を捜しているところです。

私は医療関係者ではありません。何も出来ない自分が歯がゆいですが、絶対何か東北の方々が復興できるように、忘れずに長く支援してきたいと感じています。
またどこかの被災地に行かれるのでしょうか?どうぞお体御自愛ください。よき働きが出来ますようお祈り申し上げています。ありがとうございました。
ありがとう (N)
2011-03-27 13:59:58
貴重な体験を教えて下さりありがとうございました。

読ませて頂き感じたこと自分もなにか形にしたり実行に移したいと思います。

今は以前震災を受けた神戸にいます。
街並はもう当時が嘘だったかのように復興してみえます。
心の傷はおそらくまだ残っていますがそれでも元気に立ち直った神戸のように今回の被災地もいつか必ず復興できる日が来ると信じています。
多くの犠牲があってのことですが長い時間がかかっても元気な町に、国にもどってくれるよう願っています。

お疲れさまでした!
ありがとうございます (えりこ)
2011-03-27 14:05:19
この未曾有の災害を忘れずに、私にできる支援をして行きます。
あなたが接した被災者の方々は、その優しさと暖かさを忘れないでしょう。
これからもお仕事頑張って下さい。
Unknown (その)
2011-03-27 14:07:45
被災地での医療支援、お疲れ様でした。
過酷な日々の中で、被災地の状況を記してくださったことに本当に感謝します。
自分は宮城県に実家があり、今は東京に住んでいるので、被災地に行く事もできないし行っても何もできることがないのが分かっているので、もどかしい毎日を送っています。
あなたのように優しくて強い心を持った方に行ってもらえて本当に良かったです。きっとあなたに救われた人は沢山いるはずです。命だけではなく、心も、です。本当にありがとうございます。
ありがとう (なお)
2011-03-27 14:09:40
ずっと泣きながら読みました。
本当にお疲れさまでした。
そして、そのことを書き綴ってくださりありがとうございます。

地震が起こって、日本中のひとがいろんなことを考えたと思うんです。
私は私のできることをします。
当たり前の日常に感謝して。

被災地の復興を心から祈っています。
きっとできますよね!
ありがとう (友清@理学療法士)
2011-03-27 14:14:40
理学療法士の友清です。ブログアップありがとうございます。

>今、テレビやマスコミも震災のニュースが減っていき、みんなの脳裏から薄れていくに従って被災地の今後の課題や病人や悲しみは増えていくと思います。

同感です。現地の被災者の方はこれから長い時間をかけて、復興していかなければならないし、新たな課題へのステージへと進むはずです。

一時期の盛り上がりでの支援ではなく、被災者の方と共に、これから長く共に国民全体が復興へと歩むことが大事だと思います。

理学療法士として、そして日本人として自分が出来ることを一つ一つ実践したいと思います。

失ったものはあまりにも大きいですが、失ったからこそ得られるも大きいと思います。ブログを拝見してもそう思いました。

本当にありがとうございました。
http://www.pt-ot-st.net/
ありがとうございました (ro-se)
2011-03-27 14:16:27
twitterからたどり着き 貴重な体験記読ませていただきました。大変なご経験でしたね。現地ならではの心からの言葉にこころうたれ涙しました。誰も悪くないのに運命は過酷ですね。いたたまれない気持ちになる一方 暖かい気持ちを持ち続けてる被災者の方々や様々な形で力を発揮して居る方々の存在に嬉しい気持ちにもなりました。看護師として、一人の人間として、被災者の方の気持ちに寄り添って一緒に涙を流すあなたの姿にも感動しましたし、称賛したいと思います。被災地から遠い所に住んで居る私たち、平穏な日常が過ぎています。今はまだ余震も停電も原発も、で話題になっていますが いずれ被害のことなど 人々の記憶から薄れていってしまうでしょう。復興は長くかかるだろうし 人の気持ちも元通りになることもないでしょう。忘れないで長い支援をしていくことが大切ですよね。私たちは普段通りに、働いて消費して納税して、でも今度のことを心に刻んで、無駄を止めたり、思いやりを忘れずにいることがだいじなんじゃないかと思ってます。色々考えさせて頂きました。ありがとうございました。これからも看護のお仕事、お体に気をつけて邁進してください。
おつかれさまでした (小原英治)
2011-03-27 14:18:38
読んで泣きました。でも日本がますます好きになりました。まだ大丈夫。絶対立ち直る。
ありがとうございます。 (あきら)
2011-03-27 14:18:53
被災地の医療支援お疲れさまでした。
全く被災していない地域に住んでいる私にとって
テレビで見る報道くらいしか日々の生活に違いは無くて
相変わらず普通に仕事をしたり、休日をすごしたり
全然リアリティが無くて、
本当に今起こっている事はなんなんだ?という
疑問と常に葛藤していました。
この記録を読んで、現実の怖さとともに支援して行かなきゃ、という気持ちや
私が居るのは大地震が控えている地域なので、出来る限りの防災対策をしていくキッカケになりました。
本当有り難うございます。
ありがとう。ほんとうにありがとう。 (あきら)
2011-03-27 14:26:21
震災の報道でもいくたびか涙しましたが、このブログを読むと、ほんとうに涙がとまりません。そして、読み終われば、誰もが今までより勇気が出てきて、誰もがこれまでになくやさしい気持になっているはずです。生きることってなんて辛いいんだ。でも、生きることってなんて素晴らしいんだ。そう思えてきます。

皆さんが、「ありがとうございました」とタイトルに書き込んでいます。ぼくも他の言葉が見つかりませんでした。ありがとう、ほんとうにありがとう。

現場に行けないもどかしさ。何もできないもどかしさ。でも、このブログを拝読して、自分も自分の場所で闘えるかな、という勇気をいただきました。

一刻も早く日常を回復できるよう、そしてその日常がよりよい日常になるよう闘いたいと思っています。

それにしても、瑠奈ちゃんのことが頭から離れません。あなたのように素敵な看護士さんになってくれるかな。瑠奈ちゃんに会いたいな。

自分のWEBでも紹介させていただきたいと思います。

あらためて、ありがとうございました。
ありがとうございました。 (みーぽ)
2011-03-27 14:28:41
Twitter経由でこちらのbrogに辿り着きました。

被災地での医療活動、本当にお疲れ様でした。
報道では知りえなかった数々のことに、途中から涙してしまいました。
伝えて下さってありがとうございます。

一人ひとりの力は小さいかもしれませんが、皆で繋げれば大きな力も生み出すのですね。
日本に住むひとりとして、出来る事から始めたいと強く思いました。

これからも被災地に行かれるのでしょうか?
今はゆっくりと体を休めて下さいね。
Unknown (こびとさん)
2011-03-27 14:29:02
印刷して8歳の娘に読ませました。
内容の全てを理解することは難しかったかもしれませんが、何が書いてあるのかは小さいなりに理解できたようです。
厳しい現実と人間の強さを学ばせていただきました。
ありがとうございました。
伝えてくださって、ありがとうございます。 (あもひろ)
2011-03-27 14:31:20
お疲れ様です。
すこしでも気力体力を回復されていらっしゃることを願っております。
いま、ひとつでも笑顔が増えるように、私もできることをしていこうと思います。
いつか復興を遂げた東北を、楽しみに訪れる日のために。
読ませてくださって、ありがとうございました。
伝えてくださったあなたの日々に、お疲れさまでした。
ありがとう (がめら)
2011-03-27 14:32:18
Twitter経由で、拝読いたしました。

本当に本当にありがとうございます。

私も、どんな報道や映像を見ても聞いても、「泣いてはいけない」と思って、目に涙がたまっても、「流すまい」としてきました。

でも、あなたのプログは、そんな軽い決意など吹き飛んでしまう、強い強い想いが込められていました。

今夜家族が寝たら、一度だけ思い切り泣こうと思います。

あなたのような方々がいることで、一部かもしれないけれど被災地の方に希望と勇気が与えられ、その事をこのようにプログを通して知る事ができた一部の人々にもまた、希望と勇気が与えてくれた、と確信しています。

お疲れさまでした。

きっと、あなたは少し時間が経過したら、また被災地に訪れるのだろうな、と思います。

また、ブログから発信してほしいと思います。私も、自分にできることが何か、しっかり見据えて、できれば発信していきたいと思います。
忘れないこと (Truffres)
2011-03-27 14:35:33
はじめまして。twitterから伺いました。臨場感あふれる現地の様子に、胸がえぐられるような思いで読ませていただきました。このような避難所があと何十何百ケ所も、そしてこのような状況があと何十日も何週間も続くのでしょう。今回被災しなかった我々は、ともすると日常生活に埋没しいつのまにか関心が薄れていくような気がします。しかし被災した方々が本当の安心と本当の笑顔を取り戻す日が来るのは、気が遠くなると感じるくらい、先のことでしょう。しかしその日が本当の復興なのです。この先、忘れることなく意識を向け、何週間何カ月単位ではなく、何年単位の支援を続けることが大切なのだと改めて思いました。
最後に、過酷な状況の中、立派にお仕事をされ本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。
Unknown (カサ)
2011-03-27 14:35:41

報道では知り得ないことばかりで驚きました。被災地の悲惨さ、人の優しさ、普段は当たり前と思って意識していない大切なものが沢山詰まったレポートだと思います。現地で会った女の子のエピソードが特に印象に残ります。どんな仕事にもやりがいや意義があると思いますが、こうした出合いが一番それを実感させますね。あなたとの出合いはきっと彼女のこれからの成長に大きく影響すると思います。より多くの人にみてもらえるように広めたいと思います。
考えさせられました。ありがとうございます。 (陽子)
2011-03-27 14:42:14
東京は、交通機関が通常に戻りつつあるのと同時に、少しずつ普通の生活を過ごすようになってきています。
でも、計画停電に該当しない都心でも、
自主節電をしているおみせをたくさん見かけ、いつもより暗い街に佇むと、
実際に被害を受けた方々の近くにいるような気がします。
正直、自分の目で見たり、体験しないと、
人は自分事になかなかなれません。
でも、この体験記録を読むと、被災者の立場には置き換えられなくても、
その場に降りたって現実を目の当たりにしたような衝撃を感じることごできました。
これが現実なんだと、深く考えさせられました。
残念ながら、私は娯楽を与える仕事なので、今すぐに誰かの為になる、助けになることは募金や節電くらいですが、
いつか、被災地が復興して、嗜好品や娯楽で笑顔になれる時期が来たら、そういった物を届けられるといいな、と思いました。

命を助ける。繋ぎ止める仕事をされてあおること、
とても尊敬します。
これからも頑張ってください、

ありがとうございました。 (riek )
2011-03-27 14:43:17
ご自身が大変な状況でお仕事されるなか、このような記録をとり、upしてくださりありがとうございました。なるべく多くの方に読んでもらうようにします。

お身体大切に、お仕事頑張ってくださいますように。
尊く、大変重要で意味のあるお仕事をされておられると思います。
Unknown (おっくん)
2011-03-27 14:47:10
twitter経由でブログを読ませていただきました。
被災地の厳しい現状、多くの人達の優しさ。
テレビやラジオからは知ることのできないことをここで知りました。今、自分ができること、これから考えていかなければならないことを改めて考えさせられました。
伝えてくれてありがとう。
涙が止まりません。 (コッコ)
2011-03-27 14:48:00
一気に読んでしまいました。
涙が止まりません。

ボクはいつも仕事で弱音を吐きそうになります。
でもこのブログを読んだら自分がどれだけくだらないことで悩んでいたのかを痛感しました。

もう悩みません。
辛いことでも頑張って生きていきます。
Unknown (さや)
2011-03-27 14:48:27
被災地での経験を共有してくださり、ありがとうございます。

名古屋にいますと、東京にいる以上に、震災の事が薄れて行くのが早いように感じます。東日本での出来事が、まるで外国の事のように遠く感じることがあるのです。

ずっとずっと、忘れないで、できることをしていきたいです。

伝えます (key5)
2011-03-27 14:48:48
本当の姿をこのブログで知ることができました。
テレビでは決して知ることの出来ないものでした。
読むのが恐くなるくらいだったので、現実は想像すらできない世界だと思います。

この現実を少しでも多くの人に伝えます。
今はそれしかいえません。
ありがとうございました (つきこ)
2011-03-27 14:56:36
はじめまして、たろさんのブログからきました。夜更けに一気に読みました。お勤め、本当にお疲れ様でした。

悩みながらも、命を張ってお仕事をし、そんな中で記録を残す貴方の姿と、ひとときの休息、凍える中、おヒゲのひとを想う気持ちと、幼稚園で朝、バイバイしたのが最期になってしまった母子と…沢山のシーンが浮かんで涙が止まりませんでした。

私は、あの大きなお月様の夜(19年ぶりに月が地球に最も接近した日ですよね)同じ空の下、祈ることしかできませんでした。
その後、ご家族に元気な姿を見せに行きましたか?
背中を押して下さったお母様も、余震もあり、さぞかし心配されたことでしょう。

滝沢さんもラジオで「ずっと見ているよ」と言ってくれました。
私達は決して、決して、忘れてはならないと思います。
貴重な情報をありがとうございます。 (ないる)
2011-03-27 15:01:27
尊敬します。
Unknown (シュナ飼い)
2011-03-27 15:03:13
ツイッターを通して、こちらを知りました。
お仕事お疲れ様でした。
数多くの遺体がそこかしこにある非日常的な時間は、本当に大変だったと推察します。でも現実なんですよね。
被災地の方々が、一日も早く、暖かい場所で暮らせるようになることを心から祈ります。
人のぬくもりが、一番の特効薬となりえることを改めて感じました。

関東に住む私たちはテレビを通じてしか現地の状況を知ることができず、あまりにも無惨な画像に、逆に現実として捉えることができずにいました。
地震前までは、車でも飛行機でも、すぐに遊びに行けるような場所だったのに、そんな近い場所で、現実に存在する世界に、自然の力の巨大さに、ただただ恐怖を感じている毎日です。
私にできることは、募金や寄付、署名、節電ぐらいしかありませんが、このブログを一人でも多くの方々に読んで頂き、現状を知って頂きたいと思いますので、リンク貼らせて頂きたいと思います。

くれぐれもご無理なさらずに、これからもご活躍下さい。
ありがとうございました。 お疲れさまでした。 (木村)
2011-03-27 15:08:26
ありがとうございました。
心から嗚咽したのは13年前、父が亡くなった時以来です。

命の尊さと、はかなさ。人の優しさと、強さ。微力、ちっぽけな自分。 本当にたくさんのことを感じ、学びました。 これからは逞しく、そして優しく生きて行きます。あなたのように。 

被災地で命そのものと向き合っている皆様が、その状況を乗り越える瞬間が一分、一秒でも早く来ることをお祈り申し上げます。 

頑張ります。 頑張っていきましょう。
ありがとうございました (あん)
2011-03-27 15:15:06
はじめまして。twitterから飛んできました。
一週間お疲れさまでした。
私は被災地で役に立つ知識.技術がないので、震災後どうしてよいかわからない気持ちでした。
このブログを読ませていただいて、
私も被災された方を忘れず長期的に一助となれたらと思います。
Unknown (japanphenix)
2011-03-27 15:18:09
東京は離れていたので、状況は映画見ている状況でした。
当日は東京・立川駅にいたのですが、皆で大きなスクリーンで固唾をのんでただ見守るしかありませんでした。
ただ今私がやるべきことは、悲しむことではなく今まで以上に明るく笑顔で毎日を送ることだと胸に刻みました。
ありがとうございます。 (koko)
2011-03-27 15:19:31
20歳で介護士として病院勤務をし「患者さんとお別れのときは泣いてはいけない」と言われた言葉 今やっと理解できた気がします。
悲しいんだから 泣いて何が悪いって若いわたしは思っていました。
いまだに続く 避難生活の中で沢山の人が助けあいながら乗り越えている現実をしっかり知り これからできる何かを 精一杯やっていこうと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 15:20:18
すごく伝わりました。
被災地のひとを助けてくださって本当にありがとう。
私も病気なので少しわかる気がします。
どれだけたくさんのひとが看護師さんの懸命さに元気をもらったことか。どれだけ近くにいてくれて安心できたことか。
あなたがみなさんのことを心から思うように被災地のみなさんもあなたの幸せをきっと願ってると思います。
伝えてくれてありがとう。
ありがとうございました。 (ヨッスィー)
2011-03-27 15:23:48
Twitter経由で読ませて頂きました。
本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
マスコミからでは知り得ない現実を知らせて頂いて、自らの生活を反省しました。私も自分に出来る支援は無いかをもう一度考えています。
ただただありがとうございます。
ありがとう☆ (あまぐり)
2011-03-27 15:27:58
伝えてくれて、ありがとう

たくさんの人を助けてくれて、ありがとう

避難所の方へあったかい笑顔を、ありがとう

ありがとう、ありがとう、ありがとう
本当にありがとうございました。 (龍也)
2011-03-27 15:28:11
初めまして。ツイッタ―からこちらへ来ました。

私も宮城県に住んでいますが、被災地とは言えないくらい被害はほとんどなかったので無事で生活出来ています。

沢山の被災者の方たちに元気を下さってありがとうございます。そして、お疲れさまでした。
私はこんなに近くに居るのに何一つ出来ることがありません。これからでも、自分が出来ることを何かしていきたいと思っています。

本当にありがとうございました。
ありがとうございました。 (coco)
2011-03-27 15:30:48
twitter経由で、ブログを拝見しました。
言葉がありません。
福岡で暮らす私は、あの日から変わらず、普通に暮らしていることに、改めて愕然としてしまいました。
私に、何ができるのか、わかりませんが、これからも、前向きに生きて、働いて、小さいながらも支援し続けていこうと思います。
本当にありがとうございました。
どうぞ、お身体を大切に。ご活躍をお祈りしています。
Unknown (すず)
2011-03-27 15:32:24
Twitter経由でお邪魔しました。
一気に読みました。
書いてくださって本当にありがとうございます。

今とてもいろんな思いが私の中で渦巻いています。
私はどうしたらいいんだろう?

落ち着いて考えてみます。
今ここでこのような形で生を与えられていることには意味があるはず。

最後になりましたが、これからのご活躍をお祈りしています。
忘れない。 (ゆーき)
2011-03-27 15:32:55
こんにちは。
Twitterからきました。

途中から涙がとまらなくなりました。
テレビでは伝わらない被災地の現実、
命、人生、
すごく伝わりました。
今回の地震のことは絶対に忘れではいけないことだと思います。

決して風化させてはならない。

そして被災地に真っ先に駆け付けた全国の医療チームの皆さんは素晴らしいと思います。
私も自分に出来ることで、復興の支えになれたらと思います。

ブログを書いてくださってありがとうございました。
お疲れさまでした。 (NarumoTakegaki)
2011-03-27 15:39:05
本当に、お疲れさまでした。
そして、現状をお伝えいただいたこと、感謝します。

ありがとう。

現地に行けず、また行ったとしても何も今のところできない自分が歯がゆいですが、
「自分で今できること」を考えながら過ごしたいと思います。

本当にありがとう。
Unknown (まゆ)
2011-03-27 15:39:59
Twitterから来ました。

本当にお疲れさまでした。
いろんな人が支援に向かっているのに、
なかなかその活動が充分に報道されず、
初めて知ったことがたくさんありました。

これからも復興に向かって出来ることがいっぱいあります。
どうかお体に気をつけて、皆で頑張りましょう!
消さないで下さいね (Unknown)
2011-03-27 15:40:14
ブログ拝読しました。

私にはこの文章(現実)を読ませてあげたい人がまだまだ沢山います。
ずっとこのブログが見れる状態にしておいて頂きたいと思います。

本当にご苦労さまでした。ありがとうございます。
感謝 (ヤンヨンヒ)
2011-03-27 15:43:51
生死と、命と直接向き合う過酷な状況の中での経験を文章に残しシェアして下さった事に感謝です。有り難うございました。少し休んで下さいね。
ごくろうさまでした (KEN)
2011-03-27 15:49:36
facebook経由でこちらに来ました。
テレビなどではわからない現実を
教えてくれてありがとうございます。
人間ってちっぽけなものですね。
私も精いっぱい生きようと改めて思いました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 15:49:55
初めまして。
友達からこちらを教えてもらいお邪魔しました。

読み初めはとても怖く、辛くなりました・・・
TVでしか知ることが無かった被災地の現実。
でも、最後まで一気に読みながら涙が止まりませんでした。
辛く悲しい涙、嬉しい涙。
被災地の現実を伝えて頂き、本当にありがとうございました
感謝 (☆千夏☆)
2011-03-27 15:56:23
ありがとうございました。
最後まで一気に読ませていただきました。

私が保育園を作る仕事をしています。今回、何人の子供たちが不安な日々を過ごしていると思うと心が委託なります。
今日より、明日・・・未来を希望と人を信じて。
私もできることを丁寧に積み重ねていきます。ともに頑張りましょう
ご苦労さまでした。 (ゆき)
2011-03-27 15:56:39
Twitterからきました。あなたのブログが読めて本当に良かったです。
私はもっと毎日を適当に過ごしているので、あなたが昨日より良くなった出来事1つ1つに喜びを見つけ、周りの人とそれを共有している光景に憧れと尊敬を抱きました。あなたの視点や受け止め方、考え方がとても優しく、自分に酔っている感じもしないし、こんな風に人助けができる人がいるんだな、と感動しました。
私は銀行員で、何も出来ない事に嫌気がさして転職を頭をかすめます。人に何ができるかを考えていきたいと思います。
何もできない私達の代わりに被災された皆様に医療と希望を与えてくださりありがとうございました。
ありがとうございます (ひとみ)
2011-03-27 15:58:43
はじめまして
twitterから来ました。

貴重なお話ありがとうございます。
私が泣いても仕方ないんですが でもやっぱり泣いてしまいました。

災害以来、被災された方々にちっぽけな募金以外何もできない自分に無力感を感じています。
そして静岡に住む自分には人ごとに思えず、いつかわが身 と恐怖も感じています。

細くても長い募金活動、きちんと働き普段通りお金を使うこと、落ち着いて生活すること、災害地のことを考え続けること、そして自分ができることをずっと考えて行きます。

この日記にたどり着けたことを感謝します。
ありがとうございます
twitterからきました (Unknown)
2011-03-27 15:59:03
なかなか報道規制の中でのテレビからの情報ではわからない被災地での現実を伝えていただき、ありがとうございます。
貴重なブログ、いろんな人に読んでもらいたくて紹介させてもらいますね。
ありがとうございます。 (桜子)
2011-03-27 16:01:15
ツイッターから参りました。
決して忘れてはいけないと、再度心に刻みました。

ブログをアップして下さって、本当にありがとうございました。

本当の被災地を知る事が出来ました。
ありがとう (小林)
2011-03-27 16:06:11
本当にありがとう。

ありがとう。。。
お疲れさまでした ありがとうございます (shizuku)
2011-03-27 16:09:03
過酷な任務、お疲れさまでした。
ブログ拝読し、被災地の過酷さが本当によくわかりました。あなたの視点で書いていただけたからこそ伝わったのだと思います。ありがとうございました。

瑠奈チャンがこの状況のなかで、お姉さんのようになりたい!と夢と希望を見いだしたこと、本当に感動しました。
ツイッターから。 (Unknown)
2011-03-27 16:11:10
同じ職業として感想をなんと言えば良いのか分からない想いです。

現地で医療を行うことの本当の意味を知った気がします。
私は今回の震災での被害は全くなく、いつもの場所でいつもの仕事を行っているだけで、本当に自分が情けないくらいです。
今後も自分への戒めとして、このブログ記事を事あるごとに読み返し、自分の目の前にいる患者さんと向き合い、この場所で行うべきことに邁進して行こうと思います。
改めて医療者としての心構えを教えていただいてありがとうございました。そして、お疲れ様でした。
今もいろいろな方のために働いてくださっている全ての方に心からの感謝を。
被災された方が一秒でも早く笑顔が戻りますように。
ありがとうございます (しょう)
2011-03-27 16:11:48
twitterからきました

このブログを読めてよかったです。
被災地の方に、頑張れなんて言えないです。
私頑張ります。
みんなで頑張らなきゃですね。

全部読ませていただきました。 (中国地方)
2011-03-27 16:15:56
ツイッターからたどり着きまして、すべて読ませていただきました。
TVやラジオでは伝わってこない現地の様子が伝わってきました。
ありがとうございました。
自分にできる何かを頑張ります。
Unknown (中村)
2011-03-27 16:17:43
お疲れ様でした。
私も12日から先日までイギリスメディアと取材で三陸沖に行って現状を見てきましたが、今までで一番苦しい体験でした。が、同じ意見で、現地の方々の思いを考慮すると、私のように後に東京に帰る者が泣いたりするのは失礼なんだ、と涙をこらえようとしましたが無理でした。私は日本のマスコミでは報道されていないことをツイキャスを通してご報告することくらいしか出来ませんでした。
医療行為や現地の救助活動されてる方々には本当に頭があがりません。この場をかりてお礼申し上げます。
素晴しいです! (Unknown)
2011-03-27 16:19:55
素晴しいです。
このブログをアップしてくださって、本当にありがとうございます!
拝読しながら「泣くもんか」と思いつつも涙が流れてしまいました。

被災にあわれた方や、現地に赴いている方のご苦労ははかりしれません。
それでも、都心で普通のOLでしかない自分にできることは「普通の生活をしながらきちんと仕事をして経済をまわしていくこと」しかありません。でもそれが被災地の皆さんや日本の為」だと考えていますのでこれからも常に皆さんのことを忘れずに自分も頑張っていきます。


素晴しいブログをありがとうございました。
是非紹介させて下さい。
感謝の気持ちでいっぱいです。 (りょうこ)
2011-03-27 16:31:00
Facebookから来ました。
ただただ、このことを私たちに伝えてくれてありがとうと言いたいです。

こんなに今の私たちにとって大切なことが詰まっていて、人の強さと温かさがこれほど伝わってくるブログを私は今まで読んだ事がありません。
他のみなさんと同様、涙が止まりませんでした。
そして、もう泣きません。
もっとたくさんの友人や家族に読んでもらおうと思います。

どうかこれからも、お体を大切に、看護士さんのお仕事を続けてください。

本当にありがとうございました。
看護師さん! (ひまわり)
2011-03-27 16:32:25
私はまさにこの看護師さんが来てくれた避難生活をしていました。携帯からこのブログを見ています。みんなに分かるようにとカンゴシってテープを張って仕事をしていたので絶対この看護師さんです!私のお母さんは家も何もかも失い絶望として倒れてしまったときにこの看護師さんがずっと点滴が終わるまですっごく忙しいのに何回も何回もみにきてくれて点滴が終わって避難所にもどったあともお母さんのところに来てくれて気に掛けてくれていたのです。すごく優しいのでお母さんも私も一生忘れないです。また高田にきてくださいね!仮設住宅もけっこうかたちになってきたのでびっくりすると思います。ひまわりのバッグをいつも持っていた陸前高田のMより
ありがとう (伊藤)
2011-03-27 16:34:31
男ですけど、涙が止まりません。何年も大泣きした事無いです。
だけど今は、涙がとまりません。全然止まりません。

本当に、本当にご苦労さまでした。
自分に何が出来るか、もう一度考えようと思います。

このブログに出会えた事、あなた様に巡りあえた事、感謝いたします。

被災者の皆さんは、もっと感謝されている事でしょう。
ありきたりですが、被災者の皆さん 生きて下さい。
ありがとうございました。
Unknown (ポコ・ア・ポコ)
2011-03-27 16:34:38
ありがとうございます。貴重な体験をシェアして頂いて感謝しています。遠くメキシコで、日本を安じながら、色んなことを考えさせられています。こんな事態を起こしてしまった事への憤りは、私も含めすべての人が抱え、これからの自分の在り方を問うているように思えます。これからどうしたら良いか、一つ分かったのは、一緒に乗り越えて行こうとする仲間への思いやりからだということでした。この体験談から、そう確信しました。ありがとう。同じ海外の方にも この記事シェアさせてください。
Unknown (わかな)
2011-03-27 16:38:40
心動かされました。
私とそんなに年は変わらないと思うんですが、あなたは本当に素晴らしい方だなと感じ尊敬しました。
人との接し方、物事の感じ方、伝え方、といったすべてがです。
また、あなたが関わってきた被災者の方々も強く優しく、間違いなく素晴らしい方々です。
今日、このブログを読んで感じたことを忘れずに生きていこうと思いました。
家族 (陽平)
2011-03-27 16:40:16
読ませていただきました。
読んでよかった!声を上げて泣いた。

みんなが家族、そう思えることってほんとに素晴しい。
そう思える人ってほんとに素晴しい。

みんな頑張ってる

心に響くあなたの行動、おおきな愛を感じます

ありがとう!!!
本当にありがとう。 (おばら)
2011-03-27 16:41:19
ツイッターから来ました!はじめまして。
6ヶ月になる娘をだきしめながら、読ませていただきました。涙が止まりません。
高田はいとこが住んでいました。家は全壊。でも、家族みんな無事でした。このブログを読んで、なんとか逃げてきた叔父の話とはまたちがう現実を知ることができました。
私は盛岡にいますが、いとこ一家の支援、少しの物資提供、募金、節電くらいしかできていません。
医療に携わる皆様の大変さはもちろん伝わってきましたが、強い憧れ、尊敬の気持ち…我が子が成長したら、この地震・津波、たくさんの命を救った職業の人たちがいたこと…必ず伝えたいと思います。
伝えてくれて本当にありがとうございます。心から尊敬します。
ありがとうございます (ゆう)
2011-03-27 16:45:01
私は岩手県内陸部に住んでいるこうこうせいです

岩手に来てくださってありがとうございました

本当にありがとうございます

いま、私たち高校生が立ち上がるときだと思っています

必ず復興させます

必ず岩手にきてくださいね

三陸の幸、暖かい人、岩手の自然が出迎えてくれるはずです

それでは、お体を大切に^^
ご苦労さまでした (Hiro)
2011-03-27 16:47:18
大変な仕事の中、
睡眠も取れない中、
貴重な被災地での思い出の記録。
 
ありがとうございました。
 
それと、
ご苦労さまでした。
本当にご苦労さまでした (ひぐ)
2011-03-27 16:54:36
ツイッターから参りました、貴女を心から尊敬致します。また、詳細にお伝え頂いた事、心から感謝致します。

本当に有難う、御疲れ様でした。
Unknown (evi)
2011-03-27 16:57:50
本当に、お疲れ様でした。
貴女様の、生身の人間として感じた事、行動が避難所の皆様に伝わり、勇気づけたと思います。
泣いたことや緊張した顔や笑顔すべてが強く印象に残って、これからもその方たちを支えてくれると思います。
本当に、尊い仕事をされていると思います。
どうかお身体に気をつけて。
ありがとうございました (まぼ)
2011-03-27 16:59:46
これまでテレビで映されてこなかった、想像を絶する状況に、ただただ言葉を失いました。
ライフラインの整った東京とのギャップに、衝撃に、厳しさに、暖かさに、もう涙が止まりませんでした。

貴重な体験を分けていただき、ありがとうございます。
こんなに心を揺さぶられた文章を読んだのは初めてです。
数十年たって、災害時の状況が非現実と感じるようになるまで、ずっとずっと頭に心に刻んでおきます。

尊いお仕事を、これからもお体に気をつけてがんばってくださいませ。
おつかれさまでした。 (もり きょうすけ)
2011-03-27 17:00:20
陸前高田と言えば、私が応援する鹿島アントラーズの主将、小笠原満男選手の奥さんのご実家のある街。。。

ありがとうございました。
おつかれさまでした。

そして、これからも、ステキでいてください。
ありがとうございます (ふげふげ)
2011-03-27 17:00:33
一気に全部読ませていただきました。

自分は名古屋に住んでいるのですが、
地震後もほとんどいつも通りの生活が続いており、
被災地がどうなっているかをニュースで見てても
現実感があまり持てずにいました。
貴重な体験を記して下さりありがとうございます。

読みながらいっぱいいっぱい涙が出ました。
今、僕に何ができるのかもう1度考えてみます。
こんにちは。 (まゆみ)
2011-03-27 17:07:13
疲れ様でしたね。
本当に大変だっただろうと思います。
身体的にも、精神的にも。
でも、この経験は、きっと貴女の未来を大きく羽ばたかせてくれるんでしょうね。
その未来は、被災された方々にもやって来る。
貴女の、そしてみんなの笑顔があってこその未来であってほしいですね。

私も看護師です。
中越沖地震の時に、現地の避難所へ支援にも行かせてもらったことがあります。
避難所を後にする時の後ろ髪を引かれるような何とも言えない気持は、今でも思い出されます。
今回は、東京の病院で、避難所や現地の病院から転院してきた患者さんの看護をさせてもらっています。
点滴や薬、手術や透析も必要だけど、やっぱりそこには心がなければいけない。
貴女の経験と想いを読んでいて、改めて感じました。
感じたら、行動せよ!ですね。

貴女は人の心に寄り添うことができる、良い看護師さんだと思います(一緒に働きたいくらい^^)。

どこにいたって、そこが貴女の現実です。
みんなどこかで、もがきながらも、精一杯現実を生きている。
今を大切に、前に進んで行ってください。

私もがんばります。

ありがとう。
twitterから (Unknown)
2011-03-27 17:07:36
こんにちは
一気に拝読させて頂きました

義捐金や物資でしか応援出来ませんが
いつも忘れずに思って 
事実の一部でもこうして知る事が
とても大切だと感じました

そして東北の皆さん本当に素晴らしいです
看護師さん 素敵なお仕事です

現地の方達が安心して眠れる日まで
こちらが頑張ります
ありがとう (jijiko)
2011-03-27 17:08:42
たくさん涙しながら、読みました。
私にできること、やっていこうと再確認しました。

カレンダーに3ヵ月後、半年後、1年後「被災地のためになにができるか」と書いておきます。長期戦です!!
ご苦労さまでした (けん)
2011-03-27 17:11:12
ツイッターから来ました。
テレビ等で報道されてきた状況より、はるかに悲惨さが伝わってきて、
もう何も言えませんでした。

貴女のおかげで、この地震の悲惨さを
より知ることが出来ました。
本当に、ありがとうございます。

お体に気をつけて、これからの仕事も
頑張ってください。
ありがとう (猫介)
2011-03-27 17:16:20
親戚が避難していた場所に行かれていたのではと思いコメント残しました。
親戚は避難所暮らしで毎日不安な日々を過ごしていますが医療スタッフには感謝してもしきれないと言っていました。足湯は親戚も入ったそうです。ありがとう。
ありがとうございます (ゆみ)
2011-03-27 17:16:26

Facebookで知り、読ませていただきました。
予想をはるかに超えた被災地の様子・・・
涙が溢れてきました。

震災後、自分に何ができるのだろうか・・・
自問自答する毎日。

ネットや映像で得る情報から
過酷な被災地を想像していたのですが、
本当に本当に辛く言葉を失ってしまいました。

貴重ともいえる体験をされ
ただただ、お礼を言いたくてコメントいたしました。

ありがとうございました。
ありがとうございました。 (hanayo)
2011-03-27 17:16:26
はじめまして。北海道の弟のお嫁さんからこのブログのことを知らせていただき、夢中になって読みました。
本当の現実が書かれてあることに、感動したと同時に自分の甘さも思い知りました。このブログを書いてくださったこと本当に本当にありがとうございました。
私は、今、絵本をいろんなところから集めています。被災地の子供たちに送りたいのです。いろんなサイトなどで絵本を支援しているところはないものかと探していますがまだ見当たりません。
もしよろしければで良いのですが、アドバイスなどをいただけると嬉しいです。
「泥のついたドラえもんの本・・・」のところでは、もう涙で読めなくなってしまいました。現在、50冊強の本が集まっています。

そして、本当に本当にありがとうございました。いろんな思いの中でご自身のできる精いっぱいをされたことが、文章や行間から伝わります。こんなに感動して感激したブログに会えたことに感謝します。
ありがとう。 (やませみ)
2011-03-27 17:17:00
ありがとうございました。
おつかれさまでした (みき)
2011-03-27 17:20:49
私は陸前高田市の隣市の出身です。
私の家も津波で流されましたが、家族は全員無事で知人宅でお世話になっています。
テレビで生まれ育った街を見るたびに涙し、現地の人の心情を思うことしかできません。
こちらのブログを拝見し、その何倍も何十倍もの出来事なんだと今更ながら感じました。
本当にありがとうございます。
ありがとうございました (かおり)
2011-03-27 17:21:24
本当にありがとうございました。

TVでは伝わらないこと。
心のこもった現地の生の情報。

何からの作為の混じった立場から発信された情報が多い中、本当の現地の方々の窮地を教えてくださってありがとうございました。

本当につらい立場の人には
「頑張って」なんて言えないことを確信しました。

東京に住んでいるふつうの子持ち主婦の私ですが、

今私にできることは、赤十字以外のしっかりしたもっと使い道のはっきりしたボランティア団体などの募金先を探すことかとボンヤリ考えています。

また

子どもたちを
この思いました。震災を忘れずに
思いやりのある、
便利さに溺れることなく文明ときちんと付き合っていける人間に育てることが
遠回りでも将来の復興に少しでも役立てることかと。

忘れてはいけない大事なこと。
届けてくださって、
本当にありがとうございました。
ありがとう (うさぎ)
2011-03-27 17:28:18
ありがとう
ありがとうございました (2ji)
2011-03-27 17:29:30
看護士さんでさえ無力さを感じる被災地に、本当の意味での素人の無力さを改めて気付かされました。
そして何もできないながらも何が出来るのかを考えなおす
とても良い機会を与えてくれた事に感謝します。
ありがとうございます。
ありがとうございました (まさ)
2011-03-27 17:33:40
Twitterから来て、読ませていただきました。

報道では知ることの出来ない現場の状況を教えていただきました。

被災された皆さんとの心のやり取りに、涙を抑えることができませんでした。
瑠奈ちゃんはじめ、避難されているすべての方に希望の未来が来ることを心から祈ります。

自分に出来ることを息長く続けていこうと思いました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。 (ハンナ)
2011-03-27 17:37:25
ありがとうございました。とりあえずその一言だけでも伝えたくて、、。ほんとうに感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございます (いち看護学生)
2011-03-27 17:38:27
偶然知ったブログで被災地の様子を知りました。
まだ医療のことは何もできないですが、この1年がんばって勉強しようと思いました。
人の役に立てる先輩方を誇りに思います。
貴重なお話をありがとうございました。
ありがとうございます。 (村川 瑞(みずき))
2011-03-27 17:38:39
ありがとうございます。
ありがとうございます。
そして、お疲れになられた事と思います。
暫くはお疲れを癒して下さい。
Twitterで復興応援短歌をツイートしていましたが、被災地の事を思うととても辛い気持ちです。今暫くはこれからの事を考えたいと思います。
この事を忘れないで優しい街造りに協力したいと思います。

ありがとうございます。
ありがとう (のりあき)
2011-03-27 17:39:15
ほんとにありがとうございました!
ありがとうございます (ちいこ)
2011-03-27 17:40:12
読んでいたら涙が止まりませんでした。
事実を知ることが、被災していない私の第一歩だと痛感しました。
テレビで見ていたのが報道規制下の情報だということさえ知りませんでした。
いろいろ思うのに、考えさせられたのに、言葉になりません。

この記事に出会えてよかったです。
ありがとうございます。
Unknown (nana)
2011-03-27 17:40:36
報道では知らない事ばかりの現実でした。
辛い思いも沢山されたかと思いますが、
貴方が現地に行かれた事で笑顔になった方も沢山居た事と思います。
どうも有難うございました。
ありがとうございます。 (仲本光一)
2011-03-27 17:41:47
すばらしいレポートありがとうございました。本当にお疲れさまでした。現場にかけつけることの出来ない医療者の一人として、せめてこのレポートを仲間たちに伝えたいと思います。
おつかれさまでした (you)
2011-03-27 17:46:53
報道では知らされない現実。
無我夢中で最後まで読んでしまいました。

ご自身のお仕事、現地でなさったことに
誇りを持ってください。

このようなことをみんなに伝えてくださって
ほんとうにありがとうございました。

ありがとうございました (mintsun157)
2011-03-27 17:52:38
ありがとうございました。そして、とりあえずお疲れ様でした。
実際はまだ、始まったばかりです。その道のりはまだ長く辛いものになるでしょう。しかし、一歩づつ、昨日より今日、今日より明日が良い日となるよう願ってやみません。
Unknown (なか)
2011-03-27 17:56:22
Twitterからたどって来ました。
貴重な現場の声を聞かせて下さってありがとうございます。

うまく言葉にできずはがゆいですが、本当にお疲れ様でした。
おつかれさまでした (さくや)
2011-03-27 17:56:54
はじめまして。
ツイッターからリンクを辿り、訪問させていただきました。
現地での医療支援、ここに綴られている以上に
体力・精神力ともども過酷なこともたくさんあったことと思います。
本当におつかれさまでした。

日常がどれだけ大事なものか、
思い・思われる人が居るのがどれだけ幸せなことか、
読みながら身につまされる思いでした。
3月11日と言う日を絶対に忘れず、
私も、私のできることを見つけていきます。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 17:57:39
途中で目が霞み、読みおわっても涙が止まりませんでした。

報道されない被災地の現実、人びとの温かさ、そして命の尊さ…貴方が見て感じてきた現実に、ただただ圧倒され、無力感を感じました。でも憂いてばかりでは、何も変わらない。

昨日より今日、今日より明日がいい日になることを願いながら、まずは、いまの私にできることをやってみます。

本当にありがとう
そしてお疲れさまでした。
ありがとうございます (ちばこ)
2011-03-27 17:58:11
Twitterからこちらのブログを知りました。私は千葉に住んでいる今年大学を卒業し、4月から社会人になる者です。

正直言って、3/11が来るまでこのような震災は他人事のように考えていました。でも、あの日たまたま東京にいて、たまたま帰宅難民になって、そしてたまたまこのご報告を拝見し、私の中の震災に対する意識が変わりました。帰宅難民と言ったって、たかが一日我慢してれば暖かい家に帰れる。ですが、それでも多くの知らない人たちと地下街でチラシやダンボールを敷いて夜を過ごすというのは不安でした。と、同時に、駅で入手出来るわずかな情報からですが被災地の現状を見て、あっちにいる人達はこの何十倍、何百倍、不安で辛くて悲しい思いをしているのだろうと胸が締め付けられました。変な言い方ですが、こんなちっぽけな体験ですが、経験出来て私にとってはいい薬だったのだとおもっています。それだけ、この、影響がとどまることを知らない震災は、リアリティを一瞬失う、信じ難いものだから。
そして、あなたの貴重なご報告読み、より一層この震災について考えるようになりました。メディアが報道しようがしまいが、被災地の方達は私たちと同じ時間を過ごしていること。違うのは、健康に生きて行く為の最低限以下の生活をしていること。

大学の卒業式は中止になりましたが、教授が授与式でこんなことを話しました。
「今すぐ、君たちが復興の為に出来る事なんて殆ど無い。まだ働いてもいない君たちの財布から無理矢理募金をするよりも、これから懸命に働いて、お金を稼いで、外に出て遊んで、経済を回すんだ。そして出来れば貯金をして何年後でもいい、復興した東北に旅行に行こう。ここにいる私達まで落ち込んで、閉じこもっていてもどうしようもないんだ。」
「遊ぶ」なんて今使うのは不謹慎かもしれません。でも、まだまだ力不足な学生上がりのひよっこな私達でもそれ以外に出来ることはこれからどんどん見つけて行きます。絶対に。遠くから涙ぐんでいても何にもならないと、改めて強く感じられました。あなたの日記を読んだからです。
生きて行く限り、この震災のことを忘れません。
お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。 (なかむら)
2011-03-27 18:00:50
全て読ませて頂きました。

読んでいて、涙をこらえるのに必死でした。

現場の皆様全てに頭が下がります。

そして、被災地の為にちっぽけですが、長く支援して行こうと決意できました。
何でもできることを… (Unknown)
2011-03-27 18:01:35
Twitter経由で知りました。
一気に読まさせていただきました。
何と言ったらよいか、浮かびませんが…、
残念ではありますが…、まだまだ長期戦だと思っています…。
何ができるか分からないところもありますが…、
少しでも、できることをいつまでもしていきたいと
あらためて思いました。

ご報告ありがとうございました…。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 18:04:01
このような場所を作って頂いて、本当にありがとうございます。

涙が溢れ、
また笑顔にもなりました。

あたたかい気持ちと、
自分の無力感、その両方が心を行ったり来たりしています。

現状を、自分の目を通してみたものを
伝えてくださって本当にありがとうございます。

とても考えさせられます。
そして、自分にも何かできることを!

考えるだけでなく、
一歩ずつでも行動にしていきます。

ありがとうございました。
Unknown (さきこ)
2011-03-27 18:07:55
はじめまして。
twitterから飛んで拝見させていただきました。
うまく言葉にできないのですが。。
ただ、忘れないことを。
半年経っても一年経っても報道が薄くなってきても積極的に忘れないでいようと強く思いました。
ありがとう (さゆり)
2011-03-27 18:12:17
東京では少し落ち着いてきて
TVも普通の放送に戻ってきて
日常に押し流されて
忘れてないつもりでも、
すこし忘れてきて
そんな今日、
ブログ、拝見しました

ショックでした
でもありがとう

自分ができること
あらためて
考える機会をもらいました
お疲れさまでした。 (パーシモン)
2011-03-27 18:13:31
Twitterから来て、一気に読みました。

テレビでも新聞でも報道されない、
貴重な記録と思います。

ありがとうございました。
ありがとうございます (ぷりっつ)
2011-03-27 18:14:11
ツイッター経由でお邪魔しました。途中、涙で中断しながらも一気に読ませて頂きました。本当に過酷な状況の中、これほどまでに素直に、そしてわかりやすく現場の様子を書き留めてくれた事に、ただただ頭が下がります。本当にありがとう、そしてひとまずお疲れ様と伝えたいです。これからの長期にわたる被災地支援のためにも、多くの方々に読んでほしいと思います。
試練 (かなこ)
2011-03-27 18:15:40
涙が止まらず読んでました。
自分には何ができる?無力さに愕然とさせられました。医療に携わってる方、自衛隊、消防、警察、被災地の為に身を削って働いてる方たちのこと、心からヒーローだと思います。この未曾有の災害は絶対に忘れてはいけない、日本に与えられた試練を日本国民みんなで乗り越えていかなければいけないと思いました。ありがとうございました!!
有難うございました。 (CHIYU)
2011-03-27 18:21:19
日記を読みながら涙を堪えるのに必死でした。



私も、精一杯何ができるかよく考えていきたいと思います。


偶然でもこのブログにたどり着けたことを感謝いたします。有難うございました。

どうかお身体に気をつけて。

皆の笑顔と、一秒でも早い復興を心より願います。
ありがとうございました (リリィ)
2011-03-27 18:21:35
伝えてくださって本当にありがとうございました

毎日毎日テレビで報道を見ていたし
東京でも日に何度か余震はあったけれど
自分の目で見ることはかなわないので
悪い夢でも見ているような どこかそんな気持ちもあり
でも…やはり どうしようもなく現実なんですね

報道を見て 被災地の方々に
気持ちを寄り添わせているつもりでも
全然 全然、甘かったです わかってなかったです
伝えていただいたことを読んでも
万分の一もわかってないのだろうと思います
もどかしいです それでも
伝えてくださってありがとうと言いたくて すみません
ありがとうございます。 (kuzu)
2011-03-27 18:25:34
家族を岩手の被災地に残しての単身赴任中の者です。

元看護師の家内が無事で、医師の手伝いをしていることは
ひとづてに聞いていたものの、直接連絡が無いことに
ちょっと苛々していました。

このブログを拝読して、家内の苦労と気持ちを
少しだけわかることができたような気がします。

交通手段の不便を理由に
駆けつけることに尻込みしている自分を奮い立たせ、
どうすべきか、もっと真剣に考えなければと思いました。

今度家内にあった時、優しく声をかけられればと思っています。
Unknown (きゃろん)
2011-03-27 18:27:19
ゴンちゃん、ありがとう!!
私も3月11日のことは、絶対に忘れません。

少々イヤなことがあっても、
この日記のこと、そして被災地の方々のことを思い出すようにして
乗り越えて行こうと思います。

日本にも、真に立派な方々が、たくさんいらっしゃるのですね!
私も頑張ろうと思います!
ブログに書いてくれてありがとう (しま)
2011-03-27 18:29:40
Twitterを通じて、このブログにたどりつきました。

ニュースでは絶対に放送されない現実。
私の会社の同僚は、津波にあいながらも、
生還をすることができました。
その時のことをmailをつうじてしった時、
あまりの壮絶な現実に言葉をうしないました。
そして、このブログを拝見して、
また言葉を失いました。
この現実、本当は広くみんながしらなきゃいけないんだと思います。
絶対に忘れちゃならないし、未来に繋げていかなきゃならない。

愛する家族といること、愛する人といること、電車に乗ること、蛇口を回せば水が出ること。
それらは、決して当たり前ではなく、とても幸せなことなんだと思います。

私ができることは、精一杯やりたい。
そして、前を向いて、みんなで手を取りながら復興の一助となっていきたい。

現実をおしえてくださり、ありがとう。
すこしでも、みんなにこのブログをよんでほしい。
Unknown (はなび)
2011-03-27 18:31:26
書いてくださり、ありがとうございました。
Twitter~こちらにたどり着き、一気に読みました。。
本当の現場の様子を知ることが出来、涙が止まりません。

私も微力ながら自分が出来ること、続けて行こうと思います。

近くに航空自衛隊の基地があり、毎日飛行機が飛んでいます。
物資が避難所隅々に届きますように。

ありがとうございます。 (きむらまさよ)
2011-03-27 18:32:28
おつらかったこと、教えてくださってありがとうございました。
専門知識のない私たちには出来ないこと、
医療支援の方々ならびに現地で活動されている方々には頭が下がります。
現地での活動本当にお疲れさまでした。

少しずつでも、ずっと募金をしようと思いました。
街ができたら、東北仲間の顔を見に旅行をしようと思いました。
強く思いました。

つらい状況の中でも、ゴンちゃんとか足湯とか、心和む出来事もあって・・・
みんな素敵です。
本当にありがとう。
m(__)m (SAWA)
2011-03-27 18:35:51
こうやって、書いて頂いてありがとうございます。
ありがとうございました (Y)
2011-03-27 18:36:15
ツイッター経由で友人から教えて貰いました
現地が今どのような状態であるか
何を必要としているか
そんな事をTVを通して見るだけで何も出来ない自分
実際の現地はTVで見たり聞いたりする事とは大違いで
ここのブログを見るまでは知り得ないことばかり
今の生活がどんだけ恵まれているか
本当に文句を言っていたらバチが当りますよね
これからは今の生活が出来ていることに感謝・大切にし
少しでも震災にあわれた方の助けとなるよう
一生懸命働いて、募金したいと思います!
本当に有難うございました
Unknown (Unknown)
2011-03-27 18:37:32
ツイッターからたどり着きました。

盛岡にいるのでまわりから被災地の情報は入っていますが実際に活動した方の意見や考えを読むことができて本当に良かったです。
私は薬剤師なので震災後、ボランティアに登録しました。医療の現実が見れて気が引き締まりました。

お疲れ様です。そしてありがとうございました。
お疲れ様でした。 (まり)
2011-03-27 18:41:10
Twitterからこのブログに行き当たりました。本当にお疲れ様です。そして、ありがとうございます。涙があふれて止まりませんでした。 海外在住者として、海外からの情報をお知らせするしか何もできない自分に比べ、現地で沢山の人たちを励まし、助けてあげられるなんて、本当になかなかできない事です。海外にいると、日本人と他の国の人との違いがよく分かるのですが、日本は、社会でも会社でも、トップの人たちは、何もしない、でも、高給や、地位があり、それでも会社や社会は回っている。実際に会社や社会は、底辺にいる薄給で地位も名誉も無い沢山の人々がまじめに一生懸命働いている事によって回っている。 とても変な国民性です。 ここスウェーデンや少なくとも西洋では、会社のトップや国のトップがまず指揮を執らなければ、底辺は動かないのに。あなた達のように、そして震災にあわれたり、原発の災害を受けたりしてた人々は、けなげに頑張っているのに、東電や国のトップはいったいどうしているのか。自分達の対外的名誉ばかり心配していて、恥ずかしくは無いのでしょうか。
本当にお疲れ様でした (Unknown)
2011-03-27 18:41:29
Twitterからたどり、全文読ませていただきました。

マスコミが伝えない壮絶な現場の状況に読んでいて涙が止まりません。

本当に大変な任務をありがとうございました。

私自身になにができるかわかりませんが、私も、あなたの様に被災者の方たちの一助になる何か、をやっていきたいと思います。

Unknown (ありがとう)
2011-03-27 18:43:12
読ませていただきました。
感謝でいっぱいです。
父の実家で、小さい頃からみてきた陸前高田。
亡くなった親戚、まだ見つからない親戚。
無事だった親戚。
たくさんの家族がいる高田の事が知れて良かったです。
そこにいてくれた救助や支援の人達の事が知れて本当に良かった。。
足湯に喜んだ地元の人達が目に浮かびます。
1日も早く、元気な高田に戻ってくれたら嬉しいです。
今生きている自分の幸せを当たり前で無く、噛みしめて生きて行きたいと思います。

本当にお疲れ様でした。
今はゆっくり体を休めて下さいね。
よく、伝わりました。 (abe)
2011-03-27 18:45:16
被災地の友人と電話で、話をしていますが、
大丈夫と言います。

大丈夫じゃないだろうに・・・と思っていましたが・・・

ブログで、現状が伝わってきました。
電話連絡をかかさないようにしたいと思います。
話を聞くだけしかできませんが・・。

お疲れ様でした。ありがとうございました。



ありがとぅ (渋谷のギャル)
2011-03-27 18:45:24
普段泣ぃたりしなぃのに泣きました。
当たり前って思っちゃだめだ。今日洋服買おうと思ったけど半分募金したよ。
あと私は冗談で「シネ!」とか「死にたぃ~」とよく言ってたケド、もぅ絶対絶対言わなぃ。大事なコト教えてくれてありがとぅ。
おつかれさまでした! (YAMA)
2011-03-27 18:45:52
最後まで読ませていただきました。
ほんとに貴重なお話をありがとうございます。
自分も泣くことは違うのかも知れませんが、涙がとまりませんでした。

自分にできることをひとつずつやりながら、東北へ行けるときには行ってみようとおもいます。

本当におつかれさまでした。
ありがとうございました。 (ami)
2011-03-27 18:46:50
私の母と弟もお世話になったとおもいます。
ほんとうにほんとうにありがとうございました。
よく、伝わりました。 (abe)
2011-03-27 18:48:02
被災地の友人と電話で、話をしていますが、
大丈夫と言います。

大丈夫じゃないだろうに・・・と思っていましたが・・・

ブログで、現状が伝わってきました。
電話連絡をかかさないようにしたいと思います。
話を聞くだけしかできませんが・・。

お疲れ様でした。ありがとうございました。



伝えてくださって心から感謝します。。。 (希望の光)
2011-03-27 18:49:04
貴重なお話を教えて頂きまして、本当に有難うございました。。。
きっと、この内容以上の言葉ではあらわせないような惨状のなか、私達に理解できるように
言葉をえらびながら、伝えてくださった事に
心から感謝します。。。
より多くの人々にこの事実を伝えようとしてくださった事に本当にありがとうという気持ちでいっぱいです。。。
私もブログをやらせてもらってるので、
女の子の話とか今後もこのことを風化させないように微力ですが伝えさせて頂けたらと思います。。。

どうぞ次の支援活動が始まるまで心も身体も十分に休まれますように。。。

ありがとうございました (ぬこ)
2011-03-27 18:49:31
過酷な状況下で、色々なことを見て感じて体験されたのですね。現地で何かしたいと思いながらもそんな職業でもなく知識もなく、本当にもどかしい思いですが、専門の方々にお任せして祈るより他になく。

ありがとう。他に言葉が浮かびません。
私も出来ることを頑張ります。

Unknown (ねす)
2011-03-27 18:50:41
ありがとうございました。
お疲れ様でした。 (ムラカミ)
2011-03-27 18:50:55
私も看護師で4月に医療支援のために石巻市の鹿妻小学校に行きます。
ちょっと、どんなんかなぁ~って、感じでしたが、ここの書き込みよまさせて頂いて、イメージが具体化され、覚悟が決まりました。
私の出来ることを出来るだけ精一杯してこようと思います。

あと、璃奈ちゃんはきっと、一時的でも楽しかったと思いますよ。別れるのは寂しかったでしょうが、きっと、心の残っていると思いますよ。

ありがとうございました。
日本のナイチンゲールに敬服 (井生俊介)
2011-03-27 18:51:24
壮絶な体験と圧倒的な連帯が、綴られてブログに立ちすくみました。日本にナイチンゲールが再臨したようなブログ。昨今これほどのブログを拝見したことはございません。
ありがとう。 (ワッツ)
2011-03-27 18:52:02
ほんとにありがとう。
Unknown (ちしゅー)
2011-03-27 18:52:31
ありがとうございます。Twitter経由で読ませていただきました。知らないことだらけでした。書いてくれて・知らせてくれてありがとう。
お疲れ様でした (ユキ)
2011-03-27 18:53:00
ブログ拝見しました。
まずは医療支援、お疲れ様でした。

現地の悲惨な状況、想像を絶します。

復興には長い時間がかかると思いますが、自分にできることを一つずつでも、やっていけたらと思います。

また、最近は普段の生活のありがたさをしみじみと感じる毎日です。

ブログを書いていただいてありがとうございました。
ありがとうございました。 (さちのすけ)
2011-03-27 18:54:13
 Twitter経由で拝見させていただきました。

貴重な記録を読ませていただきました。
なかなか伝わらない被災地の現状と惨状。
想像をはるかに超えたものなのでしょうね・・・
頑張って!なんて軽はずみには言えませんよね。

私の勤める会社では、エアコンの設定温度を全フロアで下げ、フロアの無駄な電気は消し、なるべく残業をしないよにして節電しています。
少しでも被災地の方に電力が行けば!とは思っていましたが、実際に届いているのかどうか不安でした。
些細なことですが、役に立っていると知り、今後も上着を一枚増やして頑張ろう!という気になりました。

私の出来ることは小さいですが、無駄な買占めはしない、節電、出来る限りの義捐金への協力をこれからもしていこうと思いました。
ツイッターからです (ami)
2011-03-27 18:56:30
まずは、お疲れ様でした。
涙がとまりません。
何をコメントしたいのかわかりませんが、壮絶なことが現実に起きていて…。生き残った人は死ぬほど辛くて…。人の強さや…ぬくもり…優しさ。。。リアルに改めて感じました。
私は27歳です。小学生の娘が2人。
「…お母さんは瑠奈チャンが大事にしていたお人形や絵本の入ったリュックを抱えて亡くなっていたそうです。」号泣しました。何万人がなくなりました!じゃないですよねホント。一人一人に物語があって、一人ひとりがまだ、乗り越えていかないといけない課題だらけで…乗り越えていく最中なんですよね。。。
あなた様は、すさまじい現場を任され、この事実嘘みたいな現実を目の当たりにしたんですよね。今後、みんなに、家族に、将来生まれてくる子供に、孫に…語り継いでいかなければならない義務ができたと思います。。。
テレビニュースでは知りえないリアルなお話を、涙ながら苦しみながらにしていただきありがとうございました!まだまだ元の日本には戻りませんが、もうすでに日本の心は進化したでしょうね。

ありがとうございました。 (TARO)
2011-03-27 19:01:17
現場の状況を教えてくださりありがとうございました。被災地に行っていただきありがとうございました。募金程度で日常生活を続けている者ですが感謝の気持ちで一杯です。
早く東北のみんなが立ち直れますように。。。
おつかれさまでございました。 (や)
2011-03-27 19:01:37
壮絶な現場での壮絶なお仕事、おつかれさまでございました。
感謝と尊敬の念でいっぱいです。
みなみなさまに明るい未来があることを祈ります。
ありがとうございます。 (いちこ)
2011-03-27 19:03:20
ツイッター経由で拝見しました。

私は陸前高田市出身です。
震災が起きた時、私は仙台にいて、未だに地元の為に何も出来ていません。

家も、母校も、大切な人達もなくしました。
まだ見つからない人達もいます。
何も出来ない自分が情けなくて仕方ないです。

ブログを拝見しながら、涙が出ました。
私の故郷の皆を助けてくれてありがとうございます。
本当に感謝します。
本当に本当にありがとうございます。
きれいな海を、きれいな松原を、見て欲しかったです。
悲しいだけの場所ではなく、海と共に生きてきた高田の人達を見せてあげたかったです。

またいつか、落ち着いたら高田に来てください。
来て頂くまでに私も地元の為に出来る限りのことをします。
今まさに頑張っている地元の皆の代わりに、出身者の私達が今度は頑張ります。
だから、またどうか高田に来て、皆が笑っている所を見て下さい。
ありがとうございました (たか)
2011-03-27 19:06:58
読み続けるにつけ,涙が止まりませんでした。
貴重な体験のUPありがとうございました。
ありがとうございました。 (ユミ)
2011-03-27 19:09:37
ツイッターより来ました。記事をアップしてくださったこと、大変感謝します。
現実をありのまま書くことも被災者のことを思い辛かったのでは無いかと思います。
ゆっくり休まれてまたお仕事に励まれること、皆に笑顔と優しい心を伝えて行かれることを応援しています。
あなたの記事に出会えたことを幸運と思います。お疲れ様でした。ありがとうございました。
心を揺すぶられました (Nonno)
2011-03-27 19:16:02
貴重な記録を読ませていただき、ありがとうございました。

もっと沢山の人に知らせたいです。
もちろん悲惨な映像や事実を連日無選別に流す弊害はわかっているので
マスコミが今報道する情報が限られているのは理解しているのですが、この現実は・・・
少なくとも、日本に住む大人達は全員この事実を知るべきだと思いますし、
完全に理解できないとしても、何の罪もない被災地の人達が今も
ずっと困難な立場に置かれていること、それが
もしかしたら自分だったかも知れないという想像力だけは働かせて
これからの自分の行動を考えていく必要があると思います。

そして忘れないこと、大事ですね。

私は老人ホームでの仕事をしながら毎日高齢者に接していますが、
専門知識のない事務職なので、あなたのように具体的な援助ができたら、と
とても残念に思いました。

でも、今目の前にいる方々が同じような災害にあったら、自分の力で
できることは何か、を考えて対応したいと思います。

首都圏にも大きな地震はきっとやってくる、と私は思っています。
その日に向けてのカウントダウンはすでに始まっていて、
今回の東北を中心とした地震はその前触れだと思うのです。
あなたが書いておられたように、東京で同じ災害が起こった時、
人々は同じように助け合って復興できるのか?
こらからの課題を与えてくださって、ありがとうございました。
Unknown (さいちょう)
2011-03-27 19:17:28
現場の様子を知らせてくれてありがとうございます

被災していない私たちが
もっとシッカリしなくちゃいけないと思いました
ありがとうございました。 (yastro)
2011-03-27 19:18:27
被災地での救護活動お疲れさまでした。
また、このような記録を記して下さってありがとうございます。
私も一気に読ませていただきました。
たまたま現地に居た人からその惨劇を聞かされていて、まさに「地獄」だったそうです。

そんな中での活動、聞いただけでもさぞ壮絶だったことと思います。

震災直後から、自分には何ができるのかずっと考えてきました。

それまで色んな事で悩んでいた事も忘れていました。
今は、自分がやるべき事とできる事を精一杯やる覚悟です。

そして、いつか直接現地の復興に係わるような機会に巡り合ったら、全力で取り組みたいと思わせていただきました。

ありがとうございました!
Unknown (蓮川)
2011-03-27 19:19:14
本当にお疲れ様でした。あなたの頑張りに涙が出そうでした。
自分は仙台で被災しましたが、避難所には行かず、親戚の家を転々としました。車の中で夜を過ごした事もありますが、避難所と比べると恵まれた方です、被災地の外から被災地へ何かをしに来る人が沢山いるのに、被災地にいて何も出来ない、しない自分に腹が立ちました。
あなたの文章を見て、自分も何かしなくてはと思いました、そう思わせてくれて、現場の状況を伝えてくれて本当にありがとうございます。
勝手な文章ですが、感動した気持ちを伝えたかったのです。
自分のためにゆっくり休んでください。
Unknown (マイママ)
2011-03-27 19:19:51
ともさんお疲れ様でした。きっと私達には解りえないくらいの思いを体験された事でしょう。そして言葉にするのも難しいなかでの更新ありがとうございました。絶対に忘れません!
お疲れ様でした。 (yama)
2011-03-27 19:23:04
経験された事をこのような形で残してくださって感謝します。私もこのブログを読めた事で改めて自分に何が出来るか見つめ直そうと思います。ご苦労様でした。
はじめまして。 (まりも)
2011-03-27 19:24:46
友達のmixiツイートから入り読ませていただきました。
私は東京でスーツを売っています。
震災で被災している人が数えきれないほどいる中、買い占めをし、計画停電に文句をいい、情報にいちいち過敏に反応して騒いでいる東京にいることが恥ずかしくて情けなくて悔しくて、でもなにもできない自分に毎日泣いていました。
スーツを売るという自分の仕事にも、被災地が想像を絶する状況の中、BGMを付けて電気を付けて、スーツを買うほどのお金がある人に対応をすることに激しく疑問を感じ、これを続ける自分の会社にも嫌気さえ抱きました。
でも、ここで被災していないところまで営業をやめてしまったら、経済が回らなくなり日本全体が恐慌に陥ってしまうのだとネットで知りました。もどかしいけど私がスーツを売る事で間接的でも、これからの被災地に、日本にとって意味のある事なら頑張ろうと、毎日仕事を頑張っています。
あなたの笑顔に、みんなを助けたいという気持ちに、被災地の方はどれだけ元気をもらったでしょう。看護師のお仕事、私ではできない素敵な仕事。これからも多くの方に笑顔と希望を。本当にありがとうございました。
ありがとう (日下部諭紀)
2011-03-27 19:34:51
あなたがいてくれて本当に良かった。
一人の人間の力の大きさを知りました。
本当にどうもありがとう。
全部読ませていただきました (めちょん)
2011-03-27 19:36:36
やっぱりTVでは全然伝えきれてないんだ…と、ブログを読んで実感しました。あなたのこういった生の声を日本中に届けたい…。風化させてはいけない…(T-T)
同じ日本にいて別な国の話のように現実味のない毎日(私は北海道)。
こんなんじゃいけない!
私も自分にできることをやっていきます(*>▽<)
ありがとう
お疲れ様でした。 (のり)
2011-03-27 19:39:00
壮絶な記録・貴重な記録を読ませていただき胸が張り裂けそうになりました。

私もNurseです。

読みながら涙がとまりませんでした。
…想いも言葉になりません。

でもお疲れ様と伝えてくれてありがとうございますを伝えたくて。

本当にお疲れ様でした。
被災地の現状を伝えていただき、ありがとうございました。



お疲れ様でした (いなウサ)
2011-03-27 19:43:41
被災地への災害派遣、お疲れ様でした。
私自身もナースで災害支援ナースで、被災地への派遣を希望していましたが、勤務先の都合で行けなくなりました。
大変貴重な経験をこうして教えていただけ、これから先、長期戦になるであろう復興の中の災害医療を少しでもお手伝いできればと再度思いました。
ありがとうございました。 (NAMIKO)
2011-03-27 19:44:54
経験を伝えてくれてありがとうございました。

自分に何が出来るか、これからも考えていきたいと思います。

本当にお疲れ様でした。
お疲れ様でした (Kana)
2011-03-27 19:45:39
本当に貴重な記録、ありがとうございました。
私は今オーストラリア、メルボルンに住んでいます。今回のニュースはテレビで見ただけ。

話だけでも、映像だけでも気分が悪くなるほど、今回の震災はショックでした。

これを読んで報道されない事実が分かってよかったです。

今こちらでも3日に1度はどこかでチャリティイベントが行われており、私個人も参加し、また海外からの救援物資を受け付けてくれるところを探し、送り始めています。
できることは何でもしようと思っています。

この震災が忘れられないように、ずっといろんな形でここでイベントしたり、支援できたらなぁと思っています。
Unknown (かぁこ)
2011-03-27 19:47:32
本当にお疲れ様でした


この日記を書いてくださってありがとうございます!

そしてこの日記を読めてうれしくおもいます


Unknown (N)
2011-03-27 19:48:50
ありがとうございます。
今でもまだ同じ日本のことだと信じられない自分がいます。でも現実なのですよね。
僕には看護の知識もなく、看護士として現地に行くことはできません。
地元で自分に出来ることを考え、小さい力ですがやっていこうと思います。
必ず復興できると信じていますし、復興のための1つの力になりたいです。
現地のこと、伝えていただきありがとうございました。
ご自身のお体にも気をつけて下さいね。
ありがとうございます (ムッチ)
2011-03-27 19:49:11
報道だけではわからない実情がわかりました。

貴重な記録をありがとうございます。

私も何かできることはないかと日々考えています。
私のブログでもここを紹介させてください。
ありがとう。 (くらげ)
2011-03-27 19:56:05
私も看護師をしています。
来月から、「心のケア」として陸前高田に行く予定になっています。

最前線とは知りつつ具体的イメージは浮かびませんでしたが、こちらを読ませていただき、覚悟を新たにする思いです。

あなたがメンタルケアの必要性を書いていてくれて嬉しく思います。
精神科看護師として、メンタルケアのお手伝いが出来るよう頑張ります。

あなたのような同志がいたこと、誇りに思います。
私も頑張ります。ありがとう。
お疲れさまでした (hitomi)
2011-03-27 20:00:02
医療支援おつかれさまでした
言葉もありません

看護師は患者の前で 泣いてはだめと言われるけれど
でもこの状況では わたしも涙を止めることは出来ないかもしてません


震災直後 私の勤務する病院も救命センターから数名のスタッフが派遣に出かけました。「大変だったよ」と言うだけで 多くを語らないので詳細はわかりませんでしたが 
このブログで現地がどのような状態になっているのか よくわかりました。
震災後、東北出身のスタッフはすぐにでも 実家に帰りたいようでしたが、今回正式に 定期的に被災地への派遣がきまり 派遣の希望を出している人が多くいるようです。
26日第1陣が出発しました。行き先は岩手県の大船渡です。そこを拠点に巡回するそうです。


帰省中 街が津波にのまれ からがら戻ってきた同僚は、原発の問題も重なり 不安定な精神状態で毎日を過ごしています。
彼女の心のケアも必要です
病院に残っている私たちに何ができるのでしょうか?
考えさせられるブログでした。

本当にお疲れさでした

ありがとうございました (erina)
2011-03-27 20:00:19
報道では伝えることがない現場の実態を知り、言葉を失い、涙が止まりませんでした。 そして現場で救助や復旧に必死であたっている方々に、改めて心から感謝の気持ちを送りたいと思いました。自分に出来ることをもう一度考えて、そして絶対に行動に移していこうと思います。
一人でも多くの方に知って頂きたいという思いから、私のブログでも紹介をさせて頂くことにしました。

Unknown (mon)
2011-03-27 20:02:56
現実を教えてくださり、ありがとうございました。
今後、自分のできることを、きっちり考えます。
この記録を残してくださったことに、心から感謝いたします。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 20:04:03
Twitterからお邪魔しました。丁寧なレポート、拝読致しました。感想は、他の皆様が書かれていらっしゃるものとほとんど同じですので割愛しますが、あなたご自身が無事戻られて何よりでした。ご家族も心配されたことでしょう。お疲れ様でございました。
お疲れ様でした (沙織)
2011-03-27 20:04:19
はじめまして。
Twitterでこちらのblogを知りました。
被災地へ行くことが決まってからの記事を、泣きながら一気に読みました。


とてもとても大変だったと思いますが、貴女のようにお仕事をなさる看護士さんがいらしたことは、
陸前高田の方にとって、とても救いになったのではないかと思います。
そして、東京にいる私にとっても、
とても考えさせられる、いいきっかけをくださって、本当にありがとうございました。

ゆっくりお休みになって、これからもお仕事を頑張ってください。
ありがとうございました (Angelique.S)
2011-03-27 20:04:54
Facebookからこちらにたどりつきました。Newsを見ていても、きっと報道規制などにより、本当に残酷な現状は映しきれてないのだろうなと感じていました。今ボランティアも応募数がかなり多いと聞いてますが、熱意をKeepして長くサポートを続けることこそ今後重要になっていくのかなと感じました。私は医療などのSpecial skillは持っていませんが、できることで長く支援に参加する方法を考えてみようと思いました。どうもありがとうございました。
心から、ありがとうございます (きちきち)
2011-03-27 20:06:11
自分はどうすることもできないのは分かっているのですが、怖くて、くやしくて辛い日々です。
行き場のない私の家族、親族、友人のいる地に行って助けの手をさしのべてくれたあなたに心からの感謝を。
ありがとうございます。
ありがとうございました (夕陽)
2011-03-27 20:08:17
陸前高田出身者です。昨日陸前高田に帰ってきました。

ニュースを見ていたし、先に高田に行っていた親戚からも聞いてはいたのですが、想像していた以上に町にあったのは過去形ばかりでした。

橋があった場所、線路がだった場所、学校だった筈の建物、病院だった筈のコンクリートの塊、堤防があった場所からは海が見え、松林が続いていた海岸線には松の木が1本だけしか残っていませんでした。その松の木も川のはるか上流で横たわっていました。

実家があった場所にも行って来ましたが本当に跡形もなくなっていて、しばらく呆然と立ち尽くしてしまいました。何もかもなくなってしまっていて、見た事のない町に紛れ込んでしまったのかと思ってしまった程でした。

でもみんな元気でした。みんないつまでも泣いていられないと、笑って前に進もうとしていました。町には過去形しかなかったけれど、人々の心の中にはしっかりと未来形の意思が宿っていました。まだ今は現実として受け入れていないところもあって、時間はたくさんたくさん掛かるのだと思うのですが、それでも前を向いて歩いていました。

高田市内に入ると自衛隊車両とすれ違うようになり、瓦礫が見えてきたあたりでは埼玉ナンバーの消防車が駐車場に並んでいました。対策本部近くにある兄の家の周辺には湘南ナンバーのDoCoMo移動基地車両が、広場にはなにわナンバーや天理・宇治ナンバーの給水車が寒い中給水活動をして下さっていました。

そしてこうして名乗らず現地の報告をして下さっている看護士さんのお陰で、高田の町は少しずつ前に進んでいるのだと、本当に本当に感謝しています。

私は高田を離れて神奈川に住んでいますが、今朝高速バスで降り立った東京の街と、前日に見た高田の町が同じ日本にあるとは思えなくて、どっちの自分が本当なのか分からなくて、昨日見たふるさとの変わり果てた町は夢の中の出来事なんじゃないかって思ったりして、少し混乱したりしていました。

昨日は兄の家に避難している家族を訪ねたのですが、水が出ていなくて水のありがたさが分かりました。新聞で知らされる犠牲者の方の名前に知り合いを見つけては、こうして家族で食卓を囲めるという事は当たり前の事ではないのだと思ったりしました。

当たり前の事は当たり前の事ではないのですよね。たくさんの偶然が重なって得られている幸せなのですよね。このブログを読んで改めてそんな事を思ったりしています。

名乗らぬ看護士さん、本当に本当にありがとうございました。高田の町が名乗らぬ看護士さんやたくさんの素敵な医療チームの方に診て頂いて、本当に嬉しかったです。

東京の街も余震が続いており、計画停電による混乱も続いていて、高田の町と状況は違えど落ち着かない日々をお過ごしの事かと思いますが、少しでも体を休めて頂けたらと思います。そして元気になってまた誰かの顔に笑顔を思い出させてくれる力を養って欲しいと願っています。

本当に本当にありがとうございました!
Unknown (al_lazward)
2011-03-27 20:10:18
現在看護学科に籍を置いている大学生です。まだ技術も知識も経験も資格さえも無く、出来ることなんて殆ど無いと冷静に達観していたつもりでしたが、ブログを読ませて頂いて、本当は今動けない自分にどうしようもなく腹を立てていたことに気づきました。
私が将来看護師になっても、出来ることより出来ない事のほうが多いと思うのかもしれませんが、ここで感じた無力感と、動きたいと思ったこの気持ちは、未来まできちんと持って行きたいと思います。
ここに書いたことを書き残したいと思ってくれたこと、そして実際に書いて残して、私に触れさせてくれたこと、本当にありがとうございます。
ありがとうございました (mi)
2011-03-27 20:10:45
いつのまにか
テレビや新聞からの情報がすべてだと錯覚していたように思います。
大切なことを思い出させていただきました。
たくさんの方に読んでいただきたいと思います。
Unknown (りゅうか)
2011-03-27 20:11:50
お疲れ様でした。

私も被災者ですが、災害指定医療病院で勤務しています。
この未曾有の災害で数々の患者さんが転送され、自分のふがいなさに毎日うちのめされて、泣きながら業務しました。
プロではないとも言われました。でも、それでもいいと思います。筆者さんが泣いたようにプロであるまえに人でありたいと思いました。

でも本当の勝負はこれからで、私も含めて長い時間災害当初の情熱をもっていきたいとおもいます。

(自分の日記に紹介させていただきました)

私も筆者さまと同じ医療者としてがんばります。
貴重なお話しありがとうございます (ゆう)
2011-03-27 20:15:55
読みながら涙が止まりませんでした。
以前から災害医療に関心があり、ニュースやテレビではわからない現地の様子を聞け、私も今すぐにでも飛んでいきたいと感じました。でも現実的には今は無理で気持ちだけが焦りを感じています。
あなたのブログを読み、災害支援ナースが増え、現地の人達の命がひとりでも多く救われるますよう祈りつつ、私にできる精一杯の努力をしていきます。
ありがとうございます (おさむ)
2011-03-27 20:17:12
twitter経由で知り読ませて頂きました。

3/11のこと、そしてカンゴンさんの体験は
日本人すべてが忘れてはならないことだと
思いました。

カンゴンさんも体に気をつけて下さい。
本当にありがとうございました。

ありがとうございます (aimi)
2011-03-27 20:17:19
知人からブログを教えて頂き内容を読ませて頂きました。私も看護師です。現状をお聞きして、被災地の皆様の状況をそこから離れたところに住んでいる所では差があることをつくづく感じました。私も看護師として、一人の日本人として何ができるのかと考えさせられます。少しづつですが、募金をしたり電気の無駄遣いをしないようにしています。被災地の子供やご老人、ご家族をなくした方々の心の暖かさ、強さ、優しさを感じました。
被災地の方が早くご自分の温かい環境で過ごせるようにお祈りをしています。これから仮設住宅等に入り、一人になったとき、被災地の方たちはなにを考えるのだろうと思います。孤独を感じる方も多いと思います。今のこの状況を乗り越えたあとに心の支えになれるような何かができたらと思います。お話されていたように、募金と私もお金をためて今起きたことを忘れず、東北に何かを還元できるように私なりにできることをしていきたいです。私日本人でよかったと思っていますし、誇りに思っています。被災で亡くなった方たちが今まで日本を作ってきて下さったことに心から感謝をします。これからは私たちがみんなで力を合わせ、日本を立て直していきたいです。頑張れ、日本、頑張れ日本人。
本当にご苦労様でした。状況をみんなに共有して下さったこと、とても感謝しています。ありがとうございました。
ありがとうございます。 (きらら)
2011-03-27 20:17:56
ありがとうございます。
感謝です。

それぐらいしか出てきません。

思い出しながら書かれたのですからまた涙を流されたかと思います。
でも書いていただいてありがとうございます。

医療の現場は相変わらずきついことだらけかと思いますが、元気に働いていけるよう祈ってます。
Unknown (Yoko)
2011-03-27 20:18:47
ほんとうに、これを読めて良かった。情報を知ることができて良かったです。
自分ができること、やりたいと思います。これから先も。
こんなに深く印象を残したブログの文章にはいままで辿りつかなかった。
ありがとうございました。
ありがとうございます!!! (りみころ)
2011-03-27 20:20:54
初めまして

被災地での過酷な応援の日々本当にお疲れさまでした。

どれだけの方が助けられ 励まされ 心から感謝されたことでしょう。

テレビの報道では分からない
現地の緊迫して命の差し迫った実情が
とてもよく伝わりました。

そして感じた気持ちを飾らず 正直に伝えていただいたことで
とても心の機微が伝わってきました。
ありがとうございます。

私にできることは何があるだろう?
3.11以降考えています。
現地の状況を正確に知ることで
出来ることが見えてくると思います。

貴重なレポートと献身的な心のこもったご活躍
本当にありがとうございます。

ありがとうございます (八ヶ岳)
2011-03-27 20:26:29
ありがとうございます。ありがとうございます。ありがとうございます。他の言葉がありません。人の書いた文章に泣くなんて考えられなかった私の目から、涙があふれて止まりません。泣いてる場合じゃないですね。もう一回繰り返させてください、それから私のできることをやります。ありがとうございました。ありがとうございました。ありがとうございました。
ありがとうございます (きな)
2011-03-27 20:29:34
「自分の出来ることは微力」と書いていましたが
とんでもないです。あの陸前高田の惨状、ここ沖縄でもニュースで拝見して、胸がつぶれる想いでした。
そこでこんなにも暖かい心をもって命と闘った看護師さんがいらっしゃったことを、嬉しく、心強く思います。
私もうつとPTSDで一人暮らしで家からあまり出られない生活をしています。
「沖縄は地震も津波も停電もなくていいね」
そんな言葉が突き刺さります。
私も、味噌おにぎりだけで1週間やり過ごす時もあります。でも、それが出来るのは、電気もガスも水道も通っているから・・・。
だけど、たった一人であまり友人もいない移住先の沖縄で寝込んだり入院したりの心細さを知ってますので、避難所の方々の不安や心細さはいかばかりかと思います。
私も、自分の経験を生かして、DV被害に遭ったかたや、単身者で頼る人がいない人のメンタルサポートをしたいと考えています。
それには先ず、自分を救わなくてはならなくて、道は長いですが、被災者の方の道も長いと思います。一人の力は微力ですが、誰か一人でも支えになってあげられたら、西日本と東日本で1対1
。日本人みんな助け合えるんじゃないかと信じています!

貴重な体験、ありがとうございます。
今後の活動でもお体大切にしてください。
twitter @akubikinako
はじめまして (みぐ)
2011-03-27 20:29:41
ありがとうございました

私は東北の沿岸部に住んでますが
やはり津波の被害にあった地域に住んでいます

とてもとても小さい町です。
高齢者が多い町ですし
数少ない医療機関も震災の影響で閉まっています。

それでも応援に来てくださった医療スタッフの皆様
本当にありがとうございます。

貴女の様な方が居てくださるから
この町はがんばれます。

本当にありがとうございます。
感謝してもしたりないほどです。

ありがとう
お疲れ様でした! (Hope)
2011-03-27 20:30:15
被災地での過酷なお仕事、お疲れ様でした。
現地の人達も、感謝してくれていると思います。

TVでは報道出来ない酷過ぎる事実は、たくさんあるだろうとは思っていましたが...
ブログを読んで、想像以上の現実に驚きました!

本当に、お疲れ様でした。

被災地でない場所に住んでいる人達は、早く普段通りに生活するようにしないと、過度な自粛モードが長く続いてしまうと、日本は大不況になってしまいます。
被災地の人達の事も考えながら、自分に出来ることをやっていきたいと思います。
Unknown (ぴょん)
2011-03-27 20:33:05
ありのままの被災地の姿に涙がとまりませんでした。
話してくれてありがとう。
よく頑張ってきてくれました。
あなたのような人がたくさん今の被災地を支えてくれることがほんとにありがたいです。
私にできること、一生懸命考えていきます。
ありがとうございました。 (まなみ)
2011-03-27 20:33:53
お疲れ様です。

私は関西にすんでいますが報道のかずが減っていく度に自身の中の震災へたいする感心がへっていってしまっていました。
本当になさけないです。仕事がしんどいなんてなんて馬鹿なんでしょう。
けど、そんなときにこのブログを見つけられて本当によかったと思っています。

人を救えるお仕事は大変な分心強いですね。
私は医学なんてちっとも分かりません。けどこの震災でちょっとでも知識がほしいと思いました。こう思っている人からも頼られていると思います。もちろん被災地の方にとって心の支えになっているはずです。

辛かったはずですよね。けどそれをみんなに伝えるために乗せていただけてうれしかったです。本当におつかれさまでした。そしてありがとう。
ありがとう (caz)
2011-03-27 20:34:19
読んでく内に被災した両親、亡くなった友人の両親などの心残りやらを思い出し嗚咽してしまいました。
早期救命や災害地域のバックアップをこれほどまでの丁寧さで行って頂いて
主には感謝の言葉しかありません。
ジジババ子供の支えになってもらって
ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 20:35:03
本当にありがとうございます。
ありがとうございます。 (はまたに)
2011-03-27 20:38:30
一気に読ませて貰いました。
そして、何度も何度も読み返させて貰いました。

今は、どんな言葉も違うように感じられてならないんですが、1つだけ私にも言える言葉が見つかりました。

ありがとう、です。

これを書いて下さって、本当にありがとうございます。
私の放置していたブログでも紹介させて頂きます。
お疲れ様です (Unknown)
2011-03-27 20:39:37

mixiから飛んできました。

全て読ませて頂きました。涙が止まりません。
報道されているのは本当わずか一部分の情報に過ぎないのですね…
予想以上過ぎて言葉が見つかりません…

震災が起きてから一日でも一秒でも早く力になりたいと思いボランティア情報を探して居ましたが、医療福祉出来る方で無い人は対象外との事で…
服飾系専門学生である自分の無力さを知りました…。
それならばと募金箱を見掛ける度に一円でも良いからと募金しています。
それでも足りないと思い、被災地から県内に避難して来た方々に贈るために、溜め込んだ布地を涎掛けやカチューシャに加工中です。


中越地震の時に県内の方が助けてもらった分、
テレビ越しで「生きているよ!」元気を別けてもらった分、
少しでも恩返し出来たらと思います。



貴方が悔しい思いや悲しい思いをしながらでも被災地の方々を癒してくれた事、とてもありがたく思います。
医療という力を持っていて下さってありがとうございます。
現地入りすることを決断して下さってありがとうございました。

Unknown (せえ)
2011-03-27 20:39:53
初めまして。mixi経由でブログを拝見させていただきました。わたしは仙台で被災しました。地元の福島は原発問題で不安定な状態が続いております。しかし、家も家族も友達も大切なものは全部無事でした。沿岸地域の被害状況は、ニュースを見ていただけでも同じ県内に居たとは思えない程のものでしたが…拝見しながら涙が止まりませんでした。東北は必ず復興します。私たちが復興させます!その暁には、笑顔の溢れた東北にぜひ遊びにきてください。お待ちしてます。
ありがとうございます。 (りう)
2011-03-27 20:41:31
Twitterから参りました。
大変な中、本当にお疲れ様でした。
そして、体験をシェアしてくださったこと、感謝します。

一気に読ませていただいて、私は私ができることを精一杯やっていこうと改めて強く思いました。

私のブログで、こちらのことを紹介させてください。
もっともっとたくさんの方々に読んでいただきたいです。
私に出来る事 (ゆきこ)
2011-03-27 20:44:45
拝見させていただきました。。。
本当に、言葉がありません。
私に出来る事、きっと些細な事だけど、出来る事を精一杯、精一杯頑張って生きていこうと思います。
3月11日15時46分
風化させないように。
沢山の記録、ありがとうございます。
Unknown (まゆ)
2011-03-27 20:46:38
どんなに頑張ってこられたか痛いほど伝わって来ました。本当にお疲れ様でした。
私も、阪神の震災で避難所生活を経験し、場所が西宮だったので神戸の報道の影で支援は後の方でした。あの時の震度もさることながら、怖い思い、辛い思い、惨めな思いもしたと思っていましたが、その経験をまるかに上回るさまざまな事に被災地の方々には言葉もありません。でも、こんな時に触れる人同士の温かさ、助け合い、絆を感じぜひぜひ、前向きに頑張っていっていただきたいと思います。あなたの頑張りは被災地で出会った全ての方々の心に一生刻まれるでしょうね。お疲れ様でした!そして伝えてくださってありがとうございました。お疲れ出ませんように。。。
ありがとうございます (A)
2011-03-27 20:47:11
これを読むことが無かったら、
同情以外の涙を流すこともなかったと思います。

知ることができてよかったです、
ありがとうございました。

そして、お疲れさまでした。

被災者のみなさま、そして医療に関わるみなさま、現地で活動するみなさまを心から尊敬して、生活していきます。
ありがとう (どんぐり)
2011-03-27 20:51:37
そしてお疲れ様です。

涙がとまりません。大変な中でブログをかいてくれてありがとうございます。
どんな報道より確かな真実ですね。

日々流れるTVのニュース、余震にも慣れてし
まったような生活。
東京に住み震災後も淡々と生活し今の自分に出来る事は何だろうと 自問自答しています。

どうかお身体に気をつけて
教えてくれてありがとう (エリコ)
2011-03-27 20:51:58
テレビには映らないけど
そうなんじゃないのかなと思っていたことが
書いてあり…でも知れて良かった。
関西ではテレビはほぼいつも通り。
なんだか震災が遠いことになりそうに思ってた矢先に読みました。

やっぱり人ごとなんかじゃないと強く思いました。
教えてくれてありがとうございます!
自分にできる精一杯を長く長くします。
お疲れさまでした (ケンジ)
2011-03-27 20:55:26
なんていうか、言葉がありません。被災された方を助ける皆さんが僕らのヒーローです。心から感謝します。
素晴らしいです! (Keiichi)
2011-03-27 20:55:55
Twitterで目にして、
ここに来ました。一気に読ませていただきました。
素晴らしい記事です。
ありがとうございます。
Unknown (GUNJI05)
2011-03-27 20:58:10
大変な状況下での活動、お疲れ様でした。
そして、その活動をブログで残して下さってありがとうございます。
報道されていない現実がどれほどのものか・・・。
被災された方々に1日でも早く、
安心できる環境が戻ることを祈っています。
涙が止まりませんでした (medoc)
2011-03-27 21:01:43
ありがとうございます。

状況がよくわかる内容で心打たれました。
皆さんが本当に幸せになること願っております。
出会えてよかった (yukawan)
2011-03-27 21:05:42
本当に偶然こちらのブログにたどり着きました。
お疲れ様でしたなんて言葉では表現出来ないような活動、
私なんかが言うのはおかしいですが本当にありがとうございました。
そして様々な皆さんの活動が被災地の方々を支えている様子をこうして教えていただいて事にも感謝します。
Unknown (nontan)
2011-03-27 21:06:17
被災地での活動お疲れ様でした。
テレビでは知ることが出来ない被災地の実情を教えていただきありがとうございました。
何度も読んで頭に叩き込み、普段の自分を見直し、自分が出来ることをひとつでも多く出来るようにしたいと思いました。
ありがとうございます (めーぷる)
2011-03-27 21:08:24
読ませていただいてありがとうございます。
私は宮城県在住ですが内陸のため、幸い家族みな怪我もなく家も無事でした。
親戚や知り合いには岩手県の山田町、宮城県石巻市、福島県大熊町などの方がいます。
嬉しいことに皆無事でしたが、ニュースで見る情報は想像を絶していて
信じられない思いでした。

被災地での活動(他に言葉が見つからなくてごめんなさい)は、本当に大変だったと思います。
他に言葉がありません。
本当に、本当にありがとうございましたm(_ _)m
読みました (Unknown)
2011-03-27 21:08:33
ありがとうございました
伝えてくれてありがとう (emikiti)
2011-03-27 21:10:06
大変な状況の中、メッセージを発信してくれたことに感謝します。
私にできることはほんとうに小さなことだと思いますが、それをやっていこうと思いました。
たくさんの方が亡くなられ、たくさんの方が被災されたことは忘れません。
そして、困難な状況が、今もまだ続いていることも忘れません。
最後に、希望の光を絶対に絶やさないこと、必ずいい方向へいくと信じて、いまできることを続けていきます。
お疲れ様でした (KIYO)
2011-03-27 21:12:11
まず、真実を知ることができたことに感謝します。伝えていただいて本当にありがとう。

私の家族や友達にも、読んでもらおうと思います。

実際、私がこれを読んでる部屋には 電気がついていて、暖かい布団が敷かれていて、それが当たり前の毎日です。

でも先日、計画停電で夜暗くなったときに地震がきたときはとても怖かった。そしてしばらくして電気がついたとき、当たり前のことがありがたく、幸せなことなんだ・・・と気づきました。
それなのに、計画停電が不公平とか言ってる人たちには 腹が立ちます。

でもみんなきっと 不安なんですよね。
だって 今まで当たり前だったことが、もしかしたら明日、そうじゃなくなってるかもしれないって考えると 私も怖いです。

そうはいっても 逃げるとこないし、パスポートもってないし(笑)どうしようもないので、毎日できることを頑張って、わが子とたくさん触れ合って乗り越えていきたいです。

復興したら、家族で東北旅行して、おいしい魚が食べたいな。


不眠不休の活動、本当にお疲れ様でした。
あなたに たくさんの幸せが訪れますように。
おつかれさまでした (pinokion)
2011-03-27 21:14:30
たぶん、こんなじゃないんだろうな。。。
そう思いながら見ていたTVの映像。

外国メディアは、日本のメディアのような配慮は無いようです。
ソウルに住む友人は連日放映される残酷な映像に、TVを見る気がしなくなったといいます。

現場がどんなに悲惨な状況にあるのか、正しく伝えてくださってありがとうございました。

一気に読ませていただきました。
本当におつかれさまでした。
後ろ髪を引かれながらのご帰京だったことでしょうが、確実に避難所の皆さんに思いを残してこられたでしょう。
きっと、たくさんの人たちに感謝されていますよ。

次のチームが、また同じように皆さんの力になってくれることでしょう。
気持ち、伝わりました (うん)
2011-03-27 21:14:34
貴重なお話、ありがとうございました。
そして、被災地での頑張りにも、ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 21:14:53
ありがとう。

私は西日本に住んでおりこのたびの震災ではほとんど影響はありませんでした。
ですが、被災された方を想う度にとても悲しく心苦しかった。なにもできない自分が情けなく、とても悔しかった。

あなたの手記を読んで私は救われた気がしました。とても感謝しています。私も自分にできる限りのことを今後していきます。

あなたの貴重な睡眠時間をこの手記にあててくれてどうもありがとう。

ありがとう。

ありがとう (いさ)
2011-03-27 21:17:17
読みながら、涙がとまりません。

僕らにできないことを、あなたはされたのだと思います。
それだけで十分だと思います。

あなたの記録が読めて良かった。
ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 21:21:15
ありがとうございました。本当に。
ありがとうございます。 (まうまい)
2011-03-27 21:22:26
はじめまして。mixi経由で拝見させて頂きました。
貴重な体験をブログとして綴って頂きありがとうございます。テレビでは知れない被災地の現状を知り、もっともっと協力をしていこうという気持ちが強くなりました。皆様のような医療の方々が活躍しているという事実は、私達東京の人の心もどんどん動かして良い方向に向かっていくと信じてます。
ありがとうございました。 (pain co.)
2011-03-27 21:24:00
このブログを書いてくれて本当にありがとうございました。

本当に本当にありがとうございました。
ありがとうございました! (G)
2011-03-27 21:24:05
Twitterで目にして読ませていただきました。
とにかくお疲れ様でした!
ありがとうございました。 (R)
2011-03-27 21:24:14

全部読ませていただきました。
寒い中お疲れさまでした

感謝、感謝です。


<海の三訓>

海をおそれず

海をあなどらず

海にさからわず


人も家も飲み込んだ海は憎いけど

海に囲まれて
生きて、育ってきた人達は強いです。

そしてあったかい人達です。


凪がいい時も
時化の時も共に生きてきた。


故郷、陸前高田へ

がんばってけろ!!
春はそごまできてっから!!



ブログ主様へ
忙しい中、近況をお知らせ下さってありがとうございました。

ゆっくりご自愛なさって下さい。


ありがとうございました。 (ikuzo)
2011-03-27 21:27:47
twitterから来ました。

なんていうか、言葉が出ないです。

でもこうした記録があるってことは
素晴らしいコトだと思います。

貴重な時間を使ってこの記録を書いてくれて本当にありがとうございます。
ありがとうございます。 (kimie)
2011-03-27 21:27:47
本当に過酷な環境の中克明にブログにしていただき、報道では流されない真実、現実に触れる事ができました。

本当にありがとうございます。

涙が止まりませんでした。
被災地の皆さんの事に想いを馳せて日々過ごしていたつもりですが、全然でした。
想像を遥かに超える壮絶な現場に本当に普通に過ごしている私は何なんだろうと問いかけました。
わかっているつもりで全然わかってないじゃないか、と情けない気持ちになりました。

そんな中気丈に笑顔で頑張っている皆さんの様子を垣間見る事ができて私が貰ったものは計り知る事ができません。

私たちに知らせていただき本当にありがとうございます。
少しでもできる事やっていきます。
頑張りますU+203C

瑠奈チャンにまた会う事ができます様に…
ありがとうございます。 (kimie)
2011-03-27 21:27:48
本当に過酷な環境の中克明にブログにしていただき、報道では流されない真実、現実に触れる事ができました。

本当にありがとうございます。

涙が止まりませんでした。
被災地の皆さんの事に想いを馳せて日々過ごしていたつもりですが、全然でした。
想像を遥かに超える壮絶な現場に本当に普通に過ごしている私は何なんだろうと問いかけました。
わかっているつもりで全然わかってないじゃないか、と情けない気持ちになりました。

そんな中気丈に笑顔で頑張っている皆さんの様子を垣間見る事ができて私が貰ったものは計り知る事ができません。

私たちに知らせていただき本当にありがとうございます。
少しでもできる事やっていきます。
頑張りますU+203C

瑠奈チャンにまた会う事ができます様に…
Unknown (Unknown)
2011-03-27 21:27:54
ありがとうございました。
被災地から遠い場所に住んでいて、人事のようにテレビを見ていた自分が情けなくなりました。
テレビから流れてくる映像のみを見て、「かわいそう」だとか「仕方ない」なんてしゃべっていた自分が許せなくなりました。
なにかひとつでも被災地の方のために。
周りにただ流されるだけじゃなく、自分の意思でなにかを見つけていきたいと思います。
本当にお疲れ様でした。
そして、いろいろなことを伝えていただき本当にありがとうございました。
ありがとう (reiko)
2011-03-27 21:28:11
伝えてくれてありがとう。
ほんとうに、ただただ頭がさがる思いです。
想像以上の、言葉以上の、まだまだ知りえない何かが、何かがまだあるのだと感じました。
とにかく、自分にできることを考え、行動に移そうと思います。移します。
ほんとうに、伝えてくれてありがとう。
ありがとうございます。 (WK)
2011-03-27 21:29:02
生の声、届けてくださりありがとうございました。
mixiの友人から教えていただき、一気に読ませていただきました。
おっしゃるようにこれからが本当の意味で大変だと思います。
一人でも多くの方が笑顔の時間を取り戻せます様に‥
心から祈り、願わずにはいられません。

今の自分にできること、節電・支援物資・募金、少しでも
続けて行こうと改めて思いました。

アップしていただきありがとうございました。
瑠奈ちゃんにもまたいつか会えますように。。
Unknown (あいこ)
2011-03-27 21:29:19
ありがとう、と言うのさえもおこがましく思うのですが・・・

お疲れさまでした。
戻られてから、少しは心身を休められているでしょうか?

まだまだ続く復興への日々を、みんなで一緒に乗り越えていきましょうね。

被災された方はこれからがいよいよ大変になるかと思います。
震災を忘れず、日々しっかり働き、経済をまわし、継続的な支援(といっても直接的には募金しかできませんが)を続けていこうと思います。

本当に貴重な資料を残してくださって、ありがとうございました。
ありがとうございました (茅)
2011-03-27 21:30:47

ただ、ただ、読み続けて、涙が止まりませんでした。

そして被災地の皆様の懸命に生きている姿を思って、自分も頑張ろうと思いました。

貴重な体験談を綴ってくださって本当にありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 21:30:49
ありがとうございました。
自分にできることを、あらためて考えさせられました。
本当に貴重なレポートをありがとう (MASAKI)
2011-03-27 21:32:37
言葉になりません。
自分に出来ることをやっていこう。そう思いました。

ほんとうに、貴重なレポートをありがとう!
お疲れ様でした (くにひこ)
2011-03-27 21:33:25
自分も医療に携わる者としての心構えを改めて実感させられました。職場からも県の災害派遣チームやDMATとして参加してますが、自分もいずれ順番で派遣されると思いますので参考にさせてもらいます。
忘れません (ばぼ)
2011-03-27 21:34:44
ありがとうございました。

このブログを読んだ今の気持ち、
絶対に忘れません。
何度でも (ぽん)
2011-03-27 21:34:52
あなたのような方が医療に携わって下さって本当に良かったと思います。
これからも働き続けて下さいね^^
Unknown (梅)
2011-03-27 21:35:18
twitterからこちらに伺いました。
自分自身も阪神大震災を経験し、カメラには映らない悲惨さを身をもって知っているつもりでしたが、拝見してそれがまったく及ばなかった事を知りました。

時間が経ち、忘れ去られ、よその世界の昔話にされるのは本当に本当に恐ろしい。

読んでいて、自分は絶対そうならないようにと気持ちを新たにしました。
書いて下さって本当にどうもありがとうございました!
ありがとうございました (ゆうこ)
2011-03-27 21:35:52
貴重な記録をありがとうございました。
息子達にも、読ませようと思っています。
生身の体験談に感謝します。 (yukie)
2011-03-27 21:36:47
本当にありがとうございます。

こうして今この瞬間も
小さな喜びを大きく分かち合いながら
きびしい現実を乗り越えていく為に
必死で立ち向かっている方々の姿を
現地の現状と真実とともに
伝えてくださってよく分かりました。

どんな困難でも
それが現実で
私達は幸せすぎる毎日に
慣れすぎてしまった
非現実に居るのでしょうね

私も必ず気持ちを切り替え
小さな島国日本が
大きな力を発揮できる為に
微力ながら協力します。
Unknown (きた)
2011-03-27 21:41:03
私は岩手県宮古市出身で現在は都内で暮らしていますが、同じ沿岸、同じ被災地の状況が本当に伝わりました。ありがとうございます。

宮古も同じように、津波に街が飲まれ果たしてこの先、この街は復興できるのかと不安でしかたなかったのですが、ブログ主さまの記事を拝見して、故郷から離れ生活している人間が、被災地の人より不安がってどうする、と思いを新たにできました。

本当に、ありがとうございます。
お疲れ様でした。 (yokochan)
2011-03-27 21:42:00
全てを読み終えて今、言葉がありません。

「傷に薬をつけて包帯を巻くのは簡単だけど
心に包帯を巻くのは難しい。」

普段の医療現場も大変な状況だと思いますが、上記の言葉は被災地の現状を体感した方だからこそ出て来た言葉だと思います。

新聞やTVの情報では感じられない何とも言えない思いです。

本当に一人でも多くの方にこの日記を読んで頂きたいです!

そして、今、自分で何が出来るかを心の底から考えてみようと思いました。

色々なことを気づかせて頂きありがとうございました!
お疲れさまでした (aco*)
2011-03-27 21:44:03
初めまして。縁あって記事を拝見しました。

計り知れないほどの過酷な状況下で、
ここまで確実に、丁寧に記録されたこと、
そして、私達に知らせてくれたこと、
本当にありがとうございます。

被災地の方も、被災地以外の方も、
貴方の行動で多くの大切なことを気付かせてもらえたと思います。

私はちっぽけな人間で、ちっぽけな事しか出来ませんが、
それでも自分の出来ることを探して、
実行していきたいと、改めて思いました。

本当に、本当にありがとうございました。
そして、本当にお疲れさまでした。
ありがとうございます (ゆきみ大福)
2011-03-27 21:46:05
私は陸前高田市出身者です。私の母は病院に勤務していて行方不明になりました。
この度は陸前高田市の被災地医療にご協力を頂き本当に本当にありがとうございます。

先々週と昨日高田へ戻っていました。
恐らく被災地の方々はどこもヒドイと思っておられると思いますが、
高田の被害はとてつもなく大きく他の地域の方には想像もつかないと思います。
それでも何とか頑張って再建したいと思っています。本当にありがとうございました。
Unknown (一ノ瀬雛姫)
2011-03-27 21:46:35
お疲れ様でした…。読んでいて、涙が止まりませんでした…。この現実をしっかりと心に刻んで、忘れないでいよう、、そう思いました。ありがとうございました。
ありがとうございました (kizimia)
2011-03-27 21:50:18
twitterからこちらを読みました。
携帯では全ての文章が読めずに、PCから読み直しました。
ご自身の体験と想いを書いていただき、ありがとうございました。
現実とは何かを深く考えさせられます。
お疲れ様でした。
そしてこれからもどうかご意志のままに行動されてください。お体にもお気をつけて。
上手く言葉にできませんが、ありがとうございました。
お疲れ様でした。 (中村由美子)
2011-03-27 21:50:43
大変、素晴らしい日記を、
忙しく厳しい状況の中、
書いてくださりありがとうございます。

どちらが現実なのか…
本当に、そう感じます。

私は一般人で、被災地の方に何一つしてあげられないことがつらいです。
節電も心がけていますが、九州なので直接の手助けにはなっていません。

義援金とともに、少しでも早く復興できるように、
お祈りを続けます。


本当に、お疲れ様でした。
Unknown (Kenichi)
2011-03-27 21:51:55
被災地が一日も早く復興することを願わずにはいられません。
お疲れさまでした。
貴重な体験を記していただいたことに感謝します。
Unknown (美緒)
2011-03-27 21:52:50
お疲れ様でした、今はゆっくり疲れをとってくださいね
私も何かのかたちで復興のお手伝いをしたいと強く思いました
ありがとうございました (おし乃はん)
2011-03-27 21:54:18
Twitterからまいりました。
涙が止まらないです。
いろんなことに文句をいったり愚痴をいってた自分が本当に情けなくてならない、ごめんなさい。。。。
大変な大変な状況にある皆様の笑顔や頑張りに逆に励まされています。うまく言葉にできないのですが、心から心から感謝しています。
本当にありがとうございました。
日記拝見しました。 (なつ☆ゆか)
2011-03-27 21:54:56
初めまして、とても貴重な日記、勝手に拝見させてもらい申し訳ありません。
リアルな現状を日記を拝見して改めて身の引き締まる思いです。
私は、千葉で看護師をしています。
私は、子供がおり、現場に行くことは困難ですが、とても貴重な体験をされたのではないかと思われます。ホントに綺麗事じゃないですよね、ホントに頭が下がる思いです。
こんな辛い今だからこそ、一人一人助け合って明るい未来につなげていきたいと思いました。
ホントに生きるということは大変ですね。
ホントにお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
お疲れ様でした (こうちゃ)
2011-03-27 21:57:46
ツイッターでこの手記を知り、読ませていただきました。
既に被害に遭っていない地域では原爆の陰に隠れてしまっているように思えます。
事実私もそのような感覚に陥っています。
テレビから伝えられてくる者には限度がありますが、こういった現地の状況を教えてくださる方の手記は、いろいろ読ませていただいて、改めて、忘れないようにしようと思いました。
非常に考えさせられる内容でした。
ありがとうございます。
そして、お疲れ様でした。
ありがとうございました。 (harumi)
2011-03-27 21:59:11
読んでいる間、涙が止まりませんでした。

この記憶と記録を風化させることなく伝えていくことが被災を免れた私達のすべきことだと思います。

極限を越えた過酷な状況のなかで、報道が伝えない真実を伝えていただいて、本当にありがとうございました

できるだけ多くの人に読んでいただきたいと思います。
Unknown (hagishiho)
2011-03-27 21:59:27
日記拝見しました。

なんか……うまく言葉が見つかりません。
ただ、この震災で被災された方々、
救援に携わったすべての方々、
みんなみんな笑顔になる日を願わずにはいられません。
日記をよみながら泣いてしまった自分が恥ずかしいくらいです。

おつかれさまでした。
どうかゆっくり休息をとってください。
Unknown (きこ)
2011-03-27 22:00:58
Twitter経由で拝見しました。
読んでよかったです。
私もがんばります。
本当にありがとうございました。
涙でぐしょぐしょです (obafamily)
2011-03-27 22:03:14
糸井さんのツイートから読ませていただきました。涙と鼻水で顔はぐちょぐちょです。大変な思いをされて、被災地で人々に寄り添って、たくさん泣かれて…。看護師さんの苦悩などがよく分かりました、といっても、分かるものではないのでしょうけれど。震災の被害に遭った方々のこれからの幸せのために、私ができることを考えていこうと思います。お仕事大変でしょうが、どうぞお体大切になさってください。
Unknown (藤信 規之(ふじのぶ のりゆき))
2011-03-27 22:03:54
お疲れさまでした…としか言えない自分の無力さは後々の課題として、今できることに全てを注ぎたいと思います。
私に出来ることは微力ですが、私は私に出来ることを全力で頑張ります。
お疲れ様でした (ひまわりママ)
2011-03-27 22:03:59
しっかり拝見しました。
本当にお疲れ様でした。
報道規制枠外の被災地の様子…ある程度は想像できますが、やはりそれ以上なんですね。
瓦礫をどかすと、赤い旗…
言葉がありません。

被災地の方々には、負けないでほしい。
私は3.11を忘れません。
自分の置かれている環境に感謝して、できる範囲の協力をしていきたいです。

原発のこともすごく心配ですが、そこで頑張ってくださっている方々・その家族の方々・そこに住んでおられる方々・・・
これ以上、被害が増えませんように…。

ありがとうございました (クマ)
2011-03-27 22:04:41
ツイッターからこちらのブログにやってきました。
大変お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
体調を崩されてはいませんか?

私には、医療知識はありません。
でも、いつか何かできるように。
それは、何年もたってからかもしれないけれど。
明日からがんばろうという気持ちを、ありがとうございました。
陸前高田 (ストック)
2011-03-27 22:04:58
お疲れさまでした。

去年の夏の帰省の時、少し足を伸ばして陸前高田に行ってきたところでした。とても美しい砂浜と気仙大工と呼ばれる腕のいい大工の手になる建物、そしてもちろん美味しい海の幸のいい町でした。
地震のあとのニュースを見るたびにあ然としていました。

去年陸前高田に行ったときの写真を見ていただきたいと思ったので、URLのところにフォト蔵の写真を貼っておきます。
ちょうどけんか七夕をやっていた時で、子供たちが飾り付けた山車の上で一生懸命お囃子の練習をしていました。
この子供たちがまた美しく楽しい町を復活させてくれることを願っています。

お気楽なコメントですみません。
お忙しいでしょうが、できるだけゆっくり休んでください。
去年の陸前高田 (ストック)
2011-03-27 22:06:13
お疲れさまでした。

去年の夏の帰省の時、少し足を伸ばして陸前高田に行ってきたところでした。とても美しい砂浜と気仙大工と呼ばれる腕のいい大工の手になる建物、そしてもちろん美味しい海の幸のいい町でした。
地震のあとのニュースを見るたびにあ然としていました。

去年陸前高田に行ったときの写真を見ていただきたいと思ったので、URLのところにフォト蔵の写真を貼っておきます。
ちょうどけんか七夕をやっていた時で、子供たちが飾り付けた山車の上で一生懸命お囃子の練習をしていました。
この子供たちがまた美しく楽しい町を復活させてくれることを願っています。
http://photozou.jp/photo/list/1492593/3841765

お気楽なコメントですみません。
お忙しいでしょうが、できるだけゆっくり休んでください。
Unknown (ムラマツ)
2011-03-27 22:07:10
涙が今もとまりません。
3月11日のことは、ずっと忘れないように。
ありがとう+おつかれさまでした (Ray)
2011-03-27 22:08:28
月並みなことしか言えませんが、大変なところに出かけていってしっかり仕事をして来てくださったこと、その記録をこうして私たちに伝えてくださったこと、本当にありがとうございました。

私には、現地のことを想像し、そして被災した人たちのことを忘れないことしかできない (すでに東京では一応日常生活が始まっています) ですが、気持ちだけでも一緒に現地にいられるよう、現地が少しでも状況がよくなるよう、できるだけのことをします(したいと思う、ではなく、「します」と宣言します)。

普段とはまったく違う環境で体も心も疲れて帰って見えたことと思います。
まずはしっかり休んで、次の段階にまた力を与えてください。

ありがとうございました。
Unknown (mutt1113)
2011-03-27 22:09:53
私が住んでいるところではそこまでひどい揺れはなく、被害もほとんどありませんでした。
そして今は、時々流れるニュースによって被災地のその後を知る位になってしまいました。原発のニュースばかりで、このブログを読み一気に数週間前の事を思い出しました。というよりも、それ以上の衝撃を受けました。

3/11。絶対に忘れてはならないと改めて強く思いました。
これからも私にできる事、義援金や献血など少しずつでも協力していこうと思いました。

このようなブログに出会えよかったと思いました。


ありがとうございました!
ありがとう御座いました。 (キック)
2011-03-27 22:13:03
本当にありがとう!

私は2度だけですが、東京から仙台市まで物資を輸送して来ました。
これからも私に出来る事で復興に協力して行こうと思っています。

私とは比べ物にならない位に過酷な状況なのに我々「運転手」や他の方達にまで『感謝』をされていましたね!
現場ではあなたの「優しさ・思いやり」がきっと、多くの方達に勇気を与えた事でしょう!

あなたの記録を読ませて頂き、私も継続的な復興支援を決意しました。
気づかせてくれてありがとう!

これからもヨロシク!

ありがとうございました。 (さんちゃん)
2011-03-27 22:13:13
テレビで見ているのは、ホントに一部なんですね。壮絶な現場。
寒かったでしょう。辛かったでしょう。
でも、看護婦さんのおかげでどれだけたくさんの人が助けられて、勇気付けられたことでしょう。自分には何もできませんが、私がこんなことを言うのも変かもしれませんが、助けに行ってくれてありがとうございました。
私も、ささやかですが、自分にできることを続けていきたいと思います。
Unknown (サイトウ)
2011-03-27 22:14:32
お疲れ様でした。
そしてリポート、ありがとうございます。

東京の生活はだんだん元に戻りつつあり、被災地のことより原発の心配が勝ってきたところでした。

でも、リポートを読ませてもらい、これまで新聞やTVでは得ることの出来なかった現場の空気を知ることが出来ました。

自分も、何かをしなくてはと強く思いました。
この事を気が付かせてくれてありがとうございました。
たくさんの皆様に (mako)
2011-03-27 22:14:38
ありがとうございます。
被災地での活動には、ほんとうに言葉がありません。
事実とともに心からのあなたの気持が伝わってきます。
そして、たくさんの皆様が同じように必死で取り組まれ、今もたくさんの方が力を尽くしておられることに、ただただ感謝しております。
このお話は、単なる記録ではなく、溢れる思いが込められた貴重なものだと思います。
もっともっとたくさんの人に伝わってほしいと思ってやみません.
看護師さんになっていただいてほんとうにありがとうございます。
ありがとうございます (ひちゃ)
2011-03-27 22:15:14
布団の中で携帯片手に泣きながら読みました。今、家や布団や畳もある、普通のありがたみに心から感謝して、私にできることは心を込めて実行して、人の温もりや笑顔を誰かに向けることももっと意識して、これからも今の気持ちを大切に生きていきます。伝えてくださったパワーを無駄にしないように有言実行、今日から1日1通は大切にしたい人たちにハガキか手紙を書くことにしました。この現地の記録が少しでも多くの方に伝わりますように。私もこれから広めていきます。本当に伝えてくださってありがとうございます。足湯、素晴らしい置き土産ですね。みんなが浸かるたびに気持ちがよりつながっていく感じがします。現地の皆さんといつかまた、笑顔をともにできますように…。“ゴンちゃん”、これからも素敵なゴンちゃんで!(笑)
Unknown (り)
2011-03-27 22:17:40
ありがとうございました。
強烈に心を揺さぶられました。

このレポートを読ませていただいてなければ、
マスコミの報道が少なくなると同時に、
記憶から薄れてしまっていたと思います。

いま自分に出来ることを、「継続していくこと」が大切なんだな、と改めて教えていただきました。
そして、
それこそがこの貴重なレポートを読ませていただいた者の「使命」だと感じています。

本当にありがとうございました。
ありがとうございました (百合虎)
2011-03-27 22:17:42
ご尽力に感謝申し上げます。
言葉にならないほど「うれしく」思いました
あなた達がいて日本がある
あなた達がいて「日本が復活する」
美しい笑顔でこれからもがんばっていただきたい。
自分の楽しみも忘れずにいてほしい。
こころからそう思いました。
涙が止まんないです。。。 (ゆきまさ)
2011-03-27 22:17:47
本当にありがとう。。。
伝えてくださったことに感謝します (ゆうこ)
2011-03-27 22:19:07
読みながら思わず涙してしまいました。
きっと、カンゴンさんは私と同じくらいの年齢の方だと思います。
なのに、何もできない自分が悔しい、情けないです。
ビートたけしが、「これは二万人が死ぬっていう悲劇ではなくて、一人が死ぬ悲劇が二万回起きてる」みたいなことを書いてたけど、そのことがすごくすごく伝わってきました。

この悔しい気持ちをぜったいに忘れません。
私が何かできる場面になったら、必ずそれをしようと思います。
あなたのおかげです。ありがとうございました。
ありがとうございました (チャッピーまま)
2011-03-27 22:19:21
お疲れさまでした
読んでいて涙が止まりませんでした今、私の息子が宮城にボランティアに出かけています
被災者の方の辛さを思い、心配してたはずが、勝手なもので、息子の心配が先だってる自分が居ました
報道ではわからない過酷な現実
ただただ皆様の健康を祈らずにはいられません
本当にお疲れさまでした
ありがとうございました (加藤好美)
2011-03-27 22:20:23
被災地での活動お疲れさまでした。
私も看護師をしています。1日から仙台でボランティアに参加します。
現地での活動の様子が伝わってきて、心に響きました。
貴重な時間を使って、日記を書いてくださってありがとうございました。心より感謝します。
Unknown (misa)
2011-03-27 22:22:01
twitterから来ました。涙が止まりません。
ここに書いてくださったこと、ありがとうございます。
本当にお疲れさまでした。
ありがとう。 (やす)
2011-03-27 22:22:04
素直で読みやすい文章なので、すっと心に入ってきました。糸井重里さんがツイートしてくれていましたから、きっとみんなに読んでもらえますよ。
あとはうまく言えないので、言えそうになったらまた来ます。
ありがとう (Nao)
2011-03-27 22:22:40
本当にありがとう。

あなたが我慢した涙を、ボクは我慢できなかったよ。

あなたのまなざしが真摯だったからだと思います。

明日からもっと頑張っていこうと思えました。
ありがとう。
Unknown (みゆき)
2011-03-27 22:23:10
少しでも現実を知ることができたように思います。伝えてくださったことに感謝します。知れてよかった。知らなかったら、今回の震災をここまで深く自分の胸に刻めなかったかもしれないから。決してこの震災の悲しみを、想いを風化させることなく生きていきます。
ありがとうございます (ひろな)
2011-03-27 22:23:40
記事を読んで涙があふれそうになりました(家族が近くにいるので堪えました)。
わたしはまだ学生なので
できることと言ったら、
節電をしたり募金をしたりという
小さなことしかありません。
でも、
小さなことの積み重ねが
被災地のみなさんのためになると思うと
どんどんやっていこうと思います。
たべることができる幸せ
ねることができる幸せ
大切な人といれる幸せ
どれも無駄にしないようにしたいです。
みんなで応援! (みんなで応援!)
2011-03-27 22:23:53
はじめまして。みんなで応援!(http://ooen.jp/)というサイトを運営しているエンターグループ・ジャパンと申します。

JKTSさんのブログ拝見させていただきました。上手く言えませんが、
日本中の人が「今、自分に出来ること」を考えている中で、
より多くの方に今井さんのしてきた活動と感じていることを知ってもらいたい、風化させたくないと勝手ながら思いました。

よろしければ、みんなで応援!(http://ooen.jp/)サイトをご覧いただき、JKTSさんの趣旨に添えるようでしたら、こちらにも投稿していただけたらと思いメールいたしました。よろしくお願いします。


エンターグループ・ジャパン株式会社
http://www.egjp.co.jp

お問い合わせメールアドレス
other@egjp.co.jp
ありがとうございました。 (kana)
2011-03-27 22:24:17
なんといっていいのかわからないですが
とにかく・・・ありがとうございました!読み終えたあと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

何かしたいけど私には力や知識が無く何も出来なくて申し訳ない気持ちでいます。
でも、改めて私のできることは何でもやろうと思いました。
本当にありがとうございました。
ありがとうございます (とびまるみ)
2011-03-27 22:24:40
Twitter経由でこちらのブログを拝見しました。

壮絶な現場で全力を尽くされた活動の記録を綴ってくださったこと、本当にありがとうございます。

途中、無力感に取り付かれて泣きながら、最後まで読みました。阪神淡路大震災の時は、被災地から離れた地でただただ泣いてばかりいました。

今、必要なこと。近い将来に必要なこと。そして長期間に渡って必要なこと。今度は、しっかりとやるべきことを自分で判断して実行していきます。

明日は今日より良い日になることを信じて。

Unknown (c-m)
2011-03-27 22:24:56
うまく言葉では表現できませんが ・・・

このブログの内容は 絶対に忘れません 。

自分に出来る事を 改めて考えます 。

とにかく今はあなたにゆっくり休んで

身体も心も元気になって欲しいと 

願っています 。

あろがとうございました 。

ありがとうございました (クリ~ムぺんぎん)
2011-03-27 22:25:02
福岡の者です。
なにかしなければと思い、しかし出来ない自分が情けなく思っています。
現地の本当の姿を綴っていただいてありがとうございました。
本当におつかれさまでした。
まだまだ時間がかかる復興になると思います。お役に立てることを考えます。
ありがとう (ゆか)
2011-03-27 22:25:21
お疲れさまでした。私も看護師していますが、子供が小さく被災地にいく勇気がありません。本当にたいへん状況なんだとわかりました。同期の看護師も被災地にいきます。
素敵な看護師さんのブログに出会えてよかったです。
涙が止まりませんでした (Tedd(mixi))
2011-03-27 22:25:39
全て読ませていただきました。
涙が止まりませんでした。
日頃、ギター、バイオリン、バンジョーなどの楽器趣味を楽しんでいて、今でも、それら趣味を楽しんでいられる自分の状況に贅沢を感じました。
できることを、何かしたくなりました。
あなたを尊敬しました。
いろんな感情でいっぱいになりました。
感情が強くなりすぎて、文章としてまとめられなくなってしまいましたが…敬意、感謝、慰謝…などの気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました
ありがとう (遥)
2011-03-27 22:25:48
書いて頂きありがとうございました。
お疲れさまでした (emo)
2011-03-27 22:25:52
糸井重里さんのtwitterからこちらにたどり着きました。

4年前まで仙台に住んでおり、自分の知っている場所が変わり果ててしまったことにテレビの前で愕然としていました。

でも、テレビで見ていたこと以上に凄まじい状況になっているのですね。

瑠奈ちゃんと同じ年の娘がおり、日記を読みながら、涙が止まりませんでした。

お仕事、お疲れさまでした。
貴重な日記をありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

今まで、義援金を送って応援したつもりになっていました。
この他に自分に何ができるか、考えていこうと思います。
Unknown (な)
2011-03-27 22:27:05
継続的な支援をしていこうと心に決めました!
お疲れさまでした (Unknown)
2011-03-27 22:29:04
Twitterから経由して読ませていただきました。自分の「たいへんだろうな」「頑張ってほしいよね」のなんと薄っぺらなことかを考えています。
日々減ってゆく地震のニュースや余震と共に被災の現実を忘れては決してならないと思っています。日常生活のささやかな幸せをかみしめながら復興に頑張り続ける被災地を思って生きます
ありがとう、看護士さん (森のゆりさん)
2011-03-27 22:29:49
被災地でのお仕事ありがとうございました。
そして、伝えてくださってありがとうございました。
例年より寒い3月、被災地に暖かい陽ざしを、と祈る毎日です。
Unknown (トンちゃん)
2011-03-27 22:31:21
facebook経由でこのブログを知って拝読しました。

本当に書いて下さってありがとうございます、
そしてお疲れ様でした。

ボランティアの受け入れ態勢が整っていないことや
物資の分配体制が不十分なこと、被害を把握し切れていないこと、
あまりにも未曾有の大災害にまだまだ手付かずの部分があると思いますが、
あなたのような一人一人の頑張りに心から敬意を表したいと思います。

私のいる茨城県も被災地、そして今は原発事故と風評に苦しんでいます。

でも負けない。
このブログの体験に励まされました。
ありがとうございました。

お疲れさまでした (fumi)
2011-03-27 22:32:35
日記読ませて頂きました。
私は何にもできないですが、いつか私にできる何かがくるまで待とうと思いました。
災害医療の経験は今後にも生かされること思います。ありがとうございました。
おつかれさまでした。 (ことね@東京)
2011-03-27 22:32:55
被災地支援おつかれさまでした。
テレビ以上の鋭さで心に刺さりました。
目をそむけたい光景ですが、
そむけちゃいけない!と思って
毎日被災地のことを想っています。
今、私にできることは残念ながら義捐金を出すこと、
普通に東京で仕事をすることしかありません。
それが心苦しくもあります。
被災地でのご活躍に現地の方とともに感謝します。
Unknown (たろちんママ)
2011-03-27 22:33:42
ありがとう

これしか言えないけど、書いてくれてありがとう
ありがとうございました (村上 通)
2011-03-27 22:34:51
被災地での活動、そしてそれを綴って頂いたこと、ありがとうございます。
衝撃と、感動で胸がいっぱいです。
これから僕らが歩む日々に、とても大事なことが書かれているように思います。
許可をきちんと得ずに申し訳ないですが、ブログで紹介させてください。
本当に、お疲れ様でした。
ありがとう (なかちゃん)
2011-03-27 22:34:54
素晴らしい日記に感動しました。
絆を大切に、みんなでこの困難を乗り越えていきましょう。お疲れ様でした。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 22:34:58
茨城県日立市の住民です。
2ちゃんねるのまちBBSという所でこのブログのリンクが貼ってあり、一気に読ませていただきました。正直涙が止まりませんでした…

ここも震災当初は停電断水物資届かずの生活でしたがようやく落ち着きを取り戻した感もします。
でも、いつまでも忘れてはいけないこと、このブログであらためて思いました、本当にありがとうございます、そしてお疲れ様でした。
るなちゃんにまた会える事を祈っています。
英語訳 (篠田佳奈)
2011-03-27 22:35:05
私の海外の友達がこのブログの存在を知って内容をを知りたいというので英訳しようと考えています。かまわないでしょうか?
Unknown (みき)
2011-03-27 22:35:34

改めて、静かに自分に何ができるのかを考えます。

東京のみんなの少しずつの小さな節電が、
東北に届いたのであればとても救われます。

ありがとうございました。




ありがとうございます (のりこ)
2011-03-27 22:35:59
ふんばってくれてありがとう。
寄り添ってくれてありがとう。
つらかったでしょうに、
本当にほんとうにありがとう。
瑠奈さん、あなたが
とってもとってもまっすぐだから。

いまは祈るしかできないけれど、
皆さまの祈りが、思いが、願いが届きますように☆彡
・・・元看護師よりφ(・・*)
ご苦労様U+203C (G)
2011-03-27 22:36:14
被災地での活動、ご苦労様でした!
本当にありがとうございますU+203C
そして、お疲れ様でした。
まずは、ひと休みしてください。
これからの貴女様と皆様に幸多きことをお祈りさせて頂きます。
ありがとうございます (ての)
2011-03-27 22:36:32
お疲れ様でした。読み出して、涙がとまらなくなりました。自分もいまできることを、いまいる場所でしていく。あらためてそう思います。ありがとうございます。
ありがとうございます。 (S)
2011-03-27 22:38:16
糸井さんのtwitterより来ました。

ニュースやテレビが伝えないことを教えて頂きありがとうございます。

自分も、できることを続けたいと思います。
ありがとうございます (わか)
2011-03-27 22:38:46
読みながら、泣いてしまいました。
看護師の仕事、これからも笑顔でがんばってください。
私も、自分にできることを精一杯がんばります。
ありがとうございました。 (koko)
2011-03-27 22:38:52
Twitterより、たどり着きました。
涙が止まりません。
明日、高校生の息子にも読ませようと思いました。

本当に頭が下がります。
優しい気持ち、いつも笑顔で!
見習わさせていただきます。

るなちゃんのお母様の無念さを思うと…。
どうか、強く明るく、元気に育ってほしいと思います。

まとまらず、すみません。
本当に、ありがとうございました。
ありがとうございます。 (yasu)
2011-03-27 22:39:04
大変なお仕事おつかれさまでした。
本当に頭が下がる思いです。

あなたのような尊敬できる人がいる日本は
素敵です。
ありがとうございましたm(_ _*)m (TERACO)
2011-03-27 22:39:56
mixiから参りました。

被災地に何人か友人がおりまして、
幸いに皆無事でした。
被災の様子はそれぞれに違っていたのですが
それでも話を伺えば伺う程
駆け付けたいという思いでいっぱいになりました。

私事で申し訳ないのですが、
私自身も看護師です。
個人での被災地支援の方法も見つけましたが
病気療養中のため、
今回は諦めざるを得ませんでした。
本当に悔しくて…
私の想いの分も頑張ってきてくださったようで
とても嬉しくありがたく思っております。

また復興したら大切な家族のもとに帰って、
瑠奈ちゃんの手を握ってあげてほしいと
心から願っています。

災害派遣お疲れさまでした。
そして、ありがとう。
ありがとうございます (わかば)
2011-03-27 22:40:07
お疲れさまでした。そして貴重な記録ありがとうございます。無力な自分が悔しいです。でも、私にも、周りの人の足手まといにならずに何かできることないか、もっとよく考えてみます。おっしゃるとおりこれからまだまだ長期戦。医療や看護の知識のない私にでもできることがあるはずですよね。大事なことに気づかせていただきました。本当にありがとう。
ありがとうございます (Unknown)
2011-03-27 22:40:13
糸井さんのツイートからやってまいりました。

新聞やテレビの報道では知ることのできない現実を知ることができ、被災地の方々や、これからの復興の為に私自身が出来ることを改めて考えよう、と思わせていただきました。


わかりやすいまっすぐな文章で、とても伝わってきて、沢山泣いてしまいました。


このブログを書いてくれてありがとうございます。
涙なしには読めませんでした。 (ひろ)
2011-03-27 22:40:31
貴重な、貴重な、心のこもったレポート、ありがとうございました。私は医療職ではありませんが、福祉に携わるものとして、今回の惨状が社会的弱者に、色々な影響を及ぼしているだろうと想像はしていましたが、これほどとは。。。涙とともに、多くのことを文章からくみ取らせていただきました。胸に留めたいと思います。
ありがとうございます。 (しばはな227)
2011-03-27 22:41:05
お疲れさまでした。
そして、素直にこうして感じたままを書いてくれてありがとうございます。
涙が出ます。本当にありがとう。
ありがとうございました。 (good-sun*)
2011-03-27 22:41:23
たくさんのひとたちを助けてくれてありがとうございました。
被災された方と一緒に寄り添ってくれてありがとうございました。

そして伝えてくれてありがとうございました。
伝えることも辛く苦しかったのではないでしょうか。

ありがとう。
本当を知ることができて… (ハセガワ)
2011-03-27 22:42:14
ブログを読んで、東北の実情を知ることができて、今後何かできるように頑張っていかなければ…と思い、良かったと思います。

メディアで流れているよりも、本当はすさまじいのですネ。
私が今回の震災を甘く考えていることがよく分かりました。

ありがとうございます。
ありがとうございます。 (ソラヲ)
2011-03-27 22:43:07
あなたのような方がいることが,たくさんの人に希望を与えてくれます。
ほんとうにほんとうにありがたいことです。
私も震災により,住んでいた土地を離れざるを得ませんでした。
でも,生きている。
この意味をしっかりと噛み締め,
希望をもって,できることをしっかりと行っていきたいと思います。
ありがとうございます。
あなたの経験,思いを読むことができた私は幸せです。
お疲れ様でした。 (お江戸・うっど)
2011-03-27 22:44:15
読み進めていくうちに、胸がふさがれる想いが押し寄せてきます。

多くの命が失われた現実を見ながら、貴女が一人をも活かそうと奔走された事で、確実に救われた方もいらっしゃると思います。
それこそが、貴女がその場にいらした理由ではないでしょうか。
無駄ではない、決して。

私たちも、被災地の皆さんと心一つに復興して行かねばなりませんね。
そのためにも、まず自分を大事に、日々の責務を果たさなくては。
私も、気持ち新たにしています。
ありがとう (なべ)
2011-03-27 22:44:20
mixiに貼ってあったリンクからたどりつきました。
読ませていただいて、私達がテレビで見ている報道よりリアルに現実の壮絶な状況がわかりました。
看護士さんという素晴らしい職業をなさっていらっしゃって被災者の方々の力になれるというのはうらやましいです。

私は主婦で息子と妊娠9ヶ月の母です。身重でありなんにも被災者のお役に立てない・・・
心苦しい限りです。

だから・・・あなた様の貴重なお話をblogに載せてもよろしいですか?
一人でも多く、この震災の現実を知ってほしいと思いました。
ありがとうございました (金糸)
2011-03-27 22:46:30
一気に読ませていただきました。

お疲れさまでした。
本当に、本当にありがとうございました。

勝手ですが、許して下さいね。
パソコンを持っていない友たちたちに、プリントアウトして読んでもらいます。
ありがとうございました (まえくみ)
2011-03-27 22:47:27
余りの事態に、全体像が見えず、
テレビを見ても、結局状況がわからず、
そんな中で、現状の一端をやっと
知ることができた気がしました。

大変な中で、取って下さった記録を
読む事ができ、大変感謝です!

出来る事を、持久走で、でやっていきたいです。
ありがとう (海外から)
2011-03-27 22:49:45
ありがとう! 海外からだけど私も私に出来る事を長期戦で精一杯していこうと思います。
ありがとうございました。 (おじ)
2011-03-27 22:50:56
友人の紹介でこちらのブログを知りました。

私は横浜の老健で働く介護福祉士です。私の働く施設でも被災された高齢者の方々の一時入所対応が始まりました。

私も被災地に飛んでいきたい気持ちでしたが…貴方のような勇気はありません。正直、ケアは給料も少ないのでボランティア活動も難しいです。まずは、目の前の仕事から行動していこうと思います。

あと、少しお金を使って微力ながら経済を動かそうと行動し始めました。現実、経済大国だからこそ関東にいる僕達がお金を動かさないと。

貴方の行動で沢山の人が救われました。
顔も姿も知らない貴方に感謝です。
本当にありがとうございました。
感謝。 (クリス)
2011-03-27 22:51:20
全て一気に読ませて頂きました。
TVでは全くわからない現実。
涙が止まりません。
被災者でなくとも現地では本当に大変だったと思います。
心から有難う御座います。
涙が止まりませんでした (しのぶ)
2011-03-27 22:51:37
TVでは分からない現場での実体験。

こういうときは、本当にお金も化粧も、綺麗な服も要らないということを、まざまざと体感させていただきました。

貴重なこのお話こそ、是非全国の皆さんに読んで、現実を知ってもらいたい。

自分にできること、本当に色々考えさせられました。
ありがとうございました。

これからも第二の故郷のために頑張ってください。
希望のひかり (たぬき)
2011-03-27 22:53:19
お勤め本当にお疲れさまでした!

自分の目で見て初めてわかる被災地の現状…
そんな貴重な経験を貴ブログを通して、
ほんの少しですが共有させて頂けた気分です。
辛い思いを乗り越えて記録してくださったことに心から感謝!

正直、日本はこれからどなるんだろう、と
暗い気持ちに傾いていたのですが、
こちらを拝見して「希望」がはっきり見えてきました。
「希望」のひかりが日本中を照らしますように!
お疲れ様でした (Unknown)
2011-03-27 22:54:50
被災地の人達の現実を、わかりやすい言葉で
誠実に見たままを伝えてくれてありがとう
ございました。
そしてお疲れ様でした。

読み進めるにつれて涙が止まりませんでした。
でも私は何も失ってはいない。
被災地の為に募金するしか出来ません。
現地に行って活動する勇気も行動力もありません。

被災地のみなさんの頑張りを信じて
私も私が出来ることをやっていこうと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 22:55:20
現状を知らせてくれてありがとうございました。これから賛否あると思いますが、くだらない否定に負けないでください。すごく意味のある記事だと思いますから。
ありがとうございました。。。 (YF)
2011-03-27 22:56:27
お友達から紹介されて、涙涙で一気に拝読しました。
震災と別の次元で悩みを抱え迷っている娘に、今すぐ貴女の貴重な体験記を読むよう勧めます。
本当に本当にお疲れ様でした。
そして本当にありがとうございました。
皆に心からの笑顔が戻りますように・・・
Unknown (Unknown)
2011-03-27 22:58:20
本当にお疲れ様でした。私も自分のできることから、少しずつでもやっていきたいと思います。
ありがとうございます (のぶ)
2011-03-27 23:00:27
同じようなコメントですが、この気持ちを伝えずにいられない。ホントにありがとうございます。現実の一部でも知ることができました。テレビじゃないリアル。あなたや、あなたが出会った人たちのココロが伝わってきました。

どうかお体を大事に。自分もできることをやっていきます。あなたの故郷のために。
コメント出来ない... (Hiromax)
2011-03-27 23:01:01
ありがとうございました。そして、ご苦労さまでした。TVなんてホントに一面しか映していないんですね。これ以上壮絶すぎてコメント出来ません。
勇気をありがとうございました。 (よっチャン)
2011-03-27 23:02:00
mixiからきました。
私も看護師ですが、不純な動機で看護師になったから、卒業してまで勉強したくない、定時には帰って早く飲みに行きたいと腰かけで日々過ごしていた自分を本当に恥ずかしく思います。


あなたのような看護師に出会えたことを忘れません。

リーダーの方の出発前の言葉も、厳しいようだけど当然で立派だなと思いました。
こんな上司、あなたのように自分をかえりみず他人のために行動をおこす方達が働いてる病院はとても素晴らしく、やりがいがあるんだろうなと思います。


まだ20代、誰かのために素人よりもわずかばかり力になれる、こんな素晴らしい免許を持っているんだから1からやり直さないと。

勇気と看護師のあるべき姿を見せてくれてありがとうございました。

そしてお疲れ様でした。
アメリカから (ゆり)
2011-03-27 23:02:11
アメリカからブログを拝読させていただきました。何かしたくても募金や節電ぐらいしかできず、もどかしい思いをしている国民が私を含めほとんどだと思うので、現地に赴いて直接被災地の方々にふれあった体験を分かち合っていただけて本当にありがたいです。
かわいいるなちゃんやタイム風呂敷がほしいと言う男の子、切手を探すおじいさんや足湯のお湯で顔を洗うおじいさんなど、現地を見て来た人にしか知り得ないエピソードを読んで、そこにいらっしゃる方々が地震の前日まで私達と変わらない普通の生活をしていた人々なんだということを改めて実感し、心が締め付けられる思いでした。
なんの専門知識もない私がアメリカからできることは募金ぐらいしかありませんが、これからもずっと忘れることなく自分にできる限りの支援をしていき、るなちゃんちの未来が少しでも明るいものになるように責任感を持って日本国民として生きていきたいです。
それにしても、看護婦さんて本当に大変そうですが、素敵なお仕事ですね!
Unknown (Unknown)
2011-03-27 23:02:43
お疲れさまでした。貴重な経験を伝えてくださってありがとうございます。読んでいて涙が止まりませんでした。被災された方が安心して眠れる日が早く来ますように。
ありがとう (mog)
2011-03-27 23:03:09
お疲れさまでした。
少し落ち着いてきている自分に、ガツンと生の声が入ってきて苦しいくらいでした。
自分にできることを考えながら、これからもしっかりこの震災のことを考えていこうと思いました。

このことを言葉に書くことさえ大変だったと思います。

何かを感じて進んでいこうと思いました。

ありがとうございました。
Unknown (Emily。)
2011-03-27 23:04:00
Twitterからきました。
一気に読ませていただきました。
ただただ、涙が止まりませんでした。
現地ではないとわからないこと、たくさんあります。それを知ることができて本当によかったと思います。
被災地の方々は、これからが本当に大変な時なんだと思います。
私達も一時のことではなく、忘れることなく支援をし続けなければ、本当に復興にはならないんだと思いました。
ありがとうございます。
ありがとうございました。 (みずき)
2011-03-27 23:05:34
一気に読ませていただきました。
このブログを書いてくださって、TVやインターネットでの情報ではわからない現実を教えてくださって、本当にありがとうございます。

被災していない私は、何を言っても偽善になってしまうような気がして、どんなコメントをしたらいいのかも思いつきません。
でも、ひとりでも多くの方にこのブログを読んで頂きたいと思いました。

そして、自分にできることを小さいことでも頑張っていこうと思います。

本当に、ありがとうございました。
これからも医療の現場でがんばってください。
初めまして。 (にしこ)
2011-03-27 23:06:23
すべて読ませて頂きました。テレビのニュースで、陸前高田市の被災状況よく見ていましたが、このブログをみて更に想像以上酷かったんだと思いました。私の地元は、福島です。しかも、原発自主避難区域ギリギリの地区です。
今ですら物資はもちろん、自衛隊ですら近寄ろうとはしません。地元に残ってる知人に聞き、胸が張り裂けるくらい悔しかったです。
話が反れてしまいましたが、あなたのブログを見てとても勇気付けられたし、考えさせられました。これから、復興に向けて少しでも地元の手助けをしていこうと思います。
お仕事、頑張って下さい。勇気をありがとうございます。
ありがとうございます (とも)
2011-03-27 23:07:39
岩手で生まれ育ち、今は東京で歯がゆい思いをしています。
本当に、本当に、岩手の人たちのために尽力してくださってありがとうございます。
故郷なのに、何もできない。募金もしたいけど、お金もそんなに持ってない。
できるのは、無事だった家族に毎日電話をすることだけ。
正直、被災地の過酷な現状なんて、なにもしりません。マスコミを通した情報でしか、なにもしりません。
だから悔しくて、悲しくて、どうにもなりません。

だから、本当に、力を尽くしてくれたことに感謝の気持ちしかありません。

ありがとうございます。
お疲れ様でした (サクサク)
2011-03-27 23:07:56
初めまして、twitterから来ました。
毎日の極限状態で貴重な情報をありがとうございました。マスコミの報道が全てだとは思っていませんでしたが、読んでて涙が止まりませんでした。自分の叔母と叔父は茨城で被災しましたが、「東北の人に比べれば対したこと無い」と言っていました。
貴女の流した涙と汗は、決して無駄になることは無いと思います。
貴女の、人への「いたわりの心」は沢山の人に受け継がれる事でしょう!
本当にお疲れ様でした。
一日の早く、東北の人達に笑顔が戻ります様に。
ありがとう (たかし)
2011-03-27 23:08:07
ありがとう。
心からありがとう。
私も可能な限り、
被災地を支援します。
知る事が出来て良かったです。涙が止まりません。 (はにゃんこ)
2011-03-27 23:08:08
糸井さんのツイートから飛んできました。
報道では知りえない、現地の生の状況に改めて衝撃を受けました。
被災した人たちはもちろん、救ける人たちもぎりぎりのところで戦っている。
でも悲惨な環境の中でも、他人を思いやる事の尊さに胸が震えます。
人を救えるのも人なのだと希望が持てました。誰にでもきっと、出来る事が必ずある。
不眠不休の救護活動、本当にお疲れさまでした。
貴方が見て来たこと、感じたままを綴った言葉が、きっとこれからも周りを動かす力になります。
ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 23:08:57
全部拝見させていただきました。被災された方々の気持ちが読んでいて胸を締め付けられる思いでした。
ありがとう! (陸前高田市民)
2011-03-27 23:10:01
優しさと笑顔に沢山励まされました。ありがとう。

第二の故郷って言ってくれてありがとう。
 (りゅうー)
2011-03-27 23:10:20
現地の状況を知り、人間の強さ・助けあうことの大切さを感じました。今は辛いかもしれませんが、強く生きて欲しいと思います。

心から、被災した方々の幸せをお祈りします。
有り難うございます (chiko)
2011-03-27 23:13:19
mixiから来ました。
全て読ませて頂きました。テレビなどでは知らされていない被災地の状況を教えて頂いて有り難うございます。想像を遥かに超えた内容に正直かなりのショックでした。
でも私のショックなど、被災地の方々のショックや悲しみに比べたら小さくて間接的な物でしかありません。自分に出来る事は何なのかをもう一度しっかりと考えようと思います。
『お疲れ様でした』というありきたりな言葉しか書けない自分がもどかしいですが、必死で命と心をつないでくれた事に感謝の気持ちを込めて。『ありがとう』
1人でも多くの方に読んで頂きたいので拡散させて頂きたいです。
おつかれさまです (ゆきほ)
2011-03-27 23:13:29
たくさんの方の病と心を癒してきてくださって、本当におつかれさまです、ありがとうございます。
東京の看護師ではなく、‘ゴンちゃん’になったゆかさんに救われて心を寄せている方がたくさんいらっしゃると思います。
どうか瑠奈ちゃんや避難所のみなさんが早く安心できる環境に落ち着けますように。
そしてゆかさんたち“家族”のみなさんが笑顔で再会できますように。
お疲れさまです (kyu)
2011-03-27 23:16:58
私は看護学生です。
災害看護に進もうか考えているところでした。
この文章を読んで、被災地の悲惨さ、医療従事者、消防、自衛隊、警察…みなさんのニュースでは伝わらないことがわかりました。
私も、本当誰かのためになるような看護師を目指したいと思います!そのために自分が今できること、一生懸命勉強すること!頑張ります!上手く言葉にできませんが…私たちに伝えてくれてありがとうございます。
信じるに値するプロ! (ハイロ)
2011-03-27 23:18:12
糸井重里さんのつぶやきでたどり着きました。本当にお疲れさまでした。これを読んで泣かない人がいるんでしょうか?胸に届く、いや突き刺さる言葉に時を忘れて一気に読了しました。(さすがに読者みなさんのコメント全部はまだ途中ですが)

こんな状況の中、自分に何ができるかと自問する人が沢山います。必要とされるプロの方々はどんどん関わっていくべきですし、私のようにすぐには何も出来ない、となってしまう人は、そうしたプロの皆さんの仕事ぶりを信じて応援するしかない。政府や東電にはやきもきしてしまいますが、それでも今はプロの方々を信じること、これが今普通の私たちに課せられていることだと思っています。看護師「ゴンさん」の告白は、信じられるプロがちゃんと仕事してくれている、とわかり、強く励まされました。

貴重な日記をアップしていただき、ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。ありがとう! (matsumo)
2011-03-27 23:18:12
報道だけでは知り得なかったことがたくさんありました。
涙無くしては読めない部分もたくさんありました。
現場に行っておられた方は、その何倍も何倍も悲しい気持ちに押し流されそうになりながら、お勤めをなさっていたことと思います。本当にお疲れ様でした。

どなたかがコメントなさっていましたが、是非、英訳して、海外の方にもJKTSさんの経験を伝えていったら良いのではないかと思いました。
ありがとうございます。 (なお)
2011-03-27 23:18:53
お仕事お疲れさまでした。

全て読ませて頂きました。

ありがとうございました。

色々なことを感じ、考えさせて頂いたのですが、なんてコメントしたらいいのかわからなくて、すみません。

でも、日本が元気になるように、わたしも東京で頑張りたいと思いました。
考えさせられました (なつ)
2011-03-27 23:19:34
テレビでは報道されない現実を教えて下さってありがとうございます。
自分も1歳と0歳の子供がいる母親なので、お腹の赤ちゃんに会えずに亡くなった妊婦さんや、幼い子を残して亡くなってしまったお母さんの無念さを思うと涙が止まりませんでした。
自分なりにもう一度きちんと考えて、生きていこうと思います。
ありがとうございました (SxSx1983)
2011-03-27 23:19:54
twitterから辿り着き、日記を拝見しました。
僕は宮城県の市町村職員です。
僕の住んでいる地域は、陸前高田市や気仙沼市、南三陸町などの被害が甚大な地域と比べ、幸いにも被害は少ないです。
しかし、市民にとって、被災地であり被災者であることには変わりありません。
僕は地震発生からずっと避難所を担当していました。
電気も暖房もない極寒の真っ暗な体育館の中で、家族や友人の安否が確認できないまま夜を過ごす避難者の不安は計り知れません。
そんな避難者の想いを考えると、僕も一晩中眠ることができませんでした。

ラジオで、路上に200~300人の遺体を発見というニュースを聞いたときは、鳥肌が立ちました。
遺体は想像以上に損傷が激しく、身元を確認することが困難であるとか。
同僚の中でも、弟を津波で亡くした人もおり、被災者の心の傷はものすごく深いです。
あなたはそんな壮絶な現場を間近で見てきたのですね。

一方で、暗いニュースばかりではありませんでした。
電気や携帯が復旧するにつれ、大切な人の無事が確認でき、涙を流す人が増えてきました。
避難者も避難所での役割を見つけ、ご飯の準備を手伝ってくれたり、お年寄りの世話をしてくれたり、まるで家族のようになっていました。
今回の大震災で、人の優しさ・ありがたみを改めて感じました。
あなたのように被災地に駆けつけてくれた医療スタッフの皆さん、物資を届けてくれた皆さん、全国で募金活動をしてくれている皆さん、世界各国から応援してくれている皆さん、僕たちはあなた達に助けていただきました。
本当にありがとうございます。

地震発生から16日が経ちますが、いつまでこの状態が続くか先が見えないため、皆が疲れてきています。
被災してから人の笑顔を何回見れたでしょうか。
今は前を見て進むしかないんだけど、笑うことってすごく大事だなって思っています。

あなたの日記を読んで、明日からまた災害対応頑張れそうです。
笑顔で頑張ります!
ありがとうございました。
このブログで授業をさせて下さい (sakie)
2011-03-27 23:21:35
糸井重里氏のツイートから参りました。
読んでいて胸がいっぱいになり、自分にできることは一体何だろうかと考えさせられました。

私は東京都内の私立学校で国語教師をしております。是非、新学期の最初の授業でこのブログの内容を紹介したいのですが、ご許可頂けますでしょうか。

これから復興に向けての長期戦が始まるにあたり、中高生の生徒たちと一緒に、自分たちに何が出来るかを考えていきたいです。こういう文章を読んで考えることをするために、自分は教師になったのだと思いました。

もし問題がありましたら、お手数ですが下記アドレスにご連絡を頂けますと幸いです。誠に勝手なお願いをして恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

ryo4saiki◎saku2.com(◎→@)
Unknown (ありがとうございました)
2011-03-27 23:22:44
私も糸井さんのツイートでこちらを知りました。
貴重な体験談を、本当にありがとうございます。
想像を絶する状況の中でも、希望をみつけようとする姿勢が、本当にすばらしいと思いました。
おつかれさまでした。
ありがとうございます (ゆっか♪)
2011-03-27 23:23:20
おつかれさま、とかありがとう、とか。
そのコトバでは足りないほどの気持ちでいっぱいです。

自分にできることって本当に難しくて、
ドクターや看護士さんを羨ましくも思っていました。この先、どんなことがあってもこれを誇りに(というと少しおかしいですが)ずっとずっと看護士であり続けてください。

忘れないこと。ホント、これが一番の支援だと思っています。忘れないどころか、今現在、すっかり忘れている人がいるのも日本の事実。

だからこそ、何年も何年も、この記録を残しておいてくださいね。


今はそこへ行ってお手伝いができない自分がもどかしいですが、1年後でも2年後でも、みんなが笑って暮らせるようになるまで絶対に忘れません!!必ず行きますから。

きっと誰にでもできることがたくさんある、と信じています。

お疲れ様でした。。 (millie)
2011-03-27 23:26:29
読ませていただきました。
テレビなどで現地については見聞きしてはいたものの、ここまでのことは想像できていませんでした。
伝えてくださってありがとうございます。
読むことができてよかったと心から思います。
私にはできない支援ですが、これからも頑張ってください!
私もできることをこれからも考え行動していきたいと思います!
教えてくれてありがとう。 (miomaeshima)
2011-03-27 23:27:25
被災地の現状を教えてくださってありがとうございます。

恥ずかしいですが、東京に住んでいた私は原発事故ばかりに気を取られがちで、被災地は全く次元の違う状態なのでは、とは思いつつ、これを読んでがつんときました。

報道規制があり、すべてを映せないということも、言っていただいて初めて現実的に理解できました。知り合いにもこのブログを紹介します。

お疲れさまでした。そして、本当にありがとうございます。
Unknown (まめ)
2011-03-27 23:27:38
私は普段音楽療法士(介護もしますが)をしています。が、今回介護職員として派遣登録をしています。
1日から申請をしているのですが、まだ何も要請がなくて・・・。
地震が起きた次の日から、偶然にも4日間仕事がお休みでした。
ことごとく予定がキャンセルになり、家で地震のニュースをただただ見ているしかなく、なんで私は今ぼーっとここにいるのか、助けにいくことはできないのかと思っていました。
派遣の話が来たときにすぐに「行きます」と即答。
でも、このブログを読んで、そんな甘ちょろい現場、現実ではないんだということがすごく伝わってきました。

それでも私もやっぱり現場に行きたい。
私もあなたのように現場で戦いたいです。


とても貴重なブログをありがとうございました。
派遣が決まったらまたご報告、読み返したいと思います。
ありがとう。 (あかまめ)
2011-03-27 23:27:55
Twitterからきました。
想像以上の現実に驚きを隠せません。

大変な中、現実のレポートありがとうございました。

都内にいる自分は自分の出来る範囲の事を粛々と行うことの方が現段階では良いのかと思いました。(募金や物資援助など)
ありがとうございます (こぽん)
2011-03-27 23:28:46
自分は被災もしていませんが、なぜか読んだあとにありがとうって言葉が出てきました。
今 募金活動をしています。
これからも継続して行こうと固く思いました。
本当にありがとうございます。
ありがとうございます (こぽん)
2011-03-27 23:28:51
自分は被災もしていませんが、なぜか読んだあとにありがとうって言葉が出てきました。
今 募金活動をしています。
これからも継続して行こうと固く思いました。
本当にありがとうございます。
ありがとうございました (養壷)
2011-03-27 23:33:08
(お名前がわからないので「あなた」と書かせてください)

「現地で泣いてしまい、叱られた」とあります。
しかし、それはヒトとして起きてしまうことだったと思うのです。

あなたには、現地で活躍するスキルもあった。
そして、あなたには現地に残ろうという覚悟や勇気もあったのです。

僕は、とくに後者についてあなたを尊敬してやみません。
あなたのような方がいるからこそ現地の方々が救われたと思うと・・・
本当にすばらしいと思います。

僕にはそのような覚悟や勇気はないし、スキルもありません。
かといってそのことにいじけていても仕方ありませんから、
できる範囲のことをしようと思います。
すでに多くのコメントで書かれた方もいらっしゃいますが、
あなたは現地以外の人間にも、多くの希望を与えました。

大変貴重なブログを公開していただき、ありがとうございました。
ゆっくりお休みください。

twitter @yanghu_run
ありがとうございます (mijumama)
2011-03-27 23:34:52
Facebookで友人が勧めていてこちらに参りました。
過酷な現場で心と技と力を尽くして下さって、本当にありがとうございました。
こちらの非現実的に裕福な現実の中ではマスコミ・ネットを問わず情報が氾濫し、
誰を信じたら良いのか、誰の言うこともアテにならないのではないかという不信感も広がっています。
そんな中でカンゴンさんのご報告はまっすぐに胸に届きました。信じられると思いました。
そのことにも、心から御礼申し上げます。
このトンネルを抜けるのは本当に長期戦ですね。だから決して忘れてはならない。そして自分の出来ることで長期戦を戦い、被災した皆さんを受け止め支え、復興していかなくては。
カンゴンさんの記録を、折に触れ、読み返させて頂きたいと思います。
自分のブログでもご紹介させて頂きます。
どうぞ疲れを取って、また患者さんのために力を貸して上げて下さい!
ひとりひとりが考えていくこと (kei)
2011-03-27 23:34:59
この度は貴重な記事を上げてくださいまして
本当にありがとうございました。
どんな報道よりも身につまされ
考えさせられ、現実を突きつけられた思いで
言葉もありませんでした。
おっしゃる通り、これからが本当に必要な支援が求められていくでしょう。
娘も看護の仕事を目指しております。
その下の子二人もこれからの社会を担っていく立場になります。
この壮絶で、貴重で、尊い命の意味の詰まった
体験を子どもたちにも読ませたいと思います。
また、私自身、教育者という立場の責任において、これから、大人になっていく子どもたちへ
日本の大きな試練を共に担っていくこと、
命の重みを真剣に考えていくこと、
そして、自分の命を精一杯に生きることを
伝えていきたいと心から思いました。
この記事を、紹介させて頂きますことを
どうかお許し下さいませ。
これからも、お体には十分に気を付けられまして、ご自分のお仕事に誇りをお持ちになり、
たくさんの大変な思いをされているみなさまの
「希望」としてお勤め下さいませ。
ご活躍をお祈りしております。
本当にありがとうございました。
ありがとう (mole)
2011-03-27 23:35:20
貴重な経験を教えて頂いて
ありがとうございます。
知る事が出来た事に、感謝。

笑顔、忘れないようにしないとな、と思いました。
本当に、ありがとう。
お疲れさまでした。 (tae)
2011-03-27 23:35:28
mixiの日記にこのblog読んでみて から来ました。
医療活動お疲れ様でした。体力的にも精神的にも辛かったんでしょうね。涙なしでは読めませんでした。でも、避難所の方々ととてもよい人間関係が築けてて、被災者の方々もあなた様から元気をもらえてたのでしょうね。あなた様の気持ちが皆さんに伝わったのだと思います。
自分も看護師をしていました。現在は子育て中でまだ復帰出来てません。今回の地震、西日本は申し訳ないほどにいつもと変わらない日常で、罪悪感さえ感じていました。何か出来ることはないか、募金と、支援物資を市が集めていたので、持って行きました。
うちにも 3歳1歳のこどもがいるので、やはり、テレビを見ててもこども達は大丈夫かなと思ってしまいます。長女は食物アレルギーがあるので、アレルギーあるこどもは食べ物あるかが心配です。

あなた様のblogにあるように、私たちは、日常を一生懸命に自分達のやるべきことをやる! ですね!
一日も早く、被災者の方々に笑顔が戻りますように
ありがとうございました (かずみ)
2011-03-27 23:37:42
現地でしかわからない 貴重な体験を 綴ってくださり
ありがとうございました。 
あらためて 出来る限りのことを 続けて行こうという
気持ちになりました。 
この記録は たくさんの方の 役に立つ情報だと思います。
ありがとう 感謝をこめて。
英訳手伝いたいです (みやけ)
2011-03-27 23:38:14
職務とはいえ、極限の状態の中、克明に被災地の現状を伝えて下さり、身内でもないのに貴女を誇りに思っています。

私も被災していないので、できることといえば節電と、募金と、医療従事者を煩わせないために健康でいることしかありません。

あとは、どなたか仰っていましたが、私も翻訳業をしているので、英訳をお手伝いしたいです。

世界の人に知っていただきたい。

ありがとうございました、ゆっくり休んで、再び尊いお仕事にまい進下さい。
ありがとうございます。 (yoshi)
2011-03-27 23:38:22
みんなを助けてくれてありがとうございます。
テレビで最初に見た映像が陸前高田の映像でした。
本当に言葉がありませんでした。
自分も今、東北に住んでいますが、幸いほぼ日常に戻れています。

自分にできることは何だろう。
自問自答の日々を過ごしています。

明確な正解はないかもしれないけど、今はしっかりと前を向いて、生きていこう。それしか考えられません。

自分が今生きているという事実。絶対に忘れません。

誰かの文章を見て涙が出たのは初めてです。
本当にお疲れ様でした。
これからも頑張りましょう。
僕も頑張ります!
ありがとう (john)
2011-03-27 23:39:13
糸井さんが紹介されていたので辿り着きました。
ただただ、ありがとうございます。
それしか言えません。
看護師。
素晴らしいお仕事ですね。
絶句です。。。 (もん吉)
2011-03-27 23:43:41
医療の面でたくさんの方を救い、現地でたくさんの方の心を救い、そして被災者ではない多くの人達にこの真実を伝えてくださって、本当に偉大なる貢献をされたことに、ただただ頭が下がるばかりです。それでもあたな様は、きっとまだまだ足りないと思われる事でしょう。偶然にもこちらのブログに出会えた事、そしてコメントさせていただける事で、少しでもあなた様への感謝気持ちをお伝えし、励まして差し上げる事ができたなら、そして、被災された方々に再びお会いする事ができた時、間接的にでも被災された方々の心のお力になれたら・・とすがる思いでコメントさせていただいています。募金と節電以外何もできない自分ですが、常に情報を求め、被災地の現実をいつまでも刻一刻と心に刻みつけて行き続ける事も、私の役目だと思っています。その時々に自分が出来ることを探しながら・・・
本当に尊いお仕事ですよね、看護師さんて。私の姉も看護師をしていますが、重労働で大変なお仕事ですよね。お身体壊さないように頑張ってください。
Unknown (かん)
2011-03-27 23:43:59

マスコミが取り上げない現実を教えて下さってありがとうございます。

私は看護学生をしている者です。

この貴重な体験談を友人にも伝えたいのですが宜しいでしょうか…

今自分たちに何が出来るのか?これからの自分たちは何をしていくべきなのか?考えていきたいと思います。
Unknown (ゴエちゃん)
2011-03-27 23:44:21
読ませていただきました。
ありがとうございました。

前を向いて行きます。
今、こうして生きているので酢から。
ありがとうございます (みや)
2011-03-27 23:44:27
日記に書いていただいて、知ることができました。

わたしたちは現場の声をテレビやラジオ、新聞というフィルターを通して知るために、現実の多くを知らないと気付かされました。

どうか一日も早い復興を。被災者の方達に本当の安心を。願って止みません。

また現地におもむかれる時には、笑顔で元気をわけてあげてください。わたしたちの分まで。

できるかぎりのことをこれからも協力していきます。

ありがとうございました。 (Unknown)
2011-03-27 23:44:48
同じく看護師をしています。

被災地まで行くのに物凄い決心と勇気が必要だったのでしょうね。

貴重な記事を拝見させて頂きありがとうございます。
きっと、瑠奈ちゃんは将来看護師になるのでしょうね!!

Unknown (みー)
2011-03-27 23:47:13
ありがとうございました。
是非読んでもらいたいないようでした。
もう、今の生活はどんなに幸せなのか
改めて思い知らされました。
ありがとうございます (けいこ)
2011-03-27 23:47:28
現地の感じがとてもよく伝わってきて
毎日マメに記録してる場合じゃない状況だったとは思うんですが、
これを残してくださってありがとうございます。
被災地の方々の前向きな姿に、
さらに支援、応援をと
毎日自分にできることを探しています。小さなことから始めています。
言い尽くせませんが、ありがとうございます。
ありがとうございました (しげ)
2011-03-27 23:47:30
一気に読ませていただきました。報道では伝わらないことを伝えていただきありがとうございます。途中から言葉には表せない気持ちでいっぱいになり涙が止まりませんでした。なんとコメントしていいのかわからず、ずいぶん考え込んでいました。海外在住のただの会社員ではあまりできることはないかもしれませんが、東北に縁を持つものとして、日本人として、そして人として、何かできることからしていきたいと思います。
ありがとうございます、そしておつかれさまでした。
お疲れ様でした、カンゴンさん (ひろみ)
2011-03-27 23:47:40
本当に山積みのやらなくてはならないことという事を
再認識させてもらえた日記です。
「カンゴン」とても素晴らしい職をお持ちで
素敵です。
私にもできることからしていきます。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-27 23:47:51
日記を拝見させていただきました。
大阪にいる病院から離職十年の看護師です。病院看護師を離職後、地域保健を少しやっていました。

何をどうお伝えしていいのかわかりませんが、震災がおきてからずっと胸がつぶれる思いでした。
現時点で離職している私ですが、少しでも役にたちたくて医療ボランティアに登録していますが調整の問題もあり、まだ派遣要請はありません。

毎日祈りながら悶々と過ごしています。

あなた様の日記を見て、全く現実を理解できていない自分を恥じると同時に、被災された方達の悲しみと辛さに胸をつかれています。

そして、傷つきながらも一生懸命に被災地で頑張ってこられたあなた様に本当に感謝致します。

私を含め、皆が何とか被災地の方の力になりたいと思いながらも、現実は募金や経済をおちこませないように生活しながら毎日悶々とし過ごしています。

そんな中、私達の思いをも背負って現場に行き精一杯頑張って下さったあなた様に本当に感謝したいと思います。

派遣中、心が裂かれるような思いを沢山されたと思います。
どうぞ、体も心の辛さを無理やり抑えこまずになさって下さい。

被災地の方達のことを思えば、そういう言い方をするのは本当に申し訳ないですが、救援活動に行かれたあなた様も二次被災をされています。
あなた様の心と体の健康も大切ですし今後も命を守るあなた様自身もちゃんと守っていっていただきたいと思います。

上手く言えなくて本当に申し訳ないですが、同じ看護師としてあなた様が頑張って被災地の方を守って下さったこと、本当に感謝しています。

私も今後、精一杯できることをしてあなた様の気持ちをつないでいきたいと思います。
ありがとうございます (うみ)
2011-03-27 23:49:59
ツイッターからこちらのブログを知り拝見させて
頂きました。
本当になんと言葉にすればいいのか判りません。
ただ、現地の方の暖かさに涙が出ました。

私も自分に出来ることが何なのか。
些細な事でも忘れずに考え続けていきたいと思います。

本当にありがとうございました。
書いてくれてありがとうございます。 (とり)
2011-03-27 23:50:07
薬剤師をしており、今回の震災でボランティアを申請しております。願ったところで行けるかはわかりません。ですがもし行けるのならば、改めて覚悟ができました。
貴重な体験を記載していただきありがとうございました。自分に何ができるのか、考えて行動していきたいです。
感謝と尊敬 (大阪在住の小林)
2011-03-27 23:50:24
あなた様の現地での活躍とともにこのブログは被災地に最大限の貢献されてます。有り難うございましたm(__)m
読めてよかったです (ushiii)
2011-03-27 23:50:37
ありがとうございます。
盛岡にすんでいて、自分の気持ちの向かう方向に戸惑ってばかりでした。
自分の職業を全うしようと、あらためて思いました。
岩手で頑張っていただいたこと、そして、書いてくれたこと。ありがとうございました。
ありがとう (izumi)
2011-03-27 23:53:59
ニュースからでない状況を辛い思いをしながらも伝えてくれてありがとうございます。
私は九州に住んでいますがこの出来事は忘れません。
ありがとうございました (原戸アキヒロ)
2011-03-27 23:54:10
お疲れ様でした (タブロウ)
2011-03-27 23:54:11
お疲れ様でした。
貴重なお話を持って帰ってくださって、ありがとうございました。
私たち都会で電気とものを消費しかできていないものは
「何もできない」という後ろめたさに、また耐えねばなりませんね。
できることを探して。
お疲れさまです。 (m)
2011-03-27 23:54:29
mixiからこちらのblogにたどり着きました。

言葉がでません……。


関東にいる私には想像もできないようなとても辛い現場で、泣かないなんて無理ですよね……

でも、泣かないように泣かないようにと職務を立派に果たした看護師さん、とても立派です!


まだまだ被災地で頑張ってる方を思うとお疲れさまでした。なんて言うのもためらってしまいそうですが、

「看護師さん、お疲れさまでした!ありがとう。」

そう言わずには、いられません。


一日でも早い復興をお祈りいたします。


追伸

こちらのblogを、mixiにて友人にも教えてもよろしいでしょうか?

一人でも多くの人に知ってもらいたいので……
Unknown (@betapack)
2011-03-27 23:56:49
私の実家は宮城県気仙沼市大島です。家を津波で失いましたが、両親と祖母が生き残っています。大分遅くなってしまいましたが、私自身も3/29に東京から家族の許へ向かいます。

そんな折、このブログを拝見しました。東北の人々を助けていただいて、本当にありがとうございました。
お疲れさまでした (めぐ)
2011-03-27 23:57:06
もう、何と言っていいか…改めて自分にできることを考えさせられました。被災地から遠く離れた所に住んでいますが、募金や節電、できることをしていこうと思います。
ありがとうございました。
ありがとうございます。 (ゆり)
2011-03-27 23:57:14
mixiで、このブログのことをしって きました。被災地の状況、この状況がかなりの広範囲に広がっているのであろう現実、泣いてはいけないけれどぎゅっとしたもので身体の中がいっぱいになりました。
マスコミでは報道されない部分も多々あるでしょう。これが真実。自分に何ができるのか、もう一度考えたいと思います。ありがとうございました。
ありがとう (ike)
2011-03-27 23:57:39
現地で支援された方の言葉、とっても重みがありました。
記録を残してくださりありがとうございました。
瑠奈チャンに再会できてよかったですね。

今すぐに被災地でお役に立てるスキルを持っていないので
先日の給料の一部をまた募金したいと思います。
ありがとう (まい)
2011-03-27 23:57:46
やはり生の声は違いました。涙が止まりません。
こういうことが知りたかったのです。
ありがとうございます。絶対忘れません。
ありがとうございました (azu)
2011-03-27 23:57:52
初めまして。
泣きながら読ませていただきました。
とても貴重な体験談、現地に足を運んだ方しか本当の現状ってわからないのだと思い知らされました。
TVで知る状況に加えて、避難所での医療体制というのは報道されても少し。知れてよかったです。
私はそうやって力になれるような仕事ではないので、ただ祈るしか出来なくて。
なのでこれからも祈り続けます。
素敵な記録を残してくださって本当にありがとうございました。
ありがとうございます (kiya)
2011-03-27 23:59:30
このブログを読まなかったら、非現実の世界で何も考えずに生きていたと思います。忘れないようにと形だけで終わっていたと思います。自分が何も分かっていなかった事に気づかされました。ありがとうございます。これからずっと現実で起こった事起こっている事を忘れずに、そして、自分に出来る事が実行できる時がくるのを信じて今の生活を今の自分を精一杯歩んでいきたいと思います。ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-27 23:59:53
被災地での活動お疲れさまでした。
ゆっくり体を休めて下さい。

今までテレビやインターネットで地震や津波の映像等を見て、大変な事が起きてしまったんだなぁ。なんて思っていたんですが、現地は想像以上に過酷な状況だったんですね…。
本当に一部の事しか知りませんでした。
この日記を書いてくれてありがとうございます!
身体的な辛さ、必要な物が足りなくてしたいことが出来ないもどかしい辛さ…たくさんの事があったと思います。
一人一人にのしかかるプレッシャーも…。
それでも現地の方々の笑顔が見れたという事は、医療だけではなく、思いやる温かい気持ちが伝わったからのように思います!!
私ももうすぐ看護師として働きます。
被災地に行く事は無いんだろうなーと思いながらも、私も頑張らなくちゃ!!と思いました。
私も出来る事をひとつひとつして行きます!!
ありがとうございます (各務)
2011-03-28 00:00:41
友人が被災地にいます。

被災地にいる友人の分も、また何も出来ない自分の分もお礼を言わせてください。
本当にありがとうございます。
ありがとうございました。 (momo)
2011-03-28 00:00:45
お疲れ様でした。そしてありがとうございました。報道には限りがあって現地のことを全て知らせてくれるわけではないので、このブログを読んでみなさんが辛くとも力強く過ごされているのがよくわかりました。私も何か自分に出来ることを探したいと思います。
ありがとうございました (hiromi)
2011-03-28 00:01:45
陸前高田の出身です。今は東京に住んでいます。

私の実家も津波で流されました。

幸い両親は無事でした。今は避難所生活をしています。

高田のことを高田の人をこんなに思ってくださって、本当にありがとうございます。

言葉にできないほどの感謝の気持ちです。

私は来週高田に向かう予定です。

変わり果ててしまった故郷を見るのは少し怖いけれど、それでもしっかり記憶してこようと思っています。

「赤い旗」辛すぎるけど、忘れてはいけないと思うから。

教えてくださって、ありがとう。

あなた様のことは忘れません。



ありがとうございます (yuki)
2011-03-28 00:02:02
現地での率直で詳細な記録の公開、感謝いたします。

九州にいる私なんかが泣いていたらダメだ、と思いつつ
落涙が止まりません。

メディアでの報道では見えない生々しく壮絶なこの記録を
真摯に心に刻み、今後私にできることを
長期的に支援し続けようと心に誓いました。

西日本、頑張ります!!
伝えてくださってありがとうございます (はぜまる)
2011-03-28 00:02:28
Twitter経由で拝読しました。
本当に伝えてくださってありがとうございます。
報道では規制が入っていて現実はもっと過酷な状況だろうと想像はしていましたが
こちらを拝読して本当に言葉もありません…
そんな過酷な現実に直面されている被災地の皆さんや
現場で被災地の皆様を支えている看護師さんの姿を思うと胸が詰まります。。
この現実に目を背けるコト無く向き合って
自分が被災地の皆さんに対して出来る事を考えて行動していかなければといけないですね。

今は東京に戻られて忙しい毎日をお過ごしかと思いますが
どうかご自愛なさってください。

僕もリンクの許可を頂かずに申し訳ないですが
拙い自分のブログにて紹介させて下さい。
大変失礼かと思いますが宜しくお願い致します。
ありがとうございます。 (fy)
2011-03-28 00:02:48
貴重なお話をありがとうございました。
少しずつですが、明日へ向かっているんですね。
今は募金と節電ぐらいしか出来ませんが、応援ています。
本当に、ありがとうございました。 (sara)
2011-03-28 00:02:56
糸井重里氏のツイートで知り、一気に拝見させていただきました。
私は、宮城県在住ですが沿岸部から少し離れている場所の為、津波被害はありませんでした。

会社が道の駅を運営しておりますので、震災直後から電気の無い寒い中、食料の販売を手伝っておりました。
やはり、被災して食べるものが無いという方達に少しでも喜んでいただきたい一心で頑張って来られたと思います。

壊滅的な被害だったという、歌津や石巻・渡波などから食料の買い出しに来られた方も多くいらっしゃいました。
皆さんのお話を聞くに連れ、生々しい被災現場の様子に、何と声をかけて良いのか戸惑う事もありました。

購入制限無く販売しておりましたので、感謝の言葉をいただきましたが、気にしないで沢山食べて下さい!と祈るような気持ちにもなりました。
本当は、もっと温かいものを買っていただきたいのですが、電気が使えない状況が悔しくもありました。

数年前まで勤めていた石巻市は、津波で無惨な姿に変貌してしまいました。
友人達の事がとても気になりますし、気仙沼の友人もいまだ音信不通となっています。
ガソリンさえあれば、すぐにでも行ってお世話になった方を探したいけれど、何も出来ない自分が歯がゆく感じます。

やっと見つけた避難者名簿の名前。すぐにレターパックで肌着などを送ったところ、同姓同名の別人だったと分かりました。
友人と早く連絡が取りたいけれど、他の方でも私の送ったものが喜んでいただけたのであれば、とても嬉しい事です。
困っている方でしたら、どうぞ、という連帯感にも似た気持ちが、今の被災地にはある気がします。

宮城はこれから、ますます厳しい現実と戦って行かなければならないのでしょう。
治安の悪化も囁かれています。共にいま生きている人達が、もっともっと安心して生きられる様な、そんな体制作りをどうか政府の方々にお願いしたいと思います。

最後に、このような貴重な体験を綴っていただいた事に、心から感謝いたします。
ゴンさんの優しい気持ちが、とても嬉しくて。明日からもまた頑張ろう!と気持ちを新たにいたしました。本当にありがとうございました。
ありがとうございました (kymtgt)
2011-03-28 00:03:13
これだけのコメントの中、このコメントが読まれることはないかもしれませんが、
本当に、ありがとうございます。

陸前高田には僕の第二の家族と呼べる方がたくさんいて、地震以後、その方達の無事を確認することに必死で日々が過ぎていきました。

そんな僕の家族を、あなたのように現地で戦って助けてくれている方がたくさんいることがわかり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
僕には今はまだ寄付くらいしかできることがなさそうですが、必ず、高田の家族に会いに行って、一緒に笑顔になれるようなことをしたいと思います。

本当にありがとうございました。
ありがとうございました。 (kana@bangladesh)
2011-03-28 00:04:26
お疲れ様でした。
体調を崩されずに、お仕事出来たようで安心しました。

被災者の皆さんにもちゃんと気持ちが届いてよかったですね!
 (mika)
2011-03-28 00:06:24
現地に行くのに涙を我慢することが条件だったんですね。惨状を目の前に、そして生きている人間。辛くて感情が頭の中を駆け巡るたびに涙が沢山流れたでしょう。
今はただ復興が進み、亡くなった人たちが一人でも早く弔われること、春が近づくことを祈りたいと思います。そして今回体験された事を一人でも多くの人に知ってもらいたいと思いました。
Unknown (ようこ)
2011-03-28 00:07:14
このブログを書いてくださってありがとうございました。たくさんの方を助けてくれてありがとう。
ありがとうございます (kei)
2011-03-28 00:07:26
たまたま辿り着き読ませて頂きました。
マスコミは全て報道できていないし、あなたが伝えてくれなければ私は何も知りませんでした。
明日が見えないなか、瑠奈ちゃんはあなたのおかげで将来を夢見ることが出来たと思います。
私は医療も看護も提供出来ませんが、募金と献血だけでもしていきます。
そしてこの災害を忘れないということが今の自分が一番やらなくてはならないことだと思いました。
本当に大勢の方に見て頂きたいのでリンクを貼ってもよろしいでしょうか?
ありがとうございました (まふ)
2011-03-28 00:07:27
はじめまして。
一気に読ませていただきました。命の輝きをありがとう。じわじわじわじわと心に効いてきます。
不安で心配で凝り固まってた気持ちがスッと軽く、そして負けないぞって気になりました。
私も「何度でも」大好きです。
微力ですが、何ができるか探しつつ頑張ります!!
心に残りました (りさ)
2011-03-28 00:07:54
日記をありがとうございます。
非現実社会と現実社会・・・・とても考えさせられました。

自分の生活してるとても小さな世界(社会)しか目を向けられない人にはなりたくないです。

今たくさんの報道が流れてきますが、それだけを受け止めてはいけないのですね。わかっていても、こうして体験記を読ませていただくことでより実感しました。

私は教員を目指しています。
目の前のことだけでなく、自分が直接は見ることのできない場所にいる人たちのことも自分のことのように思いやって、自分のできることを探せるような人を育てることができるように、まずは私自信が今回のことをしっかり受け止め、考え、行動していきたいと思います。

素晴らしいお仕事をされてる皆様に感謝致します。
ありがとうございました。 (にな)
2011-03-28 00:08:33
mixiから拝見させていただきました。

私は宮城県で被災しましたが、海から離れており、比較的被害の少ない状況でした。
ですが、数キロ先では悲惨な状態で、自分が今何をしたら力になれるのか、考えてましたが…何もできませんでした。
変わりに医療チームとしての活躍、本当にありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
頭が上がらない思いでいっぱいです。
テレビ、ラジオでは伝わらないものがはっきりと伝わりました。

そして今後も語り告げられる為にも、私のmixiにも貼ってよろしいでしょうか?


無力な私ですが、出来る事はこの事を忘れない事。
そして市で受け付けてる災害ボランティアをしようと決心しました!
私なりに頑張って行きたいと思います。
きっかけを与えてくれて、ありがとうございます。

お疲れした。ありがとうございます。 (shalonap)
2011-03-28 00:10:14
ツイッター経由で、ブログを拝見致しました。
真実を伝えていただいてありがとうございます。

自分も宮城県に住んでいますが、津波の被害を
受けなかっただけまだまだ、頑張れます。
直せる建物や道路があるだけ幸せです。

 まだ、余震も続きますが自分が出来ることをやっていきます。ありがとうございました。
お疲れ様でした (あいば)
2011-03-28 00:11:52
mixiから参りました。
看護ボランティア、お疲れ様でした。

私は長野県在住で、北部で地震があり、
身近な方が避難生活を強いられているので
地震に対する意識も強いつもりですが、
被災地は想像を絶する状況なのですね。。
人生は嫌なことが9割、と言う文章を読んで
「本当にそうかも」と思いました。
ただ、私は被災者でもなく普通に生活できているので
我慢する忍耐力もつけたい、と思いました。
色々考えさせられるブログでした。
ありがとうございました。
ありがとうございました。 (mar)
2011-03-28 00:11:52
twitterからお邪魔しました。
こちらを読ませて頂く前の私とは確実に違う自分がいます。
貴重なお話をありがとうございました。
本当にありがとうございました。


お疲れ様です (うみかじ)
2011-03-28 00:12:10
mixiのある人の日記からこのブログに飛んできて、拝見させていただきました

現地の生の姿、現地の生の声、悲惨な状況…

普通に平和に暮らしてきた日本に突如起こった大災害
私はたまたま山梨で、特に何の災害も起こらなかったけど
ちょっとしたズレで、日本のどこに起こってもおかしくなかったこの状況に、いまでもゾッとします

過酷な状況の中、記録と想いを残し、発信してくれてありがとうございます。
私も、日々何ができるか考え行動に移していきます
Unknown (Lapin)
2011-03-28 00:12:12
涙が止まりません。
みんなが決して忘れてはいけないこと。
今だけではなく、みんなでずっと支援をしていかなくてはならない。
私は専門職ではないし今は何も力になれない。
それでも、きっといつか何かできることが出てくるはず。
そのときに役立てるように、しっかり仕事します。

マスコミには伝えられない情報。
ありがとうございました。
おばあさんや、瑠奈ちゃんや、避難しているみんなが幸せになれますように。
お疲れさまでした (あび)
2011-03-28 00:13:50
被災地での医療活動ご苦労様でした。
私にもできる復興支援をがんばります
コメント失礼します (Tamp)
2011-03-28 00:16:42
twitter経由でこのブログを知り、全部読ませて頂きました。私も阪神大震災、福岡西方沖地震にあいました。でも、いわゆる最も被害が大きいところとは少し離れていたため、幸いにも家族みんな生き残る事が出来ました。しかし、今でも家族は地震に敏感で、あぁ、頭では忘れていても心で恐怖を覚えているんだ、といつも思っています。同じ医療従事者でありながら、直接処置が出来ない薬剤師という資格の限界と、製薬会社にいながら、物資の流通に手を出せない自分自身に出来る事をもう一度考えてみます。くれぐれもお身体にはお気をつけ下さい。
はじめまして (yuri)
2011-03-28 00:17:00
おかえりなさい!そして本当におつかれさまでした。
たまたまブログを読ませていただきました。
とても胸を打たれ、ぜひそのことを私もお伝えしたいと思い、コメントします。

ネットやテレビ、あらゆるメディアで情報を自分なりに集めていましたが、
現地を目にしていない私には全然わかっていなかったんだ…と、
あらためていろいろ想像しながら読ませていただきました。

人の想い、いたわりや共感、意志や希望は必要なときに自然と内側から出てくる不思議にも注目して読みました。
そして人の心が寄り添うことから奇跡が生まれるような印象を受けました。

看護師さん、そして医療スタッフの方々の存在が彼らにとってどんなに心強かったことでしょう。
そして必死で被災地のために戦っている数多くの方々の存在は、被災地以外の私たちにとっても心強く、心から尊敬しています。

いつも心に被災地のことを留めています。
そして生まれ変わり復興した街の姿は、きっと強くてすばらしい人々と共にあることを願ってやみません。



ありがとうございました (なおや)
2011-03-28 00:17:51
本当にお疲れ様でした。
日記を読んでいると、あなたにとって看護師は天職だと感じました。

これからも是非続けていき、たくさんの方に勇気を与えてください。

私は理学療法士ですが、同じ医療従事者としてあなたのような人は誇りに思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 00:17:59
ありがとうございました。
GJ! (ヨロレイ)
2011-03-28 00:18:51
友人に勧められて読みました。DMATだったのかな。何にしても素晴らしい働きです!コメントに「ありがとう」とみんな書くのがよくわかりました。
僕も14日に被災地に入り、改めて一生懸命生きたいと思いました。神さまに与えられたこの命、目一杯輝かせたいから。
ありがとう (huihui)
2011-03-28 00:21:23
本当にありがとう。。。
ありがとうございます、そしてお帰りなさい。 (ひとし)
2011-03-28 00:21:46
記事を拝見させて頂きました。

想像を絶する世界があるのだと、
記事から深く感じました。


私は東京にいて、ニュースや映像でしか現地の情報を得る事が出来ず、
ここまで詳細な状況を見たのは初めてです。
私の友人が東北出身なのでなんとしても救いたい気持ちがあります。
そしてこの日記に出会ったことでさらになんとしても救えるように出来うる限りの事をしたい気持ちになる事が出来ました。
あなたの行動、思いを綴ったこの日記は被災地だけでなく日本全国の人々に勇気と繋がりの大切さをもたらしたとても貴重な経験です。
本当におつかれさまです、そしてこれからもさらに復興をめざしていきましょう。倒れないように。



本当にありがとうございました。


お疲れ様でした。 (KuronekoPanache)
2011-03-28 00:22:07
糸井重里さんのTwitterから、こちらのブログを読ませていただきました。ここ数日はニュースにも泣かずいたのですが、涙なしには読めませんでした。貴重な話ありがとうございます。

現在私はイギリス在住ですが、こちらの日本人もできるところで援助をしようとあちこちで義援募金活動を行っています。私もそう言うイベントをできる限りお手伝いしようと思っています。英訳してこちらの人にも読んでもらいたいと思います。

本当にお疲れ様でした。
はじめまして (美和子)
2011-03-28 00:22:16
mixiで、このブログを紹介されている方がいて、読ませて頂きました。

本当に、何も言葉になりません。

読みながら、ずっと涙が止まりませんでした。
この記録が宝物! (ririe)
2011-03-28 00:23:15
貴重な記録、ありがとうございました。
テレビで流される画像だけでも衝撃的だけど、
そう、きっと、それほどの惨状だろうと想像はしていましたが、
それを体験されてこの記録、
頭が下がります。
お疲れさまでした! 書いてくださって、ありがとうございました。

>東北地方が元気になってきたら旅行に行ってそこでお金を使うのも支援かと。

すごい・・・
ほんとにそうですね。
肝に銘じます!
ありがとうございます。 (acuamash)
2011-03-28 00:27:14
どこからどう、このブログにたどり着いたかわからなくなっています。


涙が止まりませんでした。
ですが、この涙も被災していないから流せるのだと思います。


今まで全てが豊か過ぎたのだと、震災後から感じるようになりました。過剰だったんですよね。ブログを拝見して、その思いは更に強いものになりました。
神様がいるのだとすれば、『全てを改めなさい。』と、言われている気さえしてきます。


このブログに出会えたことに感謝いたします。本当にありがとうございます。


そして、全ての被災孤児達が『強く優しい人』になれますように…
Unknown (ピンクモモンガ)
2011-03-28 00:27:46
貴重なお話、ありがとうございました。
Unknown (みきこ)
2011-03-28 00:28:10
すばらしいブログですね。
心からありがとうございました。そしておつかれさまでした。
この震災に1日でもはやく終わりが来る日を願って止みません。
twitterから飛んできました。 (organickeiji)
2011-03-28 00:30:06
ありがとうございます。
このブログを読めてよかったです。

心から、そう思います。
ありがとうございます。 (ゆか)
2011-03-28 00:30:45
一気に読ませていただきました。

ありがとうございました。

たくさんの方に読んでほしい内容だと思いました。
私のmixiやblogでも紹介させていただいてよろしいでしょうか?
Unknown (早川)
2011-03-28 00:31:46
色々な気持ちが混ざり、何を書いたら良いのかわかりません。
僕がたった今、あなた様のブログを読んだのは、何かの必然で、何かの導きだと感じています。
全部読ませて頂きました。
本当に、ありがとうございました。
Unknown (mii)
2011-03-28 00:32:12
ありがとうございます。
失礼します (茶ブチ眼鏡)
2011-03-28 00:33:06
mixiのとある日記からこちらのブログに参りました。
まず、被災地での活動大変お疲れ様でした。
確かに被災された土地以外では本当に『同じ国?』と疑う様な情景ですよね。。。

ブログをすべて、読ませていただきましたがやはりテレビでの情報とは違った面から知る事が出来ました。ありがとうございます。

アタシに出来る事は節電や募金、物資を送るなど間接的な方法でしかありませんが、少しでも多くの方々の笑顔が出来る日が来るまでいろんな形で協力していきたいと思います。
mixiとブログにこちらのURL貼らせていただいてよろしいでしょうか?
少しでも多くの方に読んでいただきたいので。。。
ありがとうございました (わんたろう)
2011-03-28 00:33:49
和田裕美さんのTwitterからのリンクで読ませて頂きました。
途中途中で何度も涙で目が曇り読み続ける事が出来ず、最後までたどり着くのに随分時間がかかりました。僕はいい年をした中年男なんですが、自分でも信じられないほど泣けてしょうがないのです。カミさんが寝ている時間で良かったです。涙している姿を見せるのはみっともないですからね。とにかく「ありがとうございました」と今はそれしか思い浮かびません。
ありがとう。 (Dstwtr)
2011-03-28 00:34:50
すいません。
僕は、涙が止まりません。

何もできない自分が情けなくて。
徐々に現地の状況がこういった文章になって入ってきて。

自分の命は、自分のものではないのだと思います。そして、その気持ちを忘れないようにしたいと思いました。
ありがとうございます (yuko)
2011-03-28 00:38:30
本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。報道では知り得なかった惨状を知り、日々、節電とわずかな募金と復興を祈ることしかできない自分の無力さを情けなく思います。でも何も出来ないならせめて、毎日を鬱ぐことなく、精一杯、笑顔で生きようと思います。私のいるこの片隅を明るく灯すことが出来れば、一人一人がそうできれば、きっと電力と同じように、被災地の皆さまの元に届くのではないかという希望を持ちました。現地に行き、自らの手で、命を救うことのできる選ばれた人達、皆さまに心からの尊敬と感謝致します。その手で多くの命が救われますように。私も出来る限りの努力を惜しまずに進みます。日本中の皆の明るい未来を祈りながら。
ありがとうございます (nusrat)
2011-03-28 00:38:35
twitterから来ました。
皆様と一緒で、読んでいて涙を止めることはできませんでした。
現地での貴重な体験を伝えていただき、誠にありがとうございます。
感謝 (木鶏)
2011-03-28 00:39:42
他者の力になることの大切さ、大事さ、
辛さ、優しさ、喜びを今一度噛み締め
させて戴きました。『カンゴン』さん
のように献身的な行動があってこそ、
被災された方々の明日への頑張りに繋
がっていることにただただ感謝です。
関西に住んでいる者、明日は甲子園に
出かけて、東北高校を応援してきます。
Unknown (ぐりママ)
2011-03-28 00:40:46
お疲れ様でした。
一杯泣いて下さってありがとうございます。
阪神大震災を経験した者ですが、当時、淡々と話を聞く義姉に「あぁ、人ごとなんだな」と、寂しく思いました。
東北地方が元気になったら、旅行に行きたいですね。
ありがとうございました。 (うすい)
2011-03-28 00:41:47
みちびかれるようにこちらのブログへ辿りつき、読ませていただきました。

これまでのこととこれからのことを 目を開けたり 閉じたりしながら、私はといえばそんなふうにしています。

勝手とは知りながら、私が参加しているmixiとFACEBOOKにどうしてもと思い、ご紹介させて頂きました。許可も頂く前に申し訳ありません。不都合等あればご投稿頂ければと思っております。よろしくお願いします。

どうぞ今後もお体に気をつけてください。

祈り (えり)
2011-03-28 00:43:34
ツイッターを経由しまして、こちらにたどり着きました。私は、神戸の看護大学に通っている者です。地震が起きたとき、私に何ができるっていうんやろう…何もできない…の繰り返しでした。看護師免許も何も持っていない私です。ただ、それが理由ではありませんでした。「被災地の現実」がこのブログを読むまで、本当に分かっていなかったのです。考えるべきは自分の「甘さ」でした。
自分は自分のすべき役割を今まで通り、いえ、それ以上に果たしていかなければなりません。

被災地での体験されたことを私は幸いにもここで提供していただきました。
それを提供された者はされた者として何か還元するべきだと思います。
未熟な私にはまだそれが分からないだけど…
「忘れないこと」復興は1か月やそこらで終わるものじゃない…永遠に続く…報道が減れば減るほど震災は終わらない…

被災者の方が一刻も早く大切な人と会えますように、安心して食べて、眠れる環境ができますように…
ありがとうございました (yukky)
2011-03-28 00:43:35
被災地での救護活動、お疲れさまでした。
そしてありがとうございました。救護活動という本当に現地で必要とされている仕事は私にはできない。でも、伝えられた事をしっかり受け取って、今自分ができる事を小さなことでも積み重ねようと思います。
日記ありがとうございます (しろくま)
2011-03-28 00:44:10
mixiでたまたま目にした方の日記で、こちらのブログが紹介されていて拝見しました。

こちらのブログを見る数日前にニューヨーク・タイムズに掲載されていた遺体安置所の写真(以後、NY写真と書きます)というのをこれまたネットサーフィンをしておりましたら見つけまして、見ていました。

とても、とても、重い現実です。

TVでは淡々と数字だけが繰り返され、瓦礫と化した街並みの俯瞰しか映し出されず。

生きている私達ができること。しなければならない事として、現実をしっかり受け止めることがあると思います。
日記を書いていただけ、現地の状況を知らせて頂けましてありがとうございます。


私は今は近畿に住んでいるものの学生時代を仙台市ですごし、親戚も大崎市に居て宮城を故郷だと思っています。
地震以来、何かしないと。何か。って知らず知らずのうちに浮き足立っておりました。
NY写真とこちらの日記を拝見し、現実の重さを少しでも受け止めることが出来ました。
今は出来る範囲で募金をして、復興してきたら旅行しに行きたいと思います。

日記、ありがとうございます。
感謝 (ぜおらん)
2011-03-28 00:44:44
発信してくれたことに感謝いたします。
昨年、兄妹を亡くしており複雑な心境で被災地の方々を見守っておりました。
人生観に影響する内容で感慨深いです。
ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 00:45:53
mixiから来て、一気に全部読みました。マスコミはやはり報道規制かかってるんですね…瓦礫の下から発見されたお母さんの話、たまらないです。私は二人の子供を持つ母親ですが、些細なことや自分勝手な都合で叱り飛ばし、叩き、時には蹴ってしまうこともあります。本当に勝手な母親です。私自身どうにもならなかったけど、それはとんでもない甘えだと気づかされました。急には無理だと思いますが、頑張ってちゃんと立ち直ります。被災地で頑張ってる方に比べたら、小さい自分が本当に情けなくなりました。
Unknown (ハル)
2011-03-28 00:46:29
記事を全て読ませていただきました。

震災発生から既に2週間経過し、周囲は以前と同じような日常に戻りつつあります。

でもそうじゃないんだと、

まだまだ闘っている人がいる。

これからも闘い続けなくてはいけない人がいる。


その事を改めて認識できました。



ありがとうございました。
ありがとうございます。 (ゆかり)
2011-03-28 00:47:10
本当に、ありがとうございます。

なんと言葉をつむいだらいいのか、わからないのですが。

感謝の気持ちでいっぱいです。

私も、これからもいっそう
「自分に 何ができるのか」を考えて
考えて 生きて過ごしていこうと思います。

本当にありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 00:47:17
ありがとうございました。
都心にいる人達に伝えるというのも大事な仕事と思います。大変心を動かされました。
Unknown (JUNGAE)
2011-03-28 00:47:32
すべてが足りない状況の中、
それぞれの被災者の方々の現実の中において、そこでの医療活動は時に目頭が熱くなりながらもいまできる最大限のことをしていただいたことにとても胸が熱くなりました。

本当にお疲れ様でした。
本当にありがとうございました。
ありがとう (ちあき)
2011-03-28 00:48:37
ありがとう。教えてくれて、ありがとう。
なんて言っていいか・・・

計画停電くらいで、愚痴っていた自分が恥ずかしいです。
私達が頑張らなくてはいけないですね。

停電くらいなんだ!!!がんばろう東北!
書いてくださってありがとうございました (R)
2011-03-28 00:50:01
糸井重里さんのツイッターで紹介されていて飛んできました。読んでいて涙が止まりませんでした。書いてくださって、本当にありがとうございます。
メディアには報道規制があることをすっかり忘れていました。海外のメディア(特に写真)を見ると、日本では決して報道されない写真を目にすることが多かったのですが、今回はそれを文字で再認識させて頂きました。現地の方々の思いと、皆様のご様子。初めて知りました。

私にできるのは募金と、普段通りに消費して経済を回すこと。あとは、決して忘れないこと。

書いてくださってありがとうございました。
ありがとうございました (komu)
2011-03-28 00:52:29
すべて一気に読みました。
このような記録を公開していただいたこと、感謝いたします。ありがとうございました。

どうぞお体に気を付けて。
Unknown (fjordd)
2011-03-28 00:52:57
Twitterのリンクからこちらのブログにたどり着きました。貴重な体験をこのような形で残してくださったことに心から感謝致します。

他の方と同じく思わず最初から最後までぶっ続けで読んでしまったのですが、こちらのブログには今まで読んだどんな体験談よりも心を揺さぶられ、自分にできることをもっともっと積極的にやらなければと思わされました。
私には看護師さんのような技術はありませんし、節電や募金くらいでしか被災地の方々に対して支援はできません。ですが小さいことでも自分にできることから精一杯取り組むことが大切なんですよね。そんな当たり前のことを改めて再認識しました。
いつになるかはわかりませんが、被災地や被災地の方々が元気になった時には、看護師さんの第二の故郷であるその土地をぜひとも訪れてみようと思います。

このブログに出会えて、震災について新たな目線からの体験談を知り、震災についてもう一度深く考えることができました。とても幸せなことだと思います。
これからもぜひあなた様の素晴らしい行動を続けていってください。そしてどうかご自身のお身体も大切にしてください。
長々と失礼致しました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 00:53:04
ほんとうにおつかれさまでした。
お疲れ様です (かれん)
2011-03-28 00:53:41
実際に現地に行かれた方のレポートを見れるのはとても貴重です。
ありがとうございます!

私は4月から看護大学に入学する者です。
今回の地震を受けて現地に行きたいと思いました。
しかし、私には技術も知識も資格もありません...
あと4年後だったら…と何度も悔やみました。
だけど、そう思った所で何かできる訳ではありません。
だから、今は必死に勉強して資格を取得して地震があった際にすぐ行けるようにしたいです。

レポートを見て思ったのですが、人って強いですね。
ありがとうございます! (sapins)
2011-03-28 00:55:01
他の方も書かれていらっしゃいますが、読ませていただいて涙が止まりませんでした。いろんな感情があふれてうまく伝えられないのですが、実情を伝えてくださって、本当にありがとうございます。
今は難しいかもしれませんが、ひと時でもいいので、お身体と心をゆっくり休めてくださいね。
Unknown (まる)
2011-03-28 00:56:37
自分は都内の薬科大に通う3年生です。
地震のニュースを見たとき,未来の医療人として何かしたい,被災地の方々の力になりたいと思いました。
まだ国資も持ってないけど…。
でも日記を拝見して,自分は本当の被災地の厳しさをわかっていない,自分の考えがいかに甘いかわかりました。
だから私は,今できることをやります。募金,節電,買いだめをしない,そして私が将来薬剤師として働くようになったとき,筆者様のような医療人になれるよう日々勉学に励みます。

ありがとうございました!!
ありがとうございます。 (yana)
2011-03-28 00:59:00
mixiから来ました。

今まで、テレビやラジオや新聞で見聞きする情報だけしか知らなくて被災地の本当を何も知らなくて、申し訳ない気分でいっぱいです。

私に出来る事をもう一度、よく考えてみます。

何も知らなかった私達に教えてくださってありがとうございました。
本当に本当にありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 00:59:17
お疲れさまです。
ありがとうございます。
私には何が出来るのか…
なんて考えている暇もない。
出来ることを確実に一つ一つやります。
節電。支援物資として、使い切れなくてしまいこんでいたオムツを都庁へ。子どものコップの中の飲み残しの水は捨てずに、鉢植えへ。
これからもずっと、その時に私がその時に出来ることをやります。
ありがとうございます! (miz)
2011-03-28 01:00:39
twitterからお邪魔しました。
ほんとうに貴重で個人的で、また過酷な体験を、こうして公表していただき頭が下がります。
綴られた言葉には涙ももちろん出ましたが、日本人で良かったと改めて気づかせて頂きました。感謝です!
ありがとうございます (はなちゃん)
2011-03-28 01:01:05
一気に拝読しました。
私も17年前の阪神淡路大震災で自宅を全焼しました。
その時の記憶がかぶってしまい、思わず涙ぐんで文章が読めない時もありましたが、まったく報道されない現状に驚愕しました。

言葉が見つかりませんが、、、
本当にありがとうございます。

お疲れが残りませんように休息して下さい。
ありがとうございます (ゆり)
2011-03-28 01:01:57
地震から2週間、毎日のように見て聞いてきたニュース。
瓦礫の山に埋もれる町を見て
これが同じ日本でおこっている事なのか
と、自分の中で理解していたつもりです
でもこの日記を読ませていただいた今
決して言葉では言い表せないような
東北のみなさんの状態に私も涙が止まりませんでした
ボランティアに行きたい
地震がおこった後、すぐに思いました。
だけど中学生である私に何ができるのだろう
行っても邪魔なだけだろうって
そう思い、まずは自分のできることから
募金をさせていただきました。
早く東北のみなさん全員に笑顔が戻りますように
遠い愛知県ですが祈っています。
Unknown (ひでき)
2011-03-28 01:02:07
胸が締め付けられる想いで読ませてもらいました。

文章では伝えきれないくらい実際の被災地では大変だったのでしょう。
この震災のことは決して忘れません。

そして僕にできることを、被災地に向けてしたいと思います。

教えてくれて伝えてくれてありがとうございました。
ありがとうございました! (さゆり)
2011-03-28 01:03:35
mixiからきました。
涙が止まりませんでした。
思わず隣で眠る産まれたばかりの息子の手を握りしめました。


被災地の方のことを考えると心が痛んで毎日テレビを見ながら泣いています。
ふるさとが隣県で、よく知っている県が被災地になり自分のことのように思っています。
もし息子が被災地にいたら..と被災地の方を家族のように考えて行動しています。
募金、節電、支援物資をしても何かできないかいつも考えています。
毎日祈っています。
このブログを読ませてもらってますます思いが強くなりました。

同じ東北人として今度は私たちが力になります!

伝えて下さり本当にありがとうございます、また本当にご苦労様でした(>_<)
--------------
私もみんなに知ってもらいたいのですが、ブログに貼ってもよろしいでしょうか?
ありがとうございます (さと)
2011-03-28 01:04:08
ブログ拝見させていただきました。
テレビなどでは分からない現状を伝えていただき、ありがとうございます。

本当にお疲れ様でした。
医療関係の方々や自衛隊や東電の方々など本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今だけの支援ではなく、今後ずっと支援し続けていける様に、まずは自分の毎日をしっかり過ごしていこうと思います。
Unknown (り)
2011-03-28 01:05:06
最初から最後までぶっ通して読みました。
涙が止まりませんでした。

今の自分のこの感情を上手く言葉にできないのですが…私達に真実を伝えて下さったこと、本当に感謝しています。
今自分には何が出来るのか、目の前にあるすべきことをきちんとしようと思いました。

本当にありがとうございました。
どうかお身体にお気をつけて。
ありがとうございました (じゅんじゅん)
2011-03-28 01:06:04
読んでテレビには映らない現地の様子が少しだけ想像できた気がします。ありがとうございました。
どれだけ自分が甘かったのか、思い知りました。
毎日募金をしていますが、少しずつでもずーっとずーっと続けます。

現地での活動、大変お疲れ様でした。
有難うございました。 (ひろき)
2011-03-28 01:07:34
ただただ感謝です。
有難うございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 01:08:12
涙を流して読ませて頂きました
被災者は地震により多くのモノを失ったと思います

しかしながら、あなたによって救われた命、受け取った愛情もきっと多いはずです

医療を通して、あなたは、あなただけにしか出来ないことを力の限り尽くしたかと思います
今の自分には、そんな力がないということを痛切しました
一言一句が身に染みました。ありがとう!

糸井重里さんが紹介してくれました (イチロー)
2011-03-28 01:09:38
横浜で心理職をしている者です。
壮絶な体験をなさってきたんですね。
よくぞ記録を残してくださいました。
あなたの見てきたものを伝えてくれてありがとうございます。
この記録は、これからの私たちの宝になると思います。
Unknown (ゆぱたん)
2011-03-28 01:10:42
ツイッターから飛んできました。
一気に全部読ませて頂きました。
途中から涙がぼろぼろと落ちて来ました。
どう表現すればいいのでしょうか。
言葉が見つかりません。
本当にお疲れ様でした。ゆっくり身体をお休めください。
ありがとう (ともみ)
2011-03-28 01:11:37
巡り巡って偶然こちらのブログにたどり着きました。
もう寝ようとしていたところだったのですが、
涙しながら一気に読ませて頂きました。

ブログ書いてくれて、伝えてくれて、ありがとうございます。
お疲れ様でした。

悲しみ、無力感、後悔、感謝…いろんな感情が読みながら湧き出てきました。
ありがとうございました (濱崎陽子)
2011-03-28 01:11:53
消防官の妻をしております。
主人の県から陸前高田市に派遣となっていて、
救急隊だけが残り今も活動中です。
第1便で行く予定が不都合で主人は行けなくなり、今後順番で回ってくるであろう派遣を待っている状態です。
救急の資格を今年取ったばかりですが、お役に立ちたいと申しております。
先日写真を見たらしく、落ち込んで家に帰ってきました。その意味がこちらのブログを読ませていただいて分かった気がいたします。

涙が止まらず、ちょっと読んでみようかな?という気持ちで読み始めましたが…
最後まで読ませていただきました。

私には双子の子供(1歳3カ月)がおります。
この今の現実を少しでも伝えられたらといつも考えております。

御苦労さまでした。どうぞゆっくりお休みください。
そして忙しい中、こうした記録を残して下さりありがとうございました。
ありがとうございます (まゆみ)
2011-03-28 01:12:43
mixiからきました。

実際に現地に行かなければ分からない現状を私たちに伝えてくださり、ありがとうございます。
ニュースでは分からない現状がたくさん詰まっていて、いたたまれない気持ちになりました。
医療の技術もない私には何の助けも出来ません。無力だとも何度も思いましたが、何もしないよりは、出来ることをさせてもらおう!と前向きになりました。
九州の長崎に今は春休みで帰ってるので節電もなかなか役には立ちませんが、募金や物資を送るなどできる限りのことをさせていただこうと思います!
日本は強いです!みんなで力を合わせて手を繋いで一緒に日本を元気にしていきましょう!
ありがとうございます。 (mio)
2011-03-28 01:13:19
Twitterでこちらのブログのことを知り全部読ませて頂きました。
計画停電や買い占め等で震災を間接的に小さなことではありますが感じていましたが、テレビや地元では少しづつ状況が戻ってきた事で、少しづつ復旧が進み元に戻りつつあるのかと思っていました。しかし、そう感じ始めて来ている今だからこそ改めて身を引き締めて更に被災地の方へ出来ることをしていかなくてはいけないんだと感じました。テレビやラジオでは伝えきれてない、伝えられてない。生の声を聞かせて頂けたこと本当にありがとうございます。決して、忘れません。遠くにいても自分が出来ることをやり続けていきます。
どんな報道よりも (川口 美樹)
2011-03-28 01:13:22
リアルでした。リアル過ぎて東京にいる私には現実として受け止められない。このブログを読んだ人はみな赤ちゃんや女の子のエピソードが記憶に残ると思うんだけど、脳裏に焼き付けなきゃいけないのは、その裏にある人々の気持ちですよね。私にはまだ被災地の人達に直接支援出来る技術も資格もないけれど、いつか絶対復興のお手伝いをしたいし、出来るような人間になっていたいと心から思えました。そして、この体験を残して下さったことに感謝します。本当にありがとうございました。
ありがとうございます (teru)
2011-03-28 01:13:36
救護活動お疲れ様でした。

本当の現場の言葉をありがとうございます。

医療従事者として、リアルな現場のお話。号泣して読みました。現場での涙・・・、押さえられないですよね・・・、きっと私も泣いていました。

人の命の大切さ。そしてあたりまえでなく、生きてる、生かされていることの大切さを
痛感しました。

いつまでも、いつまでもこの出来事を忘れず、自分のなかでできることをコツコツと続けていきたいと心から思いました。気づきをありがとうございました。
アメニモマケズ (岸田)
2011-03-28 01:14:02
初めまして。
糸井重里さんの紹介されていたツイートを見て、読ませていただきました。
貴女のブログを通してマスコミの情報とは違う一面を知り
改めて悲惨で苛酷なのかわかりました。
いつまでも被災者一人一人の気持ちを忘れないでいることが一番大事。
「アメニモマケズ、カゼニモマケズ」
賢治の生んだ故郷です。
3月11日は僕の誕生日でもあり
いち早い復興のためにも力になれるよう応援していきたいと思います。
最後に一国民として貴女にもありがとう。
ありがとうとざいます。 (nn)
2011-03-28 01:14:31
地震のあと、皆が「自分にできること」を探して、多くの人ができることの小ささにがっかりしていた様に思います。

しかし、レポートを拝読する中、被災者の方にむしろ元気を貰えたという話に、ヒントを頂きました。

物があること、人が居る事が、当たり前に感じられても本当に貴重なことなんだと気付かせて頂きました。

この当たり前を守って大事にすることの価値に、このレポートに出会わなければ気付くのが遅くなっていたと思います。

地震の後、前より良くなったな、と思える数少ない経験でした。

本当にありがとうございます。
医療という職業は、本当に偉大ですね。
おつかれさまでした (eimy)
2011-03-28 01:14:46
twitterからやってきました。
やはり現地は想像できない状態なんですね。とても重要な記録であり、私たちみんなが忘れてはいけないものなんだと思います。そして書いていらっしゃるあなたのやさしさが伝わってきました。本当にありがとうございます。
身体的にもそうですが、精神的にも疲労されていると思います。どうか、ゆっくり休んでください。
有難うございます (ゆき)
2011-03-28 01:16:17
mixiの友人を経由して来ました。
本当にお疲れ様でした。
頭があがりません。

ずっと泣きながら拝読いたしました。
現地の本当の状況を伝えて下さった事に感謝しています。
自分に出来る事。いろいろ考えていますが、これからの支援にも備えてふんばります。

ありがとうございました。
Unknown (もも)
2011-03-28 01:17:29
陸前高田が実家のものです。。
本当たくさんの方を助けて頂いて、ありがとうございます。。。
今も三陸の被災地は寒さに凍えているとのことです。
東京にいる私は東京にいる方々との温度差が最近、つらくなっています。
普通に生活を戻したい東京、、、…みんな綺麗な服を着れて、お風呂も入れて、あったかい布団がある普通の生活ができれば、、多分半年もすれば思い出になり、忘れてしまうのではないかと思います。
仕方ないかと思います。
でも私たちは忘れられません。生まれ育ったあの町の変わり果てた姿、家族、親戚、友人… そう思うと、東京にこれからも住めるだろうか…と考えてしまいす。
こちらのblogを読ませて頂いて、涙が出ればいいなと思いました。私は涙が出ませんでした。感動話ではなくこれが現実であり、もっともっと、ひどい状況だからです。
こうして、日記にして頂いて、大変な思いをして、たくさんの故郷の方を助けて頂いて、感謝しても感謝しきれません。。
本当にありがとうございました!
ありがとうございます (tomo)
2011-03-28 01:19:33
大変貴重な体験を報告して頂いてありがとうございます。
Twitterのリンクから来ました。

私は東京に住んでいます。11日も東京に居ました。
地震が起きて2~3日の間こそ、余震に怯え、日毎に更新される東北のニュースに食いついていました。

しかしここ最近、日々繰り返す余震に慣れ、たまに新しく流れる被災者の方々の話に涙するも、東京の放射線量が一番の関心ごとになっている自分がいました。

自分の無力さ故の、一つの現実逃避なのかもしれません。

あなたの戦いを読み、「自分の中の歯がゆさ」が「同情」だけに留まるべきではないと気付きました。

あなたの戦いを読み、「共に」乗り越えようと考え直しました。

私はただの大学生です。
できることは少ないと思います。
その中で、できること。
もう一度見つめ直します。

今後の活動におかれましても、どうかお体を崩されないように。
Unknown (ぶぶたん)
2011-03-28 01:20:06
mixiからきました

ホントになんと書いていいのか
わからないのですが
いまの被災地の現状教えていただきありがとうございます!
ブログにも書いてありましたが
テレビ番組で被災地の事を
取り上げることが少なくなってきていると、ボクも思います
もっともっと、苦しんでる方々の事を考えて僕らは行動にうつしていかなければいけない時だと思います。自分は募金しかできてません、でも、募金をすることが、今出来ることかなっと考えています
なので、してない人には
少しでいいからしてやっと
声をかけます。


本当にお疲れ様でした!
ユックリ休んでくださいね
ありがとうございます (kuri)
2011-03-28 01:20:17
本当のことを伝えて下さり、ありがとうございます。
 
とにかく悔しいですね、時間が経てば経つほど…。
 
でもこの悔しさは放たず、胸のうちに抱えておきます。
 
放ってしまったら、被災地とそこにいる方々を忘れてしまいそうだから。

これからもお身体に気をつけて。
 
ご活躍をお祈りしています。
 
有難うございます (nishikawa)
2011-03-28 01:20:49
お疲れ様でした。
被災地での激務と貴重な経験の数々を、このような形で拝見させていただき、心から感謝致します。
現実を、率直に、一切の過大表現を含まずに文章にされていて、読んでいて素直に涙しました。
有難うございました。
(ツイッターより)
お疲れ様でした! (なか)
2011-03-28 01:21:02
偶然このブログに辿り着き、一気に読みました。
途中何度も涙がでてきました。
ただただ「ありがとう」「お疲れ様」という言葉しか思い浮かびません。

貴方は被災者の皆さんを治療しただけではなく、日本の未来を治療してくれたのです。本当にありがとう!!

貴方に出会えた瑠奈ちゃんも、将来素晴らしい看護師さんになると思いますよ。

足湯 (ひみ)
2011-03-28 01:21:53
ひみです。私も看護師さんが来てくれた避難所にいました。今は避難所を離れ親戚んちにいます。
看護師さんたちが提供してくれた足湯はデブッチョの人が入ってヒビが入っちゃったけどひろしおじちゃん(犬を連れて避難所の駐車場にいたおじさん)がすぐに直してくれたんだよ。きっと避難所の宝物だから。また絶対高田にきてね?約束☆
御疲れ様でした。 (ゆこ)
2011-03-28 01:24:08
御疲れ様でした。
ツイッター経由でやってきました。
東北の現状を伝えてくださった事感謝致します。
看護師さんという立場で被災者の方と接した時間は被災者の方々にとってどんなにありがたかったか事かと思います。
身体的なケアもさることながら、看護師さんを始め医療スタッフの存在はみなさんにとって勇気づけられる存在だったのではないでしょうか。まだまだこれから。そして絶対復興出来る。出会った皆様が次に会った時笑顔でいらっしゃいますように、心からそう思いました。
Unknown (てんてん)
2011-03-28 01:24:59
読みました。ツイッターから来ました。 震災をニュースとしてでなく人の痛みとしてしりました。 被災してない人は、普通の生活を送ろうなんてはき違えてました。怖くて目を背けていました。 そしてこれから先、知ろうとしないことは罪になる気がします。
ありがとうございます。 (まーしー)
2011-03-28 01:28:06
貴重な体験、綴っていただきありがとうございます!!
微力ながら自分にできること、考えて実行していきたいです!
ありがとうございます (あみ)
2011-03-28 01:33:38
読んでいて、自分にできることは何か考えさせられました。
技術も資格も何もないので現地にはいけませんが、復興した東北に旅行へ行くことを楽しみに、それまでは微力ですが自分ができることをコツコツとやっていきたいと思いました!
今は心も体もゆっくり休んで、また、お仕事頑張ってください。
ありがとうございました。
ありがとうございます (みんちゃん)
2011-03-28 01:36:09
被災地の真実を話して下さってありがとうございます。私の主治医も仙台で今被災者の皆さんを助けてると思います。私にとっても宮城県は第2の故郷なので、とても心配してます。テレビでは伝わってこない真実が聞けて私ももっと被災地復興について考えたいと思います。募金をしても物資を送っても節電しても、被災者の皆さんのことを思うともっと何か出来るんじゃないかといつも考えてます。被災者の皆さんに希望の光を下さってそして私達に教えて下さって本当にありがとうございます。
ありがとうございました。 (もちづき)
2011-03-28 01:37:01
ツイッター経由で拝読させていただきました。

本当のことを伝えていただき、
ありがとうございました。

たぶん何をいっても見て体験していない
僕には何も言えないと思うので、

ただ、ありがとうございました。
感謝しています。

知ることができて良かったです。
本当にお疲れ様でした。 (mami)
2011-03-28 01:39:13
このブログで、被災地の方がどんな様子で頑張っているか、現場で働いている方々がどんな気持ちだったのかが伝わってきました。
テレビで放映されるものはほんの一部で、被災地はさぞ凄惨だったかと思います。

瑠奈ちゃんと最後に会えて、しかもとっても素敵なお手紙もらえて良かったですね。
きっと素敵な看護士になれると思います。

人を助けることが出来る能力に誇りを持って、これからも頑張ってください。

現場で働く全ての方を応援しています。
Unknown (森雅紀)
2011-03-28 01:39:21
とても貴重な体験を共有して頂き本当にありがとうございます。いつまでも忘れてはいけないことを沢山教えて頂きありがとうございました。
来てくれてありがとう。 (Unknown)
2011-03-28 01:40:27
この日記に出会えてよかったです。
被災地にいますが、明日からまた頑張ります。
Unknown (かわぐち)
2011-03-28 01:41:01
あなたのブログみて決めました。もちろんいますることはするけど、被災地の受け入れが整ったとき、現地に行き、できるだけの助けをします。わたしは大学三年ですが、できることがあるはず。本当におつかれさまでした。ありがとうございました。
ありがとうございます (mayu)
2011-03-28 01:41:50
そして、お疲れ様でした。


ゴスペラーズ北山さんのツイッターからここへ辿り着きました。

テレビでは取り上げられていることなんて、ほんの一部なんだなぁと改めて実感いたしました。


私の友達にも知ってもらいたいので、ブログ、mixiで紹介させてください。


このブログを書いてくれたことに感謝しています。
本当にありがとうございます。


私のできることなんてほんとに小さなことだけど、このことを忘れず続けていきたいと思います。

ありがとうございました (たか)
2011-03-28 01:45:16
ツイッター経由でこさせていただきました。最初にお茶を片手に読み始めさせて頂いたのですが、すっかり冷めてしまうほど、何度も何度も読み返してしまいました。
実際には知らない情報がたくさんあることにびっくりしました。
そして・・・泣いちゃいけませんよね、これが現実なんですもん。でも、涙が流れてしまいました。

ボクたちがどうにかできる問題ではないし、何かしようとしても逆に向こうの手を煩わせてしまう、ということをラジオで聞いたときは、そんなことないだろ?手はいくつあっても良いはず、と思いましたが、
この日記を読んでると、そんな自分を殴りたくなりました。

これ以上、被害が出ないこと、今後、どんどん、問題が改善されていくことを、願うことはボクにもできるので、それだけは、していこう、と思います。
本当におつかれさまでした。そして、ありがとうございました。
m(_ _)m
Twitterからきました (P)
2011-03-28 01:45:41
これからも大変かとは思いますが、どうかお体に気を付けて・・・
希望 (umekichi)
2011-03-28 01:47:30
Twitterから来ました。
私の嫁も同じ仕事をしております。16年前の阪神では同じような活動をしてきたそうです。嫁は訪問介護の担当をしていたそうですが自分の担当していたお年寄りが亡くなった事を今でも後悔しているそうです。

職務としてそして現場の状況を冷静に伝えて下ることに本当に感謝いたします。
ありがとうござました。 (はな)
2011-03-28 01:48:00
読みながら涙が止まりませんでした。

地震の影響もないいつもと変わらない生活をすごせて、現地の様子も
テレビでしかしらないわたしが
いえることは何もありません。

被災地の方に何ができるのだろうと
考えています。
みなさんが会いたい人にあえて
また笑顔で暮らせる日がきますように。

わたしには何ができるのだろうか、
何かできることはないのか、
考えます。
Unknown (ななし)
2011-03-28 01:49:07
貴女の赴いた陸前高田市の隣の大船渡市で医師をしています。
リーダーナースのおっしゃったことは正しいですね。
恵まれている東京医療チームの流す涙なんて陳腐な同情でしかありません。
私たちはいまだに涙を流すことさえできない状況です。
ただ、多くの被災地外の人々が「がんばれ」と言う中、貴女は「がんばれとは言えない」と感じてくれたのを嬉しく思います。そして、段々にテレビから震災の情報が消えていく中、絶対に忘れてはならないと思ってくれたのも嬉しい。
被災地中心の私たちはがんばるのではありません。
出口のみえないこの時を耐え忍び、これから這いつくばって自分たちの生活を取り戻さなければいけないのです。
それは「復興」や「力をあわせてがんばる」なんて聞こえのいいことでは決してありません。
いつまでも貴女のみた、あの悲惨な地獄ともいえる光景を忘れないで下さい。
本当にお疲れ様でした (hisa)
2011-03-28 01:52:20
被災地の本当の姿を知らせていただき感謝しています。自分も地震のとき、仙台にいたのですが、やっぱり海沿いの地域は自分のところとは比べものにならないですね。自分は今実家に帰ってボランティア活動に精を出すことしか出来ないんですけど、お体に気をつけて、一人でも多くの方の命を救ってください
ありがとうございました (akiko)
2011-03-28 01:52:23
テレビやネットでは分からない現実を知ることが出来ました。

涙が止まりませんでした。

復興も原発問題も、何年も時間がかかるでしょう。
でも、被災者でない私達は、自分達の生活に追われてその内忘れてしまう。

けど、忘れてはいけない、風化させてはいけないと強く思いました。
全ての国民に読ませたい (あきひこ)
2011-03-28 01:54:45
ものを読んでこれほど泣いたことない位ボロ泣き。

今すぐ全国民に読んでもらいたいです。

伝えてくれて本当にありがとう。

今回の経験は、JKTSさんのこれからの人生において大きな大きな『自信』に繋がることでしょう!

@44才男
ありがとうございました (KT)
2011-03-28 01:59:09
このブログを読んで、いや、読んだだけの自分なのに、涙が止まりませんでした。
でも、それは恵まれた環境である関東にいる自分だからこその涙。

自分には専門知識も技能もないので、できることには限りがありますが、あなたが書いてくださったこのブログのことを忘れずにいて、いつかテレビでこの震災のこともあまり報じない時期が来たとしても、どんな些細なことでもいいから、できることはやりたいと思いました。
ありがとうございました (モリガス)
2011-03-28 02:01:45
初めまして。
このブログを読ませていただき、自分が何をすべきか考えました。
私は今高校生です。だから、これからの社会をつくっていく一員として強い大人になります。優しい大人になります。
そして今回のことを絶対に忘れません。
Unknown (だちょん)
2011-03-28 02:01:55
本当に涙が止まらないです。
この日記を書いてくださって有難うございました。
僕のブログにも紹介させていただきます。
一人でも多くの人に読んでほしいと思います。
お疲れさまでした (いくみ)
2011-03-28 02:02:01
ブログ拝見させていただきました。
まだまだ思い出にしてはいけない、自分に出来ることを再度考えてみようと思いました。
心に響く記録やことば、ありがとうございました。
出来るだけ多くの人に読んでもらいたいと思います。mixiにこちらのURLを載せさせてください。
ありがとうございます (みさき)
2011-03-28 02:02:11
友達のmixiの日記からきました

ニュースでは見れない、現地での生活は
想像を超えていました。
きっとこれでもまだまだ
文字だけでのイメージでは
本当よりも大変なものなんだろうと思います。
暖かい布団、暖かいご飯
喉の乾きなど知らない生活
このありがたさをもっとかみしめて
いま私にもできることを
やっていきたいと思います!

私のmixiの日記にも
載せさせていただきました。
もっともっといろんな方が
被災地の方へ何らかの支援ができますように....
ありがとうございました (yuka)
2011-03-28 02:04:25
マスコミ報道されない被災地の現実。
自分の想像をはるかに超えた内容でした。
募金、物資を送ること。
私が今出来ることはなんてちっぽけなんだろうと思い知らされました。

毎日更新されていく死者の数。
それはやっぱり避難所で亡くなった方の数も含まれるんですね。
報道されない現実が多すぎます。

読みながら涙を止められませんでした。

1人でも多くの人に知って欲しい。
mixiに載せることをお許しください。

医療に携わる方、自衛隊の方、原発で戦っている方、土木関係の方・・・。
現地で戦っている方、そしてそれに関わる方全てに本当に感謝です。

私には今、何も出来ません。
でも将来、復興した地へ旅行に行きたいと思います。
ありがとうございます。 (あすか)
2011-03-28 02:06:08
ブログ書いてくださって、ありがとうございます!
涙が出ました。
でも、自分にできることが1つ増えて嬉しいです。

それは忘れないこと。

気づかせてくれてありがとうございます。
お身体大切に。
お仕事頑張ってくださいね。
ありがとうございます。 (ミチル)
2011-03-28 02:07:41
大変な状況の中、毎日の記録を残して下さったことに、
心から感謝します。
現地に行っている方のツイッターなどは拝見していましたが、
しっかりとした現状をこのブログで知ることができて、
安易には泣かない、と決めていた私も涙が止まりません。
伝えて下さったこと、そして深く温かな想いを届けて下さって
本当にありがとうございました!!
ありがとうございます (きらきら)
2011-03-28 02:08:39
報道からでは知り得ない情報を お知らせいただきありがとうございます。

ただ ただ、ありがとうございますとしか言う言葉が見つかりません。

教えていただいたことを決して忘れず 自分にできることを考え 実行していこうと思います。
ありがとうございました (eri)
2011-03-28 02:09:48
記事もコメントも全部読ませて頂きました。私は関西で保育士をしている者です。
当日、私の居る地域も少しだけ揺れたらしいのですが子ども相手に動き回っていたので全く気がつかず、仕事を終えてニュースを見て愕然としました。
全く何も無かった自分でさえ不安で怖くて朝まで眠れませんでした。
今まで通りの生活をしていることが本当に申し訳なくなったり、いろいろ考えてしまい数日はあまり眠れない日が続いていたのですが
元気で過ごせている自分がうじうじしてどうするんだ!いっぱい働いて経済を回さなければ!!
長期戦になるのだから今できること、これから先できることをしっかりやろう!
という考えに変わり気合いを入れ直していたところ、あなた様の記事を読み改めて頑張ろうという気持ちにさせられました。

私はテレビだけでなくネットなどで海外の写真や動画を探したり真実を知り、受け止め、その上でできることを考えようと思っていたので、あなた様の文章は本当にありがたかったです。
今回の震災ことでは泣いたらだめだ!って思っていたので今までもこの記事もなんとか泣かずに読んでいたのですが
コメント欄に実際に関わった方からのコメントが書き込まれていてそれを読んだときには思わず泣いてしまいました・・
本当に本当にお疲れ様でした。
被災地の子ども達のことも気にかかりますが、今目の前の自分がやるべきことをまず頑張ります。
うまくまとまらず支離滅裂な文章になってしまいすいません。
ありがとうございました
ありがとう (しぃ)
2011-03-28 02:10:17
被災地に行って下さって本当にありがとうございました。宮城県気仙沼市出身ですが、気持ちの中では被災地全てが故郷で被災された方全てが家族です。本当に本当にありがとう。
お疲れさまでした (よっくん)
2011-03-28 02:11:42
報道されていない現場の生の状況がわかり、本当に胸が痛くなります。
当り前のことが当たり前にできない生活。

自分の無力さを感じてしまいます。
今の自分のできることを精一杯したいと感じます。

お仕事お疲れ様でした。
ありがとうございました (ゆう)
2011-03-28 02:13:02
仙台在住です。
私の住んでいる地域は、被害の少ない場所で、徐々にライフラインも復旧してきています。
震災後、今までに見たことない数の県外ナンバーの緊急車両や支援物資を運んできてくれる車。
見かける度に、感謝の気持ちでいっぱいになります。

被災地に支援に来ていただいてありがとうございました。
悲惨な現状を目の当たりにして、辛いことも沢山あったと思います。
東北はきっと甦ります!
東北の人間は、辛抱強くて粘り強いですから!
ほんとうにありがとう (ak,ミトラ)
2011-03-28 02:17:30
本当にありがとう そしてごくろうさまでした。 僕たちに出来ない事を 大変な現場で。

本当にありがとう。
ありがとうございます (ななつ)
2011-03-28 02:17:59
被災地での活動、お疲れ様でした。
こうやって文章で発信して下さることで、現地の様子を少しでも知ることができて感謝しています。
被災地の皆さんが、一日でも早く安心して生活できるよう願ってやみません。
自分にできる募金や献血を、少しずつずっと長く、続けて行こうと思いました。
ありがとう (のりこ)
2011-03-28 02:18:20
私は東京在住の22歳です。
看護師さんのお話が聞けて本当に良かった。私達が東京で祈ることしか出来なかった時に本当に本当にありがとう。
被災地の皆さんが一日も早く救われるように私も自分にできる微力を考えて生きていきます。

無題 (ちえ)
2011-03-28 02:21:08

この手記は、より多くの方々に読まれるべきモノだと感じました。
言葉にならないくらい (砂羽 美佳)
2011-03-28 02:23:01
今、すべて読んで、言葉にならないくらいの感情が押し寄せています。

こうして、睡眠時間も殆どない中、使命感と
皆に知ってもらいたい!知ってもらわなければならないという気持ちから
詳細な記録に残して下さったこと、強く強く感謝いたします。

私は、東京在住なのですが、私のような被災軽微者がするべきことは、息の長い支援だと
改めて強く感じました。
最初だけ勢いが良くても、その後自分の中で風化させてしまうようなことがあっては、絶対にならない。

まずは今、出来ることから。

本当に、この記録を残して下さってありがとうございました。
あなたを、心から尊敬します。
是非、私のブログでも紹介させてください。
いきなり失礼します (としぴ)
2011-03-28 02:23:32
mixiより参りました。

被災地での活動
お疲れ様でした。

全て読ませていただき涙が止まりませんでした。

私も横浜で被災は逃れましたが福島に友人がいるし とても対岸の火事とは思えません。


今 自分にできる事を少しでも続ける事。


被災地の方が1日も早く元の生活に近づけるように


復興を心より願います。

ありがとうございます (ようだい)
2011-03-28 02:24:42
はじめまして。
東京で売れない俳優をしている者です。
Twitterでの糸井重里さんのつぶやきから、このブログを知りました。

涙が出ました。
東京が被災地だったら復興しない…きっとその通りだと思います。
瑠奈ちゃんと再会できるといいですね!
瑠奈ちゃんが大きくなって看護師さんになって「私が看護師を志したきっかけは…」なんて話すところを想像しちゃいました。
僕のブログでもぜひ紹介させてください。
ありがとうございます。 (mio)
2011-03-28 02:25:20
拝読させて頂きました。
記録して下さってありがとうございます。
厳しい環境の中、お疲れ様でした。
私にできることなど本当に限られていますが、被災地の一日でも早い復興を願っています。
また被災地に行かれる際は、一人でも多くの方を支えてきて下さい。
そして何よりも、貴方自身がお体を壊すことのないようにして下さい。
支援とは無関係ですが、私は私の仕事をすることで被災地と繋がっていようと思います。
ありがとうございました (萌菜)
2011-03-28 02:25:36
伝えたい想いがあってコメントしたのですが、いざ伝えようとすると何を書いていいのか分からないので、とにかくこのブログに心を動かされたことをここに残したくて、コメントさせて頂きます。毎日テレビから伝わるニュースに、何かしたいと思うけど、でも何をすればいいか分からなくて、そんなときにこのブログに出会いました。今も、自分がすべきことを見つけられたわけじゃないけど、でも、自分ができることからやっていこうと思います。このきっかけを下さって、ありがとうございました。
ありがとうございました。 (ちさと)
2011-03-28 02:28:13
ご自身の体験を記録としてこうして残していただき、ありがとうございます。

私のような海外で生活している者は、自分自身が知ろうとしないと祖国の情報は入ってきません。

祖国がこのような状況で、節電すら協力できない状況に歯痒さと申し訳なさでいっぱいでもあります。

何が起こっているか知ること、決して忘れないこと、これからも続けていかなければいけないと強く思います。

伝えていただき本当にありがとうございました。
錯綜する情報に困惑していますが、やっと生の声を聞けた思いで読ませて頂きました。 (タイゴまま)
2011-03-28 02:29:30
お仕事頑張ってください。


今は節電、募金、普通の生活をする事を心掛けるくらいしか出来ない自分です。


でも続けて行きます。
これらか、復興を見守って行きます。
お帰りなさい (じんママ)
2011-03-28 02:30:32
ツイッターで知り、ブログ、読ませていただきました。
ひとつ、ひとつ、言葉をかみ締め、
その場の空気を少しでも感じ取れるように、と、
最後まで読むのが本当に辛かった。
でも、目を離せない、辞められない、読まなきゃいけない、と思いました。

過酷な現場だったと推察いたします。
推察しかできません。

避難所に、ポっと灯った明かりのようであった貴女。
お疲れ様でした。
そして、お帰りなさい。
このブログ、UPしてくださって有難う。

一人ひとりがこうやって、
やるべきことをするまでだ、と強く思いました。
心の支援がしたいです。 (浅野愛香)
2011-03-28 02:32:31
記録、ありがとうございました。
そして支援活動、本当にお疲れ様です。

私は現在、臨床心理士を目指して勉強中です。

このブログと出会え、もっともっと
心の支援ができる体制をはやく整えられる社会にできるよう
奮闘したいと強く思いました。
頑張ります。
ありがとうございました。
Unknown (miki)
2011-03-28 02:32:31
貴重な経験を読ませていただきました。
本当に お疲れ様でした。
そして、被災地の方々を支えてくださったこと、メディアからは知らされない事実を知らせてくださったこと、本当に有難うございます。
ありがとうございます (みっこ)
2011-03-28 02:40:44
親友がFacebookで紹介してくれました。
看護学部2年の娘にすぐ、送ります。

読ませていただいて、本当に感謝しています。
よくぞ書き綴っていただいたと、一粒一粒の言葉の重みを大切に受けとめました。

ありがとうございました。
お疲れ様で御座いました。 (ゆり)
2011-03-28 02:45:55
(Twitter経由)
拝読し、報道も実に虚飾化した社会になった事、再認識させて頂きました。

愚弟が津波被害のあった仙台名取におり、行政の仕事に就いております。多くを語りません。同じような惨状なのでしょう。
(当時飛行中だったため難を逃れましたが、仙台空港に戻れず福岡に回ったとの事。その後は新潟などへも物資輸送勤務の連投だったようです)

こちらのご報告ブログで、実際の有様が想像出来ました。
本当に有難う御座います。

過酷な現場でのお働き、お疲れ様で御座いました。
泣かない、化粧などしない、など心構えから心底頭が下がります。

被災されたお一人一人が、少しでも早く安心出来る生活が送れるよう、何でもいい、自分に出来る事をもっと模索したいです。
言葉がありません (かえほ)
2011-03-28 02:50:23
貴重な体験読ませて頂きありがとうございます。
同職種です。考えさせられることがたくさんありました。
マスコミやネットの不確かな情報しか知るすべはないですが…想像出来ない世界が広がっているんだと思うと胸が締め付けられます(-_-;)
今は現場を離れ二児の母親しています…寝息ききながら普通でいられる幸せを噛み締めています。現地の子供を思うといたたまれません。
あなたのように被災者に直接救いのてをさしのべれないですが…非力ながら募金していきます。あとは我が子が楽しく毎日過ごせるように努力していきます。

現地の活動お疲れ様でした。
「感謝」 (あんな)
2011-03-28 02:55:20
Twitter上で紹介されていて拝読しました。
実際に寒くて震えることもない
嗅いだ事のない臭いや恐怖に包まれる事もない
現場レポートをこうして涙しながら読ませて頂いても
どれだけ毎日、新聞やTVの報道に涙しても
やっぱり私たち被災していない者には
被災した方の本当の思いなんてわかる事はできないんだと実感します
私達の想像の域を遥かに超えている現場で救援活動できる方々を羨ましく、頼もしく、そして誇りに思います。
ありがとうございました
ありがとう (やす)
2011-03-28 02:59:44
ありがとう。
あなたのような人がナースでほんとうによかった。

ありがとうございます。 (やす)
2011-03-28 03:03:31
じっくりと読ませて頂きました。
読み進めて行く内に涙が出てきました。今回の出来事は絶対忘れません。
これからも協力出来る事を、自分なりに探して希望を持って続けていこうと思います。

本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございます。
おつかれさまでした。 (かずのり)
2011-03-28 03:03:46
本当におつかれさまでした。
まだ、終わっていませんが、おつかれさまです。

いかに、いま東京他で起っている事がくだらないか思い知らされました。

最後におっしゃられたように、その場所でできる事をすべきだと思いました。

悲しくもなりましたが、やるべき事を見つけれました。

ありがとうございます。
そして、お体にお気をつけ下さい。
Unknown (cocoon7070)
2011-03-28 03:10:17
Twitterで知り合いの方が紹介されていたのでこちらにきました。お疲れ様です。本当にご苦労様です。私は主婦で、東京の自宅で地震にあいました。東京の震災後の状況には悲しくなることもいっぱい。もっと津波にあった方々の思いに寄り添わなくては、と思います。長期戦です。でも、時間は前にしか進まない。決して忘れずに、いつも自分の思いの数割は被災された方にかけていきたい。コツコツと、できる範囲で支援したいです。
こんばんは (sada)
2011-03-28 03:11:35
こんばんは、sadaと申します

被災地のこと、
また貴方様が体験したこと、
静岡にいる私には、
察することすらできないかもしれない現実と、
拝読させて頂きました。

私は、たった少し離れた東北に赴くことも、
その哀しみによりそうこともできず、
ただただ、この安全地帯から、
遠めに、、
それでも目を離すことができず、
被災地に思いを馳せております。

貴方様の文章の中に、
「3月11日のことは決して忘れてはいけないのです。」
という言葉がありましたね。

もし忘れない事、
それをきっかけにして
私の日々の行動が変わる事、
そのことが、
私にできることであるなら、
まずそこから始めていこうかと思います。

私は私なりに、
今ここでできる精一杯の
思いやりや、心遣いをしていこうと思います。
それがやがて東北に届きますように。

教えて下さって、有難う御座いました。

Sada
ありがとうございます (えるびーえす)
2011-03-28 03:16:57
ありのままの日記、ありがとうございます。

そのままの自分で、できることを最大限やっていこうと
改めて誓いました。

「微力は無力じゃない」

そうですよね。

1歩でも前へ。未来へ進んでいることは確かなのだから。
ありがとうございます。 (なぽ)
2011-03-28 03:18:06
拝読させて頂きました。

私は3歳まで陸前高田に住んでいました。
隣の大家さんにはとても可愛がって頂いて毎日遊びに行ってはミルクティーをご馳走になり、廊下でひなたぼっこをしながら猫のなぽと遊んだり。夏には家族で高田松原で海水浴・・。高田での幸せな日常はとても大切な思い出です。


沿岸地域の方のまだまだ続くであろう大変な状況をニュース等で知りながらも何もできない自分に気が滅入っているところでした。気が滅入るくらい余裕があることにもイラついたり。


ブログをUPしてくださって本当にありがとうございました。

また平和な優しい時間がみなさんのもとへ戻ってくる事を心から祈りながら、今自分にできることをしっかりやろうと思いました。
翻訳版公開してもよろしいでしょうか? (wizardofcrowds)
2011-03-28 03:19:41
体験をブログの形で共有してくださったこと、本当にありがとうございます。

日本人の私達にとっても、マスコミの報道では伝わってこないとても大事な内容です。ましてや、海外に住む人々には全然伝わっていないでしょう。「みやけ」さんのコメントにもありましたが、これを英訳して公開することも、世界からの支援の輪を広げて行く意味で大事なのではないか、と思いました。

友人に声をかけ、英訳の作業に着手しました。英訳版を非営利目的で、なんらかの形で公開したいのですが、許諾をいただきたく、ご連絡いただけないでしょうか?

また、このコメントを見ている方で、英訳を手伝ってくださる方がいらっしゃいましたら、是非お声をおかけください。

Twitterのwizardofcrowdsにご連絡を。
大切さ (まり)
2011-03-28 03:20:09
お疲れ様でした。
ニュースでは伝わらない過酷な現状が直に伝わってきました。
今の日本 人への思いやりがないと感じていたけど、まだまだ捨てたものではないですね。
これからもまだ続く辛い被災生活の人たちを少しでもバックアップできるように私のできることで支えていこうと思っています。
みんなで支えあっていけばきっと立ち直りますね!!
ありがとう (asuka)
2011-03-28 03:20:52
お疲れさん

ありがとう

感謝です
感謝 (あや)
2011-03-28 03:21:10
陸前高田の隣街、気仙沼市出身のものです。

本当に、感謝で一杯です。。。
たくさんの人を助けてくれて
どうもありがとうございます。。。。

私も復興を目指し、今できることを精一杯します。

心からの感謝を込めて。
Unknown (ちょり)
2011-03-28 03:21:19
読ませて頂きました。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。

 (みっち)
2011-03-28 03:21:32
おしえてくださってありがとうございます。実態を知って、今生きている自分がどんなに恵まれた場所にいるのかを再確認したのと同時に明日は我が身だと思うとその恐怖が襲ってきています、何をすればいいのかわからなくて今のところ募金しかできてなくて、でもお金に余裕がなくて物資も用意できないし何も支援できないと思うと悔しくて悲しくて、でもこのブログを読ませて頂いて、自分の仕事をこなして、給料が入ったらお金を使って経済を動かすことと、何事においても無駄使いをしないようにと、今まで以上に衣食住に対しての感謝を忘れず、大事に生きていきたいと思います。
ありがとうございます (ゆうゆう)
2011-03-28 03:23:21
不眠不休の看護の中、寝る間を惜しんでこのような記録をつけていただき、本当にお疲れ様でした。

どうか削除せずに、この記録をずっと後世にまで残していただけますようお願いします。

分かりやすい身近な言葉でありのままを綴られていて、本当に他人事ではなく被災地の現実を実感できました。
ありがとうございました。
ありがとうございました (ERIKO)
2011-03-28 03:29:08
読みながら、涙が止まりませんでした。

壮絶で貴重な...でも素晴らしい体験をされたと思います。
それを綴っていただき、本当にありがとうございました。
このことを一人でも多くの方に知って欲しいと、拙いブログですが紹介させて頂きました。
これから自分に出来る事は何か...しっかり考えていきたいと思います。

お体を大切にして、これからもお仕事頑張ってください。
心を動かされました (は)
2011-03-28 03:38:21
うまく感情が言葉になりません…。
自分はただ思ったり口に出したりするだけで、何も行動に移せていなかったことを恥ずかしく思っています。
これから自分にできることをできる範囲で、いや、ちょっとだけ無理してやろうと思います。
本当にお疲れさまでした。
そしてこの日記を書いてくれてありがとうございました。
お疲れ様でした。 (あやの)
2011-03-28 03:39:04
snsより経由させて頂きました。

この数日間の中で、最も現実に触れた様に感じました。テレビでは見ることのできなかった、現実をまるで見たかの様に心に焼き付けました。

数日の過酷な現状での業務は、さぞ身体も心もお疲れになったのではないでしょいか。どうぞゆっくりお休みになってください。

そして、また多くの命、心を救って下さい。私もまた、経済復興に力を注ぎたいと考えております。
Unknown (さとし)
2011-03-28 03:45:59
貴重な日記読ませていただきました。ありがとうございました。
あなたの感じ方、考え方に非常に心をうたれました。
何不自由なく暮らせている地域に住む私達は、募金や無事を願う以外に何もできませんし、何もしりません。
だから今、何が正しくて自分が何をしたいか、そしてするべきか、正直分かりません。しかし、人と人との暖かさを大切にする事、それが何よりも大切である事は学べました。
私のあまったれていた考え方を吹き飛ばして頂き、ありがとうございました。
力が湧きました。
ありがとうございます。 (安保亮)
2011-03-28 03:46:09
陸前高田で親友が亡くなりました。僕は盛岡の出身です。
17年前、末期ガンを岩手医科大で救って頂きました。看護婦さんの元気な声と笑顔・・・もちろんお医者さんのお陰です。
5年前は岩手医科大で母を看取って頂きました。
臨終の瞬間まで明るく励ます看護婦さんに遺族の心は救われました。
被災地の惨状も、ボランティアをしている友人から聞いています。
行きたくても行けない。
だからもう一度「ありがとうございました」
ありがとうございました (通りすがり)
2011-03-28 03:46:37
報道が、あの恐ろしい大災害の一部の一部しか
伝えきれていないことは頭で判っていました。
これほどまでに凄まじい、戦場のような日々、
そして、そのなかでも互いを思いやり、支えあう人々。
ブログを読んでいて、終わりのない、果てしなく残酷で果てしなく悲しい現実のはず、なのにそれでも微かにでもはっきりした希望の明かりが私にもみえてくるような気がしました。

ご自分の言葉で、ありのままの現地の光景を
伝えてくださってありがとうございます。
遠く離れた九州にいて、普段と変わらぬ生活を
送っていることに罪悪館すら感じる、そういう
毎日です。

が、今の自分には自分ができることをきちんと
こなしていくこと、そして、日本人は捨てたもんじゃない、それどころか本当に素晴らしい、という誇りを改めて感じながら、あの地震の日と被災された方々、そして文字通り、身を粉にして被災者の方々を助けてくださっている
ブログ主様たち全てに、大事な、人生で一番大事なことを教えていただいているという感謝を伝えたい気持ちでいっぱいです。

これからが長い闘いです。
でも、国中みんなで結束して、もう一度、必ずあの美しい東北の風景が戻ってくるように、皆さんにいつか笑顔が戻ってくるように、気持ちはいつも一緒にあるつもりです。

本当にお疲れさまでした。同じ国に住み、生きるものとして勇気づけられ、本当に感謝しております。
本当にお疲れ様でした (ゆみ)
2011-03-28 03:46:42
友人のブログから貴女様の日記に入りました。
本当に頭が下がる思いです。皆さんもおっしゃってる通り、TVでは報道されない真実、被災者の方々の気持ち、現場で救援活動にあたってる方々の大変さ、まるで映像のように頭に浮かび心の奥に衝撃が走りました。

何かをしたいけど何もできずとりあえず義援金だけでもとお送りさせていただきましたが、それで終わりではなくこの先もずっと本当に被災地が復興を遂げるまで応援し続けなければと思います。何をどう表現していいか整理がつきませんが、貴女の笑顔がどれだけの方々を癒したかわかりません。また被災地に向かわれると思いますがどうかお体に気をつけて、一人でも多くの方を救ってあげてください。

本当に綴って頂いてありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 04:00:13
本当にありがとうございました。
そして、被災された方々が、一日でも早く大切な人と、笑顔で穏やかな日常に戻れますように。
皆さんの故郷が、復興しますように、お祈り申し上げます。
ありがとう (じゅ)
2011-03-28 04:02:20
体の芯からこみ上げる衝動がありました。自分がやれることはいまだ見えない。4-5人引き取って自分の家で風呂に入れてあげたいとか、思うけど、現実的ではないのかな。せめて募金だけでも続けます。
Unknown (yukko)
2011-03-28 04:07:02
今回の件でなんども涙がでました。でも私が泣いてても意味ないから頑張って働いて少しでも募金するんだって、泣いてる場合じゃない。って。いつからかテレビを見なくなり、過酷な状況や情報をシャットアウトしていました。
今回あなたのブログに出会い、声をだして泣きました。今だけ思い切り泣こうと。
この今も被災者の方、支援活動されている方々は過酷な状況に置かれているのですね。心から祈ります。一日一日が春の日差しと共に温かく穏やかになることを。
私たちができる事、まだまだいっぱいありそうです。

ありがとうございました (ひとみ)
2011-03-28 04:07:45
ブログ読ませていただきました。
都内で看護師をしているものです。
ブログを読むだけでも、過酷な状況が伝わってきましたが、現場はさらにひどいものなんでしょうね。
同じ看護師として、もし私が行ったのではあなたのように働けなかったのではないかと思います。
このブログを読んで、私は私で、今ここでできる事を精一杯やろうという気持ちにさせてくれました。ありがございました!
ありがとうございます (ひろみ)
2011-03-28 04:08:02
つらかったけど、知らなくてはいけないと思い、最後まで読みました。

まだ感情が整理できなくて ここに表現できないけれど、
読ませていただけて、本当に良かった。

この記事に出会えたこと、心から感謝します。
ありがとうございます。
ありがとうございます (ぁ)
2011-03-28 04:09:51
あなたの記事に出会えてよかったです

私は被災地から遠い地域に住んでいて、テレビで流れてくる情報しか受け取れなかったのですが、あなたの記事を読んで、一日目からその壮絶さを知る事ができました。
そして、涙が止まりませんでした。
この日本で実際に起こった事を、現地の目線で知る事が出来て本当に良かったです

あなたはとても強くて前向きな心をお持ちだと思います。
私も、募金に協力し、この記事を少しでも多くの方に知ってもらう事から始めようと思います
ありがとうございました! (emiko)
2011-03-28 04:09:55
ありがとうございました!!!涙したり、ホッ!としたりしながら一気に読ませてもらいました。会いたい人に会える日、笑顔が戻る日、安心して生活ができる日・・・が早く来ますよう心からお祈りします。
お疲れ様でした (通りすがり)
2011-03-28 04:13:32
うまく言えないけど あなたや今現場で頑張っている人たちの努力を無駄にしないためにもこれで終わらないように、支援を続けていく事が大切ですね。今度は私たちが頑張る番です。

お疲れ様 ありがとう
敬礼です (マザー沙也加)
2011-03-28 04:14:12
はじめまして。
マザー沙也加 と 言います。
gooblogに 自分の日記を 書き込みしていて 貴女様の blogを 見つけて 拝読させていただきました。
「皆様へ」この ノンフィクションの 日記を たくさんの 方々が 読まれ 流した涙は 浄化の 涙 と 代わりました。
貴女様は その 使命を 到達されたのですね!
ありがとうございました。そして お疲れさまでした。
私は、スピリチュアルカウンセラーを やらせて いただいています。が…
人様の 心を 救う なんて 偉そうに 言って 頑張ってきた つもりでしたが
自分の 無力さ に 悩んでいる毎日です
ナース…天使ですね!
貴女様のように 頑張って くださってる ナース様は きっと 大勢 いますよね。
震災地で…
本当に、 被災地の現状を 伝えてくださり ありがとうございました。
また 、瑠奈ちゃん との 出会いは きっと 瑠奈ちゃんの お母様が 結んでくださり 貴女様に 例え 数日間でも 託したんだと 思います。
貴女様の 日記を 私の blogで 紹介させて いただきます。
どうか これからも お身体を ご自愛ください。そして、貴女様の 母上に 私は、お礼を 言わせて いただきます。 「素晴らしい お嬢様を 誇りに 思ってください。 お母様の 素晴らしい 母性で 立派な 女性に 育てられた お母様と お嬢様に 敬礼です。」と…
早く 貴女様の 第2の 故郷の 皆様が 心から 笑顔で 平常に 暮らせる日が 訪れますように…願っております。
Unknown (ゆうか)
2011-03-28 04:25:18
全部読ませて頂きました。
本当に有難うございます。
私に今できる事、もう一度考えます。
あなたのこの日記でどれだけの人が考えたか、そして行動に起こしたか、、、
もちろん私もとても考えさせられました。
泣きました。
陸前高田には知人もいます。
まだお話しはできていませんが、皆と頑張っているそうです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当に有難うございます。
4月に行きます (あくび)
2011-03-28 04:27:48
看護師です。災害派遣の予定があり準備をしています。現地の情報が欲しくてこちらにたどり着きました。
ある程度は想像していましたが、新たに色々と思うこともあり、考えさせられました。

まずは、お疲れさまでした。
先発の方々の後を引き継げるか分かりませんが、自分に出来ることをやって来たいと思います。
お礼。 (Tomoko F)
2011-03-28 04:31:12
本当にお疲れさま。
これを書いてくれてありがとう。あなたは被災者の心までケアされた方の一人だと確信しました。あなたの様な方が今も、沢山ボランティアなさっているのですね。
フランス地元で募金を始めます。私の彼は私のカンパを持って報道写真家として現地に向かいました。
何ができるか、模索するだけで胸が一杯ですので、現地で(しかも直後に)経験されたあなたの辛い気持ち、計り知れません。
フランスにおいでの折は、是非飲み明かしましょう。@nipponnormandy
ありがとうと、おねがいです。 (dekobokoミチ)
2011-03-28 04:37:32
フェイスブックで間接的に、来ました。本当に涙なしで読めない、貴重な記録をありがとうございました。今、イギリスで日本語教師をしていますが、今、日本語を教えている学校で、折り紙で鶴を折って売るという義捐金集めが計画されています。来週の金曜日(4月8日)の昼休みの行事ですが、その中でJKTSさんの上の記事の一部を英語に訳して紹介させていただきたいと思いましたので、許可してくださいますよう、お願い申し上げます。ほかに連絡先が分かりませんので、ここにお願いを書かせていただきました。
お疲れ様です (KAO)
2011-03-28 04:40:58
ツウィッターからきました。
私は今海外に住んでいますが、以前日本で看護師をしており、貴女の記事を本当にありありと想像し読ませていただきました。いえ、多分それでも現実にあなたが見た光景には到底及ばないことでしょう。
まずは、頑張られたあなたに「お疲れ様です」と声を掛けたいです。看護師であるあなたの活躍を、誇りに思います。そしてこうして形にしてくださったことに感謝しています。
まずはご自愛されて、またご活躍されることを祈っています。そして私も私に出来る事を続けていこうと誓いました。
とても強い人だと思います。 (blackwagtail)
2011-03-28 04:52:50
はじめまして。 twitterから流れてきました。

私は、噴火鎮静後の雲仙普賢岳や震災から復興した後の神戸へ行く機会がありました。 その時感じたのは「TVの報道の小ささ」でした。
スケール感が伴わないというのは当たり前の事なのですが、TV画面で見た物を目の前で見た時に以前起こった事を想像しただけで寒気がしたのを覚えています。 今回は、それを遥かに越える事態が起きているのだろうとは、ある程度想像していました。

それにしても、あなたは強い人だと思いました。
私も個人的にボランティアとして参加できないかと思いましたが、交通手段がない・個人で行っても迷惑なだけ・自分の事も自分でできないのでは?と、どう考えても無理なことだと悟ったので今はできること(節電等)だけ実行しています。
ブログを拝見させていただいて、それが正解だったと思いました。 読んだだけでも何度涙が出たことか。 「現地では泣かない」という発想は、全くありませんでした。
現地は、やはり想像以上のありさまのようですね。 と言っても、これも想像でしかないのですが。
もし私が現地へ行ったとしたら、逆に自分が打ちのめされてしまっただろうと思います。

最後に、レポートありがとうございます。 私も、一日も早い復興を心から祈っています。
(支離滅裂な文章になってしまいました。 すみません。)
貴重な体験談をありがとうございます (A)
2011-03-28 04:53:39
テレビでの映像や規制のかかった情報しか仕入れられない現状では、どこかリアリティーに欠けていて、口では援助援助と言っていてもやはり他人事のように考えている人が多いと思います。特に関東ではご存じの通りで、心が痛みます…。
私も今、看護学校に通っています。このブログを読んで、被災地の壮絶な現状を思い知らされました。そして、看護師になった後に貴方のように使命感を持って臨めるかと不安も感じます。でもブログを読んで、被災地の方々に勇気と希望と心身両面への看護を精一杯にされてきたことが痛いほど伝わりました。こういうときこそ人の力が一番の薬なのかなと、私なりの解釈をして、やっぱり私も貴方のように人の痛みが分かる看護師になりたいと強く思います。今は看護では役に立てないけど、節電や募金など今できることをしながら日本がまた笑顔になれる日を願います。
敬意 (あきこ)
2011-03-28 04:53:47
SNS経由で拝見させて頂きました。

被災地での生々しい状況、伝えて頂き本当にありがとうございます。
私達は報道という取捨選択された部分しか知らなかった事を痛感しました。

恵まれている首都圏の私が今何を出来るのか再考させて頂くきっかけになりました。

本当にこのブログを書いて頂きありがとうございます。

是非とも友人知人にもこの事を伝えたいと思います。
Unknown (つき)
2011-03-28 05:02:00
記事全部読ませて頂きました。ここ数日間でテレビなどで地震の事をとりあげなる事が少なくなってきており…私自身、正直 地震について考えなくなってました。この記事を読み、そんな自分が恥ずかしいです。募金をしたくらいで支援した気持ちになってた自分に腹が立ちます。東京にいると全く分からない被災地の状況を教えてくださりありがとうございます。そして、お疲れ様でした。私も自分なりにできる事を日々見つけやっていき、この事は絶対に忘れてわいけないと強く感じました。
Unknown (ぐぅ)
2011-03-28 05:21:47
お疲れ様でした。そして被災地の現状を教えて下さってありがとうございます。
日常に戻りつつあるテレビ放送と原発情報に被災地の方が取り残されていく事がないよう遠く離れた所からでも出来る支援を続けなければと思いました。
命があり家があり食べ物、水、清潔に保てる環境がある私達が被災地の方より何十倍も頑張らなくてはいけないですね
ありがとう (Masa)
2011-03-28 05:25:00
貴方達が居たから救われた。ありがとう。
ありがとうございました (とにぃ)
2011-03-28 05:41:13
貴重なお話をお聞きすることができ、感謝します。
本当に頭が下がる思いです。
ありがとうございました! (kimmy)
2011-03-28 05:44:30
貴重な体験ブログ、知り合いを通じて読ませていただきました。
ニュースなどで映えることのできない被災地の状況が手に取るように感じられ、心の奥からこみ上げてくる物がありました。
苦しい悲しい辛い状況でも一生懸命な働きが被災者の方々をきっと、癒してくれたのだと思います。
そして一つ一つの命の尊さにまた改めて気付きました。

本当にお疲れ様でした。
あなたのような方がいてくれると思うだけでとても温かく優しい気持ちになれます。
これからも応援しています。
頑張って下さい。
ありがとう (みわ)
2011-03-28 05:45:13
4歳を筆頭に3人の子供を持つ母です。とにかく言葉になりません。この書き込まれた出来事は忘れません。
ありがとうございました!
ありがとうございました (雅ランティエ)
2011-03-28 05:47:14
facebookの友人のリンクからこちらに辿り着きました。

もうこれ以上の悲惨なニュースは取り入れたくないと思いましたが、やはり読んでしまいました。でも、看護士さんの心を通して、被災地の悲惨な状況とその中にある光が伝わって来て、何度も心を打たれました。

海外に住んでいる身でも、日本の家族を思いながら情報にどっぷり浸かっていると、意識は日本、身体は平和で明るいカリフォルニア、と、まるでめまいを感じるような非現実さの中で、心のバランスを失いますし、それで確実に健康を失います。

でも、その中で私たちは耐え、明るい未来を無理矢理にでも想定し、できることをして日、一日を過ごして行かなければならないのだと痛感しました。

改めて、看護士さんのこの経験が、TVの情報だけでは解らないものを伝えてくださったことに感謝します。

ありがとうございました。
ありがとうございます。 (Unknown)
2011-03-28 05:51:22
現状を伝えてくださり、ありがとうございました。
たくさん伝えたい事があるのに、それ以上の言葉が見つかりません。
本当にありがとうございます。
お疲れ様でした! (音々)
2011-03-28 05:54:41
私は九州で運送会社に勤めています。
ニュースで悲惨な状態を見ているにもかかわらず救援物資とは無関係な品物で自分の荷物だけは送りたいという顧客の対応にしばらく追われていました。
はらわたが煮えくり返りましたがお客様にキレたところで被災地の方々の為にはならないので我慢ができました。
被災地の方々の方が辛いのに読んでて我慢が出来ず泣いてしまいました。
絶対に報道では知ることのできない貴重な体験談をありがとうございます。
改めて私にできることは何でもする!と誓いました。
助け合い (きわみ)
2011-03-28 06:11:29
助け合って行ってほしい、隣の人をきづかえるようになると日記に書いていました。そのままの現実がありました。
みんな強い!がれきをのけるごとに遺体がでてくるとゆう現実に逃げ切れなかった人が大勢いた事をしり、ショックでした。
でも生き残っている方の優しさや強さを見せてもらい感動しました。何もできないけど、みなに知ってもらって募金して行きたいと思います。
ありがとう (りょ)
2011-03-28 06:13:55
twitterからやってきました。

3月11日以来、気付くのが遅かったと思いますが今自分が送っている“日常”がとても大切なことなのかがわかりました。
そして、この日記を読んでそれを再確認できました。
本当にありがとうございます。

当たり前だったことがとても愛しく思います。

自分にできることはほんのちっぽけな事かもしれませんが、そのちっぽけなことをみんなであわせれば被災地の方々にとって、大きな力になることを信じています。

そして、“今”精一杯生きようと思います。

災者救助や災害対策に全力を尽くしていらっしゃる関係者皆様に敬意を表します。



お疲れ様でした。 (Sarry)
2011-03-28 06:16:01
ありきたりな言葉ですみません。
でも、心から・・・本当に、お疲れ様でした。

泣かないときめ、笑顔でいる看護婦さん。どんなに皆の心の支えになったでしょう。
でも、長い戦いだから、素直に泣くことも必要かと・・・激務に入ってからは、泣く暇も無かったことでしょうね。

無事に、赤ちゃんが生まれてきて良かった。

英文の義援金HPを、色んな所にUPしましたが、地震直後は関心を持ってくれていた海外の人が、今はスルーしていく現実。
「同情するなら、金をくれ」と、考えていましたが。

今すぐ自分に出来ることだから、日本赤十字の義援金のHP、また伝えます。
有難う御座います (ゆう)
2011-03-28 06:17:02
現地で奮闘されてる様子に涙無しで読む事は出来ませんでした。

本当に大変なのはこれから、まさに仰る通りです。自分も自分に出来る事を地道に続けていきたいと思います。

応援しています!
SNSから参りました。 (運送屋です。)
2011-03-28 06:17:56
言葉が無いです。
自分達も頑張ります。
感動しました (JUN BK)
2011-03-28 06:20:40
感動して読ませていただきました。私はいまNYに住んでいますが、色んな人がやさしい声をかけてくれて、日本は大丈夫ですかって声をかけて一緒になって心配してくれたり哀しんでくれています。ありがとうございます!
一児の母です (モモママ)
2011-03-28 06:25:27
涙が止まりません。
テレビではわからない、報道されない現状を知りショックもあり、それと同時に感動もあり
涙が止まりません。
人間だから涙が出るし、
感情を殺すことなんて無理だと思います
してほしくないです
感情があるから、あなたのように温かいケアが出来るんだと思います
瑠奈ちゃんに将来の夢、目標とする具体的な人物が出来たことは本当に本当に大きかったと思います
私もまた現地への支援続けていきたいと思います
ありがとうございました (Shizuku)
2011-03-28 06:32:43
シェアさせて頂いてありがとうございました。日本語、日本、大切にしたいです。私にできること…。
ありがとう (ポムム)
2011-03-28 06:34:48
言葉を失い、一気に読ませていただきました。
貴重なお話、ありがとうございます。
自分に出来ること、微力でもやってゆこうと思います。
ありがとうございます。 (はね)
2011-03-28 06:46:16
Twitterからきました。
一気に読みました。
私は岩手出身で、実家は内陸で被害はそれほどでもなかったのですが、3年前まで勤めていた職場が沿岸だったので、今どうなっているだろうとジリジリした気持ちでいました。
連絡がとれた知人もいれば、どうなっているか分からない人もいます。
今は遠い北海道から被災地を思う日々です。
こんな風に被災地のためにがんばってくださる方がいることに感謝しつつ、私も自分にできることをがんばろう!と改めて思いました。
一つ一つは小さくても、きっと大きな力になると信じて!
本当にありがとうございました。
ありがとうございました。 (てつや)
2011-03-28 06:46:58
twitterから拝見させていただきました。
これから自分に何ができるのか、1日を大切にして、家族や友達、仲間、日本を大切にしようと想いました。
ありがとうございます (めぐみ)
2011-03-28 06:51:01
高田の隣、気仙沼に住んでいます。
皆さんがたのおかげで気仙沼も大分落ち着きました。
まだまだ先は長いですが、こうした現場の声はどんどん伝えていって欲しいです。

わたしも地元のために少しでも役立てるように頑張ります!

Unknown (ぽんちゃん)
2011-03-28 06:53:11
この半年に検査入院2回、手術入院1回を体験しました。特に最初の検査入院は不安だらけで、ちょっとしたことで涙ぐむ私に看護師さんたちが言葉で、手を握って励ましてくれたこと、寄り添ってくださったことは本当にうれしかったです。ですから、避難所の方々は一緒に泣いてくれたり、手を握らせてくれたみなさんの存在はお薬のように大切なものだったと思います。
私は学校に勤めています。4月からは被災地からの学生も戻ってきます。彼らに寄り添えることはないか、考えていきます。
貴重な記録をありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 06:55:43
本当にありがとうございます。
それしか言葉がありません。
感謝!! (jangarianham)
2011-03-28 06:59:47
本当にありがとうございました。長期戦ですから、私もできることを継続してやって行きます。
力を頂きました。 (nsoderland)
2011-03-28 07:03:31
心打たれました。力を頂きました。困難から得られた宝物です。
ありがとう (みん)
2011-03-28 07:03:57
Twitterより来ました。
3月11日の事は他人事じゃない、忘れてはいけないんだ。壮絶な体験をされたあなた様からの文章は多くの事を教えてくれています。ありがとうございました。熱く、重く。わたしもせめてもここで、優しい人にな
ろうと思います。
ありがとう (鈴木 和枝)
2011-03-28 07:06:50
ありがとう。本当にありがとう。
ありがとうございました (おばさん)
2011-03-28 07:12:13
あなたのとられた行動は医療の面だけでなくメンタルな面でもみなさんの支えになったと思います。途中涙で文字が見えませんでした。人の温かさをうれしく思いました。本当にありがとうございました。
ありがとう (TS)
2011-03-28 07:23:48
さぞ疲れているなか、睡眠時間を削ってこのブログを書いてくれたのでしょう、ありがとうございます。

連日テレビで放映される被災地の現状、その酷さには目を覆うばかりでしたが、実際はそれよりもなお、過酷な環境下に被災者の方々がさらされているのだ、ということが判りました。

リンクを社内のイントラネットに載せて一人でも多くの人にこのブログを読んでもらいます。
ありがとうございました (みぃこ)
2011-03-28 07:33:23
mixiから来ました。
日記をすべて拝見させていただきました。私は大阪にいるのですが、TVでは流れない現地の壮絶な状況を日記を通して教えていただき、記事を見るたびに涙が止まらなかったです。医療という観点で足りない物資の中、必死でできることをされたあなた様の行動は多くの方の心の傷を癒せたと思います!
この記事を通して、人と人との絆の大切さを改めて考えました。
私もできることから始めていきます。
ありがとう (DEEP)
2011-03-28 07:34:12
初めまして・・・Twitterから来ました。
沢山の人がここを見て勇気付けられたと思います
自分に出来る事はあまりにも少ないですが
出来る事をやっていきたいと思います
自分も阪神大震災で仲間を沢山失いました
その時に出会った方たちの事は今も忘れられません。

瑠奈ちゃん・・そして被災地の皆さんに幸有れ!!

ブログ主さん・・・本当にありがとう!!

本当にご苦労様でした。 (Jun吉市)
2011-03-28 07:39:51
まだまだ現地では悲惨な状況が続いていますが、放射能汚損とか原発の動向とかTOPの誰かが悪いとかくだらない情報が多すぎます。

貴女は本当に素晴らしい経験と情報発信をしてくれました。

私は現在、Australia在住で震災当日はChristchurchにおりました。

もし、日本に居たら真っ先に現場に行っていたのですが、私の示された使命は別の機会だったようです。

素晴らしいブログを有難うございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 07:40:20
自分は被災してない人間なのですが、被災地の現状を知りとても驚きました。

被災を受けてない所の生活は段々もとに戻ってきた感じがしますが、このブログを見たらこの震災のことは絶対に忘れないようにしようと思いました。

自分にできることは本当に微力かもしれませんが被災地のためになる様に継続的に募金などをしていきます。

自分達がどれだけ恵まれているかを気づかせてくれる体験談をありがとうございます。
ありがとうございます (FUNE)
2011-03-28 07:44:03
Twitterから参りました。
まずは、お疲れさまでした。
そして、克明な記録、ありがとうございます。

東京で日常生活を送りながらも、こういった状況を皆がシェアして、これからも被災地に感心をよせ続け、できる事が何か、考え、行動し続ける事が必要ですね。

ありがとう (てんてん)
2011-03-28 07:44:09
本当にあなたの記録に涙が止まりませんでした。私の知人の看護師さんも、被害の甚大な町で、現在働いています。
大変なご苦労だとおもいますが、きっとあなたのように、ひさいされた皆様のために頑張っていると思います。
私にも少しでもできることがあれば、しなくては…と、本当に考えさせられました
ありがとうございます。 (Y)
2011-03-28 07:44:12
明るくて暖かい場所で、パソコンでこのブログを拝読している私には、このブログを読んで涙を流すこともうしろめたく感じてしまいます。

お金もない、技術もない私は、被災者の方々のために何ができるのでしょうか。
ずっと考えていますが答えは出ません。


ありがとう (ken)
2011-03-28 07:47:47
とても貴重な体験談をありがとうございました。

遠い外国にいて、募金することぐらいしかできない自分がとても不甲斐ない。

これからも貴方のような方々の後方支援を継続していきたいと思います。

このお話は私の友人(外国人)へ翻訳して伝えたいと思います。

本当にお疲れ様でした。
ありがとうございます。 (美桜)
2011-03-28 07:49:49
過酷な中の看護活動御疲れ様でした。
そして、ありがとうございます。
被災地のありのままの姿を拝読し、涙が止まりませんでした。
涙は、流すもの。泣きたいときはともに泣いてもいいと私は感じます。
感情は、抑え込む事はないと・・・・
私も看護師をしています。「泣かない」と教えられました。でもね。トイレでよく隠れて泣いていました。

瑠奈ちゃんに再開出来る日がきますように。
いやいや。必ず、来ます。
貴重な体験を綴って頂き、
本当にありがとうございました。

頑張ろう東北。
頑張ろう日本。


ありがとう (ムーミン)
2011-03-28 07:54:14
岩手に住んでいるものです。

沿岸地方の今起きている現実を伝えていただき、本当にありがとうございました。
本当に頭の下がる思いです。

また今ある現実を全国の皆さんに知って頂けたのかと思います。
そしてまだまだ伝えられていないことがたくさんあります。

東北人はよく、我慢強いとか言われますがそんなことはありません。
今の現実に対し、人からの温かさでギリギリの所で乗り切っているだけ。
全国の皆さんも同じかと思います。

今は只々乗り越えるしかありません。

今起きている現実を伝えて頂き、本当にありがとうございました。


ありがとうございました (きむりん)
2011-03-28 08:02:44
すごく貴重な体験を伝えてくださりありがとうございました。
TV、ニュースだけでは伝わらない現実を垣間見させていただきました。想像を超えています。
今は甘えた自分を少しでも見直して国全員で笑顔になれるように微力でも尽力したいと思います。
本当にお疲れ様でした。
全国民必読 (けん)
2011-03-28 08:03:49
もの読んでこんなボロ泣き初めてです。
今すぐ全国民に読んでもらいたい。
このブログのことはこの先絶対忘れません!
Unknown (ともこ)
2011-03-28 08:06:44
ありがとうございます

ありがとうございました。 (MO)
2011-03-28 08:10:01
私も読んでいて涙が止まらなかった一人です。
過酷で悲惨な状況の中、真っ先の救助活動お疲れ様でした。私も同じ医療者ですが、私だったらこんな過酷に耐えられるんだろうか?と思うと本当に頭が下がります。でも私も今できることをしっかりやって、少しでも東北や日本の復興に役に立ちたいと思います。

テレビでは伝わらない被災地の現状を書いてくださってありがとうございました。多くの人に読んでもらいたいです。
ありがとう (なみ)
2011-03-28 08:10:33
まだまだ私の認識は甘かったんだと実感しました。みなさんに知ってもらいたいです。
もっともっと真剣に向き合わないとと思いました。私の出来ること、小さいことですが、何か見つけてずっと忘れず続けていきたいです。
ありがとう・・・ (Akiko)
2011-03-28 08:17:06
忙しい中、ブログを書いてくださってありがとう。
多くの専門職の方がこうして被災地を助けてくれていることを知ることができ、心強いです。
私もできることをいま、生活している場からやっていきます。
お互いに元気で毎日を大事に過ごしていけますように!!
Unknown (ゆき)
2011-03-28 08:19:17
心から尊敬します。

辛かったと思います。
泣いてはいけないという制限ほど辛いものはないと思います。

報道では一切知ることのできない事柄に、ただただ涙を流す以外ありませんでした。

今あなたの記録を読み終わり思ったこと。それは、あなたも仰っている通り、2011年3月11日14時46分というこの日、この時間を決して忘れてはいけないということ。

そして、この記録を埋もれさせてはいけないということ。

裕福な暮らし、ライフラインが常にあることは普通ではないということを、改めて再認識しました。
本当にありがとうございました。
ご苦労様でした。

今後もお身体に気をつけて、ひとりでも多くの人を助けてあげてください。
私は私のできることをします。
ありがとう (Naomi Akagawa)
2011-03-28 08:19:36
伝えてくれてありがとうございます。
何度も涙を流しながら一気に読ませていただきました。
自分が何をしようとしているのか、改めて考えました。
本当にありがとう。伝えることのすごさ、記録することの大切さ。
お疲れ様でした。
お疲れ様でした (さき)
2011-03-28 08:28:14
募金しかできない自分の非力さが情けなく、涙が止まりません。
Unknown (こまる)
2011-03-28 08:28:47
読みながら、涙があふれてきて止まりません。
ニュースでは伝えられない現実・・・その場に飛び込み、被災された方の為に必死に頑張って下さって、本当にありがとうございました。

お疲れ様でした。
お疲れ様でした (ひろぴろ)
2011-03-28 08:32:41
つらい体験をされた中で皆さんにお話を伝えられたことに心から感謝します。

私は関西に在住しており、ニュースや人づてでしか話を聞くことが出来ずにうわべだけでしか状況把握していなかった事に改めて痛感しました。

医療系の心身に大変な負担がかかった事と思います、が、そのおかげで救われたたくさんの方々がいる事と思われます、本当に有難うございます。

これから自分に何が出来るかを考えて貢献できること実践できるようにがんばります。

今後のご活躍をお祈りいたします。

また被災された方々にも心からお祈りします。

本当にありがとうございました、またお疲れ様でした。
ありがとうございます (Unknown)
2011-03-28 08:36:40
テレビなどでは伝えられていない部分など
自分自身も、そこにいるような気持ちで
読ませていただきました。
私自身は、被災地からも遠く大きな影響を受けていない地域に
住んでいます。
自分たちは、こんな不自由ない生活をしてよいのだろうか・・・と、
複雑な思いを抱きながら、やはり心を痛めております。
この出来事を忘れないように、希望を持って日本や世界が良くなっていくように、自分にできることを探してゆきたいです。
この手記を読むことができて良かったです。
多くの人に読んで知ってもらいたい。忘れてはいけない。そう思いました。
この手記を書いてくださって、ありがとうございました。
ありがとうございました (gre-ora)
2011-03-28 08:40:57
東京にいて、計画停電外の地域で生活していると、米がない、水がない、ささいなことで驚いている自分がいます。
被災地がどんな状況にあるのか、想像してもしきれない。
伝えてくれてありがとうございました。本当は伝えてくれた以上にいろいろなことがあるのだろうけれど、それでも私には想像を絶するところだというところが伝わってきました。
本当にお疲れ様でした。
ありがとう (MORI)
2011-03-28 08:47:50
勉強になりました。
おつかれさまでした。ありがとうございました。 (Unknown)
2011-03-28 08:52:25
Twitter経由で読ませていただきました。
あなたのような方がいてくれるおかげで、
日本もまだまだ大丈夫だと思えます。
ありがとう。

できれば、このブログをたくさんの方が読んで欲しいですね。
お疲れさまでした。 (あきら)
2011-03-28 08:56:53
本当にお疲れさまでした。
また、伝えてくださってありがとうございました。
ありがとうございます。 (コマドリ)
2011-03-28 08:57:37
Twitterからきました。
テレビなどで流れている情報はほんの一部だと分かっていながらも、やっぱり自分の想像を絶するものだと思いしらされました。それでも言葉を選んで書いてもらっているんだと思います。

ありがとう。
ありがとう。



胸を打たれました (peco)
2011-03-28 08:59:14
実際被災地に行った方のここまで細かな体験談を読んだのは初めてです。
テレビで被災地が放送されているのを見て、辛いだろうな…と思ったけど改めて本当に大変であることがわかりました。
そしてどんなに自分が恵まれているかということも実感させられ、もっと節電、節水、募金が必要だなと思いました。
本当にこの震災があったことを忘れてはいけないと自分も思います。
これだけ世界中から支援されている日本はそれだけ力があるということだと思います。
きっと復興できると信じています。
自分もできる限りのことはしていきます。
ありがとうございます。 (malicosea)
2011-03-28 08:59:15
母の故郷である高田のことを知ることができて心からありがたく思います。たくさんの方から反響があるように、貴女が無力と思うことに比べたら、何もしていない私はいかに小さいか、改めて思い知ることになりました。

まだまだたくさんやるべきことがあるということがあります。海外に在住で歯がゆい思いをする毎日ですが、私で出来ることを少しずつ、そしてなるべく長く続けていくこと。

これが一番大事と改めて気づかされました。
絶対に忘れません。こうして貴女が救ったたくさんの命を私たちが受け継いでいく責任も感じています。

高田の人、温かかったでしょう。東北の人はみんなそうです。あんないい人たちにこんなことが降りかかるだなんて。

そんな高田の人々の暖かさが十分に伝わった日誌でした。本当にありがとう。
ありがとうございます(;_;) (普通の大学生)
2011-03-28 08:59:42
初めまして。
Twitterからここに辿り着きました。
一気に読み上げましたが、本当に胸が痛くなりました。これが本当の被災地の現状なんだと。
私には何も出来ませんが、このブログをもっと多くの人に読んでもらいたい。ただその一言です。
リンクさせてもらってもよろしいでしょうか?
ありがとう、ご苦労さまです (ガチョぴん)
2011-03-28 09:00:43
現場のホントの状況が伝わってきました。
本当にご苦労さまです。

自身のいとこ一家が被災してしまいましたが、直接現場には向かえません。

探しに行ってる親戚からも連絡が来ないので心配ですが、、必ず無事だと信じたいです。
ありがとうございました (ayu)
2011-03-28 09:01:10
伝えてくださってありがとうございました。
ぜったいに忘れません。

Unknown (kukia)
2011-03-28 09:02:43
はじめまして。
gooのブログランキングで知りました。

一気に読ませて頂きました。
「赤い旗」のところから、勝手に涙が溢れました…。
みなさんが書かれている通り、TV等では分からない現実を知りました。

私も看護師ですが、数年前に体調を崩してしまってから、現在仕事をしておりません。
自分が出来なかったことをやって下さった貴女、大勢の医療従事者のみなさん、応援に駆け付けられることのできた皆さんどうもありがとうございます。
大変おこがましいですが、もしかしたら一緒に仕事をしていたかも知れない「仲間」を誇りに思いました。

本当にどうもありがとうございました。

感謝します…。 (エミリン )
2011-03-28 09:06:05
今回の地震の被害で私の暮らしは計画停電と買い物が不便なくらいです。

この文章を読んで、この出来事の爪痕は長期戦であること、普通の私にもできることが少しだけど見えた気がします。

今、自分が置かれている環境に感謝し、私も私なりに人のために役に立つ人でいられるよう、日々努めたいと思いました。

ありがとうございます。


記事読みました (るんちゃん)
2011-03-28 09:08:16
私の日記やblogでも
紹介させていただきたいのですが
涙がとまりません
ありがとう (横須賀より)
2011-03-28 09:08:22
携帯からブログを拝見させていただきました。
報道が映し出せない被災地の様子を知りることができました。
地震が起きる前の時間に時を戻したい気持ちでいっぱいです、でも、それができない今、
自分も被災地の人に心を寄せ、自分にできることをし続け生活していこうと思いました。
被災地復興の第一歩 に尽力して下さったブログ主さんと医療スタッフの皆さん、
お疲れさまでした、そして、有り難うございました。
はじめまして (ぽん)
2011-03-28 09:13:56

全部読ませていただきました。
テレビの報道では伝わらないような
状況を知ることが出来ました。
こうして伝えてくださりありがとうございます
わたしはいま看護学生です。
わたしもいまはできることが少ないですが、必死に勉強していつか貴方のような看護師になりたいって思いました。
本当にありがとうございます!
Unknown (たか)
2011-03-28 09:16:40
Twitterからご縁があり、このブログに辿り着きました。そして1から14までの全てをぶっ続けに読みました。涙が止まりませんでした…震災の当日、僕は海外にいてどれ程の強い揺れで、どれ程の状況に置かれているか等は全く検討もつきませんでした。ただ思った事は、まるで映画を見ている感覚で本当に日本なの?という疑問でした。今回このブログを拝見する事が出来て本当に良かったです!自分も何かしらの出来る事を考えて少しでも力になれたら。と思います!
ありがとう (ささ)
2011-03-28 09:16:46
ブログを拝見して
どの報道をみるよりもリアルに
私の心は被災地へ飛びました。

現場でみなさんの力になってくれてありがとう
この日記を書いてくれてありがとう
ありがとうございます。 (mixiからの通行人)
2011-03-28 09:19:41

私は今看護師を目指しています。
最初は就職に有利だから、
といった中途半端な気持ちでした。
しかしこのブログを見て、
今までの自分は本当にバカだった、
ということに気付くことができました。

こんな中途半端な気持ちでは
患者さんを救えない。
傷だけじゃなくて心も治すことが、
どれほど難しいことか。

看護師を目指していくにあたって
辛いことがあったら、
このブログを読ませていただきます。
そして絶対に乗り越えます。

医療活動お疲れ様でした。
そして現実の医療活動を書いて下さり
本当にありがとうございました。
ありがとう (Unknown)
2011-03-28 09:19:50
宮城県民です

テレビやラジオに吐き気がしてました。
助かった人、やっと家族に会えた人達のドキュメンタリー。
作業服を着てコンビニを視察する馬鹿げた政府。

それは今流す必要があるのか
今必要なのは被災者を助ける為の情報じゃないのかと。
家族に会えた事は私も嬉しい。瓦礫の下助かった人もいて、本当に嬉しい。
でも喜びは一年たったって喜べるんです
悲しみや苦しみは『今』どうにかしないといけないのに。


あなたのこのブログを見て心が凄く救われました。
被災者じゃなくてもこんなに心を痛めて、体を酷使して、こうやって形に残して被災地を伝えようとしてくれている。
そんな人がいるんだと。

『頑張ろう』『命があって良かったね』
そんなブログは沢山見ました
何も感じませんでした。

あなたのブログを読んで、地震後初めて声を出して泣きました。
あぁまだ泣けるんだ
私にもまだ感情があるんだと嬉しくなりました。

これから先どうしたらいいか分かりません。
家を建て直したくても職場も無くなりお金を稼ぐ事が出来なくなりました。

ただ、あなたが見た被災地をもっと色んな人に見てもらいたいと思いました。


ありがとう
本当にありがとうございます

はじめまして (リンギット)
2011-03-28 09:20:27
mixiから来ました。
私の母も看護士で
仙台市の老人介護施設で働いていますが
私と兄が避難してくるように誘ったのに
『それどころじゃない!』と断った意味が
ようやくわかった気がします。

まだまだ復興に時間がかかると思いますが
私も募金・節電・献血をして
少しでも支援をしていきたいです。
ありがとうございました! (ゆう)
2011-03-28 09:22:26
とにかく感謝の気持ちを伝えたいです。
ありがとうございました!!!
ありがとうございました!!!!
被災地の方や救援にあたってくださっている方に対し
引き続き出来ることを考えて実行します。

P.S.翼さんお好きなんですね。
私も好きなので思いがけないところで驚いてしまいました。

ありがとうございました (はな)
2011-03-28 09:27:57
大切な体験をお知らせくださってありがとうございました。

1人でも多くの方にこのことを伝えたくて、私も周りに声をかけていきます。
友人も昨日、宮城へ災害支援ナースとして出かけました。

実際にその場に立ち会われた方からの情報発信こそ、距離的にも意識的にも遠く離れたところにいる私たちに一番必要なものだと思います。

おつらかったでしょう・・・。
記録することでさらに再認識されたことと思います。ほんとにありがとうございました。

少しでもお心お体を休めてくださいね。
Unknown (さち)
2011-03-28 09:30:27
ありがとう。ありがとう。ありがとう。

涙が止まりません。

本当にありがとう。
ありがとうございました! (かずまま)
2011-03-28 09:30:29
twitterを通してこちらのブログを知りました。読んでいて涙目がとまりません。
私もできることをがんばります!
多くの人に紹介したいです。 (高橋一博)
2011-03-28 09:31:14
佐々木俊尚さんのTwitterから拝読しました。

佐々木さんも「心が震え、読み続けられない。でも最後まで読む。」と仰有っていましたが、ぼくも途中涙を流しながら最後まで読みました。これが現実ですね。

新聞やテレビでは決して伝えることができない現地からの生の声がここにはあると思います。

できるだけ多くの人に読んでもらいたいので、ぼくもTwitterやmixiで紹介していきたいと思います。

お疲れ様でした。そしてありがとうございます。
ありがとうございます。 (ハル)
2011-03-28 09:31:55
mixiがキッカケで、日記読ませて頂きました。
何度も涙が溢れてきました。
実際はメディア以上に壮絶なんですよね…
日本のメディアの在り方に守られている部分があるのも理解しますが、守られ過ぎな気がする今回です。。。
そんな中、このような実際を綴って下さった日記は貴重です。
私もこの現実から目を背けず、忘れず、長く自分の出来る支援をしていきます!
ロンドンより (Taki)
2011-03-28 09:33:13
イギリス、ロンドンから読ませていただきました。

心が熱くなりました。
この声は、もっともっと広く世界へ伝えられないといけないと感じました。

このブログを是非全編英語に翻訳し、私の運営しているサイトで紹介させていただけないでしょうか?

私は今ロンドンで’Play for Japan’という支援団体を立ち上げ、国籍を問わず集まった若い世代のパフォーマー、スポーツ選手、アーティスト達とともに、日本協会の東日本大震災災害救援基金へ寄せる義援金を集める支援活動をしています。

"Play"という単語の意味は「遊ぶ」だけではありません。
演奏、演劇、競技、活動、報道は全て"Play"することです。

私達にこの声を伝えるお手伝いをさせていただけないでしょうか?連絡をしていただけたら嬉しいです。

taki@playforjapan.com

www.playforjapan.com
www.twitter.com/Play_for_Japan
http://www.youtube.com/user/PlayforJapan
http://www.facebook.com/PlayPrayPay.A.Little.Something4JapanAid
Unknown (Unknown)
2011-03-28 09:36:23
お疲れさまでした。
自分の出来ることを、もう一度、いえ何度も見直しながら、出来る限りの事をしようと思います。
感謝 (kuraraism)
2011-03-28 09:41:20
マスコミという知ったかぶりが教えてくれない現場、現地のリアルを忙しい中書いてくださってありがとうございました。
なんの手助けも出来ない私はあなたがやってきて下さった事に励まされ、少しでも自分の出来る事を探したいと思っています。
ありがとうございます (Unknown)
2011-03-28 09:42:54
余計な言葉は出てきません。
心からありがとうございます。

お疲れさまです! (ぬらりひょん)
2011-03-28 09:42:57
mixiの東北関東大震災のコミュからこちらに辿り着きました。
報道されない現実を、あなたの日記から少し垣間みることが出来たように思います。
もちろん、実際に被災された方や、現地に足を運んだ方達の気持ちは計り知れません。
自分を含めて現状を知る手段の無い人達の為にも、この記録を残して頂いたことに感謝を申し上げます。
お医者さんや看護師さんというのは、怪我や病気などされた方からすると、いてもらうだけでもかなり安心します。
こうやって被災者の方達のケアをしてくださることに、本当に頭があがりません。
素晴らしいお仕事をされていると思います。
ありがとうございました。

なお (繋がり。)
2011-03-28 09:43:17
誰もが沢山の情報を色んな角度で感じてます。
募金や節電、出来る限りのことをしても現状を肌で感じた人にしかわからないことがいっぱいあると思います。
人の感情まで手は届かない。
辛いだろうな。苦しいだろうな。「きっと。」と言う感覚で、それでも精一杯想っています。
見えないものだからこそ、どうすればいいものかと悔しい日々ですが、こちらのBlogを読ませていただいて今の精一杯の想いを忘れずに今までと変わらない生活をすることだと思えました。
長い時間がかかっても必ずやり遂げる強さを持っているはず。そこには被災地以外の人間から届けられることもいっぱいあるはず!少しでも力になれたら。笑顔がひとつでも増えたら。と何か出来ることを引き続き考えていこうと思います。

また何処かへ行かれることがあるかと思います。
呉々もお体に気をつけて下さい。って看護士の方に言うのも失礼ですね。すみません。

読ませていただき、ありがとうございました。

東京都 27歳(女)
お疲れさま・・・ありがとう (む~)
2011-03-28 09:44:36
友達のmixiのつぶやきで貴女のブログの事を知りました。
自分自身は滋賀から大阪に仕事が変わり、心に変調をきたして、何とか3年薬と共に乗り切ってきた今頃になって悲鳴を上げだしています。

20代からヨットやアウトドアを教える事で40代終盤まで過ごしてきましたが、会社の都合でアウトドア事業からの撤退。
それと共に事務職に。
初年度まず年末に追い込まれSADを悪化させ、それ以降は薬で抑えつつ今年年度末を迎える頃から、また悪化。
職場を、仕事を想像するだけで顔色が青ざめ身体が動かず気力が失せて動く事もおっくうに。

嫁は避難所のボランティアの姿を見て「こんな所やったら、薬無くってもあんたやったら輝けるのにな」…
身体が心がが落ち着いたら、もう少し先にはなるだろうけど、自分で良いならボランティアに行こうと思っています。

前述しましたがmixiを通してこれを見て、早く自分もまた立ち上がって、人のためになる事をなにかしていこうと思います。

また、このブログでの現実を1人でも多くの人に伝えるためにこのブログを紹介していきたいと思います。
無許可で申し訳ありませんが、自分の知るみんなにこのブログを紹介していく事をお許しください。
Unknown (みー)
2011-03-28 09:44:39
ありがとうございます☆
感謝 (285)
2011-03-28 09:46:27
この文を書いて下さって、本当にありがとうございます。人間の強さ、優しさ、素晴らしさを強く感じました。

みんなが起こったことを忘れないでいるために、この文をより多くの人に広めたいと思っています。そして、自分にできること、本当に役に立てることを、ずっと考え続けていこうと思います。

本当にありがとうございました。
Unknown (通りすがり)
2011-03-28 09:55:10
はじめまして。
某掲示板から来ました。

このたびの東日本大震災の医療活動お疲れ様でした。またテレビやラジオでは伝わらない状況を記されていたこと、ありがとうございます。

特に私は九州なので、どうしても実感がわかないままでした。しかしこちらのブログを拝見することで、これまで募金をすることしか頭に無かったのですが、復興したあとでも訪れることで少しでも助けになるのだとわかりました。

何も出来ないと嘆くより今、西日本に住んでいる私たちがやるべきことは通常通り仕事をすること。それを実感しました。

普通に生きてりゃ、悪いこと9割良いこと1割…主サンは私よりきっと年下だけど、改めて人生の何かを教わりました。ありがとうございます(^-^)

今後のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

Unknown (にこ)
2011-03-28 09:58:12
貴重な手記をありがとうございます。

これを読めてよかったです。

「この震災を忘れないこと」という言葉が印象強かったです。


震災からは遠くはなれた場所に暮らしていますが
自分たちが無理なく、継続的にできる支援をすることで
被災地の方々を応援しつづけていきたいと思います。
ありがとうございます。 (りぃ)
2011-03-28 10:00:22
友達の日記から来ました。

本当に、この日記を書いてくださり、ありがとうございます。
私は大阪にいますので直接の被害はもちろんありませんが、あの日以来、震災のことが頭から離れることはありません。自分も飛んでいきたいけれど、そんな技術も経済力なく、子どもたちも置いていけないので、もどかしい気持ちでいっぱいです。
とにかく、今私たちは元気でいつもの経済活動を続けることが大事ですよね。お金に少し余裕ができたら、義援金はもちろん、物資も送りたいと思います。

TVも、だんだんと被災地のことより原発関連が増えていますが、自分自身が被災地のことを忘れないように努めていきます。

本当にお疲れ様でした。お体に気をつけて、これからもよろしくお願いします。
ありがとう。 (アットホーム)
2011-03-28 10:01:56
被災地で見たこと、感じたことを伝えてくださってありがとう。
ただそれだけがいいたくて。。。本当にありがとう。
お疲れさまでした (木蓮)
2011-03-28 10:03:06
本当に頭が下がります。
お疲れさまでした。
ありがとうございました。
壮絶な状況 (aJa)
2011-03-28 10:03:07
初め増し居た。Twitterから飛んできました。私は映像関係の仕事をしていますので、(TV関係ではないですが)恐らくTV での報道はかなり規制をかけ、一部のみの報道だろうな。。。と毎日思っていました。
つまり、それは「見せられない現実」があるということ。貴女のこの文章を見て、映像が頭に浮かびました。朝から会社で涙が止まりません。私が想像するよりはるかに酷い状況が目の前にあった事でしょう。今はゆっくり休んでくださいね。大変な状況だったと思いますが、こうやって人は誰かの言葉や文章に心動かされ、変わって行くんだと実感しました。現地に行っていない私ですが、その一部でも
垣間見えた事が私の人生にも大きく今後、影響するんだな。と思いました。
あなたのような看護士さんに出会えた人は幸せだと
心から思います。
twitterから参りました。 (Unknown)
2011-03-28 10:04:31
全て拝読させて頂きました。
全て拝読させて頂きました。
なるべく多くの方々に読んで頂きたいと本当に思います。
御承諾を待たずに申し訳ありませんが、このblogを紹介させて頂く事を御許し下さい。
有難うございました。
@muzzymyna
祈り (yamachan)
2011-03-28 10:05:13
twitterからです

震災以来何かできること、をおそらくは多くの人が考えているでしょうが実際に役にたつために動ける人、となるとそれなりのスキルを持った方になります。
言葉で言い尽くせない壮絶な現場を想像力で補ってもまだ足らないはずです。

心が折れたり、とありましたがお疲れのたまっていくであろうなか、日々強くたくましさを増していく姿に胸を打たれました。

文章を読んだくらいで泣くのは申し訳なく、ぐっとこらえました。
特別なスキルも体力もない自分自身は情けなく思いますが祈ること、長い期間、できるかぎり募金していくこと、節電、続けます。

こちらに戻られても通常のお仕事も激務かと思います。ご自愛ください。そしてこれからも長くますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
見れてよかった! (あっちゃん)
2011-03-28 10:07:17
このブログを見ることが出来てよかったです。
私のような被災していない人間にとっては、毎日伝わってくる情報を見聞きしても、
どうしても現実的になれないんです。
被災者の友達にかける言葉もだんだん薄っぺらくなっている気がするし、毎日自己嫌悪で…。
でもなりふり構っていられない。こういう状況を文章で目にするだけでもよかったです。
自分に出来ることを精一杯やっていきます。
瑠奈ちゃんや被災者の方々が、一人でも笑顔に戻るために、微々たることでも少しずつね☆
ありがとうございました。そしてひとまずお疲れ様でした!
頭が上がりません (杏)
2011-03-28 10:07:33
貴女のおかげで何人の命が救われたでしょうか。
貴女のおかげで何人の心が救われたでしょうか。
癒されたでしょうか。
温められたらでしょうか。

本当にお疲れ様でした。そして、本当にありがとうございました。また行かれる際は、お身体には十分気をつけてご活躍なさって下さい。
私も出来る事を出来る限りやります。みんな一丸となって乗り越えたいですね。
Unknown (のん)
2011-03-28 10:08:14
twitterからきました。
被災地での様子、報道されない残酷な部分について、頭では理解できている気でいましたが、本当に涙が止まりませんでした。
被災地から離れた地域に住んでいる私たちが日常生活を送る中で、まだまだ助けが必要な人たちがこんなにもいるということ、『知る』ということの大切さを実感しました。
自分のこととして3月11日を忘れず、被災地の皆さんのことを忘れず、生活していきたいと思います。
Unknown (ともこ)
2011-03-28 10:12:22
友人から、『すごいルポだよ。是非、読んで!』とのコメントのみのメールに、何事かと思いながら…

カンゴンさん、ホントにお疲れ様でした。そして現状を、人の絆と強さ、温かさを教えてくださりありがとうございました。

私の住む富士宮も地震が有りましたが、被害は少なく殆んどの市民は通常の生活を送っています。

節電も計画停電も慣れてきました。日頃、どれだけ電気に頼っているか…多少寒くても、布団で眠れてご飯を家族揃って食べ、お風呂も入れる。幸せです。

自分なりに、私たちが出来る支援を少しでもして、この震災を忘れないことを誓います。
Unknown (2児の母)
2011-03-28 10:12:56
想像し難い現実を目にし、心身共にお疲れになったこでしょうね。
電気水道もあり暖かい部屋で寝食を共に過ごせる家族が居ること。贅沢な位幸せなんだと…

3.11を風化させないこと。長期に渡る支援を続けていきたいと思います。

お疲れ様でした。
故郷へまた行けることを願っています
ありがとうございました (brx18)
2011-03-28 10:13:41
通勤の車中で読みながら、ぼろぼろ泣いてしまいたい気持ちを必死に抑えました。
報道ではわからない真実がありました。

必死に最前線で命を支えてくださっている方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
ツイッターから (あや)
2011-03-28 10:15:48
ありがとうございました。
実際に現地で見て感じた人にしか書けないとても価値のある日記だと思います。たくさんの人に読んでもらいたいし、いつかこの悲劇が忘れられないようにずっと読み続けられてほしいです。

この災害で亡くなられた方の話を見聞きするたびに、「私はなまけてられない!一生懸命いきなくちゃ!!」と強く思います。たくさんの犠牲を無駄にしないように、しっかり生きて日本に貢献していきたいと思います。
Unknown (cocorena)
2011-03-28 10:15:52
本当にお疲れ様でした。このブログによって一人でも多くの人に現場の状況が伝わったと思います。
そして、こういった方たちの努力で沢山の人が救われていることに感謝しています。
私も関東ですが、これから長く、、、ずっと被災者の方と一緒に頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
Unknown (匿名)
2011-03-28 10:22:33
mixiからことページに飛んできました。
同じ看護師として、救命のNSとして、現在現場を離れていることが悔しい思いでいっぱいです。何のための資格なのか、何のために今まで救命に携わってきたのか・・・と。
わたしも、現在は研究職になりましたが、いつかまた救命に戻りたいです。ありがとうございました。
これからです (GORICO)
2011-03-28 10:23:50
facebook経由で来ました。瑠奈ちゃんとの触れ合いのくだりで泣きました。

私にできることは本当に小さなことかもしれません。
だけど、絶対に絶対に被災地のことを忘れない。

3年後に銀婚式を迎えます。行き先は東北と決めています。
これからも、自分にできることをいつも考えていきます。

貴重なレポートありがとうございました。
ありがとうございます (ぱんだ@笹)
2011-03-28 10:23:50
友達のmixi日記から来ました。
現地での医療支援活動お疲れ様でした。

5ヶ月の寝ている息子を抱きながら読ませていただきました。
涙が溢れ出して、止まりませんでした。
うまい言葉が見つかりませんが、
あなたの看護活動によって少しでも心が温かくなった方はいらっしゃると思います。
そして、こうやって伝えてくださり、本当に感謝です。
私も多くの方にこれを読んでもらいたいと思います。このブログを紹介させて下さい。

この大震災を忘れてはいけない…
私はこの息子にきちんと話をしてあげたいと思います。

ありがとうございました。
痛感 (横綱)
2011-03-28 10:24:21
ありがとうございました。
支援を感動を勇気を元気をたくさんありがとうございました。
私も来月現地に行くことになりました。
予想不可能な状態であると考えていましたが、今回ブログを読ませていただき、自分の甘さを痛感しました!
行く時の必要物品を見直せました!
準備・心構え・覚悟など、ブログから得た情報を少しでも活かし頑張ってきます!
私たちのときは、環境改善は図れているかもしれませんが、長期化する現状から生まれた問題に少しでも役に立てるよう頑張ってきます!
感謝 (Kママ)
2011-03-28 10:26:09
同じアメブロのリンクから、こちらにお邪魔して拝読しました。
実際現場を見られた方のお話は、その状況を更に鮮明にします。
有難うございました。
私の大切な知人等も、亡くなったり助け出されたり、
自殺まで…
こんな過酷な状況なら、その道を選んでも責められません。
私のブログにもリンクさせて下さい。
宜しくお願い致します。
ありがとうございました (たなか)
2011-03-28 10:27:14
貴重な体験を、現地の大変な状況を伝えてくれて本当にありがとうございます。
阪神大震災の時も壮絶でしたが、今回はそれ以上だと思っていたら、想像を絶してました。本当にお疲れ様でした。
兵庫県出身でありながら阪神大震災の時に自分の無力さを思い知った経験があるので、今回は自分に出来ることで頑張ろうとあらためて思いました。
ありがとう (みぃみぃ)
2011-03-28 10:29:27
まだまだ終わらないことですが、ひとまず現地での活動お疲れさまでした。
そして多くの人達を救ってくださってありがとうございます。


テレビでは被災者ばかりが映され、救援する側の実態はおろか姿さえほとんど映りません。



そんな中このブログを見て、現地のあまりにも悲惨な状況が生々しく伝わってきて涙を流すばかりです。
真実を伝えてくれてありがとうございます。
本当にお疲れさまでした。
せしてこれからも看護師として多くの人を助けてあげてください。


被災を逃れたわたしたちもこの震災を他人事と捉えずに、日本と言う家族として受け止めなけれぱならないと思います。

そのためには一人一人が自分に何が出来るのか、考えることが出来ればと思います。

ありがとう (チーズ)
2011-03-28 10:31:36
国際結婚している人たちが集まるサイトで紹介されていて、そこから着ました。

日記、一気に読みました。

言葉になりませんが、記録に残してくれてありがとうございます。

人間ってなんだろう、人生って?命って?と改めて考えさせられました。

被災地で昨日より良くなっていることが少しでも多くなっているといいな、被災者の方が少しでも笑顔になれることが増えるといいなと願っています。

(ああ、こんな他人事のようなことしかかけない自分が情けないです...。)

ありがとうございました。
ご苦労様です。 (つかたか)
2011-03-28 10:34:10
twitterからきました。
被災地のテレビでは伝わらない様子が。よくわかり興味深く拝見しました。改めて過酷な被災地の状況を知り。自分には何ができるのかをよく考えて実行してゆきたいと強く思いました。
被災地で活躍するすべての人たちに感謝の気持ちでいっぱいです。過酷な体験を聞かせてくれてありがとうございました。本当にお疲れ様でした。
ありがとうございました (渚)
2011-03-28 10:36:27
あるサイトでこちらのブログの存在を知り、たどり着きました。
このブログのおかげで、いろんなことを知り、また考えさせられました。

私自身、子供の事被災し、家族全員が家の中にいる状態で家が全壊した経験があります。
その後2年間、仮設住宅で過ごしました。
あの時の頭にこびりついた映像・記憶は20年以上経った今も色褪せる事なく、私の心を締め付けますが、それでも時が和らげてくれ、今現在が幸せだと思えます。
今、被災地の方に掛ける言葉がなかなか見つかりません。
ただ、何年・何十年後かに、生きていて良かったと思える日がくると思うのです。
一日も早く皆さんに、せめて安心して普通に生活出来る環境だけでも整うよう祈っています。
ありがとうございます。 (榎本雄太)
2011-03-28 10:40:33
書くのも、さぞかしお辛いことだったと思います。
それだけに、本当に本当にありがとうございます。
Unknown (まるだいふく)
2011-03-28 10:46:02
ツイッター経由で拝見させていただきました。

千葉で総合病院のシステムを担当しています。

通常業務をしていても常々医療スタッフの方々の偉大さ、
事務の無力さを痛感しています。
ブログを拝見して更に自分の無力さがふがいなく…
事務にはサポートしかできませんが
皆さんを救う力宜しくお願いします!
ありがとうございます。 (まりりん)
2011-03-28 10:47:50
偶然、こちらのブログを拝見させて頂きました。テレビでは知ることのできない、被災地の様子。ただただ、驚くことばかりで夢中で読んでしまいました。

今何ができるのか、言葉では簡単に言えるけど、何もできない自分がすごくすごくちっぽけに思えました。

でも、少しの募金でも、節電でも、お金をためて旅行に行くことも、3月11日を忘れないことも、小さな小さな事が積み重なって、大きな事になるんだと、思えることができました。

お仕事お疲れ様でした。そして忙しい中、この記事を書いて頂き、本当にありがとうございました。
ありがとうございました (P-ROSE)
2011-03-28 10:50:50
何度も読みました。
貴重な体験をこうして知らせて下さったことに
感謝です。
読み終えた時の私の気持ちは、本当に言葉になりません。
ただ、読んでよかった。知ってよかった・・・と思いました。
「カンゴン」さん♪
これからも頑張ってください。
ありがとう! (hitomi)
2011-03-28 10:52:05
大変な思いをして様子をお知らせいただき、ありがとうございました。
泣かずに読もうと思いながら、我慢ができませんでした。
生きている事の意味を教えて頂きました。
これを伝えていかなくてはならないと思いました。
この思いを、命の重さを、生きることへの感謝を、子供たちに伝えていきます。

本当にありがとう。
本当にお疲れ様です。

ありがとう (りゃんりゃか)
2011-03-28 10:52:51
陸前高田市が実家の者です。本当にありがとうございました。ただただ、それだけです。ほんとうにありがとうございました。
緊迫した心にあったかみを灯してくれてありがとう。 長期間するであろうことが予測される中、ずっと緊迫したままの状態は危険。被災地の人の心がわかるあなただから、差し伸べることのできたものだと思います。
本当にありがとうございました。
ありがとうございました (kumikmi)
2011-03-28 10:54:12
涙がにじみました。
どうもありがとうございました。
日本人としてお礼を言わせてください。

私は、今すぐに、現地でお手伝いできないけど、
私に今できることをしっかりやっていきたいと改めて思いました。
節電、募金、、、そして、被災地の人達を救うために、経済もまわします。
みんなで一緒にがんばりましょう!
ありがとう (a-m)
2011-03-28 10:56:29
日記を
読ませていただきました。
本当におつかれさまでした。


わたしゎ
今看護学校の2年生です。
4月から3年生になります。

看護師って
ほんまに誇れる
役割だなって思いました。

看護師にできることを
どんなに小さくても
見つけていくことが
大切だと感じました。

病院実習嫌やな
ってずっと思って
いたけど
設備が整ったところで
適切な看護ができて
それに慣れておかないと
いざとなったときに
なにも応用が効かない
と思いました。
実習を大切にせなあかんなって痛感しています。

いま春休みやけど
ダラダラ過ごしてたら
あかんって今更
焦ってます…

頑張って勉強します!!

そしてあなたみたいな
優しい尊敬されるような
看護師になります!!
感謝します (りー)
2011-03-28 10:57:30
mixiから来ました。

仙台市民です。
同じ仙台市の中でも、津波が押し寄せ沢山の犠牲者が出た所、大して被害もなく普通に生活出来ている所、と様々です。

幸いうちは大して被害もなかった所。
二晩ろうそくとラジオで過ごし、交通機関がストップしてる為職場へは歩いて行き、10日間風呂に入れず、食料調達の為に何時間もスーパーに並んだりはしましたが、少しも苦に感じません。

私は物凄く恵まれている方。
もっともっと大変な人が大勢いる。

家がある。ベッドで寝れる。3食食べれる。トイレの水が流れる。そして、命がある。
普段普通に、当たり前にしていた事が、凄くありがたい幸せな事なんだ。と気付く事が出来ました。


医療関係、消防警察自衛隊、運送業、建設業、ボランティア、支援物資を供給してくれた企業団体等、大勢の方々のお陰で、少しずつではありますが、復興に向けて前進しつつあります。
本当に感謝します。ありがとうございます。

大した被害もなかった仙台市中心部でさえ、普段の生活に戻るにはまだまだ時間がかかりそうですが、今自分に出来る事は何かを考え、1日でも早く東北が復興する為に微力ながらも努めていきたいと思います。


本当に、ありがとうございます。
ありがとうございました (Dharma)
2011-03-28 10:59:03
リンクを辿ってここへ来ました。
読み始めたら最後まで止まらなくなっていました。
私も震災の日から自分に出来ることはなんだろう、とずっと考えていました。被災地の悲惨さを想像しながら、五体満足に生活出来ている私たちに出来ることはなんだろうと、ずっと考えていました。考えながら今の自分に出来ることをブログを通してわかりやすい情報をまとめて発信したりしていても、なかなか意図を汲み取られずに反感を買いいいやな思いもしていました。
でもこのブログを読んで私の想像なんてとても及ばない現実に涙が止まりませんでした。私はこれを今電気の元で綺麗な格好をして生活いていながら、あれが無いこれが無いと騒いでいる人たち全員に見て欲しいです。
それでも変わらない人は変わらないのかもしれないけど、それでもいいから見て欲しい。この中にもありましたがこのままの状態で関東、諸都県に同じような地震が来たらきっと助け合いどころかパニックしか起きないでしょう。そうなる前に、一人でも多くの人に気づいて欲しいです。自分一人が助かることを考えずに皆のことを考える。そうすれば結局は回り回って自分のためになる。『情けは人の為ならず』この言葉の本当の意味を今こそ考えて欲しいと思います。
この記事を大変な中アップしてくれて、本当に、本当にありがとうございました。何かをしたいというみんなの気持ちを代弁したように、涙をこらえて作業してくれたことに本当に頭が下がります。お疲れさまでした。
ありがとうございました (lapin)
2011-03-28 11:01:36
twitterからきました。

テレビ、新聞の報道では知りえない現場の壮絶な現実。
パソコンから離れられず一気に読みました。

私は仙台市出身で高校まで過ごしました。
両親は現在も仙台市にいます。

今回の震災で私も気づきがたくさんありました。
生かされていることに感謝して正しい行動をとっていきます。

感情を文字にする事の苦悩、お察しします。
でも確実に私たちに届きました。
本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。
現実を知りました。 (m-k)
2011-03-28 11:07:26
とても貴重な体験を拝見させていただきました。テレビからでは伝わらない言葉にならない現実があったと改めてわかりました。

今の生活は非現実。感謝したいと思います。
微力ながらも出来る事をやって行こうと思います。

本当にありがとうございます。
ありがとうございました (ichi)
2011-03-28 11:08:52
ツイッターから来ました。
あなたが行ってくれたことに、書いてくれたことに感謝します。
私は私ができることで支援していきます。
ありがとう。決心しました。 (さゆり)
2011-03-28 11:10:38
ツイッター経由で拝見しました。

私も看護師です。
昨年から「来年は、災害支援ナースに登録しよう」と自分の中で目標を掲げていました。
しかし、3.11の東京で地震を体感した時は、足がすくみ、連日明らかになっていく被害状況に毎日涙し、こんなんじゃ被災地に行っても迷惑だし、私には、災害支援ナースは無理・・と思いました。
でも、日本中から「私にできることは何か」と一貫メッセージが送られてる中、やはり私にできることは「看護」なのです。
救急看護、透析、外科看護を経験しています。
創傷管理、ストーマケアも経験しています。
被災地に行けば、自分の経験なんて役に立たないんだろうなとも思っています。
私に何が出来るかわからないけど、被災地の方のケアに携わりたいです。
今年は、災害支援ナースに登録します!

地震から2週間が経ち、テレビからはL字放送が消え、通常番組が増え、地震の放送で涙したことが思い出になりそうだった今、被災地ではまだまだ大変な状況が続いていることを考えさせられました。

経験を綴ることは、精神的にも大変だったと思います。
今は、どうか少しでも休んでくださいね。

貴重な体験を綴ってくださってありがとう。
私も微力ですが、後に続きたいです。
ありがとう (どうみん)
2011-03-28 11:12:42
読みました。泣きました。
震災地より離れた土地に住んでいますが
この震災のことは絶対に忘れません。
自分の人生の一部として生きていきます。
日本人として。
本当にお疲れさまでした。 (いけぽん)
2011-03-28 11:13:07
熊本の池ぽんと申します。
流れてここにたどり着きました。
決して報道されることがない、現場の生の声。
貴重なブログを有難うございました。
被災地から遠く離れていると、どうしても一般的なニュースに流されがちです。
この日記は娘にも、同僚にも、仕事場にも紹介して、みんなで何が出来るか考えたいと思います。
微力だけど、何かをしたい。
自分の与えられた環境で、がんばります。
有難うございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 11:18:10
行ってくれてありがとうございます
神奈川の自分は
願うことと涙する事しかできませんでした
私たちの代りに行ってくれたことを
心から感謝します
Unknown (Unknown)
2011-03-28 11:19:15
ありがとうございました
ありがとうございます (まり)
2011-03-28 11:22:31
Twitterからきました。
ニュースでは、新たな命が生まれたこと、家族を亡くされた消防団の方、強盗などで治安が悪くなったとの報道もされてました。

しかし、今は原発のニュースがほとんどですよね。東京では芸能人や一般の方も、先頭にたって、募金や義援金、物資の呼び掛けをしているのに、風評で野菜を買わなくなったり、水を買い占め結局は被災地の方々を苦しめてるのではないかと思い悲しい気持ちになりました。

私は北海道に住んでいて、震災当日は携帯が使えなかったものの、今は余震や停電はなく、東北、関東の現状はニュースから得る情報だけですが、募金を通して被災地の復興を願います。


Unknown (瑠璃)
2011-03-28 11:23:54
ツイッターからです。
一気に読ませていただきました。
被災していない私は、復興を祈ることしかできませんが、こうして書いていただいた事で報道などではわからない現実を教えていただき本当に感謝します。
ありがとうございます (はみんぐ)
2011-03-28 11:25:14
体験されたことを、文章につづられることも
どれだけ大変な思いだったかとお察しします。

今言えるのは
感謝の言葉しかありません。
ありがとうございます。
Unknown (ありがとう)
2011-03-28 11:30:36
 私の叔父は高田町でレストランをやっていましたが、いまだに安否不明です。
でも、こうして生きている人達が前向きに頑張っていることは励みになりました、信じて待ちたいと思います。
ありがとうございました。 (housi216)
2011-03-28 11:32:16
自分に出来ることをずっと考えていました。出来ることはしてきたつもりですが、実際に現地へ行くことは今の自分には出来ません。壮絶な現地での活動、頭が下がります。
現実は厳しいですが、みなさんの気持ちが未来を切り開いていってくれると信じています。
伝えてくれてありがとうございました。
ありがとうございました (milk)
2011-03-28 11:32:27
埼玉に住んでいます。
地震以来、自分は被災したわけじゃない、もっと大変な人がたくさんいる、自分ができることをやるだけ、と子供もいるし、自覚はなかったけど気を張って生活してきたんだと思います。
でも読ませていただき、震災後初めて声を出して泣きました。きっとわたし自身も甘いですが、いろいろ不安だったんだと思います。大声で泣いて、吐き出せたので、また今日から頑張れそうです。
ありがとうございます! (あさ)
2011-03-28 11:34:49
読んでいて涙が止まりませんでした。過酷な被災地の状況、被災地の皆さんの心情が、テレビの報道よりも、ダイレクトに伝わってきました。ありがとうございます。私も私のできる支援をし続けたいと思います。
書いてくれてありがとう (satohi11)
2011-03-28 11:35:35
涙がとまりません。
こうやって、書いてくれてありがとう。
知らせてくれてありがとう。
Unknown (なりぞう)
2011-03-28 11:37:01
自分が涙を流すことも、
被災した人へ「がんばって」って言うことも
おこがましく感じました。
本当にそうですよね。
なんて勘違いをしてるんだと思いました。

・この地震をわすれないこと
・募金
・節電、節水

この3つしかできません。
Unknown (みぃ)
2011-03-28 11:39:17
報道では知りえなかった現地での生の惨状を伝えていただきありがとうございました。


>「大きくなったらおねえちゃんみたいなおしごとをします

瑠奈ちゃんのコトバ・・・看護士冥利に尽きますね


一日でも早く、美しい国 東北の復興を願って止みません。



Unknown (おいちゃん)
2011-03-28 11:39:51
ありがとうございます!
涙なしには読めませんでした。
瑠奈ちゃんの体温が伝わってくるようです、
伝えてくれてありがとう!!
尊い (コーシャ)
2011-03-28 11:42:47
被災地での活動、本当にお疲れ様でした。アンパンマンの歌詞「何のために生まれて、何をして生きるのか」私はまだ見出だせません。貴方は尊いです。有難うございました。
ありがとう (ショピ)
2011-03-28 11:43:29
事実を伝えてくれて、ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。

私たちの日常は、あの日の前日と変わらないものになりました。
それはきっと、非日常…。

私たちがこれから出来ること、毎日考えます!


Unknown (かお)
2011-03-28 11:44:02
レポートをしてくれてありがとうございます。
そして、まだ終わりではないとは思いますが、おつかれさまでした。
ここに記されたことは、テレビなどでは知ることができない現場でした。
知ることができてよかったです。
お疲れさまでした (にゃんた)
2011-03-28 11:45:36
本当にお疲れさまでした。そしてブログありがとうございました。

報道で死体の画像などがないこと、ドラマチックな画像しか流さないことなど真実を直視していないマスコミが腹立たしい。

人間の生と死は表裏一体なのに。

現在妊娠36週。普通の会社員です。現地には行けませんが、ブログでその様子が少し分かりました。本当にありがとうございました。

ありがとうございました。 (藤真)
2011-03-28 11:46:45
Twitterよりお邪魔します。
全然言葉になりません。

ありがとうございます。

この一言に全てを込めて。
どうかご自身のお身体も大切にされてください。
ありがとうございました。 (yosskoss)
2011-03-28 11:50:24
友達のmixi日記から来ました。
職場でこっそりみていたのに 涙が止まりません・・・
改めて被災者の方々にご冥福をお祈りし、輝かしい復興をお祈りします。

貴重なことをお話いただきありがとうございました。
あなたは とてもすばらしい とても言葉ではいいあらわせないほどのことを成し遂げました。
 
中国語・韓国語への翻訳 (ENVIROASIA)
2011-03-28 11:53:16
拝読させていただきました。大切な日々の記録をシェアしていただいてありがとうございます。
今回の震災に関し、中国、韓国の人びとからも支援物資やメッセージをいただいています。
よろしければぜひ、中国語、韓国語に翻訳してご紹介させていただければと思います。お差し支えのある場合は、恐縮ですがお知らせくださいませ。

東アジア環境情報発伝所
http://www.eden-j.org/
ありがとうございました。 (優梨亜)
2011-03-28 11:55:39

初めまして。優梨亜と申します。
翼くんのブログのときからずっと
親子共々、拝見させていただいています。

わたしは新高2の16歳です。
夢は小さいときから看護師になることです。
現実は厳しくて壮絶で、読んでいて
「なんて自分は今まで甘ったれていたんだろう」
と思い知らされました。


そして正直、震災から時間が経てば経つほど
徐々にわたしの中から薄れていっていました。
わたしみたいな人、たくさん居ると思います。
しかし、それを引き止めてくださったTomoさんに
感謝の気持ちでいっぱいです・・・


あまり言葉が上手ではないので、
うまく表すことが出来ませんが…
でも、将来Tomoさんのような看護師に
なりたいと心から思いました。


本当にお疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
Unknown (kuru)
2011-03-28 11:57:23
お疲れ様でした。
同じ岩手に住む者としてありがとうございました。
Unknown (まいく)
2011-03-28 11:59:14
ありがとうございました。

テレビなどでは見ることが出来ない現実を知りました。

リンク貼るさせていただきます。
Unknown (おさむ)
2011-03-28 11:59:55
本当に伝わるレポートありがとうございます。
Unknown (すみれ)
2011-03-28 12:01:09
ブログを書いてくださって、ありがとうございました。本当に、心にしみました。
涙しました (☆みにぃ☆)
2011-03-28 12:03:00
日常を普通に過ごし
テレビでしか見ない
同じ日本なのに どこか外国のような そんな気がしていました

次は 南海地震で 実際あたしたちも同じように津波の被害に合う予定なのに 募金で人助けをしたつもりになっていたのかもしれません。

布団で寝ることだけでも
水が飲めることだけでも
幸せを感じなければならないことを 思いました。
あなたのblogで たくさんの人の心を動かせたと思います。偉大です。

想像を超える現地での活動に頭が下がります。
読ませて頂き ありがとうございました。

mixiからきました。
素晴らしい女性に!! (be-tan)
2011-03-28 12:04:10
私の次女も東京で看護師をしています。家を出たくて関西の実家から東京へ行ったものの、寂しくて辛くて毎日のようにメールや電話をしてきました。
今ではずいぶん余裕もできたようですが、貴女のような、いつまでも人間的な看護師さんでいられるよう願っています。
本当にお疲れ様でした。
Unknown (D16)
2011-03-28 12:05:22
言葉になりません。
日記に書いていただき、本当にありがとうございます。
自分にできる事を見定めて、しっかり行動していきます。
深い敬意ばかりです (しょうこ)
2011-03-28 12:08:11
糸井重里さん主宰の「ほぼ日刊イトイ新聞」よりお邪魔しました。
あまりのレポートに息が詰まり涙がこぼれましたが、
快適な非現実社会の中にいて流す涙なんて、嫌味にすらならない、どうしようもないものであることを痛感しました。

ただただ、深い感謝と敬意を皆様に捧げます。
このようなレポートを書いてくださったことに、心から感謝します。
ありがとうございました。お身体をどうか大切に。
自分の意識 (だいぴょん)
2011-03-28 12:13:11
お疲れ様でした。
イトイさんのツイッターより、何気なく読み始めました。一気に泣きながら読みました。
私は関西に住んでいますが、最近は原発の状況などの報道が目立ち、それに伴って自分自身もなんとなくそちらに気が行っていました。
既に少しだけ意識が薄れていたのだと思います。
もっと自分が出来る事、やっていかなあかん!
自分に出来る事はちっぽけですが、ずっとその気持ちを持っていようと思います。



本当にありがとうございます。 (rokorokodon)
2011-03-28 12:13:35
ブログ、一気に読んでしまいました。
読んでる途中、涙が止まらなくてしまいました。
被災地の事実を一人でも多くの方に知って欲しくて、私のブログで紹介させていだだきます。

まだ、東京にいる私たちには、何かまだできることがあるんじゃないのか,考えさせられました。
本当にありがとうございます。


Unknown (yuki)
2011-03-28 12:14:58
おつかれさまでした。
気仙沼出身で、東京在住です。

ありがとうございました。
みなさんもお体気をつけて。
ありがとうございました。お疲れ様です。 (海鯱(うみしゃち))
2011-03-28 12:16:42
とても貴重な、そして現実を知らされました。
役目とは言え、頭が下がる思いです。

今回の震災を通じて、多くの人々に大切なものが育まれているように思います。

今後のご活躍をお祈りします。
ありがとうございました (ちあき)
2011-03-28 12:16:50
初めまして。友人のブログからきました。

読んでいて涙が止まりませんでした。
TVやメディアでは、なかなか伝えられる事がない真実を知ることができた事に感謝しています。


それと同時に、自分が今、どれ程恵まれた幸せな環境にいるのか再認識しました。


本当にありがとうございました。
お疲れ様でした。


被災地や被災された皆様が一日も早く元の生活に戻れますように・・・。

Unknown (えいみ)
2011-03-28 12:17:26
とあるサイトでこちらが紹介されており、やってきました。

言葉がありません
報道にのらない状況があることはうっすら気づいているものの、実際に何が起こっているのか、所詮、自分の想像の範囲でしか考えることができませんでした。

私は青森県に住んでいます。
地震や津波の被害があったものの、今は普通に生活できています。
被災にあったまちの復興を願い、出来る事を継続して行っていこうとおもいます。

文章にしながらも、お辛い思いをされたと思います。
本当にお疲れ様でした
Unknown (まきこ)
2011-03-28 12:22:05
私も自身のブログで紹介させてもらいました。
本当に、書いてくださってありがとうございます。

言葉を越えてるその思いが伝わってきます。
もう、ありがとうございます。という言葉しかないです。
強くて優しくて。

お体には気をつけてお仕事続けてくださいね。
ありがとうございます (なな)
2011-03-28 12:22:38
応援で泣いたらダメって言う世界。想像を絶するもののなか、改めて何が私に出来るかを考え直します。
文章、お仕事ありがとうございます。お疲れ様でした。
現地の自衛隊 (Unknown)
2011-03-28 12:26:02
まだまだ悲惨な状況は続いています。ここは本当に地獄です。しかし、皆さんのような方々のおかげで救われた人々がたくさんいます。復興に向け、希望を持つ人々もいます。大丈夫。きっと大丈夫。私達は、私達にしか出来ない形で復興を支援していきます。
Unknown (HAL)
2011-03-28 12:27:34
twitterからきました。

今朝、通勤途中に一気に読ませていただきました。

コレが本当に現代の日本での様子なのか!?
と衝撃を受けました。。。

最前線で働く皆様のニュースや手記を目にする度に、自分の無力さを痛感します・・・

いま、自分にできることは、この震災を風化させないこと。
普段どおり生活して、経済をまわすこと。
募金や義捐金は+α。

最前線で活躍する皆さんにはとてもかないませんが、微力ながらそういったことで、支援できればと改めて思いました。
ありがとう! (Swiiiiing)
2011-03-28 12:28:08
Twitterから飛んできました。
どんな人が読んでも理解できる内容で、
しかも飾ることなく、正直に表現されているので、
現場の状況が痛いほど伝わってきました。
本当に本当に、御苦労さまでした。
でも、この手記を読んでいて、偉そうで恐縮ですが、
この現場での体験はあなたにとって、今後の人生観をも変えるくらい強烈で、
そしてあなたが人間としても成長できる数日間だったのではないでしょうか。
それは、今後の看護師というお仕事にもきっと生かされるはずです。
どうぞ自信を持って、ちゃんと疲れをいやしてから、次のステップに進んで下さいね。
このブログで、多くの人が「自分のできること」を考えているし、実行していると思います。
伝えてくれて、ありがとう!
ありがとう (tomo)
2011-03-28 12:31:00
書いてくれてありがとう
知れてよかった
私も、何かを変えていきます
ありがとうございます。 (くまこ)
2011-03-28 12:31:22
縁あって、このブログを読ませていただくことができました。

私は福島県に住んでいます。
家も家族も無事でしたが、震災で体験した不安は、一生忘れることはないと思います。

今回の震災での悲しみ、不安、やり切れなさを、東北以外の方が理解してくださることが、とても心強く、励みになります。

本当に、ありがとうございました。

お疲れ様でした。
Unknown (東京のOL)
2011-03-28 12:33:04
ありがとうございます。ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 12:34:43
どうもありがとうございます。
地震以来、北海道にいながら、
混乱して何をして良いのかわからなくなっていました。
たくさんの気づきがありました。
ありがとうござました。
全部読ませていただきました。 (超新星)
2011-03-28 12:35:29
過酷な被災地での活動に敬意と感謝の意をお伝えいたします。
たくさんの震災孤児が今回の大災害で出ることになってしまいましたが強く生きて欲しいと願わずにはいられませんでした。社会は必ず両親の代わりになってくれるでしょう。彼女のような立派な大人はたくさんいますので。
テレビでここに書かれていない現実を報道しないのは恐らく悲惨な現実にみなが耐えられないと判断したからでしょうしそうとすればその判断は支持します。そんな凄惨な現場で尽力なさり事実を伝えたあなたを日本人の誇りとさえ思います。ありがとうございました。
おつかれさまでした (U)
2011-03-28 12:35:36
貴重な記録をありがとうございます。
改めて、被災地の1日の早い復興と
その地の皆さまにまた幸せが訪れますよう
心からお祈り申し上げます。
教えてくださりありがとう (raira)
2011-03-28 12:36:49
mixiからきました。
本当のことを教えてくださり、ありがとうございました。
泣きながら読みました。
でもこの涙も偽善に感じました。
仙台に居る友人と連絡が取れ「こっちは大丈夫だから心配しないで」と言われ
「良かった」と手放しで安心してしまった自分を恥じています。

本当に本当に御苦労様でした。
そして本当に文章にしてくださり、ありがとうございました。
お疲れさまでした (にい)
2011-03-28 12:37:11
東京の人たちだって、日常を保つのに必死ですよ。
こっちが経済まわらなくなったらもっとダメになる。
電気も、もう当たり前にあるなんて思ってないと思います。

主さんが被災地にいる頃、
こちらでは昼間の通電時間が4時間しかない日もあって
病院でも突然電気が消えちゃうから
大変な思いをしている方もたくさんいました。

被災された方のためにできることをしたいって
みんな思ってるんじゃないかな…
主さんみたいに直接助けてあげられないけど、
この先何年かはみんなで頑張らないといけないです。

貴重な記事、本当にありがとうございます。
そして本当に本当にお疲れさまでした。

これからも私は私にできることを頑張ります。
ありがとう (のりこ)
2011-03-28 12:37:22
テレビではわからない、生々しい現状を残してくださってありがとう。
うまく言葉にできないけれど、わたしはわたしのできること、一生懸命やるしかないんだと思いました。
お体、大切にして、これからも医療のお仕事がんばってくださいね。
Unknown (ハル)
2011-03-28 12:37:34
ありがとうございます…
この言葉しか見つからないです。
本当にありがとうございます。

どうか、ご自身の身体も大切にしてくださいね。
Unknown (marc)
2011-03-28 12:38:28
本当にお疲れさまでした。
今起きている事を忘れない様にしたいと思います。
ありがとうございます (あや)
2011-03-28 12:39:58
mixiの方からこちらに来ました。

読むことが出来て良かったです。テレビだけでは解らない現地の状況…この状況をもっと沢山の人達に知ってもらいたいと思いました。


本当にお疲れ様でした
看護師として (ほみ)
2011-03-28 12:40:24
テレビで報道している被災地の現状はほんとうにちょびっとしか切り取られてないんだなと思いました。レポートを読んで、現実はもっと過酷で、文章を読んでいてすごく辛かったです。
私は今年看護学校に入学します。誰か困った人の役に立ちたくて看護師になろうと決めました。
今までは経験もなく漠然としていたのですが、tomoさんのレポートを読んで、災害地での医療現場を想像して、本当に困ってる人や死んでしまうかもしれない人を見た時に、自分にできることは何だろうと考えるきっかけになりました。今の時点では私はなにもないので、たくさん勉強して、体力的にも精神的にも強い看護師になりたいと思いました。
Unknown (25)
2011-03-28 12:41:00
日本人として誇り思います。
ありがとう。
ありがとうございます (あずりー)
2011-03-28 12:42:02
このブログへ巡り合えたこと。
本当に感謝しています。

お疲れ様でした。
そして、本当にありがとう。

メディアで幾分演出された情報ではなく
素直な、真っ直ぐな言葉が心に響きました。


これからも、お身体大事に
お仕事がんばってくださいね。

貴女のような素晴らしい女性を知ることができて嬉しいです。

本当におつかれさまでした。 (もぐわい)
2011-03-28 12:42:47
消防士の僕の父親もレスキューとして
岩手県大槌町に一週間応援に行ってました。

そこでの惨状は
およそ現実とは思えず聞くに耐えないし
父親も思い出したくないと言ってあまり話したがりません。

今回、あなたがこのようにたくさんのひとに伝わるカタチで
現地の本当の姿や毎日を記してくださったことには
ものすごく大きな意味があると思います。

マザーテレサは言ったそうです。
「できることは小さくても、そこに大きな愛を込めることはできる」と。

この日記を読んで、ひとりでも多くのひとが、大きな愛を持てるようになれば良いなと心から祈っています。

お仕事これからも頑張ってください。

まずは本当におつかれさまでした。

ありがとう (sa)
2011-03-28 12:43:57
ありがとう。ありがとう。


生きている事の尊さ、人とのつながり、
物にあり溢れている今。
全てを考えさせられました。

お疲れ様でした。
Unknown (ぽる)
2011-03-28 12:44:04
本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
Unknown (gengolo)
2011-03-28 12:47:26
頭では分かっていました。あなたのように被災地に行って医療や看護など救援活動をされている方がいることも、きっと厳しい仕事だろうということも。でもぜんぜん分かってませんでした。真実を。このブログを書いていただいて本当にありがとうございました。一人でも多くの人に読んでもらいたいです。みんなに薦めます。
mixiから (紗弥)
2011-03-28 12:49:28

この日記の話を見つけてきました


ニュースだけでは見えてないところがそのようになってるなんて…
おっしゃる通り被災地の外では非現実的に見えてしまうその現状を受け止めて
知らなければならないと思います

日記を読んで苦しくなるような思いになりました

主さんみたいな方々が必死に頑張ってくれているのがありがたいです(´;ω;`)

お身体大事に、お帰りになった今はまず休んでください

Unknown (あず)
2011-03-28 12:49:43
このブログを読んで涙が止まりません。
本当にお疲れ様でした。

実際私の地元も地震と原発で被災してしまい家族や友達が路頭に迷っています。
津波や原発で全てを失ったたくさんの人達の絆や前向きな気持ちに比べると東京の買い占めなど自分のことしか考えられない人達を見ると情けないし悲しいを通り越して呆れます。

テレビなどでは伝わらないこのような事実をもっとたくさんの人達に知って欲しいです。

文章にしていただいて本当にありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 12:49:45
ご縁があってこちらのブログへきました。
連日テレビやラジオから確認できるニュースだけではなくこうやって現地を経験なさった方の記録を拝見でき、良かったです。
日々本当に大変なことの連続だったと思いますが、ブログ主さんをはじめ、被災なさった方々のお気持ちの強さに胸が一杯になりました。
今はどうかゆっくりなさってください。
本当に有難うございました。
ありがとう (はっち)
2011-03-28 12:50:25
 発信してくださって、本当にありがとう。じっくり考え読ませていただきました。
ツイッターのツイートでたどり着きました。 (hanna)
2011-03-28 12:51:19
津波の被害にあった友達も看護士さんで、やっと連絡ついた彼女のメールに絵文字が全くなかったから心配してました。日記も固いから、気にしていて、ブログ読んで、ようやくわかりました。現地の状態を知れて、伝えてくれてありがとうございました。


みんな強く生き抜いて、復興した時は笑顔で逢いたいですね!


あたしも友達と最幸のハグを約束してます(*^-^)ノ
お疲れ様でした。 (ぼん)
2011-03-28 12:52:37
きっと大変な状況だったのだろうな、と読み始めましたが、想像を軽く超えた現状に私もただただ茫然としてしまいました。ニュースでは決して伝わらないことを教えてくださってありがとうございました。
日々の業務も大変かと思いますが、お体ご自愛ください。
被災に合われた方はもちろんですが、それをサポートする皆さんへの援助も何かできないのだろうかと思いました。
貴ブログリンク掲載許可 (仲本光一)
2011-03-28 12:54:25
ブログ、仲間に紹介したところ、大反響でした。ありがとうございます。
当方のHPにもリンク掲載いただきたく、許可お願いします。ジャムズネット東京
本当に頭が下がります。 (まよね)
2011-03-28 12:55:45
初めまして。ただ涙して読ませていただきました。ありがとうございます。私は何ができるのだろうかと、考えています。
現地で働く全ての方々にありがとう。 (しんきぼ)
2011-03-28 12:56:09
mixiから来ました。

被災地でのお仕事、本当にお疲れ様でした。

今現地に行っても何も手助けできる事ができない自分にとっては、
実際に現場で助ける事ができる方々に対し、ただ感謝する事しか出来ません。

それでも少しでも自分でできる事を長く続けられる様
そして決して忘れない事も。

また被災地に赴く事があるのなら、体調に気をつけて
無理だけはしないでください。
貴女が倒れたら悲しむ人もいるのですから。


Unknown (Y)
2011-03-28 12:59:08
涙が止まりませんでした。
とっても素敵な看護婦さんなんでしょうね。
あなたにも素敵な未来がありますように。

希望に涙しました。 (@tet_ch_man)
2011-03-28 12:59:22
 カンゴンさん、東京にお戻りになられて、少しは体を休めることはできましたでしょうか? ツイッターでこちらの記録の存在を知り、一気に拝読いたしました。貴重な体験、私たちが見ることのできない事柄を伝えてくださって、ありがとうございました。
 自分は今週中にも父親になるものです。被災されながらも新しい命を授かる。そのさなかにも、周囲を気遣うお母さん。希望と周囲を思う気持ちとそしてやり場の無い何かの感情と、自分の中にも表現できない気持ちがグチャグチャと渦巻いてます。
 そんな中でも、月明かりに照らされて皆さんが外に出てきたり、星がきれいだったとカンゴンさんも書いていらっしゃったり・・・。希望を感じることできる心に、ずっと涙して読んでおりました。
 これからの困難は、日本全体が引き受けてゆかなければならないものです。そんな時代に新しい命を送り出すことへの逡巡も感じないわけではありません。
 今すぐに何かをできるわけではありませんが、考え続けます。被災地のことも、新しく生まれる子供のことも、家族のことも、忘れないで考え続けます。
ありがとうございます (ひらやん)
2011-03-28 12:59:28
ツイッターからこちらを読ませて頂きました

文章に残して下さってありがとうございます
多くの方に読んで頂きたいと思い私もブログで紹介させて頂きたいと思います
もし宜しければ4月に医療関係のお仕事をする新人さんとお会いします
差し支えなければこちらの貴重なご経験を伝えさせてください
私の口からどれだけ真実をお伝えできるか分かりませんがこれから仕事をする方の大きな目標になると思います

最後に、行政職員、自衛隊、消防団、そして医療関係の皆様方、本当にありがとうございます
そして、物資輸送に関わる方、道路を直して下さった方、JRの貨物で運んでくださった方など多くの関係者の皆様、ありがとうございます

このブログに感謝いたします
Unknown (ちゅん)
2011-03-28 12:59:37
本当に、お疲れ様でした。
そして、この記録を書いてくれてありがとうございます。
涙ながらに読ませていただきました。

…なんか、そんな言葉しか浮かんでこない自分が残念で仕方ありませんが…。

私は、アメリカに住んでいます。
今の自分にやれることは、本当にわずかです。
でも、そのやれることをやり続けていこうと思います。
被災地が復興するまで、まだまだ長い時間がかかると思います。
でも、私は忘れません。
その時々で、自分がやれることを続けていきたい。

私は、ツイッター経由でこのブログにたどり着きました。
このブログを読むことができて、本当によかったです。

今回の震災が起きて、目が覚めました。
私は日本人で、日本という国を愛しています。
微力ながら、日本のためにこれからもやれることをやり続けていきたいと思います。
ありがとうございます。 (まさき)
2011-03-28 13:00:48
ブログ読ませていただきました。

救護活動ほんとうにおつかれさまでした。

報道などでは伝わらない現場の実情を知る機会をありがとうございます。

自分も微力ですが継続的に支援していきます。

負ケテタマルカ!
ありがとうございました。 (リット)
2011-03-28 13:00:57
全ての手記を読ませて頂きました。

ニュースでしか情報を得ていなかったので、初めて被災地の方の大きな絶望と希望を知りました。

現地を目の当たりにしていない僕が言うのもなんですが、「悲しい」とか「悔しい」という思いよりは、「何かできることをさせていただきたい」という思いのほうが読んでて強くなりました。
僕は九州に住む人間です。東北からはあまりに離れてるんで、できることなんて知れていますが、それでも精一杯やってこうと思います。

そして被災地以外の方には、交通事故や自殺など、理由や原因はどうであれ、クダラナイ死に方をしない、させないでほしいなと思います。せめて東北が復興するまでの間だけでも。

最後になりましたが、本当にお疲れ様でした。
Unknown (K)
2011-03-28 13:02:07
被災地に行ってくださって、
それを知らせてくださって、
本当にありがとうございました。
この日本で、自分に何ができるか、
もっともっと考えて実行していきたいと思います。
Unknown (東京在住)
2011-03-28 13:03:35
伝えて頂いて本当にありがとうございます。


わたしの微力も、みんなの微力と併さって
被災地の方々へ届いて欲しいと願います。
ごくろうさまでした (さお)
2011-03-28 13:06:08
ありがとうございました。
被災された方々、サポートされている方々、
そして今も必死に戦っている方々、
みなさまに敬意を評します。

そして沢山の方々の愛情によって
今、これからの日本が支えられていくんだと
希望をもって
わたしのできることをやって生きていこうと
そう思っています。

沢山の真実をありがとうございました。
お疲れ様でした (おく)
2011-03-28 13:07:26
初めまして。

被災地での記事、一気に読みました。
被災された方々の事をより強く考えさせられました。

避難所で家族や友人と離ればなれの不安な日々を
送っていると思うと本当に胸がしめつけられます。

被災地の1日でも早い復興を祈り、
そのために私自身が
できるかぎりの事をしていきたいと思います!

被災地の現状を知る機会をくださいまして
ありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 13:08:15
自分の周辺だけが平和なことを幸せとは言えない・・・
心で分かっているつもりでも現実的ではない日常。
一気に読ませて頂きました。
私は読むべき人間のひとりでした。ありがとうございます。
自分の周囲にも勧めます。
なまえ (アヌパマ)
2011-03-28 13:08:52
私も看護師です。
被災地入りを希望していましたが、
仕事と日程の関係で今回は選考から外れました。

ありがとう。
とにかくありがとう。

私みたいに現地に飛んでいきたい看護師は
沢山います。替わりに行って来てくれて
ありがとう。

途上国での看護活動経験で私は人生が変わりました。その時に現地で呼ばれたアヌパマという名前は私の宝です。
「カンゴン」と言う名前は人生を変えてくれるかも知れないですね。

お疲れ様でした、そして、
貴重な声を届けてくれてありがとう。

ありがとう。
Unknown (避難所にいました!)
2011-03-28 13:10:01
一番大変なときに来ていただきありがとうございました。いつも夜中に目が覚めても医療チームの人が起きていてすごく安心しました。
避難所にいた人達、まだ避難所にいる人達は皆あなた達に救われました。今もあなた達の話をしている人達が沢山いるのですよ。またお会い出来る事を願います。
ありがとうございます (の)
2011-03-28 13:10:06
Twitter経由で御縁をいただきました。

何を言葉にしても足りない気がしてしまうのですが、とにかく感謝の気持ちを伝えさせてください。

本当にありがとうございました。
お疲れ様です (ぐりゅう)
2011-03-28 13:12:07
ツイッターから。
貴重な情報をブログに掲載していただき、ありがとうございます。
同じ看護職のものとして、ただただ脱帽し、尊敬の念を感じるばかりです。
医療者として、私には被災地で医療を提供する皆さんにエールを送ることしかできませんが、皆さんの活動を応援する大勢の1員として、ここにコメントを残させていただきます。
再び被災地に赴かれた際、今回より悲しい現実が少しでも和らいでいることを、切に願い、祈っています。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-28 13:14:03
本当に頭が下がります…。
何と言って伝えることが良いのか、うまい言葉が
見つからないのですが…、ありがとうございました。

被災地の現実が鮮明に分かり、自分も何かできないか、
と思う気持ちが強くなりました。
募金はもちろんですが、日本経済を支えておくことも
支援だと信じ、自分の仕事を頑張って続けてきました。
この記事を読んで、救われました…。

自分なりの支援を、復興して元気な東北に戻るまで、
忘れずに続けて行こうと決意しました。

ありがとうございました。
ありがとうございます (ひろし)
2011-03-28 13:14:57
ありがとうございました。お体に気をつけてください。おつかれさでした。ありがとう。
ありがとうございます。 (ケイコ)
2011-03-28 13:15:01
福島で被災し、原発事故のために北海道へ一家で避難している者です。
私達の地域は、原発のせいで津波被害の沿岸部が未だ手付かずのままです…。
支援はなかなか届かないようで、いつになれば戻れるのか不安な日々を過ごしています。
このブログを読ませていただいて、皆様が一生懸命活動している様子に力をいただきました。
これからも頑張っていきましょう。
ありがとうございます (みかん)
2011-03-28 13:15:02
記録を残して下さってありがとうございます。
どんなことがあっても前を向いて生きていかなくてはいけないんだと思いました。

自分でできることをできる範囲で…やっていこうと思います。
ありがとうございます。 (you)
2011-03-28 13:17:07
Twitterでこちらに来ました。

一気に読ませて頂き、うまく言葉がでません。

本当にありがとうございます。

お疲れさまでした。
ありがとうございました。 (Unknown)
2011-03-28 13:18:08
オレたちはテレビのニュースでしか分からない。
ニュースでやらないことを教えてくれてありがとう。
悲しいけど、乗り越えるしかない。
ありがとうございました!
ありがとうございます (通りすがり)
2011-03-28 13:18:15
心よりお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。自分も自分にできることをしていこうと改めて思いました。
ありがとう。 (オレンジ)
2011-03-28 13:18:51
ツイッターからのご縁で、読ませていただきました。本当に本当にお疲れ様でした。

現地に行き、何かできることはないか。と考えたこともありますが、私にはとても無力でその上何も考えてないことに気づかされました。

どんなに過酷か。
そして、涙を流してしまうがいけないことの意味。すべて考えていませんでした。。

貴女がブログを書いてくれてよかった。
読む機会を与えてくれてよかった。
私たち非被災地の人間がわからない、報道では流れない現実を知ることができた。

感謝です。


本当にありがとう。


伝えてくれてありがとう (yukaP)
2011-03-28 13:20:13
決して映像だけでは伝わらない現場の生の声。
届けてくださり、ありがとうございます。
被災地から遠く離れた地で暮らす私たちは無力。被災地が一日もはやい復興を遂げることをただただ祈るばかりです。
ありがとうございました (ぷれしゃす)
2011-03-28 13:21:50
心理カウンセラーをしております。
ぷれしゃすと申します。
ありがとうございました。
もうこのひとことしか言えないです。
ご体験を語っていただき、私の与えられた環境で何ができるのか?とさらに深く考えることができました。
私も私にできることをします。
「共に生きましょう」
お疲れ様、そしてありがとうございました (多賀城市 高橋)
2011-03-28 13:24:13
手記を拝読しました。母の実家が陸前高田の米崎で、被災当初は親戚の安否確認もままならず、いてもたってもいられない状態でしたが、こちらも被災の身で動くことができず歯痒い思いをしておりました。幸い親族に被害はありませんでしたが、思い出深い風光明媚な陸前高田が壊滅的な打撃を受け、一瞬にして多数の尊い命が失われたことにショックを受けています。(高田に限ったことではありませんが…)被災地での激務に加え、詳細で心暖まるレポをアップしていただきましたことに感謝申し上げます。ありがとうございました。
ありがとうございます (Unknown)
2011-03-28 13:28:01
この日記を公開したことで救援、復興に甚大な貢献をなされてると思いました。
私も頑張ろうと思います。
ありがとうございます。
ありがとう (コトンコ)
2011-03-28 13:29:12
お疲れ様です。
そしてありがとう。
ありがとうございます。 (Mina)
2011-03-28 13:30:25
最初から読ませて頂きました。被災地の生の情報を読み、改めて長期的に支援し続けていく事の大切さを確認しました。私個人に出来ることは小さな募金くらいしかありませんが、今後も続けていこうと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 13:30:42
大変なお役目、本当にありがとうございました。

リーダーの『甘い考えやボランティア精神の人はここでリタイアしてください。』の言葉がずっと残ったまま読ませてもらいました。
真の救済とは何か!私たちが思うような生易しいものではなく、エゴや個々の価値観や感情も何もかも捨て去り、使命を全うする医療チーム、自衛隊、被災地で救助活動を続けて下さってる皆さんのひな向きな志に学ばさせていただきました。私の所属している団体は全国各地にあり、千葉の旭で津波被害に遭いました。今は旭のスタッフが千葉の旭市総合体育館で炊き出し等のお手伝いをさせていただいてます。私は四国で勤務しており、実質お手伝いが出来てないのですが、この日記を読み、日本の辛い歴史のひとつになるこの災害で多くの方の体験、真実、そして助けあい、分ちあい、ともに生きる 人間の真の強さを子ども達に伝えて行こうと思います。それが私の使命だとはっきり感じています。
本当にありがとうございました。

そしてもっともっとたくさんの方に読んで欲しいと思ってます。
Unknown (トモサダ)
2011-03-28 13:31:03
読ませて頂きました。本当にありがとうございます。少しながら被災地への募金をします。
お疲れ様でした。 (ayuminnt)
2011-03-28 13:32:13
私の病院にも、厚生省の方から派遣の話が来ました。自分にできることは、何かずっと考え、結局は行けませんでした。先発組みの行き先を聞かされた時、私には、現場に行く勇気がなかった。自分の気持ちをコントロールできるのか、パニックになって足でまといになるのではと。本当に頭が下がります。お疲れ様でした、そして、現場の状況をこのような形で記録、教えていただいたことに感謝いたします。
ありがとうございます (ひー)
2011-03-28 13:34:04
大切な経験を共有して下さってありがとうございます。そしてお疲れさまでした。
分かっているつもりでも,情報として流れてくるものからは,洩れてしまう真の姿を知らせて頂けました。
実体験には及びもつきませんが,ここに書かれた事実を忘れずに,自分のとるべき行動を考え,実行していきたいと思います。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 13:34:20
ブログを書いてくださったことで、読むことができました。
ありがとうございました。
ありがとうございました。 (通りすがりのものです。)
2011-03-28 13:35:06
この度は大変お疲れ様でした。
たまたまリンクが貼られていて読ませていただきましたが、心から感謝の気持ちで一杯です。
何も出来ない私ですが、せめてお礼を言いたくて。。。
私はまだ募金くらいしか出来ていませんが、これからも被災地の方々を応援していくつもりです。
日本はもちろん世界中の方たちが、この震災を忘れないよう…。
管理人様もお身体には気をつけて、今はゆっくりとお休みください。
ありがとうございました!
ありがとうございました (おひさま)
2011-03-28 13:35:43
最初から拝読させていただきました。
震災からいろんなことを想い感じてきましたが
今生かされているこの一瞬一瞬を大切に味わいながら
生きていこうとあらためて思いました。
本当に、本当にありがとうございました!
私も私にできることを継続していきます!
ありがとう (しんや)
2011-03-28 13:37:22
言いたい事は他の人が全部コメントしてました。ただ、ただ、「ありがとう」が言いたくて、コメントさせてもらいました。本当にありがとうございました。
ありがとうございました。 (フィオママ)
2011-03-28 13:38:03
これからもお仕事頑張って下さい。
とても考えさせられました。
感謝します。ありがとうございます。
お疲れ様でした。そしてありがとう。 (たいちゃん)
2011-03-28 13:39:54
仕事中だというのに、一気に読んでしまいました。
涙と止めることが出来ず、今お客さんが来たらどうしよう・・・と思いながら。
本当にすばらしいお仕事をしていらっしゃいますね。

私もこの震災を忘れてはいけないと思い、自分の記録としてブログに綴りました。

これからも、今できることを精一杯やっていきたいと思います。

お疲れ様でした。そして記録に残してくれてありがとうございます。
ありがとうございますm(__)m (ミキ)
2011-03-28 13:41:55


blogを読ませていただき、被災地の生の現状をわかることができました。

私は茨城県民で、茨城県でも支援物資が届かない地域があります。


mixi日記でこちらのblogをいろんな方々に読んでほしくて、勝手に載せてしまいました。
お気を悪くしたら申し訳ありません。


でも全国の人に正しい理解をしてもらいたいです。
買い占めも辞めてほしいです。
今の自分の幸せをわかって、それに感謝をして。今出来ることをしてほしいです。


blogを書いて頂きありがとうございます。
お疲れ様です。


ありがとうございました (mame24)
2011-03-28 13:41:55
涙がとまりません。本当にお疲れ様でした、そして、このような体験を配信していただき、読ませていただけて感謝いたします。私には募金する事しかできないけれど。。。
被災地で力を発揮できる貴方たちを心より尊敬します。本当にありがとうございました。
ありがとうございます (める)
2011-03-28 13:42:02
貴重な体験、読ませていただいて
ほんとうに ありがとうございます。

テレビのニュースとかで 見聞きすることは
ほんの一部のことで…
読んでいて 途中で苦しくなりましたが
目を背けてはいけないことだということも 強く感じました。
自分に出来ることは何か
もっともっと 考えなきゃいけないと思いました。

ありがとうございます。
ありがとうございます (みゅ)
2011-03-28 13:42:50
ツィッター経由でブログを知り読ませていただきました。
いろいろな想いがあふれてきて
何を言ったらうまく表現できませんが
自衛隊や医療関係者、消防、警察など前線で
今もなお闘っている全ての人々に感謝し
被災地のみなさんに一日もはやく笑顔が
戻ることを祈っております。
ありがとう (AYA)
2011-03-28 13:43:35
お疲れ様でした。
現地でのご様子を教えてくださってありがとう。
私は離れた土地で、まだ募金しかできないけれど、ずっと気にしています。
ありがとうございました (yazibaba)
2011-03-28 13:44:46
差し上げる言葉がうまく見つからず、ごめんなさい。
今何が出来るかと模索中で、募金や節電しか思いつかない一介の人間ですが、改めて考える事ができました。
私も、感謝申し上げます。
そして、人を助けることが出来る貴女様を、尊敬します。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-28 13:47:00
一気に読み終えました。
自分は日本を離れて海外にいるので、募金くらいでしか力になれません。ニュースもNHKの海外向けのをみていて、途中から原発のことばかり気にかけていました。

自分にも小さな子供がいるので、瑠奈ちゃんのお母さんのくだりでは、涙が止まらなくなりました。当たり前の生活が一瞬で失われたこと、頭ではわかっていても、気持ちで受け止めていなかったかもしれません。

今後復興は想像よりも長引くと思います。忘れないで、復興の為に、少しでも力になりたいと思いました。

貴重な体験を聞かせていただいてありがとうございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 13:48:52
ありがとうございました
ありがとうございます (きょん)
2011-03-28 13:49:43
お友達のmixiからお邪魔しました
今一気に読み、ただただ涙を流すことしか出来ない自分がいます

素晴らしい、そしてとても過酷なお仕事をされてらっしゃるのですね

経験されたこと、思いがダイレクトに届く文章でした
記録して下さって本当にありがとうございました
そしてお疲れ様でした

あなたはとても強くて優しい方だと思うから
どうぞどうぞご自分のことも大切になさって下さい

これだけの考えがあって行動されてる方だから
自分のコントロールもしっかりされる方だと思うけど
第二の故郷の皆さん同様
きっとこの日記に出会った方皆があなたを応援してると思います


本当にありがとうございます
感謝と愛を込めて
私たちの財産は人 (まりこ)
2011-03-28 13:52:07
今までの自分の在り方を嫌でも引き続き深く深く考えさせられました。今もずっと考えています。
貴重なレポートをシェアして下さり、本当にありがとうございます。薄っすらと考えていた人生の方向転換を後押ししていただきました。
目線を上げて (和)
2011-03-28 13:52:43
貴重な情報ありがとうございます。


元気に
目線を上げて
一歩進みます。
ありがとうございました (ぃか)
2011-03-28 13:55:13
Twitterでこちらを知りました。とても貴重なお話をありがとうございました。
書いてくださったことを噛み締めながら、これから自分にできることを考えて、実行しながら生きていこうと思います。
震災に遭われた方々によいことがありますように
ありがとうございました (T)
2011-03-28 13:57:06
本当にお疲れ様でした。
手記を公開してくださってありがとう。
一言一言が心に響きました。
ありがとうございました (さとる)
2011-03-28 13:58:38
この体験を伝えてくれたことに感謝します。
感謝いたします (突貫工事)
2011-03-28 13:58:52
現場支援の実情を読ませていただきました。
私も電気・通信の工事担当です。すでに仙台に1チーム送っています。
また福島はすでに準備が完了し、いつでも行ける状態なのですが未だ待機がかかっています。
壮絶な現場をこうして多くの人が知る機会を与えて下さりありがとうございます。
支援は色々な形があります。ですので今~未来に向けて少しでもこの実情をみんなに知って頂くために微力ながら紹介させていただこうと思います。
日本人として、今以上に国全部が「家族になる日」を願ってやみません…
ありがとう! (郁恵)
2011-03-28 14:01:38
ご苦労さまでした。
今は それしか言えません。
これから 私たち 一人一人が踏ん張る時。
これから これからです。
私は ちっぽけだけど
ちっぽけなりに 行動します!
ありがとうございます (らぶすけ)
2011-03-28 14:01:59
ほぼ日刊イトイ新聞から飛んできて、一気に読んでしまいました。
私は1児の母で、現在2人目を身ごもっています。
東京でも浄水場から放射能が検出されたり、わずかながら余震が続いていたりで不安な気持ちが大きく、また連日の震災のニュースが思ったよりも影響が大きかったらしく、3月11日以来眠ろうとしても悪いイメージしか浮かばず、不眠症のような状態が続いていました。
ちょっと心が弱っているのかなぁと思っていましたが、こちらのブログを拝見して、弱ってる場合じゃないよ!と被災者でもないくせに弱気になっている自分を恥ずかしく思いました。
絶望的な状況が綴られているのに、希望の光が必ず見えているような文章に本当に勇気づけられました。
ブログ主さんの優しさや愛がきっと高田の人々をあたためたと思います。
医療の技術を持たない私たちの代わりに、現地に行ってくださってありがとうございます。そして現地の本当の姿を教えてくださったこと、心から感謝します。
私たちはもっともっと希望を持って前に進んでいけると思えました。本当にありがとう。
Unknown (mari)
2011-03-28 14:03:58
明日も笑顔で今日よりいいことを見つけよう。

とてもいい言葉を有り難う!!!!

赤ちゃんがいるから・・・と暖かい部屋でパソコンの前にいる自分に憤りを感じました。
微力でも大きな力に携われる様に頑張りたいと
思いました。
本当にお疲れさまでした。
このブログを呼んで自分も頑張ろうと思った人はたくさんいます!
あなたのお陰です、ありがとう!!!!
お疲れさまでした (テラ)
2011-03-28 14:04:04
『ほぼ日』でこちらを知りました。
会社の昼休みに通読してしまいました。
東北と東京の、大きな大きな距離の違いを
改めて知ることができました。
自分も今から、できることから
がんばっていこうと深く思います。

新聞やニュースでは教えてくれない
本当に貴重な情報をありがとうございました。

ゴンさん(?)も、どうか今だけは
しばしの休息を取られてください。

ゴンさんがつないでくれた貴重な「たすき」は
みんなで全国に広めていきますので。

You never walk alone !
ありがとうございました (Saki)
2011-03-28 14:04:28
Twitterから来ました。
私は岩手の人間ですが、貴女に来ていただいて嬉しいです。
またいつか来てくださいね。
ありがとうございました。 (kanaconnie)
2011-03-28 14:04:44
伝えてくれてありがとうございました。
私ももう一度自分に出来ること、考えてみます。
本当にありがとう。
ありがとうございます (CS)
2011-03-28 14:05:35
被災地に赴かれた際の文章を拝見しました。
本当に厳しい状況の中で医療に尽力された様子が言葉の端々から伝わり、頭が下がる思いです。
テレビで流れる事以上の事が被災地では起きているだろうと思ってはいましたが、
実際にその場に行かれた方の言葉は重く、キレイごとでは済まない現実を突きつけられた思いがしました。
書けることの一部だったとは思いますが、記録を書いて下さり本当にありがとうございます。
私は被災した青森太平洋沿岸部の出身で、テレビから聞こえる馴染みの訛り言葉で語られる訴えをとても辛く感じ、毎日、祈るような思いでいます。
東京にいる自分に何ができるのか。拝見した文章に書かれていた現実があるということを心の隅に置きながら、今後も被災地に目を向け続けて自分ができることをしていきたいと、今は思っています。
ありがとうございました (クラロク)
2011-03-28 14:05:52
被災地の現状を読んで涙がとまりませんでした。
現地では泣く事も我慢されている方が大勢いらっしゃるのでしょうね。
私は九州に住んでいるのですが、店頭から水がなくなったり、夏場の計画停電が発表されたり、じわじわと震災の影響がでてきています。
その反面、被災地と遠く離れているために、いつも通りの街や人にボンヤリとした違和感も感じます。
今、このブログを読んで、復興のためにはそれぞれが今できることをしなければ!と再認識しました。
私にできることは僅かでしょうが、募金や献血、被災された方々のことを忘れないこと、自分にできる事を考えていくことを続けていきたいと思います。
ありがとう (O)
2011-03-28 14:06:01
Twitterでこの日記を知り、全部読ませていただきました。マスメディアでは伝えられない被災地の過酷な様子が伝わってきました。何度も涙が出ました。今でもあなたのような方が何万人も身を粉にして被災者のために働いているんでしょうね。いろいろ教えてくれてありがとう。自分でも何ができるか、考えてみようと思います。
お疲れ様でした (ちぃ)
2011-03-28 14:06:24
Twitterからこちらにたどり着き一気に読ませていただきました。
泣きながら読み、改めて自分の無力さに気づき、現場で命をつないだ人がたくさんいることを知り、本当に心が揺さぶられました。
東京から発信される情報やメディアは本当にきれいごとというか、上っ面だなぁと私も思っています。
こういう生の声がもっともっと伝えられてくれればいいな、と思っています。
だってみんな必死に生きてるから。
長い長い復興の道になりますが私もできることを被災されたみなさんの力になれるようコツコツやっていこうと思います。
手記を残してくださってありがとうございました。
泣いてしまいました。 (ゆみこ)
2011-03-28 14:06:37
「泣いちゃいけない」と被災地に入られての活動の数々にひたすら頭が下がります。
寝る時間もない中 書かれたこのブログが大変貴重で伝えるべきものだと思います。
被災地の復興と被災地の皆さまの心が癒えることと「瑠奈チャンとの明るい再会」を心からお祈りしています。
弱音をはきたくなったらここに来ます。 (ことみ)
2011-03-28 14:08:23
ありがとう。これから長く続く復興への道のり、しんどくなったらまた来て読み返します。

昨日よりよくなったこと、探します。
辛い、しんどいと、元通りの生活している人もいるのに、と言いたくなったらここに来ます。
10001。 (sagawalk)
2011-03-28 14:08:40
おかけさまで、今日はずっと、
「何度でも」を繰り返し繰り返し
何度も聴き続けています。

ゴンさん、「つづき」を心待ちにしております。
ありがとう。 (ちかティ)
2011-03-28 14:12:34
現実を伝えてくださってありがとうございます。
これを書くのも辛かったろうとおもいます。
おかげで、ニュースの裏の現実を教えてくださいました。

「日常」に戻っていくのに違和感がありました・・。
目が覚めた思いです。
直接サポートできるような資格はありませんが、何ができるかをもう一度考えます。
それから、計画停電が力になれているんだってわかってうれしかったです。
頑張って節電します。
どうか皆様がはやく笑顔になれますように。
ありがとうございます。 (あきな)
2011-03-28 14:14:28
今私は石巻の自宅にいます。
連日ニュース等で騒がれてる以上に本当に被災地は悲惨な状況です。
幸運な事に、嫁ぎ先である石巻の家族は全員無事でしたが旦那のイトコがいまだに行方不明だったり知り合いが亡くなったと聞くと涙をこらえる事が出来なくなります。
娘が一歳と小さく我慢も出来なければ、離れる事も無理で余震の恐怖も加わりイライラが募ったりしますが笑顔を見せてくれるのでこちらも笑顔になれる。そんな状況です。
そんな中、他県ナンバー緊急車両や物資を見るたびに申し訳なさと感謝で胸があつくなります。
いつ、何があるか分からないなか皆様が助けに来てくださっている事が私達には心強く希望にも感じられると思っています。
本当にありがとうございます。
ありがとうございます (みか)
2011-03-28 14:15:35
会社の同僚が陸前高田の出身です。
幸いご実家は高台にあるとのことで被害はなく、先週末おばあさんを迎えに帰ったそうです。
気丈に出社して仕事を続けていますが、自分の育った街が壊滅的被害を受けたショックはずっと残っているだろうと思います。

都心にいるとどうしても目の前の生活と仕事に集中しがちになりますが、改めて自分に何ができるのか、微力ながら考えたいです。

ありがとうございます。
ありがとうございました (makis_club)
2011-03-28 14:16:41
貴女の貴重な経験を通して、沢山の人が被災地の現状を知る事ができました。
私の故郷も海沿いの街。離れて暮らす両親を憶い、今回被災された方々の心痛は、とても他人事とは思えません。

伝えたい感想もたくさんあるのですが…
スーパームーンの月明かりの夜、被災地の皆さんの顔に少し笑顔が戻ったようだったと知り、そう願っていたものですから、とても嬉しかったです。

今は見守ることしか出来ない私ですが、いつか花を持って被災地を訪れたいと思います。
またいつか…平和の戻った陸前高田で、貴女が笑顔の瑠奈ちゃんと再会できる日が来る事を心から祈っています。(^^)

身体に気をつけて、これからもご活躍ください。
継続。 (Yoshie)
2011-03-28 14:18:16
本当にお疲れさまでした。あなた方医療関係者をはじめ、現地で活躍されて居る方々には頭が下がります。
わたしにも出来ること、募金を継続していきます。
これからもお仕事がんばってください!!
Unknown (Unknown)
2011-03-28 14:18:28
おつかれさまでした。
そして、ありがとう!

本当に、なんとかしてあげたい。
なにもできない自分だけれど、復興へのながい道のりをずっと、応援していく気持ちを忘れない。

感謝 (たかゆき)
2011-03-28 14:21:08
凄い!俺の嫁になってくれ!
涙が止まりません。 (まど。)
2011-03-28 14:23:53
どんなニュースよりも、かなり重く響く被災地での現実を伝えてくれたことに深く感謝いたします。

節電の効果についても納得できたし、これからもしなくてはいけないんだ!という認識を持つことができました。

ありがとうございました。
本当にありがとうございました。 (ドナルド)
2011-03-28 14:26:02
先ほど一気に読まさせていただきました。
ただただ敬服します。そして感謝します。
瑠奈ちゃんと再会できればいいですね。

どうぞお体を大切に。
はじめまして。 (aya)
2011-03-28 14:26:57
Twitterで流れてきて、ここのブログにアクセスしました。
胸の詰まる思いで一つ一つのブログを読ませていただきました。

私も関東で看護師をしています。私の病院でも災害チームの派遣がきまり、募集をかけていましたが、ブログで現場を知り、経験の浅い自分が簡単な気持ちで行くものでない、と改めて感じました。
それよりも、今いる病棟で、患者さん達を守ろうと思いました。
今できる、自分の仕事をやっていこうと。

このブログに出会えて本当に良かったです。
ありがとう (たけし)
2011-03-28 14:28:13
少しでも知りたかった被災地の本当の姿。
書くことにとても抵抗があったと思います。
でも伝えてくれてありがとう。

被災地の復興と人々の安堵が早く訪れる事を節に願います。

ディスプレーが滲んで仕事になんねぇよ。
はじめまして (東北の助産学生)
2011-03-28 14:30:14
こんにちは。

私は岩手県釜石市出身秋田県在住の看護学生です。

ブログを読ませていただきました。

自分の中で震災に対する気持ちにもだんだん整理がつき始めた今日この頃でしたが、また気持ちが揺らいで苦しいです。

何度読んでも涙が止まりません。

今この瞬間にも両親や兄、祖母、友達の元に飛んでいきたいです。でもできません。

看護師の資格が全てではないことはわかっています。今自分のすべきことが何かも見出しつつあります。

でも今ただ秋田にいてのうのうと生活していることがもどかしく非力さを感じずには居られません。

特にも妊婦さんが亡くなられたとのお話は辛いものがありました。反面新たな命が誕生したことに元気づけられた自分もいました。

このブログを通して現地の状況、被災者の想い、支援者の想い、これからの課題…メディアでは伝えきれないことを知ることができました。ありがとうございます。そして岩手の為に奮闘して下さったことに感謝してもしきれません。

今回の震災を受け、このブログを読んでいるみなさんを始め多くの方が、「東北=地震や津波、原発」というイメージが強く根付いたかと思います。しかし、このブログを読んで感じられたように、力強く生きている人が沢山いる、優しくて温かい人達がいる素敵なところです。いつの日にか復興を果たした岩手に、東北に足を運んで頂ければ幸いです。

岩手県民として岩手県を誇りに思っています。

多くのものを失いましたが、全てを失った訳ではありません。まだまだこれからです。



将来看護師・助産師となる身としてこのブログの存在は大きな分岐点ではないかと感じています。多くの人達にも読んでもらい、一人一人が震災や現地について考えるきっかけになればと思いました。



なんかコメントというよりも他の人に向けたメッセージみたいになってしまいました(汗)

長文失礼いたしました。

本当に本当にありがとうございます。

Unknown (Unknown)
2011-03-28 14:30:58
お疲れ様でした。
そして、日本人として 今知らなければいけない事を記事にして下さって
本当にありがとうございます。

まだ涙が止まりませんが それでも止まらずに
自分に出来る事を1つずつやっていこうと思います。
お疲れ様でした。 (鈴木規之)
2011-03-28 14:32:31
ご苦労様でした。

貴重な体験をされましたね。是非とも、今後の震災対策に役立ててください。

静岡に住んでいるので身近に感じています。それなりの準備はしているつもりでも「想定外」があると思います。

あなたの体験は今後の震災対策に役立つと思います。

●お母さんと悲しい別れをしたばかりなのに、傷は癒えてないのに、また別の形だけど人と別れる悲しみを味わせてしまった・・・

つらかったでしょうね・・・・。
ありがとうございました。 (まめ)
2011-03-28 14:33:16
心身ともに過酷な支援活動、本当にお疲れさまでした。どんな状況でも、前向きに、笑顔で活動しようとされる姿勢、人々の優しさ、強さ…同じ医療者として、本当に頭が下がりますし、心を打たれました。
災害被害の大きさはニュースでは、報じられまさすが、個人レベルでお一人お一人の方々がさまざまに傷つき、悲しみを持っているのだということを改めて知ることができました。
貴重な手記に出会えましたこと、感謝いたします。
ブログを読んで感じたことを、ずっと忘れずに、自分にできることを考え、行動し、記載者さまのように明るく前向きな看護を志したいと思います。
本当にありがとうございました。
ありがとうございます (かおり)
2011-03-28 14:35:01
TwitterでこちらのBlogを知り、拝読しました。
ニュースである程度の情報を得ていると考えていましたが、認識の甘さに打ちのめされました。
赤い旗の話、旦那さんを亡くしたお婆さんの話、お母さんを亡くした女の子の話。
私は都内在住です。数日前に、買占めがおきてものがないなぁなんてつぶやいていたことが本当に恥ずかしいです。家も食料も仕事もあって、計画停電も対象外で。どれだけ恵まれていたんだろうと反省しています。
被災地のために何ができるか。募金や献血以外で、被災地の迷惑にならずにできることが何かないか、必死に考えなければならないと感じました。

お疲れ様でした。そして、教えて下さってありがとうございました。
ブログ拝見しました (KIM)
2011-03-28 14:41:53
ブログ拝見しました、本当にお疲れ様でした、報道では見えない被災現場の現実に涙が止まりませんでした。

大丈夫、被災地は必ず復活します、私たちは日本人なのですから。

誠に勝手ですがリンク貼らしていただきました

これからもお仕事、頑張ってください

胸に響きました (yuki)
2011-03-28 14:44:36
私は宮城県石巻市出身で仙台市で被災した者です。


友人にあなた様のブログを紹介され一気に読ませて頂きました。

なんと言ったらいいか…

このように被災地の状況を忙しくつらいときに書いて頂いた事に心から感謝致します。


看護士のお仕事本当に素晴らしいですね。

被災者である自分がとても恥ずかしくなりました。

私も笑顔を大切にし、これからを乗り越えていこうと思います。

本当にありがとうございました。
ありがとうございました (カワカミ)
2011-03-28 14:45:07
糸井さんのTwitterで教えていただいて、このとっても貴重な手記を読ませていただきました。
本当にありがとうございました。

何とも言えない、そして圧倒的な感情に押しつぶされそうになり、ただ涙を流しながら読ませていただきました。

自分の出来ることは、目の前のことに一生懸命生きていくことです。
でも、絶対東北旅行に行きます。
ありがとうございます! (なおき)
2011-03-28 14:45:10
Twitterで知りました。
このブログに出会えてよかったです。

このように情報を発信してくださったこと本当にありがとうございます。自分にはできないことをしている人にホント感謝です。
まもなく日本に帰ります。地元福島に行きます。

これからもがんばりましょう!!
お疲れ様でした。ありがとうございました。
ありがとうございます (ウナ)
2011-03-28 14:45:53
『ほぼ日』でこちらを知りました。
毎日テレビで被災地のニュースを見ながら自分の無力さを感じていましたが
このブログを読んで、私も今自分にできることをがんばっていこうと思いました。
勇気をもらいました (mag_rin)
2011-03-28 14:46:10
いろんな報道や、いろんな人の呟きやブログを見るたび、哀しくてどうしようもないのに、自分は、平穏な場所にいて、その中の生活にさえ汲々としていることに、罪悪感とあきらめのようなキモチが入り混じって、自分自身に希望を持てずにいました。
あなたのブログを読み、想像以上に惨い現場の様子と、そこで生きる人の強さ、命の尊さをあらためて教えられました。
そして、その現場にいても、昨日より今日、今日より明日、と思って頑張っている人がいることを知り、私も希望を持っていいんだと感じました。
今はお金があんまりなくて、たくさんのことはできませんが、将来にわたって、少しずつでも、私にできることをし続けようと心に誓いました。
本当にご苦労様です。
教えて下さって、ありがとうございました。
ありがとうございます。 (びわ)
2011-03-28 14:46:24
文字に残してくださって、有難うございます。
本当にこれからも長期戦が続くでしょう。
一緒に頑張らせてください。
あなたの人間味に触れて、避難所の皆さんがどれだけ救われたことでしょうか。
敬服します。
私の自衛隊の友人も、あなたのように強い優しさを持って現地で頑張っています。
ありがとうございます (みち)
2011-03-28 14:47:29
現場での生の声。
決して報道されない現実を伝えてくださり感謝しています。
今は涙が止まりませんが、自分自身の出来ることを探していきます。
読んで良かったです。
お疲れさまでした。

本当のニュース (東葛の人)
2011-03-28 14:47:47
被災地での活動とその激務の最中に文章に残してくださったことに頭が下がります。
本当にありがとうございます。

都心で物を奪い合ってる報道に胸を痛めたそうですが、被災地のニュースと同様に、ごく一部のドラマチックな絵が誇張されていました。
被災地に送ろうとする人が大量に都心で買い付けたことが品薄の原因だと思います。
実際に、私の職場や地元では大勢の人が物を譲り合っていました。
日本人は本当に優しい心を持っている。
停電なんてヘでもありません。
いつの日か復興した東北に観光に行く日を楽しみにしています。
みんなで乗り越えよう!
日々に (ひかり)
2011-03-28 14:50:20
同じ小さな島国の中で起こっている事に、涙を流す不思議。
百聞は一見にしかず。

ありがとうございました。
ありがとうございました!! (haruuta*)
2011-03-28 14:50:31
ブログ、一気に読んでしまいました。
あなた様のような方々のおかげで、どれだけの被災者の心が助けられたんでしょうね。
テレビで放映されているほんの一部の情報だけで涙していたのが申し訳なくなりました。
遠方に住んで、普通に生活ができている幸せをかみしめて生きていきます。
真実をありがとうございました。
Unknown (es)
2011-03-28 14:52:29
衝撃でした。
悲しく壮絶な現実を知りました。
そんな状況にいる人の優しさと強さを知りました。
涙がとまりませんでした。
被災地の復興を心から願いながら、わたしもこの震災をずっと忘れずに、できることをしていきたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
たびたびすみません。 (ようだい)
2011-03-28 14:52:54
度々のコメントすみません。
勝手ながらブログにリンクを貼らせていただきましたので、ご報告をしようと思いまして。
できるだけ、多くの人に読んでほしいのです。
現場の大変さ、過酷さだけでなく、こんなにも素敵な人の温かさを伝えてくれたのですから。
感謝の言葉、伝えたい言葉がありすぎてうまく言えません。
ただただ、こういう機会をくれて本当にありがとうございます。

僕も、頑張ります。
ありがとうございました (macha)
2011-03-28 14:53:49
twitterからきました

私も被災地「岩手」のものですが、内陸の盛岡におります。
同じ県内にいて何もできない自分がちっぽけなものに思えていましたが、このブログを読んで「ああ、自分が沿岸に行ったとしてもできることなんて何もない」と実感。

今、自分ができることは普通の生活をすること、そして、沿岸地域のみなさんが受けた被害を忘れないことだと。

沿岸には友人、知人がおり、ひとまずみんな無事でしたが、これからがもっと大変なんだと思います。
もうすこし状況が落ち着いてからなら、私ができることがなにかあるかもしれない!そう信じてます!


最後まで読んで、涙がとまりません。
真実を伝えてくれて、本当にありがとうございました。
ありがとうございました。 (ぐう)
2011-03-28 14:54:36
大変な現実を教えていただきありがとうございました。早く明るい日が笑って過ごせる日が来ます様に。
どうもありがとうね (東京のものだけど)
2011-03-28 14:55:07
書いてくれて、どうもありがとうね、
行ってくれてありがとう。
ご苦労様でした・・・。

節電や義援金ぐらいしか、東京で働いてるものには
今はまだできることがないんだけど
ずっと、被災地のことを考えて、継続的に
サポートしていくつもりです。
ありがとうね、これからは東京もんが繋いでいきます!
ありがとうございました。 (ヨーへー)
2011-03-28 14:55:08
テレビでは伝えられない現実をこのブログを通じて少しだけ知ることができました。
今僕は就職活動の真っ最中です。
地震の影響で採用活動が伸びてしまいましたが、それによる苦労は苦労ではないと感じます。
第一志望の会社に内定をいただき、立派に生産活動が行える大人になり、東北に旅行に行きます。
生かされたことの意味を必ず還元します。

本当にありがとうございました。
貴重な声ありがとうございます (たくま)
2011-03-28 14:58:34
長谷川穂積さんのブログからきました。

東京にいる自分ですら、この文章を読んで胸を締め付けられる思いなのに、
被災地で実際に活動をされた主さんの思いは如何ほどだったか・・・
想像をはるかに超える壮絶さだと感じました。

物資の買占め騒動には寂しく思いますが、せめて被災者でない人たちは冷静に行動して欲しいと思います。
僕も募金・節電をして、買いだめはしないようにしています。
また、給料が入ったとき、募金に回そうと思いました。被災地を常に胸に留めておきます。

貴重な声ありがとうございました。主さんの活動はたくさんの被災者の方々の力になったと思います。
もちろん、被災を免れた僕たちの気持ちにも活力を与えてくれました。
ありがとうございます。どうかお体にお気をつけて。
お疲れ様でした。 (YUKARI)
2011-03-28 14:59:24
このブログを拝見して被災地の現実をリアルに知る事が出来ました。本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

この現実を多くの方に知って貰いたいと出来る範囲でリンクなどをさせて頂きました。

最初にこちらを訪問した時のコメント数は300件くらいでしたが、今では800件越えていますね。私も、もう一度読み直します。 

日本だけでなく、世界中の方にも読んで欲しいと願ってやみません。
唯一悲しかったこと (東京が故郷の者)
2011-03-28 14:59:37
拝読させて頂きました。とても心動かされたのですが、「震災の被災地が東京だったら絶対復興はしないだろうな」という所だけは読んでいて、それに賛同されている方がいて残念に思いました。

東京が身勝手な人間ばかりのような言い方をされていますが、東京には他県に故郷がある方がたくさん住んでいます。つまり東京は日本の縮図と言えるのではありませんか。

放射性物質が心配で東京を脱出している方がいるとちらほら聞きますが、震災が東京で起きたら他に故郷のある方はみんな逃げ出してしまって、そういう意味で復興は難しいかもしれません。でも東京で頑張ろうという方は絶対います。

東京を悪者にして自分たちは東京人じゃないからと溜飲を下げないでください。
ありがとうございます (さら)
2011-03-28 15:02:16
9月まで、高田の隣の大船渡市で看護師をしていました。陸前高田にもよくいきました・・・本当に、高田松原や海水浴場も素敵で、おいしいほたてがたべられたのですよ。テレビで被災状況を見て本当にショックで・・・かつての同僚たちがいる被災地へ行って支援したい気持ちでいっぱいでしたが、小さい子供がいて不可能でした。覚悟して被災地入りをするところまで調整を考えたりしていたけれど・・・やはり、覚悟をもこえる壮絶さだったのですね。
岩手県民として・・・救援活動をしてくださったことと、忘れてはならない現地の様子、大切なことをこうして記録してくれたこと、ありがとうございます。どうぞ、十分に休養をとり・・・また岩手にいらしてくださいね。岩手は早く元気に復興し、今度は、いろいろの岩手のおいしいものをたべていただきたいです。
ありがとう (涼)
2011-03-28 15:03:26
陸前高田に来てくれてありがとうございます。
あなた方医療スタッフの優しさは一生忘れません。
Unknown (あきこ)
2011-03-28 15:05:16
ほぼ日で知り、胸がつまる思いで最後まで読みました。このように文章にして伝えてくださり、ありがとうございました。そして、壮絶な現場の中、看護師という立場から向き合い頑張られ、本当に本当におつかれさまでした。
ありがとうございます (愛夢)
2011-03-28 15:05:36
札幌の者ですが、救援物資を東北や関東に運んでます。涙無くして読めませんでした。自分で見た現実をこえました。書ききれない程です。
ありがとうございました。 (ゆみ)
2011-03-28 15:05:45
テレビで伝えられる情報・映像でしかわからなかった現地での様子を教えていただき
感謝しています。
それこそ、私などが思う以上に大変な中で
辛い、悲しい想いを抱えながらも頑張る
たくさんの方達のために、少しでも力になれるよう
これからも このことを忘れず、日々生かさせていただこうと改めて思いました。

また支援で行かれる際にも 様子を教えてください。
よろしくお願いします。
長期的に考えることが我々の使命 (キクカク)
2011-03-28 15:06:21
Twitterでこちらのブログを知り、読ませていただきました。
私は東京在住で子どもがいるため、震災後は「やるぞ!」と「モヤモヤ……」の繰り返し。でも、こちらの貴重な文章を読ませていただき、さらに気持ちを引き締めようと思いました。ありがとうございます。
これからの私たちは、長期的に、3月11日のことを考えていかなければいけないのだと思います。それが、我々の使命なのだと思います。
実情 (たつき)
2011-03-28 15:06:30
「ほぼ日」で紹介されているのをみて、こちらに来ました。阪神のときで知ってはいましたが、あらためて報道と現実の違いを思い知りました。また、出発前に「心得」を話しておられた看護師の方も、ブログを書いている方はもちろん、本当の意味の強さを知っている人だと思いました。被災地とは関係のない自宅で、あれこれ文句を言っている場合ではないですね。やるのは、それぞれが目の前にある課題を(被災地を思いながら)精一杯やることでしょう。このブログには、読んだ人にそう思わせる力があります。よませていただいて、どうもありがとうございました。これからも、救援活動を続けていって下さい。
有難うございました (n)
2011-03-28 15:07:28
壮絶な体験を書いて下さって、伝えて下さって有難うございます。
日本はまだまだ捨てたもんじゃないですね。
知ることの大切さ (コマル)
2011-03-28 15:08:19
実際に現地での体験を読ませて頂き、繰り返しテレビに映る映像や報道が現実に起こっていることのほんの一部だったのかを知り、愕然としました。
日常に戻りつつある東京での生活と、ニュースで見る被災地のギャップに違和感を覚えていましたが、はっきりと見えてきました。
そして、自分のやるべきことも見えてきたような気がします。
現地での体験を伝えて下さって、心から感謝します。ありがとうございます。
ありがとうございます (yokko)
2011-03-28 15:09:03
ほぼ日のサイトからこちらに伺いました。

被災地の厳しい状況を伝えていただいてありがとうございます。
あれからテレビやインターネットから目が離せない毎日です。
いつかみんなで笑える日が来るのを信じて、日本人として今できることを考えなければ。

看護師というお仕事、優しい貴女の天職ですね。どうぞ、お元気でこれからも頑張ってください!


お疲れさまでした。 (のりよ)
2011-03-28 15:09:09
友達に教えてもらい、涙で読みました。阪神の時も中越の時も、何もできずテレビの前で涙。被災地に入ったら泣いちゃダメなんて、それだけでも大変でしょうに、看護活動、本当にお疲れさまでした。貴重な生の声を聞き、今回も私に出来ることはあまりありませんが、買い占めをしないよう、節電を心がけ、子ども達に伝え、日々の生活を送れることに感謝しつつ、陰ながら応援を続けます。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 15:10:44
多分。
ぬくぬくと暮らしている自分が何を言っても、それは同情にしかならないのでしょう。
現実に涙し文章に涙しても、何の意味もない……リーダーの方も、それを仰りたかったのだと思います。
テレビからは「頑張れ!」との言葉が響いているけれど、頑張れるほど頑張っている、命を削って頑張る力を発揮している方々にどれほど届くのか。
募金程度しかできない身で偉そうな事を言うのは恐縮ですが、すべての方々に一言だけ、「負けるな」と申し上げます。
ありがとうございました。 (Unknown)
2011-03-28 15:16:28
現地に行かなければ分らない現状。
テレビの前で見ているのと実際に自分の目で見て体験するのとでは全然違うと思います。
また、テレビでの報道でも色々な現場の情報はありますが、やはり現地で実際に活動された方の言葉はとても重たく心に響きました。
お疲れ様でした。
これからも (こみ子)
2011-03-28 15:16:29
お疲れさまでした。
大変な思いや経験をされたですね。私たち、被災地外の人間がしたかったことを代わりにやってくださった。ありがとうございます。「節電の効果で現地に早めに電気が通ったと」いう個所はとても嬉しかったです。そういう協力もできますよね。今は直接お役に立てない私たちの出番はこれからですよね。うまずたゆまず、ずーっと何ができるか考え、行動しますよ。待っててください。
ありがとうございました。 (すず)
2011-03-28 15:16:58
ブログ拝見させていただきました。

ありがとうございました。

16歳の私が力になれるかわからないけど。
でも、少しでも力になれるように、
自分にできることをやっていこうと思いました。


ありがとう (もっちー)
2011-03-28 15:17:05
ツイート経由で、読ませて頂きました!人は自分を追い込むことで、人として成長するものだと思っております。今回の経験で、ゴンチャンさんはとても成長したのですね!私も、普通の生活に今後も感謝して、今回の震災を忘れず生きて行きます!ありがとう、あなたに会いたくなりました。ありがとう、たくさんの人との出会いを大切にしてください!自身をもって下さい!あなたをみんなが必要としています。
ありがとう (Unknown)
2011-03-28 15:17:27
被災地の現実、それと向き合う支援者の現状、
そして、被災地から遠く離れた自分。

こうしたことを、このブログから教えてもらいました。

ありがとうございました。
忘れないこと (びよとも)
2011-03-28 15:17:52
糸井さんのHPからこちらを読ませていただきました。
ただただ胸が苦しくなりました。
職場で点いていた照明を消しました。
辛い状況の中で看護師としての力を精一杯出された事に、そしてそれを記録として残して下さったこと、頭が下がります。
ブログに書かれていたように、
日が経つにつれ忘れるようなことがあっては絶対にいけないと思います。
主人が報道に携わる者なので直ぐにこのブログのことをメールしたら、
震災のことを伝え続けるのが報道のやるべきことだと再確認したと言っていました。
本当にありがとうございました。
ありがとうございました (apipo)
2011-03-28 15:18:01
現地での体験を読ませていただきました。
テレビで報道されていることは ほんの一部分であることに 愕然としました。
涙といろんな思いがこみあげましたが 言葉に ならないです。
瑠奈ちゃんは JKTSさんのような素晴らしい看護婦さんになるでしょうね。
おつかれさまでした。 (みずふぃ)
2011-03-28 15:20:07
はてなブックマークのエントリから来ました。
読むと泣きそうでしたが、全部読みました。

私、16年前の阪神大震災の時、神戸に住んでいました。
最も被害の大きいと言われた地域のひとつで、下宿は全壊しました。
木造2階建の文化住宅の1階に住んでいて、上の階が落ちてきて、生き埋めになりました。

あの時は早朝で、ベッドに寝た状態で、
天井とベッドに挟まれました。
息が出来なかったので、力を入れたら、ベッドの床のベニヤ板が割れました。

不幸中の幸いだったのは、布団に入った状態で被災したこと。
お陰でそれほど寒くなく、布団がクッションになり怪我もあまりしなかったことでした。

助けてもらうまで、数時間かかったと思いますが、思いの外冷静だったと自分では思います。
むしろ、助け出されて外に出て、周囲の光景に絶句しました。

これからが大変だと言うのは、身にしみて感じていることです。
神戸は、完全に復興したと言われますが、そうじゃないって個人的には思ってます。
毎年1月17日に行われる慰霊祭、ココロの傷が癒えていない人はたくさんいます。

自分自身、しばらくの間は、生きてて良いのか、価値があるのか、自問自答を繰り返すこともありました。
神戸へ向かう船の上で、海面に身を投げようかと思った事も一度や二度ではありませんでした。
もしかしたら、今も、その気持ちはなくなっていないのかもしれません。

こんな私がお願いする立場にはないのですが、
是非、今回見たこと、聞いたこと、感じたこと、
これからも、どこかで、語り続けていってください。
(私も、自分のブログで毎年1月17日だけは記事を書くようにしています)

現場でしか感じられないこと、携わった人間でないと伝えられないことが、たくさんあるはずです。
一人でも多くの人に知って貰い、少しでも長く風化させない為に。

長文、大変失礼いたしました。
まだまだ忙しいとは思いますが、まずはゆっくり休んでください。
次に現地に行ったとき、たくさんの笑顔が見られますように。
Unknown (ぷうママ)
2011-03-28 15:21:16
頭が下がります。
こうやってテレビでは知りえない本当の情報を綴ってくださって本当にありがとうございました。

私にできることなど停電や募金など小さいことしかできないけれど、今だけではなく末永く続けていこうと思います。


ありがとうございました。 (ななみ)
2011-03-28 15:22:18
言葉にするのもつらかったかもしれない現地の様子を伝えてくださり、ありがとうございました。
自分は東京にいて、募金やボランティアでしか力になれない微力さにやきもきしてばかりでした。
でも、このブログを読ませてもらって、とにかく今は自分に出来ることを元気に精一杯やればいいんだと思えました!
東北や被害に遭われた皆さんの事を想い続けて、毎日全力で生きます。
本当にありがとうございましたU+203C
読ませていただきました (しも)
2011-03-28 15:23:02
糸井重里さんのサイト「ほぼ日」から飛んできて読ませていただきました。
本当に医療活動お疲れ様でした。
九州に住んでいて、なかなか実感が沸かないものでしたが
ニュースだけでは分からない現場の声や状況を知ることができました。
自分に何ができるのかと考え、募金して昨日人生初の献血にも行きました。
まずは微力ではありますが、やれることをやりたいと思います。

改めて、ブログ書いてくれてありがとう。
ありがとうございます。 (もも)
2011-03-28 15:24:02
ご縁があってこのblogにたどり着きました。
一気に読んで、何度も泣きそうになって、でもこどもが側にいたのでこらえました。

わたしは4月から大学で看護を学びます。
今できることを精一杯やる、という大切さを筆者さまから教えてもらったので
自分は看護師になる道を、一歩一歩歩みます。

お忙しい中、貴重な記録を公開していただき、本当にありがとうございました。
ありがとうございました (ぢの子)
2011-03-28 15:24:52
ありがとうございました。

現実を知って、被災地の事を我が身だと共感することが
末永い支援に繋がると信じて、mixiの日記にリンク貼らせて頂きます。

貴女のような方が、被災者の癒しと安心になっていることを知って
あたしも本当に感謝します。ありがとうございました。

非力ながら、自分で出来る支援を頑張ります。
ありがとうございます (ねむ)
2011-03-28 15:26:07
twitter経由で伺いました。
テレビでは報道されない、本当の現実を知って涙が止まりませんでした。

こうしてブログに綴ってくださってありがとうございました。

本当にたくさんの人に、この現実とあなたの経験と被災地の方々の苦しみと強さと優しさを知って欲しい。
そして、今もこの先も私たちがなすべきことを
しっかりと考えていかなければいけないと思いました。



ありがとうございます。 (ゆな)
2011-03-28 15:26:26

理解できないほどのつらすぎる現実に、心がしめつけられ、切り刻まれるようで、何度も読むのをやめようかと思いました。

でも読んでよかった。
知れてよかった。

どう思ったか、どう理解したか…うまくいえないし、言葉もでてこないです。


ただありがとうございます。

なんのありがとうかするもよくわかないけど、

でもありがとうございます以外の言葉が今はおもいうかびません。

Unknown (Unknown)
2011-03-28 15:29:00
涙が止まりませんでした。地震が起きてから今までの自分が馬鹿みたいに思えてきました。自分に何が出来るか考えて、行動してみます。
貴重な日記をありがとうございます。 (Rie)
2011-03-28 15:29:26
Twitterからこのブログに飛んできました。
とても貴重な日記をありがとうございます。
被災地ではまだ終わっていないですが、この一週間本当にお疲れさまでした。
あなたに助けられ、笑顔、元気をもらった方もたくさんいると思います。
これからも看護士の仕事頑張って下さい!!

私も日々、沖縄ではなにも不自由無く過ごせているのに、少し離れた東北では
想像できないほどヒドい状況なんだろうと思っています。
だけど、思う事、募金をする事、物資を送る事しかできない。
ほんとに微力で、私のブログにも書いてますが、ステッカーで義援金を募ったりする事しかできなくて。
決して「頑張れ!」と簡単に言っているつもりはないですが、でも少しでも沖縄から
「お金」という形ですが被災地の皆さんに届き、早く復興できる日がくる事を願っています。
ありがとうございました。 (たけひろ)
2011-03-28 15:30:24
私は陸前高田の隣の大船渡出身です。
地震が起きて1週間後に現地に行ってきました。
自分の生まれ育った町がなくなったのを実際に目にしたのに、今でもまったく信じられません。

そんな過酷な被災地での医療、看護活動、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

また現地に行かれるということですが、医療もそうですが、一人でも多くの人の心を癒してください。そして何より、ご自身のお体をお大事にしてください。

私も再度現地に行き、自分にできることをします。
感謝 (kanataro-007)
2011-03-28 15:30:42
(フェイスブックでこのブログを知りました。)
ブログ拝見しました。
厳しい現実に真摯に立ち向かっておられる多くの皆様の姿が目に浮かび、ただ、涙、涙、涙です。
テレビや新聞が報道しない本当のことを1人でも多くの人に伝える必要があると思いました。
ここ高知も漸く遅い春がやってきています。早く被災地にも春が来ることを祈ってやみません。
素晴らしいブログ、ありがとうございました。

10002。 (sagawalk)
2011-03-28 15:31:11
連続投稿、失礼します。

「何度でも」、今日から
携帯で聴けるようになりましたよ!

http://www.dctgarden.com/download/20110328/
ありがとうございました。 (ドイツの小さな町から)
2011-03-28 15:32:47
友達のつぶやきからここにたどり着き一気に読ませていただきました。
私は今、ドイツに住んでいます。10歳の息子が学校で今回の震災についてドイツ人の先生から色々授業で教えられて帰ってきます。あくまでのドイツ人の立場の話。昨日貴方の話を息子にしてやったところ息子は絶句して聞いていて最後に”僕、この話をみんなにしてあげなきゃ!”って言いました。
貴方の書かれた私たちの感じていた辛い事なんて”災地のみんなのつらさや悲しみに比べたら全然なんてことはないです!”ってこと。本当にそうなんだろうなと思いました。

私自身チョット今自分の人生の中ではチョット大変なことが起こっていますがこんなこと大したこと無いな。って考える事にしました。ありがとう。

本当に沢山の人を助けてきてくださってありがとうございました。
私も何か出来る事を考えて出来る事していこうと思っています。

Unknown (amahuu)
2011-03-28 15:32:55
ありがとうございます、お疲れ様でした。

こういう生の声が聴ける機会というのはあまりなくて、TVもどんどん日常に戻ってきて。

私は今のこの気持ちがうまく伝えれないですが、感じた何かを胸に刻みたいと思います。

ありがとうございました。
ありがとうございました。 (千尋)
2011-03-28 15:34:01
友人のmixiボイスでこの日記を知りました。

大変な現場での尽力には本当に頭が下がります。
お疲れさまでした。
少しも力になれない自分が悔しくて仕方ありません。

安全な場所にいる身としては、リーダーナースの言葉が突き刺さる思いです。
自分の安い涙を軽々しく流しちゃいけないと思いながら読んでいましたが、抑えられない部分がいくつもありました。

文章経由でのことですから、現実には程遠い理解ではありますが、この日記から受けたことを将来何かの力にできればいいなと思っています。

本当にありがとうございました。
お疲れさまです。 (ゆえ)
2011-03-28 15:34:28
twitterでたまたまRTされた記事のURLから飛んで、この記録を読ませていただきました。
最初、普通にブログを読むような心持で読み始めてしまったのですが、途中から目が離せなくなり、目をぬぐいながら最後までぶっ通しで読ませていただきました。
私の家にはテレビがないのでバイト先で映像を見て非常にショックを受けたのですが、あまりの映像に本当に今起こっていることという実感があまりわかずにいました。
でも、今回こちらの記事を読ませていただいて、現地の人が感じたそのままのことを知ることができて、感銘を受けました。

東京に住んでいる私にできることは、今までどおりの生活を送ることと、引き続き、募金だと思います。

日にちがたって、私たちの生活が元に戻るにつれて、マスメディアからの発信が減って行くことと思います。
その中で、現地の人たちの生の声を聞くのは非常に重要なことだし、ぜひ伝えていただきたいと思います。
本当に応援しています。

ありがとうございました (はなこ)
2011-03-28 15:36:19
糸井重里さんの「ほぼ日刊イトイ新聞」で紹介されていて、ブログを拝見しました。東京在住の私ができること、しなくちゃいけないことについて、これからしっかり考えます。過酷な体験の後です。どうかご自身の体もいたわって下さいね。
ありがとうございます。 (ゆい)
2011-03-28 15:38:28
ツイッター経由でブログを知り、全てを一気に読ませていただきました。
本当に、ありがとうございます。
想像を絶する、現地の話に胸が詰まり、涙が止まりませんでした。
そして、その被災地を助けてくれる医療チームや沢山の方々に
同じ国にいる1人として感謝してもしきれません。
被災地にいない自分が、何を言っても表面的な言葉にしかなりませんが
とにかく募金します。
今わたしに出来る事は、それくらいしか浮かばないのですが。
給料が入る度に募金するようにします。
それが、ブログを拝読させていただいて、この震災のごく一部でも知る事が出来た私が
出来る事だからだと思うからです。
本当に、ありがとうございました。
ありがとう。 (松浦)
2011-03-28 15:39:30
ありがとう。
ありがとう。
ありがとう。
家族をおもうように、支援。 (お茶)
2011-03-28 15:41:59
瑠奈ちゃんのお姉さん、看護師さん、おつかれさまでした。ほぼ日の紹介を読み、参りました。
被災地で救助をしながら文章を綴るのは大変なことだと思います。
私は、今回の震災で何をしたらいいのかわからなかったのですが、
道路ができ、鉄道が走り、病院ができ、家が建ち、おいしい牡蠣や美しい景色はまだでも、お邪魔にならない時期に、東北に行きたいと思います。阪神大震災のときも、2年後に行き、親御さんを亡くした子供たちとめいっぱい遊ばせてもらいました。
瑠奈ちゃんのお姉さんの続きを引き受けられるといいのですが。
被災地ではない都会の日常には、家族をおもうような気持ちを加えないと、被災者の方々に申し訳がないように思いました。
今日もお仕事おつかれさまです!
お疲れ様です (かざみ)
2011-03-28 15:42:31
フォローしているツイートを見て来ました。
静岡県焼津市在住です。

ここも港町で、東海地震の区域なので地震も津波も原発も、本当に他人ごとではありません。

子供の幼稚園の園長先生が呼びかけてみんなで支援物資を募って、漁船で運んでもらいました。

我が家からも子供の服や肌着、長靴、赤ちゃんのおしりふき、そして、子供2人を育ててくれたベビー布団一式も思い切って送ってもらいました。

折に触れ、あの水色のベビー布団が無事に届いたかしら、と気になります。赤ちゃんとママを温めてくれていることを祈ります。

お疲れ様でした。ありがとうございました、。
ありがとうございます! (ひろひろ)
2011-03-28 15:45:48
この度は、本当に貴重な体験をブログにアップしてくださって、本当に、本当にありがとうございました!

震災以降、自分自身も何だか不安定で、心もとなく感じる日が続いていました。
実際に被災したわけでもないのに…です。
被災された方や貴女の様に大変なお仕事をされていて、それでも心を強く、強く持っていらっしゃる方もいるのに。

笑顔で、今日よりもいいことを見つける。

素晴らしい言葉を、いただきました。
被災地の方々に心を寄せて、笑顔でいることを心がけて生きたいと思います。

カンゴンさんもお疲れのことと存じます。ゆっくり英気を養って、どうぞお体ご自愛下さいますように・・・。
ありがとう。 (ライヴマスター)
2011-03-28 15:46:13
ありがとう。

この言葉が適切なのかどうかはわからないけど、本当にありがとう。

ありがとうございました。 (みゆき)
2011-03-28 15:47:11
マスコミは、3.11の震災に関し総括し始めています。
震災の復興はまだまだこれからだというのに・・・
震災で助かった命が避難所で失われていく現実・・・
言葉が見つかりません・・・ごめんなさい・・・
本当の事を知ることが出来て良かったです。 (mimoza)
2011-03-28 15:48:00
私の住む大阪では、今回の震災の影響は殆どなくテレビでの放送が主な情報で、こちらのブログで本当の事を知ることが出来て本当によかったです。ありがとうございました。
画像がなくても文章だけでも、どんなに大変な状況か知ることが痛いほど伝わってきました。
こちら大阪の地から、自分に出来る事をもう一度考えて行動していきます。
もっと多くの方々に知ってもらいたくて、ブログ及びmixiに文中リンク貼らせて頂きました。
事後承諾お許し下さい。
私も毎日の生活を大切に家族を精一杯毎日を過してゆきます。
そして被災地の事、決して忘れません。
ずっと応援し続けてゆきます。
最後になりましたが、お体大切にご自愛くださいませ。
お疲れ様でした。 (326)
2011-03-28 15:49:13
糸井さんのところの紹介で、読ませて頂きました。

報道のみでは知り得ない、大袈裟でもなく素直な現地の光景を知れました。
貴重なことをお話いただきありがとうございました。

東京も停電や原発問題があるにせよ、

震災自体は対岸の火事になってしまっているような気がしますし、買い占め報道とかでるといたたまれない気持ちになります。

ありがとうございました! (mayu)
2011-03-28 15:49:23
被災地での支援本当にお疲れ様でした。
精神的にも体力的にも本当に大変だったことと思います。
こちらでは日本のニュースはほとんど見れずネットでのニュースやブログから様子を知るようになりますが、だんだんとみんな状況がよくなってきてるような感じだったりしてたけど、被災地での本当の状況はこうなんですよね。
ゴンちゃんの優しい気持ちがたくさんの被災地の方にも伝わったことと思います。
今だけじゃなく、少しずつでもできることを続けてやって行きたいと思ってます。
辛い時にもこうやって書き留めていただいてありがとうございました。
お疲れ様でした (みゆ)
2011-03-28 15:49:33
ツイートを見てきました。
東京在住、気仙沼市出身です。
実家で両親や親戚が被災し、もしかするとお世話になったかもしれません。近親者の無事は既に確認できています。
陸前高田市は、よく遊びにもいった町で、TVで高田松原や貝の博物館など全部なくなってしまったんだなと悲しい思いをしていましたが、やはり現地を見ていないのでどこか隔てがある感想しか持っていなかったように思います。
実際に現場を見ている方の生の文章を読んでいて、涙が止まりませんでした。
三陸地方を好きになってくれてありがとうございます。長い勤務、お疲れ様でした。
おつかれさまです (バルセロナより)
2011-03-28 15:50:29
泣いてはいけない現場のこと、泣かずに読もう、
と思ったのに無理でした。
被災地からも、日本からも遠くても、
自分にできることを、精一杯やろうと思います。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。 (うらら)
2011-03-28 15:50:31
ほぼ日刊イトイ新聞の紹介から来ました。
貴重な記録ありがとうございました。
ありがとうございました (yme)
2011-03-28 15:53:34

すべて読ませていただきました。
テレビだけではわからない現地の様子や被災者の方それぞれの悲しみ
想像だけで悲しくつらくなって、ここ最近は離れていました。
でも、やはり想像力だけでは及ばない現実があるのだと実感させられました。
それと同時に人ってほんとすごいなと思いました。
いろんな気持ちがあるのですが、とにかく記事にしてくれてありがとうございました!
ありがとうございました。 (Unknown)
2011-03-28 15:53:42
様子を教えてくださってありがとうございました。私は海外に住んでいるのでチャリティの活動や募金以外直接お手伝いをすることはできないのがはがゆい思いですが、毎日祈っています。友達もみんな日本の事を応援してくれています。このブログは印刷してこちらの友人にも読んでもらおうと思います。できることを少しでもながく続けて行きたいと思います。本当にお疲れさまでした。今は休んで、力をつけてくださいね。そして、未来のためにまた歩いていきましょう。この文章を読んだ人の心はきっと
同じ方向をむいていると思います。
ありがとうございます (rabbit)
2011-03-28 15:55:39
一気に読ませて頂きました。
途中、何度も嗚咽しました。

私も2児の母なので、特にお子さんが出てくると、どうしても感情移入してしまいます・・

想像を絶する過酷な現実と、停電はあるけれど平和な自分の暮らし。

自分は何もしなくていいのか、と何もできない自分を腹立たしく思います。

せめて、生きていられることの幸せを日々感謝し、笑顔で暮らすこと、そして少しずつでも募金を続けていきたいと思っています。

医療・看護の皆様のご尽力、本当に本当に頭が下がります。
ただただ尊敬です。

私のブログでもこちらのブログを紹介させていただきたいと思います。
テレビには映らない現実・・多くの方々に知って頂きたいです。
そう、いつ自分が被災者になってもおかしくないのですから・・。

涙なしには読めません (YASU)
2011-03-28 15:57:09
ありがとうございました。
こんな素晴らしいレポートは初めて読みました。
全然、現実をわかっていなかったんだと痛感しました。
何かをしたくて、自分のやっている2つのお店で、募金活動をしています。でも、そんなレベルじゃなく、今すぐ動かないと手遅れになることがたくさんあるということを知りました。
本当に知る機会を作って頂き、ありがとうございます。
一人でも多くの人に知ってほしくて、ツイッターやmixiで書きました。
自分でやれること、すべきことはやっていきたいです。
お互い頑張りましょう!
ありがとう。 (ひなた)
2011-03-28 16:00:04
看護士さんの優しさが強さが心に沁みました。
書いては消し書いては消ししましたが、上手く伝えることができそうにないです。
ただただ、いろんな事に感謝の気持ちです。
ありがとうございました。
あなたの様な素敵な娘さんを育てられたご両親にも感謝です。
どうぞお体に気をつけて、お仕事なさってください。
お疲れ様でした (一看護師)
2011-03-28 16:01:23
私もTwitterから伺いました。

今は原発の影響が東京にどれくらいなのかの報道ばかりで、被災地の過酷な状況は置き去りになっているのが不満でした。

実際に現地で医療に携わり、見た事や感じた事をわかりやすく書いてくださった事と、看護師として過酷な現場でも温かな心を忘れず患者さんや被災者の方に接して来られた事、自分が何もできない分感謝の気持ちでいっぱいです。

確かに看護師は泣いちゃいけないって教育されますよね。でも、その涙で心寄り添って貰えたと思う方もおられたと思います。

瑠奈ちゃんも、あなたと寄り添って感じた温もりを支えに生きていってくれると思います。

阪神大震災の時、私は救援に行く機会はありませんでした。
もう臨床とは離れたところで看護師をしてますが、心から尊敬します。

文章にするのは少なからず辛かったのではないでしょうか・・・
でも、書いてくださってありがとうございました!
おつかれさま。 (jun)
2011-03-28 16:06:05
お疲れ様でした。ありがとう。
もう、その一言に尽きます。
ありがとうございます。 (niko)
2011-03-28 16:06:58
先日、陸前高田出身の方にお会いしました。

ご両親が被災されましたが、津波から命からがら逃げてご無事とのこと。しかし、その時の様子・その後の様子をお聞きしたら壮絶過ぎて・・・。

想像を絶する体験をなさって、気丈に頑張られたこと凄いと思います。

実際に被災された方は、どんなにこれまでも、そしてこれからも大変だと思いますが、皆でなんとか支え合って生きていって欲しいです。もちろん私も沢山サポートさせていただきたい思います。

事後承諾で申し訳ありませんが、私のブログにもこちらのブログを紹介させていただきました。沢山のかたに読んでいただきたくて。



Unknown (from kobe)
2011-03-28 16:08:34
ただ壮絶な風景になんと書いてよいかわかりません。
が、私はただのサラリーマンであなたのように
直接人の為に仕事をすることはできないけれども、自分でもできることをしっかりとやっていこうと思わせて頂きました。
現地の人が一日も早く笑顔を取り戻せるように祈ります。
感謝です。 (だやん)
2011-03-28 16:10:46
神奈川県在住です。
夜mixiから来ました。

ブログを拝見し皆様のコメントを読み、気づいたら朝でした。
震災後から普段見ないTVを見続け、最近はもっぱらNHK。
節電、募金しか出来ない、祈る事しか出来ない、なんて無力なんだろう、そう思っていました。が、少しでも役に立てていると分かり嬉しくなりました。

被災者の方の心境は計りしれませんが、少しでも寄り添えればと願います。

このブログに出会えたことを感謝致します。
ありがとうございました。
お疲れ様です (02)
2011-03-28 16:11:38
「ほぼ日刊イトイ新聞」から来ました。
このブログ読んで、はじめて義援金おくる気持ちになりました。
本当にごめんなさい。
そして、ありがとう。読めてよかった。
どうもありがとう (かゆ)
2011-03-28 16:12:27
本当に大変な状況の中、被災地から感情や行動をそのまま伝えてくださったこと、しっかり心に届きました。
被災者の方々が家族のように接していたことを見ても、看護師という枠を超えてきっと心の深いところで寄り添うことができたんですね。素晴らしい看護師さんだと思いました。
本当にどうもありがとうございました。
ありがとうございます (きむたけ)
2011-03-28 16:13:40
ぜったい忘れないこと。
忘れてはいけないこと。
忘れたくないこと。
もう、このブログで、テレビでは伝わらない
被災者の方の、助けにいかれている方の「温度」を感じさせていただきました。。

チャリティ以外でも、できること
一つ一つ探していきます。
ほんとうにありがとうございました。
ありがとう (taako♪)
2011-03-28 16:13:48
「お姐」さんのツイッターから来ました。
本当にお疲れ様です。
他人事ではない、この災害に私もなにができるのか、考えがぐるぐる回っていました。

ブログを拝見して、今慌てて、どこに届くかわからない募金をするよりも出来る事があると思えました。

本当にありがとう。
何もできないけど。そしてありがとうございます。 (だんぼ)
2011-03-28 16:15:47
何かを言う文章が、書いては消しの繰り返しばかりです。ただただショックと、人の優しさ温かさとが、グチャグチャでちっとも整理がつきません。が、医療現場から見た、これが最前線の出来事なんですね。今は募金でしか協力出来ませんが、沢山のことを知れてよかったです。生きることとはどういうことか、それがまた少し、分かったように思います。本当に、ありがとうございました。
ありがとうございました。 (yuri)
2011-03-28 16:17:55
一気に読ませていただきました。
被災地へ希望の光を届けて来られた方だと思いました。そして、体験されたことを読んだ私たちにもその光は伝わってきます

リンクを貼らせて頂きますね。
ありがとう (えりりん)
2011-03-28 16:23:15
一気に読みながら、何度も涙が出てきました。
なんと壮絶な現場。われを忘れて、尊いお仕事をされてきたのですね。ただただ感謝です。そして、これを書いてくださったことにもお礼を申し上げます。
ありがとうございました。 (エーコ)
2011-03-28 16:26:14
テレビでは報道されていない現実をわかりやすく教えていただき、本当にありがとうございました。
このような現実をもっと多くの人に知ってもらい、支援の気持ちを持ち続けられたらなぁと思います。
他の方にこちらのブログ紹介させて下さいね。
看護師
ありがとうございました (ゆみこ)
2011-03-28 16:29:30
読みながら涙が止まりませんでした。
でも一気に読ませていただきました。
ただただ感謝です。
ありがとうございました。
お疲れ様でした。そしてありがとう! (MN)
2011-03-28 16:31:44
糸井さんのツイッターから来ました。
一気に読みました。
震災後はなるべく泣かないようにしてましたが涙が止まりませんでした。
TVやその他報道からはわからない現地の様子。
想像をはるかに超えて厳しい。
でも頑張って生き抜いている様子がよくわかりました。
自分には何が出来るんだろう、と考え込んでしまう事があったけれど、どんなに小さくても自分に出来ることを毎日積み重ねていきます。
そしてこの先、絶対に3月11日の事は忘れずにいようと思います。
ありがとうございました。
ありがとうございます。 (ss)
2011-03-28 16:32:18
あの日以降はじめて、前向きな気持ちになりました。
ありがとうございます。
ありがとう (かつ)
2011-03-28 16:33:30
月並みになってしまいますが、「ありがとう」の言葉しか思い浮かびませんでした。

私もツイッター経由でたどり着きましたが、文章から目が離せませんでした。今の私は何か行動を起こして被災地に赴く事は出来ませんが、今の仕事を全うし、日本を力強く復興させてゆくために微力ながら尽くす事が、私なりの復興支援かなと思い、思いを新たにしました。

最後に、このブログを書いて頂いて、本当にありがとうございました。
お疲れさまでした。 (たまきつかさ/2児の母)
2011-03-28 16:34:09
貴重な体験をお伝えいただいたことに、ただただ頭の下がる思いでいっぱいです。
ありがとうございました。

私は瑠奈ちゃんとそう変わらない年の男の子を持つ母親です。
こんなかわいい子を遺して亡くなってしまわれたお母さんのお気持ち、遺体で見つかった妊婦さん…思わずパソコンの前で号泣してしまいました。

私は阪神大震災も経験しましたので、今回の地震はとても他人ごとには思えないのですが、今は日常生活を当たり前に送ることしかできません。
あなたのような、人を助ける技術もノウハウも持っておらず、少しばかりの募金以外は何もできない自分がもどかしくてなりませんでした。

そんなときにあなたのブログは、被災地支援の新たな可能性も示して頂きました。

私にできることは、目の前の2人の子供を、自分の足でしっかりと立ち、人の痛みのわかる、思いやりのある人間に育てること。
そしていつか、息子たちを連れて、私にとっても初めての東北旅行をしたいと思います。現地へ観光に行き、お金を使い、そして自分の目で見た東北の素晴らしさを、周りに広めていきたいです。

今の時点では綺麗事に聞こえるかもしれませんが、そんな日が必ず来ると信じています。
その時まで、地道に自分の足場を固めていこうと思います。

もう一度、ありがとうございました。
ありがとうございました (あいざわ)
2011-03-28 16:34:12
友達とふたりで泣きながら読ませていただきました 当たり前の生活にこころから感謝して今を大切に生きていきます 
ありがとうございます (R)
2011-03-28 16:37:40
涙がとまりません。ひとりひとりができることを、少しずつ。それは大きな力になるでしょう。ありがとうございます。私たちはひとつです。
ありがとうございました (ミワ)
2011-03-28 16:39:06
自分は分かっていないと痛切に反省させられました。。ありがとうございます。
そして、皆様の為のお仕事もありがとうございます。
本当にお疲れ様でした (こまち)
2011-03-28 16:39:16
ブログを読ませていただいて
『災害ボランティアに行きたい!』
と思っていた自分の考えの甘さを思い知りました
今、自分にできることをしっかり考えて行動したいと思います
  
先に許可をお願いするのが筋かと思いましたが
リンク貼らせていただきました
家族や友人にも読んでほしいと思います
おつかれさまでした (uriuri)
2011-03-28 16:39:39
このレポート読むことができてよかったです。
ありがとうございました。
ナイスファイト (かたやまのり)
2011-03-28 16:39:59
スキルがあってもここまでできないよ、すごいです。そして書いて残して広めたのもすごいです。私は何ができるだろう。
ありがとうございます (yuzuki)
2011-03-28 16:42:00
はじめまして。
ツイッターから来ました。
このブログに出会えてよかったです。
最後まで夢中で読み、涙が止まりませんでした。
本当に優しく、思いやりのある方なのだなと思います。
きっと、避難所の皆さんの体だけじゃなくて心も癒されたのではないでしょうか。

被災地とまで行きませんが、私は福島県に住んでいて原発の関係で屋内退避になるかギリギリの状態のところで生活しています。
また、避難指示区域の町の方々もこちらの市に受け入れをしている状態です。
何か今自分にできないのか?と悩みに悩んで母校の小学校の避難所にボランティアにいかせていただきました。
もしかしたらもうふるさとに戻れないかもしれない不安と戦いながらも、避難されてきた方は皆さん気丈で明るくて私の方が励まされています。

その反面、福島県民を「被曝者だ!」と他県では追い出されたり差別さえ受ける話をよく聞くようになりました。
そんな言葉があの方たちに耳に入らなければいいのに!と思うのに毎日毎日どれだけ被害があるか?と都市圏向けの内容。
いわきにいる友達は食料がつき、物資も来ず(最近やっと届いたようです!ありがたい)ギリギリのガソリンで避難してきました。
現地とそうでないところ、悲しいけど温度差を感じていました。
だれも被曝などしていないんですけどね・・・
家にも帰れず、まだ不安と戦い、ましてや差別まで。なんで自分たちの責任の無いものでそこまで傷つけられないといけないんだろうと疑問でした。
もちろん、それ以上に、たくさん他県の方が福島県の皆と優しく受け入れてくださっているのでとてもとても感謝です。

津波、それに探してももらえない地域、原発、地震、まだいろんなことがあり、避難されている方も、私たちもまだまだこれからが正念場だなと思いますし、先が全く見えない不安もあります。

でも、このブログを読んで優しさや暖かさをもらえました。
たくさん乗り越えることがあるけれど、本来なら会えなかっただろう方々との出会いもありました。
明日からもがんばろう、原発になんか負けず一日一日私もできることをしていきたいです。

被災された皆さんが一日でも早く笑顔で過ごせることを祈っています。

本当にありがとうございました。


Unknown (たけちよ)
2011-03-28 16:43:33
私にとっても高田の町は第二の故郷です。

家族を助けてくれて、有難うございました。
ありがとうございました! (H.H)
2011-03-28 16:45:59
全て読ませて頂きました。

何と言うか言葉になりませんが・・・
読ませて頂いて良かったです。

そしてもっと多くの方に読んで欲しい!
・・・と言うのが素直な気持ちです。

月並みな言葉になりますが・・・
本当にお疲れ様でした!
ありがとうございました!

自分は遠い四国の人間ですが日常を変わりなく送れている事に感謝し『自分に出来ること』を考えながらどんな形でも協力したいと心から思いました。
ありがとうございました (ゆかりん)
2011-03-28 16:48:15
一気に読ませて頂きました。本当にお疲れ様でした。
文字として読んだ私たちより、これを実際見られて
経験されたのだから、本当に言葉では言い表せないような思いをたくさんされたことでしょう。
報道からは伝わらない現地の様子を知ることができました。ありがとうございます。

今、放射能問題や水のこと、色々な風評に
惑わされている私たちは、もっといろんな事実を知って
優しい思いやりの気持ちをもち、生きたくても
命を絶たれてしまった方の分まで強く
生きていかなくてはいけないと思いました。

毎日が何もなく普通に過ごせることを当たり前と思っていたけれど…
当たり前こそが最高の幸せだったんですよね。
命あること、本当に感謝して日々を大切に過ごしていきたいです。
こどもたちのために、輝かしい日本の未来のために。みんなで力をあわせて…
Unknown (MF)
2011-03-28 16:48:34
Mixiで友人から教えてもらって読ませていただきました。テレビでは流れない現場のことがわかって涙がでました。福島で勤務していた友人は今、一時的に東京で働いていますが、早く福島に帰りたいと言っていました。彼が東北が好きだという理由がわかりました。

私は今ロンドンに住んでいるので、テレビや新聞やネットでしか被災地のことを知る手段がありません。こちらでも募金をしたりしてくれていますが、1週間経ったころから、新聞に載る記事はとても小さくなり、テレビのニュースでも今ではわずかしかとりあげれられなくなりました。本当に支援が必要になってくるのは、世間の注目がうすれたあとからですよね。

当たり前のことに感謝するということを忘れてしまっている自分が恥ずかしくなりました。これから毎日を大切に生きていきたいと思います。
お疲れ様です。 (あ)
2011-03-28 16:52:41
読めて良かったです。

本当にありがとうございます!
ありがとう (M)
2011-03-28 16:56:36
おつかれさまでした。そしてありがとうございました。

私は直接そちらにいって助けることができないけれど、自分にできることを今だけでなくずーっと少しづつでもしていきたいと思います。
ありがとうございます (ふうこ)
2011-03-28 16:57:01
伝えてくれてありがとうございました。
報道で知りえるのとはまったく違う次元のできごと、、、
いえ、そう思い込もうとしていたのは自分を守るためで、報道のせいではないのです。
あの津波の映像や瓦礫だけになった町から、たくさんの遺体を想像することから目を背けたのは自分自身でした。
このブログを読むことが出来、継続して支援できるよう、忘れないよう、胸に刻み付けることが出来たと思います。
心からありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。
本当にお疲れ様でした (Unknown)
2011-03-28 16:59:56
大阪の者です。
この日記を読むまで、正直どこかまだ他人事というか・・ドラマを見ているような感覚でいました。
オムツを4袋近所の区役所にもっていき、少しの募金をし、それでこう・・自分の中で解決したような気分でいました。
それが大間違いだったことをこのブログで気づかされました。
まだまだこれからも続く被災者の方たちのことを胸に過ごしていこうと思います。
素敵な体験談でした。 (Unknown)
2011-03-28 17:00:46
くれぐれもご自愛くださいますよう。

私も出来ることから少しずつ…
わかります… (yunbo)
2011-03-28 17:02:47
宮城の東松島で、弟が旅行中に被災しました。
音信不通の弟を捜しに14日に宮城入りしたときに、避難所の方とほんの数十分だけふれあう機会がありました。
東京に帰ってから、その地域・避難所・被災者の方達のことが気になってしかたありませんでした。
何かできることはないかと、その後も救援物資を送ったりしました。
それだけの時間しかふれあってなくてもそうなるのに、10日もいればその心の結びつきは相当なものでしょうね。
おつかれさまでした。
地震の影響はまだまだつづきますが、お元気でがんばってください。
あ、弟はなんとか助かり、避難所で奇跡的にすぐ見つけることができました。
読めて良かったです。 (みずき)
2011-03-28 17:02:50
mixiから来ました。
私は今、看護大学の一年です。
今回の震災を受けて
災害医療をやりたいと
思いました。
この日記を読んで自分に
本当にできるのかと
不安になりました
そしていろいろ
考えさせられました

最後に『医療は共通』
という言葉って
とても素敵ですね。
お疲れ様です (harutan)
2011-03-28 17:03:06
ツイッターから来ました。
「生かされていることには意味がある」
ほんとうだと思います。
ただただ、言葉にならず、涙がでるばかりですが、
西の私たちは、この日本を支えなければならないと思います。つらくても、普通に生活をして、普通にお金をまわして、ローソンとかにおつりを寄付したりとか、できることをがんばりたいと、より、思います。
読ませていただきました。 (なつお)
2011-03-28 17:03:43
まるで小説でも読むような感覚でした。

これが、現実だなんて。

涙がいつまで経っても止まりません…

でも、これを知り、広めていくことはとても大切だと思い、私も周りに勝手ながら広めさせていただきました。

私にも瑠奈ちゃんと同じくらいの娘がいます。
その手を離さず、しっかり生きていきたいと思いました。

ありがとうございました。
ありがとうございました (AN)
2011-03-28 17:04:25
上手く纏めるのが難しいですが…読ませていただいて涙が止まりませんでした。

このブログに出会えて読めて良かったです。これから先また向かうことがあるならば…頑張ってください。
私たちは私たちで出来るかぎり東北の人たちを支援していきたいと切に思いました。

大好きな東北の皆さんのためにありがとうございました。
Unknown (静岡T.I)
2011-03-28 17:05:19
糸井重里氏のツイッターの紹介で読ませていただき感動いたしました
私のブログにもこの被災地での貴重な体験を載せさせていただき「伝えること」が大切だと実感しております
勝手な転載をどうぞお許しくださいませ
お疲れさまでした (くぼりん)
2011-03-28 17:07:06
ツイッターからこちらのブログを読ませて頂きました。

赤い旗のこと、初めて知りました。
瓦礫の下から遺体が出てくることも初めて知りました。

まだまだこの現状が被災地では続き、それを受け止めながら10分後を生きる。

私には想像のつかない状況です。

北海道に住み、衣食住に困らず生活をしている中で出来ることは募金とお金回り。

周りにも今まで以上にお金を使ったほうがいいと考える人も少なくありません。

微力ではありますが、被災地にいらっしゃる方に少しでも届けられるよう毎日を生きていきたいと思いました。

お疲れさまでした。
ありがとうございます (きら)
2011-03-28 17:08:08
西日本に住む者です。

節電も役に立たず・・・

もどかしさばかりです。

ささやかな支援物資と義援金でしか協力できていませんが毎日被災地の皆様の明るい未来を祈っています。

こうやって行動に移して下さる方々に
ただただ感謝するのみです。

現状が目に浮かび、とても分かりやすい文章で
ニュースでしか知りえないこと以上の被災地であることも良く分かりました。

復興には相当の時間がかかると思います。

私の望みは報道が次第になくなって風化しないよう細く長く報道を続けて欲しいと言うことです。

今日よりも明日が幸せであることを願っています。

頑張ろう日本!!

文字にしてくださってありがとうございます。

身体を休めてくださいね。
記事を読ませて頂きました。 (masa)
2011-03-28 17:11:17
フェイスブックから来ました。
仕事中でしたが、一気に読ませて頂きました。
目頭が熱くなって、困ってしまいました。

素晴らしい記事、テレビ等の報道では絶対伝わらない現地の壮絶な状況や人々の暖かい気持やつながり、絆。

ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした。
ありがとうございます (ゆきみ)
2011-03-28 17:11:53
初めまして。
ツイッター経由で、ブログを読ませていただきました。

TⅤでは決してわからない被災地の状況に、言葉を失い、溢れる涙を止めることができませんでした。
お辛い状況のなかで、本当に本当にありがとうございました。
お身体を大切に、お仕事を頑張ってください。
ありがとうございます (pearl)
2011-03-28 17:14:02
私は秋田です。夫が仕事で福島にいます。
私の気持ちは、夫とともに福島にあります。

先週末、宮城から避難してきた友人を迎えに行くために、震災後初めて駅に行きました。
「やっと無事に帰って来れた!」という疲れ切った友人と、再会を喜びながら、駅ビルの中のあまりの「普通さ」に、ショックを受けてしまいました。

きれいな格好で普段通りに行き交う人たちと、他県から避難してきた人たちの、温度差がありすぎて、自分の立ち位置が分からなくなってしまいました。

経済を盛り上げるためにも、普通の生活に戻った方が良いのは分かるんだけど、とても気持ちがついて行けません。

私は、カンゴンさんのような技術も持たず、今被災地に出向いても迷惑になるだけです。
秋田でできるだけいつものように生活しながら、決して被災地の人たちのことを忘れず、節電や募金をして、少し後になったら献血に行き、もっと落ち着いて期が熟したら、直接的な助けになれるよう、頑張ります。

東北のために、力を尽くして下さって、本当にありがとうございます。
心からの尊敬と感謝を!
お疲れ様でした。 (りえ)
2011-03-28 17:14:05
心の奥からの優しさと素直なお人柄と愛がにじみ出ていて言葉一つ一つ響きました。
あなたが被災した方々からもらったという気持ちと同じように、現地の方たちにとってあなたの存在そのものがどれほどの頼みと癒しと励みになっただろうと思いました。瑠奈ちゃんだけでなくおばあさんもおじいさんも自衛隊の方たちにも、です。
被災された方々が前を向いて笑顔になれる日を毎日心から願っています。
そのためにも被災されたすべての方に1日も早く手厚い支援が届きますように。
体力と気力を養ってくださいね次のために!
ありがとうございました。受け取りました。
ありがとうございました (nori)
2011-03-28 17:15:30
書いてくれて、そしてここに来れて感謝です。ありがとうございます!。

知人よりサイトの紹介があって、こちらのブログを読ませて頂きました。
文章にできないぐらいの絶望感を味わいながらも、こうして書いていただいてことに感謝です。
私には涙することしかできませんが、とても貴重な体験を知ることができました。

ありがとう。
気づき (heart)
2011-03-28 17:19:57
現場でのたくさんの支援、お疲れ様でした。真実の状況、必要とするもの、被災者の方々…。深く入りこみ、涙しながら読みました。2児の母ですが、ちびちゃんのお世話道具は足りてるか?遠く鹿児島からは心配しか出来ず。詳細に伝えていただき、ちゃんと届けられている様子が見えて、少し安心しました。あなたの素直な感情表現に、きっと被災者の方々、元気、勇気づけられたて思います!また、行かれる機会があれば、優しいベストスマイルを振り撒いてくださいね♪応援しています☆
読ませてください (ころん)
2011-03-28 17:20:21
Twitter経由でこちらを知り読ませていただきました
阪神のとき被災した我が家は 
救援活動にこられたみなさんに ただただ
ありがたいと思ったことを思い出しました

現在私は 趣味ではありますが
USTREAMでラジオっぽいことをやっております
ほんの身内しか聞きに来ない放送ではありますが 貴女のブログをぜひぜひ朗読させてください
現地の状況は 現地に行かれた方しかわかりません
その様子をすこしでもいい。できるだけ
たくさんの人に伝えたいと想います

明日3/2923時と遅い時間では ありますが 放送いたしますので^^
http://www.ustream.tv/channel/coron-radio

被災地を離れても 毎日たくさんの患者と向かい合ってるであろう貴女の健康をお祈りいたします

身が引き締まりました (aopu)
2011-03-28 17:21:12
医療に携わる者の一員として、
身が引き締まる思いで読ませていただきました。
(すみません、ブログで紹介させていただいてます)
関西在住ですが、今回の災害では
いろいろ考えさせられることが多かったです。

本当にお疲れさまでした。
そしてこういうかたちで伝えていただいたこと、
心から感謝いたします。ありがとうございました。

私も自分の仕事を、頑張ろうと思います。
Unknown (しふぉん)
2011-03-28 17:25:26
いろいろ考えましたが、どんなタイトルをつけたらいいのかわからないので無題で失礼します。
仕事中にこっそり読み始めたら、あぁ~もぉ~仕事中なのに泣いてしまいました。
今ここで、私の思いはどんな言葉で表すことは無理です。
でも、できるだけたくさんのカンゴンさんの言葉を頭に留めて暮らしていこうと思います。
ありがとうございます。
これからも多くの人を笑顔にしてあげてください。
本当にありがとうございます。
足湯 (mer4)
2011-03-28 17:27:27
ほぼ日から来ました

被災地の方が希望を失われてないことが、何も出来ない自分にも救いでした。

風呂なんてまだまだ贅沢品だと思います。だからこそ「ゴンさん」が作られた足湯が、どの避難所にも作られればなーと、海外から思っています。

こちらは水が高いので毎日風呂に入れません。でも足湯をすると、心まで暖まるんですよね不思議と。

最後にこのブログへ逢えた事に感謝。
有難うございます (高村龍介)
2011-03-28 17:30:42
お疲れ様でした。

被災された方々と、それを支援する皆さんの様子が、テレビの映像では写し出せないくらい鮮明に浮かんできました。


このブログに出会う方が、増えれば増えるほど、被災者の方々への復興支援の絆が強くなると思います。


有難うございました。
ありがとうございました。 (#)
2011-03-28 17:33:46
貴重な体験を書いてくださり、ありがとうございました。

勉強になります。

被災者の方々への支援を真剣に自分なりに考えようと思います。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-28 17:34:16
お疲れ様でした。
すばらしいお仕事ですね。
自分に何ができるか、できることを頑張りたいと思います。
文章にしていただきまして
本当にありがとうございました。
本当にお疲れ様でした (あいこママ)
2011-03-28 17:35:16
糸井重里さんのHPでこちらのブログを知り、
仕事中でしたが一気に読んでしまいました。

本当にお疲れ様でした。
そして、現地で見て、聞いて、感じていらっしゃった事、
こうやって伝えて頂いた事、本当にありがとうございました。

今アメリカにいる中学生の娘二人と、
中越地震で被災経験のある新潟の妹にも読んで欲しくて、
仕事中にメールをしてしまいました。

私が今できる事は、心ばかりの募金や節電くらいですが、
家族や友人が傍にいてくれる事、
そして命がある事がどれほど幸せなのか、
どんなアナウンサーが淡々と読むニュースよりも、
心に染みた気がします。

しつこいですが、本当にありがとう。
そしてお疲れ様でした。

再び被災地へ向かわれるとの事ですが、
どうか「カンゴン」さんが倒れてしまわぬよう祈るばかりです。
お身体と心をご自愛くださいね。
ありがとう! (埼玉県民です)
2011-03-28 17:36:09

はじめまして。
他のサイトで是非見て下さい!と掲載されてたので
拝読させて頂きましたm(__)m

カンゴンさんの 言葉1つ1つ…衝撃と記憶にしっかり残る言葉で、もの凄く ワタシの心に響きました…

そこでワタシが見てるかのような 状況が映像化されるような言葉で 多くの哀しみとほんの少しの喜びが入り混じり、涙が止まりませんでした。


カンゴンさんのように 現場の生の声を言葉で伝える。
特にリアルタイムに近い時間で… 必要だと思いました!

報道からだけでは わからなかった「現実」がわかりました。

この話を多くの方に見てもらいたい!
他人事になってる人に
読んでもらいたい!
自分だけ…、
批判ばかりの人、
くじけそうな人、
多くの方に読んでもりいたい!
と思いました。

カンゴンさん 書いて頂き
ありがとうございました。
被災地で活動して下さる
多くの職業、ボランティアの方々、みなさん ありがとうございます!

ワタシはワタシの出来る事を
して行きたいと思います。

Unknown (あらくりた)
2011-03-28 17:37:28
ご縁があってこのブログに到達しました。本当に大変な中、お疲れ様でした。
我が家は東京なので、停電にもならず、ガスも水道にももちろん困っていません。本当に幸せなことに、宮城県にいる親戚も命に別状がある人はいませんでした。私は、せめて、との想いから、買いだめを控えています。(小さな子供がいるので、母親としては心配はつきませんが)被災地の方々と直接触れ合ったからこその日記。。くだらないことでグダグダと言っていた自分を本当に恥ずかしいと思いました。もう一度、新たな気持で自分自身にカツ!を入れて、小さくてもできることを考えながら過ごして行きたいと思います。
ありがとう (N)
2011-03-28 17:41:48
ただただ、ありがとうございます。
あなたが現地に行って活動してくれたことも。そしてその辛かった体験を、こうして私たちにシェアしてくれたことも。本当にありがとう。

このブログのおかげで、私を含めた何千、何万の人が、この震災の被災者支援に、これまでと全く違う気持ちで向かうことと思います。

被災地のために、被災者の方たちのために、私が今できることを微力でも続けていきます。

本当にありがとう。

力強さ (モニカ)
2011-03-28 17:43:20
Twitter経由で拝見いたしました。
なんとなく文章の雰囲気から同世代かと感じております。
同世代くらいの方が現地でこんなに被災地の方に献身的にやるべきことをやられているのを文章で知り、自分の無力さを痛感したりします。
今回の経験で人間としてより一層強く優しく温かく、もっと色々な部分で成長されているのを感じました。
もちろん看護士さんがどんな方だったかは存じあげませんが読んでいてそう感じました。
文章で残して下さって本当にありがとうございます。この事実を忘れてはいけない。東京などは節電以外はだんだん元の生活に戻りつつあり日々の生活に流されがちになりますが、絶対に忘れないように、小さなことでもやれることはやりたいと思います。
復興したら旅行にいきます!!
ありがとうございました!
ありがとうございました (WINDY)
2011-03-28 17:44:30
twitterでリンクを見て読みにきました。
貴重なご経験を読ませて頂きました。
本当にお疲れ様でした。

テレビを見ただけで、現地の苦労の少しは判った気になっていた自分が恥ずかしいです。

自分の生活を頑張りながら、募金等出来る事をやっていきたいと思います。
Unknown (en)
2011-03-28 17:45:53
テレビでは報道されない現実でおこっていること。

私に何ができるだろうか考えるきっかけになりました。貴重な記録ありがとうございました。

私のブログでもこちらのブログ紹介させていただきました。
Unknown (マキR)
2011-03-28 17:46:58
ほぼ日を見て来ました。
私は九州在住で何の被害も受けていません。
しかし、深刻なニュースを見たり読んだりして、明るくなろうと思ってもすぐに暗い気持ちになってしまう日々が続いていました。
こちらを読ませて頂いて、涙もたくさん出たけれど、なんというか・・・強い気持ちになれそうな気がします。読んで良かったです。
ありがとうございました。
ありがとうございます (しおり)
2011-03-28 17:47:48
おつかれさまでした。
本当に本当に、ありがとうございました。

遠くはなれていますが、この空が被災地とつながっていること、これからもずっと忘れずにいたいと思います。

書いてくださったこと、たくさんの方を救ってくださったこと、ご冥福を祈ってくださったこと…すべてに、ありがとうございます。
お疲れさまでした (@tsuda3104)
2011-03-28 17:48:17
もう一度ゆっくり読みます。

大変でしょが、どうぞお体を大切に。

がんばってくださいと、軽々しく言えませんが、

乗り越えてください。応援しています。

私は、今回の災害で、あなた方のように困っている人へ直接手助けのできる人の素晴らしさを感じています。

生まれ変わったら、そのような仕事をしたいと思っています。
「ほぼ日刊トレイ新聞」から飛んできました (ミチ)
2011-03-28 17:48:58
震災後、テレビから流れるニュースを沢山観ました。私は大阪に住んでいるのでそれらの情報でしか被災地の状況を知る事が無かったのですが、ここに来て、この震災がどんなに大変なものなのかと言う事を改めて知る事が出来ました。さらにこれが全てではなく、もっとひどい状況もあるのだと感じます。
私も少しでも被災地復興に役立てるように一生懸命働き、お金に余裕が出ると何度も募金をします。絶対に。
お仕事本当に本当にお疲れさまでした。本当に凄い職業です。
ありがとうございます。 (takuyakun)
2011-03-28 17:49:25
貴重な体験をありがとうございます。ツイッターからたどり着きました。瑠奈チャンとの再開をいつかはたしていただきたく思います。
Unknown (はむ)
2011-03-28 17:49:58
読ませていただきました。

たくさんの称賛や謝意のコメントが溢れていますが、たぶんJKTSさんは、こんなにたくさんの称賛や謝意が寄せられて、きっと困惑されている事でしょう。
そうしたものを求めて行ったのではないし、そのためにこのBlogを書いた訳でもないだろうし。

でも、JKTSさんが、現地で会った自衛隊の方や、医療関係者、ボランティアの方、その他支援に携わる皆さんに「ありがとう」と思った気持ちと同じ種のものを、僕らはこの文章を通してJKTSさん達へ感じているのだと思います。

本当にお疲れさまでした。と、読者のみんなは思っています。それを少しでも癒せればと思い、また行く事があれば、その時に少しでも勇気と力になってほしくて、みんな、求められてはいないだろう「ありがとう」をここに書いているのだと思います。

そんなわけで、僕にも書かせて下さい。
ありがとうございます。そしてお疲れさまでした。
あなたのような方が、本当に大勢、今日も被災地で頑張っておられるのでしょう。
貴方のような人を同じ日本人として心から誇らしく思うと同時に、私も私で出来る事をやろうと、改めて思いなおす事ができました。

あなた方の手や身体は、僕のものとは違い、千人、万人を救い癒す事ができる手や身体です。
どうかご自愛して、もしまた被災地へ行かれる事があれば、どうかお気をつけて、頑張って下さい。
お仲間の皆さんにも、名も無い者ではありますが、心からのエールを送っている事をお伝え頂ければ嬉しいです。

長すぎるコメントをお許しください。
ありがとうございました。 (東京在住大阪人)
2011-03-28 17:52:49
本当にお疲れさまでした。

命という意味だけでなく、あなたに救われた人が、被災地には何百、何千人といらっしゃるんですね。
東京で心を痛め、何か役に立ちたいと思っているだけの僕は、尊敬いたします。

僕は現地に行けないですが、これからも引き続き、献血、物資の寄付、募金を、自分の中で温度が下がることなく、息長くして行きます。

改めてそう決意する機会をくれて、本当にありがとう。
ありがとう (くまげら)
2011-03-28 17:54:03
ぜったい忘れない。
感謝 (チャーリー)
2011-03-28 17:55:32
友人から教えてもらい、このブログと出会い、読ませて頂きました。当たり前の生活が一変。誰にも起こりえる災害。情景が目に浮かび想像を遥かに超えた現実。伝えて下さりありがとうございます。今一度、自分の生活態度を見直そう!と思います。このブログを出来るだけ多くの人々に読んで欲しいです。ありがとうございます。お疲れ様でした。また現地に向かわれると思いますが、くれぐれもご自愛下さい。
ありがとうございました (N)
2011-03-28 17:56:07
ツイッターからブログ拝見しました。本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございます。被災地でがんばってくださったことも、ブログを書いてくださったことも。

私は神奈川に住んでおり、親類も友人も被災地に住んでいないので、最初こそ節電などに心掛けていましたが、大変お恥ずかしく申し訳ないのですが、被災地のニュースにも飽きてしまったなどと思っていました。
しかしブログを拝見して、もっと自分でできることがないか、微力でも何かできないか考えて実行しようと思い直しました。

物資の取り合いも大変恥ずかしい話ですね。東京などで地震で起こったら…というお言葉、ごもっともだと思いました。


長くなってしまいすみません。ありがとうございました。
お疲れ様でした (幸子)
2011-03-28 17:56:25
本当にお疲れ様でした。
イトイさんのブログで知り、吸い込まれるように、一気に読ませていただきました。
被災地の状況がこころに迫り、何度も涙があふれました。こんなにストレートな衝撃と、あなたへの感動で胸がいっぱいです。
教えて下さってありがとうございます。 (佐野みかげ)
2011-03-28 18:00:42
私もtwitter経由で参りました。

携帯で電車のホームで読んでいて、涙が止まらず、電車の中でタオルハンカチを出して号泣しながら読み、歩きながら泣きながら読み続け、途中一旦中断するも、帰り道また泣きながら拝読しました。

これをblogに書き記す事ですら、相当の労力と心労を伴われたと思います。


今、親が入院中で、お世話をして下さる看護士さんがニュースを見ながら「アタシ地元なんですよねー。家族は無事だったけど、友達とか結構死んじゃいましたー」って仰って、どんな状況でも明るく笑顔でお仕事をしなければならないというのは、どんなに辛かろうと思いました。
でもだから「白衣の天使」なんですよね(笑)

ゴンさんに教えて貰った事、自分の胸に刻むのと、私もどなたかにお伝えすることしか出来ませんが。
短くて長い日々を伝えて下さってありがとうございました。
ほんの少しでも共有出来て嬉しかったです。

本当にどんな言葉に表したらいいのかわからないけど、ありがとう。
一緒に、東京で出来る事を 私も頑張ります。

北の空に想いが届きます様に。
お疲れ様でした。 (mipolin)
2011-03-28 18:01:10
16年前阪神、淡路大震災で被災した経験があります。

その為か今回の震災で
「いったい何をすれば良いでしょうか?」と聞いてこられる方がたくさんおられました。

昨日も、「同じ被災者でも、何もわかっていなかった、その度合いによって感じる事が違います。」
と言った内容のブログを書いたばかりでした。

外から見ているだけではあの状況は伝えようがなく、理解してもらえない事がたくさんあります。

今回、このように活字に残して下さった事で映像では流れて来ない多くの事を伝えて頂きました。

感謝いたします。

精神的に、肉体的に大変な中、数えきれない大きなお仕事をされたと思います。

ご苦労様でした、そして有難うございました。

「ゴンさん」の優しいお心が全国の方に伝わると思います。

私にとって決して忘れてはいけない1,17と合わせて3,11になると思います。

ゆっくりお身体を休めて下さいネ。
ありがとうございました (あや)
2011-03-28 18:05:41
上手くかけませんが

とにかく 


こうやって 伝えてくださって

本当に 本当に ありがとうございました。
i read all of your diary... (sHuNsUke)
2011-03-28 18:07:17
こんにちは、はじめまして

私は、現在アメリカに旅行にきています。
現在、アメリカ時間は
2011年3月28日(月)午前2時です



夜中ですが最初は一人でこのブログを読んでいましたが、一日でも一秒でもはやくこのブログを読んでほしいと思い寝ている母を起こし、一緒に読ませていただきましたました。

ちなみに母も看護関係です

このブログを読ませていただいて何度涙したことか。

ルナちゃんのことは脳裏から離れません。

ここアメリカでもCOSTCO
日本の居酒屋や
スーパーには募金箱があり、
ドライバーに見える位置に
日本についての横幕があったりします

同じ日本人として、とても嬉しくおもい
私もこちらのお金で本当に少しですが募金させていただきました。


日本では毎日のように新聞、テレビやニュースで見てきたのである程度はわかっているつもりでした。

正直、毎日同じニュースばかりであきあきしていました。
しかし、このブログを読んで生の状況がわかり被災者の方に本当に申し訳ない思いでいっぱいになりました。


このブログを読んで、これから何ができるのか、どうしたらいいのか、が少しわかった気がします。

将来是非、東北を訪れてみたいです。

本当にありがとうございます、そして体には十分気をつけてこれからも看護の仕事がんばってください。
応援しています FROM AMERICA
カンゴンさんへ (Unknown)
2011-03-28 18:07:47
大変貴重で臨場感あふれる様子を
知ることができ感謝します。

ありがとうございます。

私の中学校の娘もこれを読んで、
看護師を目指したいと言い出しました。


遠くに住んでますが、
私も苦労はいといませんので、
ともに頑張ってまいりましょう。

お体だけはお気をつけて!
ありがとうございます (そん)
2011-03-28 18:10:43
twitterで記事を知り、読ませていただきました。

陸前高田市での医療活動、おつかれさまでした、そして、本当に本当にありがとうございます。

災害救助などではありませんが、私は4月から被災地への勤務です。どういう心持ちで勤務にあたればいいのか学ばせていただきました、といっても、学んだのは上っ面でしかないのかもしれません…

改めて、自分の命があることに感謝して、生きていきたいと思いました。


ありがとう (とりこ)
2011-03-28 18:15:44
ありがとう
本当にありがとう
ありがとう (ibi)
2011-03-28 18:16:54
涙が止まらず、泣きながらコメントを書いています。
想像を絶する被災地での救助活動、本当にごくろうさまでした。
私も茨城で被災した一人ですが、生かされた意味をよく考え、自分のできることを精いっぱい果たしていこうと改めて決意しました。
本当にありがとうございました。
ありがとうございます。 (愛唯)
2011-03-28 18:19:02
本当にお疲れ様です。

読んでいて涙が止まりませんでした。
こうして、ブログに記事を書いて下さったことを感謝します。
私達の知らない現状を知ることができて、良かったと思います。一時期ではなく、私にも少しずつ、長く支援出来ることをしていきたいとおもいます。

本当にありがとうございます。
どうか、無理なさらず、ご自愛下さいませ。
読ませていただきました。 (達也)
2011-03-28 18:19:44
はじめまして。読ませていただきました。
私は福島で家が壊れる程度の被害でした。ただ友達やお世話になった人が津波にまきこまれまだ安否がわかりません。テレビでは死者や不明者の増加を知らせる報道や何度もあの瞬間や瓦礫の山を写す映像ばかり。避難所の映像や無事な人の映像はなかなか流れません。そんな中現地のこと教えていただき辛い体験だったかもしれないけど感謝でいっぱいです。正直俺の知り合いも連絡取れず半ば諦めかけていましたが今はブログを読み、きっとみんなどこかの避難所でそれぞれがんばって乗り越えてるんだと希望が持てました!
命あることに感謝し前に向かい一歩一歩進んでいきたいと思います。
ありがとうございました。 (アメリカより)
2011-03-28 18:28:04
お友達の紹介で、たどり着きました。
アメリカにいて、日本の状況がニュースからしか伝わらない中、被災地の状況がよく分かり涙を拭きながら読ましていただきました。一人でも多くの人にこのブログを読んで頂きたい! 日本人として遠くからできることに引き続き力を入れていきたいです。今、アメリカでも、日本人はもちろんのこと皆が募金に力を入れています。その募金が、日本に渡り必要な方々に使われることを祈っております。そして1人でも多くの人が救われることを。
お疲れ様でした。 また現地に向かわれたときは、皆さんにお伝えください「世界中の日本人が応援していることを。」



ありがとう。 (らら)
2011-03-28 18:29:40
被災地での救護、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。

言いたい事は沢山ありますが、私も私らしく社会の役に立てるように顔晴って生きます。

本当にありがとうございました。
有難うございます。 (こうみ)
2011-03-28 18:31:36
ただただ、感謝を。
読ませて下さって有難うございます。
本当にお疲れ様でした。 (カエデ)
2011-03-28 18:32:05
なんと言えばよいのか…
一気に拝読させていただきました。
そして絶句してしまいました。
私も福島在住の者です。
原発から、都会の方よりは、それほど遠くは無いところへ住んでいることもあり、2週間がたった今、余震のことと原発の心配ばかりをしていました。
もちろん被災者の方への申し訳なさも感じながら食事を取ったり、シャワーを浴びたりしています。
ただ、やはり自分のことしか考えていなかったと、改めて考えさせられました。
貴方の行動には頭が上がりません。
自分はまったくといってよいほど微力です。
何が出来るかと考えても足を引っ張るだけだろうしと良い考えが浮かびません。
でも、書き込みにあったように、出来ることをしようと思います。
不謹慎かもしれませんが、また以前のように美しい東北を巡る日を楽しみに、自分の出来ることをしていこうと、訪れたことのある身近な町の復興を心から願っています。
過酷な現状の中、私だったらこのように暖かい文章を書くことは出来なかったでしょう。
ライフラインが4~5日つながらなかっただけで不安で前向きでいられなかった小心者ですから。
過酷な中のカキコミだったでしょうに、こちらが暖かい気持ちにさせてもらいました。
貴重なカキコミを、本当にありがとうございました。
お体に気をつけて、思うまま使命を全うしてください!
貴方なら必ず出来ます!そう信じます。
微力ながら、微力なりに応援しています!!
すみません、こんなことしか今書き込めませんが、感謝に耐えません。
ありがとうございました。
今も少し大きく会社が揺れてビクついてしまいました(恥)
お恥ずかしながら急ぎ退社します。
それでは乱文にて失礼いたします。
くれぐれも、お気をつけて。
自分が情けなくて (yaa)
2011-03-28 18:33:28
悔しくて、何やってるんだと、涙が出た。
あのときしっかり正看になっていれば、と、甘えた気持ちが出てきた。
自分の精神が強い事は、子供の頃から薄々感じていたのに、いろいろな誘惑に負けて、勉強しなかった自分がこんなに悔しい思いをしてる。
友人は、高田病院の看護師長らしい。おとなしい子だったのに。
何やってんだ私。
帰りたい。
気持ちを抑えて毎日仕事してます。ありがとう。

ありがとうございます。

夫が、何かできるようになったら、足手まといにならないようになったら、復興の手伝いに行こう、と。

ほんとは父と一緒に弟の遺体を見て回りたいのに。
顔つきが変わったと心配する母の声に、一緒に泣く事しかできない。
ごめんなさい。
行ってくれてありがとう。
友人のメールで薄々わかっていた現実。

本当にありがとう。
阪神淡路大震災の被災者です (ひらさん)
2011-03-28 18:33:29
初めまして。
twitterで紹介されていて、読ませていただきました。
何回も声をあげて泣きました。
メディアではわからない「生の声」がここにあると思いました。
本当に伝えてくださって、ありがとうございます。
16年前の神戸の被災者である私は、被災者の方の気持ちが痛いほどわかります。
今回の映像を見て、フラッシュバックしてしまったらしく、しばらくの間、気持ちが落ち込んでいました。
でも、神戸だからこそできる支援がある。
神戸人だからこそわかる気持ちがある。
と思い、支援を続けてきました。
今回は、神戸の地震と違って原発のこともあります。
息の長い支援が必要だと思っています。
被災地の方々のことをずっと忘れないでいることが大切だと思います。
時間がたって、風化していくことだけは避けなければなりません。
神戸の地震のときに多くの方々に優しい気持ちを寄せていただいたこと、忘れません。
今度は、私たちが支える番です。
この記事は、いろいろなことを考えさせてくれるきっかけになりました。
感謝いたします。
お疲れ様 (嘱託)
2011-03-28 18:37:04
医療支援活動、本当にお疲れ様でした。

TVで分からない事をUPしてくれました

有難う御座います。

お体を大切に、。
ありがとう。ありがとう。 (yuko_tea)
2011-03-28 18:41:41
話してくれてありがとう。
感情高ぶって、涙が出そうになりながら、読みました。飾らない言葉で、見てきたまま、感じたままが伝わってきました。
行動されたヒトにしかわからない大変さもあったと思います。ほんとに、お疲れさまでした。
この日を忘れないし、大切な人たちと大切な毎日を過ごしていきます。決して後悔しない日を。
伝えてくれてありがとう (まるこ)
2011-03-28 18:42:16
涙無しでは読めませんでした。この経験は財産です。この事をたくさんの人に伝えてくれてありがとうございます。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-28 18:44:26
全て読ませて頂きました。
自分は何も出来ない無力なサラリーマンです。
今は、複雑な気持ちで言葉が見つかりません。
とにかく、お疲れ様でした。
そして、本当に本当にありがとうございました!
家族の意識が変わりました。 (akiko)
2011-03-28 18:48:44
私にも小学生の娘がいます。そして訪問介護の仕事で高齢者の方達と日々過ごしています。

声をあげて泣きました。

泣いてもしかたないけど、涙と泣き声が止まりませんでした。

カンゴンさんと避難所の方達という「家族」の暖かさ。これが人間の現実だと信じます。

一人、優しく正義感に燃えた支援者が動くことで、その集団の空気が良い方向に変わっていくと思います。

私も、そういう人でありたいと思いました。突き詰めれば他人も家族なんですよね。

尊い命の重みを感じ、今たまたま生きてる私は、責任を持って行動していきたいと思います。

ありがとうございました。
お疲れ様です (ナースキティ)
2011-03-28 18:51:15
はじめまして。mixiのマイミクさんのつぶやきからたどり着きました。

本当にお疲れ様でした。

そして、貴重な体験を紹介していただきありがとうございました。
とてもリアルにその場面が思い浮かび、いたたまれない気持ちになりました。

私も、ナースの資格を持っていますが命の重さ・責任の重さに耐えられなく1度看護職を離れ全然関係のないアルバイトをしていました。
けど、今回ブログを読ませていただき、もう一度自信のもてるぐらい勉強してナースに復帰してみようかなと思いました。勇気をいただきありがとうございます。
そして、本当にブログ主さんのような、悲しいときは涙を流す(というか我慢できないですよね)人間らしい温かい人が看護師さんで、なんだかとても安心感を感じました。
私も、仕事だと思ってもどうしても感情を持っているので患者さんや家族と一緒に泣いてしまったことがありました。
この涙は、同情だけじゃなく違う何か厚い感情の涙なんですよね・・・。
私もブログ主さんのようなナースになれるよう、勉強を頑張りくじけそうになったときは思い出します。
今回の地震で、私の住んでいる北海道での影響は少なかったですが、いかに自分の今いる環境が恵まれていたと感じました。
もっと周りの物や人を大事にしないとですね。

これからも忙しいと思いますがお体に気をつけてください。

本当に本当にお疲れ様でした。

ありがとう。
本当にありがとう (春)
2011-03-28 18:52:22
絶対泣くだろうなと思いながら、でも現実に起きていることを知らなきゃいけないと思って読み始めました。

伝えてくれてありがとう。元気に帰って来てくれてありがとう。
感じたことが山ほどあります。本当に読ませてもらってよかったです。
自分が出来ることは小さいけど、いつか復興した土地に旅をしに行くことが出来る日まで、被災地のことを絶対に忘れずに生活をしていきます。

ありがとう (yoshi)
2011-03-28 18:54:25
感謝の気持ちでいっぱいです。
自分も微力ながら、いつまでも忘れずに長期にわたって復興の手助けをしていくことを誓います。
ありがとうございました (shimaneko)
2011-03-28 18:55:43
心に刻みます。

決して忘れません。
ありがとうございます☆ (まお)
2011-03-28 18:56:10
友人から「素晴らしいブログがあるからよんでみて!」とメールをもらい、いっきによませていただきました。
読み終えたとき、パソコンの前に涙の池ができていました。被災地で、辛い寒い心細い中、眠る前に日記をかいてくださった姿を想像するだけで涙がでます。そして被災地で一生懸命がんばっておられる皆さんから、いっぱい勇気をもらいました。ブログをつづってくださったことに感謝します。ぜひ、私の大切な人たちにもブログなどで伝えさせてください。ありがとうございました☆
ありがとうございました (ちづ)
2011-03-28 18:59:21
ただ…涙が溢れてきました。
同じ看護師として胸が痛くなりました。

今はまだ就職活動中であるため、何もできずに焦る毎日。
でも、いま出来ることを少しずつしていこうと思います。

ありがとうございました。


尊敬します。 (aki)
2011-03-28 18:59:40
地獄を見て…
苦しんでる一人一人の為に一生懸命頑張り…

何もデキズ災害が起きる度情けなく思い、自分には無い『行動』がとても羨ましく思います。

同じ看護師として尊敬します☆
お疲れ様でした (まっち)
2011-03-28 18:59:45
糸井重里さんのブログ経由で来ました。

私なんかが泣いてはいけないと思いながらも、
涙がとまりませんでした。

あの日のこと、今も大変な状況におかれている皆様のこと、現地で必死に活動されている皆様のこと、そして、復興への一歩一歩…
全て、忘れてはならないと思いました。

本当に、お疲れ様でした。
ありがとうございました。 (る。)
2011-03-28 19:00:46
お疲れ様でした。

もう言葉もなく、頭が下がります。
ほんとうに、ありがとうございました。

微力ながら、私も出来ることをして行きます。

ありがとうございました (コマル)
2011-03-28 19:03:36
貴重な経験を伝えていただき、
本当にありがとうございました。

きちんと最後まで読ませていただきました。

Unknown (Hiro)
2011-03-28 19:03:37
私たちが知らない現実を伝えてくださってありがとうございました。
被災地の方々の強さや温かさには本当に頭が下がります。
私も含めて何も失ってない人々の不満とか不便さなんて
本当に情けないことなのだと改めて感じました。

ありがとう (のぶ)
2011-03-28 19:09:15
神奈川県に住む壮年です。
自分なりに被災者のかたを忘れず、
十七日間過ごしたつもりでした。
けれども緊張感は長く続くものでなく、
少し麻痺しかけていました。

このブログは二週間余りの、
数万の記事の中で最も読むべき記録の一つです。
現地の避難所の生活、
医療関係者のかたの努力が伝わり、
また心臓を洗い直す気持ちになりました。

どうぞお身体に気をつけて
活動をお続けください。
僕も自分にできることをします。
ありがとうございました。
ありがとうございます (やすこす)
2011-03-28 19:12:57
ご縁があり、ブログを読ませていただきました。

何もできない毎日で、ただただもどかしくて、でも社会は平常に戻りつつあり、どこかでこの地震は嘘なんじゃないかと願う気持ちもあり…。
報道に限界がある中、貴女様のブログに出会えて、事実を知ることができ、本当に良かったです。

私はもうすぐ社会人になります、物流関係の仕事です。すぐに大きな仕事は出来ないけれど、被災地の方々に一刻も早くモノが届くよう努めたいです。それがいつになるか分かりませんが、いつか私が担当した仕事が多くの人の笑顔を生み出せるような、貴女様が現地で多くの方々を笑顔にしたように、そんな仕事をしたいです。

何もできなくて申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、自分にできることを精一杯します。
とにかく経済を循環させて、日本が復興する道標をつくっていきます。

本当にありがとうございました、どうぞお身体に気をつけて。
Unknown (バンビ)
2011-03-28 19:22:21
糸井重里さんのツイッターを見て、このブログのことを知りました。ニュースでは知り得ないこと、でももっと大切なことをここで知ったように思います。ありがとうございました。自分のことばかりで考えている自分が情けなくなりました。これからも体を大切になさってご活躍ください。このブログを通して知ったことを生かして、動いていこうと思います。
ありがとうございます (べりこ)
2011-03-28 19:23:40
涙が止まりません。

私の母の実家が高田の隣の大船渡です。
2週連続で週末に出向き、昨日は高田周りで帰ってきました。
言葉を失い、被害の様子を伝えるために持っていったカメラを向けることもできませんでした。
高田の街が‥
高田一中にも行きました。
ナースの方々も働いていらっしゃいました。
あのようにたくさんの方々を助けていただいたのですね。
本当にありがとうございます。
岩手のために高田のために全力で尽くしていただきありがとうございました。
今すぐ全国民に読ませたい (けん)
2011-03-28 19:27:04
ブログにコメント書くことなんて今まで一度もなかったけど、手が勝手に動いています。

何かを読んでこんなにボロ泣きした経験はありません。枕にポタポタポタポタ音を立てて涙が落ち続けました。

本当にありがとう。

このブログを今すぐ全国民に読んでもらいたいです。
心はひとつ (chinami)
2011-03-28 19:29:30
「ほぼ日」から来ました。
本当にほんとうに・・・ありがとうございました。

被災地で直接何か手伝いが出来ればどんなに心が落ち着くか・・・、と思っていましたが、それがどんなに安っぽい気持ちなのかがよく分かりました。

みんなの暖かい気持ちや、人を繋ぐ思いやり、とても大きな力だと感じられました。

「人は人で救われる」

何処にいても、何をしていても、復興への思いは皆同じだと思います。

ひとつでも多くの笑顔を携えて皆で一緒に歩みましょう。
ありがとうございます。 (cnishimura)
2011-03-28 19:33:12
今日まで、自分に何ができるか考えて、無力感に浸ってみたり、ふわふわ浮いている感じでした。
このブログを拝読し、まずすべきことは現実を知ってそれを受け止めることだったのだとわかりました。

地に足をつけて、自分にできることをやっていこうと思います。

ありがとう!
ありがとうございます (hiyo)
2011-03-28 19:33:35
ほぼ日経由で伺い、一気に拝読させていただきました。
テレビからは伝わらなかった、においや温度まで感じました。
予備自衛官の知人は、被災地で遺体を探しています。
知人の日々も垣間見た気持ちです。
今は6か月の子どもがいる専業主婦なので、現地で何かできるわけではないけれど、
今感じていることを心に刻み、
私は私でできることをしていきます。
ありがとうございました。
ごめんなさい (真帆)
2011-03-28 19:34:29
Twitterであなたのブログの存在を知りました。
そして読み始めたのですが、涙が溢れてきて全部読むことが出来ませんでした。
ごめんなさい。


私は阪神淡路大震災を、小学校の時に経験しました。
ですが幸いな事に、震源地から距離があったために、大した被害を受けず、普段と変わらない生活を送っていました。

大人になり、人との繋がりも広がり、今回の震災は小学校の時に感じた震災とは別格に感じます。


人の命がいかに大切か。
普段の生活がいかに贅沢なものか。
いつもと違うイレギュラーな事が起こると、いかに自分の適応能力が低いか。

身にしみて、色んな事を考えさせられます。


今回、ナースとして医療現場に出向かれた貴女しか感じれないことはたくさんあったと思います。
その気持ちを、日本中・世界中の人が知り、読んだ人の行動のきっかけになればいいなと思ってます。


私も綺麗事しか言えません。
でもこうやって考えること、私はとても大切だと思ってます。
その「考える」というきっかけを作って下さって、ありがとうございます♪
ブログを全部読めてないので、今の気持ちが落ち着いたら、続きを読みにきます。
Unknown (ハマコ)
2011-03-28 19:37:17
はじめまして、

一気に読ませていただきました。

アメブロのaikoママのブログが縁で読ませていただきました。

テレビのニュースだけからは、伝わってこない現状を知って、改めて今回の災害の大きさに言葉を失いました。

今も余震が続いているので、避難されている方々は不安だろうといつも速報が流れるたび、
やめて、やめてと祈っています。

ご自身も体力的、精神的に大変だったときにこのような記事を残して、伝えていただきありがとうございました。

ありがとう (Unknown)
2011-03-28 19:38:51
伝えてくれてありがとうございます。

何ができるか、まだ悩んでいますが、とにかく、このことを忘れないようにしようと決めました。
専門がないわたしは、今はしっかり働いて、節電で浮いたお金も募金をしていこうと思います。そして、引き続きできることを模索したいと思います。

伝えていただいた状況も、文字で見る者と、実際の目で見た者とでは、比較にならない差があると思います。

その差も含めて受け止め、寄り添いたいです。

あなたみたいな方がいて、被災された方も心強かったでしょう…

東京で体力を戻して、また地元の方の力になってきてください。
Unknown (つうこうにん)
2011-03-28 19:41:56
自分は心理学を大学でやってましたが、社会人では前々違う仕事をしていました。何回も仕事を変えて悶々としています。実は昨日で仕事を辞めてしまいました。会社が倒産しかけてるからです。

自分はもう駄目だと思って自暴自棄になりましたが、あなたのブログで現場の現状をきいて 人の心を救う仕事をもう一度志したいと思いました。

頑張る気力が出てきました。ありがとう。
ありがとうございます (こももこりん)
2011-03-28 19:43:43
しろいねこ、と、言うブログから来ました。ありがとう、たくさんの方を癒してくださって、そしてそれを伝えて下さって。
ありがとうございました。 (saasa)
2011-03-28 19:44:34
はじめまして。

このBLOGにつづられていることが
現実であることを決して忘れてはいけない。


わたしも小さな力ではありますが
自分にできることやっていきます。

本当にありがとうございました。
ありがとうございました (yu-ma)
2011-03-28 19:44:41
糸井重里さんのtwitterを見て
こちらのブログにお邪魔させていただきました。

テレビなどのメディアでは語られない
現地を知ることができて、
ブログ主様には大変感謝しております。

東京に住んでいる自分は
本当にとても恵まれた環境にいるのだと
改めて思い知らされました。

まずは自分ができる範囲内で
最大限のことをしていこうと改めて思いました。
ありがとうございます。 (うっち)
2011-03-28 19:45:33
貴重な記録を公開してくださり、ありがとうございます。
今、読み終えて、
これから何をするべきか・・・何ができるか、を改めて考え直しています。
私は被災地の現実をこの目で見ていないけど、
ブログを拝見したことは何らかの転機になると思います。
お礼を申し上げます。

どうぞお身体に気をつけて、活動、お仕事を続けてください。
ありがとう (ken)
2011-03-28 19:46:46
TVから流れるニュースを見ながら、自分に何ができるのかを考えながらも・・・何処か遠い場所の話で他人事のように感じている自分。このブログを読んで何が出来るのかじゃなくて、何でも良いから何か行動に移そうと思いました。
ありがとうございます (chun)
2011-03-28 19:49:01
読み始めたら途中でやめることができず、一気に最後まで読ませて頂きました。涙が止まらなかったと同時に、人を癒すのもまた人なんだ、ということが本当によく分かりました。
マスコミで紹介されない現地の状況を伝えて頂いたことも有り難いのですが、やはり人の無力さと裏腹な強さ・温かさを信じる力を頂いた感じがします。
本当にありがとうございます。
ありがとうございます (もちこ)
2011-03-28 19:50:03
「しろいねこ」さんから来ました。
書いてくださって本当にありがとうございました。
テレビなどの報道では絶対にわからない被災地の状況を知ることができました。
私も私にできる支援をさせていただきます。
これからもお身体に気をつけてお仕事がんばってください。
本当に本当にありがとうございました。
ありがとうございます。 (さくらっこ)
2011-03-28 19:57:30
現地に行った方ではないと
知る事のできない想像を絶する
残忍すぎる現実。
文章を読んで、涙が止まりませんでした。

自分に何ができるのだろうと
無力感に打ちひしがれるのではなく、
すぐに自分にできることを実践した、
貴女の強さに心打たれました。

どうぞご自身の心と身体も大切に
してくださいね。

本当にありがとうございます。
沢山の人に、読んで欲しいです。
私も看護師です (まい)
2011-03-28 19:58:11
私の病院でもチームを組んで被災地へ行くことになりました。希望者だけ募りましたが、私に何か出来る事があれば…。そんな気持ちで希望者の欄に名前を書きました。
でも、そのあとで、お風呂はもちろん入れない。トイレも外で。寝袋持参で寝るところも確保されていないという状態でもいいですか?と言われ、そんなの当たり前の事だったのに怖じけずいた自分がいました。被災地の方にとっては、それが今は当たり前の毎日。でも私はトイレで排泄して、お風呂もいつでも入れる。食べたい物も食べれる。それが当たり前の毎日。正直、頑張れるのか悩みました。
でも、数日考えて今日「行きます。」と返事をしました。
きっと、行かなきゃ絶対後悔する。
blogを読ませていただいて更に気持ちは強くなりました。
私は泣き虫です。毎日泣いてしまうかもしれません。でも、どんなに泣いても私に出来る事を精一杯やって、そして被災地の事を周りに伝えていきたいと思います。

涙なしでは読むことの出来ないblogでした。
ありがとうございます。
強い心、勇気をいただきました。

絶対頑張ってきます!
ありがとうごさいます (おおひらまさよ)
2011-03-28 19:59:07
お疲れ様でした。

色々教えてくれてありがとうございます。
そこに行かなきゃ本当のトコロはわからないんだなぁ、と。
深く教えていただきました。

ホントに、沢山の事、思わせて頂きました、
教えてくれて、ありがとうございました。

そしてトテモ素晴らしいお仕事ですね、心から応援します。
ありがとうございます (るり)
2011-03-28 19:59:14
縁あってこのブログにたどり着きました。
ニュースだけでは知り得なかった被災地の現状を綴って下さり有難うございます。
私は東京におりますが、地震後も何ら変わりない生活を送っていることが申し訳ないです。
節電と募金位しか出来ることがなく、専門的な知識や技術を身につけていない私は現地に行ってお手伝いすることもできず、ただただ本当に頭が下がります。
このブログを読んで更に恵まれすぎている自分を再認識しました。

どうぞお体には気をつけて下さいね。
みんなに知って欲しいです。 (真也ママ)
2011-03-28 19:59:45
ツイッターからこちらを読ませて頂きました。
本当にお辛い中、貴重な文章を残して下さってありがとうございます。
この事は、多くの方に読んで頂きたいと思います。是非、私のブログでも紹介させて下さい。
Unknown (chiemitti)
2011-03-28 20:02:37
知人のリンクでお邪魔しました。
とても読み易い文章で現地の様子がよくわかりました。
ありがとうございました。

ちいさいブログですが、ぜひ、紹介させてください!!!
よろしくお願いいたします。
Unknown (aki)
2011-03-28 20:02:47
本当にお疲れさまです。
そして、教えてくれてありがとうございます。

文章から現地の状況を想像すると、とてもつらいですし、自分の環境とのあまりの差に言葉がありません。
けど、被災者の方はつらさはそんなものじゃないし、計り知れないですよね。
今生きてること、十分なモノに恵まれた生活を送れてることに感謝しました。
この災害を忘れません。これから長い時間をかけて復興していく被災地に自分が何ができるか、をずっと考えていきたいと思います。

どうぞお体には気をつけてください。
本当にありがとうございました。

お疲れさまでした。 (シノブ)
2011-03-28 20:09:15
ミナカワ サトシくんのフェイスブックから、来ました。
久々に号泣です。
私の住んでいるイギリスでは、今回の日本での災害について既に2つのドキュメンタリーを放送してます。
が、どちらも、科学者やプロフェッサー等が地震・放射能の分析、東海大震災の恐れ等で、こういった、本当の被爆者の生の状況は知る事が出来ません。
私も一児の母としてるなちゃんの話しには号泣でした。
おかあさんの子供もモノだけは!と思って,逃げようと思ったんでしょうね。彼女の未来が明るい事を願います。

一、海外移住者としては海外であれだけのスケールで母国の災害を見る事は本当に心が痛みます。
遠くに離れている分、よけいにパニックになり何から手を付けていいのかわからない状態ですが、フリーマーケットのお手伝い、今週末は娘の学校での募金活動をし、少しでも手だてになればと思ってます。

そして!
今まで何度も復旧、復刻した国日本です。
明るい未来がある事を願います。
ご苦労様でした。
ありがとうございます。 (Saiboomama)
2011-03-28 20:11:02
過去2週間香港から何とか物資が被災地に送れないか色々な人たちと仕事をしながら紛争して、たくさんの人に援助をしてもらって、何とかしようとしてきました。その間に、行政の問題だったり、協力したくても何も判断もできず、成田で滞っている物資がありすぎて結局今まで何もできずにいます。香港にはいろんな人が集めてくれた水や、オムツや、粉ミルクや毛布がたくさんあります。 そんな中、わたし達の変わりに、現地で活躍してくれてありがとうございます。これから長期戦でサポートできるように、また一から対策を練ります。
香港では、ジャッキーチェンさんが芸能人を募って今週金曜日チャリティーコンサートがあります。 わたしはその日本語サポートチームです。 本当に生の情報を教えてくれてありがとうございました。 足湯うれしかったでしょうね。
ありがとうございます (あい)
2011-03-28 20:14:43
被災地域に身内が多くいる者です。
地震から2週間以上経った昨日、全員の無事を確認でき、本当にホッとしました。
まだ身内は避難所でお世話になっていますし、一部の者は怪我をして、都内から派遣された医療チームにお世話になりました。
皆、本当に感謝しておりました。代わってお礼を申し上げます。
私自身は専門知識も無く、被災地のために具体的にできる事がありません。
募金と節電、そして献血で被災地の方々のちからになれればと。その程度の事しかできないのが悔しいのですが。
医療 (あびしにあん)
2011-03-28 20:14:50
日記拝見させていただきました。
お疲れさまでした。

愛知県より気仙沼での活動に赴いた医師です。

僕たち医療関係者に何ができるのか

それを改めて考えさせられました。

僕は まだ自分の見てきたこと 感じたことを総括できていません。

総括することで 今回の震災を自己完結してしまうのが恐いのです。

彼らにとっては まだまだこれから

愛知に帰ってきてからの日常診療には違和感すら覚えます。

帰る場所がある自分たち

現地に足をつけなければならない彼ら

これから この遠い地 愛知で 被災地を思いながら日常を送りたいと思います。

長文失礼しました。
ありがとうございました。 (unknown)
2011-03-28 20:18:20
本当の被災地の現実を伝えて下さり、ありがとうございました。
辛い現実に、そしてそれに立ち向かいながら、涙を堪えて人のために精一杯動かれた姿勢に、、涙が止まりませんでした。

ずっと忘れません。
Unknown (ACCO)
2011-03-28 20:19:00
お疲れさまでした。
そして、マスコミでは伝えられていない現実を教えてくれてありがとうございます。

今私にできる事は何だろうと改めて考えさせられました。
ありがとうございます (Smile)
2011-03-28 20:19:21
始めまして。
今朝、当事務所のお客様が、ご友人から受け取られたメールを、私に転送して下さいました。
そこには、JKTSさまのブログが添付されておりましたので、拝読させていただきました。
ぜひ皆様にお読みいただきたいと思い、本日、私の2つブログに、JKTSさまのブログアドレスと共に転載させていただきました。
事後報告となりましたことお詫び申し上げます。
不都合がございましたら削除いたしますので、お知らせ下さい。
まずはご報告かたがたお礼まで
Smile (^^)
Unknown (りん)
2011-03-28 20:19:33
糸井重里さんのツイッターから来ました。
テレビでは状況を見ていますが、実際にどんな状態なのかは本当にそこにいる方・行った方でないと分からないですよね。
こうやって体験をブログに残してくださってありがとうございます。
そして本当にお疲れさまです。
遠い九州から募金などしか出来ず、とても歯がゆいです。
早く被災地のみなさんの笑顔が取り戻せる日がくることを祈っております。

どうぞお体には十分お気を付けくださいね。
尊敬の念ばかり (k4)
2011-03-28 20:20:40
全部読まさしていただきました。

本当に尊敬の念とこうやって伝えて下さった感謝の気持ちばかりです。

僕は医学部を志望している高校生ですが、もし医学部に入って医者になったら、あなたみたいな医者に絶対なりたいと思います。

今後もお体に気をつけて頑張って下さい!
ありがとうありがとう (杉並区から)
2011-03-28 20:21:36
ブログとかTwitter?とか全くうとく、mixiからこちらに来ました。お疲れ様でした。そしてありがとうございました。ついこの間までアパレルで流行りの服を今時の子達に売って…でもふと仕事を辞めたとき何もない自分に気づきました。
今は今まで生きてきたお返しをしたく『手当て』を鍼灸と言う形でやろうと学校に通ってます。
お医者さま、看護士さま達には及びませんが、いつか震災時などにボランティアをできたら…と
まずは一年勉強してきたらこの地震が…私にはまだ何もできません。
ごめんなさい。
でも沢山大事な情報をありがとうございます。必ず心に刻み込んで
いま、こちらから出来る事を続けます。
感謝をたくさん言いたいです (TAE)
2011-03-28 20:23:40
Facebookから来ました。
まずは本当にお疲れ様でした。
そして現地のリアルな困難さを伝えてくださってありがとうございます。

都会では節電の不平等さや水の確保で大騒ぎをしていることが恥ずかしい限りです。
もしもこの先、自分勝手な思いが生まれてきたらいつでもこちらに伺い身を正そうと思います。

ひとりでも多くの方に読んでほしいなと思いブログに文中リンクさせていただきました。


これからも誇りあるお仕事、がんばってください!
ありがとうございます。 (Sunny)
2011-03-28 20:25:05
いつも拝見しているブログから来ました。
貴重なお話をシェアしてくださり、ありがとうございました。亡くなった方々のご冥福を祈り、被災された多くの方々が一日も早く笑顔を取り戻されるよう祈るばかりです・・・。
ありがとうございます (emi)
2011-03-28 20:28:31
北海道に住み看護師をさせていただいてます。友達の紹介でブログ読ませていただきました。報道だけでは伝わらない現実を知ることができました。それと同時に涙が止まりませんでした。私の住む地域にも地震と津波はありました。海岸から遠いため津波の影響はなく、また、地震の被害もありませんでした。
電気はもちろん水道も何の影響もなく使える状態です。でも遠く離れた北海道でも節電、節水、募金と、自分なりに出来ることをしているつもりです。それでもまだまだ現地の方々に比べたらと思うと何もできない自分にもどかしさを感じます。
自分は産科で働いてますが被災地域の妊婦さんの里帰り出産が増えました。少しでも安心してお産していただけるよう力になれれば、また、笑顔が見れれば、それが今私に出来ることの一つなのかなと思ってやってます。
あなたのブログを読めたことに感謝します。ありがとうございました。
ありがとうございます。 (ゆか)
2011-03-28 20:28:58
ツイッター経由で辿り着きました。
貴重な体験談、ありがとうございます。

被災地から遠く離れた地。
医療などからも関係ない職。
そんな今の自分に、何が出来るだろう、と。
改めて、思い直させられました。
ありがとうございます (hy)
2011-03-28 20:30:26
寝る時間もないなかで、日本の全国民に対してメッセージを打ち続けてくださり、ありがとうございます。
言われる通り、長期戦だと思います。
自分達の生活・考え方を見直す分岐点を迎えたと思わざるをえません。

苦しいと思うことがあっても、それはエゴ。
ほんとうに苦しいことを経験されている方々を思うと自分が恥ずかしく思えて仕方ありません。

ほんとうにありがとうございます。
友達に教えたいと思います。
はじめまして。 (saku)
2011-03-28 20:31:53
今日初めてこちらのブログを読ませて頂きました。

凄まじい体験を、読む側の気持ちも考えて一生懸命伝えようとして下さったのだと思います。

この先、本当に長い長い道のりが待っていて、それでも明るい未来を信じて一歩一歩いかねばならない人達のこと、それは自分だったかもしれないこと、色々考え、また明日から頑張ろうと思いました。

自分に今できることをやっていこうと思います。

ありがとうございました。
ありがとうございます (Unknown)
2011-03-28 20:33:22
伝えて下さってありがとうございました。
心に刻み込みます。
お疲れ様でした。 (nao)
2011-03-28 20:33:42
多くの方が、必死に被災者の方を支援されている状況が伝わりました。
一日も早く、被災者の方々の笑顔が戻るように願ってやみません。
私も微力ですが復興のために頑張りたいと思います。

医療支援、本当にお疲れ様でした。
皆で手を取り合って、乗り越えていきましょう。
お疲れさまです。そして、ありがとう。 (ゆう)
2011-03-28 20:34:27
私も、貴方と同じ看護師です。

今回、私が勤める大分県の病院からも医療チームが岩手に派遣されました。

私も、参加を希望したのですが、色々な事情で参加出来ず、病院を辞めようかとも思いました。

でも、これから生きていく事さえも困難な人達がいる中で、私の考えは逃げだと思い、留まってます。

今、自分が出来る事をと思い、一人でも多くの患者さん達を笑顔に出来るようにと毎日仕事をしています。

笑顔になって病気に勝って早く退院出来ることに繋がって欲しいと思いながら。
少しでも、医療費が東北に震災にあった場所にまわせればと。

テレビを観ていると震災があったのが嘘だったのかという感覚に陥りそうになります。

だから、貴方のblogを読むことが出来て良かったです。

震災の人達がゆっくり眠れる日が来るまで、忘れないようにしようと思います。

お疲れさまでした。
そして、ありがとうございます。




お疲れ様です (tokyola12)
2011-03-28 20:34:36
お疲れ様でした。まだまだ続いていく大変なお仕事ですね。頭が下がる思いしかありません。僕も僕にできることを微力ながらやっていきます。
ありがとうございます (ちゃっぴー)
2011-03-28 20:35:37
mixiでブログの事を拝見しました。

災害直後から被災地での医療経験をお伝え頂き、ありがとうございました。絶望の中にも、人々の暖かさや小さな希望が存在する事に感動、涙しました。

遠い外国の地で、寄付する事ぐらいしか何もできません。何もできない私たちの代わりに、現地で被災者の皆さんを助け、励まして頂いて、ありがとうございました。



感謝。 (ふみ)
2011-03-28 20:37:43
ありがとう。
何度も何度も読み返しました。
私は被災地へ足を運ぶことができませんでした。
同業者として、とても身につまされる想いです。

今回の体験をどうぞこれからも沢山の方に伝えて下さい。
ありがとうございます。
Unknown (kayou)
2011-03-28 20:40:32
お疲れさまでした。
そしてどうもありがとうございます。

わたしが彼の地に行ってできることは、
残念だけれど今はないでしょう。
だからここで、今わたしにできることをがんばります。
「誰かがなんとかしてくれる」ではなく、
私だって踏ん張らないと。
改めてそのことを強く強く考えました。
本当にありがとうございました。
即戦力にはなれないけれど、長期戦できっと。 (yuji kaneko)
2011-03-28 20:41:38
ありがとう。あなたの記事を読んで命の大切さ、己の無力さを痛感しました。
あなたには及ばないだろうけれど、俺も少しでも命の手助けをしようと思います。
医療関係者ではないけれど、必ず。
ありがとう! (つきのまき)
2011-03-28 20:42:34
大変なお仕事をなさって戻ってらしたんですね。ナミダ目で一気に読みました。

私の所は計画停電があり、ある意味これは東京の電気のため?と疑問に思ったりしましたが、みんなが節電していたから東北の電気が早く戻った!とのくだりで、少しは役に立てたのかと思いました。
今までアタリマエの事を「有難い」と思いながら生きていきたいと思います。
おつかれさまでした。
お疲れ様でした (じゅん)
2011-03-28 20:43:02
過酷な状況の中、医療従事者としての働きに感銘を受けます。貴女の頑張りによって救われた方々もきっと多い事でしょう。

上司の石巻の実家も今回の津波によりすべてを失いました。幸いご両親は着の身着のまま高台に逃げる事が出来たため、2日の野宿の末に避難所にたどり着いたそうです。

今回亡くなった方の御冥福をお祈りすると共に、残された者として自分の出来る事で復興の手助けになればと考えています。

本当にお疲れ様でした。
ありがとう (Mitsuo Ishii)
2011-03-28 20:44:24
Twitterからこのブログに辿り着きました。

最初からぶっ通しで拝見させていただきましたが、涙がとまりませんでした。

福島県の浜通りに住んでいますが、幸い津波による被害もなく、家族も全員無事。家もある、家族もいる、命もある、このことがいかに幸せなことか思い知らされました。

陸前高田市はテレビで何度も放送されていますが、このブログを拝見させて頂き、テレビでは伝わらない本当のリアルを知ることができました。

また、文章からですが、あなたの人間性、看護に対する倫理観など、同じ医療従事者として尊敬いたします。

自分にはあなたのようにたいそれたことはできませんが、少しでもみんなのためにできることをやっていこうと思います。

くれぐれも心身ともにご自愛下さい。
ありがとうございます。 (あやこ)
2011-03-28 20:45:16
一人の人間として、日本人としてお礼を申しあげたいです。

被災地で多くの人を支援して下さり本当にありがとうございました。
感謝で一杯です。言葉に出来ないくらいです。

本当にありがとうございました。

Unknown (とみぃ)
2011-03-28 20:45:27
長文,すべて拝見しました

ここ数年は涙腺が乾ききっていたのですが,この2週間は緩みっぱなしです…そして今も
今生きている以上精一杯生きなければと思いましたし,できることからやらなきゃと改めて思いました
私にとっても東北は第二の故郷なので,ここ書いているように東北縦断して少しでもお金を落としに行きます!

本当にお疲れ様でした
そして,ありがとうございました
人の命に寄り添うこと (めだか)
2011-03-28 20:45:31
一気に記事を読ませていただきましたが、ここに書かれたことがすべて実際に起こった体験談だということに衝撃をうけました。

私も看護職をしています。

現地派遣に手をあげるか悩みに悩んだ末、東京に残ることを選択しました。

被災地の救援活動とは比較にならない些細なことしかできていないかもしれませんが、遠く離れた東京でも、今回の震災をきっかけに体調を崩したり、不安を抱える方々からの相談に応じています。

今さらながら、看護師になったことをありがたく感じています。

これからも、それぞれの場所で、自分にできることをしていきましょう。
ありがとうございました (Unknown)
2011-03-28 20:46:56
東京に住んでいる看護師1年目の者です。
被災地がこんなにも過酷だとは思ってもいませんでした。涙が止まりませんでした。そんな状況なのに被災地の方の強さ優しさに心を打たれました。
私は毎日毎日、仕事が嫌だ、辞めたい と思っていましたが、気持ちを入れ替え全力で頑張って働こうと思いました。
本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
ありがとう。 (りゅう)
2011-03-28 20:47:42
教えてくれてありがとう。
現地の人を助けてくれてありがとう。
僕にできることなんて応援や募金しかできない。
けど、現実から目をそらさず、
ちゃんと現状を追って把握しつつ、
応援していきます。
読んでて、とても辛かった。
かつ、少し羨ましくもありました。
応援してます!
ありがとうございます (月子)
2011-03-28 20:49:00
mixiからお邪魔しました

お疲れ様でした
この記事をUPして下さった事に、心から感謝致します
自分に何ができるのか、改めて考え直すと共に、時間が経つと共に関心が薄れる事の無いように心にしっかり刻んでおきたいと思います。

本当にありがとうございました
Unknown (myoue)
2011-03-28 20:50:29
今の気持ちを忘れずに、与えられた仕事を精一杯やっていきたい。自分は甘いなあ・・・と実感しました。ありがとう。
ありがとうございます。 (Kazune Haruka)
2011-03-28 20:51:36
貴重な体験を、文章として形に残して下さってありがとうございます。
3月11日から2週間以上が過ぎ、震災のニュースが取り上げられる時間も減ってきてしまった今、改めて被災地の現実を知りもう一度考えることができました。
自分にできること、改めて考えてみたいと思います。
本当にありがとうございました。
ありがとうございます (み)
2011-03-28 20:52:49
貴重な体験を綴って頂き、本当に本当にありがとうございますU+203C
ありがとうU+203C
ありがとうU+203C
ありがとう (hatorin)
2011-03-28 20:53:01
友人の奥様が看護士さんをしていて、こちらのブログを
教えて頂きました。

伝えてくれてありがとう。

本当にありがとうございました。
忘れません (Unknown)
2011-03-28 20:53:25
宮城県北部の栗原にて被災したものです。私の周囲は非日常の部分を残しつつも、震災前とさほど変化の無い日常になりつつあります。『もう忘れてんじゃないか』会う人会う人にそう言いたい毎日。

心の底からそういう人達に読んでもらいたいと思いました。私自身も含めて。

むなしい気持ちと悔しい気持ちを胸に、復興に向けてできる事をしていきたいと思います。

勝手ではありますがブログで紹介させて頂きました。お許しください。
うまく言葉にできませんが・・・ (もがもが)
2011-03-28 20:54:53
初めまして。「ほぼ日」から伺いました。

東京からは知ることの出来ない
被災地の本当の現状、読ませていただきました。

ブログを読んで、直接的に被災者の方々の力になれない
自分自身に悔しさを感じると同時に、
東京にいる自分がいまできることは何だろう、、、
ということを改めて考えさせられました。


>微力が集まって大きな力になりますように。

との言葉にあるように、自分ひとりにできることは「微力」であっても
それが集まって「大きな力」になることを信じて
自分にできることを探していきます。

貴重なブログ、本当にありがとうございました。
どうぞお体にお気をつけてください。
お疲れ様でした。 (bao)
2011-03-28 20:55:10
支援活動お疲れ様でした。


「報道されていない現実」を知っておかなければと思い、読ませていただきました。


本当にこれは現実か?、、と信じられない気持ちです。

ですが、現実なんですね。


この瞬間も、被災地で大勢の方が必死に頑張ってる。
たった数百キロ離れただけで何不自由なく暮らせている自分が、、
駆けつけて、直接何かを出来るわけではない自分が、、
とても もどかしく、悔しく、頭が上がらない思いです。

甘ったるい考えかもしれませんが、
少しでも 皆様の役にたてることが出来るように、
微力ながらに、出来ることからやっていかねば

そして、少しでも明るくしていけるように と思います。

ありがとうございます。
ありがとう (ふーる)
2011-03-28 20:55:21
読ませて頂きました。
目立った報道はされないけど、あなたのような方が頑張ってくれているお陰で救われています。本当に本当にありがとう。。
実家が陸前高田と大船渡の間の町で、高田も大船渡もほぼ地元なんです。親戚も友人も多いです。自分もできるなら駆けつけて活動したかったですが、ガソリン不足のため動けず。。活動して下さる方に任せるしかなかったです。

3/11絶対忘れない。少し落ち着いてきたら復興の手伝いしたいと思います。絶対復興させる。なのでそのときは是非いらして下さいね。

勇気のある活動、本当にありがとう。
Unknown (Y)
2011-03-28 20:56:48
己の愚かさを痛感する事ができました。ありがとうございます。本当にありがとうございます。
Unknown (snow)
2011-03-28 20:57:38
読ませていただいてありがとうございました。勉強させてもらいました。自分にできること、これから必要なこと、考えてゆきたいと思います。長いめでの支援、わすれずにゆきたいと思います。mixiの仲間たちにこの記事を紹介させてください。
ありがとう。 (よーすけ)
2011-03-28 20:58:44
Twitterからきました。
フィルターがかかった情報しか知っていなかったことを痛感しました。

この記録は人間にとって大切なものになると思います。
Unknown (ミルコDX)
2011-03-28 21:01:23
福島県郡山市在住の者です。
ボクサーの長谷川穂積さんのブログからきました。
人間ひとりでは生きていけない。支え合い、助け合いながら生きていくということ。
このブログを読んで改めて感じました。
本当にお疲れ様でした。
お疲れさまでした (鳥取県の看護師)
2011-03-28 21:01:38
胸を締め付けられる気持ちで、一気に読ませていただきました。

同じ看護師として誇らしくもあり、現地のことはテレビと新聞からで、いつも通りの勤務をこなしている自分をもどかしくも感じました。

ここで自分にできることを今一度考えてみようと思います。
貴重な文章をありがとうございました。

お疲れさまでした。


ありがとうございます (ofuzu)
2011-03-28 21:01:49
しゃくり上げるほど泣いてしまいました。

自分の生家も岩手にあります。

高田のみんなのために有難うございました。

3月とはいえ、芯から凍るような寒い中、本当に大変だったと思います。

どうぞ御身体に気をつけてお仕事なさってください。
御苦労さま、ありがとう。
Unknown (そう)
2011-03-28 21:02:25
私も3月11日から変わりました。
長期戦で応援します。
長く長く支援します。
そして、日々の自分を反省。
涙なしでは・・・ (みや)
2011-03-28 21:03:49
クックパッドを通じて来ました。
被災地での救護活動、ご苦労様でした。
テレビでの映像もたくさん見ましたが、実際に行った方の素直な率直な状況を読んで涙なしでは読めませんでした・・・
日に日に減っていく地震のニュース・・・
復興復興と言ってますがまだまだ被災者の方々はそれどころじゃない方々もいっぱいいるんですよね・・・
これを読んでテレビで見た以上に辛くなりました。
もっともっと被災者の方々の事、そしてこれからの事を考えなくてはいけないと改めて思いました。

この記事はずっと残してもらいたいです。
ありがとうございます (zaki)
2011-03-28 21:03:56
私は今回の地震の被災地とは離れた場所に住んでいるので、被害を受けることはありませんでしたが、
連日ニュースで報道されている東北地方の被害の甚大さと、私が住んでいる地域との差があまりにも大きすぎて、
同じ国で起きている出来事だということがなかなか実感できず違和感を感じていました。

ですが、この地震がもたらしたことがどれほど恐ろしく、どれほどたくさんの人を悲しませているのか……
「理解した」とは軽々しく言えませんが、このブログを読んだことで、自分の中でこの大震災に対する考え方は大きく変わったと思います。

毎日流れているニュースだけでは知ることができない、とても大切な、忘れてはいけないものをこのブログによって知ることができました。
ありがとうございます。
そして、ほんとうにお疲れさまでした。
人の温度を感じました (mariko)
2011-03-28 21:05:12
ニュースや新聞では伝えきれない人の温度が感じられるリポートをありがとうございました。

どうしようもなくやりきれない現状の中にも笑顔があったり、人の優しさや温かさがあったりして、その1つ1つの光景が目に浮かんできて、まるでその場にいるかのような気持ちになりました。
支援される側も支援する側もお互い支え合っているから何とか立っていられるのですね。

一日も早く被災者の方々に平穏な日々が戻ることを祈りながら、私も私の場所で強さと優しさを持ってしっかり生きていかねば!と思いました。
Unknown (なな)
2011-03-28 21:06:08
はじめまして。
TVの映像ではない、実体験を書いていただきありがとうございました。
丁寧に、ひとことひとこと、気持ちを込めて書かれたのが伝わってきます。
ほんとうにお疲れ様でした。
Unknown (ぽんきち)
2011-03-28 21:06:27
一気に読ませて頂きました。
なんとも言えない気持ちになりました。
あなたは出来事や人に対してとても真摯で
素晴らしい人間性をもった方だと思います。
貴重な体験ですね。
私のように行きたくても直接行けない人間の分までお願いします!
遠く四国から献血と義援金で応援しています!

それと、被災者はもちろん、
あなた自身も幸せにならないといけませんよ!
ありがとうございます (のりこ)
2011-03-28 21:08:26
他の言葉がうまく出てこないのでそのまま、
ありがとうございます。

長く自分なりの形で支援をしていきます
お疲れさまでした (Meg)
2011-03-28 21:08:57
海外在住なのでテレビで見られる報道はとても限られているし、この国から派遣した人たちも帰国して、日本の今の状況を伝えるニュースはもう他のニュースに打ち消されはじめています。
日本の状況はネットでも読めるけど事実や値を伝えるものが多くて、このブログみたいなもっと人の気持ちを伝えてくれるものはあまりありません。
涙しながら読みました。
あなたみたいな人たちが頑張っていること、日本中の、世界中の人が知ってくれるといいと思います。
お疲れさまでした。
ありがとうございます。 (このミニ)
2011-03-28 21:09:09
mixiのマイミクさんのつぶやきからきました。

被災地でのありのままの姿を教えて頂きありがとうございます。

友達にも読んでもらいたいので、どうかこのままこのブログを残していて下さい。
お疲れさま (amy)
2011-03-28 21:10:03
がんばりましたね。
看護士のお勉強をされていた甲斐がありましたね。
とにかく頭が下がります。
私も自分にできることで協力して、そして自分の人生を精一杯生きることにします。
お疲れさま。
 ((;_;))
2011-03-28 21:10:56

お疲れさまでした。
読んで涙がとまりませんでした。
これは多くの人が知っておく
べきことだと思います。
ブログで紹介させて頂きます。
Unknown (saki)
2011-03-28 21:11:16
友人から教えてもらって、母親と一緒にブログを見させていただきました。
私達は何をしているんだろう-って思いました‥

離れていて現地の状況は分かるはずもなく‥情報はテレビのみ。本当にテレビもニュースから今まで通りの番組へと変わってきていて考えさせられます。
ブログ書いていただけて良かった。
私も忘れずにできることをします。
ありがとうございます (vento627)
2011-03-28 21:12:33
facebookから来ました。
一気読みさせて頂きました。大変な状況の中、沢山の方々を助け、励まし、勇気と希望を与えた貴方の姿に、私も沢山の元気をもらいました。

私も微力ながら力になれるように、と思います。

最後になりましたが、どうぞご自愛下さい。
『御礼』 (四季)
2011-03-28 21:15:00
本当にお疲れさまでした。

体験日記で被災地の真実を伝えて下さって、深く感謝申し上げます。

いつか瑠奈ちゃんや第二の故郷の方々と、新たな涙と笑顔で語らい合える日が訪れることを、心より願っております。


四季

(PS)気が向いたら、いつでも遊びいらして下さい。


神戸から (taka)
2011-03-28 21:17:15
本当に貴重な記録だと思いました。
Unknown (sato4989)
2011-03-28 21:20:33
想像力はとても大切ですが、やはりどうしても現実には届きませんね。
自身の身に降りかからなければ本当の痛みはわからないんでしょうか?
どうして届かないんでしょうか?
自分が悔しくてなりません。

正直なところ想像力と現実のギャップを埋めてくれた貴方に感謝の念と羨望の念と畏怖の念が入り混じる複雑な気持ちです。
遠回りな支援ではありますが、今暫くはまず自分の仕事に没頭したいと思います。
Unknown (Minako from Shiga)
2011-03-28 21:21:09
伝えて下さってありがとうございます。
現地での勤務、お疲れさまでした。

西日本にいる私は、節電も支援にはならず、
義援金や物資くらいで何もできなくて、
長期的な支援が重要と理解し言い聞かせながらも、
自分の父母や祖母と同じ年齢の方々が被災後の厳しい環境にいることが、
どんなに危険な事か医療知識のない私でも想像ができ、もどかしい日々です。

メディアでは届かない声を聞かせて下さってありがとうございます。

ありがとう (中村義則)
2011-03-28 21:22:19
僕らの代わりに行ってくれてありがとう。
すごく、いい話。そして難しかったです。

僕にはなにもできません。
でも、行ってくれたあなたには、ありがとうとご苦労様と言いたい。
何もできなくてすいません。私にはなにもできませんでした。
あなたを応援することが精一杯です。

でも、あなたにありがとう。せめてせめて。
Unknown (くるり)
2011-03-28 21:24:08
考えされられ、励まされました。
ありがとうございます!
お疲れ様でした。 (愛修羅)
2011-03-28 21:26:33
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

自分には何ができるのか、何かをしなくてはならない。と考えます。

もしよかったら「ぼくちゅう」というブログを見てください。作者さんも仙台に住んでらっしゃいます。
自分はへこんだ気持ちを膨らませてくれるブログだと思っています。
Unknown (TAKA)
2011-03-28 21:26:44
ありがとうございます。

貴方が被災地でなされたこと、
こうして記録してくれたこと、
その勇気に、優しさに感謝いたします。

貴方のような立派な方々が今、
被災地の方々を助けてくださっているのですね。

いつか被災地の方々が心から笑うことのできる日が、
一日でも早く訪れるように私も微力を捧げていきたいです。

安らかな日々が一日でも早く訪れますように。
From Paris (たけ)
2011-03-28 21:27:10

貴重な記録、ありがとうございました。
自分は欧州にいますが、通勤のバスの中で、本ブログを拝見して、涙しました。

かかる現実を、もっと多くの方に,もっと早く知ってもらい、長期間にわたる支援に繋がればと思います。

Unknown (miho)
2011-03-28 21:27:17
お疲れ様でした。
あなたの懸命な行動と、
ここにこうして伝えていただいた事で、
何もできずにいる自分の前進するきっかけとなりました。
どうかお体ご自愛いただき、
これからも多くの人の心をすくってください。
本当にありがとう。
Unknown (サナ)
2011-03-28 21:27:23
初めまして。
友達から教えてもらい、読ませていただきました。

私は、今年看護学校を卒業して、仙台の病院で看護師として働きます。
慢性期病棟なので、直接災害医療に携わるわけではないのですが、
このブログを読んで、
これから看護師として働くということに対して、ものすごく考えさせられました。

やっぱり「笑顔」って大事ですよね。新人の私にはできることは少ないだろうし、手際も動きも悪いです。
でも、笑顔だけは大切にしていこう、と改めて思いました。
そんなこと、って思います。
私の配属先には、現在の医療では治らない病気を患っている方がたくさんいます。
きっと自分に負けてしまうな、と毎日不安に思っています。
でも笑顔を忘れないでいきたいってブログを読んで思いました。

この時期に看護師になれることを誇りに思ってがんばりたいと思えました。
本当にありがとうございました!!
すごいです・・・ (クス)
2011-03-28 21:30:53
被災地の細かな状況がよく伝わり、本当に貴重な日記と思いました。

自分も宮崎で看護師をしていまして、勤務している病院にも医療ボランティアとして応募がきています。 最初はめちゃくちゃな被災地が怖くて全く応募する気持ちは無かったのですが、徐々に役に立ちたい思いが強くなりました。

そんな中、こちらの日記をツイッター経由で知り、全部読ませて頂きました。
やはり状況は想像以上に厳しく、応募するのを止めようか迷いましたが、今行かなければ後で後悔しそうなので参加したい気持ちが強いです。

やはり自分たちの水や食料は全部持っていくんでしょうか?かなりの荷物になりそうですね・・・

自分も約1週間、厳しい状況の中で必死に頑張ってみたいです。

改めて大変貴重な日記をありがとうございました。そしてお疲れ様でした!!
ありがとうございます (かよ)
2011-03-28 21:31:27
本当にありがとうございます。
あなたの記録を読ませていただいてる間、涙が止まりませんでした。

被災地の壮絶さは計り知れないと思います。
何も言えません。

あなたのような方がいて、友達でもないけれど…
誇らしく思います。

そして、何もできていない自分が恥ずかしいです。


本当に本当にありがとうございます。
あなたの活躍を陰ながら応援しています。
Unknown (Julyssm)
2011-03-28 21:31:40
僕の大好きな地元を、こんなにも助けてくれてありがとう。

いつか僕も、そう遠くない未来で、手助け出来る能力をしっかり見につけて、あなたのように岩手、東北を、日本を未来に送りたいと思いました。

本当に本当にありがとう。お身体御自愛下さい。
ありがとうございました (岳美)
2011-03-28 21:33:25
twitterで、出会いました。

『ほんとうのこと』が見えてきて、心につきささりました。
涙、涙…でしたが、人の力や心が必要なことがよくわかりました。
まだまだ長いです。
私には専門知識はありませんが、話を聞く力を持って、
被災地に行こうと思います。
『ほんとう』を教えてくださって、
みんな想いはあってもできないことをしてきてくださって、
ありがとう。
お疲れ様でした。

はじめて (hiromi)
2011-03-28 21:35:54
あの地震が起こしたことをリアルに感じました。
被災者・死者が何万人と言われても本当にピンとは来ていなかったんだって。
あぁ寒いだろうな、つらいだろうなぁと想像はしていても、
やはりあの現場にいた方がつづった文字で初めて、本当に、
私と何一つ変わらない人たちが大変な状況にいるんだって。

冷静に自分が出来ることの判断を、感情でパニくってはいけない、
と思うあまりに麻痺させていた部分があったかもしれません。

でもこちらで本当に大事な感情を思い出させてもらえました。
ありがとう。

私は神奈川なのですが、節電が被災地の役に立ったなんて嬉しかったです。
つながっているんですね。
だから、一緒にみんなで立て直していきたいです。
ありがとうございます (げんちゃん*)
2011-03-28 21:36:03
糸井さんのところから来ました

岩手出身です

ありがとう、ありがとう、本当にありがとう
出会えてよかった (kisy)
2011-03-28 21:38:16
はじめまして。
ご縁があってブログを読ませて頂きました。
涙涙で文字が読めず中断しながら読みました。
被災地のみなさんのことを考えると
今こうして普通の生活を送れていることが
とても申し訳なく思ってしまいます。

今私が出来ることなんてとても小さなこと
だけど、Person Finderの入力ボランティアを
始めました。
生存者ではなく、死亡者の。
とても辛い事ですが身元不詳で土葬されて
しまう方が一人でも減るよう。
一日も早く、家族と再会出来るよう。

私がここで泣いてたって何も変わらない。
だったら涙をふいて、祈りを込めて一人でも
多くの人を登録していこうと思います。

ありがとうございました (明美)
2011-03-28 21:38:59
私は訪問ヘルパーです

被災地に行きたくても その体力がありません。
行ったところで邪魔になるだけでしょう。

被災地では愛情と体力なんだなあと痛感です。


私は 私の前の命に精一杯向き合います。

愛情のこもった 誰にでも読める文章を本当にありがとうございました。


本当のことをありがとうございました。
Unknown (シオリ)
2011-03-28 21:39:58
はじめまして。

感動しました。
瑠奈ちゃんの話をみたとき、
涙が止まりませんでした。

ほんとにこの地震は
大きな影響を人々にあたえたと思います。
それは被害だけじゃなく、
人のあったかさなど
いろいろあるんじゃないかと私は思います。

一日も早く
みなさんに幸せが訪れますように。

ありがとうございました!!
Unknown (恵里)
2011-03-28 21:41:39
綴って下さり、ありがとうございました。
あなたの言葉がすべて、すっと素直に入ってきました。
悲しいだけじゃなくて、「人ってすごい」という思いからも、そしてその両方を同時に感じた時もあり、涙は流れるばかりでした。
人ってすごいですね、ありがとうございました。
ありがとう (yuika)
2011-03-28 21:42:56
お疲れ様でした。
過酷な現場で、心が折れそうになっても頑張れたのは、被災地の方々の強さとあなた自身の強さがあったからなんだろうと思います。

「優しい人は強い人」

このブログを読んでこの言葉を思い出しました。
私の知り合いのご主人は自衛隊で地震直後からずっと被災地に入っているそうです。
そして、報道されている状態よりもっと酷い状態であるという事も教えていただきました。
私は私の出来る事を本当に小さな事かもしれませんが、ずっと続けて行きたいと思っています。

今は少し体を休めて元気になって下さい。
ご自分のお体を大切にして下さい。

このブログを書いて下さって本当にありがとうございました。
書いてくれてありがとう。 (よしこ)
2011-03-28 21:43:48
どんなに遠くで節電しても募金しても心配しても、実際被災地に行ったあなたにはかなわない。だから貴重な経験を書いてくれてありがとう。知って良かったと思います。被災地は悲しさやつらさの連続だったと思いますが、あなたの文章からとても多くの愛を感じる。大事にしてください。そして書いてくれて教えてくれてありがとう。
ありがとうございます。 (こずえ)
2011-03-28 21:46:30
はじめまして。

私も東京で看護師をしています。
震災時には友人の慶事のために被災地の近くにいました。
交通網のストップで東京に戻れずにいました。

災害救護の要請が来たときには私も行く予定です。
しかし、きっと泣き虫ですぐに患者様と喧嘩をする私は
役にとても立つことが出来ないのではないかと思いました。
日々、ニュースから伝わる情報に
無力感を感じていました。

こちらのブログを拝見し文字が読めなくなるほどボロボロと涙を流しました。

仕事に対して迷いがありましたが
ブログを拝見し、
「今ある目の前の患者さまと向き合い復興を願う」
私の今できることだと強く思うことが出来ました。

一人でも多くの方に笑顔が戻り
心の安寧が訪れることを願ってもやみません。

文字に起こし伝えてくださったことを
心より感謝いたします。
読ませていただきました (ひなた)
2011-03-28 21:47:26
私は気仙沼市に友人がいて、先日も少ないながら食料を送ることができました

「ほしいものない?」と聞いても「大丈夫、大丈夫」と遠慮されてしまい「食べたいものは?」と聞いて、ようやく言ってくれました

被災地では、自分より大変な方がいる中で『ぜいたく』だと思ってしまったかもしれません
私は乱暴な聞き方をしていたでしょう


ライフラインが復活した、物資が届いた
明るいニュースは手早く広がります
それに安心していた自分がいました

日記を拝見して、不便な生活を送ってる方を置いていってしまっているんだなと
まだまだなんですね
できることやれること、がまんできることを家族で考えていきたいと思います

本当にお疲れさまです。
貴重なお話をありがとうございます。
ありがとう (よしくん)
2011-03-28 21:48:20
自分に何ができるかもわからず、募金しかできていませんでした。
現実社会や普段の生活の見方、たくさん学ばせていただきました。
あなたの活動によりどれだけ救われた人がいることか。感謝の気持ちでいっぱいです。
私は教育に携わる仕事をしています。今、いったい何が起こっているのか、これからどうすればいいのか、なにができるのか、現実をしっかりと伝えていきます。
ありがとうございます。
ありがとうございました。 (ともぴい)
2011-03-28 21:50:56
何も出来ない自分に歯がゆさを感じ、皆さんの事を考える度に涙する毎日でした。
でも私は私なりに毎日を精一杯生き、自分の生活をしっかりし、今は募金という手段を通じて皆さんと一緒に歩いていきたいと思います。
ありがとう (あたまん)
2011-03-28 21:51:04
テレビで見る以上のことを
想像していたつもりでいたけれど
自分の想像力のなさに、情けない気持ちです。

東北で起きていることを
伝えてくれて、ありがとう。

被災地を想いつつ、
僕の毎日を生きていきたいと思います。
ありがとうございます (みかっち)
2011-03-28 21:54:03
涙ながらに読ませていただきました。

書かれていた以上に、私たちの想像もつかない現実があったのだと思います。

あなたをはじめ、現地で精一杯働く方々に深い敬意を抱きます。

このブログを書くのも辛かったことと思いますが、あなたの思いはみんなに伝わります。

どうぞ、今はお体を休めていただきますように。

ありがとうございました。

追伸:勝手ながら自分のブログにリンクをはらせていただきました。
http://ameblo.jp/comtesse
blog読ませていただきました。 (りょうま)
2011-03-28 21:57:41
ツイッターからこちらに辿りつき、一気に読ませていただきました。
正直言葉が出なかったです。私は宮崎県に住んでますが、宮崎の被害に比べれば想像を遥かに超えることだと思いました。よく頑張られましたね。頭が下がります・・・。自分はいまなにができるかを改めて考えさせてくれました。本当にありがとうございます。これから自分にできることを少しずつ実行していきます。最後になりましたが、本当にお疲れ様でした。これからも看護のお仕事頑張ってください。
頭が下がります (みなうり。)
2011-03-28 21:58:27
TVでは伝わってこない、本当の姿。
涙が止まりません。
募金しか出来ないけど、本当にそれで
いいんでしょうか、私。
現地で何か出来ないでしょうか。
本当に悔しいです。
お疲れ様でした (マドカ)
2011-03-28 21:59:04
飾らない素直な言葉で、
現地で感じられた様々な感情をそのまま書いて書いて下さいました。

報道のように外から見た被災者・避難所ではなく、
一緒に過ごし、泣いて笑ったからこその生身のレポートだと思います。

書いて下さってありがとう。
忘れません。
Unknown (Ray)
2011-03-28 22:01:45
twitterから読ませて頂きました。
ただただ頭の下がる想いです。
ご苦労様でした。
そして、現実を伝えて頂きありがとうございました。
あなた誰? (おおいしさとし)
2011-03-28 22:02:45
こんなに泣かされたのは人生記憶にありません。名を名乗れ!一生忘れたくない!
ありがとうございます (たかし)
2011-03-28 22:04:12
TVや新聞からは伝わってこない現実を少しだけ知る事が出来たように思います。

この想いを風化させないように、まずは節電。
そして日々の自分の仕事も頑張ります。
そして毎月お給料が入ったら義援金を届けます。

とても貴重な記事をありがとうございます。
本当にお疲れ様です (Unknown)
2011-03-28 22:06:09
読んでいて、もう言葉になりませんでした。

少しづつでも、出来ることを見つけて、
行動していきます。

ここで感じたことはずっと心に残していきます。ありがとうございました。
真実 (いぬのさんぽ ターキー)
2011-03-28 22:07:36
このブログを読めて本当に良かったです

しかし、テレビでは被災者の方にもっと有益情報を流して、安心と安全を与えるべきだと改めて思います


そして、この現実をもっと多くの人に知ってもらい、復興支援の加速化になるようマスコミは報道する義務を感じます


本当にお疲れ様でした
(^O^)

ありがとう (gumitakane)
2011-03-28 22:07:54
このブログを読んで、はじめて現地のことを知ったような気がします。 私なりになにができるか考えて行きたいと思います。 なんていって良いかわかりませんが、伝えてくれてありがとう。
ありがとう (sayumi harada)
2011-03-28 22:10:13
現地での大変な任務、本当にお疲れ様でした。現地で不眠不休で働いている方々、何よりも被災して以来ずっと耐えていらっしゃる皆さんの頑張りにただただ頭が下がるばかりです。今回、現地で働いた体験を伝えて下さって本当に感謝します。厳しい現実に心が痛むと同時に、flower -wing さんの伝える現地の方々の様子に勇気づけられもしました。私も、今後メディアが離れ、世間の関心が薄れるのが怖いです。私は医療などの支援はできませんが、これから先自分にできることを考え実行していきたいと思います。flower -wing さんはまた現地に赴かれるとのこと、どうか身体にだけは気を付けて下さい。応援しています。
ブログに (あ~にゃん)
2011-03-28 22:11:04
真実の記事を有り難うございます。
わたしのブログに
記載させていただきたいので
お許しくださいませ。
http://blog.goo.ne.jp/a-nyan4281/

厳しい顔で任務を遂行するより、
顔をぐしゃぐしゃにして、
接してくれる看護士のほうが
私は頼りになると思います。
泣いたからって判断が鈍るとは限らない。

人は。
やっぱり心だと思います。

患者さんのために、時には泣いてやってください。
笑顔の看護士だけが
人を救えるとは限らないのです。
ともに泣いてくれるそんな心のケアも有りです!
少なくても、私はそうでした。

この貴重なブログ 閉じないでくださいね。
ありがとうございます。 (m)
2011-03-28 22:13:22
なんだろーと見てみたら目が離せなくなりました。


私は仙台市内に住んでおりますが、みんなから被災者扱いしてもらって本当に申し訳ないくらい普通に過ごせています。


被災地の状況を詳しく、でも私たちに明日はもっと良くなるんだって希望の光をあたえてくれるような日記に感動しました。



あなたのような看護師が東北に来てくださって本当にありがたいです。


東北の人達は我慢強いです。きっと頑張って復旧して、みんなに喜んでもらえるような観光地になるはずです!

是非遊びにいらしてくださいね。


ありがとうございました。
Unknown (章)
2011-03-28 22:14:17
Facebookからやってきました。
被災地に友人がいます。
ブログを全部読んで、震災後初めて本気で泣けました。
ずっと悲しかったのに泣けないでいたのに、
やっと泣くことが出来ました。
ここからまた自分も頑張っていける気がしました。
ありがとうございます。
Unknown (makky)
2011-03-28 22:16:08
Twitter経由でこちらにお邪魔させて頂きました。
一気に読ませて頂き、正直言葉がありませんでした。自分には知らない事・分からない事はたくさんあるんだろうと思ってはいましたが、想像をはるかに越えていました。
本当に貴重なお話をありがとうございました。

たくさんの人に読んで欲しいですし、たくさんの人に知ってもらいたいと思いました。

自分のブログで紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?

私もこの日を絶対に忘れません。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 22:17:27
被災地の真の状況をちゃんと理解出来ました。ありがとうございます。

東京で働くただのサラリーマンに過ぎませんが、自分にだって何か出来るはずだと思っていました。
でもまずはちゃんと被災者の事を考える事が大切なんだと気付きました。
半端な気持ちで助けたいなんていう程現実は甘くないのですね。

今一度自分は何をすべきか考え直してみます。本当にありがとうございました。
ありがとう。 (てん)
2011-03-28 22:18:55
Twitterからきました。
涙が止まりませんでした。
東北にはまだ訪れたことがない私ですが、

いつか
必ず

東北を訪れたいと思います。
お疲れさまです。 (しのぶ)
2011-03-28 22:20:11
大変なお仕事だと思いますが、とても素晴らしいお仕事だとも思います。
軽々しくは言えませんが尊敬します。
私は30代後半の女で東京在住です。
ニュージーランド地震の時から、何故志し高く、未来はこれからという若者が亡くならなければならなかったのか。
代われるものなら代わりたいと思っていました。
今回の地震もそうです。
私なんかが生きていて申し訳ない気持ちでいっぱいです。
なんで、こんなに適当に生きて来た私が生き残って若い方々が亡くならなければならなかったのか。
毎日辛いです…
自分が生きているのが辛いです。
ありがとうございました。 (いっちー)
2011-03-28 22:20:48
毎日震災のニュースを追いながら、自分にできることを考えていますが、今日、このブログを読んで、涙が止まりません。
自然の力は大きいですが、人間の力は粘り強い。つながってつながって、いつかみなさんに心からの笑顔が戻るよう、私も自分の住んでいる町で自分の仕事をがんばりながら、被災地を応援したいと思います。
ありがとうございました。
ありがとうございます。 (味噌屋)
2011-03-28 22:22:38
福島県民です。励みになりました。
瑠奈チャンと再会できるといいですね。
ありがとうございました (安国寺)
2011-03-28 22:24:03
みなさんコメントされているように、うまく言葉が出てきません。
「ありがとうございました」と言うのが精一杯です。

報道には報道の使命と役割があり、ゆえに限界もあるということなのでしょう。
ご自身の言葉で語られた出来事や思いの数々にただ頭が下がります。

復興は本当に長い長い道のりになるかと思いますが、
希望を持って、人を信じて、前向きに走っていかねばならないと改めて思い知らされました。

私は短距離走には参加できませんでしたが、
中~長距離のどこかでバトンを担えるように準備しておきたいと思います。
ありがとうございました。
ありがとうございます。 (rabiya)
2011-03-28 22:25:32
縁があって、こちらのブログを拝見させていただきました。

マスメディアからは知ることの出来ない真実を記載していただき、ありがとうございます。胸がつまり言葉のかわりに涙があふれました。ブログを拝見した今、自分にできることは何なのか、改めて考えたいと思います。

そして、現場での不眠不休の活動、本当にお疲れ様でした。
また現場へ向かわれるかも知れないとのこと。どうぞしばしの間お身体を休めてください。


Unknown (haruharuguapa)
2011-03-28 22:25:33
ツイッターから、こちらに。。現地でがんばってらっしゃる姿。本当におつかれさまでした。昨日までは、すっかり元気がなくなってました自分が、こちらのブログを読ませていただき、、現地の事を改めて知るとともに、自分が元気にならないと何もできない。。事にも気づきました。みなさん、いろんなところで、このブログ紹介されてました。わたしも、勝手ながら、ブログで少し紹介させていただき、海外の友人へと広がっています。 みんな、感謝の気持ちで一杯だと思います。
また、日本の被災地ののことも、新聞やニュースの部分でなく、本当の事を知るきっかけになると思います。
お疲れの中、精神的にも大変な中、ブログを書いていただいてありがとうございます。
まだまだ、大変な事が山積みな日本ですが、がんばって行ける気がします。
これからも、すばらしい看護士さんとして、。。そして、たまには涙を流しながらの人間味あふれる看護士さんとして、ご活躍ください。
ありがとう (ゆうり)
2011-03-28 22:26:30
リアルな被災地での様子読み続けているうちに胸が苦しくなりました。
メディアは見せない現実。それに正面から向きあってみせたあなたに、ただただ頭の下がる思いでいっぱいです。

私にもできる事少しずつでも長く続けていこうと思います。
真実を伝えてくれてありがとう!

あなた自身も体に気をつけて下さいね。
ありがとうございます (しょうじ)
2011-03-28 22:27:34
全文読ませていただきました。千葉在住ですが、仕事も完全でないとは言え再開され始め、被災地の親戚とも連絡がとれ落ち着つける様になるにつれて被災地に対する意識が弱くなってきていたことを再認識しました。

改めて、自分ができることをしなければという思いを持つことができました。まだしばらくは難しいと思いますが被災にあった親戚の元にも行って何か手伝いをしてこようと思います。

ありがとうございました。
ありがとうございました (ちっぷ)
2011-03-28 22:27:57
ほぼ日から来ました。
自分の中でずっと抑えてた感情が抑えきれず、涙が出ました。
子供さん達に、1日も早く平穏な日々が戻ることを願ってやみません。
被災された皆さんにとっての明るいニュースが、明日は今日より増えますように…!

自分にできることって何だろう?とずっと考えています。これからも念頭に置きつつ、小さいことしかできないかもしれないけど、動いていきたいと改めて思いました。
ありがとうございました。
全部読ませていただきました! (西宮市民)
2011-03-28 22:28:16
涙が止まりませんでした。でも被災してない自分が泣くのはお門違いだなっと強く感じました。絶対地震のこと忘れちゃいけないと思うし、私も自分にできることをしたいと強く思います。 日本はまだ捨てたもんじゃないというのもすごく感じました!
Unknown (あさみ)
2011-03-28 22:28:32
涙が止まりません。
この震災の事、このブログで教えて頂いた被災地の過酷な現状、そして貴女達の様に、現地で必死に戦ってくれた方達が大勢いたこと、絶対に心に留めておきます。
文章にするのも辛かったと思います。
どうもありがとうございました。
ありがとうございます (TAKAYOU)
2011-03-28 22:29:12
涙が出ました。
生半可な気持ちでボランティアなんかできないと思いました。
自分にできる範囲で最善の支援方法を今一度考えたいと思います。

大事な事を気付かせてくれて、ありがとうございます。
同じ医療職なのに (虎斗町)
2011-03-28 22:30:55
 今現地に行っても何も出来ない自分に悔しくなりました。
 以前働いていたのも宮城県だというのに、その時の仲間のもとに行けずにいる自分は何をしてるんだろうと思ってしまいます。

 でも、現地のお話を読ませていただき、本当にありがとうございました。
 僕がこれから地元である東北に何をしていったらいいのかの足がかりがつかめました。
 微力ではありますが、これから出来ることをしていきますね。

 本当にありがとうございました。

 僕のブログ等で紹介させていただくことをお許しください。
お疲れさまでした。 (シドニー)
2011-03-28 22:32:35
改めて、被災者の方々、それを支えておられる方々に頭が下がります。
すばらしいお仕事をされていると思います。
これを読んで一人でも多くの方が、
被災地の本当の姿を知り、
今だけなく、これから復興が完了するまでの長い期間をかけて、サポートを続けて行かれる事を願っています。
自分の生き方を考えさせられた日記でした。
知らせて下さってありがとうございます。
自分にできる事、探し続けます。

ありがとうございます (落書君)
2011-03-28 22:33:16
読みながら涙が止まりませんでした。
勇気と希望をありがとうございます。

「13、Family」に登場する足湯で顔を洗ったおっちゃんに、なぜかホッとしました。

通常勤務でも激務なことと思います。
くれぐれもお体に気をつけて。

お疲れさまでした (175)
2011-03-28 22:34:43
はじめまして。
一気に読みました。
私も泣くのを我慢してみましたが…ごめんなさい。無理でした。

素直なやさしい文章からは、被災地の現実がTVの画像から見えるものとは全く違う色で伝わってきました。

今までの自分の甘っちょろい考えが覆された気がします。修業の足りない私にとって一度に何度も読み返すのにはちょっとまだつら過ぎて、また少し経ったらお邪魔したいと思います。

自分のできることを少しづつ長く続けていこうと改めて強く思いました。

また被災地に行かれるということで、ご自分のおからだもだいじにしてください。そしてたくさんの笑顔とまた会えますように。。。

微力ながら空を眺めて応援させていただきます。
お疲れさまでした (かきちょこ)
2011-03-28 22:35:26
ツイッターでブログを知りました。
日記を読ませていただき、涙が止まりませんでした。
テレビでは、日々、震災のニュースが少なくなっており、正直、どこか遠いところの出来事のように感じていたところでした。
でも、決して忘れてはいけないと強く思いました。
テレビや新聞の報道ではわからない被災地の過酷な現状を伝えてくださり、本当にありがとうございます。そしてあなた様のブログをツイッターで知ることができ、本当にうれしく思います。
私に今できることは、節電や義援金、買いだめをしないことくらいですが、小さなことですが、被災地の方々の支援になることを願い、続けたいと思っています。
一日も早い被災地の復興と、被災者の方々の幸せを願っています。
Unknown (sasayan)
2011-03-28 22:35:44
縁あって拝読させて頂きました。  

お疲れ様でした。そして、本当に本当に、ありがとう。
ありがとう! (ひろ)
2011-03-28 22:36:43
お疲れさまでした!


素晴らしい!


ずっと お元気で!
愛と祈りを。 (YULIA)
2011-03-28 22:36:47
友達から貴方のブログを教えて貰いました。
やっと……
読み終えました。

読み進めるにつれ、胸がドキドキしました。
まるで自分が被災地へ足を踏み入れたような感覚で……

自然に涙が溢れて…
辛くて………
一気には読めませんでした。
ちょっとインターバルを置かないと、
読めませんでした。

「絶対に泣くな」と言われても、溢れて来る涙。
「怒られても感情のままに」と決意した貴方が好きです。
そんな貴方の涙は、被災された方々の心にも
ちゃんと届いていると思います。
感情の無いロボットに看護されてる訳じゃないんです。
そんな感情の無いロボットは、必要ないんです。
人のむくもりが必要だと…
私だったら…泣いてくれるナースさんに看て貰いたいな。
そりゃ、のべつまくなくピーピーキャーキャー泣く
ナースは嫌ですけどね。

真っ暗な夜に、ろうそくの灯りと、夜空の星
そして月明かりに感動できる心。
あの日19日の満月は、19年ぶりに月が地球に最接近して
明るさも増したスーパームーンと言う月でした。
何年後かに又スーパームーンを見る時に、
きっと思い出す事でしょう。
その頃には、笑って話せる程復興を遂げてる事を祈ります。

私も「頑張って」って言葉が嫌いです…
頑張ってる人に、もうこれ以上どうガンバレと言うのかと…
頑張っても頑張っても、自分じゃどうにもならない事もあるんですよね。
病気もそうです…
本人が頑張っても、蝕んでいく病……
ナースの貴方が、分かって下さってる事が嬉しかったです。

私が言うのもおこがましいですけど
貴方はホンットに成長されたと思います。


貴方の文章には、チカラがあります!!
伝えてくれて、本当にありがとうございました。

貴方にも、瑠奈ちゃんにも、生まれて来た赤ちゃんにも…
被災されたたくさんの人たちにも、
様々な救助活動や援助活動をされた人たちにも
幸せが訪れる事を祈ってます。

人のチカラを信じて………………

NOT ALONE!
WE'LL BE THERE…
Unknown (kaori)
2011-03-28 22:37:25
この日記を書いてくださり、本当にありがとう。
不眠不休のお仕事、お疲れさまでした。私はなんにもできないけれど、こうして現地で皆さんの力になれるお仕事、素晴らしいですね。

ひとりでも多くの方に読んで欲しくて、自分のブログでも紹介させていただきました。事後報告でごめんなさい。

これからもご活躍、お祈りしています。ご自身のお体ご慈愛くださいね。
ありがとうございました。 (リョウ)
2011-03-28 22:37:34
Twitter から飛んできました。
日記、一気に読ませていただきました。
涙が溢れてきました。
この現実と、被災者の方々の思いは是非多くの人に知って欲しいと思いました。
こういう形で実際今も自衛隊や医療の方々も頑張っていますし、被災地の方々はもっともっと色んな気持ちを抱えて頑張っているんですよね。
本当に出来ること、節電や募金でしか協力できませんが、被災地の復興を、心よりねがっています。
このブログ、私の知る人たちにぜひとも紹介したいと思います。
お疲れ様でした (とんとんき)
2011-03-28 22:39:03
リンクでたどり着き読ませていただきました。一人でも多くの人に読んでいただきたいので勝手ながらリンクを貼らせていただきます。
お疲れ様でした。 (けいこ)
2011-03-28 22:39:12
一気に読み、涙が止まりませんでした。同じ看護師の仕事をしています。被災地での活動に、ただただ頭が下がります。ありがとうございました。被災地に行く事はできないけど、自分に与えられた仕事を丁寧に誠意を持って行っていこうと思いました。お疲れが早く癒えますようにお祈りします。
Twitterからきました (琵琶湖)
2011-03-28 22:43:03
こんなに涙が止まらないのは人生で初めてです。
このブログに出会えことに感謝します、それ以上に被災地で貴女と出会えた人達は貴女に感謝していることでしょう。
ありがとうございます。 (4STAR)
2011-03-28 22:45:23
涙が止まらない中で最後まで読ませていただきました。


本当に悲しい現実を目の当たりにされて心苦しいなんて私が言うのもおこがましいとは思いますがその中でこの経験を記していただきありがとうございます。


絶対に逃げちゃいけない、忘れちゃいけない真実がありました。私も阪神大震災を経験し、今回は東京でしたが揺れを経験しました。


しかし被災地では想像を絶する状況で懸命に前を向いている方々が居ることをニュース以上にリアルに感じました。


ここで自分が次に何ができるか。
救助活動に行くこともできない。
医療で力になることもできない。
莫大な寄付もできない。
著名人の方々みたいに数多くの方に
呼びかけることもできない。
けど私と同じ価値観を持つ友人たちに
伝えることはできる。
募金や物資を送ることもできる。
このブログを伝えることもできる。
このブログだけは伝えさせてください。



被災地からはるか遠くに居る仲間にはわかって欲しい。




ありがとうございました (Angel)
2011-03-28 22:45:28
はじめまして。
どうしても一言お礼を申し上げたくて、コメントさせていただきました。

あなたが教えてくださったこと、その全てを胸に刻み、これからも被災者の皆様に思いを馳せながら、日々を大切に生きていきます。

今回の震災を決して忘れることなく、被災地が美しい風景を取り戻すまで、自分に出来ることをして参ります。

本当にありがとうございました。
どうかお身体に気をつけてくださいね。
ありがとう (ゆみこ)
2011-03-28 22:45:58
テレビ等で流れる映像に死者は映らない。被災者の本当の不安は映らない。
私たちは結局表面上のモノしか知らなかったんです。
伝えてくれて本当にありがとう。

例えば、住む家もなくなり自分以外の家族みんなが死んでしまったら、、、想像するだけて怖くて、きっと前向きになんかなれないと思うのに、きっと実際に被災された方々の痛みは計り知れない。

現実問題、今の私には、募金箱見かける度に募金するぐらいしか出来ないから、ちゃんと自分のいつもの生活、いつもの仕事をして、貰ったお給料で(私のお給料なんて微々たるものだけど)募金したり、経済を回したりしようと思います。
本当にありがとうございました。
Unknown (wanta)
2011-03-28 22:46:26
教えてくれてありがとうございました。
かんたんにがんばれとかいえない今の状態。私は今ギリギリ以上限界を超えて生きている現地の方達にがんばってと、いえないです。

ここを見つけて、読んで知りました。
がんばっている人がちゃんといるという事実。

つらいこともかなしいこともよろこんだことも、いろいろ教えてくれてありがとうございました。日記をつけてくれてありがとうございました。
ありがとうございました (なつこ)
2011-03-28 22:46:59
初めまして 兵庫県民の なつこです。
blog 泣きそうになりながら全部拝見しました。
被災地での活動 本当にありがとうございました。


私は…
自衛隊の方々みたいに救出作業ができません。
医療関係の方々みたいに命を救えません。
大企業みたいに何億も寄付できません。
しかし 実際に被災地での激務を終えられた方のblogが読め
『私の代わりに助けに行ってくれた方がいた』と思えました。
本当にありがとうございました。


人間一人で誰かを支えるのは厳しいですが 大勢でなら きっと
できるはず。
日本中の人間で 被災地の方々を支えたいです。


今はしっかり休息し、次に行かれる時の為に元気を蓄えて下さい。


私には少額の募金しかできませんが、自分にできる事を精一杯
やりたいと思います。
被害に合ってないエリアが頑張って 被災地の方々に元気を
分け与えられたら良いなと思います。


瑠美ちゃんは 例え限られた時間でも貴女に会えて救われたと
思いますよ。
瑠美ちゃんに限らず 貴女が出会われた方々全てが。


又被災地へ赴かれた際には 現地の状況を教えて頂けると幸いです。
テレビでは報道されないリアルな現状を 私達は知る必要が
あると思います。
ありがとうございます (みや)
2011-03-28 22:48:48
被災地での医療支援活動、現地で避難所生活をされている多くの被災者の方々の、ニュースや報道では知ることのできない「声」を、少しでも知ることができたのは、あなたが、こうしてブログを書いて、伝えてくれたからこそです。

被災された岩手の人たちのために、医療支援にいってくれて、尽力してくれて、本当に、本当に、ありがとう。ありがとう。
避難所生活をしてる私の大切な友も、岩手におります。
私も、自分ができることをとおして、支え続けていきます!
ありがとうございました (ミルト)
2011-03-28 22:49:07
過酷な勤務の中で記録をつけられたこと、それをこうして公開してくださる事にお礼を申し上げます。みなさんの努力と涙が報われることを信じています!
ありがとうございます。 (加奈)
2011-03-28 22:49:54
こちらのブログがツイッターで話題になっていたので飛んできました。
そして一気に全部の記事を拝読させていただきました。

とても感動しました。
3月11日のことは絶対に忘れてはいけないと思いました。

私は今年の看護師国家試験に受かり、春から新人看護師として働き始めます。
あなたのような心の優しい看護師さんを目指したいと心から思いました。

貴重な体験を記事にしてくださり、ありがとうございました。
Unknown (JUN)
2011-03-28 22:50:25
お疲れ様でした。そして大切なことを伝えてくださって有難うございました。
こちらのブログで私も勇気と励ましをもらいました。
ありがとうございます。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 22:51:36
僕にはあなたのような専門的な技術や知識はありません。

節電や募金が、0.000001秒でも早く復興に役立つのであればこれからも喜んで続けます!
勝手な推測ですが、ここにコメントを書いているみんなそう思っているはず。

あなたと違って微力ですが、僕も被災地の方々と一緒に戦わせてください。
また被災地に向かうと思われますが、決して無理をしないようにしてくださいね!
ありがとうございます (zapaco)
2011-03-28 22:52:02
現地での貴重な体験を綴って下さって
ありがとうございます。

読んでいて思わず泣いてしまいました。
そして、自分にできることは何だろうかと改めて考えさせられました。

少しでも多くの方に知ってもらいたいと思いました。
ブログに勝手にリンクをはることをお許しください。
ありがとう! (lune)
2011-03-28 22:52:05
貴重な体験談を読ませていただいてどうもありがとうございました。

被災地の方々は、医療活動だけでなく、あなた個人の強さと優しさとユーモアとにどんなに力をもらったことかと思います。

文章からも温かく優しい気持ちが伝わってきて、私にも前向きな力が湧いてきました。
分けていただいたこの力を、また少しでも被災された方々のために役立てたいと思います。
ありがとうございました (ななまる)
2011-03-28 22:53:08
知り合いのブログからの紹介で読まさせていただきました。

大変な状況下でこのような記録を残していただいたことに感謝します。


月日が経つにつれ、普段の日常に向き合い

3食と睡眠、仕事ができる当たり前の生活

日々の報道や救援活動が普通に見えてしまっていた自分。

これではいけないと改めて気づかされました。


ラジオやテレビでは受け取ることができない、被災地の真の姿を知ることができました

このブログはもっと多くの人に知ってもらいたいです


人と人のつながり

家族ってなんだろう?

今回被災を受けなかった人の役割とは?

なにかこの災害を通していろいろ学ばされる気がします


希望 (ヘルマンブール)
2011-03-28 22:53:58
ほぼ日から、ここに来ました。
・・・・・・・・・圧倒されました。
現地のとてつもない状況、たくさんの被災者の方の生活、そして医療派遣チームの奮闘、苦悩。
私も医療機関勤務(事務長)ですが、今回の大震災報道からはずーっと圧倒的無力感を受け続けてきました。
が、このブログを読んで、圧倒される情景を感じながらも「希望」をもらった気がします。
今日、ウチの組織からもDMAT第1班が出発しました。道内各地から交代交代で4班までを予定しています。
班員たちには是非、自身の心の吐露を、感じたことを、現地をニュースでしか知らない我々へ発信してくれと願わずにいれません。
貴女のように。
ありがとうございます (Unknown)
2011-03-28 22:56:26
テレビなどではあまり知れない
被災地の状況を知ることができました!
本当にありがとうございます!!!
ひとりひとりの力はちっぽけかもしれないけど、
それでも、自分のやれることをやってこうと思いました。
本当に本当に有り難う御座います。 (Unknown)
2011-03-28 22:57:30
大事な睡眠時間に現地の本当の姿を書いて頂き、本当に有り難う御座います。

自分にできることをもっともっと考え実行します。瑠奈チャンや被災した皆さんに明るい未来がくるためには、将来にわたって自分に何ができるか考えます。

凛と職務を遂行され、戻られても激務のことと思います。
どうか、お体をご自愛下さい。
あなたと医療チームの方々と同じ日本人に生まれたことを誇りに思います。有り難う御座いました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 22:58:35
こんばんは。

最初は、何気ない気持ちで拝見しました。

でも、あまりの衝撃に目が離せなくなってしまいました。

胸が苦しくなって、頭が真っ白になって、涙が溢れてきました。

失礼ながら、知人にこのブログを紹介させていただきたいと思います。

メディアでは知り得ないあなたの体験談は是非、少しでも多くの人に知って欲しいと思いました。

私も自分なりではありますが、出来る事をやっていきたいです。

伝えて下さって、本当にありがとうございます。

そして、お疲れ様でした。

また現地に赴かれるとの事ですが、とりあえずはご自愛を。

乱文失礼しました。
私もがんばります。 (聡実)
2011-03-28 22:58:46
初めまして。ブログ拝見させていただきました。
 
関西に住む高2です。

テレビ、新聞など毎日の報道とは違う

生で体験された看護師さんの文章は、何かが違いました。

思わず私は、看護師さんの言葉をメモにとったくらいです。

私は、現場に直接は行けませんが私も何かします。

これから、私は勉強を一生懸命にがんばります。

そんなことをいろいろ考えさせてくださり、

本当にありがとうございました。

看護師さんの経験されたこと、友達にもたくさんのひと

に知って、もっと皆でひとつになりたいですね。

本当にありがとうございました。

これからもお身体に気を付けてがんばってください!!

ただただ。。。 (なかちゃん)
2011-03-28 22:59:23
陸前高田市出身です。
ただただ、ありがとうございました。
ありがとうございます。 (ジュリ)
2011-03-28 22:59:54
ずっとあっていなかった遠く離れた先輩から、読んで見てとメールをもらい来たところ。

遠く離れた東京で「僕らができること頑張ろう!」などと、奇麗事言ってた自分が恥ずかしくなりました。
現場のこと。つらい中に、希望も喜びも詰まっている。「仲間」「家族」と思える優しさ。
涙しか出なくて、言葉になりません。

この文章には貴女の優しさ素直さが一杯で、それだけにせつなさが一杯ですね。

伝えてくれて、現地で支えてくれて、本当にありがとうございます。

ニッポンがんばろうね・・・
自分にできることを。 (ミホコ)
2011-03-28 22:59:55
あるサイトからここへたどり着きました。現場での壮絶な経験、被災者の過酷な状況、だけど希望の光が感じられる貴重なブログだと思いました。一気に読みながら、涙が溢れ止まりませんでした。日に日に被災者の皆さんの状況が良くなっていくことを願って止みません。今ここで生かされている私にできることは何だろうか?自問自答し、行動していきたいと思います。本当に医療従事者はもちろん、現場で復旧、捜索、支援にあたられている方々の強い使命感には感動を覚えます。
ありがとうございます。 (Sunao.K)
2011-03-28 23:00:36
テレビなどで見聞きする情報よりも、現場はもっと深刻なんだと知り、悲しくて涙がでてきました。でも悲しみの中にも希望があり、そしてみんなに明日がある。だから、今も頑張ってるけど、もっと頑張られるんですね。感情をたやすことなく一歩ずつ前と進んで行ってほしいと思いました。
実際の現地の様子とその中で感じた暖かな気持ちを読ませて頂きありがとうございました。
ありがとうございました (ヨウツチ)
2011-03-28 23:01:14
はじめまして。被災地での貴重な体験を文章にしていただき、ありがとうございました。

どんな状況でも、良いところを見つけ、精一杯頑張る姿に大変感銘を受けました。

これからもお体に気をつけて、がんばって下さい。
見えないところ (yukino)
2011-03-28 23:02:46
被災地の現実がどのようなものか、報道で毎日見ているつもりでも、全然見えていなかったんですね。

あなたのブログを読めて、「現実」を見ることができたように思います。

多くの人にこの「現実」が届いてくれたらと思います。そしたらみんなが周りの人に優しくなれると思います。

被災地の人たちのことを思うこと、自分にできることをすること、私も精一杯したいと思います。

本当にありがとうございました。
なにができるのか・・・ (まき)
2011-03-28 23:05:31
どんな報道より、心が締め付けられるリアルがありました。
関西にいて、どんどん日常になっていく日々に不安を持っている今日この頃ですが、
また改めてなにができるのか考えさせられました。
ご苦労様でした。
そしてありがとうございました。
ありがとう! (クック)
2011-03-28 23:06:28
ありがとう!
がんばる!
Unknown (あさみ)
2011-03-28 23:08:09
お疲れ様でした。

私は岩手寄りの
青森県に住んでますが、
以前仙台に少し住んでました。

被災した友達も
たくさんいます。

私たちの多くは
テレビやラジオの情報しか
わかりません。
実際の現状、
涙を流しながら
読ませていただきました。

なんと言っていいかわかりませんが
本当にありがとうございました。

一日も早く
一人でも多くの人が
笑顔になれる日を
みんなで支援していきましょう。

医療支援は
大変だったでしょう・・・。
素晴らしいお仕事ですね。

私もきっと
瑠美ちゃんの年頃に
貴方に出会っていたら、
看護師さんを目指していたと
思いました。

お体に気をつけてくださいね。
Unknown (まめ)
2011-03-28 23:08:11
ほぼ日のリンクから来ました。
いっきに読んでしまいました。

ものすごく不謹慎だとは思いますが、筆者の方や出てくる人たちの素直さ、優しさ、けなげさ、心の美しさに心あらわれてしまいました。。。

今は、大変で、やるせないこともたくさんあると思います。(遠くから、想像でものを言ってしまって、本当にごめんなさい。)

でも、こんなにあたたかく、強く、美しい人たちがたくさんいる日本は、大丈夫だと信じたいです。信じます。

大変な日々の中、貴重な体験を綴ってくださり、本当にありがとうございます。

私も、私の場所で、私にできることをがんばります。

ほんとうにお疲れさまでした。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 23:08:29
おつかれさまでした。
ありがとうございます。 (しの)
2011-03-28 23:10:29
私事で申し訳ありませんが…今年 1月に、15年付き合っていた彼が自殺で 死んでしまいました。 とても とても 辛く、毎日泣いていた日々でした。

今日 blogを 読み 不謹慎ながら 元気を頂きました。

微力な、私ですが 節電と義援金 で被災者の方の 力になれたらと思っています。

ありがとうございます。
読ませていただきました (赤影)
2011-03-28 23:10:50
ツイッターでこのブログを知りました。
読んでいるうちにニュースでは知りえない現実を知り、君を応援しながら読んでいました。
「がんばれ」と言うは安し。私自身頑張って募金します。既にいくらかは募金しましたが、もう少し・・。
ありがとうございます (珠姫)
2011-03-28 23:11:06
毎日、ニュースをみては歯がゆい、何かしたい。
そう思っていましたが、その考えすらも浅はかなものなのだと思い知らされました。
たくさん涙が溢れました。
こんな気持ちで被災地に行っても、確かにあし手まといになるだけですね・・・。

本当に被災地は、壮絶で過酷な日々を送っているのですね。
その一部分を、こうして貴方さまのブログで知ることが出来て、本当に良かったと思います。

まだまだ想像を絶するような被災地の状況は続くのでしょう。
本当に何が出来るのか、今一度考えてみたいと思います。

貴重な体験を文章にして頂き、本当にありがとうございました。
よくぞ書いて下さいました (nono)
2011-03-28 23:11:16
ほんとに、ありがとう。
伝えることって、大切ですね。
何度テレビのニュースを見るよりも、伝わってくるものがたくさんありました。

とても普通なあなた(失礼な言い方でごめんなさい、もちろんとても素晴らしい方です)が、実際に経験されたことだから、すごくすごく貴重なんです。
ありがとう。ほんとに、よくぞ書いてくださいました。
Unknown (M)
2011-03-28 23:12:09
陸前高田が故郷の者です。貴方のブログを見ながら本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。今は学生ですが、きっと教師になって瑠奈ちゃんのような子供たちが自分の夢を叶えられるように復興したいなと思いました。本当にありがとうございました
ありがとうございます。 (ゆう)
2011-03-28 23:13:51
読ませていただきました。
どうもありがとうございました。
ありがとう (たま)
2011-03-28 23:14:03
リアルな被災地の状況を伝えてくれてありがとうございました。きっと現地は私が読み取った以上に厳しい状況なんでしょうね。少し遠く感じていた震災も私ができることがまだあることを改めて考えさせられました。
本当にありがとうございました。 (ゆか)
2011-03-28 23:14:10
貴重な体験記ありがとうございました。
ほぼ日の糸井さんのTwitterからきました。

私のブログでも紹介させて下さい。
不快な思いをされましたら、ご指摘頂ければ削除致します。

本当に、お疲れ様でした。
私も微力ながら支援を続けていきたいと思います。
心に響きました (Unknown)
2011-03-28 23:14:36
素晴らしいお仕事をされてきたんですね。
私にも、何かできることがあるかな、常にそう思いながら過ごしていきたいと思います。
Unknown (macht)
2011-03-28 23:15:33
人間って弱い存在だけど、助け合えば強くなれる。ホント胸を打たれました。

瑠奈ちゃんも、きっときっと強く生きていってくれるよ。そう信じてる。
Unknown (akkie)
2011-03-28 23:15:41
Twitterで知り読ませていただきました。
色んな感情を抱きつつ、日記に書いてくださってありがとうございます。
私自身、何もできないでいるのがもどかしくて仕方ない状態でいたのですが
日記を読ませていただいて、自分の甘さを思い知らされました。

そしてTVや新聞などのニュースでは伝わってこない現実が衝撃的でした。

たくさんの方に知ってもらいたく(知るべき現実だと思うので)
勝手ながらブログに貼らせていただきました。

恐らく、多くの人が生の声を聞きたいと思います。また何か思ったこと、聞いたこと等ありましたら日記にしてください。

がんばってる人にがんばって!と言えないけれど
でも、みんなで支えあいながら、がんばっていきましょうね。
Unknown (ひでゆき)
2011-03-28 23:16:02
津波や地震の映像はテレビで繰り返し何度も見ました。

そのどれもが恐ろしく惨たらしく、自然の脅威とそれに対する人間の無力感をまざまざと見せつけるものばかりでした。

でも、それらはなぜか現実感が希薄で、頭ではそれが事実だということはハッキリと理解できるのですが絵空事のような感覚が常に心から離れられませんでした。

今回メディアを通しての現地情報・被災者たちの声は毎日のように入ってきています。

しかし残念ながら、それらはフィルターをかけられ演出され、僕達の耳や目に届くころには綺麗に枝葉が取り払われたものか、あるいは真実とはずいぶん異なったものになっているのでは、という思いを持っていました。

そういったときに、この日記の、生でリアルな心の震えが手をとるように伝わってくる文章を読ませて頂き、ぼんやりとしていた自分の頭の霞が一気に取り除かれていくような感覚を受けました。

人間誰しもが持つどうしようもない弱さと、そうでありながらも、なおそれを乗り越えようとする強さと優しさ・・・

被災された方々、救済・援護に当たられている方々、また今後の復興に尽力される方々、全ての人にとって今回は間違いなく長期戦です。体力を貯め・知力を振り絞り、一歩ずつ前に進んでいきましょう。

最後に、この素晴らしい日記をアップして頂き本当にありがとうございました。
ありがとうございます (うさぎ)
2011-03-28 23:16:29
ありがとうございます。
人の助けになれるような技術を身につけよう、と決心しました。
あなたのブログに会えてよかった。
あなたと