JKTS

被災地へ医療スタッフとして行ってきました。

短い間でしたが貴重な体験となりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

9、月明かり

2011-03-23 16:49:16 | 皆様へ

19日夜



今夜はちょっと休めそうだったけど熱を出している人や腹痛のかたが多いので
1人ずつ救護車の中で休むことになりました。

やっぱりみんなのいる体育館のほうが寂しくないけどそんな甘えたことは私は言っていられないですね。




運転席が明るいから電気がついているのかと見に行ったら
すごい大きなお月様の月明かり!!
今夜だけなのかな?

何かの現象なのかな?



毎晩こんなに明るかったらみんな少しは寂しくないのになぁ。


体育館からもお月様を見に、眠れない人たちが続々出てきて月明かりに照らされています。
ちょっと笑顔になってます!



被災地のすべての人に笑顔と幸せが降り注ぎますように。


絶対にこれ以上の悲しみは起こりませんように。






深夜便でそろそろ医療物品が来る頃かな?


梱包してくれた方やトラックの運転手さんにも本当に感謝感謝です。




明日は避難所から他県が用意した一時避難所に向かう方々もたくさんいるのでその準備も少し手伝えたらと思う。

今日ちょっと話したお婆さんは生まれ育った90年も過ごした高田を離れるのは死ぬほどつらいと言っていました。
海と貝博物館という施設が高田にあったらしくそこの近所に家があったので
いつもそこを訪れる観光客の笑顔を見るのが日課だったそう。


戦後貧しい思いをして
それでもおじいさんと頑張って家を建てて
漁をするのに船も買って
年老いたから仕事をやめて孫も出来て贅沢せずにゆっくり余生を過ごそうね、
そんな時にこの震災にあったとのこと。

「また戦後の時みたいにやり直せばいいけど
あの時みたいに若くはない」と涙をぼろぼろ流すおばあさん。
ここを離れたくない気持ちは痛いほどわかります。



一時避難でも高齢者には他県に行くことや高田を離れることは想像以上のストレスになると思います。

でも受け入れ先の優しい気持ちやあったかい場所とご飯が約束されているなら
少しだけの辛抱!!




なんだか私も東京に戻るのが嫌になってきました。

ジャンル:
モブログ
コメント (35)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10、明日は今日より良くなる。 | トップ | 8、仮設住宅 »

35 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (さいつー)
2011-03-27 14:06:24
この日の夜は18年に一度しかない地球に月が最も近付くスーパームーンと呼ばれる日だったそうです!
月明かりに被災者の方や支援に現地まで向かってる方の不安が少しでも掻き消されてたら幸いです。
スーパームーン ()
2011-03-27 23:46:50
読まさせていただき感動して元気をもらいました.
スーパームーンは19年振りの月の大接近で直径が14%大きくなり明るさが30%増しになります.
今後の更なるご活躍を期待しています.
ありがとうございました.
Unknown (だちょん)
2011-03-28 04:13:24
他の方も書かれていますがこの日はスーパーフルムーンでした。
東京の僕たちも元気をもらった月でした。
僕も空を見上げながら、被災地の方たちにもこの光が届いていると良いなと思っていました。
同じ月を見ていますね。
祈ることしかできませんが。
この手記に出会えて良かったです。有難うございました。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 05:38:19
私も静岡から同じ月に祈りを捧げていました。

全国でも多くの仲間がこの日の月に祈りを捧げていました。

被災地の現状を伝えてくださり、ありがとうございます。
9) Moonlight (anonymous translator (English))
2011-03-28 13:31:30
DISCLAIMER FROM THE TRANSLATOR: While I do speak English, I know nothing about medicine. These are rough translations made through tears. Please take all medical details with a grain of salt. This translation has not been proofread and may be revised on a later date.

==================================

March 19, nighttime

It seemed like we could get some rest tonight, but there are a lot of people with fevers or with stomachaches, so we decided to take turns resting in the first-aid car.

I feel less lonesome in the gymnasium, where everyone else is, but I have no business acting like a baby.


The driver's seat was bright, so I went to check whether the light was left on, but it was actually moonlight, from a gigantic moon!! Is this just for tonight? Is it some kind of phenomenon? I think we would all feel a little less lonely if it were this bright every night.

People who can't sleep have come out of the gymnasium to see the moon, too. The moonlight is shining on them. They're smiling a little!

Please let smiles and happiness reach each and every person in the affected areas. Please never let any more sadness come upon them.


I think the medical supplies will be coming soon, a late-night delivery. I am enormously grateful to the people who packed the supplies and the truck driver who is bringing them here.


Tomorrow, a lot of people will be transferring from this evacuation site to another temporary evacuation site prepared by a different prefecture, so I hope to help with their preparations, too.

Today I talked to an old lady who was saying that it will be heart-wrenching to leave Takata, where she was born and has lived for ninety years. She said there was an institute called the Sea and Shell Museum in Takata, and her house was in the same neighborhood. Seeing the smiles of the tourists there was part of her daily routine.

She experienced poverty after the war, but she worked hard with her husband to build a house, and even bought a boat to go fishing. When they got old, they retired from work and had grandchildren and were quietly enjoying their lives without any extravagance, and then this earthquake happened.

"We could start over again like we did after the war, but we're not young any more," she sobbed. I can understand how strongly she wishes not to leave this place so well that it hurts.

Even if it is a temporary evacuation, it will be enormously stressful for the elderly to transfer to different prefectures or to leave Takata, more than we can imagine. But if they can be promised the kindness of the people there, and a warm place to stay and food―then all I can say is, hang in there, just for a little longer!!


Now I'm sort of loathing going back to Tokyo, too.
インスタントな誉め言葉は要らない。 (Tavito Haseru)
2011-03-28 20:29:16
俺はそう思います。
仕事としてやっているのですから、あなたは当たり前の事をしているだけと思って取り組んでいることと思います。
だから、誉めませんが心から尊敬をします。
頭を下げます。

こんな話をするのは俺くらいだと思いますが、あなたがこれからずっと先、年を取って天寿を全うされた時には、おそらく天国あなたの腕を引っ張って引き上げてくれると思います。
その相手は

「ナイチンゲール」

そして彼女はあなたに向かって笑顔を交えながらこう言うでしょう。

「アナタ、なにボサっとしてんの!さっさとこっちでも天国に上がってきた人の面倒見るの手伝ってよ!」

と。

無理のなきよう。
補足 (Tavito Haseru)
2011-03-28 20:31:40
文章が抜けていたので補足します。

>おそらく天国から一人のオバサンが降りてきて、あなたの腕を物凄い勢いで引っ張って引き上げてくれると思います。

と読み直してください。
お忙しい中すみません。
Unknown (Unknown)
2011-03-28 20:37:05
通りすがりのものです。
ただ、ありがとう、とお伝えしたくて……
ふと頭に浮かびました。 (太郎)
2011-03-28 21:41:29
電車の中で泣きそうになりました。
ご苦労様でした。
あなたのブログを見ていて、浮かんできたのが絢香の三日月でした。
私もあなたも、そして、被災地の方々も同じ夜空を見ています。
Unknown (anko)
2011-03-28 21:55:58
記事にして頂いた事有難い気持で一杯です
そして・・同じ日に私の棲む土地にも「お月さま」がとっても綺麗で、あんまり綺麗でしばし見つめてました。月明かりてこんなに優しく、温かい気持ちになれるもんなのか?て思っていたんです。
そうなんですね。被災地でも同じ月が、同じように優しい月明かりが照らされていたんですね。
繋がってるんですね。同じ空の下で・・・
そしてここに記事にしてる方々もあの月を見ていたんですね。同じ思いをしていたんですね。
今・自分に出来る事なんて大した力になんないな。て虚しく思っていたんですけど・・祈る事しか出来ないんですけど・・・。被災者の方々に申し訳ないですね。前を向いて自分が出来る事をやるだけですね。そして大好きな東北をあの綺麗なリアス式海岸をまた訪れたいと思ってます。本当にありがとうございました
Unknown (コタロ)
2011-03-28 23:10:16
ありがとうございました。

今は満員電車の中でコメントしてます。
みんな心のどこかでは気にしながら、でも、
ざわざわしてます。お酒を飲んだ方もいるのでしょう。
これも現実

被災地で起きていること
これも現実

だんだん日常が都内には、表面に戻ってきています。
そしてだんだん格差がでてきます。

ブログ読ませてもらった今日…

仙台の得意先から電話がありました。
「納品できる物はして欲しい」
いい忘れました。私はアパレルメーカーの
営業をしております。

とてもじゃないけど、今年は一緒に仕事なんて無理では、と私は心のどこかで思ってました。

電話の向こうでは、取り返そうとみんな必死なんですよね

なんて表面的にしか見てなかったんだろう…

被災地の人達の方が何倍も強いですね
絶対東北は、復活しますよ!

復興だけではなく、新しい生命を宿した街が
きっと誕生するはずです
自分も役に立つのなら、いくらでも




感謝と尊敬です! (heyshu1)
2011-03-28 23:11:24
読ませていただいて、心が震えました。恐怖で何度も胸が締め付けられました。でも、全てを読んで、あなた方医療スタッフや自衛隊の方々など、真っ先に現地に入って、我々の想像力では思いも寄らないような状況の中で支援を続けている皆さんの優しさと強さを感じました。それに比べればあまりにも非力な自分ですが、これからも少しずつ出来ることを続けて行こうと思います。ちなみに3/19の月は「スーパームーン」といって、不吉なことの予兆のようにいう人もいるようですが、決してそうではなく、被災地の方々の未来を照らす優しい月明かりだったのだと信じます。
はじめまして! (茨城県民)
2011-03-28 23:47:57
1から9まですべて読みました。
被災地まで行ってこうして、現状を教えて頂きありがとうございます。
ゴンさんも体調気をつけてください。
ありがとうございました!
ありがとうございます。 (hiroko9817)
2011-03-28 23:49:47
他の方々と同じように 記事にしていたいただいた事に感謝しています。

お疲れ様でした。

私も北海道で看護師をしています。
もう20年以上病院勤務をしています。災害派遣は経験がありません。 
この記事を読むことができ もう一度自分自身の振り返りを行うことができました。

他の方々と同様に私のmixiの日記にURLを貼らせていただいてもよろしいでしょうか?
mixiでのHNは「hiroko9817」です。
Unknown (仁太郎)
2011-03-29 10:12:47
力強い文章をありがとうございます。
リンクはうまい写真ではありませんがあの夜の月です。
本当に有難う御座います。 (ビンショ)
2011-03-29 17:49:12
文章読ませていただきました。本当に有難う御座います。心に響くお言葉『被災地のすべての人に笑顔と幸せが降り注ぎますように。』

『絶対にこれ以上の悲しみは起こりませんように。』
この文章を読めました事に本当に感謝します。
有難う御座いました。
Unknown (ぷっち)
2011-03-29 17:59:17
気仙沼で医師をしています。
災害の際には日本全国から、多くの医療チームがかけつけてくださり、今も避難所で診療をしてくださっています。
病院スタッフは病院内をなんとかすることで手いっぱいで、避難所まで診療をしに行くことは出来なかったので本当に感謝しています。
ありがとうございました。

ちなみに、私は泣いてもいいと思います。
でもあの数日間は、なんというか感情がフリーズして、ただただ目の前の仕事をすることしかなかった。
お疲れさまです (kena)
2011-03-29 22:20:36
この春より30代後半にして看護師として働きはじめました。
社会人経験のある新卒看護師です。

友達にこちらのブログを教えてもらい一気に読ませていただきました。

こういう時にボランティアとして行きたい!って思ったのですが、新卒にはできないことだらけ。毎日採血や静脈注射の見習い中です。

早く一人前の看護師になりたい!!!
腕があればこういう時に駆けつけられるんですよね。

「泣くな」とまで言われるのですね。。。
私も人間らしい看護師を目指していますから
涙はバンバン流してしまうと思います、失格なのかもしれないけれど。

どうかお体大切に。
貴重な体験を書いてくださりありがとうございました。
涙なしでは読めませんでした。
ありがとうございました (きっと)
2011-03-30 00:07:02
別のブログから、こちらにきました。
読みながら、涙が止まりませんでした。
私達には、何もできない中、私達の代わりに被災者の方々を助けていtだいて、本当に有難うございました。
日本中の人々が、被災された方、支援されている方に尊敬と感謝の思いを送っています。
あなたさまのご活躍を、まだまだたくさんの人が待っています。
お身体を労って、思う通りに進んでいってください。
直接お手伝いができず、もどかしい思いをしている、私達のかわりに。
月のこと (azm)
2011-03-30 09:26:33
19日夜はスーパームーンといい、
月が地球に大接近した日でした!

いつもより30%明るさが増したようで、その光が真っ暗な夜を照らしてくれたんですね。

これから訪れる季節が春でよかった。
Unknown (のん)
2011-03-30 09:59:53
友達のブログから来ました。

テレビを見て泣いている場合じゃないと思いました。
被災地の方がこれから先の生活に希望が持てますように。。。
私の出来ることをやっていきたいと思います。

Unknown (ACO)
2011-03-31 04:32:23
RIKUZENNTAKATA SHUSSHINNDESU. KANNSHANO KIMOCHIDE IPPAIDESU.
Unknown (英訳をまとめました)
2011-03-31 04:37:32
匿名の翻訳者の方が英訳してくれた内容をひとつのブログにまとめさせていただきました。ご本人の承諾を得ないまますみません。ただ英語圏の人にも幅広く読んでいただきたい一心です。周囲に英語なら読めるという人がいたらぜひ広めていただけませんでしょうか。http://aidworkerdiary.blogspot.com/
ありがとうございます。 (miomaeshima)
2011-03-31 11:44:06
英訳まとめてくださった方へ。ブログ主のかた、翻訳者の方への承諾がまだということでの躊躇があるお気持ちお察しします。ただこの場を借りてお礼を申し上げたいです。海外の人たちが地震への興味を失う前にこのことを伝えなくちゃ!と思います。
Unknown (rika)
2011-03-31 12:36:52
想像以上でした。
涙が止まりませんでした。

知り得なかったこと。
貴重な現地の状況を教えていただきました。
本当にありがとうございます。

私は九州でできることを改めて考えようと思います。
ぜひ、私のブログでも紹介させてください。
既に多くのところで取り上げられているようですが、一人でも多くの方にしっていただきたいです。

ただただ、感謝です。
ありがとうございます (ねここいぬ)
2011-03-31 13:48:56
いい月夜でしたね

ツイッターから来ました
現地からの声 ブログに載せてもよろしいでしょうか?

本当の事だけど現地の人は元気です
こちらこそ 元気にしてもらってます

移転先でもきっと 寂しくないと
思います ここは無くなるわけではないし
きっとあたたかく 迎えてくれると

またみなさんが戻ってくらせるのも
楽しみにしてます
遅ればせながら (スウェーデン在住日本人)
2011-03-31 20:39:05
知人からの情報で遅ればせながら拝読させていただきました。

スーパームーンの満月をこんな気持ちで見ている人がいたなんて…

生まれて初めてブログを読んで泣きました。

本当にありがとうございました。
そして本当にお疲れ様でした。
もっと早くに… (mio)
2011-04-01 01:10:05
このブログを読み、涙が止まりませんでした。TVでの放送とは違う現実を知りました。30才、今日4月1日より准看護師として病院勤務となります。もっと早くに看護師になっていれば少しでも力になる事が出来たのではと後悔しました。ですが今のこの現実を受け止め私が出来る精一杯の事を力一杯やろうと思います。お疲れ様でした。
Unknown (michi)
2011-04-02 11:04:12
報道からは伝わってこない現実、そこにいる人たちの気持ちを知る事ができました。書ききれないことも、その場でなければ分からないことも当然沢山あると思いますが、それでもこのブログだけでずいぶん大事なことを知れました。

支援活動、ありがとうございました。
書き綴ってくださったこと、ありがとうございました。
とてもとても感謝しています。
陸前高田に親戚がいる者です。 (chibasat)
2011-04-03 02:30:43
父親の実家が、陸前高田市小友町にあります。
このブログに書いていただいた「海と貝の博物館」は、生前その方面を研究していた祖父(千葉蘭児といいます)の博物館と思われます。
私は東京在住で、父方の田舎にはもう何年も行っていませんが、この度の震災による陸前高田の壊滅的被害が、未だ信じられない気持ちです。
幸い、父方の親類は皆無事が確認されていますが、従姉妹の一人は家を失ったうえ、医療関係者なので恐らく同様に壮絶な日々を過ごしていると思われます。
私は都内で会社勤めをしており、実際に現地に行って直接的な支援をする力がありません。
ブログを読ませていただき、その体験がどれほど壮絶だったかは想像を絶しますが、募金や節電ではなく、直接に被災者の力になることができるお仕事に就かれていることを非常に羨ましく思います。
陸前高田の状況を、こうしてブログに書いて公開してくださってありがとうございました。
感謝でいっぱいです (omegu)
2011-04-21 23:29:20
アメリカ在住の者です。こちらのブログで実際に現場で起こっていること、ニュースなどからは伝わってこない本当の厳しさ、苦しさ、そしてまたそこから生まれる感動など、たくさんたくさん知ることができました。そして毎回こんなに涙なしで読むことができないブログに出会えたことに感謝しております。津波が起こった後1~2週間は日本人を心配するアメリカ人が多かったように感じますが、日が経つにつれ「日本はお金持ちの国だから大丈夫だろう」的な雰囲気が漂っている気がしてなりません。復興までにはまだまだ時間とお金がかかること、どれだけの日本人が苦しみながらも昼夜がんばっているか、微力ながらも伝えて生きたいと思っています。募金活動などにも協力しておりますが、明日知り合いからのお願いである団体への今回の地震の被害、復興についてプレゼンをするようお願いされたので、こちらのブログから得させていただいた貴重な話もさせていただきたいと思ってます。そしてコメントでいつも英訳して頂いている方、今回それをサイトにまとめていただいた方にも同時に心より感謝しております。海外にもどんどん伝わることを願っています。
ありがとうございます (山田)
2011-04-22 01:34:44
素直な文章の端々が、本当のことの重みを語りかけてくれています。
私には瑠奈ちゃんと一つ違いの娘がいます。
万が一同じ状況に遭っていたら、私の妻も瑠奈ちゃんのママと同じように、娘の好きな絵本とおもちゃを持って行こうとすると思います。
本当のことは、どんなに些細なことでも、みんなが共感できる普遍性を持っているんだと思います。
あなたの素直な文章には、一人の経験を、読む人全ての経験に変える力があります。
語ってくれてありがとう。
ドイツ語圏より (Unknown)
2011-05-23 08:14:32
9. Mondschein

19. März, Nacht
Erst sah es so aus, als könnten wir uns in dieser Nacht ein wenig ausruhen, aber da viele Menschen hier Fieber und Bauchschmerzen haben, einigten wir uns darauf, dass wir abwechselnd ein bisschen im Krankenwagen schlafen.

Ich fühle mich zwar weniger einsam, wenn ich mit allen Anderen in der Turnhalle schlafe, aber ich muss mich zusammenreißen.

Das Fahrerhaus war hell erleuchtet und ich wollte gerade nachsehen, ob jemand das Licht angelassen hatte, als ich sah, dass es Mondlicht war.
Der Mond war riesig!
Ist er nur heute Nacht so groß?
Ist es irgendein Phänomen?
Wenn der Mond jede Nacht so hell leuchten würde, würden wir uns alle wohl ein bisschen weniger einsam fühlen.

Nach und nach kamen Menschen, die nicht schlafen konnten, aus der Turnhalle, um sich den Mond anzusehen. Das Mondlicht schien auf ihre Gesichter und sie lächelten ein wenig!

Ich wünsche mir, dass alle Menschen im Katastrophengebiet ihr Lächeln und ihr Glück wiederfinden.

Ich wünsche mir, dass sie in Zukunft nicht noch mehr Schmerzen erleiden müssen.


Die Medikamente müssten bald ankommen, eine Mitternachtslieferung.

Ich bin den Menschen, die die Medikamente einpacken und den Lastwagenfahrern, die sie herbringen, wirklich dankbar.

Da morgen zahlreiche Menschen in eine Notunterkunft, die von einer anderen Präfektur zur Verfügung gestellt wird, übersiedeln werden, werde ich etwas bei den Vorbereitungen helfen.

Heute habe ich mit einer älteren Frau, die vor 90 Jahren in Takata geboren wurde und ihr gesamtes Leben dort verbracht hat, gesprochen. Sie erzählte mir von dem Schmerz den es ihr bereitet, ihre Heimatstadt zu verlassen. Von der alten Frau weiß ich, dass es in Takata ein Museum über das Meer und seine Muscheln gegeben hätte und sich ihr Haus in unmittelbarer Nähe des Museums befunden haben soll. Das Lächeln der Touristen zu sehen, die das Museum besuchten, war eine ihrer täglichen Freuden.

Die alte Frau erzählte mir von ihrer Vergangenheit, wie sie nach dem Krieg ein ärmliches Leben führte es aber dennoch schaffte, gemeinsam mit ihrem Mann ein Haus zu bauen und ein Boot zum Fischen zu kaufen. Nun, in hohem Alter, haben sie und ihr Mann ihre Arbeit niedergelegt und wollten nun bescheiden ihr restliches Leben genießen. Doch dann kam das große Erdbeben.

Die alte Frau sagte unter Tränen: „Wir können natürlich wie damals nach dem Krieg alles wieder aufbauen, doch ich bin nicht mehr so jung wie zu jener Zeit.“
Ich denke, für die älteren Menschen stellt der Umzug in eine Notunterkunft in einer anderen Präfektur und das Verlassen ihrer Heimat Takata eine größere Belastung dar als wir uns vorstellen können.

Irgendwie möchte auch ich nicht mehr nach Tokio zurückkehren.
UGG 通販 (UGG 通販)
2011-08-16 23:55:09
UGG 正規品保証 通販 店舗-UGG 激安, ugg australia ブーツは売れ行きがよい,当方は 高品質のアグ ブーツ-ugg 通販があります。ugg 激安中 レディース UGG boots、メンズ UGG ブーツ、キッズ アグ ブーツ、UGG ムートンブーツ
今夜スーパームーンですね (山田)
2012-05-06 00:56:00
今夜(2012.5.5の夜)は、スーパームーン
がみられますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む