花を愛でる

四季折々の花を愛でます、時折、亀吉の様子も

”紅葉” の名前で

2017-08-13 | 植物 花

「カンナ」の銅葉と「ストロビランテス・ダイエリアヌス」別名「ウラムラサキ」のメタリックカラーの葉が、鮮やかさを競っています。

 下図は、「ウラムラサキ」の花です。


真夏に ”紅葉” の話もなんですが、赤や黄色に紅葉する「紅葉(コウヨウ)」ではなく

葉の形が、「カエデ」類の総称の「紅葉(モミジ)」の葉に似てる故の命名なので

夏には、似合わないですが、敢えて載せてみました、花は、夏の花です。

最初は、「モミジバアサガオ」(紅葉葉朝顔)です。

葉は、掌状で、5から7裂しますが、「モミジ」の葉の様に全開しないので

全く似ているとは言え難いのですが ・ ・ ・ 

別名「モミジバヒルガオ」(紅葉葉昼顔)が、正式名とのことですが、「昼顔」より「朝顔」の方が

馴染み深いので、「紅葉葉朝顔」の名前が、よく使われる由

花色は、紅紫、青紫色で、「朝顔」や「昼顔」の花に似ています、「サツマイモ」の仲間とのこと

ヒルガオ科、サツマイモ(イボモエア)属、蔓性常緑多年草、北アフリカ原産

学名 Ipomoea cairica、英名 Ivy-leaved morning glory、Cairo morning glory 等々


 次の ”紅葉” は、「モミジアオイ」(紅葉葵)の花です。

此の花も「モミジ」似た葉を着け、アオイ科の花に似た花を咲かせるので、此の名前が付いた由

しかし、五弁で光沢が有る真っ赤な花は、「フヨウ」や「ハイビスカス」の花とは少し違って

花弁が、重なり合うことはなく、離れて着いています、花径20cm 位になります。

一日花ですが、次々と開花するので、秋口の頃迄愉しめます。

近頃は、「アメリカフヨウ」等との交雑種が、作出されて、花弁に隙間の無いものや

花色も白、ピンク等も有る様です。

茎が、直立して、2m位になります、冬は、枝葉は枯て、根茎で越冬します。

アオイ科、フヨウ属、宿根多年草、北アメリカ原産、学名 Hibiscus coccineus、英名 Scarlet rose mallow 

別名「コウショッキ」(紅蜀葵)

 

<各画像は、クリックで拡大表示します>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も「スズメウリ」(雀瓜)を育てます、生育の記録を随時載せていきます。

№15

髭が伸びて、葉も更に大きくなりました、間もなく蕾も着きます。

 

ジャンル:
みんなの花図鑑
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏、赤色 | トップ | 夏、アオイ科の花(2) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (がめりこ)
2017-08-14 03:43:05
flower-spaceさん
読者登録有難うございます
テ-マの捉え方が他に例がなく
又、プロフィ-ルの写真のスキルも素晴らしく
面白いなぁと思いました。
知らなかった事がたくさんUPされているので
とても楽しみです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。
こんにちは (taka、 flower-blog)
2017-08-14 16:26:16
がめりこ様
コメント有り難うございます。
今日、足跡を辿ると、がめりこ様の野菜や花のページを拝見することができました。
野菜や花好きのご様子、早速、登録させて頂きました、宜しくお願い致します。

コメントを投稿