花を愛でる

四季折々の花を愛でます、時折、亀吉の様子も

秋、紫紺色

2016-10-12 | 植物 花

「カリン」(花梨)が、枝もたわわに実っています、カリン酒を造ります。

他の果実の画像をクリック し、拡大して御愉しみください。

「チキュウカン」(地球柑) 「オニユズ」(鬼柚子) 「グァバ」 「マルメロ」
「ミヤマカイドウ」(深山海棠) 「ザクロ」(柘榴) 「カラタチ」(枳殻) 「カリン」(花梨)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の本題 の “秋、紫紺色” は、「シコンノボタン」と「ソラナム・ランドネッティー」の花の色です。

 

<「シコンノボタン」(「紫紺野牡丹)」>

紫紺の大輪の花を、ビロードの様な白い産毛が生えた葉が、引き立てます。

一日花ですが、蕾の中には、さらに小さい蕾(幼蕾)が、5~10個入っていて、次々と花を咲かせます。

10本の雄蕊が、飛び出ていますが、其の内の5本が長く、5本が短い雄蕊です。

花粉袋が、曲がっているので、蜘蛛の足の様にみえます、別名「スパイダーフラワー」の由来とか

花期が、春と秋冬の二度有るのも特徴の一つです。

似た花に、東南アジア、日本原産の「ノボタン」(野牡丹)が有りますが、見分け方としては

「ノボタン」の短い雄蕊が、黄色で、長い雄蕊が紫色、「シコンノボタン」の長い雄蕊も短い雄蕊も紫色の違いが、有ります。

両者似てはいますが、ティボウキナ属、メラストマ属と、まったく違う属に入っています。

ノボタン科、ティボウキナ(シコンノボタン)属、常緑低木、ブラジル原産、学名 Tibouchina urvilleana

英名 spider flower、glory bush、purple glory tree、別名 「スパイダーフラワー」 


下図は、メラストマ属の「ノボタン」(Melastoma candium )です、「シコンノボタン」の雄蕊との色の違いが解ります。


「ソラナム・ランドネッティ」(リシアンサス・ランドネッティ)も 暗青紫色で中心が黄色の花を咲かせています。

四季咲きの花ですが、今頃の花の色が、一番冴えている様に思います。

「ソラナム」とは、ナス科、ソラナム属の総称とのことで、「シホウカ」、「ツルハナナス」、「ルリヤナギ」

「フユサンゴ」、「ヤマホロシ」、「ナス」、「ツノナス」等々がソラナム属に入ります。

ナス科、ソラナム属、常緑低木、南アメリカ原産、学名 Solanum rantonnetii=Lycianthes rantonetii

英名 blue potato bush、paraguay nightshade、別名「ソラナム」

科は、違いますが、似た花に「ルイラソウ」(Ruillia spp.)が有ります、花弁の色や皺々感が似ています。

多くの品種が有りますが、此の時期に咲き始める品種が有ります。

キツネノマゴ科、ルイラソウ(ルエリア)属、一年(多年草)、南アメリカ原産

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今般、NTT東日本 福島支社様の御好意により、福島各地のLIVE映像<ふくしまの窓から>にリンク許可を得ました。

季節の移り変わりをLIVEで視ることができます、花に飽きたら是非LIVE映像を御覧下さい。

秋の気配が、一層、濃くなってきました。

尚、夜間は、不可視の場所が在ります。

<下図をクリックして御覧下さい>

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋、ピンク色 | トップ | 秋、トウダイグサ科(1) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。