花を愛でる

四季折々の花を愛でます、時折、亀吉の様子も

初夏、チョコレート色

2017-05-19 | 植物 花

突然ですが、上図は、何の画像でしょうか ・ ・ ・ 回答は、画像をクリックしてご覧下さい。

最初は、「ハッカクレン」(八角蓮)です、艶々で茶褐色の花弁が、手芸品の様です。

花は、葉茎から花茎を伸ばして、数輪咲かせ、葉は「蓮」に似た葉を二枚着けます。

葉は、掌状で切込の角数が6個から8個、名前の由来になっています、果実は、林檎の様な球形です。

仲間には、白い花を咲かせる「アメリカハッカクレン」が有ります。

メギ科、ハッカクレン(ポドフィルム)属、多年草、中国、台湾原産

学名 Podopyllum pleianthum、英名 Chinese May Apple、別名「ミヤオソウ」



 

次は、「クロナナロウバイ」(黒花臘梅)です。

「クロバナロウバイ」

茶褐色の厚い花弁を多数着けて、上向きに咲きます、花や葉には香りが有ります。

春先に咲く「ロウバイ」の実が似ているので、「ロウバイ」の名前が付いた由

花は、「ロウバイ」には、似ていなくて、交雑種も多いようです。

ロウバイ科、クロバナロウバイ属、北アメリカ原産、耐寒性落葉低木、学名 Calycanthus flordus

英名 Carolina sweetshurub、別名「ニオイロウバイ」、「アメリカロウバイ」


<各画像は、クリックで拡大表示します>

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も「スズメウリ」(雀瓜)を育てます、生育の記録を随時載せていきます。

№5

ジャンル:
植物
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初夏、黄色 | トップ | 初夏、キキョウ科 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。