ワン!ワン!Happiness Dog & La♪La♪La♪~ Happy Clay ~☆*‥.。*‥.。*‥.。

新人ボランティアの目線でNPO法人ドッグレスキューしおんの会(保護犬)にまつわる あれこれ奮闘記を綴る☆

保護犬チャーミー、チャーチャ、草介が卒業しました。

2017年06月13日 | ドッグレスキューしおんの会

先週の土曜日、保護犬チャーミー、チャーチャ、草介がしおんの会を卒業しました☆
飼い主さんは根室で牧場経営をしているYさんファミリーです。

詳細は、こちらのblog「しおんのわんころもち」をご覧ください☆
http://d.hatena.ne.jp/zion_hamanaka/20170601/1496310625

〈チャーミー〉
3年前、浜中町内で保護されたチャーミー(保護当時、推定年齢1歳)
しおんの会で保護されるまでは、人に触られた事がなかったようで人に触られる事が苦手だったチャーミー。
ですが、Y組の愉快な仲間犬やお世話をしてくださったYさんの愛情を受け、徐々に人との生活にも馴れてきたチャーミー。
私にも静かに近寄り手をペロッとなめてくれたり、いつも笑顔で迎えてくれたチャーミーでした。

いつもクールなチャーミーですが、預かりYさんの愛犬・ハッピーが大好き

 〈チャーチャ〉
昨年8月に浜中町内で迷い犬として保護されたチャーチャ。

 チャーチャもハッピーが大好き

チャーミーVSチャーチャのバトルは、もう見れない…

 

 

ハッピーとチャーミーの間に割り込むチャーチャ
チャーミーとチャーチャはハッピーが大好きですが、いつも3匹は仲良しでした。

 

保護当時、すでに妊娠していたチャーチャは昨年10月14日に6匹の赤ちゃんを無事出産。
わんぱく6匹の赤ちゃんを育て、日々子育てに奮闘していたチャーチャ。

 

昨年10月10日、カラスの大群に襲われそうになった子犬の一生(いっせい・保護当時生後1ヶ月くらい)を保護。

 

子育て奮闘中だったチャーチャは我が子のように一生を可愛がり、一生もまた本当の母のようにチャーチャを慕い、とても仲の良い親子関係を築いていました。

昨年末、山中の駐車場に捨てられていたあやめと雪野姉妹(推定年齢、生後1ヶ月くらい)を保護。
その姉妹犬もよく面倒をみてくれたチャーチャ。
本当の母犬のように、いつも優しくあやめと雪野を見守り可愛がってくれたチャーチャでした。

 

<草介・そうすけ>
今年1月14日、厚岸町の元農家さんの敷地内で捕獲保護した野犬の子、草介(保護当時の推定年齢は生後3ヶ月くらい)
その後、代表が草介のお世話をすることに。
警戒心が強く、時には威嚇する草介を愛情込めて可愛がり少しずつ代表に馴れてきた草介。
※こちらは保護当時の写真
 

きょうだいの草介と桃。
一時は桃と一緒に保護されていました。

まだ、草介の飼い主さんが決まっていない5月13日のしおんの会のblogで代表はこう記載していました。
「我が家には、リオン、シロ、リラ、当会犬スタッフのアケボノとモリオ兄弟が居ますが、このごろ思うことは草介が居なくなったら淋しいなぁー、一匹でも多く犬を幸せにできますように…と、毎日願いながらしおんの活動をしていますが、飼い主さんが見つかって嬉しい気持ちと同じくらい寂しく『切ない』活動だなぁと思う時があります、と。


私たちは犬の幸せを願いつつ活動をしていますが、野犬や迷い犬を保護し愛情を注いだ分、また別れは淋しく切ないものだと、ボランティアの一員として釧路から浜中町に通う私でも日々の活動を通して痛感します。


後日、譲渡の様子をアップします☆

『犬』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 【迷子犬】ボーダーコリーの... | トップ | 保護犬チャーミー、チャーチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。