中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

アンデス・ブランカ山脈紀行;第9日目(2);パチビルカ海辺のレストランで昼食

2016年12月27日 05時01分35秒 | ペルー;ブランカ山群トレッキン

                                                <パチビルカのレストランで昼食>

 アンデス・ブランカ山脈紀行;第9日目(2);パチビルカ海辺のレストランで昼食
               
(アルパインツアー)
        2016年9月6日(火)~16日(金)

第9日目;2016年9月14日(水)(つづき) 晴

前の記事

  ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/2638db83386e4c0db05bae41e38789df

<ルート地図>(再掲)


←クリック拡大

<シャスキタンボから海辺のパチビルカへ>

■荒涼とした自然
 シャスキタンボでの休憩を終えて,私達は専用車に乗車,10時丁度に発車する.
 現地ガイドから,500ミリリットルの飲料水が入ったペットボトルを1本ずつ頂戴する.ここでは飲料水は貴重である.これで,暫くの間,水の心配はない.
 専用車は草木が殆ど生えていない殺風景な山が連なっているところを走り続ける.こんな風景が行けども行けども続いている.
 
<現地ガイドから水が支給される>       <草木が殆ど生えていない丘陵>

■砂塵舞う平原
 やがて山地が遠ざかり広大な平野の真っ直中を専用車は走っている.相変わらず乾燥した大地が続くが,林や畑が広がり始める.
 どのくらいの強さの風が吹いているのか良く分からないが,猛烈な砂塵が舞い上がっている.

<砂塵舞う平野>

パチビルカに到着
 10時48分,大きな道路と合流する.片道2車線の幹線道路である.どうやら私達は太平洋沿いの街,パチビルカ(Pativilca)の郊外に入ったようである.所が道路が街中に入ると,また道幅が狭い砂利道になる.砂利道に入った途端に専用車もガタガタと大きく左右上下に揺れ始める.
 10時56分,大きな道路と立体交差する.ところが立体交差を過ぎて街中に入るとまたガタガタと揺れる片側1車線の道路となる.道路の両側には民家がビッシリと軒を並べている.私達はどうやらパチビルカの中心地に入ったようである.
 11時08分,街中の交差点を右折しさらに左折する.専用車は南太平洋沿岸の道路に出る.
 

<パチビルカで昼食>

■レストラン「ロスカビオト」
 11時08分,専用車は南太平洋沿岸にあるレストラン「ロス・ゴビオ(Los Goviot)」に到着する.海が見えるレストランである.
 「…こちらで昼食を摂ります…」
という現地ガイドの説明を聞いた後で,専用車から降りる.
 このレストランも日干し煉瓦造りである.
 
<ロスコビオに到着>                          <玄関の装飾>

■小ぢんまりとした客室
 レストランの中に入る.私達だけで食堂はほぼ満席になる程のこぢんまりとしたレストランである.
 現地案会い人のEMさんが店主と相談をしている.多分,私達高齢者を対称にメニューを選んでいるようである.

<テーブルに着席>

■昼食のメニュー
 昼食のメニューは下の写真の通りである.主食は勿論イモ.でも,結構美味しいパンが着いている.
 唐揚げにはちょっとスパイシーな味付けて,結構,いける.ボリュームがタップリあるので,満腹.太るのではないかと心配になる.



<昼食のメニュー>

■洒落たトイレのマーク
 食事後,トイレに向かう.
 洒落たトイレマークが気に入る.下の写真の左が男性用,右が女性用の表示である.如何にもペルーらしい感じがするし,芸術性を高いと思う.
 こんなところからも,ペルーに内在する文化の奥深さを感じてしまう.
 
<トイレマーク男性用>                           <トイレマーク女性用>

<パチビルカの海岸>

■広々とした砂浜
 昼食後,レストラン前の砂浜に出てみる.広い砂浜に南太平洋の白波が打ち寄せている.広々としたふうけいである.
 私達は打ち寄せる波の音を聞きながら,暫くの間,日光浴を楽しむ.
 灯台を見ながら,
 ”リマは,あの灯台のずっと先だろうか,あとどのくらい(専用車に)乗れば,リマなんだろうか”
とぼんやり考える. 

<広々とした砂浜>

■遠くの灯台
 砂浜の先には,白い灯台が建っているのが見える.どことなく銚子の灯台に似ているような気がする.

<灯台が見える>

■パチビルカの海岸を出発
 昼食を終えた私達は,12時20分,専用車に乗り込んで,パチビルカの海岸を出発,すぐに高速道路に入る.素晴らしい高速道路を,リマに向けて快調に走り続ける.

<パチビルカの海岸を出発>
                               (つづく)
つづきの記事
  ↓

http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f653e7d9b302ed1c24314d2e7cc29b45

「ブランカ山群トレッキング」の目次
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/3ac14bd1d44b99a378555e26864f76b7
「ブランカ山群トレッキング」の索引
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/9e3ba704d9bf4f7278473747420c4534

[参考資料]
ペルー周遊記(ピスコ山登頂);インデックス
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f78082280c7a6bb87b1810478b6786ea

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.





『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山の眺望と常連忘年会を... | トップ | アンデス・ブランカ山脈紀行;... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ペルー;ブランカ山群トレッキン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。