中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

アンデス・ブランカ山脈紀行;第5日目(2);トレッキング1日目;ワリバンパ谷を遡る

2016年10月25日 06時29分42秒 | ペルー;ブランカ山群トレッキン

                                 <チャクラフを眺めながら休憩>

     アンデス・ブランカ山脈紀行;第5日目(2);トレッキング1日目;
                         ワリバンパ谷を遡る
           
  (アルパインツアー)
        2016年9月6日(火)~16日(金)

前の記事
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/18abb20bb4266ece722f0e60802837a4

第5日目;2016年9月10日(土) 

<ルート地図>

■トレッキングルート全体図

←クリック拡大

トレッキングルート1日目

←クリック拡大

<可愛い動物たち>

■朝礼
 ヴァゲリアの食堂で簡素な朝食を済ませた後,いよいよ本番のトレッキング開始である.
 トレッキング開始に当たり,現地ガイドのHSさんから,私達に同行するスタッフの内,料理担当と設営運搬担当の2人のリーダーの紹介がある.
 HSさんはまだ24才の若さである.それにも拘わらず大変落ち着いていてリーダーシップのある好青年である.
 8時58分,HSさんを先頭に,ヴァゲリアの広場から歩き出す.いよいよトレッキング本番の開始である.
 今日の行程は,ヴァゲリアからコルカバンバを経由して,パリア谷出合まで約16キロメートルである.

<朝礼>

■いきなりの下り坂
 広場の一角から,ヒョイと飛び込むような感じで,道幅が狭い小径に入る.殆ど草木はなく.岩礫ばかりの斜面をトラバースする下り坂である.どうやら生活道路らしく,結構歩き易い道である.
 歩く順番は,例によってスロースターターの私は最後尾になってしまうが,気ままに写真を撮ったり,メモをしたりするには最後尾が一番良い.
 暫くの間,坂道を下り続ける.
 左右に曲がりくねる砂利の下り坂をショートカットするように,人が一人やっと通れるような急な下り坂が続く.
 
<広場に続く下り坂>                                                         <広い道と何回か交差する>

■可愛い動物たち
 ときどき道幅が広い砂利道を通るが,この砂利道は幹線道路らしく,人馬の往来が結構頻繁である.
 ウマやロバだけではなく,下の写真のような可愛い動物(名前ど忘れした)ともすれ違う.
 日本の道路に例えるならば,軽トラック,砂利トラ,乗用車が走っているのと〃なのだろう.
 これらの動物が,とても可愛くて,思わず何枚もの写真を撮ってしまう.
 
<可愛い動物に合う>                         <隊商が行く>

■小川を渡る
 途中から広い道と離れ,る狭い道を下り続ける.ゴロゴロとした礫や石混じりの道である.
 9時24分,簡素な橋が架かっている小川を渡る.橋の下を川の水がざわざわと音を立てながら流下している.
 
<礫と石混じりの狭い道を下る>                    <小川を渡る>

■ロバの隊列
 川の左岸沿いを高巻きするようにトラバースする細道が続く.
 9時31分,坂の下の方から数頭のロバが列になって登って来る.私達の列の後ろに居るツアーリーダーが,
 「…山側に除けて下さぁ~いっ…!」
と大声で私達に注意する.

<ロバの隊列と出会う>

■大きな荷物
 ロバの列とすれ違う.
 千頭のロバはなかなかの利口者である.私達の会っても動揺することもなく,静かにすれ違う.眼がとても可愛い.背中には大きな木箱2個と大きな荷物1個を背負っている.
 後ろには数頭のロバが続いている.一番後ろにロバ群を操る男性が1人居る.
 ここではロバ優先である.私達はロバ群が通り過ぎるのをジッと待っている.

<ロバの隊列>

■授乳する母ブタ
 9時40分頃,道幅が広い道路に出る.勿論未舗装の道路である.道路には轍が付いている.
 道路脇の斜面で,ブタの親子を見かける.子ブタに授乳中である.何とも微笑ましい姿を眺めながら,集落に入る.
 なかなか小綺麗な家が建ち並んでいる.
 
<ブタの親子>                                 <集落に入る>

<コルカバンバ>

■長閑な田園風景

 小さな集落を抜ける.
 10時07分,進行方向右手の展望が開ける.
 川の谷筋に沿って,段々畑が続いている.畑の上に集落が見えている.周囲には結構緑があって,のどかな田園風景である.

<長閑な田園風景>

■休憩所で血中酸素濃度測定
 10時17分,橋を渡って川の左岸沿いの道に入る.
 地図を見ると,この川はチャフラフク(Chacraraju;標高6,112メートル)の山麓にあるチンタコーチャ湖(読み方不正確;Ls.Tyntacocha)を源流とするオラニンドラウ川(読み方不正確;O Ranindurau)である.
 集落の中にある休憩所のようなところで休憩を取る.
 休憩中に,ツアーリーダーがパルスオキシメーターを取り出して,全員の血中酸素濃度と脈拍のチェックをする.私は.
  血中酸素濃度   89%
  脈拍         93回/分
である.
 血中酸素濃度はマアマアだが,脈拍がかなり多い.
 体感的には,高所から来る不具合は全く感じないが,脈拍がかなり多いことから,やっぱり高所の影響を受けていることが分かる.
 橋を渡ったこの辺りの集落がコルカバンバ(Colcabamba)である.
 ここからは,ワリバンパ谷沿いの緩やかな登り坂になる.
 10時44分,コルカバンバに到着する.
 
<橋を渡る>                                                                      <サクサクと流れる川>
                              

■休憩所と土産品売場
 集落の中にある休憩所のようなところで休憩を取る.
 気が付くと,私達が座っている場所の隣に民芸品の土産屋が営業中である.特に買うつもりはないが,ちょっとだけ品物を眺める.
 値段は確かめなかったが,ちょっと欲しくなるものがある.グループのどなたかが帽子を購入している.
 どこかの国のように,店員がしつこく「買え.買え」とせまることは全くない.そこが奥ゆかしいので,ペルーに好感が持てる.
 
<コルカバンバで休憩>                                                            <土産店>

■沿道のお店
 休憩を終えて,10時46分に歩き出す.
 道路は皮の左岸を高巻きするように作られている.道路の谷河には,民家が点々と続く・遙か前方には万年雪のチャクラフXが見えている.素晴らしい風景である.
 私達は緩やかな上り勾配で,轍のある砂利道をユックリペースで登り続ける.
 道端に,何かの標識がある.標識の文字は英語ではないので,何のことかサッパリ分からない.
 ”一体何だ? これは…”
 私は拙い英語で現地ガイドに,これは何だと聞いてみる.どうやら蜂蜜屋の看板らしい. 

<素晴らしい風景の中を行く>

■蜂蜜屋と土産屋
 案内板の下にちょっと大きな建物がある.どうやら,ここが蜂蜜屋のようである.ある種の蜂蜜はピロリ菌退治に効果があるとのこと.蜂蜜にはちょっと興味がある.
 もっとも,私は,2~3年前に.ピロリ菌退治済みだが…
 続いて,地面に商品を並べた土産屋の前を通過する.ここも手編みの帽子が主力商品のようである.
 
<蜂蜜屋>                                   <地面に商品を並べた店>

■チャクララフを眺めながら休憩
 11時20分,前方にチャクラフが良く見えるところで,休憩を取る.
 チャクラフは,一見,エベレスト,マッターホルン,アシニボインなどの名峰と良く似た尖鋒である.
 私達はどうやら集落の中央付近にある広場に居るようである.地図で現在地を確かめたいが正確には分からない.多分,コルカバンバから3キロほど離れた所にある集落のような気がする.
 広場には数軒の露店が並んでいる.結構賑やかである.
 ここで私達はトイレ休憩を取ることになる.

<賑やかな露店市場>

■賑やかな衣料品店
 露店市場の一角にある衣料品店を覗いてみる.結構品数が多い.観光客ばかりでなく,この辺りの住民と思われる人達も沢山集まっている.
 現地の人達の表情は穏やかで,少々太り気味かなという印象を受ける.

<衣料品店>

■読めない案内板
 広場の入り口付近に立派な案内板が立っている.
 残念ながら案内板の記述は英語ではない.スペイン語かな? 多分,この付近の諸施設の所在を示す案内板だろうと思うが,皆目分からない.
 ”せめて英語の説明を付記すべきだ…ブツブツ”

<読めない案内板>
                                 (つづく)
[加除修正]
2016/10/27  記事がダブっているヶ所を削除した.

つづきの記事
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/9b3ba9c2261b0d23cfb4d66411424876

「ブランカ山群トレッキング」の目次
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/3ac14bd1d44b99a378555e26864f76b7
「ブランカ山群トレッキング」の索引
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/9e3ba704d9bf4f7278473747420c4534

[参考資料]
ペルー周遊記(ピスコ山登頂);インデックス
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f78082280c7a6bb87b1810478b6786ea

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します.







『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の鎌倉中央公園(2016/10/24... | トップ | 紅葉の信越トレイル;第1日目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ペルー;ブランカ山群トレッキン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。