教育のヒント by 本間勇人

身近な葛藤から世界の紛争まで、問題解決する創造的才能者が生まれる学びを探して

成毛眞さんの「超並列」読書術

2008-04-27 22:49:17 | 
本は10冊同時に読め!―生き方に差がつく「超並列」読書術 本を読まない人はサルである! (知的生きかた文庫 な 36-1)
成毛 眞
三笠書房

このアイテムの詳細を見る


☆アスキーやマイクロソフトと言えば、成毛眞さん。インターネットで情報をガンガン集め、ポストモダンも軽やかに乗り越えていくというイメージを持つ人も多いかもしれない。

☆しかし、実は広く深い大読書家。ノウハウ本を除くあらゆるジャンルの本を読むというその「超並列」読書術は、実行できたらすごい。

☆それにしてもマイクロソフトの社長時代、マキャベリの「君主論」の手法を実行したというのだから驚きだ。

☆徹底的に世の通説や通念をひっくり返す発想を読書から得ている。というか読書の背景には先人が考え抜いたリソースがある。2000円もあれば、自分でフィールドワークをしなくても貴重でおもしろい情報が手に入る。成毛さんは、「一流の経営者は、みんなすごい量の本を読んでいる」という。なるほど当然だ。費用対効果は、ずば抜けてすごいからだ。

☆やはり、いつの世の中も読解リテラシーで差がつく。マンガも読書の一つに数えているので、これまた従来の読書術とは一味違う。ぜひ本書を手にし、7分で読み終えて欲しいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ円高大歓迎??? | トップ | 塩野七生さんのルネサンスルーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。