flight2005

航空機関連の情報をアップしています。今日もナイスなフライトをお願いします。

<那覇>神戸空港開港記念行事

2006-02-17 | フライト
<コメント>
神戸空港開港記念行事が那覇で昨日(16日)開催されました。また神戸からの就航地では、受け入れ歓迎行事が開かれているようす。
離発着回数54回でスタートした神戸空港。増便の要望もあるようですが、国から認可されている回数は60。あと6回離着陸しか増便できない。それはあまりにも狭すぎる大阪湾上空の空域のためのようです。
神戸空港を開港し、大阪伊丹空港を閉鎖する!という案はいったいどこに行ってしまったのでしょうね?本当にこの25キロ圏内に3つも空港が必要なのだろうか?と改めて思ってしまいます。
空の安全だけは、くれぐれもお願いします。

<関連記事>
(琉球新報) - 2月17日10時6分更新
 神戸空港が開港したことを記念して16日、那覇市の元麻布ギャラリーおきなわで「ちゅらの海に挿ける 嵯峨御流いけばな吉田泰巳(ひろみ)展」(兵庫・沖縄友愛運動県民の会主催)が始まった。19日まで。
 会場には月桃やアマリリスなど沖縄で自生している植物を、吉田・華道嵯峨御流神戸司所長が生けた作品約20点が展示され、器にはすべて琉球ガラスが使用されている。吉田司所長は「兵庫と沖縄のつながりは古く深い。この生け花展が両県のきずなに少しでも協力できれば」と話していた。

 また空港開港と同展開催を祝い神戸泡盛の会(宮崎秀紀会長)の第30回例会が同日夕方、那覇市西のロワジールホテルオキナワで行われた。同会は2000年に結成され、年に6回例会を開いているが、沖縄での開催は初めて。神戸空港から一番機で来沖した宮崎会長は「今後も両県の触れ合いを深め、広げたい」とあいさつした。会場には兵庫や沖縄の泡盛愛好家や酒造関係者など約130人が集まり、泡盛談議に花を咲かせた。

(毎日新聞) - 2月16日17時24分更新
 神戸空港(愛称マリンエア)が16日、神戸市のポートアイランド沖に開港した。午前7時19分、雲の垂れこめる滑走路を満員の乗客を乗せた1番機の羽田行き日本航空ボーイング777が明石海峡方向に向かって離陸。ミナト神戸に空の玄関が加わり、関西3空港時代が幕を開けた。
 国内空港では97番目、建設、運営とも市が手掛ける初めての空港で、総事業費約3000億円の返済問題など重荷も背負っての開港となった。
 午前5時50分、搭乗客や関係者でごった返す旅客ターミナルビルの出発ロビーで開港式があり、神戸市の矢田立郎市長が「ここに神戸空港を開港する」と宣言。大きなトラブルはなかったが、荷物検査などに時間がかかり、各社の第1便出発が4~14分遅れた。
 神戸空港は、神戸の中心・三宮の南約8キロの海面を埋め立てた空港島(272ヘクタール)に建設され、2500メートルの滑走路が東西に延びる。運用時間は午前7時~午後10時で、地方自治体が運営する3種空港では最長。日本航空、全日空、スカイマークエアラインズの3社が東京や札幌、沖縄など7路線に27便(往復)を就航させ、年間約319万人の利用を見込む。
 空港建設計画は1946年の「市復興基本計画要綱」に登場。73年、騒音問題を抱える大阪(伊丹)空港に替わる神戸沖空港受け入れを神戸市がいったん拒否した後、95年度の政府予算に着工準備調査費が計上された。95年1月の阪神大震災で「大規模開発より復興」の声が強まり、建設の是非を住民投票で決めるよう求めた98年の直接請求には約31万人の署名が集まったが、市議会は住民投票条例案を否決。市と市議会は「建設に市税を投入しない」との条件をつけて建設を進めた。
 開港日は、世界の航空関係者に航空路を知らせる航空路誌(AIP)の発行日に合わせた。【大川泰弘】

(毎日新聞) - 2月16日16時1分更新
 ◇騒音などで空域制約、3空港競合
 神戸市が運営する神戸空港が16日、開港する。神戸の中心部・三宮から南に約8キロという立地が評価され、需要面での前評判は高い。1日に27便の航空機が就航し、年間約2万回の航空機発着を予定している。ただ、制約が多い空域を持つため、今後の増便はわずかしか認められていない。
 神戸空港の上空は、関西国際空港発着便が飛ぶ過密な空域で、神戸を発着する航空機は騒音の関係などから、神戸市や淡路島の上空を飛べず、明石海峡上空に集中する。神戸の発着能力について神戸市空港整備室は「発着回数は国土交通省から言われているのは1日に30便。あと3便しか増やせない」と説明する。
 今後、新しい路線開設などで増便するには、関空便の発着を抑えるなど調整が不可欠だが、国交省航空局は「空域を考慮した結果が、30便という数字。新しい管制方式の導入など環境の変化がないかぎり、30便を超える発着は難しい」と話しており、大幅な路線拡充は既に困難な状況にある。
 神戸空港に就航する日本航空、全日空、スカイマークエアラインズのうち、日航の2月の予約率は約67%に上るなど、需要の見通しは好調だ。神戸に乗り入れる航空機は中小型機が中心で、日航や全日空は今後の需要の進ちょくを見て、大型機への変更も考慮するという。しかしスカイマークは着陸料や燃料費節約の観点から、使用する航空機を中型機に統一しており、需要の増加には増便で対応するしかない。西久保慎一・スカイマーク社長は「(神戸空港の需要は今後)倍増すると思う。需要が好調なら増便して対応しないと」と話すが、市空港整備室は「増便は国交省にお願いしないことには何とも言いがたい」という。
 半径25キロ圏内に3空港が隣り合う関西の空。神戸空港は開港前から「足かせ」に悩んでいる。【坂口雄亮】
ジャンル:
速報
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸空港(愛称マリンエア)... | トップ | <中部>セントレア開港1周年 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
神戸空港 (ラブ)
2006-02-20 09:30:46
TB、ありがとうございます。

> 神戸空港を開港し、大阪伊丹空港を閉鎖する!という案はいったい

> どこに行ってしまったのでしょうね?

ダメです、ダメです(笑)。伊丹空港は、関西人がもっともよく使う空港

です。神戸空港を拡張して関西空港並みにして、関空を閉鎖して欲し

いくらいです(^-^)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
神戸空港の関西での位置づけは? (Y\'s WebSite : Blog ~日々是好日~)
2月16日、神戸市中央区の神戸ポートアイランド沖に「神戸空港」(愛称・マリンエア)が開港。日本航空、全日空、スカイマークエアラインズの航空会社3社により東京(羽田)、札幌(新千歳)、鹿児島など全国7都市への運航が開始しました。関西には、伊丹空港、関西空港に次
いま関西に3つも空港は必要なのか?? (新「とっつあん通信」)
オリンピックの記事ばかり書いておりますが たまにはこういう記事もひとつ。 きょう神戸市のポートアイランド沖に 「神戸空港」が開港しました。 これで関西に3つの主要空港ができたわけです。 余談ですが関西にはこのほかにも 「コウノトリ但馬空港」「南紀白浜空港.
神戸空港始動 (おいしい生活)
大阪湾を一望する神戸港の沖合に16日、神戸空港が開港した。国際ハブ空港を 掲げる関西空港、国内基幹空港の大阪(伊丹)空港と合わせ「関西3空港時代」 が始まった。半径25キロ圏内に3空港が並び立ち、新幹線も巻き込んだ激しい 顧客獲得競争が予想される一方、阪神