flight2005

航空機関連の情報をアップしています。今日もナイスなフライトをお願いします。

日航ニアミス 2管制官、有罪確定

2010-10-29 | 業界ニュース
<コメント>
静岡県焼津市上空で2001年1月、日本航空機同士が異常接近(ニアミス)して乗客57人が重軽傷を負った事故で、2管制官の有罪が決定しました。これにより2管制官はただちに失職しました。

当事故の判決は、1審で無罪、2審で逆転有罪と業務上の責任についての考え方がこれで管制の事故についてのガイドラインが出来たものと考えます。

羽田空港では、4本目となるD滑走路の共用が開始され、また国際線ではA滑走路を横切るなど今までにない指示が必要となります。業務への萎縮や事実の隠蔽などに進む事のないよう、しくみや教育の徹底で安全な管制を目ざして頂きたいですね。

<関連リンク>
[日航機ニアミス事故]管制官に逆転有罪判決!



日航ニアミス 2管制官、有罪確定へ 誤指示の因果関係認定 最高裁 産経新聞 10月29日(金)7時57分配信

 静岡県上空で平成13年、日航機同士がニアミスし、乗客57人が重軽傷を負った事故で、便名を言い間違えて誘導を誤指示し事故を起こしたとして、業務上過失傷害罪に問われた管制官、蜂谷秀樹被告(36)と、監督役だった管制官、籾井(もみい)康子被告(41)の上告審で、最高裁第1小法廷(宮川光治裁判長)は、両被告側の上告を棄却する決定をした。決定は26日付。

 1審の無罪判決を破棄し、蜂谷被告を禁固1年、執行猶予3年、籾井被告を禁固1年6月、執行猶予3年とした2審東京高裁判決が確定する。確定によって両被告は失職する。

 ニアミス事故で管制官の刑事責任が問われるのは初めて。争点は誤指示が過失に当たるか▽誤指示とニアミスの因果関係▽事故を予測できたか-だった。弁護側は無罪を主張していた。

 第1小法廷は誤った指示について、「両機が接触、衝突する事態を起こす高度の危険性があった」と過失を認定。事故との因果関係も認めた。両被告は警報によって両機が異常接近していることも認識しており、管制とは異なる回避指示を出した航空機衝突防止装置(TCAS)についての知識もあったことから、事故を予測できたと判断した。

 決定は5人の裁判官中、4人の多数意見。桜井龍子裁判官は「過失責任は問えない」と反対意見を付けた。桜井裁判官は、弁護側の「刑事責任を問えばミスや原因を隠蔽(いんぺい)するという萎縮(いしゅく)効果が生じ、安全向上に支障をきたす」との主張にも、「検討すべき重要な問題提起」と理解を示した。

 1審東京地裁は「誤指示は不適切だが、過失は認められず、事故につながるという予測もできなかった。刑事責任を管制官ら個人に追及することは相当ではない」と無罪とした。

 しかし、2審は「正しい指示を出していれば事故は起こらず、刑法上の注意義務違反は明らか」と指摘。「両機が衝突回避措置をとれば、乗客が負傷する可能性も予測できた」として、有罪を言い渡していた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[管制ミス]あわや大雪山系に激突!

2010-10-28 | 事故・事件・トラブル
<コメント>
 通常では高度を落としてはならない空域で管制から降下の指示があり、パイロットは指示通り降下を開始。視界が悪い中での降下中、対地接近警報装置(GPWS)がけたたましい警告音を出し、危険を察知したパイロットが1万フィートへ上昇。激突を回避した。
今回、なぜこのような指示が出されたのか?

 間違った指示を出した管制が今回の原因に違いないのですが、パイロットはなぜこの場所での降下に疑問を抱かなかったのか?
指示に疑いを持つ事が良いとは思えないが、少しでも疑問を感じたなら聞き返す行動をとって頂きたかったと思う。

 なぜ? を繰り返し考え、今後このような重大インシデントが発生しないしくみを至急作り徹底して頂きたい。



全日空系機の異常接近、管制官が誤った指示 読売新聞 10月27日(水)21時36分配信

 国土交通省は27日、北海道・旭川空港に着陸するため、大雪山系の山間部を旋回中だった全日空系のエアーニッポン機(ボーイング737―800型機、乗員乗客57人)が26日午後、管制官の誤った指示で地表に約520メートルまで異常接近していたと発表した。

 同山系は標高2000メートル級で、周辺空域の最低誘導高度は3048メートル(1万フィート)だったが、管制官は同機に対し高度1524メートル(5000フィート)に降下するよう指示。同機は雲の中を降下中、対地接近警報装置(GPWS)が作動し、乗員が機体を急上昇させて衝突を回避した。

 運輸安全委員会は27日、視界不良での運航で、事故につながりかねない「重大インシデント」に該当するとして調査に乗り出した。けが人はなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[羽田空港]D滑走路運用開始による標準出発進入の変更

2010-10-21 | 業界ニュース
2010年10月21日、羽田国際空港のD滑走路(2,500メートル)の運用が開始されました。この共用に伴い、標準出発・進入が変更になっています。

詳しい事は記しませんが、おおまかには以下のようです。
※滑走路の数字:真北が36、真南が18です。

○北風時
  出発 今まで  34Rの1滑走路からの出発(時間により34Lから一部あり)
     これから  北方面へは34R(今まで通り)
             西方面へは05 (D滑走路北向きに出発)
  着陸 今まで  34Lへの着陸(まれに34Rあり)
     これから  北方面からは34R
             西方面からは34L

○南風時
  出発 今まで  16Rから木更津方面へ
     これから  北方面へは16L
             西方面へは16R
  着陸 今までは 東京湾を西に飛行しUターンの後16L
     これから  北方面からは23 (D滑走路)
             西方面からは22 (B滑走路)

運用次第では、北西各方面からの同時着陸また、同時出発が可能になりそうです。風向き変更時は大幅な飛行ルートの変更が必要となり、管制官の腕の見せ所となりそうです。


<関連リンク>
国土交通省の羽田拡張後の飛行ルートについて
羽田空港拡張について
NHK解説委員室
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[羽田空港]第二ターミナル、増築部分を供用開始

2010-10-13 | 業界ニュース
2010年10月13日から、羽田国際空港第二ターミナルが供用開始となりました。
同ターミナルは5万平方メートル拡張され、計約25万平方メートルとなりました。増築部分は地下2階、地上6階で、美術館も併設されています。

空港ビルといえば、飛行機に乗るためのものでしたが、これからは、ますますアミューズメントパークとしての利用が増えそうです。


美術館も…羽田ターミナル、増築部分を供用開始 読売新聞 10月13日(水)14時28分配信

 東京・羽田空港の第2旅客ターミナルが南側に拡張され、延べ床面積約5万平方メートルの増築部分が13日、供用開始となった。
 同ターミナルは計約25万平方メートルとなり、常設の手荷物検査場も2か所増え4か所に。今月末の国際線就航で増える利用客を迎える準備が整った。
 増築部分は地下2階、地上6階建て。出発ロビー3階には利用客の休憩のため、デザインに趣向を凝らした世界各国のイス、テーブルを集めたコーナーも設けられた。国内の空港では初となる美術館も設置された。
 羽田空港で航空機などの写真を撮るのが趣味という東京都大田区の西田達史さん(61)は「ガラスの壁面から入る太陽光で出発ロビーが明るくなった」と楽しそうに話していた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界最大の航空会社誕生![UA+CO]

2010-10-02 | 業界ニュース
<コメント>
世界最大の航空会社が誕生!

LCC(格安航空会社)設立が目立つ昨今ですが、巨大になる事で乗り切ろうとする会社が誕生しました。ユナイテッド航空とコンチネンタル航空の合併です。
これによりコンチネンタル航空は予定通り、スカイチームからスターアライアンスメンバーとなり、ANAとの連携がさらに期待されます。


世界最大の航空会社誕生=合併完了―米ユナイテッドとコンチネンタル 時事通信 10月1日(金)22時21分配信

 【ニューヨーク時事】米3位のユナイテッド航空を運営するUALは1日、同4位のコンチネンタル航空との合併が完了したと発表した。これにより、旅客輸送能力で米デルタ航空を追い抜く世界最大の航空会社が誕生した。
 新会社名はユナイテッド・コンチネンタル・ホールディングス。本社はユナイテッドの拠点である米中西部シカゴに置く。最高経営責任者(CEO)にはコンチネンタルのスマイゼック会長が就任する。
 将来的にはすべての便を「ユナイテッド航空」の名称で運行する予定。ただ、運航システムが完全に統合されるまでの間、予約や発券、搭乗手続きなどは別々に行われる。 


<より便利になるスターアライアンスグループ ANA>
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ANA]格安航空会社を新設

2010-09-10 | 業界ニュース
<コメント>
LCC(格安航空会社)として茨城-上海間4,000円を打ち出した中国の春秋航空ですが、その波は国内の大手を動かす事となりました。
全日空(ANA)が2011年10月からLCCの営業を開始すると発表。ANAとは別会社となり関西空港を拠点とする単一機材による空港間往復でコストを下げる方針。
また、関西空港から海外へも運行する予定。

機材は小型機との事なので、新規購入ならB737-800、間に合えば787の投入か?
それとも現行飛んでいるANA機材の払い下げでB737旧タイプもしくは、A320か?
マイル運用はどうなるのだろう?
コードシェア、スターアライアンスとしての共有となるのか?

まだまだ情報が少なく断定できる情報ではありませんが、今後の進捗が気になるところです。


全日空、格安航空会社新設を発表 運賃半額程度、コスト減課題 フジサンケイ ビジネスアイ 9月10日(金)8時15分配信

 全日本空輸は9日、香港の投資ファンド「ファーストイースタン投資グループ(FE)」と、今年末に関西国際空港を拠点とする格安航空会社(LCC)を新設することで合意した、と発表した。2011年度下期に国内線のほか、東アジアの都市に就航する計画で、「北東アジア初の本格的なLCC」(全日空)として海外勢に対抗する。全日空の参入により、同様に参入を検討している日本航空の動向も注目される。

 新会社の資本金は100億~150億円。全日空が筆頭株主となり40%未満を出資、FEは33.3%を出資する。残りは他業種を含め、国内投資家から募る。全日空とはブランドも別にし、開業3~5年後に黒字化を目指す。

 当面は5機程度を保有し、国内線と国際線でそれぞれ3、4路線に就航。5年目には15~20機体制を目指す。国内線は、冠婚葬祭での移動などを主眼に置く。国際線は中国や韓国のほか東南アジアの都市に就航し、訪日需要を取り込みたい考え。

 運賃は大手の半分程度となる見通し。予約・購入やチェックインはウェブ上で完結させる見込み。機内食などのサービスは希望者に有料で提供するほか、機材も単一の小型機とするなど徹底したコストダウンを図る。

 「他に先駆けてLCCに参画することで、防波堤の役割を果たしたい」。全日空の伊東信一郎社長はこの日の記者会見で、国際競争にさらされている日本の現状を示した。すでに日本には豪ジェットスター航空や中国の春秋航空などのLCC参入が相次いでいる。こうした動きを見据え、全日空は08年1月、香港にアジア戦略室を設置。LCCのビジネスモデルや日本市場への応用を研究してきた。

 「新たな市場を積極的につくり出す」(伊東社長)考えだが、LCC会社が軌道に乗るのは容易ではない。国内では全日空の既存路線と競合するほか、東北新幹線の延伸や九州新幹線鹿児島ルートの開業を控えるなど、陸上交通機関との競争も激しさを増す。国際線でも既存のLCCとの価格競争が待っており、極限までコストを引き下げる努力が求められる。(米沢文)


<ANA航空券>
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

[ANA機]整備ミスで逆噴射装置作動せず

2010-08-25 | 事故・事件・トラブル
<コメント>
16日に起こった事がなぜ今頃トラブルとして上がったのか、解りませんが、ANAの羽田発神戸行きのA320型機の逆噴射装置が作動せず、フットブレーキ操作で減速した。
これによる遅れやけが人は発生していません。

整備中に誤動作防止のため、逆噴射装置が働かないようにオイルのプレッシャーを抜き点検。その後戻すはずのプレッシャーを忘れ、逆噴射がかからないようになっていた。
原因は整備のミスと判明しています。
ドライバー1本無くなっても出てくるまで探す現場。なぜこのような初歩ミスが起きてしまったのか、原因究明と再発防止に全力をあげていただきたい。


逆噴射作動せず着陸=整備でミス、けが人なし―全日空 8月25日12時18分配信 時事通信

 神戸空港で17日朝、羽田発の全日空411便エアバスA320―200型機が、逆噴射装置が作動しないまま着陸していたことが25日、分かった。前夜の整備で安全のため装置が動かないようにしたが、戻すのを忘れていたという。国土交通省は全日空に再発防止策の提出を求めた。乗客乗員102人にけがはなかった。
 同社によると16日夜、羽田空港で同機の整備中、エンジン周辺の作業を安全にするため逆噴射装置上部の油圧バルブを閉め、装置が作動しないようにした。本来なら整備終了時までにバルブを開いて元に戻す必要があったが、担当者が忘れていた。
 同機は翌17日午前6時40分ごろ、羽田空港を離陸。同7時45分ごろ、神戸空港に着陸したが、逆噴射装置が動かなかったため、機長は車輪のブレーキなどを使って減速し、停止した。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中国で旅客機墜落し犠牲者多数

2010-08-25 | 事故・事件・トラブル
<コメント>
昨日はネパールで旅客機が墜落し、日本人1名が犠牲になりましたが、今度は中国で旅客機が墜落。多くの犠牲者が出ています。
共通点は、雨また霧で視界が悪く、滑走路手前で墜落しているところ。
着陸態勢に入っていますので、比較的低速(250キロ程度)でしたが接地時、投げ出された方も多くいたようです。
操縦ミスなのか、視界不良と誘導ミスだったのか、今後の調査結果を待ちたいと思います。
犠牲になられました方々のご冥福をお祈りします。


43人死亡、53人救出=旅客機着陸失敗で爆発、炎上―中国黒竜江省 8月25日5時53分配信 時事通信

 【北京時事】中国黒竜江省伊春市で24日夜、ハルビン発伊春行きの河南航空機VD8387便が着陸に失敗した事故で、25日未明までに乗客ら43人の死亡が確認され、残る53人が救出された。新華社電が伝えた。
 同機は着陸の際、滑走路から1.5キロ離れた草地に激突し、機体が断裂して爆発、炎上した。一部の乗客らは衝撃で投げ出された。乗客91人(うち児童5人)、乗員5人が搭乗していた。当初は滑走路に激突したと伝えられていた。
 中国新聞社電によると、事故当時は霧が出て、視界が悪かった。伊春空港は2008年に完成し、昨年供用を開始したばかり。山間部にあり、夜間の飛行条件が複雑だったという。
 同機はブラジルのエンブラエル社製のE190型ジェット機。全長36メートルで、106人の乗客が搭乗可能。
 張徳江副首相が交通運輸省、公安省などの関係者を率いて、現場で事故原因の調査と対応策などを指揮。民航東北地区管理局が事故原因の調査を始めた。
 遼寧省瀋陽市の日本総領事館によると、黒竜江省外事弁公室から事故機に外国人は搭乗していなかったとの連絡が入った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネパールで小型飛行機が墜落 日本人1名絶望か

2010-08-24 | 事故・事件・トラブル
<コメント>
インドとチベット高原の間に位置するネパールで、小型機が墜落。
日本人とみられる1名が搭乗していた。墜落した機はバラバラで、生存者はいないと当局が発表。



<墜落>ネパールで小型旅客機、全員死亡か 日本人1人搭乗 8月24日14時42分配信 毎日新聞

 【カトマンズ、ビナヤ・グルアチャリャ】ネパールの首都カトマンズ郊外で24日、同国の民間航空会社「アグニエア」の小型旅客機が墜落した。同社によると、日本人男性のハヤシ・ユウキさん(19)や米国人5人を含む乗客と乗員計14人が搭乗していた。旅客機はばらばらに大破しているといい、救助当局者は「生存者情報はない」と全員死亡の可能性を示唆した。

 墜落現場はカトマンズ南約80キロの農村。空港当局者によると、飛行機は同国東部ルクラ行きだったが、悪天候のため着陸できず、出発地のカトマンズに引き返す途中に墜落した。カトマンズ周辺も当時、大雨のため視界が悪かった。

 ハヤシさんはネパールを旅行中だったという。

 アグニエアは06年に設立。ヒマラヤ登山や避暑観光などを目的にした外国人観光客の利用が多い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸空港で小型機が胴体着陸、一時滑走路閉鎖

2010-08-23 | 事故・事件・トラブル
<コメント>
神戸空港で小型機が胴体着陸したようです。これにより約2時間半、滑走路が閉鎖されました。
『車輪の出し忘れ』
は、着陸のチェックリスト通りの動作が行われていた場合、あり得ない事です。が・・・

情報が少なく、事前に管制塔へ緊急着陸の連絡があったのか、消防などの出動はあったのか気になりますが、今後の報道を待ちたいと思います。
まさかとは思いますが、本当に車輪の出し忘れ?


※その後の調査で、車輪を出し忘れた事が判明しました!



神戸空港で小型機が胴体着陸、一時滑走路閉鎖
 23日午前10時27分頃、神戸市中央区の神戸空港で、小型プロペラ機(ビーチ36型機)が、車輪を出さないまま滑走路(2500メートル)に胴体着陸した。

 操縦していた堺市北区の飲食店経営、山本芳彦さん(57)にけがはなかった。神戸空港管理事務所は一時、滑走路を閉鎖したが、小型機の撤去作業を終え、午後1時2分に再開した。那覇行きの全日空機が離陸を見合わせるなどの影響が出た。

 兵庫県警などによると、午前10時14分に八尾空港(大阪府八尾市)を離陸し、神戸空港に着陸した。機体に大きな損傷はなく、火災もなかった。国土交通省運輸安全委員会は事故原因を調査する方針。

 八尾空港事務所によると、小型機は、米国「ビーチ・エアクラフト・コーポレーション」社製。同乗者はいなかった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加