I LOVE HARLEY! の独り言




本日は、奥さんと長女っちと3人で北海道神宮のどんど焼きに行ってきました。


炎の中に昨年お世話になった御守などを投じ、裏道を抜け手水場へ。



本殿でお参りをして、御守をいただき、おみくじを引きました。



昨年は嬉しいことが沢山あったので、神様のおかげと心から感謝を述べてきました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まず、昨日のクリーニングのその後ですが、まだ乾ききりません。
バスタオルによる、乾燥を続けています。


さて、私のカウチンセーター歴です。
初めてこのセーターを知ったのは今から40年位前、1987年の暮れか1988年の春頃、「ヘビーデューティーの本 小林泰彦著」かその頃の「MEN'S CLUB」だったと思います。




これらの本で、セーターだけではなくダウンやマウンテンパーカー、マッキノークルーザーなどの当時ヘビーデューティーファッションと呼ばれたアメリカンアウトドアファッション、メーカーで言えばノースフェイス、L.L.BEAN、フィルソン、エディーバウアーなどを知りました。
そして、写真でしか見たことのないアイテムをLOBOというお店で実物を目にした時の感動は、筆舌に尽くしがたいものでした。

そんな頃、カウチンセーターもLOBOに注文して取り寄せてもらいました。
どんな柄が来るか分からないというので、鷲のプルオーバーか鹿のジッパータイプをお願いしておきました。(当時はサンダーバードやトナカイだとは知りませんでした)
値段は40年近く前で5万円(学生には厳しい値段でした)でした。
そして一月か二月待ったでしょうか。
入荷したのはこの柄でした。


今思えば良いデザインなのですが、当時は大きなサンダーバード柄が欲しかったので、がっかりした顔をしてしまいました。
オーナーはそんな私を見て、5千円値引きしてくれました。

しかし、どうしても大きなサンダーバード柄が欲しかった私はいろいろ探してみましたが、こんなものを置いている店はそんなに多くなく、見つけることはできませんでした。
それならと男の一念、自分で編むことにしました。
お手本はこの本の表紙。

中にはこのデザインは載っていなかったので、表紙の写真から方眼紙に書き写して設計図を作りました。

編み方は同級生の女の子に教えてもらい、編んでは解きを3回くらい繰り返しやっと完成したのがこれです。



数年後、衣料品の安売り店でカナダ製トナカイ柄のジッパータイプが2万ちょっとで売っていたので、思わず買ってしまいました。



どれも大して着ることもなく、衣装ケースに入れたまま30年以上忘れていましたが、今回のオークション購入で青春時代を懐かしみ、久しぶりに出してみました。
実は、安かったのでもう一着ポチッてしまいました。


また、着ることなく仕舞いっぱなしにしちゃうのかな?

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




暮れにオークションでポチッたカウチンセーターの臭いが気になったので、洗ってみることに。
ネットで集めた情報によると洗剤はおしゃれ着用洗剤エマール。


20分ほどつけ置きした後、20~30回押し洗い。

水が黒ずみ、砂みたいのも出てきました。

水を変え5回ほど、おしすすぎ。



最後の方で、押しすすぎの間にシャワーで流水すすぎを2回。



本来は洗濯により流れ出たラノリンオイルを補給するのですが、オリーブオイルでも良いとのことでエキストラバージンオリーブオイルを使用。


小さじ2杯くらいをいれて、良くかき混ぜてからセーターを浸し、水から上げて平置き。
オイルの量が少ないかなと思いましたが、セーターは結構ぬるぬるしてました。

タオルを使って脱水。


これが大変でした。
タオルは直ぐにぐしょぐしょになり、そのたびにタオルを絞って再び敷いたり被せたり。
手が痛くなりました。

後は、乾燥をするために場所を移します。
お風呂は使うので、このままでは家族に怒られます。


乾燥が済んだら、他のカウチンネタとともに、再度投稿します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




写真上の注釈を間違えましたので、訂正して再掲しました。

とうとう四日となりました。
私は孫っち1号、2号と楽しい正月休みを過ごし、今日が仕事始めです。



また、いつもの日常が始まります。
皆さん、今年も一年頑張りましょう。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




正月も三日となりました。
私は本日が正月休み最終日です。

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?

目覚めた時に、家族がいる、孫がいる幸せ。
私は二人の孫と過ごすことができて、とても楽しいお正月でした。

今年も一年頑張れそうです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




孫っち1号、2号がやって来ます。
幸せなお正月で~す。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新しい年を迎え皆々様のご健康とご多幸を
心よりお祈り申し上げます

今年も良き年になりますように

還暦の年の始まりです。
厄払いにも行かなくちゃ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年もとうとう大晦日、残すところ今日一日となりました。
皆様にとって、今年はどんな一年だったでしょう。

この一年いろいろありましたが、無事この日を迎えられたことが何よりでした。

今年は孫っち2号を授かり、1号とともに健やかに育ってくれています。
ハーレー君は私のズボラのためにミッション・クラッチ系が故障し、停車中の車に追突事故を起こしてしまいました。

例年のごとく、春には九州の兄と九州ツーリング、東京の兄と東京見物、夏には群馬の友人夫妻と一年ぶりの再開を楽しみました。
また、夏には九州の兄と道内ツーリング、秋にも東京の兄と錦糸町界隈に連れて行ってもらいました。

新しい出会いがあり、家族にも嬉しい話がちらほら。
辛いことが無かったわけではありませんが、本当に楽しい一年を過ごすことができました。

楽しいこと嬉しかったこと以外は本日ですべてリセットして、新しい年を迎えましょう。
さらに皆様のご健康とご多幸を祈念しております。

素晴らしいこの一年を過ごせたことをすべての皆様に感謝します。
皆様、よいお年を。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実はもう一着ポチッてしまいました。
こちらは同じ復刻版ですが赤タグもので、こちらの方がやや古いようです。
先の青タグは、生地がタスランナイロン製ですが、こちら赤タグはオリジナル同様の65/35製です。



色も若干濃く、ドローコードも違います。
状態は大変良く、古い感じはありません。
サイズはLですが、青タグのXLとそんなに変わらないような気がします。


やはり、65/35の方が好きだな。

こうなると、オリジナルが欲しくなってきました。
でも高いので買えません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先日クリーニングに出していた、ブルックスレンジができあがりました。



目ん玉が飛び出るほどの料金で、老舗の百貨店が取次をしたのに、作業明細などはいただけませんでした。
でも、臭いも取れ、綺麗になったので良かったです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




若い頃、ノースフェイスの「ブルックスレンジ」というダウンパーカーが欲しかったんです。
当時、かなり高価だったので買うことができませんでした。
だから、その次に欲しかった「セロー」を買いました。
最近、急に思い出してネットで探してみると、復刻版ですがオークションに出ていました。
と言う訳で、ポチッとしちゃいました。

南極越冬隊が使ったという夢のダウンパーカーで、ダウンインシュレーションが2重構造になっています。
オリジナルとは生地が変わっていたり、丸形のベルクロが四角になったり、ドローコードが変わったりしていますが、復刻版でも満足です。

サイズはXLでちょっと大きめかな。

「セロー」はMで、今着てみるとピッチピチです。
単車の革ジャンもLじゃやや小さく、XLじゃちょっと大きめです。
それでいて身長は171.5cm(2㎝縮んでしまいました)しかなく、酷く醜い体形です。

流石に20年以上前の中古なので、クリーニングに出すことにしました。

何でも、ダウンクリーニングの専門店ということで、ものを送って見積もりを出してからの作業となるそうです。
写真は、某百貨店の取次部門に持って行った時のものです。

先日、見積額の連絡を受けましたが、目ん玉が飛び出しました。
惚れた弱みで、頼んでしまいました。
1ヶ月くらいかかるそうですが、戻ってくるのが楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




若い頃同僚から、円山から盤渓に抜ける幌見峠を降りた処に、老夫婦がやっている美味しいお蕎麦屋さんがあると教えられました。
それが、「盤渓そば」でした。
ぞの後、十数年前札幌駅北口付近へ移転し、昨年店を閉めた後、今年7月、琴似に再びオープンされたそうです。
一度行ってみたいと思ったまま、一度も行かずじまいで最初の移転も知らず、最近思い出して本日琴似のお店に伺いました。

お蕎麦は、「手打ち田舎そば」と機械打ちの「平打ちそば」の2種類。
両方食べてみたかったのですが、合盛りは無いので「もりそば」をそれぞれ1枚ずつ注文しました。

左の黒い方が「手打ち田舎そば」、右の色の薄い方が「平打ちそば」。
どちらも大変腰の強いお蕎麦です。
大将は「どちらも田舎蕎麦」と言っていました。
田舎蕎麦好きには、たまらないお蕎麦です。

姐さんが「手打ち田舎蕎麦」で注文した「天とじそば」

少しいただきましたが、温かい蕎麦ですが腰の強さは変わらず、とても美味しい歯ごたえでした。
天ぷらも大きなえびが2本も入っており、とても美味しかったです。


今の大将は、盤渓にあった頃のお店のお孫さんのようです。
長年の夢が叶って、美味しいお蕎麦をいただくことができました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日は、お蕎麦を食べに寿都まで。
お蕎麦の前にかき小屋で、姐さんの好物、牡蠣、ツブ、ハマグリをいただきました。




目の前で焼いてくれて、とても美味しかったです。
本日は道東の牡蠣でしたが、5月、6月には地物を味わうことができるそうです。

牡蠣で勢いをつけて、さあ、お蕎麦です。
今年6月3日にオープンしたばかりの「そば処 鰊御殿」
この辺は何度か単車で走っており、今年も7月1日に走りましたが、全く「そば処 鰊御殿」には気が付きませんでした。


お店の中は木の香りが漂い、ジャズが流れている素敵な空間でした。

姐さんの「寿の都天もりそば」

私の「にしんそば」と「鮭いくら小丼」

こしがあり、のど越しも良い美味しいお蕎麦でした。
天ぷらは、鮭もえびも美味しくあがっていました。
丼は自家製のさけフレークといくらしょうゆ漬けを使用しているそうです。
今度、単車で来たときに寄ってみようと思います。


お店の向かい側から見える風景です。

道の駅に寄り、弁慶さんに会って帰宅しました。





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




10、11日とお休みをいただいて、旭岳に行ってきました。

忠別湖沿いを通ります。



温泉街を抜けるとロープウェイ乗り場に着きます。




ロープウェイを降りると、散策路の説明をしてくれます。




私のイメージではロープウェイから眼下に紅葉の絨毯が広がっているはずでしたが・・・
係の人に聞くと、旭岳の紅葉は9月で終わりだそうです、残念!

それでも、旭岳の散策は素晴らしい眺望で本当に気持ちの良いものでした。
噴気孔を過ぎ姿見の池まで行けば、後は戻ることになります。






旭岳散策を終えロープウェイで下山をし、少し休んだらちょうど旅館のチェックインの時間となりました。
今回は哲郎兄のご厚意で、「旭岳温泉 湯元 湧駒荘」に宿泊です。





湧駒荘はソチオリンピック スノーボードアルペン 銀メダリスト竹内智香選手のご実家です。
館内には竹内選手のメモリアルギャラリーが常設されています。




温泉も気持ちよく、食事は豪華でとても美味しいコース料理でした。











朝食も美味しかったぁ。



帰りは神居古潭で北海道放浪中の群馬の卓ちゃん夫妻と待ち合わせをしました。







短時間でしたが、会えて本当に嬉しかったです。
私の方は出張やら今回の温泉行やらで時間が取れなくて、今年は会えないかななんて思っていたのですが。
卓ちゃんが会えるようにスケジュールを調整してくれました。
本当に、本当にありがとう。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




本日は、ししゃも寿司をいただきに、むかわのカネダイ大野商店へ行ってきました。
先ずは店先で、ししゃもの生干しを買い、「ししゃも寿司」と「ホッキ寿司」の食券も買い、席が空くのを待ちました。




続けて、帯広方面へ。
とりあえず狩勝峠で一休み。




CBXが来たので、写真を撮らせてもらいました。


アメリカから仕入れたそうです。
いいなぁ、CBX!

狩勝峠を越えてしばらく行くと「新得そばの館」というのがあります。
これが屋号かと思ったら中のそば屋さんは「玄穣」という屋号らしいです。
何年か前に一度、佐賀の和博兄と入りましたが、あまり覚えていません。



中には「手打ちそば道場」やショッピングコーナーもあり、蕎麦打ちセットも売っています。

お蕎麦はつるつるっとのど越しが良く、腰もあり美味しいお蕎麦でした。



四輪ですが、600Km以上走ってしまいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ