みんなの心にも投資 … ソーシャルインベスター(社会投資家)への道

個人投資家の”いとすぎ ”が為替・株式投資を通じた社会貢献に挑戦します。すべてのステークホルダーに良い成果を!

2016年10月第1週チャート

2016-10-10 | 注目投資対象・株価の推移
雇用統計もADPもネガティブだったが、あくまでも遅行指標であり
ISMの好転を市場を評価したということなのであろう、ドルは反発した。

しかし相変わらずモメンタムは弱く、東証の取引高は一向に盛り上がらない。
ロイターは短期筋主導で長期投資家は動いていないと指摘しているが、当然であろう。

また、市場ではポンドの下げがかなりの話題になったが、
「パリティ」の可能性を指摘してきた当ウェブログは驚かない。
英国経済に不透明感が強く、かつ元々ボラティリティが高いのだから何ら不思議ではない。


ドルは104円近辺で反落、またレンジ圏への移行か


ユーロも動き始めた?


ポンドは独歩安、明らかに動きが違う



輸出関連は何とか上向きになり始めているが5月の水準に届かず、今後も為替次第


4776は急反落、切り返せるか今週が正念場


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『週刊エコノミスト』10月11... | トップ | 「ドルは年末95円、来年は90... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む