みんなの心にも投資 … ソーシャルインベスター(社会投資家)への道

個人投資家の”いとすぎ ”が為替・株式投資を通じた社会貢献に挑戦します。すべてのステークホルダーに良い成果を!

2017年6月第3週チャート

2017-06-18 | 注目投資対象・株価の推移
JPMの重見氏が、FOMC前に興味深い指摘をしていた。
米金利とドル実効レートと産業金属指数でトランプ相場は「終わって」おり、
それにも関わらずダウと日経平均が乖離して上昇しているため、
株式に調整の可能性があるとのことだ。

ひとまずFOMCは無難に通過したように見えるが、
次の利上げに向けてはまだ時間があり単純な金利高・ドル買いの持続性には疑問がある。
また、FOMC直前にドルが急落した件もあり、米経済指標の悪化が気になるところだ。


ドル円はまた上髭、まだ下方圧力が強い


ポンドは三角保ち合いに入る可能性も


豪ドルは何とか反転、底打ちの形になるかどうかはドル次第?



輸出関連はどうも宜しくない


6027は反落、原油ベアは上抜けできるかどうか


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インドへの原発輸出で巨額賠... | トップ | 『週刊エコノミスト』6月20日... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む