Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

プログのお友達との食事 1 海の幸中心

2014-06-28 04:52:50 | 魚貝料理 poissons

 プログのお友達のソーニャさんと一緒に過ごした一週間 あまり写真は撮りませんでした。 朝食後は車でマルシェを意識した近郊を訪れ散策(訪れた所については後語りたいと思っています) 毎日知らず知らず10000歩ほど近く歩いた日もあったようです。 その後求めた食材でお料理遅めのワインと共に長い時間をかけての昼食 かたずけてコーヒータイムの後ちょっと休んだら又にはまた夕食の支度 主人がポルトガル旅行で不在だったので二人で日本語の会話でソーニャさんもリラックスの環境でお過ごしになられたと思います。このお食事は3日目のお昼のものです。海の幸の好きな彼女に土地の美味しいものを食べてもらいと思いマルシェで一緒に食べたいものを選んでもらい購入しました。

千葉で生まれた私は蟹は幼い時から本当に沢山食べているので味には割と厳しいのですがラロシェルの蟹はとっても美味しいです。購入する時にはいつも雌と指定します。フランスではすでに茹でてあるものを購入される方が多いです。でも私はこだわり派で生きている生の蟹を自分の好みでゆで上げるのが好きです。

母は湯気の上がった蒸し器で蒸していました。私も長いこと同じように。でも 最近私は水の中に塩 胡椒とローリエを入れ静かに煮立て湯が煮立ってから本当にことことの静かな湯で20分という方法をとっています。この様に合うると蟹のハサミや脚もバラバラにならず綺麗に茹であがります。ラロシェルに住み始めたころもう70歳 お魚屋さんの御婆さんとっても可愛がって下さりお買い物のたびに色々な土地の魚のお料理教えてくださいました。16歳で嫁ぎ色々苦労をされたけれど確実に自分の地位を獲得された有名な方です。小さかった2人の娘達を引き連れてのお買い物だったから目を惹かれたのかもしれませんね。私の買いつけの牡蠣業者のナターシャも同じ方法で蟹を茹でるそうです。

水から生きた蟹を入れるのは蟹にとってはちょっと残酷なのですが(フランスでは生きた蟹を冷凍庫に入れ蟹の感触をなくしてから調理する方もあります。どちらも残酷な話ですよね。なんだか食べるのが辛くなる話になりました。

crevette grise クルベット グリース

これもソーニャさんとっても興味示されました。普通は茹でてあります。でもこの日は新鮮な生きているものを購入して我が家でゆでました。私のこだわりかも知れません。売られているゆであがった物は余り私の好みではないかも。

グリーズというのはグレーの色のことです。茹でる前は確かにグレーです。この海老の特徴はひげごと食べてもチクチクしません。丸ごと食べられる海老です。でも気になる方ひげや頭を除きたい方々もいらっしゃると思います。

沸騰した湯に粗塩を加えぴんぴん生きた海老を入れさっと湯がいただけです。アイオリソースを添えました。

つぶ貝

 

これもソーニャさんのリクエスト。粒貝やはり小粒のものが美味しいです。これも胡椒をかなり加え沸騰した湯に粗塩を加え15分程で茹で上げました。

お喋りをしていて20分経過してしまったのですが美味しく茹であがりました。好みでゆであがりにカイエンヌを振りかけると美味しいです。これもアイオリソースでいただきます。

アーティチョークのサラダ

前日前菜に出したアーティチョーク食べきれなかったので 胡瓜 ラディッシュ 新玉ねぎ にエストラゴンを加えたサラダに。

アーティチョーク

 

アーティチョークは日本から来られた方々にはとっても興味があるよう。今シーズン真っ最中です。グルメなソーニャさん丸のままの食べ方は初めてと喜んでくださいました。

 ジョンシェ

これは美味しい濃い牛乳に凝固剤を加え葦のすだれに包み水分を落とした軽ーいお豆腐のようなものです。これにアーモンドのエキスの軽いシロップをかけてデサートに頂きます。この日マルシェで見つけた時これは絶対ソーニャさんに食べてほしいと思いました。

このデサートはフランスの元大統領のフランソワ ミッテランの大好物だったとは知られている話です。なお彼の故郷はジャルナック 此処から遠くない日本の皆さんご存知のコニャック( コニャック酒を産する地)に隣接した街です。

更新遅れています。その美さんが無事に立った後また翌々日から主人の関係でドイツからのお客様。またお料理の準備が始まります。でも撮ったお料理は少しだけれど徐々にご紹介したいと思っています。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本から親しいプログのお友... | トップ | プログのお友達との食事 2 ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (タヌ子)
2014-06-28 08:07:57
ソーニャさんから7日間一度も外食なさらなかったと聞き、fleur de selさんの手際の良さは想像以上だったことが分かりました。
やっぱり海沿いの町は全然違いますね。
こちらでは生のツブガイやクルヴェット・グリーズは見かけません。
生の蟹は売っているけれど、一度も自分で茹でたことがなく、いつも美味しそうだなと思いながら、横目で見て通り過ぎるだけ。
茹で方が分かったので、今度マルシェで買ってみます。
jonchee、知りませんでした。
フランスは日本ほど地方名物がないと思っていたけれど、知らないだけで色々あるんですね。
Unknown (Mchappykun)
2014-06-28 08:53:31
海の幸三昧、とても美味しそうです。
私も茹でてあるカニやロブスターは買いません。自分で調理した方が断然美味しいと思うので。
このカニ、アメリカの西海岸でとれるダンジェネス・クラブに似ています。どれくらいの大きさですか?こちらのものは甲羅の横の長さが20ー25センチくらいです。東にいたときはブルークラブと言って、日本のワタリガニがありました。ビールで蒸して、辛いスパイシーなものをかけます。でも、こちらでは生きの良いブルークラブが手に入らず、寂しいです。甘くて美味しいのです。
ラロシェルは本当に生きの良い魚介類が豊富で羨ましいです。
ジョンシェというのは始めて知りました。見た目がお豆腐そっくりですね。形は違いますが。
Unknown (越後屋)
2014-06-28 13:25:40
さすが海の近くというお料理ですね。
猛烈に食べてみたいです。
ところで、お豆腐の様なと表現されているものはフレッシュチーズになるのでしょうか?
ロシアでいくつかあるフレッシュチーズを作ろうと凝固剤買ってあるのだけれど、それで作れば良いのかとちょっと興味ひかれました。
Unknown (ryuji_s1)
2014-06-29 10:00:04
Fleur de selさん
素晴らしいお料理
美味しそうです
蟹良いですね
ご自分で茹でる
さすがです
素敵な料理
紹介
有難うございます
Unknown (ソーニャ)
2014-06-29 21:20:08
こんにちは。
とり立てはシンプルに茹でて美味しく食べられることを
実証してもらいました。^^

この蟹、1月に販売されてバレンタインにプレゼント
しよと企んでいたラジコンの蟹です。
TVで見た時は「こんな漫画のように蟹いないよ」と
思ったのですがまさかラロシェルに実在してたとは!!

http://ascii.jp/elem/000/000/846/846257/

タヌ子さんへ (fleur de sel)
2014-06-30 07:01:08
つぶ貝もクルベットグリーズも蟹も茹でてあるものは冷たく私には塩がきついと思うことがあります。絶対茹でたては美味しいですよ.つぶ貝も茹でる前の準備には一つコツが有ります。蟹は水から茹でると脚がちゃんとくっついて茹であがります。ソーニャさんとは毎回何を作るか決めずに帰宅してから何が食べたい?と聞いて即席に短時間で作っていたので本格料理を期待していた彼女はがっかりしたかも?笑
ジョンシェは今度作ってみようかなと思っているところです。ソーニャさん気に入ったみたいです。
Mchappykunさんへ (fleur de sel)
2014-06-30 14:53:24
本当に自分で茹でると温かく食べられるしそれに塩加減のどの好みもあるし絶対美味しいですよね。蟹本体20cmは無かったかもしれないけれど結構大きかったです。800-900g位?お味噌が沢山で嬉しかったです。後日毛蟹も見つけ買おうと思ったのですが知らないお魚屋さんでそれも茹でてあったのでやめました。ビール蒸しにエスニックソース美味しそうですね。食べてみたいです。私はラロシェル1987年から住んでいます。私たちのプログでの出会いは2009年でしたものね。本当に残念です。そのうち機会が在ったら良いですね。


越後屋さんへ (fleur de sel)
2014-06-30 15:04:51
フレッシュチーズのカテゴリーに入ります。全乳を温めレンネット凝固剤を入れて作った物です。ジョンシェはこの地方に限られたものなので薬局で買えるかもしれません。そのうち作ってみようかなとも思っています。
ryuji_s1さんへ (fleur de sel)
2014-06-30 15:29:35
茹でたての蟹冷えないうちに温かいご飯と食べるのが好きです。実家では本当に蟹 蝦蛄沢山食べて育ったので懐かしい味です。
ソーニャさんへ (fleur de sel)
2014-06-30 15:35:09
プレゼントなさったのですか?どちらの方かな?私は茹で蟹のほうかな?
あしなが毛蟹も買いたかったのに。一つのお店は茹でてあったしもう一つのお店はお店の人が出てこなかったしそれに知らないお魚屋さんで海の幸を買うのは嫌いなので。食べさせてあげられなくてごめんなさいね。
Unknown (越後屋)
2014-06-30 21:54:20
有り難う御座います。
レンネット手元にあるので試してみたいです。
越後屋さんへ (fleur de sel)
2014-07-01 15:45:19
作り方調べてみました。
全乳を湯煎にかけて32度に温め1Lに対し 3-4滴のリンネットを加えボールに移し冷やす。(荒熱が取れたら冷蔵庫)凝個して個体と液体に分かれたらまず肌理の細かいすだれを通しその後葦の簾の中で水を切る。
食べ方は色々です。
リンネットが手に入ったら試してみたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
夏休み3日目 ラロシェルのマルシェ (ソーニャの食べればご機嫌)
この日からEmiさんと二人っきりです。 この日ぐらいから自然史とEmiさんをおねえちゃんと呼んでいました。 朝食後、楽しみにしていたマルシェへ。 平日の朝早いにも関わらず駐車スペースを探して遠くに。。。 ソーニャの好物の貝たち ラビオリだけ...