Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

プログのお友達の滞在5日目 鴨のサクランボソース

2017-07-01 00:42:41 | 肉料理 Viandes

この鴨とサクランボのソースのお料理もソーニャさんにリクエストされていました。さくらんぼのソースは季節の時にソース仕込み冷凍しておきました。朝から外出散歩なのでお料理時間はスピードでなくてはと考慮して作り置きしておいたものの一つです。鴨のマグレは焼き具合のタイミングが合えばスピーディに絶対に美味しく出来上がりますし。

 鴨とさくらんぼのソース

ソースは出来上がっているしあとは蕪をゆでるだけ。レシピは此処に

そしてアスパラガス。たぶん今年最後であろうアスパラガスを見つけソーニャさんに食べてもらいたく茹でました。先日もサラダの中に入れたのですがこれは割と細めのもの。そしてサラダに混ぜてしまってアスパラガスの品格を落としてしまうと後で主人に怒られました。(苦笑)

ヴィネグレットソースと自家製マヨネーズ。ソーニャさんはマヨネーズがお好きなよう・・・

ホワイトアスパラガス

シンプルな献立ですが素材が決め手のおいしい献立の昼食でした。

チーズケーキ

そうそう忘れていたけれどデサートにチーズケーキがあったようです。ソーニャさんが写真を送ってくださいました。このチーズケーキはベースはスペキュローズビスケット、フロマージュブランで作る簡単 軽いものです。

 

今日の散歩。土曜日もラロシェルには大きな市場が立ちとっても賑わいます。でも市場でお買い物をすると荷物が多くなるので私の買い付けの近くのお店で朝早くお買い物 暑さもあるので一旦家に戻り全部冷蔵庫などに保管してから手ぶらでのお散歩に向かいました。

今日はラロシェル街まで他のルートをご紹介したく少し離れたヨットハーバに車を止め船でラロシェル街までに向かいました。

15分位ですが海の香りを感じることができます。

ラロシェルに30年前に越してきたときにはこのヨットハーバーの現在と同じく海の眺められるアパートに住まいその当時は街までの交通機関がこの日に乗った船しかなく毎日二人の小さな娘達とお買い物に散歩に出かけ船の運転手達とはとても親しくしていた思い出があります。

ラロシェルのヨットハーバーは広いです。たぶんヨーロッパ1ではないでしょうか。ヨット ハーバーの中をすり抜けるように出発します。全景写真は難しいです。

 船の着く広場は即ラロシェルの街の入り口。着いたとたんとても香しい空気に包まれました。見上げたら菩提樹。本当になんとも甘い香り幸せな気分になります。

 

後は楽しんで街の中を散歩写真撮りませんでした。ラロシェルには街の中 まず大きな3本の道にいろいろな種類のブチックが集中そしてそこからそれる小さな道にも。この日は先日歩いた道とは異なる他の散歩道ご紹介しました。

スパイスのお店

 

ソーニャさんからの写真提供

 

このお店にはかなりの種類のスパイスが揃っています。瓶詰めのみならず量り売り物も沢山。お店に入るととたん芳香な香りに包まれどこか異国にたどり着いたのだろうかと思うような気持になります。

またまたソーニャさんあるお店でかなり魅惑された商品を発見されたようです。最後まで迷っていたようですが見送りに。私はフランスからのお土産という時こちらの生活のほうが長いので全然アイディアが湧きません。お買い物にお付き合いたいそう勉強させていただきました。

帰りにはちょっとハプニングが。ヨットハーバーに戻る船は午後1時とゆっくりお散歩をしていたら午後1時の船は出ないとのこと。歩いていくのには遠すぎ。中央のバスターミナルまで来た道を引き返し 運よくちょうど都合の良いバスが出るところ駆けつけて乗車。駆け付けた私たちを見て運転手さんとちょっと冗談も交換。地方の生活はパリに比べると皆リラックス優しい人々が多く暮らしやすいなーと思う瞬間です。

 

夕食は 

蟹サラダ

前日の蟹はたいそう立派なもので残ってしまいました。サラダに。

烏賊墨パスタと烏賊のガーリックソテー

烏賊を買ってあったので赤と黄いろのピーマン 黄色のズッキーニとイカ墨パスタを合わせ大蒜を効かせて炒めたもの オレガノがきいています

  材料

 *烏賊

 *赤 黄 のピーマン

 *玉ねぎ 大蒜 微塵切り 大蒜はかなり沢山入れました

 *ズッキーニ 黄色いもの 半月切り

 *ミニトマト

 *イカ墨パスタ

 *オレガノ

 *フォンドヴォー

 

 

イカ墨パスタはこの近くで手つくりで作られた半穀粉で作られたものです。茹でると墨の入っているものはなんだかきくらげのような感じになります。

半穀粉のパスタは性格が強くちょっと烏賊の繊細な味が消されてしまったような感もありましたが 主人に小声で言うといつも作ったものに自己批判が多すぎると叱られました。

翌朝残りソーニャさんが食べたいと言ってくださったので良いことにします。

ソーニャさんの記事は此処に

 

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本からのプログのお友達の... | トップ | プログのお友達滞在6日目丸ズ... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mchappykun2)
2017-07-01 03:21:34
私も先日鴨のソテーにさくらんぼの赤ワイン煮を添えたのをブログに載せたのです。それで、ソーニャさんからFleur de selさんと私は二卵性双生児か、と言われました。光栄なことです。
ああ、そういえば、大きな街路樹が植わっている道路を車で走りました。あれは菩提樹だったのですね。少し記憶が蘇りました。
船やバスなど、公共の乗り物があるのは羨ましいです。ここは車以外ほとんど交通手段がありません。
今日のお料理も全て本当に美味しそうです。
Unknown (タヌ子)
2017-07-01 07:10:11
義姉も滞在客と一緒に行動を共にしながら、全く手抜きをしない料理をしてくれるのですが、来客と行動を共にしながら、ここまでしっかりお料理ができるって、接客慣れしたfleur de selさんならではですね。
私だったら食事の準備をするか、観光を共にして外食にするか、どちらかになってしまうことは確実。
私も日本では買えない珍しい食材をお土産にしてしまいがちなのですが、日本では使うチャンスがなく、最終的にはそのままゴミ箱行きになってしまうことが多いのだろうと思います。
そういう意味で、日本から来た人が欲しがるものをチェックしておくと次回帰国時のお土産購入の際のアイディアになりますよね。
↑メロンとココナッツミルクの組み合わせは好きですが、スイカとココナッツミルクは試したことがなかったので、早速試してみます。
Unknown (ryuji_s1 )
2017-07-01 08:26:13
Fleur de selさん
おはようございます
鴨のサクランボソース
素晴らしいお料理
丁寧な作り方ありがとうございます。
ホワイトアスパラガス
チーズケーキ
素敵な献立お料理ですね
Unknown (ソーニャ)
2017-07-01 22:02:35
遊覧船の復路が無くなってしまったのにはヒャー。
ご主人も心配するだろうし、何でなくなったのでしょうかね?

お釈迦様が悟りを開いたという菩提樹を初めて見ました。
あの菩提樹にハンモックをかけてお昼寝したらどんなに
気持ちよかったかしら??

しっとりとしたチーズケーキ美味しかった♡
Mchappykunさんへ (fleur de sel)
2017-07-02 17:45:01
私こそうれしいです。ソーニャさんからMchappykunさんのお話を聞きとっても慕ってらっしゃるのが伝わってきました。ラロシェルの街路樹は夏木陰のできるプラタナスが多いです。銀杏並木の道も一本。ここの港近くは菩提樹、向かい側にはにせアカシヤも。落葉樹ばかりですが海辺の公園は松林が多いです。船はほんの少しの時間だけれどちょっと海に来たなーという気分に浸っていただけると思いこの日ご紹介しました。もっと短い他岸にわたるだけのものも時間のない問いには便利です。
帰りの船がないとソーニャさんちょっと慌てたようですが私はバスがあるのを知っていたのであまり驚きませんでした。笑
タヌ子さんへ (fleur de sel)
2017-07-02 17:52:18
割と簡単にできるお料理ばかり作りました。少し下準備もしておいたのとお買い物もまとめて 買い付けのお店で買い家に運んでから手ぶらでお散歩。気に入ったものを見つけると買い足ししました。帰宅後やはり外出していると時間がなくバタバタ作るようになってしまいます。それと楽しく一緒におしゃべりの時間があるのでいつもより手は遅くなってしまいます。午後からもいろいろご案内したかったのですが何しろ彼女滞在中は猛暑でそれにお昼にワイン飲んでしまうと運転はできませんしね。笑
ryuji_s1さんへ (fleur de sel)
2017-07-02 17:54:55
鴨はソーニャさんにリクエストされていたお料理です。ホワイトアスパラガスはもう最後のもですがフランス産のもの食べていただきたく。
海の幸、貝類、イカ類もご希望だったので紺のような献立になりました。
ソーーニャさんへ (fleur de sel)
2017-07-02 18:01:01
午後1時船がないことに気が付きソーニャさん焦っていましたよね。一時はお腹がすいたのではないかと思い外食とも思いましたがバスがあるの番号も知っていたし 主人も待っていることだしで。私は携帯電話一応ハンドバックに入っているけれどいつも電源切れ 電話はできないしで。大の電話嫌いで皆に呆れられています。笑 でも鴨のマグレは短時間でできるしソースも用意したあったしで、、、

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。