Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

鶏肉と栗のシチュー

2007-10-29 11:16:47 | 肉料理 Viandes
フランス西南地方を旅行中拾ってきた栗とっても小さいのだけれどほっくリ甘味美味しいので鶏の手羽肉と腿肉に野菜を沢山入れてシチューというか煮込み物にしました。


 
鶏肉と栗の煮込みなんて何となく日本風 中華風ですよね。
まあ気取らない 経済的な 地味だけれど 懐かしい味の煮込み料理です。

人参 玉葱 蕪と野菜が沢山入っているのでいるので砂糖を加えていないのに(私は料理をする際お砂糖を加えるのことはめったにありません)優しい野菜の甘味の煮込みとなりました。お醤油 少々加えたので日本のお惣菜風になりました。でも白ワインで煮込んだ物です。

 材量  (4人分)

*鶏手羽 2本 +鶏腿肉 2本 関節で2つに切る
*人参 大 1 輪切り
*玉葱 大 2 8つ切り
*蕪 大 4
*大蒜 2 微塵切り
*生姜 鷹のつめ ローリエ
*白ワイン カップ1
*鶏のブイヨン カップ1
*塩 胡椒
*醤油 好みの量 私は 大 2くらい 隠し味程度にとめるのが好みです。
*栗 皮を剥き塩水から火にかけ煮立ってから4分ほどゆで 渋皮を取ったもの300g

生姜の代わりにタイムを使うともっと洋風になるでしょうね。



 
 作り方

1 鶏肉は塩 胡椒しておきフライパンに油(ひまわりの油使用)を熱して綺麗な焦げ目がでも焦げないようにつくまで両面を焼き皿に取りおき脂を捨てる。
2 少し油(バターを使っても。野菜にこくが出ます)をたし玉葱から炒めしんなりしてきたら人参大蒜を加え更にいためる。
3 野菜と鶏肉を鍋に移しフライパンをブイヨンとしろワインで洗いながらその上に入れる。生姜とローリエ鷹の爪を加え20分ほど煮込む。その後大きめに切った蕪を加え更に10分その後栗を加えて約10分。醤油 塩 胡椒で味を整える。
今日はコンスターチをほんの少しとろみをつけて更に日本風お惣菜のように仕立てました。シブレット(万能葱)の微塵切りを少々散らして。

私の大好きな蕪が本当にとろけるようで美味しい一品です。
ご飯がとてもよく合います。




さてこの写真はなんでしょう?

マロニエの実です。マロニエの木は成長が早く 公害にも割りと強いので フランスの街路樹 に よく使われています。春先の大きな 藤とは反対の 上に向かってぽっかり咲く 赤紫色又は白の大きな房状の花の開花時には豪華に山のように燈した蝋燭のようです。フランス王国 貴族の豪華 気品の高さを象徴していると初めて眼にした瞬間思い 今でもその思いは同じ。
夏の間はその大きなそして密な葉が風にざわめきながら快い木陰を提供。冬にはあっけらかん全て葉が落ちてしまうので 太陽の少ない欧州の冬には明るさを。どこの公園にも沢山植えて在ります。どの地方に行っても。きっと気候温度には柔軟な強い樹なのでしょう。
秋葉の落ち始める頃にはこのマロニエの実がゴロゴロ。

初めてフランスで暮らし始めた時何だかとても大きく艶々立派で美味しそう.食べられるのでは? と 幾つか拾って茹でてみました。もちろん食べられなかったわー。

懐かしい思い出 こんな失敗談はいくつでも在りますね。初心の新鮮な感覚 長く居つくと鈍ってきます。気をつけなければ!!!


下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださると とても幸せに思います。
そしてコメントとても楽しみに待っております。

にほんブログ村 料理ブログへ

-->
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失われたパンを求めて 固く... | トップ | フランスの最も美しい村々2 ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KS)
2007-10-29 23:32:12
こんばんは。
私の机の上にはリュクサンブル公園で拾ったマロニエが
一つころんとしてますが食べられないのですね。
秋のフランスの思い出にはいいみたいです。
栗はまだまだあるのですか?羨ましいな。
今日のシチューは新しい発見です。
Unknown (たえ)
2007-10-29 23:58:35
フランスの栗って、少し小ぶりながらも、味わい深くて好きですv
それをたっぷりとシチューに使われてるなんて!!
しかも大好きな蕪も入ってる~~~!今日は朝から1℃ほどしかなく、凄く寒い日なので、こういうシチューが食べたくなります♪(笑)
マロニエの実って初めて見せて頂きましたが、中身は栗のようですね。気をつけないと、私なんかはせっかちだから、それこそ食べてしまいそうです。(爆)
Unknown (fleur de selよりKSさんへ)
2007-11-02 06:23:28
栗まだ在ります。そして本当は胡桃も拾ってきてしまったのですよ。苦笑。
今日お菓子作ったけれど。
Unknown (fleur de selよりたえさんへ)
2007-11-02 06:34:39
たえさんも蕪好きなのですよね。知っていました。会った事が無いのにイメージ。オハイオこれから長い冬に入るのですね。寒さに弱いたえさん暖かいシチューと貴方の素敵なデサートで乗り切って下さいね。
私マロニエの実 栗のように食べられるかな と茹でただけではなく畑のトウモロコシもこっそり もいできて(苦笑)茹でたこと在ります。フランス着いて初めての夏。大学キャンパス近く。
フランスのトウモロコシは家畜の餌用なのです。食べられませんでした。知らなかった。
懐かしい思い出です。笑

コメントを投稿

肉料理 Viandes」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

料理レシピ紹介サイト: 鶏てばさき/てばもと(手羽先/手羽元) ブログでCookin (料理レシピ集(投稿募集中)byブログでCookin!)
「鶏てばさき/てばもと(手羽先/手羽元)」料理レシピで、献立の参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルなレシピのブログ記事があったら、どしどし投稿してください。