Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

主人と二人用シンプルなローストチキンにベークドポテト

2017-05-03 22:55:04 | 肉料理 Viandes

このお料理は鶏肉もじゃが芋も一緒にオーヴンで焼けるのでとても手間のかからないものです。ジャガイモはこちらでいうグルナイユという小さな3-4㎝程のもの皮つきでお料理します。

主人と二人だけだと1羽の鶏肉を買うと食べきれずに一度に焼き続けて食べると飽きてしまいます。でも1羽買ったほうが経済的なのでさばいて異なるお料理にとりわけ冷凍したり骨の部分ではブイヨンなどを作ります。

今日は腿肉2本のみ使用

   材料  2人前

*鶏腿肉 2本

  皮をブツブツフォークで突き 塩、胡椒、大蒜の2片 磨りおろし、ローズマリー、オリーヴオイル大1をこすって1時間ほど味をなじませておく。

*じゃがいもは皮をごしごしこすり綺麗に洗ってから水を切りやはり同じく塩、胡椒、大蒜の1片 磨りおろし、ローズマリー、オリーヴオイル大1で混ぜておく。

   作り方

回転風のオーブンで 鶏肉とじゃが芋は別の耐熱皿に入れ180度のオーブンで35-40分ほど焼く。時折ひっくり返し平均にきれいな色が付くように。

仕上がりにパプリカを振りかけると美味しいと思います。

鶏肉焼いた後の皿に少量チキンブイヨン 白ワインを加え焦げを取り醤油などを加え少々煮詰めると美味しいおソースが出来上がります。パセリの微塵切りなども。

  付け合わせ

まだ季節ではないのですがモロッコ産のインゲンのソテーを添えました。

オードブル風のサラダ

普通のサラダなのですがなんとなくオードヴル風に仕立ててしまいました。

アンディーブの中に蕪セロリと青林檎をラぺしたもの(即レモン汁をかける)に紫玉葱の微塵切りを少量加え自家製マヨネーズで和えたものを載せました。

今日のお料理はとってもシンプルでオーヴンで焼く時間を除けば本当に早くでき上がります。

セージの花がほころび始めました。我が家には庭至る所に生えています。気に入った土地なのでしょうね。ラベンダーもなじんでくれ沢山あったのですが先ごろは押され気味で少し心配しています。

先ごろミントがメリッサに押され全部消滅しまったこともありますし。

アイリス類も我が家の庭は気に入っているようで何もしなくても育ってくれます。先日の大風で倒れてしまったもの数々。でも家の中で生け花にすると持たないのですよね。ちょっとつっかえ棒をしてあげたり。自然の中で鑑賞するほうがこのみです

昨年メーデーの日に購入した幸運を呼ぶ鈴蘭。庭の隅に植えて置いたら2輪だけですが咲いてくれました。何か良いこと訪れてくれるとよいのですが・・・・・

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ポレンタの茸トマトソースグ... | トップ | 鶏手羽肉のTex Mexにメキシコ... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-04 00:22:14
ぼくも鶏は一羽派です、出所がはっきりしているし特に経済的なところが理由です。

花が咲くセージがすごいですね、もうすっかり根付いているのですね、あまり水分は必要ないと聞きました。

アイリスは外では長持ちします、強い茎のものとそうでないものがありやはりサポートが必要です。



Unknown (Mchappykun2)
2017-05-04 00:23:15
私も時々ローストチキンが食べたくなって、1羽は多すぎるし、捌くのも面倒なので、もも肉を買ってきたりします。でも、確かに1羽丸のままの方が経済的ですね。
セージは乾燥に強いらしく、サンディエゴにはデザート・セージ(?)が野生で生えています。これは食用にはならないのでしょうね。
Unknown (イブ)
2017-05-04 09:27:28
鳥を丸ごと買ってきてさばくというのがすごいですね。
経験したことがありません。
でもおっしゃるとおり経済的に余すところなく美味しく頂けるというのは納得です。
よく考えてみたらお魚はそうしているのにお肉ではしたことないのが自分で不思議です。
ジャガイモと鶏肉のロースト とても美味しそうです。
日本で最近 話題になった「ギュウギュウ焼き」に似ているなと思いました。
わたしの大好きなお料理です。
Unknown (越後屋)
2017-05-04 16:44:08
ローストチキン時々無性に食べたくなります。
あまり凝った味付けにせずただ焼いたもの美味しいですね。
日本は丸ごと1羽って常に売っているお店が少ないので部位ごとに買うこともあるけれど、骨つき肉が欲しいことが多く丸取りを買ってさばくことになります。
オーブンへ放置しておけばいいというのは手軽ですよね〜。
yoshiさんへ (fleur de sel)
2017-05-05 00:30:41
セージは本当に庭にあちこち生えています。はじめは根の下に小さく生えているものを移し替えていろいろなところに植えたり自然に繁殖。水の管理なども必要ありませんし。お庭の設計にかける時間はとっても幸せな時間ですね。
Mchappykunさんへ (fleur de sel)
2017-05-05 00:35:39
セージには色々な種類がありますね。食用香りつけにできるものに観賞用。我が家には野草のものも含めて6種類のものはえています。
デザート・セージの名は存じなく調べてみました。アメリカでは清めのお香のように使用しているようですね。
イブさんへ (fleur de sel)
2017-05-05 00:39:00
ぎゅうぎゅう焼きというもの知らず調べてみたら我が家でよく作るお肉と野菜のオーヴン焼きなのですね。日本人の名付け方に感嘆します。イブさんのお料理はいつも私が食べたいと思う品々です。
越後屋さんへ (fleur de sel)
2017-05-05 00:44:58
オーヴン焼きは楽ですよね。此方は丸鶏が絶対経済的。それに部分的に売られているものはどこでどのように育てられているのかちょっと疑問で考えてしまいます。でも日本の腿肉骨なしの物は自分で骨を除かなければちょっと面倒くさいと嘆くことも多いです。
Unknown (越後屋)
2017-05-05 00:53:51
今住んでいるところは近所に美味しい生産者のわかるお肉をスーパーとほぼ変わらず取り扱う生肉店があるのでそこで安心して部位ごとも丸鶏も買えるので助かっています。
お店の人にいつも丸鶏を買うと「オーブンに入りますか?」と心配されるほど日本のオーブンは庫内小さいことも多いのかもしれませんね。
そうなるとなかなか丸鷄を買ってとなりにくいのかも。
以前購入された方にやっぱり入らなかったので切り分けて欲しいと言われたことが続いたのだそうです。
我が家もうオーブンなしは考えられないし丸鷄も安心して焼きたいので大きめのオーブンにして良かったと思います。
グリルチキンは展開料理もできるし骨から出しも取れるから私には便利な料理です。
Unknown (ソーニャ)
2017-05-05 01:07:13
鶏一羽というと思い出すのは、父が田舎の鶏小屋から
一羽捕まえ、捌いて焼鳥にしていました。
父は「ソーニャは可哀相と泣いていたくせに
焼鳥にすると一番に手を出していた」と
ずっと云われてました。

Emiさんのインドネシアのサテが食べたです♡
越後屋さんへ (fleur de sel)
2017-05-06 03:11:47
日本はあまりオーヴン料理よりはオーヴントースターでお料理されること多いようですね。こちらの生活ではオーヴンがないとはじまらない感じで頼っていますが。丸焼きグリルチキンはさばいてその後本当に色々なお料理ができますね。私も骨でスープストックを作ります。
ソーニャさんへ (fleur de sel)
2017-05-06 03:17:54
お父様は本当にお料理名人だったのですね。アン リー
の恋人たちの食卓の映画を思いました。大好きな映画です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。