Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

庶民的な豚肉とキャベツと林檎のシードル煮

2016-11-23 04:31:53 | 肉料理 Viandes

日本 前回の惨事からまだまだ立ち直るにはほど遠い地に再びの大地震。皆様方限りなく不安に陥っていることと思い心からお見舞い申し上げます。フランス南東部 そしてフランス領カレドニアも この週末の嵐で大水害 偉大な自然の力を前にしては逆らうことのできない無力感を感じます。

お料理の話なんて被害地の皆様方のことを考えると気が引けちょっとという感があります。 でも嵐の日に閉じ込められた日に意外と家に常備されている材料で簡単にできる美味しいお料理は参考になるかなと思い書いてみました。

豚肉キャベツと林檎のシードル煮

 

主人と私 キャベツ大好きです。胃腸にもよい健康野菜ですね。美味しそうなキャベツがあると使い切れるか考えずに即手が伸びてしまいます。

そして現在は林檎の季節 それは色々な種類のものが出回っています。豚肉、キャベツに林檎 相性良いそして皆 庶民的なお値段の素材。 このようなお料理を作りました。

このお料理は本当に沢山のキャベツ使用。でも食べ始めると無理してではなくもっと食べたいと思いますよ。

 

  材料 4人前

 * 豚肉 肩肉 500g (今日は骨付きのものでもう少し重量あり )ほんの少し脂のある部分のほうが良いと思います

     フォークでを使い大蒜好みの量を射し込み 塩 胡椒 ローズマリーで揉み 少なくとも1時間は寝かして置く。

 * キャベツ 1コ 900g位 縮緬と白きゃべつの中間のビオのもの

 * 林檎 大2 土地の酸味と甘みの調和した ベルシャール

 * 玉ねぎ 大1 微塵切り

 * 大蒜 3片+豚肉に差し込む分

 * 生姜 微塵切り 大1

 * オリーヴオイル、バター (私は使用量が少ないので皆様のご判断お任せ致します)

 * チキンブイヨン 30cl(水30clにコンソメキューブ1)

 * シードル 林檎酒 20cl

 * 塩、胡椒

 *セージ 

 *カレー粉 大1 (好みで入れたので入れなくても宜しいです)

 *グローブ 2粒

 *クミン 好みでほんの少し

 

  作り方

1 キャベツは4つ割り芯を除き5㎜程の千切り 洗ってから塩を入れた沸騰した湯でさっと湯がく。(これはいつも書いているのですが湯がかないと主人も私も少し消化に問題が起きます。)

2 フライパンにオリーヴオイルを熱し 豚肉焦げないようににでも全面きれいな焼き色がつくように転がしながら焼き取り出す。

3 2のフライパンの脂は捨て 新しく少しオリーヴオイルとバターを加え玉葱 大蒜 生姜を軽く炒め 1のキャベツを加えさっと炒める。

4 3を鍋に入れ 林檎 ブイヨン、シードル、香辛料を加え全体がなじむようにしながら温める。

5 4の中に表面焼きあがっている豚肉を入れ 4の中に包むようし ふたをして約40分ほど煮込む。ときどきかき混ぜてください。

6 その間にじゃが芋を蒸し器で蒸かしておく。(これは味のついた汁の中ではじゃが芋はふっくら仕上がらないその味のものが味わえないという私のこだわりなのですが)

シードル (林檎酒)がないと 白ワインで代用されたい方。量は半分 水で割ってください。酸味が強くなりますので。

これフランスの日本でいうお惣菜料理ですよね。素材を目の前にして キャベツ 林檎 の組み合わせのお料理を作りたいと思いました。私風に少しスパイスが効いてるかもしれませんが。このスパイスのキャベツと林檎の煮込み お肉無しベジタリアンの方々にも気に入られるのではないかと思います。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリッ。クして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

 

mytaste.jp
『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鴨に茸 秋の香りのオードヴ... | トップ | ちょっと洒落た献立にしたい日に »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ソーニャ)
2016-11-24 00:00:52
シードルは甘めの炭酸だからお肉を柔らかくするのに
適していますね。
シードルが大好きなのですが、一度開けたら
全部呑んでしまいそう。

平日は5時半頃におきてTVを点けているので
当日、東北で地震がありましたと。暫くすると
東京のスタジオが揺れ出し、2分ぐらいして
揺れを感じました。揺れをカウントダウンするのって
妙なモノでした。
りんご事情 (ひとみ)
2016-11-24 09:03:51
いかにもヘルシーなメニューです。
きょうは東京は、初雪なので、お使いはパス!
材料は全部あるので参考にさせて頂きます。(感謝)

ジャガは蒸すのも好きですが、茶飯など炊く時に
炊飯器に 丸ごと一緒に入れて手抜きしております。

りんごは外国では、日本のりんごの大きさに
ビックリしたり、中には 気味悪い。
との感想があるそうですが、地元では如何ですか?
Unknown (ryuji_s1 )
2016-11-24 10:49:42
Fleur de selさん
おはようございます
豚肉キャベツと林檎のシードル煮
素敵なお料理
美味しそうです
素晴らしい津切り方ありがとうございます。
ソーニャさんへ (fleur de sel)
2016-11-26 01:22:12
日本は地震こく。そのたびに心傷めています。今回は津波発生にもかかわらず被害がなかったようでホットしています。こちらにはあまり地震はないのですが時として。この夏 南50kmの地点で5.5。それは驚きました。シードル 甘いもの、ブリュットのものそして伝統的な作り方のもの。最後の2種類は辛めで甘くありません、私は其ればかり酢を作るときにも使用しています。でも美味しいシードルはたくさんあるのですよね。
ひとみさんへ (fleur de sel)
2016-11-26 01:32:01
関東で11月に雪が降ることは珍しいようですね。我が土地は海洋性気候でほとんど雪が降ることはないので突然降ることがあると準備がなく交通事情本当に混乱してしまうほどです。日本の林檎は本当に大きくそして本当に手をかけて育てられたお嬢様の感じです。何事にも細かいところにまで神経を使う日本的な心の生産品と思います。こちらは小さいものから中くらいなもの一応取り分けられてはいますがとてもナチュラルな林檎と思います。
ryuji_s1さんへ (fleur de sel)
2016-11-26 01:34:12
いつも暖かいコメントありがとうございます。このお料理簡単なのですが寒い日にはとっても温まりそして一品で済ますことのできるお料理で便利です。
Unknown (タヌ子)
2016-11-27 07:29:38
豚肉とシードルは相性抜群ですよね。
そういえば、ノルマンディで食べた鶏肉のシードル煮が美味しかったので作ってみようと思ってすっかり忘れてました。
縮緬と白キャベツの中間のものがあるのですね。
こちらでは見かけたことがありません。
最近CHOUDOUという日本のキャベツに近いものが近くのスーパーでも買えるようになったので喜んでいたら、評判が悪かったのか姿を消してしまいました(涙)
タヌ子さんへ (fleur de sel)
2016-11-29 01:15:55
縮緬と白きゃべつの中間のものCHOUDOUのような感じでももう少し色は濃くお味も少しきつめです。先ごろ近くで週末だけラロシェル周辺50km以内のお百姓さんの生産品を売るお店ができました。野菜だけではなくお肉や小麦粉等々。ビオとは歌っていませんが生産地でとれたものを土地で加工小麦粉色々試してみましたが美味しいです。話がずれましたがこのお店ではいろいろなキャベツが出ています。ケールも。固いので生では食べられませんが個性があってそれもまた美味しいです。マルシェと異なるのは手に取って好きなものだけ好きな量だけ購入できること・近くにビオ農場もありますが最近はすごく値段が上がっているのとお味に納得しないこともあり半々です。CHOUDOUは近くのカルフールにいつも置いてあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。