Fleur de sel 塩の華

フランス ボルドー コニャックも近いラロシェル海辺の家でオーガニック素材 新鮮な海と土地の幸の健康料理ご紹介致します。

プログのお友達との食事 2 今日も魚介類

2014-06-30 06:48:31 | 魚貝料理 poissons

今日のお料理もやはり魚中心です。この4日目はラロシェルに大きなマルシェが展開する日なので車は遠くに駐車して港付近を散策しながらマルシェへとの道筋をとりました。ソーニャさんの興味のあるキッチンのお店を沢山覘きながらラロシェルの市場に辿り着くとやはり買いたいものは魚介類です。彼女にも好みを聞いて献立は考えずに気に入った物を購入帰宅しました。何が食べたい?と聞いたところお魚のカレー。ということで即座に。

白身魚とズッキーニのココナッツカレー

ズッキーニを沢山入れたココナッツ仕立てのカレーです。グリーンカレーペーストを混ぜました。お魚はメーグルのフィレ、彼女は食べたことがないかと思い購入しました。ココナッツカレーには卵を入れると美味しいのでそれも加え。この様なカレーはいつもレシピなしにささっと作れる東南アジア系のあじつけでお料理作る時間は早いです。コーリアンダーの姿は悲しいです。近頃買ってきたハーブは本当に味も香りも姿もがっかりするものばかりです。

今考えると以前レシピを載せたことがある白身魚のスパイスココナッツ煮インドネシア風をソーニャさん食べたかったのかな?とも考えています。基本的には同様のレシピなのですが何しろ出先から帰ってさっと短時間で作らなくてはいけなかったので眼に入ったスパイスを使って料理してしまいました。苦笑

グラブラックスサーモンと胡瓜のサラダヨーグルト添え

カレーを仕込む間にグラブラックスで〆たサーモンがあったので胡瓜とのサラダを作りました。今日はさいころに切り玉葱、大蒜、コーリアンダーの微塵切りを加えレモン汁とオリーブオイルで一度和え ヨーグルトソースを添えました。前にご紹介しましたのでこちらをどうぞ。

クリストフィンの即席炒め

ソーニャさんがクリストフィン(日本でははやとうり)をご覧になってみたことがないというので一つ購入料理してみました。皮を剥いて千切りサラダ油に少し胡麻油を落とし大蒜 生姜のの微塵切りとさっとシャキッとする感覚で炒め塩 胡椒 ナンプラー、味醂、レモン汁で味をつけたシンプルなものです。唐辛子を入れても美味しいし調味をオイスターソースでつけても美味しいものです。これもコーリアンダーを飾りました。

お昼の献立

夕食は先頃美味しくなり始めたムール貝を使ってムールマリニエール中心の献立です。

ムールマリニエール

ムール貝はやはりこの土地の夏の名物料理なので是非召し上がってもらいたいと思いました。小粒なので驚いていらっしゃいましたがこの土地貝は小粒

のほうが人気があります。まだ走りかな?とは思ったのですが意外とふっくらしていました。気温が上がり海が温かくなると更に身が肥えてくるのですけれですが走りにしては良い感じと思いました。

土地のもっとこっくりリッチなレシピもあります。でも私はシンプル。玉葱 大蒜 時には生姜の微塵切りと白ワインを少しローリエ タイム 胡椒(塩は貝から出るので絶対入れません)を入れて蓋をして鍋をゆすらせながら蒸し煮に。貝が開いたところでバターをほんの少しレモン汁をかけパセリの千切りを沢山入れます。今日は生のエストラゴンがあったのでパセリの代わりに。エストラゴンは爽やかな感触を運んでくれるので先頃はよく使います。

普通はじゃが芋のフリットと合わせるのですが食べきれないと思い省略しました。

ロックフォールと胡桃のサラダ

日本からいらっしゃる方はチーズが食べたいのではと何種類か買ってありました。ノルマンディーに家のあるお友達から又胡桃をプレゼントされ前回の胡桃は家族や訪れた私の幼馴染のお友達も大好きで無くなりかけていたので嬉しかったです。彼の胡桃は本当に美味しいです。

半端に残っていたきゅうりやラディッシュ 柏の葉というサラダ菜と組み合わせて。ドレッシングはいつものガーリックとマスタードのきいたレモン汁、アップルヴィネガー、向日葵油、オリーヴ油を合わせたものです。

夜の献立

 ラロシェルに住むようになって本当に長い日が立つので先頃は写真を撮ることもありませんがこの日のようにゆっくり散歩すると色々フランスの他の街も随分見てきたけれど魅力的な街だなーと思います。ソーニャさん一緒に歩いてくださって有難うございました。

そのうち一人でゆっくり散歩をして写真を撮りご紹介したいと思っています。

 

下のプログのランキングに参加しています。下のマーク クリックして応援してくださるととても幸せに思います。

 そしてコメントとても楽しみに待っております。

 にほんブログ村 料理ブログ 各国料理(レシピ)へ
にほんブログ村

 

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プログのお友達との食事 1 ... | トップ | プログのお友達の食事 3 ま... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mchappykun)
2014-06-30 08:22:03
2008年に夫とラロシェルに2泊したのを思い出していました。本当に素敵な所です。このとき塩の華さんを存じ上げていなかったのが、痛恨の極みです。
本やネットで色々調べて、ムール貝のマリニエール、バケツに一杯食べました。小粒ながら海の味がぎっしりつまっていて、本当に美味しかったのを今でも覚えています。
ソーニャさん、塩の華さんの心のこもった美味しい料理を堪能されたと思います。
Unknown (越後屋)
2014-06-30 21:52:46
今日もまたどれも魅力的です。
ムール貝って日本にいたとき1、2度しか頂いた事無く本場の物はさぞ美味しいのだろうなと妄想しています。笑
ソーニャさんは本当に胃袋満喫されたのではないでしょうか?
もちろんラロシェルの散歩もバッチリ堪能されているとは思いますが、塩の華さんの手料理を食べられるのは至福ですね。
Unknown (タヌ子)
2014-07-01 06:06:57
ノルマンディのムール専門スタンドも先週から定着し、漸くムールの季節到来ですね。
先日義姉夫妻に約束していたムールのタイ風を作った時は、マルシェにはムールはなく、スーパーで購入したのですが、マルシェ同様moules de bouchotだったのですが、やはり季節が早すぎてあまり美味しくありませんでした。
お客さんと一緒に行動しながら、お料理をするって大変ですが、fleur de selさんのお宅はひっきりなしにどなたかがいらしてるから、時短料理のレパートリーは沢山おありなのでしょうね。
ラロシェルとその周辺は夏休みの時期は賑やかでしょうね。
夏休みが終わって、落ち着いた頃にゆっくり訪れてみたいです。
Mchappykunさんへ (fleur de sel)
2014-07-03 15:40:51
夏の間は本当によくムール貝を食べます。今日のお昼も滞在していらっしゃるドイツの方のリクエストで土地のお料理のムクラードと思っています。美味しいムール貝が見つかりますように。本当にお会いできなかったのは残念ですね。私も心からそう思います。
越後屋さんへ (fleur de sel)
2014-07-03 15:45:06
散策 お買い物 帰宅の後さささっと作る料理ばかりでなんだかいい加減な料理になりソーニャさんには申し訳ないと思っています。私はお料理をするときお喋りをするとかなり手元が狂ってしまいます。かなりお喋りしたからかなり狂っています。苦笑
タヌ子さんへ (fleur de sel)
2014-07-03 15:56:38
ムール貝の泰風も美味しいですね。
たしかに運転に散策にお買い物から帰宅してばたばたそれもお喋りをしながら作ったのでどうなのでしょうか。昔は本当にお料理を作るのは手早かったのですが最近は横着になりました。笑
それにお喋りが加わるからもうめちゃめちゃです。本来は私が料理する時には家族の皆は台所に入るのは禁止なのです。皆私の顔色を窺って話しかけないようにしています。ソーニャさんは例外だったのですよ。笑
Unknown (ソーニャ)
2014-07-05 01:15:42
リクエストを聞かれて悩みました。
折角のラロシェルなのでフランス家庭を満喫させて頂こうと思っていましたが、
何度もリピしてる卵、白身魚のマドラスのホンマモンの味が確認したかったので
聞かれてすぐに名前が出てきました。
ワインに良く合うサーモンとヨーグルト、ロックフォールと胡桃と
ソーニャには出来ない組み合わせでした。
ちなみにソーニャが胡桃を使うのは白和えぐらいでした。
ムールマリエールはこちらで食べるムールより味が濃くて美味しかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
夏休み4日目 シャトーレイヨン (ソーニャの食べればご機嫌)
時差があるにもかかわらず5時半になると目がさめます。 キッチンに降りていくなりおはよーございまーすに間髪 入れずに出る言葉は 「お腹すてたぁー」と朝食の催促。 鴨のテリーヌって日が経つにつれて美味しくなるんですね。 鴨のテリーヌはほとんどソーニャが...