ラミーのつぶやき ~真夜中日記~

真夜中にふと思ったことをつれづれなるままに書きつくる日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

京都の旅

2009年08月14日 09時47分43秒 | Weblog
京都へ旅行に行ってきたのよ。
修学旅行以来の京都なの。

修学旅行では、スタンダードコースを体験したよ。
いわゆる観光名所といわれる寺院を見学し、名物土産を買い、
嵯峨野の湯豆腐も食べたし。
「京都といえばこれ!」といわれるものは一通り押さえたはずだけど、
楽しかった記憶がない。
これは、当時旅行代金を払ってくれた両親に大変申し訳ない。

今回は、楽しかった。
そりゃそうだよね。自分の好きな場所に行けるんだもの。
興味が一切ない寺院や仏像を見たって、楽しい訳がない。

で、何をしてきたかというと、
川下りと、お買い物と、おいしい食事。
川下りは保津峡。
20人くらいの人と、3人の船士と一緒に1時間40分ほど楽しんだ。
私としてはもっと激しい急流下りが良かったけど、小さい子どもや
お年寄りも楽しめるような、ほどよい早さの急流だったわ。
船士のトークも、ジャングルクルーズなみに楽しかった。

お買い物は、いろいろなお店で。
ただ見ているだけでも楽しいよね。

食事は、相方のお薦めのお店で。
ランチで5250円の花かご懐石。
清水寺の近くで、眺めも最高の立地。
高級料亭が同じ敷地に開いているカジュアルスタイルのお店だから
お手軽価格(本店に比べたら)だけど、味もサービスも超一流。
隠れた名店ってやつね。

ただ、観光地の宿命ってやつで、人が多すぎる。
今度はすいている時期に、ゆっくりゆったり散策したいね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祭りのあとの静けさ

2009年08月09日 01時23分21秒 | Weblog
昨日から3日間、地元で祭りが行われている。
昼間はとっても賑やかだったけれど、6時過ぎから雨。
みんなアーケードや店内に避難したり、帰宅したり。
これから盛り上がるぞって時に雨に降られては、
お祭りもあがったりだね。

太鼓や笛の音、道を行き交う人々の話し声もすっかりなくなり、
聞こえるのは、ときおり通り過ぎる車のエンジン音と虫の声。
B’zの稲葉さんの歌詞に「耳にうるさいほどの静けさ」ってのがあったけど、
こういうことかと、時々納得することがある。

おととい、昨日と、かわいがってもらっている人生の先輩方にお会いした。
おとといはランチ、昨日は飲み会。
どちらもとても楽しく、食事もおいしかった。

でも本当は、食事はなんでもいいわけで、
いっしょにいる人たちと、腹を割って話ができれば、
それで満足なんだよね。

自分の話を聞いてもらって、「そうだね」「わかるよ」と
少しでも受け入れてもらえて、アドバイスをもらえれば十分満たされる。

自分の父親や母親に近い年代の先輩方に、
「おれもそういうふうに悩んだ時代があったよ」と言われ、
カチコチに固まってた肩の筋肉が少しほぐれたような夜だった。

しっかし、御年55歳のお兄さま・お姉さまは元気だわ。
お兄さまは「夏バテ気味だ」と言いながらも、にんにくパクパク食べるし、
お姉さまは、次から次へとお料理を注文して、どんどんたいらげていく。
このお二方と飲み始めて5年くらいになるが、
「衰える」という言葉を知らないかのように、いつもはつらつとしている。
その秘密は、どうやらニンニクらしい。

昨日も毎回、つまみに欠かせないにんにくの丸揚げが何皿もテーブルに並んだ。
24時間たっても、まだ「匂うよ」と言われてしまうくらい食べちゃった。
恐るべしにんにくの力。
今度からこの定例会を「にんにくの会」と呼ぼう!

そんなこんなで楽しみにしていたイベントが終わった。
盛り上がったあとのふつうの夜って、妙に静かに感じるのね。


なんだか最近、なんどもクリアした迷路の中をわざと迷っているみたいな心境。

*「にんにくの会」をここ数回お休みされているお兄さまへ
  必ずまた一緒に席を囲んで、お話しましょ。
  説教してくださいね。どうぞよろしく。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新装開設 

2009年08月06日 01時09分25秒 | Weblog
ブログタイトルを変えました。
清少納言も言ってたとおり、「夏は夜。」
涼しく静かな真夜中に、物思いにふけります。

読んでる人ももういないでしょうね。
管理人本人でさえ、ログインIDを忘れていたほどだもの。

これからは、忘れない程度に投稿しようかと思ってます。
新しいPCは、サクサク速いから、ストレスなくお仕事できて最高。
この調子なら2週間に1回は投稿できるかな?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加