ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



日刊ゲンダイ(関西版) 2012年11月1日販売

破局が近づいている野田ペテン政権 トドメの一撃を欠く無力政治屋の群れ

あと1グループが民主党を離れたらたちまち野田内閣不信任案が衆議院で成立する

「明日への責任」を連呼した野田首相の所信表明演説に対する野党の代表質問が、きのう(31日)から始まった。

自民党の安倍総裁は、つっかえつっかえ原稿を読むのがやっとで、どうにも迫力不足。再質問もせず終わってしまった生ぬるい質問にも呆れたが、野田は例によってノラリクラリだ。解散時期について問われると、「経済状況への対応を含め、やるべきことをやり抜き、環境整備を行った上で判断したい」と言い出した。

「これまで野田首相が解散の“条件”としていたのは、特例公債法案、1票の格差是正の『0増5減』、そして社会保障の国民会議設立の3つです。そこへ、経済対策まで持ち出してきた。そのくせ、GDP何パーセントとか、何万人分の雇用といった経済対策の具体的な目標値は口にしない。一日でも長く居座る口実に過ぎないからです。つまり、解散する気などサラサラない。しかし、支持率が20%を切った野田政権は、すでに死に体です。何もできはしません。内政は進まないし、国際社会でも日本の地位は沈没していく一方。こうなると、野田首相が存在するだけで国益が損なわれるのです」(政治評論家・浅川博忠氏)

存在自体が害悪の野田が、今なお政権にしがみついているという悲喜劇。なんで、こんな男が首相を続けていられるのか。なぜ、国会議員たちは世紀の無能ペテン首相にトドメを刺さないのか。本当に不思議だし、イライラする。

石原暴走改め「たかり老人」 知事最終日に秘書を都に押しつけ

老人は最後までやりたい放題だった。

都知事最終日となったきのう(31日)、石原慎太郎は自身の特別秘書を務めていた兵藤茂(62)と高井英樹(47)を、都の「専門委員」に任命した。自らのワガママで都政を放り出した上、その余波で失職しそうだった秘書2人の面倒を、コッソリ都に押し付けたのだ。

専門委員は非常勤の特別職で、知事から命ぜられたテーマを調査・研究し、報告する。
通常は「尖閣諸島の活用」などテーマが決まってから、専門委員が選任されるのだが、2人はテーマが何も決まっていないのに任命された。任命の理由も明らかになっていない。任期は11月1日から3月末までと長期間で、毎月33万5000円が税金から報酬として支払われる。

「テーマはこれから猪瀬副知事と2人で話し合って決めていくことになります。順番が逆? うーん、確かに今までとは違いますね。特別秘書が専門委員になった例もありません。公私混同ではないか? おっしゃりたいことはすごくわかります」(知事本局担当者)

職員も呆れる今回の人事。だが、石原はこれまでも同様の「公私混同人事」を平然とやってきた。

2005年、副知事だった浜渦武生が委員会で偽証し、議会で問責が可決されて辞職した時も、第三セクターのビル管理会社の副社長や都参与といった“おいしい”ポストを与えている。

画家の四男・延啓氏を都の文化事業に登用したり、ドイツ、フランスに公費出張させたこともあった。

「公」と「私」の区別がつかず、困ったときは税金で身内を養うのだ。「暴走老人」ならぬ「たかり老人」である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年内解散か? 先送りか? 政権奪回に自信を強める安倍自民と、3党合意破棄&総選挙大敗の可能性に進退窮まる野田政権 

2012年11月02日(金)長谷川 幸洋「ニュースの深層」 現代ビジネス

臨時国会が始まった。最大の焦点は会期中に野田佳彦首相が衆院を解散し、年内に総選挙があるかどうか、だ。先週のコラムで、私は12月16日に都知事選と衆院のダブル選挙がある可能性に触れたが、このシナリオはいまも消えていない、とみる。

 もちろん解散するかどうかは野田佳彦首相の腹一つである。ただ政権を取り巻く状況をみると、野田が解散を年明けに先送りしたところで、野田と民主党にとってプラスになる材料はほとんどなく、むしろマイナス材料が増えるばかりに思える。

 野田が合理的に考えるなら、年内の解散と総選挙に踏み切ったほうが得策、というか痛手が少ない、と判断する可能性は十分あるのではないか。

VIDEO 2012.10.31 衆議院本会議 「代表質問」 東祥三

2012/10/31 東祥三幹事長 衆議院代表質問 書き起こし(仮) 

総理。

私はここまで、私たちが掲げる、三つの喫緊の課題である原発ゼロ、反消費税増税、地方主権改革に即して質問をして参りました。

総理、この三つの課題に共通するものがお分かりですか。

どれも、赤ちゃんからお年寄りまで、すべての国民のいのちと暮らしを左右する問題です。

一部の企業団体や経済界にだけ関係する話ではないのです。

原子力事故がもたらす放射能も全ての国民に降り注ぐんです。

家畜も植物もみんな被曝するのです。

そして原発の使用済燃料を最終的に無害なものに処理するすべを私たち人類は持たないのです。

処理できないものを生み出す原子力発電を一刻も早く終わらせることこそ、政治の責任ではないですか

総理、

消費税は、赤ちゃんのオシメを飼っても払うのです。

小学生がノートやガムを買っても払うのです。

働く人は言うに及ばず、寝たきりのお年寄りでも払うのです。

所得のない子どもやお年寄りも払うのです。

このような税金は消費税しかないのです。

だから、消費税増税の前にあらゆる努力を尽くすべきなのです。

まだその努力が終わってないじゃありませんか。

政治の責任放棄じゃないですか。

地方のことは地方が決める地方主権は、まさに、赤ちゃん、子供から働き手、お年寄りまですべての住民に目が届く地方の行政に多くの権限と財源を委ねることです。

これこそ政治の未来への責任ではないですか。

どの課題についても、官僚を実務者として使いこなすのではなく、官僚のシナリオに安易に乗っている総理は、未来の責任どころか、現在の責任をも放棄しているのです。

総理、

総理の乗る神輿の担ぎ手は国民の代表たる議員、そして国民のはずです。

総理には一刻も早く官僚の担ぐ神輿から飛び降りて頂き、この国民による神輿を作り直す場を与えることを要請します。

それは、総理、あなたの退陣です。

それこそが、あなたが日本の現実に合わせるべきことなのです。

総理、あなたの退陣こそ求められている政治決断です。

終わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 脱原発国民連... サ・ルー・サ1... »