ふるやの森
地球文明の再生に向かう
(当ブログはリンクフリーです、また相互リンク先を募集中です)
 



現在、地球人類の目の前で進行しているディスクロージャー(宇宙の真相公開)活動は、これまで隠ぺいされてきた地球外文明の実在を証明するだけではなく、各国の政府と学校「教育」・マスコミが共謀して国民をだまして奴隷化しながら推し進めてきた秘密計画(陰謀)のすべてを明らかにしつつある。

第一次大戦後の1920年代にさかのぼるナチスドイツとアヌンナキ(アネガティブな異星人グループ)との共謀関係は、第二次大戦後にアメリカ政府に引き継がれて、エリア51を始めとする秘密地下基地と月面や火星上に建設された秘密宇宙基地で秘密宇宙プログラム(SSP)の計画とNWO(人口削減計画)が計画されて、アブダクション(誘拐)された人々を実験台にして、遺伝子操作やバイオチップスの移植によるマインドコントロール兵器の実験が続けられてきた。

第二次大戦直後の1947年に起きたロズウェル宇宙船墜落事件の真相をアメリカ政府は、「気球の墜落事故」と発表して、真相を公開しようとしたジョン・F・ケネディー元大統領を始めとする数多くの勇気ある内部告発者たちを暗殺し、狂人扱いするなどの迫害を加え続けてきた。「UFO・宇宙人」の実在を語ることは、「正統派」の学会や主流メディアではタブー視され、真実を追求して広めようとする活動は、社会生命を失いかねない危険行為と見なされてきたのである。

しかし、2001年にS・グレア博士を始めとする勇気ある先達者たちが開始したディスクロージャー運動は、世界の各国にインターネットを通して大きく拡大を続けて、2016年の現在では主流メディアも宇宙船の実在を報道せざるをえない状況に置かれている。この動きは、欧米に比べて情報規制の強い日本のメディアにも、これから波及して高度な地球外文明実在の真相は、日本国民の新しい常識になっていくと予想される。

動画で紹介したTOCANAの記事のリンクを以下に掲載する。重要な記事なのでぜひ参照いただきたい。

☆F★

◆【動画】「飛行機の120倍速いUFO」を航空機レーダーが捉えた! 地元TVが報道、「歴史的快挙」の声も=ニュージーランド

http://tocana.jp/2016/10/post_11154_entry.html

◆元ロシア軍人が「南極ピラミッド」の存在を暴露!地球温暖化で地表に露出する可能性も

http://tocana.jp/2016/10/post_11131_entry.html

◆【重要】ヒラリー側近の「極秘UFOメール」が続々流出!ロズウェル、ニビル、バチカンと宇宙人、零点エネルギーの真実…!!

http://tocana.jp/2016/10/post_11172.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« コブラ10/9,20... シェルダン・... »